俳句クリニック 2006年12月後半分(ドクター:三宅やよい)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。

11月と12月の担当ドクターは三宅やよいです。
<プロフィル>
 神戸生まれ。
 結婚して二十数年。鹿児島から東京まで全国を転々。
 現在は練馬区在住。
 句集『玩具帳』(2000年、蝸牛新社)。

 アバウト、おおざっぱなO型性格。
 一日を終えた夜、みなさまと俳句の旅を楽しみたいと思っています。
 どうかよろしくお願いいたします。

ドクター三宅の診断
2007年1月3日

(1)深秋や青銅の鶴水を吐く  まりあ
(2)汀より水の音する近江かな
 途切れ途切れの投稿でしたが、アドバイスをいただいてありがとうございました。また、機会がありましたらよろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)どこかの公園に水を吐く鶴がいるのでしょうね。丸山薫の詩にも、その鶴を書いたものがあったように思います。深秋、青銅の響きがステキですね。
(2)少し、具体性に欠けるので汀、水の音のうち、どちらかの言葉に景を浮き上がらせるものをもってこられるといいと思います。
 投稿ありがとうございました。また、お会いできることを楽しみにしております。

あばら骨煙のように冬紅葉  裸時(30代,男)
 よろしくお願いしますm(_ _)m
ドクター三宅の診断と処方箋
 なかなかおもしろいですね。あばら骨が浮き立っている感じは硬質ですが、煙のように、と少し捻った比喩を使ったことで、下五の冬紅葉に不思議な感じで繋がっているように思います。

クール便にて運ばるる氷かな  智弘(30代,男)
 ドクターの診断を思い切って受けて良かったです。俳句作りの楽しみが増えました。有難うございました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 クール便の中にある氷でしょうか。クールから氷の連想は直線的なので、ちょっと違うもの、意外性のある着眼で下五の言葉を考えてみられても。
 俳句は楽しいのでたくさん作ってくださいね。推敲は大事ですが、作った句に執着せずに捨てることができるようになれば、俳句はどんどん良くなると思います。

(1)冬晴のビニール袋ふはり浮く  文の子(60代,男)
 秋晴との違いは風にあると思いました。
(2)年の内治療に通ふ日々なりし
(3)冬晴や嫁ぎし陸奥は嵐てふ

 愈々最後の日となりました。2ヶ月間すべての句を診てつを頂き、ご懇篤なるご指導を賜りましたことを心より御礼申しあげます。ご指摘を受けて、俳句に馴れてきた弊害がでていることに気づきました。有難うございました。末筆になりましたが、お健やかに新年をお迎えになられますよう祈念致しております。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)いいですね。確かに風に違いがあります。
(2)ご自愛のほど。
(3)東京は冬晴でも、東北北海道は嵐のようでしたね。よい句だと思います。
 こちらこそ。拙い意見に耳を傾けてくださいまして、御礼申しあげます。またの機会にお会いできますことを。 よいお年をお迎えください。

(1)吹き寄せる落ち葉よ直に三角点  豊田ささお(70才以上,男)
 讃岐の山は低くて林の中に三角点があったりします。
(2)初大師慈悲の大池汚すまじ
 おまけで一句ご診断を・・。
(3)いとど来る白き畑の雪囲い
 すみません。宿題を思い出しました。三宅先生、2ヶ月があっというまでした。大変ありがとうございました。またのご教示を楽しみにしています。よいお年を・・。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)なるほど。直に、がちょっとわからなかったのですが、落葉が直に落ちているということでしょうか? 落葉の下に、ぐらいでもいいように思いますが。
(2)讃岐といえば弘法大師。慈悲の大池汚すまじ、がちょっと大げさのようにも。
(3)いとど、の句でしたね。よろしいのでは。
 こちらこそ二ヶ月おつきあいいただきまして、ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみに。よいお年を。

卓上の前売券と水仙と  なごみ(70才以上,女)
 先日の水仙の二句は類想類句があるのではないかと思って、揚句をだしたら意図をきかれました。水仙は待春の花と歳時記に載っていたので、春になったら出かけたい気持ちがあるので句にしてみました。と答えたのですが…。多くのご指導有難う御座いました。次回ご指導頂ける時には、少しぐらい成長したかなとおもっていただけるように精進していきたいと考えております。
ドクター三宅の診断と処方箋
 前売り券でなくても、卓上にある半券、や入場券でもいいと思います。春を待つ、と前売り券、の理由付けは別にいらないと思います。卓上の券と水仙のきりっとした取り合わせがステキです。
 また、お会いできるのを楽しみにしています。お元気で。

