俳句クリニック 2006年12月前半分(ドクター:三宅やよい)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。

11月と12月の担当ドクターは三宅やよいです。
<プロフィル>
 神戸生まれ。
 結婚して二十数年。鹿児島から東京まで全国を転々。
 現在は練馬区在住。
 句集『玩具帳』(2000年、蝸牛新社)。

 アバウト、おおざっぱなO型性格。
 一日を終えた夜、みなさまと俳句の旅を楽しみたいと思っています。
 どうかよろしくお願いいたします。

ドクター三宅の診断
2006年12月15日

十二月八日の朝の鳥の声  豊田ささお(70才以上,男)
 三宅先生今晩は。今日ついに12月8日で、やはりコンナのを作りました。「木枯らしや万物の息・・」へのご診断有難うございました。万物を少し考えて見ます。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「の」の連続が少し気になるので語順を変えられてみては。枕言葉らしいですが、朝鳥という言葉を使うと、
  朝鳥の声聞いている十二月八日

冬晴の空に聞こゆる天の声  春雪(70才以上,男)
 三宅先生、こんばんは。昨今の各地の知事汚職、腹が立ちます。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。
 ただ、時事をそのまま句に取り込もうとすると、批評とか理屈が入ってしまいますのでちょっと難しいです。天の声が、少し大上段に構えた形で景が見えなくなるのが残念です。

(1)うすももに開くさざんか赤ずきん  穂波(30代,女)
(2)縁側に白い野良猫神還る
 以上二句、よろしくご指導をお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)赤ずきんとの取り合わせで色を持ってこられたのでしょうが、上五で色が少しじゃまなように思います。さらりと違う言葉で流すと、「開くさざんか赤ずきん」の部分が生きるように思います。例えば、そこそこにとか、こんなにも、とか。さざんかの開きかたに注目されては。
(2)神還る で、ない季語がよろしいのでは。

(1)初湯より立ったる吾子は不動明  学(50代,男)
(2)薔薇寺へをのこかけこむ夕立かな
(3)子沢山の家族石榴の実になりて
(4)春秋や切るに切れない蕨餅

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)大きな息子さんなら「吾子」はちょっと不似合いかも。語順を少しかえて明王のように息子…、のような感じで作られても。
(2)薔薇寺 はとてもいい言葉ですね、をのこが少し古めかしい。
(3)石榴の実 との取り合わせで。なりて、はちょっと余分。
(4)ちょっとわかりませんでした。「切るに切れない蕨餅」がたとえなのか、ほんとのことなのか。

(1)うしろよこ妻のかたちのおしりかな  汽白(40代,男)
(2)「そうですヨネ」なにはともあれクリステル
(3)「右をみろ」なんて看板のある空き地かな

 (ご挨拶のはがきとどきました。。。)こんばんは。よろしくです。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「うしろよこ妻のかたちの」のフレーズは面白いと思うのですが、「おしりかな」では正体見たり、というオチになってしまい、ここで違うところに飛んでほしいところ。
(2)(3)うーん。ちょっとわからない。何を中心点に手がかりをもったらいいのか。読も側としてはとまどってしまいます。

又三郎また溺れゐる冬銀河  遅足(60代,男)
 「そしてまたいつものあなた石の花」は、枇杷の花、と考えてみました。まだまだ なので推敲を続けます。ありがとうございます。又三郎君は、ちょっと寒すぎるで しょうか?診断をよろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「枇杷の花」いい感じです。
 そうですね。風の又三郎でしょうか?違うものが溺れてほうが景が生きるかも。象とかキリンとか。

(1)風邪癒えて竿一杯の洗ひ物  なごみ(70才以上,女)
 「侮りて風邪のながびく齢かな」のご指摘有難う御座いました。上五に何をもってくるかもう少し考えてみたいと思います。健康優良児の優良児をとって「優良児風邪のながびく齢かな」では理屈っぽく頭で考えた句ですね。
(2)古都巡る宿の名入りし時雨傘
 今日の雨で紅葉も散ってしまいそうです。郊外へ出かけたらこの様な風景を目にしました。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)風邪がよくなってよかったですね。いっぱいに洗濯ものを干されたのでしょう。竿一杯を「空いっぱい」にされるともうひとつ景が大きくなるように思います。
(2)「時雨傘」はちょっとムリのある言葉ですね。「宿の名を入れた傘さし時雨かな」ぐらいで、古都、巡るなど全部を入れるのはちょっと難しいようにも。

開戦日 七つ釦も 遠くなり  美保(70才以上,男)
ドクター三宅の診断と処方箋
 「七つ釦」海軍航空隊、予科練の制服でしょうか。開戦日のたびに当時のことを思い出されているのでしょうね。

(1)吹き荒ぶ冬のビル裏商店街  雀子(60代,男)
(2)村外れ畑の隅の小菊かな
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)吹き荒ぶビルの裏側、っていう感じはとてもいいですね。商店街ではなくて違うものを持ってこられては。
(2)「畑の隅の小菊かな」この部分はいいですね。村はずれ、ではどんどん隅にいってしまうので、上五は大きなものを取り合わせにもってこられても。

(1)地に青き葉のあり十二月八日  文の子(60代,男)
 昨日、ご指導頂いたことを踏まえ「早過ぎる引退落葉青きまま」をお送りしました。今朝(12/8)同じ葉を見たのですが、掲句になりました。
(2)メタポリック歳暮が酒を奨めゐし
(3)消えてなほ声の存在寒雀

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「地に青き葉のあり」で「落葉」を連想させるのは少し難しいですね。読み手は地に生えている草を思う のではないでしょうか。
(2)メタポリックなのに、歳暮にもらった酒が飲めといっているようだ、ということでしょうか。うーん、上五を少し違うものにもってこられるといかがでしょう。
(3)存在とまで言わなくても、「消えてなほ声が聞こえる寒雀」ぐらいでいかがでしょう。


2006年12月14日

(1)霜とけて朝日を弾く冬菜かな  小口泰與(60代,男)
(2)あれほどの雀の去りて冬田かな
(3)小走りに露天に入るや空っ風
(4)息白し利根の川原は風ばかり
(5)雲流れおのづと開く雪浅間

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)朝日を弾く冬菜かなの部分、とてもいいと思います。
(2)「あれほどの」がちょっと説明っぽいようです。
(3)は人の情景でしょうね。
(4)(5)もうすこし身近な実感がほしいところですね。

(1)冬の川戻りし鳥のVの波  澄(50代,女)
(2)両の手に母の温もり玉子酒
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)Vの波がちょっとわからなかったのですが。波が揺れる様子なのでしょうか。
(2)玉子酒は温かいもの。お母様の温もりとだぶらせていらっしゃるのでしょうが、「母」と「作りし」という言葉だけでも、充分思いは伝わるように思います。

(1)冬の夜句集に置きし眼鏡かな  玉白石(50代,男)
 「枕辺に眼鏡と句集冬の夜」の改作です。どうでしょう。
(2)拗ねた子の刈田の煙見つめをり
 少年時代の私?「少年の煙見つめる刈田かな」の改作です。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)すっきりとして、いいですね。
(2)よく情景がわかるようになったと思います。拗ねた子がじっと煙を見つめている様子がいいですね。

(1)後ろ後ろから妻描くダリ冬紅葉  まりあ(40代,女)
(2)自転車のUターン銀杏落葉降る
 三宅先生ありがとうございました。1は、「蘇生する虫遠近に時雨やむ」具体物で虫。2は、「真空となり」をもってこようかとも思いましたが、それも同じと思い、少し考えます。2句よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)後ろが重なっていますが、「後ろから妻描くダリ冬紅葉」ですね?いいのでは。
(2)Uターンと落葉の取り合わせはいいですね。

舟下る紅葉落葉を引き連れて  タント(60代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 舟に落葉が散りこんで、その落葉を載せて下っているのでしょうか?それとも川の流れにのって。「引き連れて」がもう少し具体的になればいいですね。

(1)霰打つ海の向こうの真珠湾  豊田ささお(70才以上,男)
(2)山茶花や英霊帰る路地なりき
 三宅先生今晩は。また、懲りもせずこんな句を作ってしまいました。よろしくお願いします。
(3)時雨るるや格子戸の灯のゆらぎをり
 三宅先生、いつも有難うございます。夕方のある家のスケッチですが、如何でしょう?
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)今日は12月8日、さらりと書かれていますが、いいと思います。
(2)英霊が帰るのは今、過去?
(3)確かにそうでしょうが、少し古めいた感じがします。

冬晴れてここは日進小学校  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 いい名前ですね。お日様のぴかぴか進む小学校、冬日和の取り合わせがいっそう暖かです。

(1)田の神の山に帰るや餅を搗く  学(50代,男)
(2)秋草の引っかき傷の痛からん
(3)ひたすらに話し続ける冬の暮
(4)職退りて田の一枚の蓮華かな
(5)冬眠も成らずに熊は川下る
(6)みな生きよ雁帰り行く日本海

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)田の神様って山に帰るのでしょうか。
(2)痛からん、がいらないのでは。
(3)(4)実感でしょうか。田んぼに蓮華が植えてあるということでしょうか。
(5)(6)ちょっと大づかみすぎて説得力に欠けるように思います。

(1)早過ぎる引退落葉青きまま  文の子(60代,男)
 「青きまま落葉す人の手に掛かり」を推敲しました。
(2)銀杏の道を採る人避くる人
 「銀杏の落ちて採るひと除くる人」を推敲しました。
(3)飛び飛びに話す子庭に寒雀
(4)著ぶくれの車内新聞八つ折に

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)早過ぎる引退=青い落ち葉、と上と下が意味が等しくなってしまうのは、句が理屈になってしまいます。
(2)「を」は「に」でいかがでしょう。
(3)庭にはいらないのでは。
(4)実景ですね。


