俳句クリニック 2006年5月後半分(ドクター:早瀬淳一)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。

5月と6月の担当ドクターは早瀬淳一です。
<プロフィル>
たいとる:アゴラ
名前:早瀬淳一
出身:1958年6月佐賀県生まれ
現在:神戸市王子公園のあたりに在住
好き:徘徊、ビール、ネコ、句会
好きな俳人:大木あまり、高野ムツオ、阿部完一、池田澄子、坪内稔典
このクリニックで:季語の効いている句、気分のいい句、くすっと笑える句、切れのある句、意外性のある句、発見のある句に出会えたら、うれしいです。
(これらは、すべて私のめざす句)

ドクター早瀬の診断
2006年5月31日

(1)お玉杓子一匹づつは迷ひけり  学(50代,男)
(2)みちのくの水の音する新緑は
(3)春耕の馬を乗せてや北上川
(4)女来てやませ吹くなり港町
(5)誌の裏のダ・ヴィンチ・コード告げる夏

 ご指導を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)迷っていると見るのは作者の主観。そこに、「そうそう」と読者多数を納得させる力があまりない。
(2)みちのくの新緑は遅いのでしょうね。それを踏まえて読むと、新緑の中に水の音がする、という言い方は、ある共感を呼ぶ。
(3)や、が語数合わせのようで、読んで苦しい。川に馬を乗せるとは?景がすっきり立ち表れない。
(4)やませを吹かせる女。だれなんだ。謎めいた女が、魅力的。港町という設定もかっこいい。女版、渡哲也。面白い。
(5)雑誌の裏が、映画の封切を告げている。言葉が詰まっていてぎこちない。夏、も事実の報告に過ぎない。俳句に、意外性、詩情がない。

白牡丹ゆらりと立ちて風過ぐる  由利子(70才以上)
 いつも有難うございます。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 雰囲気、動きはとてもよくわかる。が、ゆらり、という擬態語は安易。何に焦点を当てて言いたいのか、わからない。一点だけ、これを言いたい、というユニークなところを発見しましょう。

白壁に蔓ばら揺れる終の家  郁子(60代)
 添削有難うございます。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 蔓薔薇がただ揺れていると、饒舌でないところが、終の家とよくあっている。静かな諦念の世界。佳句。

(1)新しき雑巾のしろ梅雨間近  れい(70才以上)
(2)こどもの日柱の傷がなくなって
 ご講評有難うございます.細々とでも続けて行きたいと思います。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)日常の、小さな、しかし懐かしい一つの発見。とても俳句らしい世界。佳句。
(2)傷があると、資産価値が落ちますからね。発見としては、やや平凡。

(1)葉桜の萌えて猫好き男飼う  菜月子
(2)トラ猫の貴公子求む撫子よ
 赤トラは赤いトラックではなく、あか毛のトラ猫のことでした。
(3)トラ猫の貴公子を待つ撫子よ
 こちらのほうが撫子らしいようです。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)評は、前回参照。
(2)(3)赤トラ、だけでは、無理がある。撫子が、なぜ猫を待っているのか、わからない。滑稽を狙っているのは、かすかにわかるが、一読、すとんと落ちてこない。

太古より青水無月に公孫樹あり  泰(50代,男)
 「青水無月」というのをどうしても使ってみたくて。前出の「手翳せる皇居に広き薄暑かな」ですが、作者に政治的意図は皆無。皇居も、皇居前のあのだだっ広く白い広場のことですから。でも同じことか。思いがけない読みがあること、気づかされました。ありがとうございました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 公孫樹というのは、あのたたずまいからして、いかにも太古から生き残ってきた木、という感じがする。句で言っていることは、そのままだが、太古、青水無月、という大げさな言葉によって、荘厳になるか、滑稽になるか、微妙なところ。

(1)更衣手帳の重み増してきし  文の子(60代,男)
 「飼ひ犬とペアーなる妻更衣」は「この線で詠んだらどうか。後のことは責任は持 ちませんが(笑)。」とご診断頂きました。掲句は責任を持っていただけるでしょう か。
(2)更衣オフィスに若き娘増え
 この更衣は如何でしょうか。宜しくお願い致します。
(3)吾が友の眠れる山や虹懸かる
 「吾が」要らないように思いますが、こう詠みたい気分です。如何でしょうか。
(4)青芒川中島の剣舞なる
 「青芒」と「剣舞」は即きでしょうか。詩吟の「川中島」を置いてみたのですが如何でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)更衣の頃は、5〜6月。はっと思うと、もう1年の半分は過ぎた。手帳にも、紙の切れ端やらが、詰まってくる。ふとした日常のスケッチで、いいのでは。
(2)更衣の頃に、増えてきたというのがもう一つ納得できない。研修を終えたにしては、遅いし。でも、うれしいことではある。
(3)友の霊が虹となって立ち現れた、とするなら、平凡。
(4)但し書きを読まないとすると、状況が理解しにくい。野外で剣舞が行われているのか?

薪能浮世の闇を照らしけり  しんい(60代,女)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 薪能だから、どうしても闇、というほうへ連想が行きがち。浮世、と入れても、あたりまえの世界にとどまる。闇、を入れないで、何か新しい世界を見つけましょう。

(1)カーディガンのせて籐椅子ゆれており  千鶴(60代,女)
(2)北大地じゃがいもの花白くのせ
 早瀬先生、はじめましてどうぞよろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はじめまして。よろしくおねがいします。
(1)繊細な、ピンクのカーディガンに見える。オシャレな句。感じがいい。
(2)北大地、は北海道とすぐわかるが、ぎこちない。ジャガイモの花だから、白く、も言わなくてもわかる。いっそ、「北海道ジャガイモの花すっぽりと」と大胆にしたらいかが。

(1)夕立の後や赤城はあおあおと  小口 泰與(60代,男)
(2)アカシヤの車窓に匂ひ中山道
(3)花薔薇の散るをうながす驟雨かな
(4)岩陰の湧き水掬ぶ雲の峰

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)夕焼けの後は、空は青々としているのは、あたりまえのよう。赤城の雄大さに少し救われているか。
(2)中山道を行く、バスか、地方路線電車。読後、かすかにアカシアがにおってくるようで、気持ちのいい句。
(3)驟雨が促す、というのは、安易な擬人。
(4)雲の峰が、湧き水を掬う、というのは、あまりない表現。大胆。

春落葉並んでいるといえぬ距離  遊飛(50代,男)
 25日付け、春落葉・・有難うございました。嬉しいご評価でした。それでもと書き換えましたが、これは川柳でしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 春落葉で切れていて、季語によって何かを暗示しようとするのは、俳句であって、川柳ではない。微妙な二人の心理関係を詠んだものだが、やはりこれは、よく詠まれた世界。


2006年5月30日

(1)聖五月鳩の目にある冥さかな  毬藻子(60代,女)
(2)この町に住みて十年更衣
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)どんな輝かしい時の中にも、ふと潜む危うさ、崩壊の兆し、を詠んだ。西東三鬼を思い出す。佳句では。
(2)更衣をしながらのふとした感慨。俳句としては平凡。

曾良の句碑鎮もりてあり母子草  れい(70才以上)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 曾良の句碑が鎮もっているのは、実感がある。吟行の記憶としては、いいのでは。

(1)こどもの日一緒に遊び若返る  賀代子(70才以上)
(2)走り梅雨冬着になりて暖をとり
 季重なりかと思いましたが・・・よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)素直で、好感は持てるが、そうそう、と皆がわかりすぎる。もう一ひねりほしい。
(2)急に寒くなったりしますね。梅雨寒。事実そのものより、走り梅雨からかすかに連想される、まったくべつのもの、か、別の場面を詠んでみたい。

(1)雨上がり命匂い立つ若葉かな  由利子(70才以上)
(2)三輪車小石もよけて風薫る
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)この季節は、まさにそのような光景ですね。誰もが思う世界は、俳句としては弱い。命匂い立つ、がすべて言ってしまっているので、物を、ぽんと提示するだけにとどめたい。
(2)も、は解釈を少し複雑にしている。を、でいいのでは。ほほえましい世界。いいのでは。

(1)羽衣をまといて踊る金魚かな  郁子(60代)
(2)見上げれば変わる事なき桐の花
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)金魚の見立てとしては、羽衣を着ている、というのは誰でも思いそう。飛んだ発想というのは、難しいですね。
(2)「さまざまなこと思い出す桜かな」(芭蕉)の世界ですね。類想感はあるが、しみじみした感じが迫ってくる。

(1)老犬の死思いっきり泣くよ五月晴れ  ねぎよしこ(70才以上)
 的確なご指導感謝してます。外出できない年寄りにはなによりの幸せです。14年共にした犬が看病(1カ月)の甲斐もなく死にました、句も出来ず涙ばかりです。
(2)サブリメント新緑に泳いでもういらない
 サブリメントに惑わされる日頃、お金がかかるし、戦後の食料難でも元気に生きのびましたのにね。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)我が家も、猫がいます。本当に家族そのものですね。癒しになるのも、俳句の大切な効用だと思います。
  「老犬がいつもいた場所若葉風」
(2)ないならないでいいものを、人間は奇妙な生き物です。サプリメントに着目したのは面白い。
  「新緑をサプリメントがついてくる」

(1)頼まれてシャッターを押す新樹光  西角悠(70才以上,女)
(2)思い切り髪を短く更衣
(3)若柳水辺の歌碑にそっと触れ

 何時もありがとうございます。先日の(緑映して)は 緑うつして、でした。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 うつして、ですよね。一つの読みにとらわれると、他の読み方が出てこなくなります。すみません。
(1)新樹光との相性はいいが、よくある光景で、わかりすぎてしまう。意外性がほしい。
(2)前半に作者の気持ちがよく出ている。更衣という、「こと」の季語より、少し離した、初夏の植物の季語のほうがいい。
(3)若柳がいい。旅の思い出の日記としてはいいのでは。

(1)山間の戸に子供靴桐の花  文の子(60代,男)
 他の方も言っておられましたが、総ての句をご診断頂き厚く御礼申しあげます。残る1ヶ月どうぞ宜しくお願い申しあげます。
(2)白南風やウェディングベール翻へり
 読後感を考え黒南風を止めました。
(3)浅緑色を残して更衣
 「ネクタイは浅緑色ころもがへ」の句を「浅緑色が、衣更え(更衣)の季節の特徴を言ってしまっている」とご診断頂いているのですが、「残して」としても同じでしょうか。
(4)黒南風を力士塩撒く高々と
 上5で「や」と切ると3段切れになるので、「黒南風を」としました。「黒南風の」より良いと思うのですが如何でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 最近、同じようなコメントばかりのような気がして、自分の力不足を感じています。
(1)こんなところに、というような山間に民家があって、驚くことがありますね。そこに、よく遊んだことを物語る汚れた子供靴。桐の花、とあいまって、いいのでは。
(2)梅雨が明けたときの花嫁。一つのスケッチ。
(3)残して、に作者の思いが出ているが、浅緑色の何かがわからない。象徴させる手法もあるが、ここでは、具体性がほしい。
(4)や、で切っても、三段切れにはならない。中7、下5が、意味としてはつながるから。を、とすると、黒南風の中を、という意味となるか。この方が確かに、ダイナミックな感じがしていい。佳句。