初鶏や太郎次郎の眠る里  玉白石(40代,男)
 三宅ドクター、2か月間ありがとうございました。創作意欲のわいた2か月でした。これもドクターの温かみのある診断のおかげと感謝しております。またお会いできる日を楽しみにしています。ありがとうございました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 こちらこそ、お付き合いいただきありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしております。
 太郎次郎が、三好達治の詩を思い出させます。雪深い山の田舎の景ですね。

(1)キルトするひと針ごとの月の満ち  草子(60代,女)
(2)たまきはる命待ちたる初暦
(3)風邪癒えて妙に懐かし夫の声
(4)芒原一水通し街隔つ
(5)子を訪ふやいや増す紅葉着くほどに

 一月誕生予定の初孫のためベビーキルトを作っておりました。楽しく且つ適確なご指導をされるドクターのクリニックを訪れることが日々の楽しみでもありました。ドクターの次回も楽しみに句作り励みます。良いお年を・・・。
ドクター三宅の診断と処方箋
 拙い意見を参考にしていただき、ありがとうございました。
 赤ちゃんの誕生、楽しみですね。
(1)ひと針ごとに月の満ちくるキルトかな
 ちょっと句意が変わるかもしれませんが、口調をととのえられてみても。
(2)少し古風な枕詞ですが、初暦にきれいに響いていますね。
(3)ご主人に看病してもらったのでしょうか?
(4)うーん。普通に川、用水路、具体名で表現されてみてはいかがでしょう。
(5)訪れるたびに紅葉の色が増すということでしょうか?それとも紅葉になる木が増えるということ?そのあたりがわかりにくいです。色が増すのなら深まる、ぐらいでも。
 では、よいお年を。


2007年1月2日

(1)北風に乗りて来向かふ鴉かな  小口泰與(60代,男)
(2)岩風呂に蹠こすりて冬麗
(3)温泉(ゆ)に入りて寒暁の月探しをり
(4)幼な雪鶏鳴ありて消えにけり

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)来向かふ がちょっと込み入った表現で、北風に乗ってくる。それぐらいでも。
(2)気持ちよさそうですね。
(3)探しをり より、ふっと見上げた、見渡したぐらいの感触でも。
(4)幼な雪という表現、初雪という意味でしょうか。普通の雪の名称を使われてはいかがでしょう。

(1)公園に灯の燈されて冬ざるる  学(50代,男)
(2)冬ざるる暇なき世にもうとうとと
(3)冬ざるる我が身にありし狂気かな
(4)冬ざるる音発つ山の深さかな
(5)冬ざるる総理選べぬ日本人

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)実景でしょうが、冬ざるる感じがよく表れた句だと思います。
(2)「暇なき世」が説明的です。
(3)(5)まことにそうですが、少し理に傾く感じがします。
(4)谷の底で音がしているのでしょうか?音を具体的に、何の音だか表してみられればいかがでしょう。

うしろよこまえにまわって鏡餅  月虎
 こんばんわ、汽白さんの(うしろよこ)しりーズみてたら、作ってみたくなりました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 リズムがいいですね。鏡餅のうしろなんて、特に視点を向けてみたいところです。

日脚伸ぶ大歳時記に猫坐る  豊田ささお(70才以上,男)
 本当に多くを学ばせていただいた2ヶ月間でした。「船団」の今後も楽しみです(「鷹女への旅」も)。が、29日ぎりぎりまでお送りしますのでよろしくです。
ドクター三宅の診断と処方箋
 また、お会いできるのを楽しみに。「船団」お読みいただきまして、ありがとうございます。
 ユーモラスでいい句ですね。うちの室内犬も本の上が大好きです。講談社の大歳時記など座り心地がよさそうですね。

(1)産毛より小さい心ほんだるへ  裸時(30代,男)
(2)缶缶と詰めるおせちの初声か
 二ヶ月おせわになりました。よいお年をお迎えくださいm(_ _)m
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)産毛より小さい心 この比喩面白いですね。「ほんだる」がちょっとわからなかったです。
(2)うーん。おせちの初声というのはなんでしょう。ちょっと想像するにも手がかりがないように思いました。
 お元気で。よいお年を。

