俳句クリニック 2006年6月前半分(ドクター:早瀬淳一)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。

5月と6月の担当ドクターは早瀬淳一です。
<プロフィル>
たいとる:アゴラ
名前:早瀬淳一
出身:1958年6月佐賀県生まれ
現在:神戸市王子公園のあたりに在住
好き:徘徊、ビール、ネコ、句会
好きな俳人:大木あまり、高野ムツオ、阿部完一、池田澄子、坪内稔典
このクリニックで:季語の効いている句、気分のいい句、くすっと笑える句、切れのある句、意外性のある句、発見のある句に出会えたら、うれしいです。
(これらは、すべて私のめざす句)

ドクター早瀬の診断
2006年6月15日

(1)近づけば栗花や若き日の悔恨  北野元玄(60代,男)
(2)栗花の香嗅ぐ身の涯の外道かな
(3)愚かしき秘密孕みぬ栗の花
(4)狂おしき栗花の誘ひに惑ひしや

 鬼シリーズのご講評、お褒めをいただきました。有り難うございます。塩見さんの栗の花についてのエッセイを読ませていただいて、今回は栗花シリーズです。かなりシリアスに詠んでみました。笑い飛ばす、あるいは少しくすぐる路線も考えたのですが・・・。よろしくお願いいたします。もし、句がこのクリニックにそぐわないと思われたら、ボツにしてください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 日野草城ではないですが、俳句にはいろいろな面があるもの。いろんなチャレンジあって、しかるべき。
(1)4つの中では、一番安心して読める。栗の花は、確かに若い日のあれこれを思わせるような、はずかしいような匂い。誰もある程度、納得できる感慨。
(2)身の涯の外道が、言葉過剰。外道は身の涯であるから。読んだリズムも、硬く、苦しい。
(3)愚かしい、秘密と2つも主観が入りすぎ。主観は、1つかすかににおわせる、ぐらいのほうがいい。
(4)読後感があまりよくない。狂おしい、惑う、の2語に過剰感があるから。読者には、そういわれても、という感じしか残らない。

(1)サインペンなぞって占うメロンの網  きんぎょ(女)
(2)猫二尺マッタリのびて五月往く
 気紛れなので、久しぶりの投稿です。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 気が向いたら、覗いてください。
(1)中7がしゃべり過ぎ。「サインペンメロンの網を行く先は」ぐらいで、オープンエンドにしては。
(2)マッタリが眼目。普通は、料理の味に使われる言葉を、猫のさまに用いた。少し面白い。うちの猫も、横のソファで、伸びている。

するすると偉くなりて汗恐くなり  裸時(30代,男)
 ほめるのと批判両方してください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ほめたこともあると思いますが。汗が夏の季語。偉くなったのは、何の面か。怖いのは、偉くなったことか、汗か。やはりわかりにくい。最近発想の飛躍の面で、かなり面白い俳句はあったので、具体的に、あるもの一点に焦点を当て、その意外な一面の発見に努めましょう。

(1)夕暮れはなべてむらさき花すがた  ねぎよしこ
(2)ハチク採り欲にからんで藪知らず
 淡竹の事,たけのこより細く、たけのこが終わってから6月半月までとれます。出口が分からず困りました。よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)季語は?何の花すがた?むらさき、は夕暮れか、花すがたか?少しわかりにくいのでは。
(2)ハチクは淡竹と書かないと、破竹か葉竹と間違われる。これも季語にはないのでは。下5は、初夏の季語を斡旋されては。

(1)七夕の娘髪切る唐突に  文の子(60代,男)
(2)西瓜買ふ絶対音感持たずして
 中8ですが、如何でしょうか。
(3)人々に梅雨の間隔交差点
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 文の子さんは、最近かなり面白い(変わった)方向へ行きつつありますね。
(1)理由が提示されていないことで、読者の想像を膨らませる。七夕だ、子供と楽しもうと思っていた矢先、子供と思っていた10代の娘が、急に髪を切った。なんとなくうろたえる父親。いろいろと考えさせられる。
(2)西瓜と、絶対音感の組み合わせは、意表をつく。下5で、やや期待はずれ。うそでも、「西瓜買ふ絶対音感響かせて」くらいはいかが。
(3)一読、句意が伝わりにくい。意味が伝わってこそ、その後の解釈の多義性も出てくる。

蛍火や宇陀の里びと能を継ぐ  玉白石(50代,男)
 宇陀へはよく蛍を見に行きます。よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 蛍火と、能を継ぐ里人はいい連想。が、宇陀の里人は能を継ぐといわれている、という一般論となってしまっている。見た光景をずばっと、提示したい。

(1)ふたつみっつ額の花にも仮面あり  紫月雲(30代,女)
(2)痕残し紫陽花と競へその色を
(3)くちびるが離れて揺れるえごの花
(4)訪ひを待ち十薬は祈りをり
(5)饒舌な素足投げ出す君のうえ
(6)影伸びて蝸牛鳴いたらさびしんぼ

 いつもご丁寧な診断をありがとうございます。ますます楽しくなってきました。稔 典先生の『季語集』で初めて「蝸牛鳴く」という季語を知りました。今回もよろしく お願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 俳句が楽しくなった、という感想にまさるものはありません。
(1)みっつ、はみつ、でいい。も、は、はでいいのでは。額の花は、確かにベニスの仮面舞踏会のように見える。面白い発見。
(2)痕が何の痕か、その色、は何の色か、わからない。
(3)色香あふれる句。大人の恋愛の鮮やかな断面。えごの花で、いやらしくなっていない。読後感のいい恋愛句。
(4)いつ来るとも知れない恋人を待つ、作者を十薬にたとえる。十薬の姿がいじらしい。
(5)素足は、夏の季語。饒舌な素足を投げ出す君とは、これもエロティシズムのにおいがしてくる。が、さわやかなにおいが。下世話に落ちる寸前の、危ういところを、描いてうまい。
(6)さびんしんぼ、に大人になっても子供でありたい、いつの間にか大人になってしまった、という寂しさがにじむ。
 今回は、大人の恋愛が楽しめた。


2006年6月14日

母の手のハタキ夏の陽におどる  れい(70才以上)
 よろしくおねがいします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ハタキ、に焦点を当てたために、成功した。母への温かい眼も、感じられる。「ハタキが」。

郭公の歌消されゆくダム瀑布  加護坊(70才以上,男)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 「歌を消し去る」。ダム瀑布、の言い方がやや苦しいか。一案「郭公の歌流し去る大瀑布」。

(1)五月晴竿の手入れや背の丸き  光子(60代,女)
(2)姫街道みかんの花を口ずさみ
(3)枇杷の実や潮風吹きて姫街道
(4)薫風にトロッコ列車スニカ―
(5)林道に銀竜草や五月闇
(6)青葉闇銀竜草の影透けし

 早瀬先生今日は。(4)(5)(6)は、中日新聞の写真をスケッチしました。宜 しくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。新聞でも、テレビでも、できた俳句がよければ、OKだと思います。
(1)報告のみにかなり近いが、背の丸き、で少し救われた。かろうじて、作者の見方が出た。
(2)季語がない。脇街道をこわごわ抜けた江戸時代の女性の心情と、あっけらかん(たぶん)とした蜜柑の花の歌が、会っているよう。いいのでは。
(3)枇杷の実、と潮風に焦点が分かれている。
(4)(5)スニーカーですね。見たままを抜け出ていない。
(6)青葉闇の中で、影が透けている、との描写に、説得力、発見がない。

(1)星月夜ギリシャ神話を児に語る  文の子(60代,男)
 「一筋の道灯台へ草茂る」を「平凡だが、スケッチとしては、水彩画の趣。読後感はいい。」とご診断頂きました。これまでにも同趣旨のご診断を受けた句があり、俳句が少し判ったような気がしています。有難うございました。掲句平凡と読後感なのですが。「星月夜八十八の星座数」の方が同じ平凡でも余韻があると思ったりしています。
(2)深梅雨や満車を知らぬ長き列  
 東京も梅雨入りのようです。
(3)多数派の工作激し七変化
 このところどうしても紫陽花に目がいきます。掲句宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。でも、私ごときの診断で、わかったような気がしたら、眉につばをつけてください。
(1)星月夜から、ギリシア神話は、やはり連想が単純。児に語る、も散文調。
(2)悲しいというか、滑稽な景。が、長い列に並んでいたら、満車は察するのでは?
(3)時事俳句。多数派は、自民党総裁選、ともイラク総選挙、とも読める。七変化は、工作を連想させるが、わかりすぎかも。