(1)桜葉(さくらば)に青き実怯え隠れをり  北野元玄(60代,男)
(2)青くして怯ゑし嬰児桜の実
(3)桜の実赤く熟れなば世に出でよ

 羊蹄句についてのご教示有り難うございます。土・日曜日にお目に掛かれたらと期待しております。今回は桜の実シリーズです。当地では桜の実が赤く色付いてまいりました。ほとんど誰にも見向きもされていない桜実に惹かれるものがあります。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 拙い診断で、恐縮しております。
(1)(2)桜の実を、怯えていると見る、または怯えている嬰児と見立てる、どちらも俳句ではあまり成功していない。前者は、擬人法そのもので、読者は作者ほど感動を呼ばない。後者は、見立てとして、常識の範囲内。擬人や、見立ては、難しい。
(3)世に出でよ、もわかりすぎる言い方。どこかで、まったく違う世界への発想の展開がほしい。でも、ひっそりとした、桜の実は、ほんとに惹かれるものがありますね。それは同感。土、日、天気が悪そうですね。

(1)ひなげしや夕べの風に逆らはず  小口 泰與(60代,男)
(2)あかしやの浅間山へとなだれ咲
(3)川面へと茂り攻め入る欅かな
(4)ぬか雨に香りこもれるゆりの花
(5)久々の母校の街や走り梅雨

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)ひなげしは、風に逆らわず、という感じがしすぎるのが、俳句としては、やや 不満。
(2)なだれ咲、という把握に、独自性を感じる。
(3)茂り攻め入る、が少し面白い。
(4)きれいだが、一工夫ほしい。
(5)走り梅雨で、作者の実感がよく伝わってくる。

2006年5月29日

(1)眠き午後河馬の口より蝶出でぬ  しょうこ(女)
(2)春深し少年の瞳に愁ひ濃し
(3)水こだま風こだまして花樗
(4)少年のピアスに眩暈五月闇
(5)母の日や彼の世で母はや十歳

 有難う御座いました。ご指摘を受けると分かった気に成りますが、次になるとまたまた分からなく成ります。難しいですね。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 そのつど、俳句によって留意点は異なってきますね。
(1)これは事実であってもなくてもいいと思います。とぼけた、いい光景。眠き、が同じイメージで、いらない。午後4時の、ぐらいにしたらいかが。意味を持たせないほうがいい。
(2)瞳は眼としたら。春深し、少年、愁ひ、とみな同じ色なのです。特に、少年と憂いは、陳腐のきわみになるので、要注意。
(3)水こだま風こだま、がリズムが気持ちよく、いい感じ。花樗も、ぴったりはまっていて、爽快感を増している。佳句。
(4)これも、少年のピアスにめまいするのは、想定内。少年の句は、とんでもなく、成功しにくいのです。
(5)亡くなって、早10年たったということか。作者の感慨はわかるが、作者の思いだけになっていて、読者は入っていきにくい。

紫陽花は自己を吸って生き返る  裸時(30代,男)
 今日は突然の雨に驚きました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 哲学的な句を目指した気配。が、観念的なだけの世界を脱していない。なんでもない世界から、小さな驚き、詩情を掬い取りましょう。たまには、テツガクもいいが。

(1)弓なりの水をくぐって夏に入る  緑(40代,女)
(2)気配して後ろのあなた白薔薇
(3)紅薔薇や乱れて熱き炒り卵

 はじめて投句いたします。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はじめまして。
(1)弓なりの水が、何かわからないので、逆にいろいろ想像が広がって、楽しい。噴水か、何かの装置か。くぐった先に夏が待っている。爽快感。
(2)気配して、という始まりが、短編私小説っぽくて、面白い効果。白薔薇で、ほのかな二人の関係が暗示されている。
(3)うーん、濃いですね(笑)。何か大人の色気がむんむん伝わってくるような。わざとやっているのであれば、笑いを誘う句。好みは分かれる。

(1)はじまりも終りもない空聖五月  れい(70才以上)
(2)葉桜や谿川の泡白く立ち
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)聖五月の空は、そんなもの。実感はあるが、空の形容としては、平凡の域を出ない。
(2)淡々とした詠み方。素通りしてしまいそうだが、吟行のさわやかさは伝わってくる。

(1)五月闇友の消息いたましく  由利子(70才以上)
(2)菖蒲田の白にきわだつ濃むらさき
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)事実として、痛ましい消息があっても、俳句では、ほのぼのと、さらりと詠みたい。
(2)菖蒲や、杜若が、本当にきれいな季節になりました。見ていると、俳句や写真に取る必要がないように思えてしまいます。掲句は、残念ながら、写真の域を出ていない。何か、作者の独特の見方がほしい。

(1)さみだれにバラの大輪最敬礼  賀代子(70才以上)
(2)子供の日筍ご飯大人気
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)よく景が見えるが、典型的な擬人で、俳句としては、苦しい。が、素直な詠み方で嫌味がない。
(2)ここまで素直で、大胆に読むと、好感が持てる。句会では点は入らないと思いますが。名句や、いい俳句の本の多く読んで、何がいい俳句といわれるのか、いろいろ考えてみてください。

(1)頬染めて嫁ぐ日近し風炉手前  郁子(60代)
(2)旅の宿友と語りて明け易し
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)嫁ぐ日が近いので、頬を染めている、その場所も全部説明してしまった。断面の切り口を、切り取りましょう。
(2)明け易し、の季語が効いていない。その理由になっている。明け易しと、不思議につながることを、見つけましょう。

トランペット遠慮がちなる立夏かな  芳江(70才以上)
 はじめまして、よろしくおねがいします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はじめまして。トランペットがさわやかに響く立夏かと思ったら、いい意味ではずされた。くすっと笑える。吹いている人の人柄にとても好感が持てる。

黒南風の高層ビルの企画室  風葉(60代,男)
 詩情に欠けるでしょうか。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 無機質なものにも、詩情はよく宿ります。この場合、企画室が詩的になれるかは、もちろん季語によるが、黒南風という暗い空を想像させるものは、あまり効いてこないと思う。


2006年5月28日

直球の言の葉優しシャガが受け  チャヒロ(女)
 直球の言葉は人を傷つける・・と知りつつ・・後悔するのです。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 皆さん、いつも直球のコメントで、すみません。(笑)
 掲句。言の葉がやさし、か、やさししゃが、か少し取りづらい。つい、直球の言葉を言ってしまった。そのほろ苦い思いをシャガが引き取ってくれた。やさし、はいらないのでは。

栗花や青き匂いの夜の闇  山太郎(60代,男)
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 夜の闇が、言葉が余分。闇が青い匂いをしているのだが、それは栗の花なので、上五で切れていない。「栗の花」として、その匂いから連想される何かの「もの」で作者の心情を詠みたい。

(1)鉄人の記録が途切れてっせんか  文の子(60代,男)
 今を詠みました。
(2)佳人かも目深に被る夏帽子
 「目深なり佳人被れる夏帽子」は近くの公園で見かけるタレントです。顔を隠すためか、皆目深く帽子を被っている様を詠みたかったのですが、切り口を変えました。如何でしょうか。
(3)ひとなみの決算なりし芝桜
 「横這いに終る決算更衣」は俳句を始めていない4年前の心境でしたが、「人事的な言葉が重なる」ご指摘を受け、又「不況の終わり」という現時点で読まれてしまうことが判りました。「横這いに終る決算桜草」は「右肩上がりでも、下がりでもな>かった。そこそこの幸せと安堵感を、桜草がよくあらわしている。」とご評価頂きました。俳句としてはこれで良いのだと思いますが、今の心情を詠みました。くどくなり申し訳ありませんがお送りします。芝桜という季語に凭れすぎていないか、中7で切れているのか気になります。横這いに終る決算、は不況の終わりといわれる中で、徒労感、苦笑い、自嘲を誘う。更衣は、ともに人事的な言葉になるので、ここは、植物など、さらりとした季語をおきたい。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)残念な気持ちを日記として、とどめるには、いいかも。俳句としては、それ以上のものではない。
(2)目深に被る夏帽子、で佳人かな、と読者に想像させるのが、俳句。それを言っちゃったら、終わり。
(3)中7で切れている。芝桜も、悪くないと思います。
 お気持ちはよーくわかります。が、作者の気持ちを全部読者にわかってもらうことは不可能だし、伝わってしまったら、何も面白くない。え?、こんな風に読まれるのか、と意外な読みをされるほうが面白いのでは。

(1)懐かしき顔も老けたり夏座敷  小口 泰與(60代,男)
(2)八十路なお首筋太き冷し酒
(3)記憶より小さき川や若楓
(4)狛犬の如き老犬夜店かな

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)よくある光景。60、70代の句と読まずに、20代が詠んだ、と考えたら、面白い。
(2)写生句。よく眼に見えてきて、とても実感がわかる。ますます盛んで、キカン気の年寄りが見えて、面白い。佳句。
(3)小学校の校庭や校舎、川が小さく見えるのは、よく詠まれる。
(4)老犬は、狛犬のように見えるのでは。そのまま。

薔薇の香にかすかな腐臭ありにけり  遅足(60代,男)
 どこかで読んだような気もするのですが?薔薇という題詠ですが、観念的でしょう か?診断をよろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 詠まれた世界かな、と思いつつ、俳句を作ることは、私もよくあります。それを全部排除していては、一句も作れませんね。薔薇という、華美の極致に、滅びの予兆、堕落を見つける、というのは、確かにありそう。が、薔薇をただきれいに詠んだのではなく、危険性に鋭敏に反応するのは、好きなつくりです。

(1)青嵐河馬の角膜かがやいて  草村靖彦(60代,男)
 稔典さんへの挑戦T
(2)なんとなく河馬が笑えり五月晴
 稔典さんへの挑戦U
ドクター早瀬の診断と処方箋
 パロディーは、たのしい。一度やると、病み付きになってしまう。ご承知の通り、かなりうまくできても、元句を越えることはできない。なぜなら、読者の脳裏に、すぐに元句が出てきて、その二番煎じと自動的に思ってしまうから。なーんて、真剣にならないでいいですよね。
(1)角膜とは、わざと微細なものに焦点を当てた。河馬のとぼけた味と、鋭敏なものはあっていないよう。
(2)なんとなく、がもう一つ。やはり、二番煎じ。

はなすすき次の信号左です  珠(50代,女)
 はじめまして。俳句はまったくの初心者です。友達がしているのを聞いて興味を持ち、自己流に俳句の入門書を手当たりしだいに読んでいて、坪内さんの入門書が一番気にいりました。俳句の楽しさを自分も味わいたいと思っています。さて自分にも作れるかどうか?よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 初心者大歓迎。どこかの結社のキャッチコピーみたいですが(笑)。
 冗談はさておき、俳句ほど、はいりやすい文芸はないでしょうね。何しろ、片言でいいのですから。後は、稔典マジックにかかってください。末永く、ご投句ください。
 です、と会話体、口語体の効果が出ている。花ススキのあるところで、相手が、次左、といったのだろうが、花ススキが次左、と指し示したようで、おかしい。素質ありと見ました。

(1)薫風やパン屋はドアを開け放つ  藤(10代,男)
(2)薫風や自動扉の開きたる
 やはり「薫風」と「開く」は近いでしょうか?
(3)席替えの席の変わらぬ暑さかな
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)藤君、久々(?)に、ヒット。読み方は、素直だが、読者の共感を呼ぶ、小さな発見がある。日常の中の小さな幸福の瞬間!
(2)薫風を求めて、自動扉が勝手に開いたと読むと、面白いが、自動扉の句は、かなりある。
(3)これもヒット。等身大の、10代のささやかな実感がある。くすっとも笑える。

万緑やイエスは妻帯者であつた  海猫(40代,男)
 はじめまして。添削宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はじめまして。今話題の、ダ・ヴィンチコードに引っ掛けたのか。イエスについては、個人によって、知識の量、質の差がものすごく大きい。よって、読みに、ものすごくばらつきがでそう。物議をかもす、問題的をする、冒険は認めたい。が、宗教関連は、いろいろ問題が起こる可能性があるので、要注意。