(1)年の暮れ 思い出す人 仙人草  菊美(60代,女)
 お世話になります。並び替え、適切なお言葉ありがとうございます。1日1句の日記にかけます。「仙人草」は夏の季語かと思いますが、ある方のhpに仙人草のひげが出てまして、20年ぐらい会わない同級生があごひげ伸ばしてるそうで、思いだしました。
(2)月さえし 声も高らか 夜回りの
 町内の夜回り2晩、班長&有志の方と。三宅先生有難うございました。来年も宜しくお願いします。お正月名句できるように!
 ご自愛ください。より良い新年をお迎え下さい。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)思い出す人、と仙人草との結びつきが説明を読まないとわからないので、思い切って年の暮を捨てて、仙人草と同窓会ぐらいで、作られてみてもいいかもしれませんね。
(2)夜回りの声高らかに月冴ゆる、ぐらいの語順でも。
 お互い、正月に名句が出来るといいですね。また、お会いできますことを。よいお年を。

(1)神(かん)ながら浅間に積もりし根雪かな  小口泰與(60代,男)
(2)上州の虎落笛こそ聞きにこよ
(3)葉牡丹や園児の頬つぺ耀へる
(4)空っ風利根の水音聞き分くる

 三宅先生、二ヶ月間ご親切なご指導厚く感謝申し上げます。拙い俳句に適切な添削をして頂き、深く感謝申し上げます。ぜひ、またご指導を頂きたくよろしくお願い申し上げます。有難う御座いました。よいお年をお迎えくださいませ。
ドクター三宅の診断と処方箋
 小口さんは毎日自分の生活していらっしゃる場所を俳句で刻まれています。私はここで句を見せていただくのは3回目ですが、その中心がぶれることがないのは見習いたいかぎりです。私も頑張って毎日句を作ります。また、次、お会いできますことを。
(1)神(かん)ながら がちょっと大げさのように思います。
(2)こそ、と強調がなくても。を、ぐらいでも。
(3)葉牡丹と園児のほっぺたの取り合わせがいいですね。
(4)空っ風が利根の水音を聞きにくるのでしょうか。取り合わせには別のものが生きるように思います。

(1)硝子戸に明治の歪み藪柑子  玉白石(50代,男)
 「硝子戸に明治の歪み宿の朝」の改作ですが、藪柑子では付きすぎでしょうか。よろしくお願いいたします。
(2)水仙や海に向かひて墓並ぶ
 越前海岸にて。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)落ち着いた内庭の雰囲気がします。よろしいのではないでしょうか。
(2)実景でしょうね。私も山口の漁村で、海に向って並ぶ墓を見たことがあります。


2007年1月1日

(1)赤信号並木の下の時雨れける  文の子(60代,男)
 12/27のご診断有難うございました。「並木道傘の無ければ時雨れけり」を推敲しました。
(2)冬の野や迷彩服のとほくゆく
 「冬の野や迷彩服の遠く往く」は平仮名をまじえるようご教示いただきました。掲句は如何でしょうか。
(3)案内は夫の同伴女正月
 「女正月夫同伴の案内来し」を推敲しました。
(4)楽章の替はる間咳が咳を呼ぶ
(5)指揮棒の9の字描くや年の暮
(6)年の瀬の合唱先づはベース音
(7)冬晴れや昨夜(よべ)に第九のコンサート
(8)第九聴く序章か街の冬嵐

 昨晩は冬の嵐でした。夜中に帰宅したっぷり嵐の洗礼を受けました。ドクターは如何でしたか。宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)そうですね。このぐらい素直なところから作らるといいと思います。
(2)(3)よろしいのでは。
(4)みんなこのときばかりと咳をしますが、咳が咳を呼ぶ はちょっとこなれない表現のように思います。
(5)〜(7)は年末の第九の雰囲気があると思います。
 昨日の嵐は第9の序章だったのですね。私が仕事から帰ったころはまだましでしたが、夜は冬の雷が鳴っていました。

(1)お日さまもあさねぼうする冬至かな  栗太郎(60代,男)
(2)冬ざれの高速道に夕陽追ふ
(3)去年今年いつまで続くトンネルぞ

 三宅先生、いつもご指導いただきありがとうございます。どうぞよいお年をお迎えください。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)下五は意味が=になってしまうので、冬至ではない別のものを持ってこられればいかがでしょう。
(2)追うものは夕陽ではないものを。
(3)なんだか暮の帰省を思い出しました。トンネルと去年今年の組み合わせはいいですね。

(1)空っ風妻かろがろと庭にをり  小口泰與(60代,男)
(2)空っ風妻かろがろと庭仕事
(3)月冱つる菓子の出荷の終はりけり
(4)枯草の同じはうへと傾けり
(5)寒暁のからくれなゐの庁舎かな

 三宅先生、俳句年鑑で先生の俳句を拝見いたしました。とっても素敵で、ロマンチックな詩ですね。よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)より(2)が行為に具体性があっていいですね。そのまま飛んで行きそう。
(3)ちょっと報告的ですね。
(4)そのままの情景ですね。いい感じですが、もう一味何かがあれば。
(5)庁舎が効いていますね。
 ありがとうございます。そう言っていただくと励みになります。