(1)啖呵切る機会を逸し入梅せり  北野元玄(60代,男)
(2)樟の花卯の花腐しで満開す
(3)その点に拘泥してをり梅雨の人

 いつもご指導有り難うございます。今回は梅雨シリーズです。(3)は現代語で以下のように作ってみました。「その点に拘っている梅雨の人」:吉本新喜劇のギャグ狙いの感じがしますが・・。よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 お手紙、ありがとうございました。言うまでもなく古典の勉強は大切。知っているに越したことはない。が、知識を前提にした俳句の限界もあるのでは。教養が深くても、面白くない俳句もたくさんあります。でも、勉強になりました。ありがとうございます。
(1)入梅、は、ついり、ですね。機会を逸し、だらだらと入梅してしまった、との、ユーモラス感がある。
(2)卯の花腐しで、つまり、腐らせるような雨で、満開した、というこれも滑稽感。川柳風の機知。
(3)梅雨、と拘泥が、連想がわくというか、俳句でいう、近い。その点、もこの場合もっとはっきりしたほうがいい。

(1)尼寺の説法をかし新樹光  しんい(60代,女)
 いつもお世話様でございます。6月5日付の「新樹光法話眠たき昼下がり」の推敲のつもりです。
(2)流れくるサンバのリズム胡瓜揉む
 よろしくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)尼寺の尼さんは、きっと寂聴さんのようで、天衣無縫のお話なんだなと思わせられる。この場合の、をかし、はOK。新樹光でもいいが、今年竹、あたりは?竹も一緒に笑っているよう。
(2)サンバのリズムで、きゅっきゅっと、揉む胡瓜はおいしそう。

(1)郭公や紺や紫紺や赤城山  小口 泰與(60代,男)
(2)ふうはりと網を振るふや杜若
(3)利根川のほめき荒ぶや今年竹
(4)奇妙にも時刻に眼覚む心太

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)3つのやで切るというのは目新しいかも。紺、紫紺、の代わりに、ものを3つ持ってきたほうがいい。
(2)杜若との取り合わせだが、何の網か、どこで振るっているのか、わかりにくい。
(3)ほめき荒ぶが、動詞の多すぎ。
(4)一瞬虚をつかれ、立ち止まる句。時刻に目覚む、の言い方が新鮮なのと、心太との組み合わせが面白い。いいのでは。

ペチュニアの苗密集してる食べれそう  チャヒロ(女)
 種から生えた苗がまるでほうれん草の様に、、。勢いが良く植物の伸びの早いのに驚きます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ペチュニアの苗の密集、で切って、そこから、どこかへ飛んで行きたい。ペチュニアの密集からかすかに連想できるが、まったく別の情景を。

かきつばた天文観測発行所  裸時(30代,男)
 「ラムネ玉」は角川書店の新版季寄せに載っていました。標本は解かりにくいかも、考えてみます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 稔典先生の、記念館シリーズにはまっていますね。二番煎じなので、よほどピタッと決まらないと、まともに読んでもらえない。観測発行所、とは?字数を合わせただけのよう。


2006年6月13日

あぢさいのサムライブルーに染まる邦  初音(50代,女)
 サムライブルーという言葉を上手く生かしたいのですが、気持ちが先行してしまいます。添削をお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 時事にはいるが、面白いところにアンテナを張っておられた。それも、紫陽花に、その色を見たことは発見。下5が説明。ブルーで切って、着地したい。要推敲。

さそり座の子の病癒え夏来る  れい(70才以上)
 本当に有難うございます。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 事実なんだろうな、と思わせるものが句にある。それとは別に、さそりに刺されたから病になった、というような感じがして、少し面白い。夏来る、は初夏だが、もっと清清しい季語のほうが合いそう。

塗装職人刷毛あざやかに新樹光  ねぎよしこ(70才以上)
 早々とご教示有難う御座いました、「新樹光塗装職人生き生きと」を推敲しました、如何でしょうか。さかんや、と塗装やとはちがいます、こて、と刷毛です。すいません。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 なるほど、おっしゃるとおり。ここはがんばって、あざやか、を使わないで、刷毛で塗られた壁、または刷毛そのものの美しさを出してみてください。

(1)花栗に水菓子増ゆる菓子倉庫  小口 泰與(60代,男)
(2)忽然と虹を生みたる日照雨かな
(3)岸のやう二つの虹のありにけり
(4)マシュマロの口に含むや白絣
(5)柿咲くや上毛三山靄の中

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)花栗や水菓子増ゆる、か。これだと、花栗の青いにおいと、水菓子のみずみずしさが響きあう。
(2)あたりまえ。下5がごたごたしている。
(3)少し面白い把握。「対岸の岸を行くよう虹二重」
(4)の、は、を、か。マシュマロの淡い感と、白絣の清清しさがよく合う。佳句。

(1)金魚口開けて公害ありし街  文の子(60代,男)
(2)合戦は白が優勢濃紫陽花
 東京も梅雨入りが間近になりました。紫陽花を見ることが増えました。掲句、下5は濃紫陽花で良いでしょうか。
(3)無垢の子の朱に交はるや白紫陽花
 下の「白」は、字余り、無垢との即きを気にしつつ置いてみました。七変化でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 いろいろな取り合わせに挑戦されていて、その意気やよし。
(1)金魚は、特別な時でなくても小さく口を開ける。が、その瞬間と、公害の街をうまくつなげた。今は平穏な街だが、かつて悲惨な公害があった。佳句。
(2)合戦が見えてこない。運動会か、テレビの時代劇か。景が結びにくい。
(3)無垢だから、白はつきすぎ、というか種が割れてしまう。と、朱に交わる、が既成の言葉で、句に新鮮味がない。

(1)電柱に青蔦覆ひカメラ人  ひでこ(女)
(2)走り梅雨棚に忘れし黒砂糖
 いろいろご指導有難うございます。突っ込んだ独自のキレが難しくなかなかできません。よろしくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)切れのいい句、作れたら、上級ですね。電柱を、か。カメラ人、の言い方が苦しい。カメラマンでいいのでは。そこで句だが、わかりにくい。離れすぎかも。
(2)黒砂糖のざらついた、少しとぼけた感と、走り梅雨の涼感がよくあっている。作者が多くを言っていないのがいい。俳句が語っている。


2006年6月12日

ジューンドロップいつまでも続く立ち話  テンテン(女)
 柿好きの私は毎年秋が楽しみです。でも今の時期毎日のお掃除が大変です。摘果は一週間以上続いています。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ジューンドロップ、は色も、転がっている様も、俳句的興趣を呼ぶ句材ですね。だから、たくさん俳句に詠まれているために、かなり思い切った句でないと、埋もれてしまう。掲句は、さりげない日常で悪くないが、また、挑戦してみてください。

(1)梅雨兆す烏思考を停止して  文の子(60代,男)
 6/7のご診断有難うございました。「深奥の林なりけり梅雨最中」の最中(さなか)は、「夏のさいちゅう」のように、事象の盛んな時(まっさかり)[広辞苑]と理>解していました。真中(もなか)は「物事のまんなか」と理解していましたが、「まっさかり」の意味もあることを知りました。有難うございました。
(2)鳥雲に手紙ポストを素通りす
 季節が戻りますが、宜しくお願い致します。
(3)停車灯高きミキサー若葉道
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)何となく雰囲気はわかるのですが、説明のしすぎ。言い方が堅い。烏の不思議な行動を、ポンと投げ出して、提示するにとどめたい。その方が、不気味さも出る。
(2)一瞬おもしろいが、よく読むと、手紙がポストを素通りするとは?手紙がいったんポストに入って出てしまったのか、我が家のポストに来ずにいってしまったのか。ややわかりにくい。
(3)いい発見。何でもないことを、すっと目の前に出されたすがすがしさ、おもしろさ。いいのでは。

(1)たましいの平らなる日の桐の花  風葉(60代,男)
(2)たましいの平らなる日に薔薇の花
 異なる心情を詠んだつもりなのですが。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 自薦で、どちらか一つに決めてください。たましいの平ら、とは、無事一日、一仕事を終えた、自足した気分だろうか。分かりやすすぎかもしれないが、それへのご褒美として、薔薇の花、でいいのでは。桐の花、はわかりにくくしてしまう。