(1)梅雨寒の朝(あした)烏は顔出さず  文の子(60代,男)
 「梅雨寒の朝に烏の貌を見ず」は「烏を作者があえて見ないのか、どこにも居ない、のか少しはっきりしない。」と承り推敲しました。
(2)義母(はは)ゆるめ妻はきつめや更衣
 「母小さく吾太くなり更衣太く」とは大きくなったということですか。それなら、「吾は大きく」。ただ、自分が成長するに従って母が小さく感じるのは当たり前だし、よくある世界。とご指摘頂きました。掲句は総て言ってしまったようにも思いますが如何でしょうか。
(3)梅雨の入白髪が先に席譲る
 「梅雨に入る白髪が杖に席譲り」の芭蕉の本歌取りは駄目というご診断でした。掲句が先に浮かんだものです。
(4)南風や妻と語らふ旅のこと
(5)花嫁は行く黒南風の段葛

 段葛は句会では損と承りましたが、鎌倉は海が南で、南風は鶴岡八幡宮に向け段葛を通ることになります。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)梅雨寒の朝の感じが少し出ているが、寒いので、顔を出さない、となってしまった。
(2)川柳とのぎりぎりの線。妻はきつめ、と笑わせているように見せて、母への哀切を言っている。ぎりぎりでいいのでは。
(3)最近のお年寄りの元気さ、パワーを、さりげなく詠んでいて、いいのでは。
(4)これも、ごく自然な詠みぶりで、好感が持てる。公判の内容は平凡だが、南風が効いている。マレーシアか、バリ島への旅に思えてくる。
(5)一つの風景としてはできている。黒南風の中を行く花嫁の、前途を祝したい。


2006年5月27日

(1)春燈やわれを追い越す影法師  風葉(60代,男)
(2)春燈やわれより急ぐ影法師
 どちらも捨て難いので、というか、選別眼がないので2句投句します。ありがちな句でしょうか。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 といわれると、見たことのあるような気がしてくるが、これは、私の好きな世界、好きな句作り。私が、作りたかった、やられた、という思いから、見たことがあるという感じが起こるのかも。シュールな句の典型。いいのでは。

(1)画仙紙の墨のかわきぬ梅雨に午後  光子(60代,女)
(2)画仙紙にドライヤー風梅雨の日や
(3)義兄の句を俳画にいれし花あやめ
(4)義兄の句をいれし色紙や花あやめ
(5)花あやめ描きて義兄の句を入れし
(6)燕の子餌をねだりて猫笑い

 添削ありがとうございました。中六うっかりしてました。時々遣ってしまいます。気をつけます。「病み人窓辺にジャスミン見舞いして」を「ジャスミンの窓辺に絡み白き手や」と直してみました。又宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)(2)梅雨の日々なので、紙の墨がなかなか乾かない、日が出たのですぐ乾いたということを、言いたい、言いたい、ということが表に出てしまっている。言いたいことを、出さない、ということは俳句では大事なこと。「画仙紙の墨の深さに梅雨に入る」
(3)(4)(5)義兄への思いが、におってきて、淡白な句意でいいが、俳画や、句を俳句に詠むと、広がりが出ない。
(6)物語を、そのまま俳句にしたよう。この両者は、まったく異なるものなので、俳句は、物事の断面、不条理を、ズバッと切りましょう。なお、物語性のある俳句は、いい句になりうる。この辺り、難しいですね。

方渓は日差し頼めて菫かな  棋鶴(50代,男)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 方渓とは、普段聞かない言葉。渓流の四角の部分でしょうか。それが、日差しを集めることができるということか。その淵に、スミレがある。もう少し、平易な言葉で、少なくとも、句の解釈に頭をひねらせないように、映像が真っ先に浮かぶようにしたほうが得策では。

(1)雨だれの水輪賜り夏の朝  小口 泰與(60代,男)
(2)音たてて毛鉤襲ひし岩魚かな
(3)鉄線花本を持つ手をとめてをり
(4)久々の各駅停車蔦若葉

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)水輪を賜ったぐらいでは、たいていの読者は、驚かない。
(2)岩魚の、獰猛な一生態を教えられるが、俳句としては、それ以上のものはない。
(3)後半に発見、特別な思いがない。
(4)各駅停車は、よく考えてみると、長いこと乗っていないとの、ふとした感懐。蔦若葉の季語とあいまって、何気ない日常の、上質の切り取り方。いいのでは。

青嵐運手の高き高きこと  チャヒロ(女)
 長くて高い運手があり到底最後まで行くには不安を感じましたので真中の柱から降りなさいといったのに聞かない子は途中手を離して泥水にボッチャリ。私は悲しいかなもう運手は出来なくなりました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 運手とは、雲梯のことですか。運手ともいうのですか。青嵐、の季語がよく効いている。雲梯が、高く高くなって、雲まで届きそうな。詩情があって、いいのでは。

秘密裏に梅干コピーされている  裸時(30代,男)
 どの程度の冒険がいいのか微妙で考えてしまいます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 梅干をコピーするのは、そう面白くはない。秘伝の梅干の製法かもしれないが。コピーされて、あっと思わされるものはないだろうか。

(1)プチトマトぷちと噛みゐる老夫婦  藤(10代,男)
(2)夕方や水馬の家探したる
(3)夕方や水馬の家族会議

ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)プチトマトを、ぷちと噛むのは、やはり、芸がないのでは。
(2)(3)ともに、夕方や、と大げさに切る、という必要、必然がない。ここでは、夕方に、これこれをした、という状況設定に過ぎない。や、で提示するのは、それなりに、主題として、ある思いがなければならないと思う。
(2)のほうがややいいか。ちっぽけなミズスマシの家を探すという、とても徒労なしごとに、作者のやるせなさが表れている。


2006年5月26日

オルガンを弾く母の夢聖五月  れい(70才以上)
 いつも感謝です。有難うございます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 お役に立てれば、うれしいです。
 オルガンを弾けるようになるのが、母の夢だ、というのか。夢はないほうがよい。ただ、年取った母が、無心にオルガンを弾いている姿、間延びしたオルガンの音、小さくなった母の背中、とてもいい世界。
  「オルガンを弾く母がいて聖五月」

(1)飼ひ犬とペアーなる妻更衣  文の子(60代,男)
 「更衣」は、「一句の中に、衣装に関する言葉を2つも入れては、言葉がもったい ない」「人事的な言葉を重ねない」と教えて頂きました。掲句はいかがでしょうか。
(2)信号を推しつ運転夏木立
(3)定刻に揃はぬ会議梅雨に入る

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)飼い犬とぺアルックなのですね。読んで全部がわかってしまいます。ペアーなる妻、という言い方は、ぎこちないが、逆に面白いかも。犬と妻が同格になっている。この線で詠んだらどうか。後のことは責任は持ちませんが(笑)。
(2)夏木立が、生きていない。
(3)これもよくある世界。

手翳せる皇居に広き薄暑かな  泰(50代,男)
 「百度標」はぼくも初めて見て(神社で)どうしても使いたくなってしまったのですが、読者の観点も考慮しなくてはなりませんね。気をつけます。ありがとうございました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ、読んでいただき、ありがとうございます。 広き薄暑、は面白い言い方。軽き薄暑、白き薄暑、薄暑が飛んでいく、など使えそう。ただ、手を翳す、皇居、あたりが、政治的においがあって、どうしてもそちらに関連した読みに引っ張られる。でも、面白い世界ではある。

(1)春雨傘の中の三十三間堂  風葉(60代,男)
(2)春時雨と海峡渡るひとり旅
 ポイントを突いたご診断、とても参考になります。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。
(1)7−7−5。自由律的味わいがある。三十三間堂が、雨傘の中にすっぽり入ってしまったかのような、面白い効果が出ている。いいのでは。
(2)これは、少し、リズムが悪い。定型にしたほうがいいが、すると、演歌の中の渡哲也のようになってしまうか。少し、自分に酔ってしまいすぎたかも。

(1)あさざ咲く明けの冷気は赤城より  小口 泰與(60代,男)
 毎回適切なご指導厚く感謝申し上げます。「夏痩せや菓子の倉庫の品薄き」を「竹落葉菓子の倉庫は品薄き」に推敲いたしました。
(2)がーべらや湘子の恋も海に果つ
(3)子等去りて灯ひとつ夏座敷
(4)こぬか雨薔薇の蕾のふふみけり

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 「竹落葉」のほうがはるかにいいと思います。
(1)多分そうなんだろうな、と想像できるが、どうもそれ以上の感動が、読んで迫ってこない。
(2)がーべらと、沖を愛薄くして一人で泳いでいる少年が、かすかに響いているようで、面白い。が、もちろん、本歌を思い出すにとどまる。
(3)よくある世界だが、子らのいなくなった座敷の空気が痛いほど、伝わる。
(4)小ぬか雨と、薔薇の蕾は、やはりツキスギ。

(1)青時雨本に涙の栞あり  詩音(40代,女)
(2)バードウィーク駐輪場にベル満ちて
(3)痩身の夫にかさりと夏布団
(4)香水と愛乾くまであと少し

 28日の句会を楽しみにしています(^^)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 28日、楽しみですね。
(1)本に涙のあとがあったのか。涙の栞は、ウェットだが、詩情がある。が、青時雨とは、やはり、べたっとしすぎ。
(2)ベルが満ちているとは?ベルの音が鳴り響いているのか、ベルがたくさん転がっているのか。やや解釈に困る。個人的に、「バードウィーク駐輪場にベル落ちて」だと、面白い。
(3)夫は、つまと読む。が、素直に「おっと」と読ませて、と、を取ったらいかが。日野草城の世界を、髣髴とさせる。類想があるが、夏蒲団の軽さがよく出ている。
(4)愛が乾く、と、突き放して、愛を捉えた。が、その裏で、愛の確かさを実感している。うまい。佳句。


2006年5月25日

(1)窯だしや不出来の壺を万緑に  しょうこ(女)
(2)眠き午後河馬の口中かぎろへり
(3)春愁や魔法瓶にある宇宙
(4)身内までざらつく今日の霾ぐもり
(5)朝焼けを受け止めてをリ朴の花

 ご指摘有難うございました。又よろしくお願い致します。 ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ、よろしくお願いします。
(1)壷が、万緑の中で、土に戻っていく光景は、いい。が、不出来だから投げた、と理由付けになってしまった。
  「窯だしの壷一つだけ万緑に」
(2)眠い午後だから、かぎろへり、とそのまま続いてしまう。河馬の口中にもう少し意表をついてほしい。
(3)魔法瓶の中が鏡の世界、無限の世界、宇宙、はよく詠まれています。
(4)身内であっても、やはり霾ぐもりだから、ざらつくのは想定内。
(5)なんということはないが、ほっとできる。好感の持てる俳句。中7で切って、自分がやわらかく朝焼けを受け止めている、でもいいし、朴の花が自然に受け止めていてもいい。佳句。

追伸に牡丹の紅を自慢せり  れい(70才以上)
 よろしくおねがいします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。
 本当は、もう手紙も終わりなのだけど、つい未練がましく牡丹のことを自慢してしまった。その稚気に、くすっと笑える。せり、が強すぎる。「追伸に牡丹の紅を自慢して」

(1)奥入瀬の瀬音透かすや新緑は  学(50代,男)
(2)みず食ふや山晴れきって至りたる
(3)日高見の空を平らに囮鮎
(4)太陽の近くなりたる五月かな
(5)門灯の点りて薔薇の仕立てたり

 初めまして、ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はじめまして。
(1)新緑が、瀬音を透かして、垣間見えてくる。それなりに、きれいであるが、旅行パンフレット以上のものがあるかといわれれば、...
(2)何が至りたるかが、明快ではない。
(3)囮鮎をほおり投げた空というのは、そういうものなのかな、という気が「少し」するが、釣りの門外漢には、実感として鑑賞できない世界。
(4)初夏とは、そういうもの。
(5)の、がわからない。を、でしょうか。門灯が点る頃になって、ようやく薔薇がうまくできた、というのは、いい感慨。一日のいい終わりかたという気がする。