蝋八の鮪を喰らふ冬の猫  悉太郎(60代,男)
 拾った猫ですが、大病をした為少し甘やかしました。ねだれば出てくるお刺身(出すのは愚妻)、かくして鮪大好き猫が出来上がりました。猫は、今も制癌剤を服用中です。
ドクター三宅の診断と処方箋
 長生きするといいですね。古風な組み合わせですが、面白みがあります。

(1)雪原の黒点は命そのもの  学(50代,男)
(2)鳥たちよ影をおししぬ雪原に
(3)ハンカチをかぶりて若い人になる
(4)昼三日月夜ともなれば目覚めけり
(5)冬ざるるどの道ゆくも月の山

 丁寧な教えをして頂、感謝いたします。来年もまた宜しくご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
 こちらこそ。またお会いできますことを。
(1)黒点、が何なのか具体的に物を明らかにされてみてはいかがでしょう。
(2)「おししぬ」がちょっとわからないです。
(3)ハンカチをかぶりて は陽をよけているのでしょうか?
(4)目覚めけり、と擬人化にもってくるより、ただ「光り出す」ぐらいでも。
(5)どの道も月山へ、ぐらいでも。

枯れ桑にもたれて見入る鳶の舞  豊田ささお(70才以上,男)
 お早うございます。老いとどの句へのご診断有難うございました。宿題にさせていただきます。
ドクター三宅の診断と処方箋
 見入る、と舞と、どちらかを軽い表現にされると、リズムがでてくるかもしれませんね。

探梅のこの人機械販売者  裸時(30代,男)
 対句的でしょうか?年末なので気持ちがゆっくりします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 面白い取り合わせですね。上五は、「や」ではっきり切られてみてはいかがでしょう。

陽を浴びて家庭菜園薬食  なごみ(70才以上,女)
 四週目のNHK俳句をみていて薬食という季語を知りました。そこで一句作りまし た。御指導をお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 陽をあびているのは家庭菜園でしょうか?家庭菜園のものを食べるのが、体にいいのですよ、という意味を被せていらっしゃるのでしょうけど、野菜ではないものを持ってこられても、取り合わせとして面白いかもしれませんね。

水仙の匂ひはじめす真の闇  春雪(70才以上,男)
 三宅先生、こんばんは。庭先の水仙が咲き始めました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 水仙の匂いはいいですね。匂ひはじめて、でよろしいのでは。

(1)ポテトチップわが身ひとつのしんしんと  月虎
 こんばんわ。「ポテチップ・・・・・しんしんと」 裸時さんの句おもしろそうなので、作ってみたくなりました。
(2)イナバウアで歯も消えている除夜の鐘
 裸時さんの「ポテチップ踏むと歯も消えしんしんと」、(歯も消え)って、おもしろいね。それ、使ってみたくなって、作ってみました。除夜の鐘を叩いてる様子です。 なぞなぞみたいでしょ。答えは、からだを反って、歯をくしばって、鐘を打つところです。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーん。謎解きがうまく解けなかったです。残念!
(1)わが身ひとつの秋にはあらねど、と和歌を思い出しますね。ポテトチップを噛む音としんしんの付け合いはいいですね。
(2)身をそらして?思い切り棒を引いているのでしょうか。

冬の風呂アルキメデスもパスカルも  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 金冠で浮力を見出したのはアルキメデスでしたっけ。お湯がざばーっとあふれる感じ は、冬の風呂がぴったりですね。


2006年12月31日

(1)星冴ゆる無人ピアノよりアベマリア  しげる(60代,男)
(2)顔見世の招きの文字に色の艶
(3)残声にひとつ間をおき夜番の柝
(4)二番風呂くしやくしや柚子の浮かびをり
(5)冬耕の数へたくなる貨車の列

 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)より、ではなく の でも。
(2)上五をやで切られては?
    顔見世や招きの文字に色の艶 (3)ひとつ間をおき夜番の柝 はとてもよいですね。残声 が少しこなれない表現。
(4)くしやくしやがいいですね。
(5)確かに貨車の列は数えたくなりますね。この表現、実感があってとてもいいです。

(1)夜な夜なに何する人ぞ寒鴉  学(50代,男)
(2)キャンパスに隙間のありて冬木立
(3)のろのろと這ひ出す蝿や白障子
(4)沢の音そこに狸のをりにけり
(5)冬晴や真正面に月の山
(6)木枯らしや父と聞きゐる次郎長伝