2006年12月13日

(1)去年の水にて薄めたる初湯かな  智弘(30代,男)
(2)穴熊囲い銀杏紅葉に崩さるる
 診断有難うございます。季語が定まりませんが、餅まきは幣束に目指して人々が集まりますので、「鮟鱇や投げて微笑む餅拾い」と置いてみました。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)水で初湯を薄めるのは どこか面白いですが、去年の水にて、が余分なように思います。
(2)埋もれるのではなく、崩される?どんな景なのでしょうか。  鮟鱇や投げて微笑む餅拾い 何だかいいですね。意外な取り合わせが効いています。

(1)脈取って十字のファーのツワの花  裸時(30代,男)
 尺取使おうとしたのですが夏の季語でした(^^;
(2)病床の尺取虫が幻影だ
 夏の季語で失礼します。子規のことをちょっと思ったり。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)十字のファー?がちょっとわからないですね。
(2)幻影だ と言い切ってしまうとすべて嘘だよ、と駄目押してしまうようです。

蔦の紅 エル・グレコの色 倉の街  今田 誠之(70才以上,男)
 倉敷に住んでおります。大原美術館には世界に誇れるエル・グレコの受胎の告知の絵があります。マリアさんの衣の紅色と、アイビースケアや街角の蔦の紅葉が同じ様な色でとても綺麗です。
ドクター三宅の診断と処方箋
 大原美術館いいですね。
 全て盛り込むのは少し難しいので、倉敷を表す「倉の街」は省略されてみては?例え ば、
  蔦紅葉エル・グレコの衣(きぬ)のいろ

(1)筆を持つ雨の師走の一日かな  三郎(60代,男)
(2)降りしきる霙の街や黒かばん
(3)北風やランプに浮かぶ街の木々

ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)よろしいのでは。
(3)とてもきれいな景です。

(1)炬燵にはミケランジェロが住んでます  北野元玄(60代,男)
(2)冬の臍ばれると困る嘘が住む
(3)北風も一緒に乗り込む途中駅

 (3)は、12/3にご講評いただいた「北風は単車に乗って颯爽と」を直したものです。だいぶ句意が違ってきてしまいました。12/8にご講評いただいた「隙間風天井裏から覗く男」は「隙間風天井裏の覗き穴」に直します。上の(1)(2)をあわせて、ご批判ください。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)おもしろいですね。
(2)ばれると困る嘘 がそれだけでちょっとあたりまえのフレーズのように思います。
(3)おもしろいですね。
 うーん、穴はいかにも隙間風がすーすーしそうで、それだと元の男の方がいいですね。

(1)木漏れ日に彩を増したり冬紅葉  しんい(60代,女)
(2)恙無く齢を重ぬ小春かな
(3)庭雀障子に影を散らせけり

 よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)彩は色でしょうか?
(2)恙無くはひらがな表記でも。
(3)感じよく出来ていますが、障子にうつるスズメの影は類句が多いので、今しかないものに影がうつる仕立て方にされてはいかがでしょう。

年の暮れ 初辰さんも 賑やかに  菊美(60代)
 よろしくお願いします。毎月はじめ辰の日、住吉大社初辰さん、縁日で賑わい。去る五日行きました。年の暮れと、初辰さんも季語になりますか?来年1月10日が初辰さん。10日大黒戎とさぞ賑わうかと、他事ながら。
ドクター三宅の診断と処方箋
 毎月はじめにあるのでしたら季重なりにならないでしょうね、よろしいのでは。

喧嘩売る鴨はぐれ鴨昆陽の池  尼の久女(60代,女)
 伊丹市の昆陽池(こやいけ)は水鳥の宝庫です。 時々行きますが、人間の世界の縮図のようです。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「昆陽の池」を上五の持ってこられるのが収まりがいいように思いますが、いかがでしょう。

(1)小春日やのどに奏でるチョコレート  小口泰與(60代,男)
(2)遠山に紅滴らす冬落暉
(3)をちこちにとんび飛び交ふ冬田かな
(4)山茶花の散り重なりて白と紅

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「奏でる」に少しムリがあるように思います。
(2)(4)少しあたりまえ。
(3)よろしのでは。

大クレーン柿はまあるく色づけり  澄(50代,女)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 何だか面白い取り合わせですね。よろしいのでは。

(1)凍土に日の丸弁当麦ばかり  豊田ささお(男)
(2)味噌嘗めて敵は幾万うたいけり
 三宅先生、十二月の二句へのご診断有難うございます。そうですね、俳句で何か言うというのは、私にはつくづく難しいです。ご教示を・・。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)戦争中の思い出でしょうね。遠くにある日でしょうが、やはり貴重だと思います。


2006年12月12日

大根や大樹の枝々に干されをり  春雪(70才以上,男)
 三宅先生、こんばんは。春雪です。船団誌で先生の俳句を拝見しました。素晴らしいですね。近所(八幡市)の寺院で、托鉢で集めた大根を境内の大木の枝々に、満艦色よろしく吊して干します。その後沢庵漬けにして、また檀家に配ります。こんな季節のスナップです。
ドクター三宅の診断と処方箋
 お褒めいただきましてありがとうございました。嬉しいです。
 いいですね。田舎の軒先に干されている大根を見るとほっとします。大樹の枝に干されている大根見てみたいです。

(1)冬将軍どうにもこうにもナポレオン  仁(50代,男)
(2)推敲のにっちもさっちも冬の夜
 三宅先生、こんばんは。いつものご診断ありがとうございます。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)ナポレオンが、内容的にオチのようなっているように感じられます。
(2)はは、おっしゃるとおり。私も100パーセント共感です。

(1)綿菓子を食べる冬の雲食べる  玉白石(50代,男)
(2)きっぱりと師走ついたち晴れました
 「きっぱりと師走ついたち金曜日」の改作です。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)綿菓子と冬の雲が近いので、「食べる」のリフレインがもうひとつ効果的でないように思います。
(2)よろしいのでは。

(1)ゲレンデや色とりどりの花が跳ぶ  きんぎょ(女)
(2)ゲレンデや四足獣が疾駆する
(3)ゲレンデやサーフィン仕込みの雪飛沫

 スキーウェアが花にみえました。ストックを持つと獣にみえました。スノーボードの若者でイッパイでした。よろしくおねがいします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)スキーウェア=花とちょっとわかりにくいので、「ゲレンデやスキーウェアの花跳びぬ」のように、ちょっと結びつけられてみては
(2)四足獣??とは
(3)勢いがあってとてもいい句だと思います。

(1)浮寝鳥鴉と見てゐる老ひなりし  えんや(60代,男)
(2)参道の閉じたる屋台紅葉散る
(3)亥の年の六周巡り年明ける

 三宅先生今晩は、いつも適切なご指導有難う御座います。亥の年の句、賀状に添え書きしたいのですが如何でしょうか?宜しくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「老ひなりし」とまとめられないで、違うものを持ってこられてはいかがでしょう。
(2)実感がありますね。
(3)六周巡りとは?

(1)牡丹木のなかなか点かぬ種火かな  学(50代,男)
(2)抽斗をしめて冬日の留まれり
(3)独り居の素うどんすする年の暮
(4)舟と舟隙に飯食ふはたはた漁
(5)象の網つづきし基地の降誕祭
(6)鍵穴を回す音して寒の入り

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(2)抽斗と冬日の取り合わせがいいですね。
(1)(3)(4)(5)実景でしょうね。
(6)よろしのでは。

パッチかなダフネがはいた月桂樹  月虎
 人生のパッチの句はうけませんでしたね。こんどもパッチの句です。最近はく時、パチパチってなっていやですね。でも、はかないと、寒いです。色気ないですね。(^v^) パッチはいてる時、ふと、ベルニーニの彫刻、思い出しました。句にすると、どうでしょうね?
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーんと、ちょっとわかりにくいですね。パッチと月桂樹の取り合わせが。絵を知っている人にはすぐ像が浮かぶかもしれませんが。

(1)紅葉を愛でつ楽しむ四季桜  光子(60代,女)
(2)山すその紅も映し秋桜
(3)四季桜咲きて初冬の里山に
(4)つわの花微笑みかけるホスピタル
(5)柊の咲きて友の翳過り

 ご無沙汰しております。お元気ですか。紅葉と四季桜の写真をいただきましたので、スケッチしてみました。主人の友達が大切にしていた樹でした。今年も咲いてくれました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 お久しぶりです。よろしくお願いいたします。
(1)紅葉と四季桜とどちらかにされたらいかがでしょう。ちょっと視点をどちらに置いたらいいかまよってしまいます。
(2)これも二つのうちどちらかに。
(3)「咲きて」は「咲きぬ」が収まりがいいように思います。
(4)よろしいのでは。
(5)翳→影 過りは→通り、ぐらいでも。

つくばひの日向に憩う冬の鳥  なごみ(70才以上,女)
 庭のつくばいの所で何処から来たのか小さな鳥が水を飲んでいました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 さらっとした印象で、いい感じです。

(1)雪女たこ焼き巧く焼けました  北野元玄(60代,男)
(2)寒い日はお茶でもどうぞ蛇の穴
(3)売れてます村上春樹クリスマス

 12/6の「ヒトも老化遺伝子も・・」のご講評、有り難うございました。なるほど隙のない句になってしまいましたね。ろくろ首はろくろっ首に訂正させてください。今日の上3句、一足早くクリスマスです。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)がおもしろいですね。
(2)はちょっと蛇の穴が唐突で、(3)は報告的に思えます。

(1)上州の利根の流れや小六月  小口泰與(60代,男)
(2)さくさくとパイを含みて暖炉かな
(3)支流より落ち合ふ渦や冬霞
(4)小春日や頬つぺハミングチョコレート