(1)撫子に映える赤トラ昼下がり  菜月子
(2)論文の賞味期限の聖五月
 いつもありがとうございます。多くの方の句に誠実にコメントされていて、大変なお仕事ですね。頭が下がります。今回もよろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。しんどいときもありますが、逆に、元気をいただくときもあります。
(1)赤トラは、赤いトラックか。軽トラまではいいと思うが、これは、俳句には少しなじまない。映える、で全部いいてしまった形になった。
(2)賞味期限とは、いいところにもっていきましたね。一本技あり。「論文に賞味期限や聖五月」と切って、言い切ったほうがいいでしょう。

(1)羊蹄の花弁のみどりに触れてみる  北野元玄(60代,男)
(2)羊諦の花弁に沿いて昏れにけり
(3)羊諦花に憂かる夕べのなかりけり

 羊蹄シリーズです。ご指導をお願いいたします。いくつかの歳時記を読み較べてみましたが、羊蹄と書いてぎしぎし、または羊蹄花と書いてぎしぎしと読ませておりました。ぎしぎしはもちろん雑草ですが、今当地ではぎしぎしの花盛り(?)です。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ぎしぎしの花盛り、の当地とはどちらでしょうか。
(3)ぎしぎしを見ていると、気のふさぐ夕べはなかったなあ、という句意。感懐をそのまま句に乗せるのは、普通は避けるが、この場合、不思議と共感を呼ぶ。明治の句のような、柔らかな調べ、穏やかな句姿だからだろうか。
(1)(2)ぎしぎしによりかかった、句作りに、傾いてしまった。ぎしぎしそのものの世界から、距離が保てていない。

(1)緑雨かな学僧の喉仏喉仏  毬藻子(60代,女)
 前作「風青し女は持たぬ喉仏」の修正です。
(2)そら豆の結婚願望雲ふわり
(3)預けおく殺し文句は花合歓に

 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)面白い。発想が自由。喉仏喉仏が学僧の念仏のように聞こえてきて、思わず笑ってしまった。緑雨も、よく効いている。中10も不思議と気にならない。佳句。
(2)これも発想が面白い。が、そら豆の結婚願望が、わかりそうでわからない。この辺り、もう一工夫の気がする。
(3)なかなか、今回は、意味深長な、一ひねり考えると、ふふふと、来そうな線を狙ってこられましたね。殺し文句を出すタイミングをさっきから測っている。しかし出せない。花合歓のせいにしておこう。ずるい逃げに、笑える。

春の雨元黄色いな置くミニカー  裸時(30代,男)
 あぁおとなしすぎますか【;;
ドクター早瀬の診断と処方箋
 元黄色い、という言い方、こなれていない。以前は黄色かっただろうな、という意味か。春の雨、と黄色のあせたミニカーは、いい世界。あとは、すっきりと、自前の造語を使わないで、表現できるか。

(1)脳天を叩いて夕立の御触れかな  風葉(60代,男)
(2)駆け込んでまた飛び出して喜雨の庭
 どちらも川柳の匂いを感じるのですが、俳句と見なされるでしょうか。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 川柳の機知、滑稽、とは、やや違うと思います。
(1)頭を叩いた水滴を、夕立のお触れと見立てた。はたと膝を打つ、新しい見立て、発見とは思われない。
(2)長い雨乞いがかなったのでしょうか。前半の前面に出た気持ちも、それなら許されそうな勢いですね。前半で言っているので、喜雨、はいいすぎでしょうね。

春落葉並ぶでもなく立っている  遊飛(50代,男)
 「・・立つ二人」 でもダメですか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 掲句は、もう一つ、言いたい情景がはっきり浮かんでこない。立つ二人、のほうがよくわかる。春落葉、楠落葉のようなものか。春なのに、落ちてくる枯れ葉。それが、二人の心理を物語っているよう。少し物悲しい、含みのある句ではないでしょうか。


2006年5月24日

(1)「睡蓮」の画廊喫茶で頬杖を  草村靖彦(60代,男)
 こんな季語の使い方OKでしょうか?
(2)告発をされた鶏頭十四五本
 独断的でしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 私も、よくこのような季語の使い方をします。そこに、季節感、詩情があれば、要するに俳句が成功していれば、何でもあり、というのが私見。
(1))「睡蓮」の画廊喫茶、という設定は、何かが始まりそうでいいのでは。ただ、ほおづえでは、悪い意味でかくっとはじされる。もう一工夫を。
(2)メタ俳句ですね。意図がいろいろ忖度される。子規に対する挑戦だろうか、とか。句意がもう一つはっきりしないので、判断に迷う句。このあたりを狙うのは、かなり難しい。

(1)青春は昔のことよホトトギス  山太郎(60代,男)
(2)ホトトギス鳴きやんで知る日暮れかな
 夜明けとともに日がな一日鳴き続けるホトトギス。何が悲しいのだろう?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ホトトギスにいっているようで、自分に言い聞かせている。ただ、言っている内容が、今ひとつ新鮮味がない。青春のほろ苦さを、象徴する「物」であらわせればいいのだが。
(2)ホトトギスの声が、終日聞けるなんて、うらやましい。そんなものかなと、教えられる俳句。

(1)赤信号若葉並木の雨上がり  文の子(60代,男)
(2)焼き鳥屋あるじ奨めし初鰹
(3)短足の犬に抜かれし薄暑かな

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)雨上がりの若葉並木、平凡だが、気持ちのいい光景。そこに見たものは、赤信号では、もう一歩弱い。何かインパクトのおあるものを。
(2)焼き鳥屋の親父が奨めた初鰹。おいしそうな煙や、地酒が思い浮かぶ。が、それ以上の詩情が立ち上ってこない。
(3)ぷっと吹き出す。自嘲を含んだ、薄暑の、少しだるい感じがよく出ている。秀逸。

森くんは町の子ですか蝉の声  ひでこ(女)
 こどものツブヤキから----よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 普通俳句は但し書きがないので、それ自体でどう読まれるかで勝負します。この場合、やはり場面設定がよくわからない。梅雨明けした小学校で、転校してきた男の子に、女の子が恥ずかしそうに聞いているのかも。そこまで読めると、少しいい感じになるのですが。少し、苦しい。

(1)水郷に緑映してさみだるる  西角悠(70才以上,女)
(2)緑陰や柳川舟の見えかくれ
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)みどりばえして、と読むのでしょうか。ちょっと、読みにとまどう。緑の映えて、でいいのでは。五月雨が降ると、水郷に緑が映えるのはあたりまえ。もう一つ、異質なものがほしい。
(2)緑陰に柳川船とくると、見えかくれはわかるので、ここももう一ひねりほしい。二つともきれいで、素直でいいのですが、いわゆる、絵葉書的になっています。写生の中に、少し、変わった見方がほしいのです。

(1) 春の日の僕の時間を踏みならす  松鉄(10代,男)
(2)椅子座るやんややんやと子猫なく
(3)逃げ水を追い追いかける午後3時
(4)我が心はるかfaraway春の暮

 前回の添削ありがとうございます。やっぱり俳句って難しいですね。では今回もよろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 難しいことを意識しつつ、簡単に、というのが理想。 (1)僕の時間を踏みならす 、は新しく面白い表現。ちょっと立ち止まって、整理して、再出発、といった感じ。上五で切ったほうがいい。春の日、は平凡すぎる。その心理に少しつながる、初夏の季語を探してみては。
(2)やんややんや、は既成の表現で、面白みに欠ける。いすに座るのは、作者か、子猫か。立ち位置がはっきりせず。
(3)追い追いかける、が字数をあわせただけの印象。単純に、追いかけている、としては。逃げ水を、ひょっとしたら真剣に追いかけているとしたら、作者の心境がいろいろ想像できて、面白い。午後3時が、いい時間設定。
(4)感傷だけの世界で、苦戦。春の暮れ、でとどめをさした。

夏空やますぐに伸びてゆく言葉  れい(70才以上)
 夏空「に」か「や」で迷いました。「に」にすると説明になるのでしょうか?お教えください。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 に、とした場合、夏空にまっすぐに飛んでいく言葉は、普通とは少し違った光景なので、忠実になぞった説明ではないと思います。「夏空にまっすぐ伸びてゆく言葉」でいいのでは。夏空で遠くから言葉を交わしてあっている光景が気持ちよく入ってくる。

ひよつとしてあの水馬の波紋かな  藤(10代,男)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 アメンボの波紋を見ながら、いろいろ思いをめぐらせている。波紋ではない、作者の心理を読みたい句。短い俳句のなかで、ひょっとしてあの、は言葉の浪費のように見えるが、計算されているとすれば、虚子流の、巧みな韜晦かもしれない。淡い読後感。

(1)夏の朝あ、いま卵を産みました  紫月雲(30代,女)
(2)物言わぬ少女の前にチューリップ
(3)藤棚につかまりて足ぶらぶらと

 初めてお送りします。よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はじめまして。こちらこそよろしくお願いします。
(1)鶏小屋を見ていたのでしょうか。ひとり言が面白い効果をあげている。自分が卵を産んだような気がした、と読むと、もっと楽しい。
(2)物は、もの、のほうがいいでしょう。チューリップももの言わずに少女を見ている。さりげない風景でいいが、もうひとつ何かほしい。
(3)つかまりて、で子供ではないことがわかる。大人の自分が、わざと子供のように足をぶらぶらとさせている。ちょっとした感傷、気持ちの揺れがうまく出ている。。


2006年5月23日

見覚えのある女文字青時雨  風葉(60代,男)
 よろしくご診断ください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 季語がぴったり決まっている。いろいろ想像が広がって、艶のある、余韻が楽しめる句。青時雨、で句がしっとりと、さわやかになっている。佳句。

(1)八朔を魚介類の泡とみる  裸時(30代,男)
(2)手の波は和音遊んで春一番
 ありがたいご指摘です【^^。飛びすぎの感があるのですが推敲してみました。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)とみる、のが俳句なので、とみる、は不要。発想の飛躍の冒険は、いい。好き嫌いがはっきり分かれる句。10人に一人、ものすごく好きな人がいるかも知れない。
(2)手の波は、拍手の意か。「手のひらに和音遊んで」と平易な表現のほうが、生きるのでは。

柿若葉都心に遠き喫茶店  れい(70才以上)
 いつも有難うございます。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 何気ない物を、なんでもなく詠むというのは、とてもいいと思いますよ。最近、商店街の昔ながらの喫茶店が、どんどんなくなっていますね。ペーソスがあり、柿若葉も、いい。

(1)横這いに終る決算桜草  文の子(60代,男)
 「雷(いかずち)や新田(にった)阻みし切通し」有難うございました。「切り通しを吹き抜ける緑風が新田へと通り過ぎて、気持ちいい。」と読んでいただいた景とは、変わりますが、中7以降が活きたと思います。 掲句「横這いに終る決算更衣」を推敲しました。
(2)梅雨寒の朝に烏の貌を見ず
 上5の「の」は軽く切ったのですが如何でしょうか。「梅雨寒や朝に烏の貌見ざる」が大仰に思えました。
(3)黒南風や店先占むるクールビズ
 5/19のご診断で「花嫁のベール巻上げ黒南風」の黒南風は字足らずとのことですが、「くろみなみ」は無理でしょうか。掲句は「くろはえ」で宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)右肩上がりでも、下がりでもなかった。そこそこの幸せと安堵感を、桜草がよくあらわしている。いいのではないでしょうか。
(2)1案のほうがしっくりきます。烏を作者があえて見ないのか、どこにも居ない、のか少しはっきりしない。
(3)南風は、みなみ、と読めますが、黒南風(くろはえ)をくろみなみ、と読めるか。申し訳ありませんが、はっきりわかりません。句は、当たり前の世界になってしまっています。