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)上五中七の像が見えないので具体的に。
(2)外で写生をしているのでしょうか?面白いですね。
(3)蠅の這い出す、と繋がれても
(4)沢の音、と山の景ではなく、里の意外なものの近くとを取り合わせられると、狸が生きるように思います。
(5)月山でしょうか?
(6)少し古めかしい印象です。

(1)家は指示受くる処や年の内  文の子(60代,男)
(2)海を行く北風硫黄島遥か
 12/26のご診断有難うございました。残る3日間どうぞ宜しくお願い申しあげます。「海へ行く木枯硫黄島遥か」はご指摘の通り誓子の句を下敷きにしたのですが、掲句は如何でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)家は指示を受けるところ、という考えを、俳句に取り合わすにはちょっと難しいようにも。
(2)ちょっと全体の流れにまとまりがないので、海を行く、か、はるか、どちらかを削られてみてはいかがでしょう。

(1)短日に酒断つ夜の間の悪さ  雀子(60代,男)
(2)柚子の実や吾が青春の顔に似て
 2ヶ月にわたるご指導有難うございました。俳句は中々上達しませんがぼちぼちと末永く続けたいと思っております。先生のご活躍とご多幸をお祈り申しあげます。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ありがとうございます。どうかお元気でお過ごしくださいませ。
(1)間の悪さ、と表される部分を、お酒を飲まない時間を何でまぎらわせているのか具体的に表現されてみてはいかがでしょう。
(2)にきびでいっぱいだったのでしょうか。面白いですね。ユーモアがあります。

(1)喧きおなが飛び立つ冬林檎  小口泰與(60代,男)
(2)風早の庭に山茶花散り急ぎ
(3)霜だたみ朝の静寂を醸すかな
(4)蹠より寒さ伸びをり鶏鳴けり

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)喧く うーん、どう読むのでしょう?かまびすしき?
(2)(3)ちょっと、出来すぎの景のように思います。
(4)足の裏から寒さが伸びる、という視点はとてもおもしろいと思います。いいですね。

(1)毛糸玉妻の膝よりこぼれたる  タント(60代,男)
(2)毛糸編む妻の運針止まざりし
(3)編針の毛糸に絡む速さかな

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 毛糸と妻の題材がよく使われるので、ちょっと平坦な描写になっているように思います。
(1)〜(3)とも、毛糸を編む手元と違うところ、ものを取り合わせてみられてはいかがでしょう。

(1)くたぶれて吃水深き蜜柑船  沙羅人(男)
(2)狼の剥製ガラスの目が瞋(いか)る
(3)冬耕や背ナに貼りつく夕まぐれ

 よろしくお願いします。(3)の「背ナ」との表記は先人の句にもしばしば見か けますが、これで宜しいのかどうか、お尋ねします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)蜜柑船が荷を運びすぎてくたびれているのでしょうか。
(2)剥製、だと目はガラスでしょうから、ガラスをはずして緑とか青とか色を生かされてみても。
(2)カタカナ交じりの表記は時々ありますね。よろしいのでは。

年末ジャンボ何と不幸な人生か  李カボテ(20代,男)
 俳句のことはよくわかりませんが久しぶりに作ってみました。よろしくご指導お願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 はずれたのでしょうか?「何と不幸な」のあとに続くものに、人生ではなく、意外なものをもってくると飛躍がでてきて面白くなるのでは??

(1)忘年会クライマックスが腕相撲  豊田ささお(70才以上,男)
 いかがでしょう?ちょっと「今日の一句」に触発されたふしもありますが・・・。
(2)葉牡丹やどこかに星の生まれけむ
 三宅先生今晩は、早いもので来年はお別れなんですね。ご指導頂いてヨク判ったこ とと未だモヤッとしたことと両方ですが懇切にご診断頂き大変お世話になりました。 早めに一回御礼を申しておきます。さて鴛鴦の句「枝から落ちる朝の池」ですが、ど うも理解されないと思いつつ作りました。でも・・実際鴛鴦は枝から落ちるようにし か見えませんで笑った経験があるんですよ。ただそれを言うには適していませんでし たね。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ありがとうございます。もやっと、すっきりは俳句を作る限りつきまとうように思います。私などもその繰り返しです。ああ、本当に落ちたのですね。私の鴛鴦体験不足でしょう。今度よく見ておきます。
(1)ちょっと名詞が多いので、句意は少し変わりますが 腕相撲で締めくくる忘年会、とか動詞をいれられてみてはいかがでしょう。
(2)近くと遠くと、取り合わせもいいですね。どこかで、でも。