 三宅先生、添削並びにご指摘有難う御座います。「小春日や缶ドロップの音たしか」を「小春日の缶ドロップの甘さかな」と推敲いたしました。ご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(3)よろしいのでは。
(2)「さくさく」を「含む」は少し違和感があります。
(4)「頬つぺに」と助詞を補われてはいかがでしょう。甘さはあまりよくないですね。ドロップの缶にあたる音を生かされては。この視点はおもしろいと思いますから。

(1)一押しは殻付きの牡蠣縄のれん  文の子(60代,男)
 12/5、6の添削とご指導有難うございました。もう少し考えたい句もありますが、幾つか推敲しました。「縄のれん殻付き牡蠣を売りにする」が元句です。
(2)覚えある巫女ジーパンの落葉掃き
 「ジーパンは覚えある巫女落葉掃き」を推敲しました。
(3)天垂れて地(つち)をあやどる紅葉かな
 「濡れて地をあやどる紅葉天(あめ)くらし」を推敲しました。
(4)燈籠の翳む参道クリスマス (5)鹿島来て先づは海辺の初明り
 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)一押しとのれん、で「のれんに腕押し」を連想させるので、ちょっと理屈めいてくるかもしれません。
(2)語順から言えば前句がいいですね。
(3)(5)よろしいのでは。
(4)燈籠でないものをもってこられればいかがでしょう。

(1)庭園やひかる冬芽の底力  しんい(60代,女)
(2)名園や首の疲れる照紅葉
(3)降りしきる銀杏落葉の茅葺門

 よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)ひかる冬芽の底力 は面白いですね。取り合わせが、庭園や、ではなく別のものをもってこられても。
(2)これも首の疲れる照紅葉 の部分を生かすには「名園や」ではないほうが。訪ねられたのは事実でしょうけど、俳句として生かすためにはそのときの情景そのままではなく、少し視点をずらすと、新鮮味がでます。
(3)はそのままの実景でよろしいのでは。


2006年12月11日

(1)冬将軍いぬをる限りやつてくる  仁(50代,男)
(2)金平糖ひとつ含みて年用意
 三宅先生、こんばんは。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)いぬをる限り がちょっと意味をとりかねました。
(2)いい感じですね。金平糖が効いてます。

(1)木枯らしや津軽の顔の石仏  学(50代,男)
(2)玄冬の十三の砂山鳴きにけり
(3)年上のをんな偲ばん実むらさき
(4)紺絣着て卒業す母の居り
(5)土曜日の桜もみじの無人駅

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)津軽のかお とはどのような顔なのでしょう。
(2)十三は寂しいところですね。それぞれの言葉が強いので、鳴きにけりをもう少し平凡な言葉にされても。
(3)をんなを偲ぶ では?
(4)紺絣着て卒業す のは自分でしょうか、母でしょうか。
(5)実景でしょうね。

甘鯛のぬいぐるみ売るような舌  裸時(30代,男)
 久々の投稿になってしまいました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーん。舌がわからなかったです。

息白し東から来る五人組  玉白石(50代,男)
 初霜の朝でした。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 登校の子供達でしょうか。何だかいろいろな景が想像できて楽しいです。

(1)雪虫やうつつのマハと夢のマハ  汽白(40代,男)
(2)一生に一度のひとも後の月
 こんばんは。よろしくお願いいたします。(冬の月、、、)
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)面白いです。どちらが裸でどちらが着衣なのでしょうね。
(2)も、がちょっと気になりますが、一生に一度出会う人なのでしょうか?冬の月との取り合わせがいいように思いますが。

(1)人待ちのタクシー並び街小春  文の子(60代,男)
(2)栄転と言はれ下総都鳥
(3)泣く子には勝てぬならひや雪催

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)街小春 がちょっとすっきりしませんね。小六月などを使われて、「人待ちの タクシー並ぶ小六月」ではいかがでしょう。
(2)下総は栄転ではなくて左遷という意味なのでしょうか?
(3)ならひ が少し理屈っぽいように感じますがどうでしょう。

(1)米原や新幹線に時雨来る  せいち(60代,男)
(2)岐阜羽島ぱらつと時雨ぱつと晴れ
 出張時の景そのままですが、果たして地名が利いているでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。地名を生かすには、時雨が来るだけではちょっと弱いように思います。
  炎天より僧ひとり乗り岐阜羽島 森澄雄
という句がありますが、これも鳥の化身が僧のようで、地名が実によく効いていますよね。地名を生かすのは季語を生かす以上に難しいです。

(1)寒菊をえらみて挿すやご仏壇  小口泰與(60代,男)
(2)藁仕事媼の皺の定かなり
(3)餌ねだる小犬の叫び空っ風
(4)虎落笛妻の寝息の定かなり

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)寒菊の中のどういうものを選んでいるのでしょう。
(2)定かなり がちょっとわかりませんでした。
(3)叫びがちょっと大げさなような。
(4)この定か、は安らかという意味でしょうか。

(1)掃く落葉袋に詰めてうづ高し  タント(60代,男)
(2)小春日や昼寝する犬薄目あけ
 宜しくお願いします。最近気にいった句ができません。不調の対処方法をお教え下さい。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)確か、以前に講評させていただいたと思いますが。
(2)ちょっと報告的なように思います。
 そうですね〜。気に入った俳句ができる即効薬はないのですよ。残念ながら(あったら私が飲みたい)。毎日根気強く俳句と付き合うしかないのですが、一番いけないのは、いい句を作ろうと思って力むことみたいです。フレーズでも、何でも俳句にならない断片を書き留めておいて、あとからゆっくり熟成させればいいのですから。ともかく出来ないときは、お酒でも飲みながら好きな本を読んでゆっくりしてください。


2006年12月10日

(1)冬麗や病室の窓のひまわり  豊田ささお(70才以上,男)
 いつも三宅先生の全方位的な眼差しを感じながら作らせて頂いていますが、残念ながら言葉の貧しさを痛感するばかりです。今日行きつけの医院へ行きましたら、時ならぬ向日葵が咲いていました。
(2)まぼろしの牛の背に降る枇杷の花
 三宅先生こんばんは。実は今日句会がありまして、掲句を出しましたら、「まぼろし」が駄目でした。自分では前にお願いした「伐らるべき・・」の句よりはよいと思ったのですが・・総じて私の場合想いが強くて感じる力が弱い、との指摘でした。計3句出したのですが、いづれも思うばかりで瞬間を描きとめていないとまあ、さんざんでした。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)私も散歩の途中で銭葵の花を見ました。日の当たるところは暖かいのでしょうか。 病室は実体験かもしれませんが、俳句の構成を考えると、中心は冬のうららかな日にひまわりの花が咲いている。ということでしょうから。そこに焦点を絞られるといかがでしょう。
  紫陽花に秋冷いたる信濃かな  久女
という句があります。
(2)句会での採られかたは様々だと思います。いろいろ指摘はありがたく拝聴するとして、自分の句は自分で見つけるしかありません。私はこの句はいいと思います。枇杷の花に下にいるまぼろしの牛がきれいです。

(1)寒夕焼切絵の木立映しけり  穂波(30代,女)
(2)寒夕焼切絵の木立風の中
 (1)と(2)は、「夕暮れて切絵細工の冬木立」を推敲しました。「影絵」でもあれこれやってみましたが、私にはあまりしっくりきませんでした。
(3)針穴に夕日一閃冬の虹
(4)凍る針東京タワー点灯す

 (3)と(4)は新しい句です。先日は具体的なアドバイスをありがとうございました。朝倉先生のときに、私にはまだ子どもを題材にした句は作れないと思いましたが、今回、子どもに限らず心を動かされた度合いが大きい題材ほど句にまとめられないのが分かりました。勉強になりました。本当に言いたいことが伝えられる句を作れるようになるまで先は長いと思いますが、いつかそういう句ができるようになれば、と思います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)寒夕焼に黒い木立がすっくと立っている雰囲気がとてもいいですね。
(2)の下五の風の中、切絵細工の木立に風が吹いている感じはいいのですが上に夕焼けがあるので、下五にこれをもってくると句が分裂してしまう感じが残ります。風か夕焼けかどちらかに焦点を絞られるほうが像が鮮明になるように思います。
(3)より(4)に魅力を感じました。東京タワーの点灯と針の関係は面白いです。
 そうですねー。言いたいことを書きつくせるのは俳句よりむしろ散文でしょうね。感情表現に向いているのは短歌のように思います。それぞれ入れる器がちょっと違うみたいです。俳句は短く、単純な形がいのちなので、自分の感情や表現をダイレクトに表現するのはどちらかというと苦手なようです。子育ての毎日、今すぐに俳句になるものは少ないかもしれませんが、心動いたことはメモにでも書き留めておいて一番似合いの器で仕立てられてみては?

仏人がゆくレインハットの時雨かな  タマ(女)
 俳句を始めて一年が過ぎました。 考えている間の充実感が好きです。よろしくおねがいします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ほんとにそうですね。私も同じです。
 仏人がゆく、で一回切れ、最後に大きな切れがありますので、ちょっとばらっとした感じがあります。上五は中七にかけ、
  仏人のレインハットゆく時雨かな
の語順ではいかがでしょう。

(1)スリッパのすこしよごれて師走かな  ポリ(50代,女)
(2)パチンコ屋ポスターひらひら冬青空
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)ともに何気ない日常の景がすっきりと仕立てられていて好感が持てます。
(2)字余りにはなりますが、上五の名詞に「パチンコ屋の」と助詞をつけられたらいかがでしょう。

(1)体力も同じか賀状減り初むる  文の子(60代,男)
 「放物線描くや賀状減り初むる」を推敲しました。
(2)卓の上の酢牡蠣とフライ四世代
(3)多数派は熱燗少子高齢化
(4)還暦の紅葉車に貼り付きし

 「スピードを控へよ窓に付く紅葉」を推敲しました。宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)体力も同じか がちょっとわかりかねました。
(2)ちょっと語順を変えて、「酢牡蠣とフライ四世代の卓の上」ではいかがでしょう。
(3)俳句にはちょっと難しい題材ですが、漢字ばかりの句も面白いですね。
(4)還暦が紅葉を形容しているように見えるのですが、句意は「還暦の車へ紅葉貼りつきし」ということなのでしょうか?