(1)葉桜の雨猫好きの男飼う  菜月子
 自分の感覚で、「葉桜に」とするより「葉桜の」としましたが、いかがでしょう?猫好き男に合う季語は、やはり葉桜ですね。
(2)青年の瞳笑って薔薇を剪る
(3)書留を郵便局へ虞美人草
(4)書留を出しに行く朝虞美人草

 書留を出しにいくのか、取りにいくのか、はっきりさせました。
(5)ロンドンのバラ園薔薇の名いろいろ
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)雨、で解釈がやや難しい。飼われている男は、若いツバメか、くたびれたダンナか。季語によって、それが暗示できる。でも、最終的には、自分の好きな季語でしめてください。
(2)青年は、雇われた庭師か。初夏の清新さがよく出ている。佳句。
(3)(4)虞美人草、に漱石の寓意があり、いろいろ考えさせられる。(3)のほうがすっきりしている。
(5)句またがりが、面白い効果を出している。臨場感がある。

(1)夕暮の女を支え桐の花  せいち(男)
(2)彼の世より筒鳥の声父の声
(3)トンネルの予算復活春一番

 前回見ていただいた「トンネル掘る予算復活春の雷」の季語を変えてみました。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)句意が、やや明確でない分、逆に解釈に含みが出てくるかもしれません。桐の花ともあいまって少し不思議な光景。作者が支えている女とは?色っぽい感じも少しする。
(2)動物の声を、亡き父、母の声と見るのは、平凡。
(3)諧謔みがあって、これでいいのでは。

一病をなだめなだめて遍路旅  ねぎよしこ(70才以上)
 つきすぎでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 取り合わせではないので、ツキスギは、あたりません。読めば、誰しも思い当たる、共感を呼ぶ感懐。なだめなだめ、がくどい。「一病を山に押し上げ遍路旅」、くらいの大胆は、いかがですか。

(1)母の日に贈られし香「こう」あたたかや  豊純(70才以上)
(2)母の日や香のかおりと一句まで
(3)チュリップ色さまざまに語りかく
(4)つつじ祭り山に登りし車椅子

 先日はどうもお世話になっています。私は毎日朝早く花に水やりをしながら俳句も詠っています。いま少し俳句がスランプ気味だったところに「リラの花」の句でお褒め言葉を頂き嬉しくなってしまい、少し意欲が出てきました。今後とも宜しくご指導ください。お返事を見るのがとても楽しみです。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 少しでもお役に立てれば、うれしいです。私のスランプ脱出法。映画、劇、絵などを見る。俳句を作らない目で自然を見る。名句、好きな句をたくさん読む。句会で一発狙ってみる。
(1)お香、線香ですね。母の日に贈られるものとしてはやや珍しいですね。少し意外で面白い。あたたか、は気持ちがそのまま出ていて、俳句としては損。もの、で気持ちを表しましょう。
(2)俳句に省略表現は不可欠だが、意味ははっきり伝えないといけない。一句まで何か、判然とせず。
(3)擬人は、成功しにくいが、てらいなく詠むのも、時にはいい。無心さが伝わり、好感が持てる。
(4)躑躅がきれいなので、車椅子が勝手に登って行った様に見えて、愉快。

雲の峰利根の源流雪定か  小口 泰與(60代,男)
 「びいどろや利根の源流雪定か」を上記のように推敲いたしました。季語が近すぎるでしょうか?よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 雲の峰がある季節なのに、源流には雪が定かである、という「事実」には驚きますが、俳句の感動としては、あまりはっと迫ってこない。

(1)ぼうたんの花に添え木の隠れをり  小口 泰與(60代,男)
(2)あさざ咲く明けの浅間は斑雪なり
(3)流れ来る雲漉く風や桷の花
(4)ぼうたんの散り初めし夜人恋し

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)添え木、が眼目ですね。牡丹に添え木があった、ということに、俳句の面白みがあるか。残念ながら、私には迫ってこない。
(2)斑雪は、はだらゆき、では?はだら、と読むのでしょうか、知りません。植物知らずのドクターで申し訳ありません。あさざ、のイメージがわかないので、鑑賞し切れない。
(3)雲を吹く風を、紙を漉く、とみた。細かい観察と、表現力。いいのでは。
(4)散る、と、人恋いし、ではべたべたになってします。

薊濡れてご機嫌ななめ印刷機  菜月子
 擬人法はいけないと聞きましたが、どうなのでしょうか?ご指導よろしくお願いし ます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 擬人法は、失敗することが多いということですね。でも擬人法の名句、面白い句もたくさんあります。俳句はあまりやったらいけない、ということに縛られず、どんどんチャレンジするほうが、風通しがよくなると思います。「て」、はいりません。少し句意がわかりにくい。コピー機がすぐ詰まって、いらいらさせられる情景でしょうか。
 「花薊食わず嫌いのコピー機と」と、隣に花薊があると、省略を効かせてはどうでしょう。

(1)オムレツの中半熟や春の風  風葉(60代,男)
(2)半眼の露座大仏や朧月
 取りあわせの”妙”というものがよく分りません。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 どちらも、リズム的には、や、をおかず、(1)オムレツの中の半熟春の風(2)半眼の露座の大仏朧月 としたほうが自然。
(1)オムレツの中のじゅくじゅくした感じと、春の風は、どちらも温かいので、ツ キスギ。若葉風、初夏の風ぐらいのほうがオムレツも食べやすそう。
(2)(1)もそうですが、季語と取り合わせるとき、片方が、何かはっとさせた り、それを私も言いたかった、くすっとさせる、といったものがほしいのです。取り 合わせの妙ですが、一般的には、近すぎず、どこか意外なところでかすかに連想 させる、といった関係がいいとされますが、名句、好きな句、をたくさんストックす るしかないでしょうね。
  石垣を蛇這い翻訳すすみゆく(宮嵜亀)


2006年5月22日

母の日や昔の恋の物語  ねぎよしこ(70才以上,女)
 よろしくご指導お願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。
 ねぎさんにとっては、自分の、母の日になるのですね。子供に、プレゼントをもらいながら、自分の若き日の恋を思い出している。と、一応読めますが、そこで読みが終わってしまうのです。それは、母の日、と、昔の恋、が両方、「こと」だからなのです。上五に、楽しい、または切ない、またはほろ苦い、「もの」の季語を入れる。それが俳句の手法です。

ゆったりと緑陰陣地を広げをり  テンテン(女)
 俳句の難しさ<実感>の毎日です。早瀬先生の丁寧な(他の方への)アドバイスを毎日くまなく拝見させて頂き 私自身勉強させていただいております。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。そういっていただくと、ない知恵を搾り出して、がんばろうと思います。
 掲句。影が移動しただけなのに、陣地を広げている、という把握は、新しい発見ですね。ゆったり、は説明で、少しくどい。をり、もややもったいない。緑陰が陣地を広げ、として、あとに季語でない、作者なりの、いい展開を考えてみては。

(1)百度標阿吽の径の薄暑かな  泰(50代,男)
 「十万色の新樹」の講評ありがとうございました。単なる大仰な言葉とはっとさせ る言葉は違うのですね。勉強になります。掲句ですが、付き過ぎも付き過ぎ、おお付 き過ぎ、でしょうか。
(2)絵馬辺りふと華やぎし五月闇
 よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)百度標が、難しい。正直、私もよく意味を知りませんでした。阿吽までは、たいていの読者もついていける。阿吽の像がある小道の薄暑、というのは、なかなか詠めない、だから玄人ぽい世界。ので、そこへ上5に、百度標を持ってくると、読者は、「参りました。もう勘弁してください。もう勘弁して...」となってしまうのでは。教養主義的俳句は、成功するのは難しい。
(2)華やぎし五月闇、はいい把握。ふと、は俳句では避けたい語。「絵馬辺り華やいでいる五月闇」

(1)秋水の波紋は少しやわらかく  藤(10代,男)
(2)前髪の少し長めやトマト切る
 やはり月並みでしょうか?
(3)歯磨き粉飛び出す朝やプチトマト
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)秋水の本意を、述べただけになっている。澄み切った性質から連想される、あまり近くないものをあわせたい。
(2)トマトは、どうしても青春性を表すもの。プチトマト、青りんごとか。それと前髪は、少しね。
(3)歯磨き粉の赤と、冬の朝の寒さを詠んだ句があったと思います。類想感。今回は、辛口に終始したが、次回のチャレンジを期待。

クリン草老婆二人の立ち話  チャヒロ(女)
 俳句は楽しいひとときです。「かなしさという色」ジーンと来ました、有難うございます。クリン草がお庭にきれいに咲いていて、、、。老いを感じるかなしさを秘めて、、。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 つたない一案を、喜んでいただいて、こちらこそありがとうございます。クリン草が、立ち話を聴いているような感じがしますね。季語との取り合わせはばっちり。「俳句は日常存問の詩(うた)」、という虚子の言葉を思い出すような句ですね。

(1)ひきがえる今のイケメン金もある  文の子(60代,男)
 「色男金と力は・・・」ですが、色男よりイケメンにしました。如何でしょうか。
(2)便箋に文字埋まらず更衣
(3)梅雨に入る青年マスク顎に掛け

 季重なりですが如何でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)イケメン、という言葉は、もう手垢がついていて、使うだけで損をしそう。ひきがえる、は鈍重で飄逸で、イケメンとは合わない。このパターンは、やめられたほうが...
(2)「文字が」か「埋まらずに」。いつも言うことですが、これも、「こと」と「こと」なのですね。そうすると、季語はあるが、読んだあと、季節の詩である俳句の爽快感が出てこない。
(3)このごろは年中マスクを見かけますし、梅雨というはっきりした季語があるので、気になりません。が、顎に掛け、が鮮明に浮かんでこない。読者に、その光景を想像するときに、うーん、と負担をかけた瞬間、その俳句は負けです。

(1)二三枚ぬれ葉に止まる牡丹かな  小口 泰與(60代,男)
(2)涼風や菓子の出荷の多かりし
(3)蟻歩む山と空とへ続く道
(4)ぼうたんの首を傾げてくづれけり
(5)桐咲くや赤城靄より浮き立ちぬ

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)牡丹の花は大きいので、花びらが落ちる途中、濡れ葉についたのでしょうか。すこしわかりにくいが、赤と緑がきれい。
(2)菓子の出荷の多かりし、は懐かしい、地方都市を思わせますね。涼風も、気持ちいい。
(3)類想感あり。蟻の道を見ていると、そういう風に見えてくるものです。
(4)この写生は、怖いぐらい効いています。ものごとの一瞬の危うさを、切れ味鋭く言いとめている。見事。
(5)桐の景色と、靄の中の赤城の、遠近感がよくわからない。すっきりと、頭の中で像が結んでこない。

(1)父の日に贈る似顔絵点と線  ひでこ(女)
(2)河鹿鳴く色絵の皿のサラダかな
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)小さい子供の、点と線だけのつたない絵のことを伝えようとしているようだが、伝えたい、伝えたい、という気持ちだけが前に出て、表現が消化不良。子供のつたなさを書いた俳句は、はいて捨てるほどあるので、よほど工夫しないと、感動を呼びにくい。
(2)これも子供の描いた色絵の皿、という印象。中七、下五が、ややこなれていないが、河鹿と取り合わされると、子供のかわいさが、素直に心に落ちてくる。皿の句。
 「秋風や模様のちがふ皿二つ」(原石鼎) 私の、尊敬する句です。