メジロ来て仲良きことと妻が言う  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 夫婦のメジロなのでしょうか?ちょっと語順がこなれないので、上五をメジロ来る、でいったん切れを入れて、
  メジロ来る仲良きことと妻が言う
ではいかがでしょう。

滝の上に滝重なつて凍てにけり  遊垂(60代,男)
 滝が氷るとびっくりするほど巨大になります。それを上手く表現したいのですが。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーん難しいですね。文中の言葉を借りて、私も想像の一句を作ってみました。
  轟きの巨大に凍てし滝見上ぐ

(1)類語辞書抱きスクランブル交差点  満山(60代,男)
(2)メモ書きに消せぬ一行大晦日
(3)産土の沼に映して初御空

 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)辞書を抱きスクランブル交差点にいる情景はなかなかいいと思うのですが、類語辞典でなくてもいいように思います。普通の辞書にして時刻や季節のわかる言葉を入れてみられては。
(2)消せぬ?残るではちょっと普通すぎますか?
(3)ふるさと、でも。


2006年12月30日

(1)電飾の消えにし朝(あした)青木の実  文の子(60代,男)
 昨日はクリスマスイブでした。
(2)電飾の骸と枯木や街の朝
(3)マンションの鬼やらふ声潜めけり

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)よろしいのでは。
(2)骸と枯木 が少しオーバーですね。
(3)潜めけり はどのような様子なのでしょうか。
 鬼は外、と近所迷惑なので声を小さく豆をまいているといった景でしょうか。
  マンションに声をひそめて鬼やらひ
 いったん形を整えられてみては?

凍死あり本来の色のハムを食む  裸時(30代,男)
 ニュースで知りましたが、死刑が執行されました。僕は死刑が良いのかどうか解かりませんが犯罪者の凍死なのかと思います。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「本来の色の」がちょっと意味をとりかねました。犯罪者の凍死というと、死刑のときが近づくにつれ、心も体も凍りついてゆくということでしょうか?

(1)短日や硯の海を使い切る  豊純(70才以上)
(2)トルコ石胸に一日新年会
(3)句を詠みて見あぐる窓に月戻る
(4)歳重ね昔を偲ぶ小夜時雨

 先生お世話になります。四句送ります。ご診断宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)墨を溜める為の窪みを海、墨を磨る高い部分を陸というのですね。おもしろいところに着目されたと思います。使い切る、だと短日と付きすぎの感があるので、下五のもっていきかたを工夫されるといい句になると思います。
(2)豪華な感じがしますね。
(3)戻る、とまで表現されなくても、ふと見たら月があった、ぐらいの軽い感じでも。
(4)少しありきたりなように思います。

(1)峡深き湯の町時雨うつうつと  小口泰與(60代,男)
(2)風割つて飛び交ふとんび酉の市
(3)田畑も霜を被りし耳痛し
(4)冬帽を変へ散策の道変へて

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)時雨にうつうつと といった表現は重ねなくとも。時雨、に含まれる余韻で充分では。
(2)風割つて をさらりと表現されてみては。
(3)耳痛し田畑も霜を被りゐて と語順を工夫されてみては。
(4)少し回りくどい印象もあるので、冬帽と散策の道変えにけり、とまとめられても。

柚子かをる色無き庭を照らしをり  しんい(60代,女)
 三宅ドクター、二ヶ月が瞬く間に過ぎてしまいました。ご丁寧なご指導、本当に有 難うございました。精進を重ね、又お目にかかれることを、楽しみにしております。
ドクター三宅の診断と処方箋
 柚子、の匂いと黄色の明るい色と両方を言おうとしているので少し分裂している印象があります。匂い、か色かどちらかに絞られてみてはいかがでしょう。
こちらこそ拙い意見に耳を傾けていただき、ありがとうございました。またお会いできますことを。

(1)鴛鴦や鏡の中の深き森  澄(女)
(2)階段を一段ごとに落葉かな
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)鴛鴦との取り合わせがいいですね。
(2)は前に述べさせていただきましたので略させていただきます。

トラックで灯油届ける寒太郎  穂波(30代,女)
 近所に、あの歌を流しながら灯油を売り歩くトラックが回ってきます。年末か年頭に掲載されるかも知れないのに、それとは関係のない内容の投句しか出来なくてすみません。
 三宅先生、二ヶ月間ありがとうございました。先生が言っておられた「単純に」「分かりやすく」「類型的でないものを」の3点を、心に留めて句を作っていきたいと思います。良い一年をお過ごし下さい。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ありがとうございます。私もその3点を心して、少しでも満足のいく句を作れるようになりたいと思います。
 北風小僧の寒太郎、の曲でしょうか?自分にひきつけるとなると、灯油の届く、でしょうか。家の門の外に灯油のポリバケツを出していた頃を思い出します。今はストーブ禁止のマンションなので、もっぱらエアコンだけです。

