「e船団」は俳句グループ「船団の会」(代表:坪内稔典)のホームページです。
e-sendan に掲載の記事の無断転載を禁じます。Copyright 2001 Sendan-no-kai. All rights reserved.
 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。


2019年10月20日

石榴(ざくろ)

    露人ワシコフ叫びて石榴打ち落す     西東 三鬼

 ワシコフ氏は私の隣人。氏の庭園は私の家の二階から丸見えである。商売は不明。年齢は五十六・七歳。赤ら顔の肥満した白系露人で、日本人の妻君が肺病で死んでからは独り暮しをしている。(三鬼の自句自解) ワシコフ氏に何があったのか。その理由はわからないけれど、その叫び声と共にくわっと裂けた石榴の透き通る赤い粒々が見えてくる。十七文字の魔術師、三鬼の世界。
 ところで、シェイクスピア・ガーデンと名付けられた庭園近くに石榴の木が一本。その学校で学ぶポニーテールの十四歳。「何か楽しいことはないかな。叫びたい。」と言う。絶叫もよし。いろいろな詩の朗読大会、いいかも。と、考え中。できれば、朗読は石榴の木の傍で。
 (村上栄子、「船団の会」会務委員)

 お知らせ
 「船団」の本屋さん 
 記事検索
 「船団」目次
 各地の句会
 イベント
 講座
 勉強会
 展覧会
 お便り
 大阪俳句史研究会
船団の本
 10月号 きのこ
 2019年7月31日をもって終了しました。
 バックナンバーはご覧いただけます。