遅日には阿修羅居て来て闇猫屋  裸時(30代,男)
 阿倍完市さんの作品に興味がでました。読んでみることにします。【^^
ドクター早瀬の診断と処方箋
 読んでもいいですが、あまりかぶれないように。こちらの世界に帰れなくなります。
 「居て来て」、が未熟な表現。どちらか一方にすべき。闇猫屋、は面白い語。造語だろうが、何かいわくありげな、想像力を刺激する言葉。このようなものであれば、造語でもよいが、いつもの安易な造語はだめ。阿修羅、と闇猫屋、という強い言葉は2つも俳句には使えない。一つずつで、2句作れる。

(1)河鹿鳴いてさざれ小石のさみしかろ  詩音(40代,女)
(2)緑夜の匂い袋の中身かな
(3)夏の夜のくびれの強き砂時計
(4)マジシャンが村に到着青葉雨

 「アゴラ」って「公共広場」のことなのですね!早瀬ドクターと皆さんの熱い俳句問答が毎日の楽しみです。好調の波、ずっと打ち寄せ続けてくれますように(^^)ドクター早瀬の診断と処方箋
 このところ、投句がものすごく多くて、うれしい悲鳴です。体が三つくらいほしいです。
(1)河鹿、さざれ、小石、と全体的に寂しいトーンの連続で、変化がほしい。
(2)緑夜の匂い、がしてくる袋は魅力的ですが、もう少し袋が何の袋か具体的にわかった方がいいと思う。
(3)いい発見。春の夜、秋の夜、はどうか。秋の夜もいいかもしれないが、夏の夜がいい。佳句。
(4)マジシャンのくたびれ加減がいいですね。おかしい。


2006年5月21日

花水木通稚児(オサナゴ)たち風を背に  墨童(60代,男)
 改作です!早瀬先生へ:ご指摘、有り難うございました。特に「花水木通り稚児たちの行く」です。ご指摘を踏まえ、上記の通り改作いたしました。本当に有り難うございました。今後ともヨロシクご指導下さい。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 しょっちゅう誤読しながらの診断です。恐縮です。
 この場合は読み仮名を振った方がいいでしょうね。花水木通、という通り(道)があるのですか。音的には、「花水木通ちごたち風を背に」ですが、上七にしてもいいかもしれません。通りの名前とすると、季語が無くなりますので、「花水木通おさなごたちは緑風に」でしょうか。

夏の夜今日の余白の新刊書  れい(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 意味しているところがよくわかりません。余白の新刊書とは?今日が余白ということか?
 「夏の夜余白の顔の人ばかり」と不思議な感じにしてみてはいかが。

虐待のニュース痛まし蟻地獄  千葉 昭一(70才以上,男)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 虐待が痛ましいのは、誰もが思うこと。蟻地獄も、同じイメージの上塗りになっています。社会事象を詠むのもありますが、価値判断が前面に出ないように、そこはかとない、ペーソスぐらいにとどめましょう。

(1)ペンギンの歩き方して初詣  藤(10代,男)
 「ペンギンの歩き方して女王蜂」の季語を改定させて頂きました。いかがでしょうか?
(2)中庭の煉瓦積みたり風薫る
 「中庭」が少し弱い気がするのですが、中庭に変わる何か良い言葉はありますでしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)初詣という、晴れがましい場で、ペンギン歩きは、確かにとぼけていてかなりおもしろい。子供だったらかわいいが、中高生くらいだったら、ただのおちゃらけになってしまうかも。
(2)中庭だけでなく、句全体に俳句的発見、はっとするものがない。誰が作っても同じような句になっている。季語もとってつけた感じ。

(1)母小さく吾太くなり更衣  文の子(60代,男)
(2)目深なり佳人被れる夏帽子
(3)梅雨に入る白髪が杖に席譲り

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)太く、とは大きくなったということですか。それなら、「吾は大きく」。ただ、自分が成長するに従って母が小さく感じるのは当たり前だし、よくある世界。
(2)佳人、といわないで、美人だろうな、と思わせるのが、俳句の勘所。私も、目深な夏帽子の奥の、若いお母さんにあこがれます(笑)。
(3)「家は皆杖に白髪の墓参り」(芭蕉)

(1)イケ面花盗人は赦そうぞ  しょうこ(女)
(2)御田祭牛も漢も化粧して
(3)絵手紙で足るほどの恋さくらんぼ
(4)短夜の夢の続きは予約不可
(5)母の日や子であることの遠なり

 始めまして。宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 初めまして。
(1)イケ面の、でしょうか。イケメンだから、赦す、という因果でつながってしまう。「イケメンの花盗人や昼の月」のように、離した方がいいと思います。
(2)牛も男も、白っぽい顔が目に見えるよう。御田祭はどこの祭りかよくわからないので、句会では損かもしれません。個人的好みで、漢をおとこ、と読むのは、どうも好きになれない。
(3)絵手紙を書くのは、すごくいい恋のように思うのですが。足る、というのがどうもわからない。
(4)当然そうなのだが、当然のことをあえて言い切ることのとぼけた味が出ている。下五の言い方がおもしろい。
(5)遠き、でしょうか。気持ちを全部言ってしまいましたね。

(1)主無き庭の薔薇や背丈まで  光子(60代,女)
(2)狭き鉢根の上がりたるさつきかな
(3)病み人窓辺にジャスミン見舞いして

 早瀬先生ありがとうございました。宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそありがとうございます。
(1)中六ですね。そうび、と読むのは無理があるでしょうね。庭の白薔薇、とでもしますか。薔薇が背丈まで、というのはかなり伸び放題ということですね。主無き、がそれの説明になってしまっています。つまり、いいたいことがでてしまっているのです。薔薇が背丈まで、は何でもない、いい光景です。
(2)これも、狭き、が、根の上がりたる、の説明になっています。根の上がりたるさつきかな、はいいのです。上五に、無関係な、しかし、いわれて、なるほどな、というものを配しましょう。
(3)つながりが悪いですね。見舞いするのは病人に決まっているので、病み人はいりません。

(1)春燈や晴れ着の部屋の置手紙  風葉(60代,男)
(2)小面にほくろありけり春の闇
 早瀬ドクター、はじめまして。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はじめまして。
(1)置き手紙、の意味が含みがありすぎて、解釈が難しくなりすぎている。それは、春燈、晴れ着の部屋、置手紙、と材料が多すぎるため。ハイクは、単純明快に行きましょう。
(2)春の闇が、はまりすぎるくらい、ぴたっときている。ありがちな句かもしれないが、佳句。小面にほくろ、が色っぽい。このような女性に会ってみたい(笑)。

(1)竹林の響動もす風や夏座敷  小口 泰與(60代,男)
(2)走り根の岩を掴むやかんこ鳥
(3)松籟に光零して躑躅かな
(4)紺青の利根はさながら夏の風

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)響動、という言葉はあまりみないですね。竹林を響動させる風、ということで しょうか。言い方が難しすぎる。「竹林を動かす風や夏座敷」、とズバッといった方が。俳句は単純な方がいいです。
(2)それなりに完成していて、別段付け加えることはありません。風流。
(3)松籟だから、松に意識がいっていると、躑躅が急に出てくるので、焦点をあわしにくい。光雫して、もちょっとごたごたしている。もう少し、整理した方がいい。
(4)利根を夏の風、とした把握はいい。さながら、は俳句では禁句。ズバッといいきってください。

地団駄を踏んで五月の力士かな  北野元玄(60代)
 すーっと出来上がってしまいました。よろしくご指導ください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。
 力士が子供のように地団駄を踏んでいる図は、おもしろい。が、5月の、がすんなり入ってこない。四月、九月でも成り立ってしまいそう。

(1)夜叉などと祭女は夏の帯  暮春(50代,男)
(2)連翹や神社学校ふるさと似
(3)鮎つりの空突き抜けて囮鮎

 「打ち投げし九頭竜川に囮鮎」の推敲です。俳句の力はどこから来るんだろうと思ったときに、何とか九頭竜を俳句にしたいと思ったのですが、実はテレビで見ただけでした。テレビによると囮鮎は水平に投げるのだそうですが、川の半ばまで合羽姿で入り、竿を投げる姿は釣り人でなくても粋なものでありました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)夜叉などと、が少しわかりにくい。夜叉などと、女たちが言っているのか、夜叉などと女が踊っているのか。祭女は夏の帯、が季感があって、少し色っぽくて、いい。
(2)おもしろい言い方ですね。ふと見た神社と学校が、ふるさとのものに似ていた、ということか。言い方が飄逸で、リズム感があって、いい。
(3)すなおに「九頭竜の空突き抜けて囮鮎」でいいかもしれませんね。

骨を足し銀杏の花がモクモクと  裸時(30代,男)
 心象風景を写生したいと思っています。銀杏の花はネットで写真見ました。いつか実際に見てみたいものです【^^
ドクター早瀬の診断と処方箋
 銀杏の花がモクモクと、の写生はいいと思います。ただ、オノマトペは陳腐になりやすいので、よほど意表をつかないと、読者に感心されない。骨を足し、は不明。詠んだ世界は意外でも、表現は誰にもわかるものでないと、句会では採られない。

(1)金魚玉勘の良すぎる次男坊  菜月子
 ズバッとしたコメントありがとうございました。どんどん鍛えていただきたいです。さて、金魚玉と次男坊もつきすぎでしょうか?
(2)リラの花乳房の先に見える湖
 湖は「うみ」と読ませて大丈夫でしょうか?スーペリア湖は実際、海のような大きさです。離れた丘から湖を望む光景を詠みたいのですが、いかがでしょう?
(3)リラの花乳房の先に蒼い湖
 推敲しました。
(4)白日傘消えて動詞の格変化
(5)論文に外したメガネ聖五月
(6)撫子や推敲できぬ句が一句
(7)撫子や論文よりも俳句詠む

ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)次男坊が金魚玉の中の出目金のような気がして愉快。たしかに、上の子はボーとしているけど、下の子ははしっこいですね。その感じがよく出ている。
(2)個人的には、湖をうみ、と読むのは好きではありません。女性をひと、とか。「リラの花乳房の先の蒼い海」がすっきりします。少し思わせぶりな、エロティックな感じが、リラの花で清潔な感じに変わる。
(4)これはおもしろい。いいと思います。
(5)「外したメガネ」で、疲れた、とか、いろいろの意味が出てきてしまう。できるだけ「論文」と「聖五月」だけの単純な構成の方がいいのです。
(6)(7)メタ俳句は、作者の繰り言にどうしてもなってしまいますね。

桑苺休耕田を巡りけり  千葉 昭一(70才以上,男)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 桑苺、だけで、何かいい世界が開けそう。休耕田を巡りけり、も牧歌的叙述。この2つを一緒にしてしますと、あまりおもしろくない。一考してみてください。


2006年5月20日

隋道の向こうに丸い夏の色  尼の久女(60代,女)
 早瀬先生と同じ関西人です。 福知山線の廃線あとを歩きました。 下五‘みどり’にまよいました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 隋道は、隧道(トンネル)ですね。
 発見はわかります。言いたいこともわかるのです。が、あと一歩、惜しい。たとえば、廊下を歩いていて、向こうの窓の先の風景が、額の中の絵のように見えて、それを詠んだようなものなのです。みな経験していることなのですね。丸い夏の色、はまだいい、使えると思います。前半が説明してしまいました。もう一考してみてください。

(1)薄暑行く吾が影の頭を踏みながら  文の子(60代,男)
(2)薫風を歩む経済速度にて
(3)口紅の跡更衣したる後(あと)

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)単純な詠み方ながら、含まれている内容は、深長。かなりいろんなことを考えさせる。境涯俳句っぽい感もある。なかなか面白いのでは。佳句。
(2)経済速度が意表をつく表現。無理せずに、急がずに、の意だろうか。なんとなく人を食った飄逸さがある。
(3)悪いですが、この手は苦手です。