(1)冬花火裏山美しき田舎町  さくら(女)
(2)冬花火の裏山も美し田舎町
 いつもご指導有難く感謝致して居ります。今回も宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)の形が収まりがいいですね。冬の花火に裏山が一瞬、浮かび上がったさまが見えるようです。

オーボエの消えゆく湖岸や冬の月  春雪(70才以上,男)
 三宅先生、こんばんは。琵琶湖ホールでの演奏会を聴いて来ました。終了して湖岸に立っていますと、今聴いたオーボエの音が湖に吸い込まれました様に思えました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 琵琶湖畔のコンサート、いいですね。私もオーボエの響き好きです。きれいな句だと思います。

(1)シリウスや土いきいきとスキー場  仁(50代,男)
 「神主や土いきいきとスキー場」の推敲句です。
(2)ポストまでつづく落葉や乳母車
 「ポストまでつづく落葉や電車道」の推敲です。よろしくお願い致します。
 *三宅先生に診断をお受けするのも今回はこれが最後かとおもいます。二ケ月間早いものですね。いろいろとご指導を賜りほんとうにありがとうございました。いい勉強になりました。感謝です。次の機会を楽しみにしています。もうすぐお正月ですどうぞよいお年をお迎え下さい。時節柄ご自愛のほど。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ありがとうございます。力不足で行き届かないところも多々あったと思いますが、拙い意見を聞いていただき感謝しております。お元気でお過ごしください。
(1)天上のシリウスと、スキー場に見えている土との遠近感がいいですね。
(2)乳母車といっしょに歩く臨場感が出ていいと思います。

字足らずも字余りも無し大晦日  澄(女)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 それなりに満足した一年だったということを、俳句の字足らず、字余りにかけて表現されているのでしょうか?来年もますます俳句に磨きをかけてくださいね。

ここならば北風の骨拾えそう  遅足(60代,男)
 北風に骨なんかあるの?と句会で突っ込まれました。こことはどこ?とも。やはり伝わりにくいでしょうか?診断をよろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。実体のないものにリアリティを与えるなら上手なうそが必要になります。そのためには句の構成もそれなりに考える必要があります。北風を例えばからすと置き換えが可能なら北風にする必要なないわけで、ちょっと不満というところでしょうか。

(1)新調のはたき眺めてお元日  ポリ(50代,女)
(2)しかられてぐずぐず入る柚子湯かな
 句を見ていただくのはこれが初めてで、毎回ドキドキしながら「送信」をクリックしていました。ていねいに教えていただきありがとうございました。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)ともにおもしろいと思います。技術的なことは作っていくうちに気付いていくものです。いくつか見せていただきましたが、着眼が面白いと思いました。今までどおり肩の力を抜いて、たくさん作ってくださいね。

陋屋やふくふく灯る柚子明かり  しんい(60代,女)
 「灯る」と[明かり」気になりますが…よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 柚子が灯るように生っているという意味でしょうか?
  陋屋に灯るがごとく柚子の生り
それとも柚子湯?柚子湯なら、
  陋屋やふくふく柚子を浮かべけり
とか、柚子、がどういう状態なのかわかるように、ひと工夫してみられては。

(1)早よ寝ねよ隣に待ってゐる聖夜  澄(女)
(2)階段を一段ごとに落葉かな
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)子供の枕元にプレゼントを置きに行く親の気持ちですね。早よ寝ねよ が直接的なので、例えば息ひそめ、とか、耳澄まし、とかちょっと婉曲に表現されてみては。
(2)落葉の景ですね。


2006年12月29日

(1)てっちりに下駄をあずける供奴  学(50代,男)
(2)埋火のはがき持ち来る恩師かな
(3)冬空に掠れし墨の弾みけり
(4)真青より生まれ出でたる朧月
(5)空ビンの中にありけり雪の景

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)供奴 が古い印象があります。
(2)埋火との取り合わせ。同窓会の風景なのでしょうか?
(3)実感がありますね。
(4)ちょっと想像の景が先行しているように思います。
(5)ありけり、が少し強いですね。

父母(ちちはは)の別々にいて年暮るる  れい(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 かっては一緒にいた家族なのに、という感慨がこめられているのでしょうか。父母(ちちはは)は「父と母」でも。

二個の果に禊を託し柚子湯かな  智章(50代,男)
ドクター三宅の診断と処方箋
 二個の果がちょっとわからないのですが、柚子湯の中の柚子二つという意味なのでしょうか?