柿落ち葉狭庭の窓に月戻る  松笠(60代,男)
 狭庭の柿の木が落葉し、再び窓から月光が入るようになりました。居ながらにして名月を観賞でき、ありがたく思っています。推敲しておりますが、柿木と月の重なりが悩みの種。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 季の重なりは、実景を見ていればいくらでもあることですから、そんなにも気になさらなくとも。問題は、置き方によって中心点がぶれてしまうことですから。御句の場合は、柿の葉が落ちたから窓から月光が入るのだ、と因果関係で句がまとまってしまっているように思います。柿は捨てられて、裸木や枯木、枯庭などを使って単純化されてみてはいかがでしょう。

(1)冬ざれや草に埋もれし猫車  小口泰與(60代,男)
(2)利根川の溶岩をうるほす時雨かな
(3)寒暁の影にうろたふ小犬かな
(4)単線の線路を揺らす枯尾花

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)いいですね。置き捨てられた猫車の情景がよくわかります。
(2)利根川に溶岩ってあるのですね。
(3)おびえる、ぐらいでも。
(4)枯尾花ではなく線路が揺れているのがいいですね。

夕月と 夕日がうれし 年の暮れ  菊美(60代,女)
 いつもお世話になります。素敵な句にしていただきました。ありがとうございます。先日、梅田環状線の中から、右手に月、西に夕日が何か心熱くなる夕方でした。自然が二つはいけませんか?よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。蕪村の有名な句に、
  菜の花や月は東に日は西に
がありますが、夕暮れ時の天空に月、と日、というとこの句につきてしまう感じがあります。空から視線を落として、夕暮れ時の環状線の鉄橋や屋根屋根に注目されてみては?

僕Rock君はScissors開戦日  玉白石(50代,男)
 小学生が外国人の先生と英語でじゃんけんをしています。"Rock, Paper,Scissors. "よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ぐー、ちょき、ぱーってそんな英語になるのですね。じゃんけんはどういうのでしょう?どちらかというと、開戦日ではない季語が似つかわしいように思います。

蕎麦打ちの実演の前懐手  タント(60代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 いいですね。蕎麦打ちの前、懐手でじっと見ている男の像が浮かびます。実演が効いています。


2006年12月9日

(1)売り地あり休耕田に冬の蝶  さくら(女)
(2)古希過ぎて5年日記を買ひにけり
 いつもご指導有難う御座います。宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「売り地あり」 は立て札でしょうか。「休耕田に冬の蝶」だけでも句意は生きていますので、この部分はちょっと余分なようにも思います。
(2)お元気にお過ごしですね。よろしのでは。

(1)白と青光るイベリア夏惜しむ  雀子(60代,男)
 時期外れで恐縮ですが、12月1日の「イベリアの白き家の絵銀杏黄葉」でご指摘の、絵の中で遊ぶとは、こんな感じでよろしいのでしょうか。
(2)風邪引くも流行の腹と褒められる
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)そうですね。よろしいのでは。本の中、絵の中、題材にはことかかないと思いますので、自由に遊んでみてください。
(2)腹?がちょっとわかりませんでした。

(1)柏手を見つめてゐたり寒鴉  仁(50代,男)
(2)小鳥たつ道に影して初景色
(3)老犬に迎えられたる年始かな
(4)鏡餅マイナスイオンの光くる
(5)正月の襟立てて来るいじめつ子

 三宅先生、こんにちは。もう早いもので12月になりまして、ぼつぼつ年賀状の時期となりました。今日は「あるこう会」と言いまして地区の親睦をかねた行事がありましたが、かみさんだけ追いやって私は句作りです。というのも今年は年賀状に一句添えようかなと思いましてのことでした。あー 疲れました。
 ところで(5)の句 「襟立てて来る」のフレーズの中七の部分、三宅先生の御句の中から拝借いたしましたけれど、これは類似の問題にあたるのでしょうか?お教えください。新年の句ばかりです。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 年賀状の一句。私も毎年干支をにらみながら頭を捻ります。
(1)おもしろいですね。境内の木にとまって見ているのでしょうか。
(2)影はものの影でしょうか。それとも小鳥?
(3)年始 迎える、と言葉がかぶるようです。
(4)マイナスイオンの光ってどんな光??
(5)襟を立てるのは一般的な動作です。俳句は言葉数が少ないですから、似た表現が重なることは昔からいっぱいあります。一語違えば別の俳句。基本的にはそう考えています。ほかの語との響きとか、微妙な差を楽しむのも俳句です。確かに、作るときには新しい表現をめざしたいものですが、ひとくくりに、似ているからダメという仕切り方はできないでしょうね。助詞ひとつだけでも、まったく違う俳句になることがありますから。類似句の問題は作り手に剽窃しようとする悪意があるかどうかではないでしょうか。

時雨るるや石塀小路を小走りに  春雪(70才以上,男)
 三宅先生 こんばんは。祇園に石塀小路があります。時雨に遭い雨宿り先を求めて観光客が走り去りました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 京都らしい情景ですね。こういう旅吟には、石塀小路が祇園にあるのを知らない人も多いので、(実は私も…)発表されるときには、「祇園にて」のような前書きをいれてもいいかもしれませんね。説明になってしまう前書きは極力さけるべきですが、日付や場所を添えるぐらいに使うのはけっこう効果的です。

(1)客土化や選手の移籍スポーツ界  なごみ(70才以上,女)
 こんにちは。冬耕の添削有難うございました。歳時記の冬耕の傍題に客土がありましたので、揚句を考えたのですが俳句になっておりますでしょうか。ご指導宜しくお願いします。
(2)農継がぬ子ばかり育て冬耕す
 昨日の客土の句はやはり駄目ですね。季語に化など付けられませんね。非常識ですみません。今日の句は季語が動くかとも考えたのですが。ご指導よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)季語に化など付けられませんね」・・・そうですね。まずはある季語で取り合わせを考えられるのが無難かとも思います。形として、「選手の移籍スポーツ界」の部分が少しこみいっているので、固有名詞を出してスポーツ界を捨てられてみてはいかがでしょう。
(2)ちょっと上の感慨と季語が近い感じなので、実際に耕す行為から少し離してみられてはいかがでしょう。

(1)冬の鳥駅の配管むき出しに  しんい(60代,女)
(2)隠り沼静けき闇に月冴ゆる
 「寒月や水面のあやし隠り沼」の推敲句なのですが、これも代わり映えしませんか。よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)今の風景ですね。上を見上げれば、配管のむき出しになった部分に鳩など並んでいますよね。よろしいのでは。
(2)水面のあやしをが静けき闇になさったわけですね。月がくっきり鮮やかになったようですね。

(1)恐妻は当然である青レモン  北野元玄(60代,男)
(2)内緒です金貯めてます吊るし柿
 12/3の「北風が単車に乗って颯爽と」など4句のご講評有り難うございました。本句は北風がおっくうがって自力で吹かずに単車の力を借りて吹いていると詠みたかったのです。「北風が炬燵の中でふるえてる」ではいよいよ分かりにくいか・・。おまけに季語が重複しているし・・。「北風は単車で移動の怠け者」 このあたりから少し推敲してみます。
 「薔薇」で「痛む」は仰るとおりです。わざと付け合わせてみたのです。上2句、よろしくお願いいたします。このところ本当に寒くなりました。お身体をお大切に。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)恐妻と青レモンの取り合わせはとてもいいとおもうのですが、「当然である」が俳句の幅を狭めてしまうようにも思います。
(2)お金でないものを貯めているように作られてみたらいかがでしょう。


2006年12月8日

(1)木枯らしや万物の息集め来し  豊田ささお(70才以上,男)
(2)伐らるべき定めは知らず枇杷咲けり
 三宅先生こんばんは、今日また枇杷を見に行きましたらまだ咲いていました。道の拡幅で伐られる日が近づいています。ま、鎮魂句のつもりで情に流れ句を意識しましたが、いかがでしょう?今回もよろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 伐られる木を見ているのは寂しいですね。愛着の木であれば、ずっと見届けてあげてくださいね。
(1)万物のところを、具体的なものの息にするといいかもしれませんね。
(2)鎮魂、よろしいのでは。一本の木をめぐって日記風に、日付を入れて毎日俳句を作られたらいかがでしょう。
(1)丈低き背高泡立草咲いて  鴻之助(50代,男)
(2)冬空にぽおんと放つ恋ひとつ
(3)冬空のがらんどうなり鳶一羽

 前回も、ていねいなご指摘および添削ありがとうございました。添削によって句がすっきりと立ち上がってくるのが何ともうれしく、添削の仕方から大いに学ばせていただいております。
 ところで、前回の「泡立草背の低きに冬の蜂」ですが、背高泡立草といいますと、名のとおり1メートルを超える丈の高いものが普通ですが、50センチくらいの低いものが咲いていたので、「低い」けど名は「高い」としたかったものです。そこで、(1)のように推敲したのですが、そのまま過ぎますでしょうか。
ドクター三宅の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)ああ、そうですか。人に見立てられたわけではなかったのですね。背丈の低いアワダチ草に注目されたのでしたら、背高の言葉にはこだわられなくても、自然と読む人が補って考えてくれるかも。そういう隠しどころも俳句の味です。「あと咲く」、が駄目押し気味なので、花も隠して、この間の冬蜂を取り入れられては?丈低き泡立ち草に冬の蜂 といったところでしょうか。
(2)ぽおんと放つは面白いと思いますが、「恋を放つ」情景が具体的に見えないのが、少し残念なように思います。
(3)がらんどうのように雲ひとつない冬青空が続いていますね。