(1)河骨やひとひらの雲遊び行く  小口 泰與(60代,男)
(2)夏薊木道はるか雲のあり
(3)客の間に薔薇のささやき響くかな
(4)放課後のコーラー夏シャツ濡らしをり

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)雲が遊びいく、は擬人で、踏み込み不足。河骨との、取り合わせも、曖昧。他の季語でも何でも入りそう。
(2)この情景は、すこしよさそう。夏薊と木道がよく響きあっているから。雲のありは、安易。
(3)よくある光景。
(4)コーラーがわからない。子等は、だろうか。


2006年6月11日

(1)鈍色の空にあやめの際やかなり  しんい(60代,女)
(2)船頭の背ナが物言ふ涼しさよ
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)際やか、という言葉は、めったに目にしない言葉。その意味では新鮮さがあるが、やはり、あやめの形状をそのまま表してしまったのが残念。印象は鮮明で、目には、鮮やかに浮かぶ。
(2)よくわかる、共感的な句。が、如何せん、よく詠まれる世界。船頭の背中は、物言うもの。

空豆の飛び出し迷宮入りとなり  泰(50代,男)
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 テレビの探偵ものをみていると、どうやら迷宮入りとなった。そのとき、ちょうど食べていた枝豆が飛び出して、行方しれずになった。その偶然のおもしろさ。人を食った感もあり、滑稽感、発想の自由さ、で楽しめる。佳句。

(1)妻先に行く坂一人静咲き  文の子(60代,男)
 「妻に手を貸す坂一人静咲き」を反対から攻めました。
(2)子には子の考えあるや鉄線花
 「存外に子の意思固し鉄線花」を推敲しました。
(3)スタンダール日傘に白と黒のある
 「裁判所日傘に黒と白のある」を推敲しました。
(4)夏雨の上がれば傘の開きけり
 「雨上がる薄暑の街に開く傘」を推敲しました。
(5)雲の峰松島区々に浮かびゐて
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)この方がいいのでは。妻、が先に行くのは、怒っているのか、それともいい夫婦の距離感か。少しの謎が残るから。
(2)これもこの方がいい。中学生ぐらいから、このような諦念を誰しも抱くもの。さらりと詠んだ。
(3)著書「赤と黒」と、傘の白と黒、との対比がおもしろい。スタンダールをよく読まれた方には、もっとおもしろそう。
(4)よくわからない。このパターンは、捨てた方が。
(5)区々に、が難しい。読者に、印象鮮明ではない。

(1)籐椅子や赤城の裾野美はしき  小口 泰與(60代,男)
(2)虎尾草や雨の畦行く犬のをり
(3)じゃが芋の花の彼方や浅間山
(4)ぷくぷくと温泉(ゆ)にて遊ぶ児青嵐

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)籐椅子から望む、この景は、気持ちがいい。が、それだけに終わっている。のは、美はしき、とすべてをいったから。
(2)雨の畦をいく犬は、寂しく哀れで、いい光景。しみじみした感。
(3)じゃが芋の花が、続いて、浅間山まで達しているかのよう。浅間山の雄大さが、目に浮かぶ。
(4)子供は、湯でぶくぶくと遊ぶもの。

山峰を仰げば来る青田風  棋鶴(50代,男)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 山峰を仰げば、青田風はいかにも来そう。残念ながら、新鮮な景には、感じられない。読んで、気持ちはいいが。

(1)春行くやモヂリアーニの裸婦の目に  しょうこ(女)
(2)揺さぶりて大地の香り麦の秋
(3)明け易をガレのベッドで目覚めたし
(4)十薬の真に白しマリア佛
(5)もえて又消えて忙しき蛍かな

 毎回有難う御座います。「海桐」はとべらで 海岸に密集して咲く低木で6・7月頃に咲きます。又宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)画家の名を出すと、それなりにいいイメージが出る。が、それは、他人のふんどしのようなもの。新しい世界は開けない。
(2)大地を揺さぶっているようで、おもしろい把握。自分の目で見て、自分の表現に挑戦している。いいのでは。
(3)ガレがわかりにくい。自分だけが知っている言葉は、俳句には向かない。目覚めたし、も直截すぎでは。
(4)報告。何とかして描写しようとした、という苦しさが出てしまった。


2006年6月10日

(1)窓際の詩集のしめり栗の花  詩音(40代,女)
(2)ひと巻きの薔薇といふ名の詩である
(3)開けろよと君が泉の面をたたく
(4)星屑の旅のおわりの蛍籠

 (2)と(3)ちょっと難解かも・・?
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)栗の花の、少年のようなにおいと、しめった詩集は、かなり近いが、ぎりぎりいい感じ。
(2)薔薇を詩ととらえた。これはやはり、常識の範囲。
(3)難解。が、いたずらっぽい、or少し精神異常になった「君」の行動と読むと、少しおもしろい。
(4)ひたすら、きれいな、詩的な世界。これはこれで、気持ちのいい。詩音さんは、詩的が持ち味。が、きれいな言葉で固まる傾向、イメージの固定化、が少し懸念。

校長は重厚であれ青嵐  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 校長は重厚であれ、は当たり前であり、さらに押しつけがましい。常套の範囲内になってしまった。よくあるかもしれないが、校長の、今までない軽妙さを見つける方が、まだ成功する確率は高い。

(1)ケータイの電波届かず風死して  文の子(60代,男)
 総ての句にご診断頂き改めて御礼申しあげます。
 5月にご診断頂いたものを以下に整理しました。
 1.秀逸1句、2.佳句4句、3.好き、好感が持てる、いい景等6句、4.いいのでは10句、5.その他 無数。
 私の理解は 1>2>3>4 なのですが、如何でしょうか。1=2でしょうか。
(2)友逝けり暴れし山に虹の橋
 「吾が友の眠れる山や虹懸かる」は平凡。「虹立てり友を奪ひし赤城山」は思い(恨み)が出すぎているとご診断頂きました。
(3)星合やパトカー音も無く動き
 「音も無く動くパトカー五月闇」は「不気味さを邪魔しない季語を考えるよう」伺いました。「掲句は如何でしょうか。
(4)丸ビルと四角四面の花さつき
 「ビルの街四角四面の花さつき」の上5は説明とご指摘いただきました。掲句は如何でしょうか。切れが無いでしょうか。
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 統計を取られているとは、驚きました。同時に、破笑。1>2でしょうか。
(1)電波が届かないのは、風が死してだから、のように読めてしまう。そうでない意図であっても。
(2)虹の橋、がやや常套表現。が、前2句よりは、虹を放り出しているので、余韻は残る。
(3)おもしろい取り合わせ。牽牛・織り姫が会うにも、パトカーの護衛、監視付きか。いろんなことを頭に巡らせる俳句になった。佳句。
(4)見え透いた対照になったが、詠まれている景が、さわやかなので、イヤミはない。何か、おかしみも伝わってくる。

(1)来し方も行く末も夢夕蛍  菜月子
(2)目を閉じて次に蛍が光るまで
(3)約束はできないと言う恋蛍

ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)蛍を見ての感慨としては、常識の以内に止まっている。
(2)ふとした動作の描写として、切なさが伝わってくる。省略も効いている。
(3)言うは、言ふとした方が、余韻が匂ってくる。リズムが、読後のこる。

春昼を焦がす火となり母眠る  遅足(60代,男)
 90歳の母、もう何回も鍋を焦がしています。この春もまた大鍋を焦がしました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 鍋云々は、但し書きとしては不要。俳句だけで、読ませるべき。掲句からは、母の根源的な生命力、地母神、鬼子母神的なイメージが浮かび、俳句としておもしろい。

(1)田植待つ田に佇みて鬼を待つ  北野元玄(60代,男)
(2)鬼が来て水張り終えし田に呪文
(3)田植終え鬼の呪文を真似てみる

 未熟児シリーズのご講評、有り難うございました。今回は田植祭シリーズです。よろしくお願いいたします。現在ほとんどの地方ではお田植え祭など廃れてしまいましたが・・。豊作を祈念している農家の方々の気持ちが伝わるとよいのですが。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 光景としては、3つとも同じ状況。進行順の描写。田植え祭の、豊作祈願の鬼。なかでは、(3)が一番おもしろい。真言密教のような、言葉が聞こえてきそう。連作として、なかなか生き生きとして、楽しいのでは。