(1)験かつぎ捲土重来新茶飲む  北野元玄(60代,男)
(2)つくばいの竹水流し音乾く
(3)あをめきて客と亭主の折り戸かな

 いつもご指導有り難うございます。今回もお茶シリーズです。よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。指導といえるものでもありません。
(1)、捲土重来を期していて、そこで新茶を飲んで和んでいるのが、カクッとはずされて、おかしい。験担ぎ、は、同じことなので、余分。ほかのさらっとした言葉と合わせて見てください。面白いと思います。
(2)音乾く、に眼目があるのだろうが、門外漢には実感しにくい。全体が、風流で貫かれすぎていて、取り付きにくい。
(3)これも同じ世界だが、平易な言葉のみで構成されているので、好感が持てる。あをめきて、と客と亭主、がいい感じ。が、欲を言えば、風流だけの世界なので、何か異質の要素がひとつほしい。

(1)夏痩せや菓子の倉庫も品薄き  小口 泰與(60代,男)
(2)ぼうたんの思いのほかの蘂のあり
(3)でで虫や利根の流れを身の内に
(4)網を振る池に逃るる糸蜻蛉
(5)網を振る中天はるか糸蜻蛉

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)菓子の倉庫も品薄き、は面白い。菓子の倉庫のことを俳句で見たことはない。ただこれも「こと」、「夏痩せ」も「こと」。夏痩せのほうを、植物か、風物の季語にしたほうがいいでしょう。
(2)思いのほか、を別の言い方で、思いのほかとあらわしたい。
(3)これも、利根の流れを身の内に、はいいフレーズ。身のうちを、さらさらと利根が流れている。でで虫をそこで見たのかもしれないが、何かそぐわない。これも、ほかの季語を。
(4)(5)、(5)のほうが好きです。糸蜻蛉の儚さ、危うさ、玄妙さがよく出ている。

耳の中和音遊んで春一番  裸時(30代,男)
 素直につくってみました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 素直に作るほうがいいようですね。
 和音が聞こえるのは、耳の中に決まっているので、耳の中は不要。いっそ、違う体内のほうがいい。
  「*****和音遊んで春一番」


2006年5月19日

ふっくらサクサク感のパン夏は来ぬ  ひでこ(女)
 気持ちを若く持ってメロンパンをうたってみましたが、何かおかしい-----でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 夏は来ぬ、との取り合わせにチャレンジ、その気持ち、とても素敵。「感の」は俳句ではいけません。「ふっくらパンさくさくパンに夏は来た」のように口語にしたほうが、みずみずしさが出ますね。

(1)また旅に飾らぬままや武者人形  三郎(60代,男)
(2)黒髪の細き糸散る青あらし
(3)さみだれの九十九里浜湯の煙り

 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ、よろしくお願いします。
(1)飾らぬままや武者人形、は切れていないので、飾らぬままの武者人形でよい。このフレーズは、平凡だが、ペーソスがあって、いいと思う。また旅に、がその理由を説明してしまっている。上5に、季語でない、武者人形に直接関係のない、胸につんとくる、さりげない言葉を捜してみてください。
(2)発想が常套。青あらしが、また前半の理由になってしまっています。
(3)湯の煙が、手垢のついた語。これも前半からの意外な場面の展開がほしい。

(1)葉桜にめまい猫好き男飼う  菜月子
 今朝のちょっとしたファンタジーなんですが、俳句でこんなファンタジーを詠んでもゆるされるんでしょうか。
(2)豆腐屋のラッパ昭和の遅桜
 この地に移って1年。ここにはまだ豆腐屋のラッパの音が流れています。
(3)豆腐屋のラッパ堤の遅桜
 昭和をとりました。言いすぎだと思いました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 俳句にファンタジー、大歓迎。大いにやるべきと思います。
(1)猫好き男飼う、猫好きの男はおとなしいし付き合いやすいので、身近においておきたい、の意か。が、男を飼う、という表現が少し危険な香りがして、笑いを誘う。前半がありそうなことで、惜しい。
(3)この方があまり言っていないのでいいですね。推敲して、いいと思った句を送りましょうね。

(1)若葉風新田(にった)阻みし切通し  文の子(60代,男)
 「老鶯や新田(にった)阻みし切通し」を「老鶯がどうか。少し材料が多すぎるかも。」とご診断頂き推敲しました。
(2)ケータイが時計の役目余花に逢ふ
(3)横這いに終る決算更衣
(4)花嫁のベール巻上げ黒南風

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)俳句は難しいですね。難しくない俳句を作りたいと、私も思っているのですが。やはり、新田(にった)阻みし切通し、は生かしたい。若葉風、とは、どちらもさわやかな感じの言葉になってしまう。一案「雷(いかずち)や新田(にった)阻みし切通し」
(2)ケータイが時計の役目、が特に若い人にとっては、発見でもなく、目新しいものでもない。
(3)横這いに終る決算、は不況の終わりといわれる中で、徒労感、苦笑い、自嘲を誘う。更衣は、ともに人事的な言葉になるので、ここは、植物など、さらりとした季語をおきたい。
(4)黒南風(くろはえ)は、梅雨の南風なので、強い意味はないが、なんとなく、この花嫁の前途を心配してしまいそうな言葉ですね。下が字足らずで、不安定感を出しているのか。

(1)びいどろや利根の源流雪定か  小口 泰與(60代,男)
(2)たけのこや番傘まはす通学児
(3)若楓和紙を啄ばむすずめかな
(4)溢れ出づ温泉(ゆ)に弧を描く蟻のをり

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)びいどろは、長崎の硝子ですよね。そこへ、早春の利根川の山奥の雪がまださだかだという。少し、2つのものが距離がありすぎて、連想を結びにくい。
(2)懐かしい世界。たけのこの大きな親分が、番傘になったかのうにも感じて、面白い。佳句。
(3)和紙に何かの種があったのだろうか。これも、ささやかな日常で、いいのでは。
(4)蟻を発見したのでしょうが、俳句の上での発見にはなっていない。

赤椿赤いもの血や宝石や  裸時(30代,男)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 赤い椿から、連想して、赤いもの、血、赤い宝石、が出てきた。作者の頭の中を、そのまま露出した句。意識した上での実験であるなら、前衛的といえるかも。

(1)春雨や歩く私は傘たたみ  松鉄(10代,男)
(2)春コート手を開いてはまた握り
 前回の添削ありがとうございました。意外性のある句、切れのある句を創るのって難しいですね。でもできればチャレンジしてみたいと思います。では、今回もよろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 私も、挑戦しては、失敗の積み重ねです。句会が、ひとつのバロメーターでしょうね。
(1)かすかな春雨なので、濡れていくという、本意をなぞるだけになってしまっている。春雨は、暖かい、不思議な感じがする、懐かしさもある雨なので、取り合わせにいろいろ挑戦してみてください。
 拙句「春雨や机の上の体温計」
(2)何を表しているのか、よくわからない。一読、句意明快、印象鮮明、解釈多様、な句を目指しましょう。


2006年5月18日

(1)四条までは行きへん力車花の松  泰(50代,男)
 平安神宮辺りの風景です。「わてらタクシとは違いますよってに」。正しい京都弁かは分かりまへん。
(2)京に来て十万色の新樹かな
 「十万色」が説明になってしまいますか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)松の花と同じ。四月の季語ですね。新緑の頃の、京都の楽しい雰囲気が伝わってくる。「四条までは行きへん」力車花の松、としたほうがわかりやすい。
(2)「京に来て」が状況説明ですね。「十万色」も、作者だけが感動していて、読者にもう一つ伝わってこない。おうぎょうな言葉は、俳句には難しい。

この夏も男言葉の孫を待つ  れい(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 失礼ですが、作者のご年齢から、このお孫さんは、10代の、おてんばな女の子という推測ができますが、無記名であれば、少しわかりにくいですね。句に詠んでいる世界自体は、いいと思います。が、全体的に散文的、説明調になっています。
  一案「合歓の花男言葉の孫の来る」。
まだ、わかりにくいかな。

(1)スケートの滑り蛍光ペンの滑り  藤(10代,男)
(2)空梅雨やマーカーペンを買いに行く
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(2)のほうがいい感じ。
(1)スケートのリンクの面は、ぎらぎらしていて、蛍光ペンはぴったりそのままはまる。誰でも連想しそう。
(2)空梅雨の、得したような、物足りないような、宙ぶらりんの気持ちを、後半がよくあらわしている。面白い。

(1)神様は近くてとおい河鹿鳴く  詩音(40代,女)
(2)聖五月青いリボンを猫につけ
(3)母の日の百葉箱の中きれい
(4)体内に延びる葉脈青葉雨

 いつもありがとうございます(^^)
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)神様はいるのかいないのかわからないのがいい。神様の句は難しいが、この句のほんわりとした距離感はいいですね。神様が、河鹿になっているような。
(2)やや近いが、これもさりげなく嫌味がなくて、読んでいて気持ちがいい。赤い、黄色い、白い、でもない、青い、がいい。
(3)百葉箱、という材料は作る側として、ものすごく作句意欲をそそられる言葉ですね。母の日と特に関係がないはずなのに、この言葉があると、母との関係がべたべたとしていなくて、とてもいい関係のように思えます。佳句。
(4)体内には血管も、内臓も、葉脈的なものがいろいろあるので、やや近い感じ。青葉雨との取り合わせも、やや難解な感じがして、句全体が、すっきり響いてこない。
 全体的に、とても好感が持てる句作りだと思います。かなり好調の波にきているのではないでしょうか。

赤い薔薇かなしき色とも思いなん  チャヒロ(70才以上,女)
 13日に薔薇が届きました、母の日です。思い出すこともあって、、、。今の心情です。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 このように俳句を、日常でふと作れるのは、幸せと思います。かなしき色が主観なので(これはこれでいいです)が、思う、は余分。
  「かなしさという色の薔薇届きけり」
ではいかがでしょう。

西行忌象さん銅鑼鳴る胴長い  裸時(30代,男)
 つめこみすぎかもしれません。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 四段切れになっている。ある意味、超絶、すごい。ここまで遠くに行ってしまうと、阿倍完市の、トリップしたような句になっている。


2006年5月17日

(1)宮水をグッグと一気柿若葉  墨童(京の田舎・墨染に住まう童心溢れる66歳、男)
(2)花水木通り稚児たちの行く
(3)ミニ薔薇を駆ける蟻さんコンニチハ

 皐月のスガスガしい空気を、何とか読み込みたい、というのがこの三句への思いです。そんな思い、六甲山麓にお住まいの猫大好き先生に、上手く伝わったでしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 墨染というところがあるんですか。地名からして、京都は違いますね。地霊、言霊にあふれているような印象を受けます。
(1)宮水と柿若葉、いい取り合わせですね。宮水、そこから絞った酒がいかにもうまそう。グッグと一気、がやや惜しい。あまり気持ちを前面に出さず、「宮水を口にふくんで柿若葉」ぐらいのほうがさらっとしているのでは。
(2)稚児は、おさなごと読むのでしょうか。ちご、では字が足りませんね。通り、と行く、のほぼ同義の言葉があるのはもったいない。
(3)さすがに、童心の意味がよくわかりました。利休禅師がなんの衒いもなく一心に詠んでいる雰囲気が出ている。

(1)市に立つ春潮の香立つ日暮れかな  暮春
(2)お奨めと店主夏めく讃岐蕎麦
(3)打>ち投げし九頭竜川に囮鮎

 いよいよ春も暮れてきて、初夏らしい食べ物が食べたい季節になりました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 同感です。募春さんにとってはなんですか。私は、天ぷら蕎麦です。
 リフレインが効果的なときもあるが、この場合は、未消化。自分が市に立っている。春潮の香りも立っている日暮れである。かな、で切っているが、散文的になっている。動詞が2つあるからでしょうね。
(2)うどんではなく、蕎麦なところがいいですね。店主が夏めいているようで、面白い。
(3)そのまま。発見がほしい。