かいつぶり光る水面をひとりじめ  藤節(50代,女)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 かいつぶりは本当に可愛らしい鳥ですね。もぐったと思えば、思いがけず遠くの水面にぽかんを浮き上がってきたりして。眩しい感じがいいですね。

枕辺に眼鏡と句集冬の夜  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 冬の夜の感じが何となく出ていますね。ただ、名詞がたくさん並んで並列的なので、中心になる語を定められたらいいかもしれませんね。

(1)十二月八日しづかなコーヒーの朝  仁(50代,男)
(2)冬星に射止められし暴走車
 三宅先生、こんばんは。毎回のご指摘ありがとうございます。だいぶ寒くなってきました風邪をひかないように・・・今回もよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 寒くなってきましたね。これからが冬本番です。
(1)しずかな、というのが意味をもたせかているようです。十二月八日の表記だけで、充分その日の重さは含まれていますから、「とコーヒーの香」、かなにかに注目されてみてはいかがでしょう。
(2)冬星の光で射止められるのでしょうか。想像に説得力をもたせるには、暴走車でなくほかのものがよろしいのでは。

落ち葉して鳥の古巣の見え隠れ  春雪(70才以上,男)
 三宅先生、こんばんは。花水木の枝にヒヨドリの巣が残っていました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 こんばんは。
 落葉すると鳥の古巣がよく見えますね。鳥の古巣は初春の季語になっていて、その意味では残念ながら季語の説明にとどまっているようです。裸木に鳥の古巣が見えるのを出発点に、俳句を考えてみられてはいかがでしょう。

(1)落ち葉踏むために林に来てをりぬ  タント(60代,男)
(2)生垣に沿って過ぎ行く冬帽子
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)は以前に評を書かせていただきましたので省略させていただきます。
(2)塀の高さがちょうど身長と同じぐらいで、帽子だけがつうーっと塀を移動しているように見えるのでしょうね。面白いです。

(1)着膨れの子にしてしまふ親心  なごみ(70才以上,女)
(2)着膨れのエレベーターの通過せり
 御指導有難うございました。着膨れの季語で二句作ってみたのですが、よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。
(1)は親心の説明にとどまっていますので。
(2)の実景描写がはからずもエレベータも重そうで、あの小さな箱にひしめいている着膨れの人たちの顔が見えるようで面白いです。

稜線の途切れしところ冬の蝶  澄(50代,女)
 不確かなところを変えてみました。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 とてもよくなったと思います。稜線が途切れているところから、目の前の冬の蝶がゆらゆら飛んできたような感じがして。はかない冬の蝶の性質を句全体の気分がよく掴んでいます。


2006年12月7日

(1)十二月ミリタリールックでヒロシマへ  豊田ささお(70才以上,男)
(2)十二月崖へ真っ直ぐ蟻の群れ
 三宅先生こんばんは、ついに12月です。あの12月8日、私は幼稚園でした。その日に妹が生まれました。日本が勝つと信じて疑わず、銃後の我慢の日々が続きました。そこで2句お送りします。俳句でないかも・・と思いつつ・・
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)ヒロシマ、とミリタリールック、関連づけがちょっと中途半端なようです。
(2)多分開戦との結びつけで作られたのでしょうが、蟻の列が国民の様子を象徴しているようで、季節感がずれていますので仕立て方が難しいですね。作られるなら体験された銃後の日々にタイムスリップしてそのときの感情で作られると説得力が出るように思います。

(1)冬の夜パン屋こねこね丸い尻  汽白(40代,男)
(2)妻の匂い敷きつめるのは落葉だけ
(3)準ミス・ベーカリー・ハル・ベリー冬紅葉
(4)湯豆腐がうまそう大尻由良助
(5)ペダルより林檎へそよりも瞳
(6)六月を連打する真珠のごとく

 こんばんは。いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)パンをこねこね丸い尻 でも。
(2)少し語順を変えて、落葉時妻の匂いを敷きつめる、では?
(3)コンテストの準ミスでしょうか?おもしろい響きですね。
(4)大尻由良助?
(5)「ペダルより林檎」の部分を生かされては。後半部は少し内容盛りだくさんで、句からはみだしている感じです。
(6)真珠のごとく の比喩がちょっとわからないです。

(1)月山を下りて半ばや雪おこし  学(50代,男)
(2)短日や会社行く人行かぬ人
(3)糸とんぼ水を離るる音のして
(4)年とりて会ふが別れやとまり鮎
(5)白鳥に尻つんむける沼の鴨

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)月山の下ると雪おこしがまだ途中だったということでしょうか。それとも下る道が半ばをいうことでしょうか。
(2)短日との取り合わせがどうでしょう。
(3)かすかな音でしょうね。
(4)感慨を句になさったわけですね。
(5)面白いです。

(1)ゲーム機を外(と)も放さぬ児寒雀  文の子(60代,男)
(2)十二月セカンドバッグ脹れける
(3)赤ふゆる竹下通十二月
(4)十二月樅の葉のいろ葉のかをり

 今日から12月。ドクターにはこの1ヶ月間、総ての句を丁寧に診て頂き感謝しております。残る1ヶ月どうぞ宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。今月いっぱい、どうかよろしくお願いいたます。
(1)外でも小さなゲーム機から眼を離さない小学生でしょうか。うーん。俳句に仕立てるには内容が難しいかもしれませんね。
(2)の場合は十二月を最後に持ってこられては?(3)実感ですね。
(4)樅を持ってこられるのなら十二月ははずされても。

侮りて風邪のながびく齢かな  なごみ(70才以上,女)
 少し忙しい事が続くと風邪をひいてしまいました。若い時の様に直ぐには治りませんね。日に一句を目指しているのですがなかなか実現できません。これからも宜しくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 一日一句、難しいですね。わたしもなかなかです。
 侮りて がちょっと余分ですね。上五に別の取り合わせを持ってこられてはいかがでしょう。

(1)わが庭に小鳥来る朝うす曇り  栗太郎(60代,男)
(2)黄金の時を誇れる公孫樹かな
(3)錦繍の秋深まりて山の道

 いつもご丁寧なご指導を賜りありがとうございます。推敲不足を感じつつ、メールしております。ご指導のほどお願い申しあげます。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)うす曇り、ではなく小鳥との取り合わせで違うものをもってこられたら、句の幅が広くなるように思います。
(2)(3)にこめられている情景は、銀杏紅葉、山の秋、などの季語一語に含まれているものを述べるにとどまっているようです。ここから、また違う取り合わせで作られてみては。

(1)住職の落葉集めのモーター音  雀子(60代,男)
(2)熊除けに祖母の御詠歌想いだし
 イベリアの絵のご指摘ありがとうございました。今回もよろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)落葉集めにモーター音とは、でっかい外用の掃除機でもあるのでしょうか?
(2)想いだし より口ずさむ、ではいかがでしょう。

(1)山茶花やここにしかない散りどころ  豊田ささお(70才以上,男)
 三宅先生お早うございます。昨日、角川「俳句」12月号の捨てる勇気・・を見てしまいまして、一日一句をノルマにしていましたが(日30句40句の方も居られますので)ま、いいかと、ときどき怠けています。俳句の入り口が見えたりかくれたりです。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)ここにしかない、とありますが、思い入れはあっても景として、見えないもどかしさがあります。ここにしかないどんなところに散っているのか、言葉で描写してみてください。

肩蒲団君のつむじに白きもの  澄(50代,女)
 投稿がダブってしまって申し訳ありませんでした。よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 生活の中で垣間見えるものを書き留められたのでしょうね。どんどん作ってみてください。

(1)小春日や白き土塀の美術館  小口泰與(60代,男)
(2)子供らの家路を急かす北颪
(3)うら若き雪を賜り浅間山
(4)冬の田にうらうら伸びし己が影
(5)マシュマロを含みて笑みし冬うらら

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(3)(5)よろしいのでは。
(2)急かす がどうでしょう?
(4)己がとつけなくても物の陰が伸びているというだけでも。

(1)落葉踏むために林に来てをりぬ  タント(60代,男)
(2)掃く落葉袋に詰めてうづ高し
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)気持ちはわかりますが、「踏むために」が少しわざとらしい感じが残ります。
(2)掃く→袋に詰める→うづ高い。と時系列に言葉が並んでしまったようなので、 報告的になってしまったようです。

(1)いもぼうに雪女郎が入つたらし  仁(50代,男)
(2)ファン感謝デー日溜りに群れ寒雀
 三宅先生、こんばんは。いつもご指摘ありがとうございます。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 こんばんは。
(1)いもぼう?がちょっとわかりませんでした。
(2)ファン感謝デー と寒雀の取り合わせだけで句を生かされたらいかがでしょう。寒雀○○○○ファン感謝デーと言った感じでしょうか。

(1)蘇生するもの遠近に時雨やむ  まりあ(40代,女)
(2)空っぽの東京ドーム神の旅
 アドバイスありがとうございました。少し置いてみます。先日用事のついでに後楽園(庭園)に行ったのですが、隣の東京ドームの方が目についてしまいました。 「空っぽ」と「神の旅」はどうなのかなぁと思っています。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)蘇生するもの遠近に ちょっとこの部分が抽象的ですね。読み手に像が見えないので具体物を持ってこられたらいかがでしょう。
(2)東京ドームと神の旅の取り合わせはいいな、と思います。ドームには空虚な感じがあるので、空っぽのと形容されなくても効果はあるのでは?中七のつなぎに良い言葉を考えてみてください。


2006年12月6日

(1)くっきりと銀杏黄葉の天を指す  玉白石(50代,男)
(2)きっぱりと師走ついたち金曜日
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)くっきり、きっぱり、といった様態を表す副詞で、句を試されているようですね。
(1)が情景を際立たせるのに働いていると思います。
(2)は補足ですからなくても。

