俳句 e船団 佛教大学小学生俳句募集

応募のおすすめ

第12回 佛教大学小学生俳句大賞
佛大_小学生俳句募集

テーマは自由! どんな俳句でもOK!


全国の子どもたちに、俳句を通して言葉の楽しさを体験してもらいたいとの願いで2007年度から始まったのが<佛教大学小学生俳句大賞>です。 今回も、子どもたちの言葉の世界を生き生きとしたものにしていくために、全国の小学生の皆さんから俳句を募集いたします。

詳しくはこちらをどうぞ。応募用紙も取り出せます。


募 集 要 項


応募資格:小学生


応募部門:
低学年の部(1〜3年生)
高学年の部(4〜6年生)


応募方法:
郵送:専用応募用紙、またはA4サイズ用紙に必要事項を明記(A4サイズ用紙の場合は1枚ごとに必要事項を明記)
E-mail
佛教大学ホームページ内の応募フォーム


一人で何句でも応募できます。
学校・学年・学級単位での団体応募もできます。
郵送での団体応募は、「団体応募票」を同封してください。
E-mailでの団体応募は、「団体応募用エクセル」をご使用ください。
「専用応募用紙」・「団体応募票」・「団体応募用エクセル」は佛教大学ホームページよりダウンロードできます。
・学校優秀賞の選定対象となる応募方法は、郵送またはE-Mailに団体応募用エクセルを添付した応募に限ります。
〈必要事項〉
作品、郵便番号、住所、電話番号、名前、ふりがな、学校名、学年を明記。

※応募いただいた個人情報につきましては「小学生俳句大賞」の実施にのみ使用させていただきます。

応募条件:
  • 応募する作品は、自作で未発表のものに限ります。
  • 応募作品の著作権は、すべて学校法人佛教教育学園(佛教大学を設置する学校法人)に無償で譲り渡されたものとします。
  • 応募作品は、入賞か否かに関わらず、佛教大学のホームページや出版物(市販品として発行する場合もあります)に作者名、学校名、学年、都道府県名とともに掲載させていただくことがあります。
  • 応募作品は返却いたしません。

応募期間:2018年10月1日(月)〜2019年1月24日(木)必着


応募先:
〒603−8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
佛教大学小学生俳句大賞係
E-mail:haiku@bukkyo-u.ac.jp


賞の取り消し:
「佛教大学小学生俳句大賞」には以下の取り消し規定を設けております。
  1. 応募作品の盗作が明らかになった場合
  2. 応募作品が類似作品と認められた場合
  3. 応募作品が二重投句と判明した場合
  4. 応募資格に準じていないと判明した場合
以上、4件のいずれかに該当した場合は、故意のあるなしに関わらず、成績の発表後でも、賞の取り消しを行います。これらの事故を未然に防ぐため、選考委員等のチェックを行いますが、応募の際に十分にご注意ください。


選考委員
青砥 弘幸(佛教大学教育学部講師)
屋池 和夫(京都造形芸術大学学長・俳人協会名誉会員)
田中 典彦(佛教大学長)
坪内 稔典(佛教大学名誉部教授)
原田 敬一(佛教大学歴史学部教授)
山本 純子(第55回H氏賞受賞の詩人・俳人)


賞:
最優秀賞・・・図書カード1万円(低学年部門1名・高学年部門1名)
優秀賞・・・図書カード5千円(低学年部門4名・高学年部門4名)
選考委員特別賞・・・図書カード3千円(低学年部門6名・高学年部門6名)
入 選・・・図書カード2千円(低学年部門10名・高学年部門10名)
佳 作・・・記念品(低学年部門100句程度・高学年部門各100句程度)
学校優秀賞:希望に応じ本学教員による派遣授業(3校程度)(※学校と相談させていただきます。)


発 表: 
2019年3月上旬、入賞作品を佛教大学ホームページ上で発表いたします。
入賞者(佳作を除く)には直接連絡いたします。


表彰式: 2019年3月23日(土)佛教大学で開催予定
入賞者(佳作を除く)を表彰式にご招待いたします。


問合せ先:佛教大学小学生俳句大賞係
〒603−8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
電 話:075−491−2141(代)
E-mailhaiku@bukkyo-u.ac.jp
ホームページ


後 援 :京都府・京都市・京都府教育委員会・京都市教育委員会


(以上、主催者のパンフレット・ホームページより)