(1)浅間にはひとひらの雲立葵  小口 泰與(60代,男)
(2)雨の日の木陰に咲くや甘野老
(3)首傾げ蟇を見つめる小犬かな
(4)棕櫚咲くや出荷も多き菓子倉庫

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)ひとひらの雲、が既成の表現、既成の把握。
(2)や、で切れていない。切れがない。
(3)子犬の思いが少し伝わる。余り物を言っていないところがよい。
(4)菓子倉庫は、以前あったのでは。次の発想を。

(1)黒南風や戦略変える企画室  風葉(60代,男)
 「黒南風の高層ビルの企画室」の推敲です。
(2)お多福の顰(ひそ)む門あり夏暖簾
 「お多福を割って客入る夏暖簾」の推敲です。
(3))寝返れば水田広がる夏の月
 「寝返れば水田広がる青簾」の推敲です。
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)あまりくどく言っていない分、前句のほうがいい。いろいろと、読者が想像できる。
(2)前回は、誤読していました。すみません。暖簾のお多福の顔を、客が割るのですね。これも、前句のほうが、軽快で夏らしく、いい。
(3)眼に見える景のみで構成されているので、広がっていかない。ウソでもいいので、想像の飛んだ、一物を入れたい。


2006年6月9日

夢に無季海老頭(かしら)青葉窓  裸時(30代,男)
 家にむき海老がたまたまありました。夏の季語同様無季を詠むのは早い者勝ちかもしれません。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 着想は面白い。剥き海老に、無季をかけた。一種の、江戸時代の掛詞、言葉遊び。遊ぶのであれば、夢、の語は使わないほうがいい。具象のみで勝負すべき。

(1)日差し浴ぶ向かふ岸には滝しぶき  文の子(60代,男)
(2)一筋の道灯台へ草茂る
(3)ロケットが周回軌道海芋咲く

 6/4のご診断有難うございました。もう少し時間をかけて推敲いたします。掲句宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)報告に止まっている。
(2)平凡だが、スケッチとしては、水彩画の趣。読後感はいい。
(3)「が」は「の」。人工衛星は、肉眼でも見えることがあるので、リアリティはある。よくはわからないが、海芋となんとなく響いているような感じがする。気分のいい句。

窓つたうジグザグの雨籐寝椅子  れい(70才以上)
 よくありそうかなと思いますが。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 籐寝椅子に寝そべって、このようなことをぼんやりと考えてみたい。ジグザグの雨が、作者の心象を暗示していて、余韻が残る。

夏空に地蔵顔するオットセイ  珠(50代,女)
 前回のご診断ありがとうございました。こんなのでも俳句になるでしょうか。宜しくお願い申し上げます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 切れがあり、謎がほんの少しあれば、俳句。地蔵顔。なるほど。とぼけたような、悟り澄ましたような顔。説得力はある。や、で切ったほうが広がりがある。「夏空や仏の顔のオットセイ」でも、掲句でもいいと思います。

(1)補聴器にギリギリギリと蝦蟇が鳴く  えんや(70才以上,男)
(2)蓮の葉を河童出窓にかざし佇つ
 早瀬先生、2日の句評有難う御座いました。其の日はいい年をして一日うきうきしておりました。「折り紙の色は五色に七変化」は紫陽花を詠んだつもりですが無理でしょうか?今回も宜しくお願い申しあげます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 俳句は、表れた字句のみしか、手がかりはない。有名俳人の境涯句、などは別にして。折り紙から、紫陽花の読み取りは、無理かと。
(1)季語は蝦蟇。とすると、補聴器に現れる、心象的な音を、蝦蟇にたとえるのは、無理となる。実景とすれば、とても不思議な光景。というか、少し無理な感じ。中7に、ギリギリギリ、の6音を使うのももったいない。
(2)蓮の葉が、重なり盛り上がるさまの、見立て。いっそ、河童を、心象をあらわす、シュールな光景で作ったらどうだろうか。無責任な評かもしれません。すみません。

(1)プチトマト最後に食べる主義という  藤(10代,男)
(2)薫風や神社で会ひし友の母
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)好きなものは最後に食べる主義、というのはよく言われること。それ以上のことが、掲句にあるとは思えない。という、も苦しい。プチトマト、殻、こんなものが来るか、というものを考えたい。
(2)薫風、が、友の母のイメージを形作っている。そこには、とても若い、まぶしいくらいさわやかな女性がいる。10代の頃の、成熟した女性に対する、ひそかな憧れ。

標本を輪ゴムでくくるラムネ玉  裸時(30代,男)
 中七のあとで切れているでしょうか?もうそろそろ眠いので寝たいと思います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ラムネは夏の季語だが、ラムネ玉は季語にならないのでは?何の標本かもわからない。


2006年6月8日

新樹光塗装職人生き生きと  ねぎよしこ(70才以上)
 いつもの場所の犬。の先生のご指導有難う御座いました、悲しみも癒えました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ、いつも読んでいただき、ありがとうございます。景はとても見える。気持ちのいい句。が、生き生きと、がやはりもったいない。こう言わずに、生き生きを出したい。一案「左官屋の声の応酬新樹光」

(1)武家屋敷塀よりのぞく花蜜柑  たけし(60代,男)
(2)巡行船めぐる島々花蜜柑
(3)夏布団干し場にかけぬ浜の宿
(4)校庭にサッカーの声梅雨晴れ間

 去年瀬戸内に家内と旅行した時を思い出し、詠んでみました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)武家屋敷の重厚な黒っぽい色と、花蜜柑の明るい色の対照がいい。
(2)巡行船、がいい言葉。詠み方も素直で、読んで楽しい。読んだあと、瀬戸内にとても行きたくなった。
(3)何気ない光景。かけぬ、が硬く聞こえる。並び、ぐらいでいいのでは。
(4)平凡だが、共感を呼ぶ。軽いスケッチ。

小判草たっちゃんの待つ秘密基地  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 少年が、仲間の待つ基地にどきどきして急ぐ、気持ちを思う。そこに、小判草がいかにもありそう。小判という言葉が、仲間で通用する、秘密のお金を連想させて、楽しい。

さよならは「まだ」という母単足袋  れい(70才以上)
 教えていただきたいのですが、俳句に「 」はつけないほうがいいのでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 「 」は、はっきりセリフとあらわしたいときなど、つけます。つけることによって、効果的になるかどうかが判断基準。この場合、せりふを強調してない様なので、つけなくてもいいのでは。母がまだ帰らないという。懐かしいような、悲しいような。単足袋がよく効いている。

雲梯を渡りきる夢蜘蛛の網  尼の久女(60代,女)
 先の雲梯、推敲してみました。 先日「船団の会」に初めて参加。若い俳人に圧倒されました。でも句会「文」の字の句、最後まで残り、励みになりました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 船団は、若い人が活躍していますね。私も、たじたじになります。雲梯を渡りきる夢、は私も見ました。共感を呼ぶ。蜘蛛の網、は雲梯に似通った、安易な連想の感。前半に焦点を置いているので、ここはあっさり、夏の雲、ぐらいで流したほうがいい。

(1)ある日ふと駆り立てられて蛇苺  紫月雲(30代,女)
(2)知るべきか知らざるべきか蝦蟇に問ふ
(3)夏の月瀕死の翳があるばかり
(4)とぼとぼと毛虫は道にぺしゃんこで
(5)飼育する蟻もいて殺す蟻もあり
(6)手相見を横目で睨む走り梅雨
(7)のほほんと時浪費して初鰹
(8)三面鏡じっと見ている熱帯魚

 他の方の診断もとても参考にさせていただいています。どのような句がよい句なのか、まだわからないまま作っています。今回もよろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 熱心にお読みいただき、ありがとうございます。
(1)脈略のないところが、少し面白い。何で蛇苺なのか。だれも、何でそうしているのかわからないときがあるもの。なぜか、共感できる。
(2)深刻なことを,蝦蟇に聞く、はよくある手法。
(4)ぺしゃんこの毛虫、もあたりまえの光景。
(5)少し面白い。シニカルで、ニヒリズムのにおいがする。「あり」は「いて」とリフレインにするほうがいい。
(6)手相見と走り梅雨もいい取り合わせ。中7がごたごたしている。さらっと流したほうがいい。
(7)これも、くすっと笑える。が、のほほん、と浪費、は重なりすぎ。
(8)これもありそうで、ぎりぎりセーフか。どれが本当の自分なんだ、と思う熱帯魚。少し笑える。いい俳句。一言で言うことは、当然不可能。いえることは、成功した句、面白い句をできるだけたくさん読むこと。