光陰や銀杏並木の散り初むる  しんい(60代,女)
 よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 光陰や という上五で時が過ぎ去るのは早いもの。と前置きをして、そうして銀杏並木の…という形で、以下が上五の内容を説明する形になってしまっているようです。上五はまったく違うものを持ってこられると、中七、下五の言葉が生きるように思います。

(1)湯豆腐や夜回り了えて妻が待つ  学(50代,男)
(2)湯煙のなかで雪見の親子猿
(3)冬の日の耳の奥なるゆらぎかな
(4)小言いふ相手も居らず日向ぼこ
(5)日に当てしふとんにくるむ吾子なるよ
(6)石展の石を見てをり返り花
(7)雪おこし地を這ふ笹を踏みし音

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)(6)(7)よろしいのでは。
(3)耳の奥のゆらぎ、がちょっとわからないです。
(4)(5)ふとした日常のスケッチですね。

(1)筆走る雨の師走の一日かな  三郎(60代,男)
(2)北へゆく師走の特急黒かばん
(3)きりたんぽここは銀座の八丁目
(4)交差点銀杏は紅く染まりけり

ドクター三宅の診断と処方箋
(1)筆走ると師走を字面でかけられているのでしょうか?
(2)北へゆく師走の黒かばん という要素は面白いと思いますが、特急がちょっと余分なような。
(3)よろしいのでは。
(4)信号が紅く変わるからでしょうか?交差点との関係と色の限定に少しムリがあるようにも思います。

(1)ヒトも老化遺伝子もはや冬支度  北野元玄(60代,男)
(2)寒い日は六分(ろくぶ)だけ伸ばすろくろ首
(3)隙間風天井裏から覗く男

 11/30の三句についてのご講評有り難うございました。弾みで出来あがったような三句でしたが、褒められると嬉しいもので、次も頑張ろうという気にさせていただきました。
 今日はいつものホラー(もどき)三句です。(1)ヒトはわざと字足らずの、(2)(3)はわざと字あまりの変調で。よろしくご講評を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)人も人の中の老化遺伝子もはや冬支度なんだよ。とつなぐと読者に想像したり、思い巡らすスキマがないように思われます。
(2)ろくろ首ではなくただの人間の首が面白いのでは。
(3)覗く、まで言わなくても見る、だけでも充分こわいですね。

(1)猛禽といふはいかがか鳶ひょろろ  千坂希妙(50代,男)
(2)秋の湯やへそに向かひておふくろよ
(3)苦戦して窓より放つ冬の蜂

ドクター三宅の診断と処方箋
(1)鳶がしゃべっているせりふのようでおかしいです。
(2)ちょっと、おかしさの追求に傾きすぎているきらいも。
(3)苦戦して が生な言葉なので別の言い回しを考えてみられてはいかがでしょう。

(1)時雨るるや呼ばれぬ客が又も来る  豊田ささお(70才以上,男)
 三宅先生お早うございます。時雨でいくつか作ってみようと、「今日の一句」から 急に思い立ちましたが、とても草田男のようにはまいりません。
(2)精農の閉ざされし窓枇杷の花
 時雨は諦めてまた、枇杷のところへ戻りました。「精農」は昔の自作農の玄関によく表札と並んで掛けられていました。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)又はまた、と平仮名で表記されても。
(2)「精励努力する農民」とか、辞書で調べて初めて知りました。知らない言葉がたくさんあるものです。

(1)青きまま落葉す人の手に掛かり  文の子(60代,男)
 「人の手に掛かるや落葉青きまま」を推敲しました。
(2)秋天を支へて塔の屋根の反り
 「秋天を支へ五重の塔の屋根」を推敲しました。
(3)ジーパンは覚えある巫女落葉掃き
(4)玉砂利の集まる音や落葉掃き
(5)濡れて地をあやどる紅葉天(あめ)くらし

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)人の手に掛かり と、理由の部分はばっさり切って、取り合わせで考えられては?
(2)折衷案で、「秋天を支へ五重の屋根の反り」では?
(3)巫女とジーパンに焦点そしぼって、「ジーパンで落葉掃く巫女」、という形にされては?
(4)よろしいのでは。 (5)天(あめ)くらし?

(1)跡継ぎのなきまま畑の冱つるかな  小口泰與(60代,男)
(2)桜鍋郷の山河の定かなり
(3)広っぱに小犬も追ふは枯葉かな
(4)時雨れるや上州大地二重虹
(5)小春日や缶ドロップの音たしか

 三宅先生、適切なご指導感謝申し上げます。今後ともよろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)ままを省略して、跡継ぎのなき田畑の でも。
(2)定かなり (5)音たしかを省いてほかの言葉を考えてみられては。
(3)広っぱに犬は枯葉を追ひにけり、と単純化しても。句意が変わらなければできるだけシンプルな形にしてみてください。俳句は単純さがいのち。
(4)時雨れるや→しぐるるや(時雨るる)

(1)鮟鱇のつられみてゐる吾子のゐる  学(50代,男)
(2)蟷螂の尻つんむける五大堂
(3)行き当たりばったばかりの大学かな
(4)一群のかくれもせぬや伊豆の雁

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)つられ、みる、ゐる と三つ動詞が連続しているので、少し煩雑です。語順を かえて、「吾子のゐる前に鮟鱇釣られけり」、では?
(2)つんむける は振り向けるのような意味でしょうか。蟷螂が五大堂にお尻を向 けているのでしょうか?大きさの対比から言えば「五大堂へ」と、大きいものを先に 持ってこられるといかがでしょう。
(3)ちょっと句意がわからなかったです。
(4)伊豆の方向へ飛んでいく雁?池などにいる雁?具体的な情景を思い浮かべるの が少し難しいようです。


2006年12月5日

少年の煙見つめる刈田かな  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 刈田で焚火をしているのでしょうか。少し句意がわかりにくいようにも思うので、刈田の煙、と隣接して言葉を置かれてみてはいかがでしょう。

(1)終の舞おちば箒の力得て  文の子(60代,男)
 「舞納おちば箒の力得て」を推敲しました。
(2)塩むすび紅葉のいろは坂下りて
(3)銀杏の落ちて採るひと除くる人
(4)縄のれん殻付き牡蠣を売りにする
  「生牡蠣に箸のためらひ縄のれん」を推敲しました。宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「終の舞」と「舞納」と言葉が似ていますよね。推敲のときは思い切って違うもので試されるのも一案です。
(2)塩むすび がいいですね。
(3)リズムはいいですが、除くる人がちょっとわかりませんでした。
(4)いいと思いますが、売りにする、は今日の献立、とか今日の一品といった感じでしょうか。この言葉がこなれないので、ちょっと考えてみられてはいかがでしょう。例えば 「黒板に殻付き牡蠣あり縄のれん」とか。

仕方なく一人の夕餉初時雨  澄(50代,女)
 夫の帰りが遅くて・・・仕方なくは説明になってしまうのでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね、仕方なくが問題ですね。夕餉のおかずそのままをもってこられても。

(1)小走りに朝刊取りし霜柱  小口泰與(60代,男)
(2)白鳥の二列に長き越後かな
(3)彫り深き越後三山根雪かな
(4)寒暁の空を仰ぐやきらきらよ
 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)霜柱、私は長い間踏んだことがありません。
(2)(3)いいですね。
(4)きらきらよ、がちょっととってつけたような感じです。

(1)寒波来るブリキのおもちゃが動き出す  仁(50代,男)
(2)すれ違ふ傘の会釈や冬ぬくし
 三宅先生、こんばんは。毎回のご診断誠にありがとうございます。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 こんばんは。
(1)ブリキのおもちゃと寒波との取り合わせ、いいですね。ただ寒波が来て、動き出す、が両方とも動きを表しているので上五はきっぱりと名詞で収められるといいかもしれませんね。
(2)あったかい俳句ですね。

(1)風を束ねて狐出る薄かな  学(50代,男)
(2)籾つきの米の届きて十二月
(3)冬の滝ぐあんぐあんと崩れ落つ
(4)亀の字の字画でもめる日向ぼこ
  ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)風を束ねるのは狐?
(2)十二月の季語は何となくつけられたのでしょうか?
(3)ぐあんぐあん がいいですね。
(4)面白いです。何だか滑稽で。


2006年12月4日

(1)岩山のこれまではすそ後の月  汽白(40代,男)
(2)きっとまぼろしなごり雪無性に
 こんばんは。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 こんばんは。
(1)これまではすそ、が山裾とどう変わったのか。言い換えのように思いますが、ここの部分を捨てられたらいかがでしょう。こだわりの部分を視点を変えて作ると、全然違うものができるかも。生かしたいのは山ですか?後の月ですか?
(2)まぼろし 、なごり雪を結ぶものが無性に、という言葉でどう関係づけて考えればいいのか、ちょっとわかりにくいように思います。

手のひらににぎりしめたら冬の土  和弥(10代,男)
 先生はじめまして。ぼくのよんだ俳句です。学校の俳句ではえらばれませんでし た。どうしたらもっとよくなるか教えてください。小学2年です。
ドクター三宅の診断と処方箋
 和弥くん、こんにちは。投句ありがとう。
 俳句好きですか?
 冬になってあたたかいふとんから出るのはいやだな。今日は息が白いな、とか、気がついたことをどんどん俳句にしてくださいね。
 えらばれたらうれしいけど、えらばれなくても平気だよ。俳句を作るのって楽しいな、という気持ちが一番です。
 投句してくれた俳句、上手にできてます。
 ただ手のひら→にぎる→冬の土、と、にぎったものが意外じゃないので、読んだ人をはっとさせる力が弱かったのかもしれませんね。にぎるものをいろいろ考えて、ちょうせんしてみてください。俳句ができたら、自分が作ったことはひみつにして、おとうさんやおかあさんやともだちに聞かせてあげてください。だれかが、「それおもしろいね!」といってくれたら大成功(だいせいこう)。