(1)撫子を蹂躙胸に住む獣  菜月子
 早瀬先生、休講の句では女子大生、ぼた山の句ではお母さんと、空想力、いえ、想像力ゆたかな読みをしてくださいましてありがとうございます。さて、この句からはどんな作者が見えてきますか?
(2)リラの花スーペリア湖の水蒼く
(3)籠もり居て論文繕う聖五月
(4)虹消えてジェーム、チュエーム格変化

 「苧環の下で動詞の格変化」の推敲です。
(5)虹消えてジュテーム、チュメーム格変化
 こちらの方がわかりやすいかもしれません。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 俳句では、作者は、なんにでもなれますね。そこが醍醐味。
(1)これは、前半と後半が、意味的に、もっと言うと、理屈でつながってしまっています。蹂躙するから気持ちが獣になった、あるいは胸に獣がすむから蹂躙した、どちらのせよ、スーとつながりすぎて、いつもしつこくいう、意外性、ねじれがありません。
(2)リラの花が、モダンな印象なので、スーペリア湖が同じようなイメージでくっついています。いわゆる、つきすぎ。
(3)聖五月と、論文の取り合わせは面白い。が、前半が状況の長々とした説明になっています。一案「論文が横たわりたる聖五月」
(4)動詞の格変化、を残すほうがいい。掲句では、作者だけが面白がってしまっている。一案「朝虹が見えて動詞の格変化」「春雷が響き動詞の格変化」

(1)見飽きぬや母の残せし白牡丹  豊純(70才以上)
 「白牡丹母の姿のよぎりけり」を「牡丹咲き」に直したらどうでしようかご指導下さい。
(2)リラ咲きぬ思い出の歌口ずさむ
(3)春の月雨の兆しや笠かぶり

 叉三句送らせて頂きます。ご診断下さい。宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 (1)第1案のほうが、いいのでは。意味的につながっているので、や、で切るのはおかしいし、後半に気持ちが入りすぎていて、読者がちょっとついていきにくい。
(2)これは、作者の気持ちがあまり前面に出ていず、さらりとしていて、読後感がさっぱりしている。ペーソスもあり、佳句。
(3)春の月、から、雨の兆し、へのつながりが唐突。ばたばたしていて、すっきりとイメージが結びにくい。三段切れのようない印象になって、印象不鮮明。

万緑や今夜の献立忘れけり  れい(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 「こん」と「こん」で音が繰り返されて、句意も、万緑という少し大げさな季語がバーンと出てきて、後半でかくっとはずされたようで、少し面白い。(少し面白い、というのは、面白すぎる、よりもほめ言葉です)ただ、中八が気にならない人も多いと思いますが、私はやや気になる。「万緑や晩の献立忘れけり」でも、今日のこととはわかると思うのですが。

大河野に出でてつくれる笑窪かな  遅足(60代,男)
 脳の句、診断ありがとうございます。川は長良川なんですが、なんとか読み込むことが出来るでしょうか?野に出でて笑窪つくれる長良川でも良いでしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 掲句だけを読むと、たいがのに、か、おおかわのに、か迷う。2句目を読んで、前者だとわかります。川面が、えくぼを作っているのか、作者が見ている人がえくぼを作っているのかも、少し迷う。季語は何でしょうか。もう少し、すっきり、単純な形にする必要があるようです。芝不器男も、単純であれば単純であるだけ、いい句である、というようなことを言っています。

えご散るや足のおろせる隙間なき  裕子(ひろこ)(70才以上,女)
 早瀬先生始めまして。これは誰でも山道を歩くと経験するだろうと思いますので類句あるかも?と思います。どうぞよろしく。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はじめまして、よろしくお願いします。
 「や」とおいたのに、切れの効果が弱く、句を中途半端にしています。後半も、やや説明になっている。ただ、えごの花の落下というのは、本当にそういうものだと思いますので、変に作らないで、淡々と読んだほうがいいとは思います。足を下ろしたら、汚してしまう、という気持ちは伝わってきます。

葱坊主暴れまわるは和紙の上  裸時(30代,男)
 今日の大阪句会は楽しい句に出会えて楽しかったです【^^
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ついに、完全な俳句・句会中毒患者になったようですね。
 掲句。少し不思議な句。葱坊主つきのねぎを多数収穫して、反故の和紙の上に広げている。無造作に置いたのであたかも暴れているように見える。坊主が暴れているようにも読めて、愉快。写生も効いていて、佳句。


2006年5月16日

逃げ水に寝そべってゐる子犬かな  藤(10代,男)
 以前、ご診断頂いた「逃げ水に寄り添つてゐる子犬かな」を改めて添削してみまし た。いかがでしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 寝そべっている、というのも、普通の把握。いっそ、
  「逃げ水の水を楽しむ子犬かな」
  「逃げ水についてどこまで行く子犬」
ぐらいはどうか。

風青し女は持たぬ喉仏  毬藻子
ドクター早瀬の診断と処方箋
 女は持たぬ喉仏、が当たり前で、この場合は面白いのだけれど。どこかでいわれたことのような気がしてしょうがない。初出だったら、ごめんなさい。風青し、との相性は、文句なし。

獰猛ささらりと見たり熱帯魚  尼の久女(60代,女)
 取り合わせ、に取りつかれて行きずまっています。医院の待合室の水槽で、金魚をパクリとのんだ美しい熱帯魚。そのままです。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 行き詰っている人じゃないと、突き破ったり、伸びないと思います。取り合わせの名句を数多く読んでください。自分の中に引き出しを多く作ることです。獰猛さ、といってしまっては、そこで終わってしまう。事実そのものがインパクトがあるので、「森閑と金魚飲み込む熱帯魚」とわざとさらっというか、「時計鳴る金魚を飲みし熱帯魚」と関係ないものを取り合わせるか。いかがでしょう。

苦吟する齢八十青嵐  千葉 昭一(70才以上,男)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 気持ちはわかります。しかし、楽屋裏は出さないほうがいいのでは。うそでも、涼しい顔をして、ありもしない世界を詠むとか、大法螺を吹くほうが、精神衛生になりますよ。それと、俳句のことを俳句に詠むのを、メタ俳句といい、かなり技巧がいります。

(1)友と行く気ままな旅や更衣  西角悠(70才以上,女)
(2)新緑や三人連れの気まま旅
(3)若葉冷え一人の暇をもてあます

 先日の(九十九折り)はつづらおりのつもりでした。何時もありがとうございます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 漢字の読めないドクターです。すみません。
(1)(2)いずれも気ままな旅との取り合わせ。
(2)はあまりにもそのまま。
(1)のほうが、少し季語としては効いている。更衣の頃、とも読めるし、旅の途中で、旅人自身が暑くなって、薄い服を買い足したのかもしれない、とも読める。すこしおもしろい。
(3)若葉冷え、に意味が出すぎかも。若葉風、青葉風、とさらっと流すほうがいいのでは。

母の日に贈られし薔薇やいまも咲き  光子(60代,女)
 15年も前に息子より貰ったミニ薔薇です。植え替えをして大切に育てています。添 削お願い致します。俳句は初心者です。宜しくお願いたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 俳句は、癒し、うめき、呟き、感動、片言、ちょっとした気持ち、いろいろな面を持っていますね。日記でもいいと思います。最初は、ふとした気持ちを飾らずに俳句にしてみてください。そして、徐々に気持ちをいれずに、もの、ことだけで、読んだ人に、なんとも言えない感じを持ってもらえる俳句を作れたら、最高ですね。掲句では、薔薇が咲いていて、や、で切れていないので、この「や」はいりません。つまり、「母の日に贈られし薔薇いまも咲き「となります。もっというと、薔薇が咲くのは当たり前なので、下五はいらない。や、がなくても切ることはできるので、「母の日に贈られし薔薇」のあとに、なにか別のものをおいてみてください。季語は薔薇なので季語以外のもの。
  一案「母の日に贈られし薔薇古雑誌」
 これだと、その薔薇が変わらず咲いていて、年月を経た雑誌もそこに無造作に置かれている感じがするかもしれません。母の日に贈られし、が甘美なので、つけるものは、なんでもないもののほうがいいのです。俳句を続けてください。

(1)メガホンを叩く応援花海芋  文の子(60代,男)
 5/12のご診断有難うございました。「考えることが多すぎて、鑑賞がうるさい」句と「連想の広がりがない」句があり俳句の難しさを再認識しました。その中で、私自身の自信作「断崖(きりぎし)の手摺りに切れ目春驟雨」を佳句とご評価頂き嬉しく思いました。断崖(きりぎし)はTVで見たことがありますが、今後は「切り岸」に致します。有難うございました。
(2)切り岸の樹を透き寄する卯波かな
 「断崖(きりぎし)や樹々の透き間に卯波寄せ」を推敲しました。宜しくお願い致します。
(3)ゴールデンウィーク明けて遠き駅
 これは「連想の広がりがない」句でしょうか。
(4)ペアルック我が家では死語更衣
 3段切れでしょうか。「更衣今や犬とのペアルック」は川柳のように思い躊躇っています。
(5)海南風やハワイのアロハデー憶ひ
 海とハワイは、時点をずらしたのですが、即きでしょうか。
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。力もないのに、好き放題のコメントで、冷汗三斗、恐縮至極です。話半分に聞いておいてください。
(1)花海芋との距離がなんとなくいいですね。野球かサッカーのにぎやかな応援の脇で、ひっそり咲いている海芋の花。いい景。
(2)これはこれできっちりできているとは思います。が、できすぎていて、風呂屋の壁の絵のようなかんじがするのですが。
(3)中六になる。連休が終わって、行楽の機会が遠くになったということか。俳句に理屈はもっとも不要なものだが、この場合は、もうひとつ意味がとりにくい。よって、感傷しにくい。
(4)いまさらという、老カップルのこととはわかるが...川柳のほうにいくのなら「ピチピチよ昔はからだ今は服」くらいのパンチがほしい。
(5)海南風から、ハワイのアロハデーへそのまま連想がつながってしまっている。よって切れがないので、鑑賞の幅が出てこない。俳句の中に、記憶、とか、想う、憶う、という言葉は、基本的にいれないほうがよい。

(1)蔦若葉マリアのごとき母をらず  菜月子
 早瀬先生、コメントをいつもありがとうございます。女子大生かということですが、はい、気分はときどき女子大生です(笑)。マリアの句の季語を変えました。いろんな句が詠めたらいいんですが、「犬捕り」の句のような、明晰かつ抒情的な句をお手本にしたいです。
(2)無精ひげ開襟シャツの王子くる
 ご指導よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。僕も気分は、大学生です。あの頃の無責任さに戻りたい。
(1)すでにいただいた、夏木立、が一番いいように思います。コメントはそちらをお読みください。
(2)いつの間にか、「おふくろ」とか、一丁前の口をきく、高校生くらいの息子を、まぶしく見ている若き母親が彷彿とします。季語がよく効いている。心地いい読後感。

(1)赤城よりくだり来たりし蟻の道  小口 泰與(60代,男)
(2)青蛙にはかに啼きてそれつきり
(3)麦の穂の矢じりの如く空を射し
(4)子等去りて大の字になる昼寝かな

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)蟻の道が天空か、月に続いているという俳句を見た覚えがあるので、やや苦しいが、赤城という大きな(歴史的にも)ものからの蟻の道は、いろいろな想像ができ、魅力的。佳句。
(2)これも、思いっきり単純化した俳句。新鮮味はないが、その単純さ、静かな読後感がよい。
(3)矢じりの如く空を射し、の比喩が、常套の域を出ていない。力強さは伝わってくるが。
(4)季語はあるが、川柳の世界。気持ちはよくわかるが、当たり前。