(1)片蔭のしずかにゆるる竹の道  風葉(60代,男)
(2)たましいを蹴り上げてみる梅雨の月
(3)閑さも岩もありけり夏館

 いつもお世話になります。今回もよろしくご診断ください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)一見平凡で通り過ぎてしまいそう。が、何かの蔭ではなく、蔭自体が揺れている、というのは新しい把握では。竹の道、も自然でいい。京都の、このような道を歩いてみたくなった。
(2)一般にたましいを入れた俳句は成功しにくい。梅雨の最中、屈託感を思い切って詠んだ。ぎりぎり失敗はしていないのでは。
(3)だれもが、思い出す句の本歌取り。岩のあるところの夏館がいい感じ。夏館に救われている。


2006年6月7日

(1)職辞す日一片散りぬ芥子の花  たけし(60代,男)
(2)あるかなき風芥子散らす書架の上
(3)篝火に映ゆる新樹の闇ふかし

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)職辞す、で十分さびしいので、後半のダメ押しは、作者だけの思い込みに終わってしまい、読者の共感は呼びにくい。逆に、ぶっきらぼうに笑い飛ばしたほうがいい。
(2)静かな光景。読むだけで、静かなときの中に引き込まれる。あるかなき、がやや説明になっている。
(3)篝火、ときて、闇ふかしは定番。違う切り取り方を、工夫しましょう。

(1)学校の隣の店のさくらんぼ  れい(70才以上)
 それがどうした?の域をでないと思いますが。
(2)バス待つ子リボンひらひら揺れて初夏
 「水玉のスカートひらりゆれて初夏」、本当にドクターの仰るとおりだと思いました。揚句のように推敲してみました。ご診断よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)俳句とは、そもそも、それがどうした、というもの。それ以上のことを言うと、くどくなって、散文になる。掲句。学校の隣に店があるという光景は、田舎じゃないと、めったになくなってしまった。その小さな個人商店にあるさくらんぼ。とても素敵。
(2)詠まれている光景は、さりげなく嫌味がない。が、17文字で、たくさんのものを入れすぎ。バス待つ、子、リボン、ひらひら、揺れて、初夏。もう少し整理して、1つか2つに焦点を絞りましょう。

(1)母と娘の服の貸し借り四葩咲く  文の子(60代,男)
 「母と娘の服の貸し借り更衣」が最初に浮かび、「こととこと」と「服が更衣と重なる」とのご注意を思い出し紫陽花としました。紫陽花を四葩にしたのは、七変化は説明、濃紫陽花も色が違うと考えたからです。動詞2つが気になりますが、動詞の連用形は名詞的に使われるので、「服の貸借」とするよりは良いと思いました。如何でしょうか。
(2)猫の目に道を阻まれ五月闇
(3)深奥の林なりけり梅雨最中

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)四葩は、マニアックすぎる言葉では?句会では、素通りされそう。濃紫陽花、くらいのほうが、貸し借りの服が鮮やかにイメージされて、いいのでは。貸し借りは問題なし。
(2)よほど不気味な猫か、多数いたのか。すこし、無理がある光景のよう。
(3)梅雨最中は梅雨真中でしょうか。最中という言い方があるのですか。梅雨にけぶる林は眼前のものでも深奥に見える。納得できる。

水やりを終えて朝食タイムかな  豊純(70才以上)
 毎回のご診断有難うございます。叉一句ご診断ください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。言いたいことはすぐわかる。タイム、かな、とも余分で、5字無駄になっている。ただ朝食の報告をするのではなく、朝食の光景の中の少し面白いものを切り取りましょう。

若葉風礼拝堂に息鎮め  しんい(60代)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 息鎮め、が何かを伝えようとして、読者に迫ってこない。作者のみの緊張感に止まっている。自分の気持ち、動作ではなく、見た中の、少し変わった光景を切り取りたい。

(1)虹去りて赤城青々裾長き  小口 泰與(60代,男)
(2)霧晴れて忽とあやめの露天風呂
(3)曙の中天の紺桐の花
(4)五月雨や槍もて迫る妙義山
(5)天心の茜の雲や桐の花

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)赤城山の形容に、新鮮味がほしい。
(2)露天風呂、頻繁に入られるようで、うらやましい限り。
(3)桐の花を、中天の紺といってしまった。
(4)妙義山、は槍のようにとがっているのですね。
(5)天の雲の茜に照らされる桐の花。セピア色の郷愁を誘う。

三体の石仏涼し山の道  ひでこ(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。涼し、といわずに、涼しさを出したい。一案「石仏の表面粗し橡の花」「石仏の肌を流れる若葉風」

向日葵のような症状一吹きに  裸時(30代,男)
 ジュースやら飲みすぎてトイレで起きてしまうことが多いです。推敲しているうちに別世界になりました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 向日葵のような症状、が躁状態を想像させる。が、一吹きに、がわからなくしている。読者がわかる、具体的なものを、手がかりに一つ入れること。


2006年6月6日

(1)骨壺となるべく湯呑桐の花  毬藻子(60代,女)
(2)晴れた日の鬱寸前の菖蒲園
 よろしくお願いします。船団の会「初夏の集い」の句会に参加させていただきました。アゴラ先生の「緑陰の魔法のような文具店」ステキでした。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。いいところまで行って落ちるのが私らしい。
(1)清楚な桐の花、と骨壷との取り合わせは、意表をついていて、はっとさせられる。が、湯呑みが骨壷になることがあるのですか。分骨して、喉仏だけを入れるとか。この辺りがよくわからないので、鑑賞し切れなかった。
(2)主観的俳句。熱を含んだ菖蒲園を、欝寸前と把握した。意外な把握で、非凡。面白い。

けだるさや甘味を誘う夏の雲  れい(70才以上)
 添削有難うございます。トテモ楽しみです。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 言いたいことはなんとなくわかるのですが。夏の雲を見ていると、確かにとめどなくけだるくなってくる。夏の雲が、シュークリームのよう。少し面白い。

橡の花ポップコーン空に舞いにけり  チャヒロ(女)
 又今年も橡の花の季節になりましたが,もう散り始めててそろそろ梅雨に入りそうな気配です。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こんにちは。樹木、花を見ると、その時期のことを思いますね。橡の花を、ポップコーンが舞っているように見立てた。少し無理があるのでは。というのは、句では、実景のように、けり、で言い切っているから。2つのものの取り合わせにしたらいかが。

(1)黒南風の路地裏子らの寄り合ひし  文の子(60代,男)
 「黒南風やをのこら路地に屯して」を掲句に改めました。
(2)六月は女子大生の黒き服
(3)妻に手を貸す坂一人静咲き
(4)滝の上押されて水の膨らみぬ

 夜半の「滝の上に水現れて落ちにけり」があると、掲句は無理でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)子らが集まって遊んでいるのだが、寄り合い、で江戸時代の寄り合いのように聞こえて、少しおかしい。
(2)黒き服、一点に焦点を絞った効果が出ている。印象明確。女子大生は普通、派手な服が多いが、黒だけの服に、新鮮さがある。
(3)ほのぼのとした夫婦像。が、読んでやや照れくさくなる。直球ではなく、反対から攻めたほうがいいのでは。
(4)確かに、夜半の句をすぐ思い出すが、この句はこれで、いい発見。夜半の句がなければ、名句になっていたかも。

老鶯の今朝が最後の声かとも  けいこ(50代,女)
 宜しくお願いします。わかりにくい句でしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 わかりすぎる。老鶯も、これを最後に、山深くに還っていくか。作者の感慨をそのまま言うのではなく、見た光景の一部を切り取る、または、一つのものに焦点を当てて、提示するだけで、俳句が物語ってくれる。

(1)中一の更衣へたる白さかな  えんや(70才以上,男)
(2)犬の子の蝌蚪うごきて身構えり
(3)越前もお江戸も同じ梅雨の空

ドクター早瀬の診断と処方箋
 平成の一茶、みたいな感じ。
(1)中1だから、もう少し口語的に、あっさりと詠みたい。「中1が衣替えした白さかな」
(2)蝌蚪のような小さいものが動いて、大きいものが後ずさりをする、というのはよくある図。
(3)いよいよ、梅雨ですね。「俳句研究」6月号に、「梅雨を詠む」の講座があります。この1ヶ月、梅雨を詠んでいきましょう。「梅雨の月埴輪の口がぽと言ひぬ」(辻直美)

