「e船団」は俳句グループ「船団の会」(代表:坪内稔典)のホームページです。
e-sendan に掲載の記事の無断転載を禁じます。Copyright 2001 Sendan-no-kai. All rights reserved.
 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。


2019年9月15日

鳳仙花(ほうせんか)

 子どもの頃に覚えた歌が、ふと口をついて出ることがある。『てぃんさぐぬ花』もそんな歌の一つだ。てぃんさぐは鳳仙花と教わったが、初めて耳にする言葉と不思議な旋律に惹かれ、この歌の生まれた沖縄に憧れた。
 ようやくその地に立ったのは、わが子が6年生と3年生だった夏。私も、憧れだけではない思いを抱く歳になっていた。エメラルドブルーに輝く海を眺めながら「埋め立てられるかもしれない」と告げた時の、二人の泣きそうな顔。即座に「あかん」と言う子らの迷いのない誠実さは、親である私に大切なことを教えた。
 歌詞を少し替え「くらのゆしぐとぅやちむにすみり(子らの寄し事や肝に染みり)」と歌ってみる。鳳仙花の実が弾けるように家を出て成人した二人。今の辺野古をどう見るだろうか。
 (高田留美、「船団の会」会務委員)

 お知らせ
 「船団」の本屋さん 
 記事検索
 「船団」目次
 各地の句会
 イベント
 講座
 勉強会
 展覧会
 お便り
 大阪俳句史研究会
船団の本
 9月号 酢を飲めば……?(すをのめば……?)
 2019年7月31日をもって終了しました。
 バックナンバーはご覧いただけます。