それなりに冬のしつらえ秘密基地  玉白石(50代,男)
 秘密基地シリーズで…。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 それなりに、が具体性がないので冬のしつらえに説得力を欠くようにも思えます。

(1)青空に柿を残して柿落葉  泰(50代,男)
(2)定年やののじののじの柿落葉
(3)花八手廃屋の庭にボーと咲く

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)実景ならではの感触があるのがいいと思います。
(2)ののじののじと畳に書くのは知っていますが、柿落葉にどのようにつくのか、ちょっとわかりませんでした。
(3)個人的には八手の花は蝋細工のように思えるので、ぼーっとかすんだようにはちょっと質感が違うかな、とも。

(1)放物線描くや賀状減り初むる  文の子(60代,男)
(2)スピードを控へよ窓に付く紅葉
(3)手摺り無き寺の石段濡れ落葉
(4)熱燗や改札出口間違へて

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)放物線描くや (2)スピードを控へよ、この部分があとの説明になっています。
(3)も手摺がないから濡れ落葉に滑りそうでこわい、と因果関係が説明できてしまいます。その点で言えば(4)が面白いです。

ピッポッパッと打つ指先に冬日射す  さくら(女)
 「----の冬日かな」とするとひろがりがあるように思いましたが。宜しくご指導下 さい。
ドクター三宅の診断と処方箋
 冬日かな、でもいいですね。冬日射すだと、指先に日ざしも集中する感じ、冬日かな、だと、立って携帯のボタンを打っているその人も大きな景の中にいる感じですね。

冬麗に冷凍肉まんうまかりき  ポリ(50代,女)
 初心者です。どうぞよろしく。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。うまかりき、とまで言ってしまうと、そーなのか。というだけで終ってしまいます。読み手に隠した部分を想像してもらう面白さを残しておかれたらいいですね。肉饅頭・今川焼・鯛焼など、ほかほかとおいしそうなものは冬の季語になってますので、ちょっと違うものとの取り合わせを考えられてみてはいかがでしょう。

(1)大風に我が冬帽の軽さかな  小口泰與(60代,男)
(2)父母の顔の浮びし桜鍋
(3)さつくりと五家宝食ぶや小六月
(4)冬もみじ炎だちたる奇岩かな

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)いいと思います。
(3)五家宝(ごかぼう)「おこし種を水飴などで固め棒状にした芯を、黄粉に水飴などを混ぜた皮で巻き付け、 さらに黄粉を表面」とインターネット辞書ウィキペディアにありました。熊谷の銘菓だと か、食べてみたくなりました。
(4)冬もみじと炎がちょっと近すぎる感じです。

(1)報恩講七十童子の私語止まず  豊田ささお(70才以上,男)
 いいお説教でしたが、・・これでは子どもの学級崩壊など嘆く資格はない、と、つくづく思いました。でもそれを俳句で言うのは無理があるかもですね。
(2)報恩講ホトケノザ咲く帰り道
 三宅先生今晩は、ついこんばんはとしましたが、日付は変わっているのですね。また報恩講の句です。実は説教の題材が作家深沢七郎の,みちのくの逆さ屏風の話でして、最後には老人たちもしんとして説話に聞き入っていました。ホトケノザは今頃からヨク咲いていますが、なんだか因縁を感じてしまいました。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)あーおもしろいですね。参観日でも親がうるさいのですから、お話になりません。批評的な要素が多くなると俳句が知の部分に傾きがちになってしまいますが、たまにはいいのでは。
(2)ホトケノザ、いい名前を持った草ですね。つくづく。よろしいのでは。

庭先の熟柿を夕日透き通る  タント(60代,男)
 「夕映えの庭に灯点す熟柿かな」を作りなおしてみました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「灯点す」とひと言で形容するまえに、こんなふうに丁寧に表現して積み重ねてゆくことも大事だと思います。そこから思い切った表現にうつると類想、類句のありそうな表現は捨ててゆけるのではないでしょうか。(これが難しい。えらそうに言っても私もすぐ常套的な表現にとどまってしまいがちです)


2006年12月3日

子等去りて静けさ戻る冬薔薇  春雪(70才以上,男)
 三宅先生 こんばんは。4日ほど息子一家が帰省してきましたが、今日帰っていきました。最初は楽しいのですが次第にわずらわしくなります。(笑)
ドクター三宅の診断と処方箋
 うちもよく言われました。(笑) でも正月などは来て賑やかなのがいいですね。実感でしょうね。

ビルを背に銀杏の黄映ゆ日暮れまえ  黒見 幸子(70才以上,女)
 初めての投句です。要領が分かりませんが宜しくお願い致します。帰りのバスを 待っていましたら、グレイのビルに黄葉が美しかったので・・・。
ドクター三宅の診断と処方箋
 はじめまして。よろしくお願いいたします。
 そうですね。ちょうど、銀杏黄葉(いちょうもみじ)といううってつけの季語がありますよ。
  ビルを背に銀杏黄葉の夕映える
でしょうか。

(1)赤暖簾土工の声して冬日完  仁(50代,男)
(2)寒猿の湯に身を寄せ合う日なりけり
(3)帰り花千の樹木が葉を落とす

 三宅先生、こんばんは。いつもご指摘ありがとうございます。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 こんばんは。
(1)赤暖簾土工の声して まで情景がよくわかっていいなと思いますが、冬日完が少しこなれない言葉のように思います。
(2)日なりけりが少し冗長なように思われます。ひと言でいい言葉はないでしょうか。
(3)帰り花ととりあわせるのに、木が葉を落とす景は似通うものに思われますので、違うものを持ってこられればいかがでしょう。

寒暁や母刀自照らす竈の火  玉白石(50代,男)
 昭和俳句です。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 寒暁、刀自、竈と確かに言葉はちょっと古い俳句ですが、自分の実感を表すのにこの形がぴったりくるのなら、それはそれでよろしいように思います。

(1)北風は単車に乗って颯爽と  北野元玄(60代,男)
(2)DNA活性酸素の冬が来る
(3)冬薔薇心臓がヒリヒリ痛む
(4)告白にリアリティーあり寒椿

 11/27の「ゲリラの女」と「二人ともマザコン」のご講評有り難うございました。マザコンとは女性が男性を腐す言葉であることはよく知ってました。しかし、この句の「二人とも」は新婚の夫婦両方がマザコンであると言いたかったのですが、もう一つでした。
 今日の「日刊この一句」の稔典教授の檄、とても感激して読みました。上の4句、檄に応えて張り切って作ったのですが・・。さて?
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)北風や、でいったん切れをいれられてみてはいかがでしょう。は、だと後の部分が北風の説明のようになってしまうように思います。
(2)もう少し具体的なものがほしいですね。
(3)薔薇→棘→痛む、と連想が一直線になってしまうように思います。
(4)リアリティ、とは真実味がある?ということでしょうか・

そしてまたいつものあなた石の花  遅足(60代,男)
 なんとなく出来てしまった句です。こんなには俳句といえるのでしょうか?石の花が変ですね。診断をよろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ちょっとわかりにくいですね。抽象的でとらえどころがないように思います。石の花ではなくて、具体的な眼前の花や物をもってこられてはいかがでしょう?

柿の実の一つとなりて月戻る  松笠(60代,男)
 はじめまして。俳句は三年生です。季語重なりが悩みの定年男子です。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 はじめまして。ちょっとわかりにくいのですが、柿の実のひとつが消えた月のように見えるということなのでしょうか?

短日のけふのはじまる厨の灯  尼の久女(60代,女)
 河豚の句、ご指摘ありがとうございました。毎朝6時前より歩きはじめます。まだ暗いのですが、どの家も炊事場に明かりがついています。切れ字おねがいします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 よろしいのではないでしょうか。この頃はまったく6時ごろでも真っ暗ですね。この場合は少し強めて「短日のけふがはじまる」でも。

(1)山茶花の散り重なりてほしいまま  小口泰與(60代,男)
(2)枯草や打ち捨てられし猫車
(3)朝日うけ襞あらはなり冬赤城
(4)風止んでたそがれ迫る囲炉裏かな

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)久女の「山ほととぎすほしいまま」の句の印象が強いので、ちょっとこの使い方は用心された方がいいですね。
(2)そのままに置かれた猫車でしょうか。枯れ草、と捨てる、の響きがちょっと近いですがいいですね。
(3)あらわより、襞を刻めり、ぐらいでも
(4)少し報告的なように思います。

菊人形大河ドラマの主人公  タント(60代,男)
 宜しくご教授下さい。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーん。そのままという感じで少し面白みがないですね。大河ドラマの固有名詞をもってこられみては?


2006年12月2日

(1)泡立草背の低きに冬の蜂  鴻之助(50代,男)
(2)待たれいるうれしさに歩む冬日和
(3)冬の夜のクリームあんみつ恋遠し

 前回の添削、ありがとうございました。また、ご指導よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)泡立草を人に見立てられるよりも、低きところに冬の蝶、とそのまま詠まれても。
(2)待たれる・うれしさ・歩む、と少し動詞や形容詞が込み入っているので、整理されてみてはいかがでしょう。待つ人のいるうれしさに冬日和 ぐらいでは。
(3)恋遠し、を思い切って「初恋」のように名詞で言ってごらんになればいかがでしょう。初恋のクリームあんみつ冬の夜、ではちょっと句意が違ってきますでしょうか?