新緑や女子大の塔定まれり  泰(50代,男)
 平凡でしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 新緑の中の、女子大の塔は、何か物語を感じさせる。が、定まる、という言葉によって、イメージが固定されて、広がっていかない。

(1)夏山の襞生き生きと眼間に  小口 泰與(60代,男)
(2)アカシヤの梢揺れをり朝ぼらけ
(3)ひそと揺れ雨の木陰の金魚草
(4)鴉啼き薔薇の蕾のふふみたり

 「雲のゐし薔薇の蕾のふふみたり」を上記のように推敲してみました。よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)夏山の襞が生き生きとして、眼間に見えている、と、散文でそのまま言っているよう。
(2)平凡だが、高原の別荘の朝のようで、いい味わいはある。
(3)ひそと揺れ、が陳腐。
(4)前回よりはいいのでは。このパターンは、このくらいにされたほうがいいのでは。

口ずさむ怪傑ハリマオ聖五月  玉白石(50代,男)
 5月は終わってしまいましたが……、 よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 私は、ぎりぎり知らない、キャラクター。ひょっこりひょうたん島が、最古の記憶。聖五月、が取ってつけた季語の感。下5しだいで、面白くなるかも。


2006年6月5日

(1)ヴァチカンの法衣清けし水芭蕉  詩音(40代,女)
(2)文鳥の赤き嘴多佳子の忌
(3)ぎやまんに注ぐ昼酒走梅雨
(4)麦秋のまた麦秋の測候所

 初夏の集いではどうもありがとうございました。早瀬ドクターの句、取り合わせのセンスが素敵ですね!私の句は一回戦で早々の惨敗(笑)(2)の句を出したほうが良かったかなぁ?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。私の句は、少し甘いですね。
(1)あの法衣は清けしか?私は疑問。無数の陰謀、暗殺、汚職、堕落。
(2)「いなびかり北よりすれば北を見る」(多佳子)をすぐ思い出す。その多佳子像と、赤い嘴が響きあうか。忌日俳句は、考えすぎるのがしんどいので、私は苦手。
(3)いいなあ、こういう世界。佳人の膝枕にでも載って、大正の文人の、耽溺。一度でいいから、味わってみたい世界。
(4)最後はやはり、詩音ワールドでしめてくれた。リフレインの理想的な使い方。
(3)で書いたコメントが恥ずかしくなる(笑)清清しい、童心の世界。私の求める世界は、こちらなのです。

(1)麗人の尻(ゐさらひ)並ぶ竹床几  風葉(60代,男)
(2)絶滅のかすかに軋む竹床几
 どちらも想像の句です。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)盛夏の感じ。どの語も、古格な流麗な言葉、の割りには、詠まれている光景が、卑俗な滑稽な図。その対照の妙。なかなか書けない俳句。
(2)難解。絶滅が軋む、とは普通結びつかない組み合わせ。そのことはいいが、絶滅、のように抽象語でないほうがいい。読者が、意表をつかれた像を結ぶことができるから。

五月雨や木の根を洗う山の水  れい(70才以上)
 1日1句を目標にしていますが、追い込まれています。どうぞよろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 私は、できるときは1日10句ほど作って、後は作らず(作れず)、1日1句の割合にしています。五月雨の水が、木の根を洗うのは、やはりそのまま、飛躍がない。物をよく見るのはいいが、一度そこから離れて、その光景から連想するものを考えることが必要。

(1)虹立てり友を奪ひし赤城山  文の子(60代,男)
 5/31のご診断有難うございました。「吾が友の眠れる山や虹懸かる」は掲句が先に浮かびました。如何でしょうか。
(2)雨上がる薄暑の街に開く傘
(3)裁判所日傘に黒と白のある

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)と、推敲されても、友を奪いし、に作者の思い(恨み)が出すぎている。作者の、うらみ、つらみのはけ口になってしまったら、俳句のよさが消える。
(2)一瞬?と思うが、すぐ日傘ということで、ネタが割れる。
(3)裁判と、黒白だから、これも答えがわかってしまうが、日傘をただ詠むのみなので、一種の凄み、少し迫ってくるものはある。

(1)畑はイヤ蚯蚓這ひ出す通学路  ひでこ(女)
(2)通学路一休みする蝸牛
 今朝の光景です。報告調でしょうか。よろしくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)蚯蚓這ひ出す通学路、はいい景。アスファルトの通学路ではみない、お金を出しても見たい光景。畑はイヤ、はその理由付けになっていて、つまらない。上5で、ぶっきらぼうに放り出すほうが、面白みが増す。
(2)蝸牛は、一休みするものでは?もう一つ、突っ込んだ独自の切り口がほしい。

(1)でで虫やあるじ茶掛を決め兼ねて  しんい(60代,女)
(2)新樹光法話眠たき昼下がり
 薪能の句、有難うございました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ、ありがとうございます。
(1)あるじが、でで虫に相談を持ちかけているよう。おかしみがある。いいのでは。
(2)法話が眠たいのは、そのまま。

(1)見馴れたる赤城もけぶる寝茣蓙かな  小口 泰與(60代,男)
 「夕立の後や赤城はあおあおと」を「虹去りて赤城あおあお裾長し」と推敲してみました。
(2)もてなしの岩魚骨酒妻眠り
(3)夢に見る母の微笑み海芋かな
(4)虹立つや湖面をわたり来る風も

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)見慣れた赤城を俳句にするとは、何かのっぴきならない発見があるはず。それがこの句には感じられない。
(2)平凡。
(3)夢に見る存在を俳句に詠っても、読者は、そうですか、と感じる以上にはなりにくい。
(4)最後の「も」が、意味を持っていない。虹が立っている、夕刻の湖面は、それなりにいい風情。

夏蜜柑頬赤赤くて杭を立て  裸時(30代,男)
 よろしくおねがいします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 赤い、を2回繰り返すことの意味は?夏蜜柑頬赤くして杭を立て、か。それにしても、わかりにくい。取り合わせに距離がありすぎて、解釈不能。

(1)花樗食へる蝸牛の香るかも  しょうこ(女)
(2)断崖にせりだし溢る花海桐
(3)汗冷ゆる吊橋渡り酔ひ戻る
(4)時鳥鳴く方を指す風見鶏
(5)子福者の軒に子つばめ育ちおり

ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)花を食うから、カタツムリがにおう、というのは理屈。俳句に理屈を察知すると、とたんにつまらなくなる。
(2)花海桐は、花海棠か。景の把握がやや平凡。
(3)これも、吊橋だから汗が冷える、と答えが出てしまっている。動詞が3つもあるので、バタバタした印象で、言いたい言いたい、という印象。
(4)意外な景の把握。独自性がある。この俳句には、何かを必死でわからせよう、という意図が感じられない。と、読者は、空想の海に遊ぶことができる。
(5)子だくさんの家に、子ツバメまで来襲する。子と子で近いが、いい感じの連鎖。めでたさを素直に、喜びたくなる俳句。いいのでは。


2006年6月4日

草染めの暖簾匂ひし走り梅雨  裕子(70才以上,女)
 のれんは梔子の実で染めたとの事です。お願いたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 俳句は、但し書き、説明なしで勝負をします。暖簾の青臭い匂いがリアル。「し」は過去なので、その瞬間の感じが消えてしまう。
  「草染めの暖簾の匂い走り梅雨」

冷そうめんこちら晴れるもむこう雨  れい(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 冷そうめん、との取り合わせは悪くない。そうめんが雨のようなイメージ。ただ、後半が言いたいことを詰め込んだような感。「冷そうめん少しはなれて雨のふる」

(1)音も無く動くパトカー五月闇  文の子(60代,男)
 5/30のご診断有難うございました。「最近、同じようなコメントばかりのような気がして・・・」とんでもありません。大変勉強になっております。
(2)ビルの街四角四面の花さつき
(3)草茂る郵便ポスト円やかに

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。
(1)前半の描写は、ユニーク。ある発見。が、その不気味さを、「闇」といってしまっては、種明かし、追い討ち。もっと、不気味さを邪魔しない季語を。今は、私に考える余力がないので、ご自分で考えてください。
(2)四角四面の花さつき、の華やかだけども、人工的すぎる美しさの悲しさ、はいい把握。ビルの街は、説明。
(3)何も言っていない所がいい。押し付けがましくない。

ほととぎす山雨ようやくあがりけり  棋鶴(50代,男)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 山の中の、庵で暮らしている錯覚に陥りそう。ホトトギス、で山は、わかりそうなので、「山雨」は、字数からも、「地雨」あたりにしては。

(1)雛罌粟は世捨て人の子健気なり  北野元玄(60代,男)
(2)小満や子沢山の木欅かな
(3)欅の木未熟児ばかり子沢山

 初夏の集いでは、お世話になりました。羊蹄花シリーズについで桜の実シリーズについてのご講評有り難うございました。今日は捨て子と子沢山のシリーズになりました。(3)では直接的な季語は使っておりませんが、未熟な青い実ということで、間接的には季節感はあろうかと思います。よろしくお願いいたします。入梅ももうすぐです。お身体をお大切に。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 集いでは、いろいろな出会いがあり、有意義な時間がすごせました。ありがとうございました。
(1)雛罌粟を世捨て人の子とみた把握。その小さい姿は、そういわれてみると、華やかな色の中にも、かすかに哀れな感じもしてくる。面白い把握。健気なり、は俳句では作者が出すぎ。
(2)(3)小満、五月の中ごろか。その頃の欅を子沢山の木とみた。答え、種明かしをしてしまった。

(1)雷雨去り榛名緑にきはまれり  小口 泰與(60代,男)
(2)おちこちに声谺して昇り藤
(3)上州の風しか知らず薔薇の花
(4)不器用に生き来し我や竹落葉
(5)入選を紙面に見つけ生ビール

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)雷雨が去って、緑にきわまるのは、あたりまえ。
(2)昇り藤は、ルピナス。声がこだましているのは、山峡だろうか。位置関係が少しはっきりしない。
(3)薔薇の花という華やかな存在でありながら、上州という無骨な土地しか知らない、という薔薇は、おかしくもかなしい。面白い。
(4)このような感慨は、俳句では陳腐。
(5)自分の日記に記すのにはいいのでは。

(1)過疎の村飾らぬままの武者人形  三郎(60代,男)
(2)新卒の服に吹き込む青嵐
(3)さみだれの九十九里浜ダンプカ−

 ご指導ありがとう御座います。19日の3句に少し手を。いれました。さりげない言葉、さがしきれませんでしたが。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)過疎なので、子供が居らず、飾らない、と三段論法のようにつながっては、俳句の不可思議さ、詩情が消えてしまう。
(2)このように、極力言いたいことを抑えているほうが、俳句としては余韻が出る。新卒の頼りなさ、寄る辺なさがなんとなく感じられる。
(3)景のみをぶっきらぼうに差し出す方法はいいが、さみだれの九十九里浜にダンプカ−が居ても、詩的興趣は誘われない。


2006年6月3日

(1)あめんぼの波紋と波紋交わりぬ  藤(10代,男)
(2)鍵っ子のわたしはトマト畑行く
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)残念ながら、発見がない。よくある世界。
(2)鍵っ子のわたしはトマト、はとてもユニークな把握。面白い。が、トマトだから畑行く、は発想が連なっている。せっかく前半で、いろいろ想像が楽しめるので(季語もある)、下5は、さりげなく流すとよい。自分で考えてください。

(1)寝返れば水田広がる青簾  風葉(60代,男)
(2)花茣蓙の斜めに敷いて風の道
 よろしく診断ください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)45歳以上の世代には、たまらなく郷愁を覚える光景。大阪の私の実家でも、かつては、すぐ横に水田が広がっていた。青簾が、惜しい。イメージが同じすぎる。
(2)あまり冒険していないのが、かえって余韻の残るつくりになっている。「花茣蓙を斜めに敷いて風の道」

(1)赤と白間のピンク麦の父  裸時(30代,男)
(2)動物の森の怪談夏の季語
(3)産湯から手をひと握り柿の花

 初夏の集い楽しめました。FM宝塚の方と、帰り一緒だったのでFMに投稿しました。ラジオをちょっと意識してみました。
(4)河馬の穴ネジがはずれて信長忌
 初夏のつどいいろいろな俳句を読んで俳句がいっぱいできました。多くてすみません。【^^
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)赤と白の間のピンクはあたりまえだが、改めて言われると、なぜか面白い。麦の父とは?麦を摘んでいる父か。
(2)動物がうごめいている森。そこにある怪談は、きっと童話チックだろう。夏の季語、という下5は大胆。見たことがない用法。この2つは、別々に使わないと、もったいない。
(3)産湯から、赤子が手を握っている。作り手が赤子のようで、不気味というか、面白い。
(4)今回は、全体に、発想が飛んだ俳句が多く、面白い。ただ、今は好き放題に飛んで、後先を考えていない段階。この段階でしか作れない俳句があることも確か。

(1)しゃぼん玉吹く子の家に入りけり  えんや(70才以上,男)
(2)折り紙の色は五色に七変化
(3)窓越しに火蛾打ち払ふ少女かな

 どうか宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)何でもない風景。俳句も特別なことは言っていない。が、いい力の抜け方、押しつけがましいところのないところから、読後感がとてもいい。何も言わない上質の俳句の好例。
(2)5種類の色紙があるのか、それが7種類?少しわかりにくい。
(3)かな、で終わっているが、散文的な印象。説明的になっている。

(1)何て言うヤツだったかなオイとかげ  せいち(60代,男)
(2)初老性痴呆症など雨蛙
(3)魔女一人誕生せしめ驟雨去る

 これらは3句とも俳句の領域から外れているでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 俳句の守備範囲は存外広いので、川柳(全部を言う、季語がない、滑稽だけで終わる)でなければ、俳句。
(1)自分の健忘症を、トカゲにぶつけている。いい感じのぼけ方。俳句の滑稽感ではある。
(2)など、でいろいろに読ませる。初老性痴呆症といわれると、たいていの読者が、どきっとさせられる。
(3)もう一つ、具体性に欠ける。ので、想像の幅が広がっていかない。

(1)テスト終え微分積分青葉風  菜月子
(2)梅雨入りのミネストローネ白ワイン
(3)波乗りのきみの金歯と雲の峰
(4)ライオンの眠る砂漠に銀の月
(5)朝の虹青年パセリ噛み砕き
(6)面接の真珠のピアス聖五月
(7)面接の真珠のピアス蝉の声
(8)面接の真珠のピアス梅雨に入る

 真珠のピアスの句ですが、最初は季語を聖五月にしていました。でも、さわやかすぎて、付きすぎのように思いましたので、蝉の声に変えました。カラっとした夏の面接で、しかも待っている間の緊張感も伝わるかなあ、との思いからでした。しかし真珠というと梅雨かなあ、という気もして、梅雨に入るも検討しました。季語はどう選べばいいのでしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)テスト終え微分積分、はくどすぎ。数学のことを、一言でうまく言いたい。「積分と微分の間青葉風」
(2)リズムはおもしろい。おしゃれな言葉にもたれかかったが、さらっとしていて、いい読後感。
(3)最近のサーファーは、元気なシルバーエイジもいるのだろう。金歯が笑わせてくれる。
(4)アンリ・ルソーの世界を思い出す。そのために、新鮮みがない。
(5)青年とパセリはツキスギ。が、虹の季節で、気持ちいい。好感度有り。
(6)季語で、残りの句の気分を決定する場合があるし、かすかに響きあう場合もある。この場合、面接の気分を出すために、蝉の声、の放心したような言葉がおもしろい。

春の河馬空気をぬいてすわります  遅足(60代,男)
 薔薇の句の診断ありがとうございます。河馬を見ていたら坐ったのですが、その時の印象のままです。すわります、か、坐りけり、どちらが良いでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 カバが、ぬいぐるみか、紙風船のようで、形容が絶妙。おかしい。滑稽感を出すには、けり、は重すぎる。「寝転んで」のように、連用形で終わりたい。


2006年6月2日

(1)存外に子の意思固し鉄線花  文の子(60代,男)
 「鉄人の記録が途切れてっせんか」は季語との響き合いを狙ったのですが、日記句とご診断頂きました。掲句は如何でしょうか。
(2)海からの風をさまりて薪能
(3)梅雨最中白墨引かれゐし車

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)鮮やかな花であるが、意志固し、と鉄線花の鉄が、ツキスギ。
(2)海岸近くの薪能の空気が感じられる。薪が燃える焦げたにおいを風が運んでくるような。いい雰囲気の句。
(3)駐車違反の車。滑稽感をねらった感。が、そのねらいがもう一つ響いてこない。