冬ざるる髭を伸ばしてみようかな  春雪(70才以上,男)
 三宅先生、こんばんは。40数年のサラリーマン生活が終わった見ると、ちょっと髭でも伸ばして日常の生活を変えてみたく思うことってありますよね。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そのままの感慨が句になった感じですね。句の出来不出来に関係なく、自分の実感はどんどん句帳に書きとめられておくといいと思いますよ。実感は後追いできないものですから。

忘れたきこと忘れさせ「冬すみれ」  しげ(60代,男)
 11/26に指導受けました「忘れたきこと忘れさせ秋の空」、「白槿」と「花茗荷」では「花茗荷」になると思います。但し、「茗荷」では物忘れに関係するのでおもしろくないので「冬菫」にしたいと思いますが。いかがでしょうか。
ドクター三宅の診断と処方箋
 言われるとおり、物忘れに関係するとも考えられますね。冬すみれでよろしいのでは。

(1)菊の上の露を結ばん明かな  学(50代,男)
(2)深空より霜の降りくる今朝の街
(3)一本の天地人なる千代見草
(4)菊の花大きくまるく咲きしかな
(5)牡丹焚く音の消え行くみちのくは

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(3)一本の千代見草に天地人があるということなのでしょうか。その捉え方が面白いと思いました。
(4)大きくまるく咲いてをり、ぐらい焦点を菊の花だけに絞られてみてはいかがでしょう。
(1)(2)(5)ちょっと見たような言葉の景色ですね。

斑鳩は今も鄙びて冬耕す  なごみ(70才以上,女)
 御指導有難うございます。今日は奈良の郊外の方に行きました。車窓から見る景色にはまだ田畑が多くありました。それでの一句です。
ドクター三宅の診断と処方箋
 今も、はいらないようにも感じます。鄙びてをりぬ、ぐらいでも。

稜線の不確かなところ冬の蝶  澄(50代,女)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 なんとなく、稜線のやわやわしたところから蝶が生まれてきそうで面白い句ですね。不確かなところ、という言葉が少し固いので、このあたりを工夫されてみてください。

荒海の風尖りたりかまど猫  しんい(60代,女)
 いつもご指導有難うございます。11月26日付けでご診断下さった「荒海の風尖りたり冬籠」ですが、座五の[冬籠」は即き過ぎだったのかと・・・「かまど猫」も大差ないでしょうか?よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。構成から言えばどちらでもよいと思いますけど、迷ったときの季語の選択は自分の実感や記憶に沿って選んでみてください。

(1)舞阪の色変えぬ松にわか旅  玉(50代,男)
(2)けやき燃ゆ東京国立博物館
(3)仏待つ欅黄葉の博物館
(4)湖国には紅葉明かりの仏たち

 急に思い立って、東京国立博物館に仏像展を見に行きました。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そういえば、今やってますね。
(1)舞阪は浜名湖のそばの町とか。新幹線から見えますか?にわか旅がちょっとなじまない言葉ですね。日帰りの ぐらいでは?
(2)燃ゆ、がちょっと大げさな感じですね。(3)ぐらいで丁度よい感じです。
(4)湖国には 、琵琶湖畔のことでしょうか?

(1)休耕田なにはなくとも草紅葉  豊田ささお(70才以上,男)
 三宅先生お早うございます。今朝暗いうちから一斉清掃に狩り出されていました帰り道、雨に打たれる田んぼの情景がありました。なお、枇杷の花の句へのご診断有難うございました。12月句会へは「雨粒を少し光らせ枇杷の花」を出そうかなと思っていますが・・「荒畑・・」にも未練があり、苦吟中です。
(2)芋大根共炊きにする報恩講
 三宅先生、お世話になります。昨日お寺の手伝いに行き、大鍋で煮炊きをする難しさを実感しました。よろしくお願いします。「借耕牛」のことですが、たしかに阿讃の峠の至る所に痕跡がありますので、・・・でも若い人には理解できないでしょうね。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)なにはなくとも江戸紫 とCMがありましたけど、草紅葉はちょっと弱いような。何もないけど、草紅葉はあるよ、と、せっかくのフレーズが事実の説明だけに使われるのは少しもったいないですね。
(2)いっしょに炊く、というそれだけでも。共炊きという言葉は慣用的な言い回しなのでしょうか?


2006年12月1日

山遠き小包のすみ貼るカイロ  藤節(50代,女)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 山が遠い、小包、貼るカイロと、違う要素が三つ同じように並んでいるので、どれに中心があるのかちょっとわかりずらいですね。ポイントを一つに置いて作ってみられてはいかがでしょう?

紋を見せカカと笑いぬ紋付鳥  豊田ささお(70才以上,男)
 三宅先生今晩は、「冬温し」「鎮守様」への暖かいご指導ありがとうございました。今回はジョウビタキです。紋付を繰り返すのがくどいですが、よくわかるかと・・・ご教授よろしく・・。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。繰り返しが効果的な場合と逆効果の場合とありますね。意味の反復ではなく音の反復であればそうではないのですが、わかってもらおうと念押しになるとちょっとくどいかも。この場合は、下五はジョウビタキそのままでよろしいのでは?

藪柑子投げ手微笑む餅拾い  智弘(30代,男)
 久しぶりに餅拾いを体験しました。宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 投げ手 は投げて、のタイプミスでしょうか?棟上の儀式の餅拾いでしょうか?投げて微笑む、というのは上から投げている人の表情を表しているのでしょうか?季語がちょっとかぶるので上五に違う取り合わせをもってこられても。

母に似たうしろ姿や菊畑  玉白石(50代,男)
 菊作りの好きな母でした。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 お母様はもう亡くなられたのでしょうか?似た、とされなくても亡き母のうしろ姿や、とされてもよろしいのでは。

(1)雨へ飛ぶ小鳥日の出のときは今  穂波(30代,女)
 「飛び立つよ雨も日の出を知る小鳥」を推敲しました。言葉数を減らすようにとのことでしたが、推敲に時間がかかった割には余り言葉を減らせませんでした。
(2)鳥渡ルワガ前線モ南下セヨ
 「鳥渡る克己前線南下中」を推敲しました。物騒でしょうか。
(3)ノルウェイの森も鎮守の森も霧
 「ノルウェイの森も万葉の霧の中」を推敲しました。この句を投句しようと思ってクリニックを開いたら、今日(11月25日)掲載された診断の中に、「鎮守様」を題材にした方がいらっしゃり、こんな偶然があるんだなと、うれしくなりました。
(4)降り立った光は冬の目白かな
 これは新しく作りました。以上4句、よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)推敲が上手くいかないときにはばっさりあきらめるのが早道です。例えば、初案「飛び立つよ雨も日の出を知る小鳥」を考えると、雨の日の出に小鳥が飛び立つというところが中心点でしょうから、最小限「雨の日・小鳥」を残してもう一度全体の構成から考えられては。捨てることが出来るようになれば俳句はOK.(なかなかこれが難しい…)
(2)うーん。ワガ前線がわかりにくいですね。
(3)そうですね。発想や言葉にかぶるところがあるからこそ、短い言葉でも共感を得ることができるのでしょうね。近くの鎮守の森からノルウェイの森へ霧が広がってゆくのでしょうか?
(4)少し語順がわかりにくいようです。目白は目白駅でしょうか?もしそうなら「目白駅冬の光に降り立ちぬ」といったように読み手にわかりやすいように表現されてみては?

(1)黄金なす歩道照らせり冬の月  しんい(60代,女)
(2)寒月や水面のあやし隠り沼
 よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)冬の月が照らし出して、歩道が黄金のように光っている感じを詠もうとされているのでしょうか?それならば、「冬の月歩道を黄金(きん)と光らせて」といった語順が、句意がはっきりするかもしれません。
(2)あやしと隠り沼 ともに同じ傾向の言葉になっていますから、あやし、とまで言われなくても暗く、光る、濁る、だけでもあやしい感じは伝わるようにも思います。

さわやかに 紅葉の道の 万歩計  今田 誠之(70才以上,男)
 先日京都に紅葉狩りに行ってきました、栄観堂 哲学の道、妙心寺等とても綺麗でした。よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 よく歩かれたのでしょうね。上五の「爽やか」も秋を表す季語なので、ちょっと句の中心が分裂してしまうように思います。「万歩計」「紅葉」の取り合わせで、句の構成を考えてみられてはいかがでそう。

(1)イベリアの白き家の絵銀杏黄葉  雀子(60代,男)
(2)枯木立赤い風船からみおり
 先日、友の個展を見に大阪の御堂筋まで行ってまいりましたが句にするのは難しいですね。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。画の中の景とわかる作り方をするより、その画の景色に溶け込んで遊ぶといいかもしれませんね。
(1)の場合だと、現実の御堂筋を銀杏黄葉で画の世界と対比されようとしているのかもしれませんが、この場合はこの部分は捨てて、イベリアの画の世界にピントをあわせられてはいかがでしょう。
(2)実景でしょうか。

マフラーのチェックの中の頬紅き  早太郎(60代,男)
 始めまして、俳句を始めて徒に早や7年、少し停滞気味です。よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 よろしくお願いいたします。
 マフラーのチェックに紅いほっぺたが埋もれている感じがいいですね。〜の中という言い回しが少し常套的に思えるので、この部分を工夫されてみてはいかがでしょう。

(1)奥山や天より墜つる水の音  学(50代,男)
(2)桃青忌とはこんなにも花野かな
(3)松手入伊達の城下は海に伸ぶ
(4)蜉蝣の水の中より生まれけり
(5)紅葉狩水を切りゆく舟に乗り
(6)青春は血管となり曼珠紗華

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(3)城下町が海の伸びている様子がいいですね。
(1)天より墜つる(6)青春は血管となり のあたりの表現が、ちょっと大げさなように感じます。
(2)こんなにも が抽象的で、何を表しているのかちょっとわかりにくいです。

(1)川柳の短冊のある菊花展  タント(60代,男)
(2)夕月や唐黍の葉の揺れゐたり
 前回、どんどん句会に参加されてはと励みのお言葉頂戴いたしました。今後とも宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 句会に出られると毎週、その日が来るのが楽しみになりますよ。兼題を、ああでもない、こうでもないと苦しんで作るのもまた一興。
(1)川柳であるところを、強調されたかったのでしょうか?白紙の短冊が置かれているだけでもよい景のように思います。
(2)ちょっと平凡ですね。