(1)閑古鳥始発の汽笛遠のけり  小口 泰與(60代,男)
(2)湯煙の消えてあやめの露天風呂
(3)太閤の夢も一代桐の花
(4)湯上りの直ぐの晩酌セルの紺

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)閑古鳥と、遠のく汽笛は、少し寂しすぎでは?
(2)1句の中に、湯煙と、露天風呂の2語は、重なりすぎ。
(3)秀吉は、1代で終わったのは周知の事実。前半の感慨が、当たり前すぎる。
(4)セルの紺が効いている。中年の、ささやかな哀感がにじむ。いいのでは。

青時雨純白のシャクナゲわが道に  ねぎよしこ(女)
 花に癒されてます、それしかないのです。表現ができません、こと、と物難しいですね。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 私も、花に癒されています。でも、その癒し、感動をそのまま詠んでも、他人は感動してくれない。掲句でいえば、「わが」に思いが込められている。どの道でもない。わが道。その最小限の思いの表出が、読者の共感を、かろうじてよぶ。純白、は言い過ぎ。「白いシャクナゲ」で十分。

水玉のスカートひらりゆれて初夏  れい(70才以上)
 1日1句をと心がけてはいるのですが、なかなか出来ません、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 1日1句、とてもいい試みです。だれもが見ているのに、だれも見ていないものを、目線の端っこでとらまえてください。水玉のスカートが、あまりにも初夏です。意外だけど、あ、これは初夏だな、というものを見つけましょう。

(1)紫陽花やスパンコウルの雨が降る  豊純(70才以上)
(2)紫陽花やスパンコウルの雨の色
 とどちらが良いでしようか 叉どう直したら良いでしようかご指導下さい。
(3)蛙泣き明日は雨と知らせをり
 叉三句ご診断下さい 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)紫陽花に、雨はツキスギ。スパンコールのように降る、もそのままの形容で、意外性による詩的感動がない。悪いですが、このパターンは、捨てたほうが得策だと想います。
(2)蛙が鳴いて知らせるものとして、普通考えつかないものを、取り合わせてください。ウソでもいいのです。

(1)旅籠の灯残して代田の暮れにけり  風葉(60代,男)
 「残して」か「映して」か「宿して」か迷いました。
(2)お多福を割って客入る夏暖簾
 よろしくご指導ください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)「残して」がいい。「代田の」の、「の」はいらない。時代俳句。旅籠に無性に泊まりたくなる。うるさいくらいの蛙の声を枕に聞きながら。
(2)雰囲気は出ているが、お多福豆か、お多福飴か、わからない。割るのが客か、作者か、も。主体、視点を統一して、明快に。

生涯に雲梯一度さくらんぼ  尼の久女(60代,女)
 このページで雲梯の句をみました。 50数年前、校庭の桜の木の下にありました。 私はとうとう出来ずに今に至っています。一度したいです。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 実は、私も雲梯が苦手で、幼稚園で一人できず、長くトラウマになりました。掲句。一度どうしたいかがわかりにくい。(但し書きを読むとわかるが)。さくらんぼ、も甘酸っぱさという意味で、ツキスギ。想いを入れないほうが、余韻が残る。ものだけで詠んで下さい。


2006年6月1日

梅や梅コピーされゆく大惨事  裸時(30代,男)
 今日の会大変楽しかったです。連歌の話のリクエストにもお答えいただき大満足です【^^ドクターの指摘に従い推敲してみました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 梅や梅、で切って読む。無数の小さい梅の花の連続から、繰り返される大惨事の連鎖の連想。いつもよりは、納得できるつくり。時事ネタは、飽きられやすい。

(1)華やげる梅雨の大宰府修学生  西角悠(70才以上,女)
(2)ひとすじの捩花残し草を引く
(3)草引くや捩花一本残しおく
(4)万緑や船頭の声訛りいて

 何時もありがとうございます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。
(1)修学生の言い方は、苦しいのでは。修学旅行生は、確かに長いが。若い学生で華やぐのは、あたりまえ。
(2)(3)俳句でけなげさを出そうと、そのまま詠むと、感動は呼ばない。逆に、ぶっきらぼうに、乱暴に詠むと、けなげさが読者に伝わる。(成功すれば)
(4)句末の、「いて」が苦しい。「船頭の放つ訛りが万緑に」と、訛りがスーと万緑の中に入っていく感じにすると、面白い。

山裾のフリルのやうにエゴ咲けり  裕子(70才以上,女)
 バス旅行で見た風景です。ガイドさんはニセアカシヤかな?との事でしたが、山にエゴの花ありましたのでエゴにしました。宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 実際に見た花でなくても、俳句ではまったくかまいません。一番効果のある、すなわち、読者にこんな季語の使い方があるんだ、という意外性を感じさせる使い方がベスト。また、やうに、ような、は意外な組み合わせにしないと、俳句にならない。フリルのやうに、はそのままの形容なので、要再考。

(1)短足犬のモンローウォーク南風(みなみかぜ)  文の子(60代,男)
 字余りにしました。ダックスフントなのですが、「ダックスのモンローウォーク南 風」は犬を知らない人には通用しないと思いました。
(2)著莪の花熊野古道を本宮へ
(3)黒南風やをのこら路地に屯して

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)説明しようしようとしている。上句があまりにも重い。「野良犬の」「老犬の」辺りはいかが。
(2)平凡。
(3)をのこ、が仰々しすぎる。黒南風で、何か起こりそうだが、後半が、思わせぶり、に終わっている。

草むしる手に草の名を想いけり  風葉(60代,男)
 よろしくご診断を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 手に草の名を想う、がやや抽象的。こういう句は、具象に徹するほうがいい。「草むしる手に草の名を書いている」

樟若葉ハイタッチして教室へ  玉白石(50代,男)
 船団初夏の集いに参加できず残念でした。よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 樟若葉のころ、新緑が気持ちいいが、五月病で元気がないときもある。ハイタッチが、さわやかなタッチと読んでもいいし、なえそうな気持ちを元気付けるものと読んでもいい。さっぱりとした句でいいのでは。

(1)青時雨良き事ありて濡れて行く  詩音(40代,女)
(2)ソルダムやこの情熱には蓋をせよ
(3)蛍籠月へ行く日の手土産に
(4)詩一行蜥蜴となりて失せにけり

 前回のご診断「バード・ウィーク駐輪場にベル落ちて」「痩身の夫かさりと夏布団」早瀬ドクターに添削いただいてすごく素敵な句になりました!ありがとうございました>^_^<
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)春雨に濡れて行く世界。が、青時雨というのは、かなり強く降りそうで、ずぶ濡れになりそうで、かなり笑える。わざとそちらを狙ったとしたら、面白い。
(2)ソルダム、というそこにあるだけで、詩的な響きの、かっこいい言葉。後半は、唐突によくわからない命令が出てくる。この、だから作者の情熱か。自分を鎮めている。謎めいた句。
(3)何も入っていない蛍籠が、少しかなしくて、いい。月に行くのは、普通は陳腐だが、こういう言い方をされると、少しいい感じ。
(4)詩音ワールド。ポエジー。このような俳句の一行を書いてみたい。

(1)晩ごはん二匹も蛇を見たと母  汽白(40代,男)
(2)みんな寝静まるバララいかに輪ゴム
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)わざわざご飯時に、蛇の話をする母。おおらかなのか、無神経で不愉快なのか。なんとなく、田舎の家の食卓で、前者の解釈のような気がする。少し変わった光景で、面白いのでは。私も、異常な母を詠んで、句会で爆笑を誘った句があります。
  「鯰居ると母断言すこの沼に」 淳一
(2)無季。難しい句。バララとは?辞書に、ばらばら、とある。ばらばら、というのがいかにも輪ゴムだなあ、という意か。ひょっとして、バラライカ、を詠んだのか。評者の、範囲を超えている。

雲のゐし薔薇の蕾のふふみたり  小口 泰與(60代,男)
 「こぬか雨薔薇の蕾のふふみけり」を上記のように添削いたしましたが、まだ付きすぎでしょうか。よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 薔薇の蕾が膨らんできた、というのは、だれもがいいなあと、詠みたいなという景なので、上5で、よほど勝負しないと、驚かない。句意は、蕾に雲が居た、となる。もう一つ、すっきりわからない。