追ひかけて追ひかけられて年の暮  なごみ(70才以上,女)
 今日は。元気で働けるのには、感謝しているのですが日に一句できないのにもどかしさを感じています。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ふっと気持ちの向いたときに書き留められるぐらいで、いいのではないでしょうか。断片でもメモに残されておくと、あとでゆっくり考えられますよ。ちょっと具体的な景がほしいですね。

(1)一斉に一心に書く吉書かな  玉白石(50代,男)
 体育館に集まり書き初め大会をしました。よろしくお願いいたします。
(2)湯気たつや杵臼そろい子もそろい
 全校でもちつき大会をしました。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)体育館で集まって、という情景が受け取りにくいのが残念です。書初めに気分を集中させている感じはよくわかります。
(2)もちつき大会。いいですね。ほかほかの餅をあげて、みんなで丸めるのでしょうね。

冬の梅ロリロリしている墨の人  裸時(30代,男)
 今日は宝塚句会で早起きしすぎました(^^;
ドクター三宅の診断と処方箋
 何だか、意味はわかりませんが、捨て難いおかしみがあります。墨の人って、毛筆で書いている人、っていうことかな??

(1)かはたれの時雨上るや赤城山  小口泰與(60代,男)
(2)利根川の川音(かおと)立ちけり朝の霜
(3)手の甲に老斑増えし冬木の芽
(4)庭石に日の当たりをり暖炉かな

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)実景でしょうね。(3)が冬木の芽と老斑に暖かくかよいあうものがあり、新鮮に感じました。
(4)は日のあたる暖かい感じと暖炉が少し近すぎるようにも。

(1)風止んで鳰は潜らず三井の鐘  文の子(60代,男)
 「風の出て鳰は潜らず鳴きもせず」を、ご教示頂いて取り合わせにしました。
(2)鳰なほも潜らずとほく浮御堂
 「風の出て鳰は潜らず鳴きもせず」の推敲その2です。
(3)初詣鴉に折目有りにけり
 「鴉とて威儀を正すや初詣」を推敲しました。
(4)座して知る始発車に暖房ありと
 「座して知る暖房始発電車とて」を推敲しました。
(5)ぬるめとし顎まで浸る柚子湯かな
 昨日は冬至でした。
(6)換気せず次を促す柚子湯かな
(7)青信号凍てて車の動かざる

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)三井の鐘 浮御堂、少し古いようにも思いますが、現代的なものを取り合わせに持ってこられてみては?
(3)面白いです。
(4)始発車に暖房ありと座して知る でよろしいのでは。
(5)ぬるく焚き、という形にされたらいかがでしょう。
(6)換気せず??とは(7)エンジンがかかりにくいということでしょうか?

(1)耳裏に抜けるピアスや雪時雨  鴻之助(50代,男)
(2)木枯らしや青竹の芯に立つ火花
(3)寄せ鍋や微妙にずれる受け答え

 三宅ドクターからのご指導もこれが最後と思います。また、3句よろしくお願いします。2か月間ありがとうござました。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)いいですね。
(2)青竹の芯に火花が立つのでしょうか?焚火にくべたときの情景でしょうか。
(3)何となくわかりますね。何人かで鍋を囲んでいるのでしょう。
 よいお年をお迎えください。

冬晴や最後のあがきジャンボ買ふ  春雪(70才以上,男)
 三宅先生、こんばんは。今年の運を試すためにジャンボ籤を買いました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ジャンボ買ふで、ジャンボ籤を思わせるのはちょっとムリかも。最後のあがき、はちょっとあからさま過ぎる表現なので、もう少し抑えられてみてはいかがでしょう。

(1)地をすべる落葉さわさわ冷凍車  仁(50代,男)
(2)消炭や猿に注意と立て札の
 三宅先生、こんばんは。きょうもよろしくご指導お願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)落葉さわさわ冷凍車 は面白いですね。ただ、「地をすべるが」、少しもの足りないです。
(2)「立て札の猿に注意と」で、下五を考えられたらいかがでしょう。

(1)しりしりしり取りしようぜ尻日和  汽白(40代,男)
(2)うしろよこやっぱり妻のおしりかな
 いつもありがとうございます。よろしくおねがいいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)尻日和??がどんな日和だか、わからないです。
(2)比較するものがないので、具体的に見えてこないように思います。


2006年12月28日

手品師を欺かす訛り初電話  智弘(30代,男)
 宜しくお願いします。「乳飲み子笑う薄めたる初湯かな」は去年の水にて・・・を推敲した句です。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「欺かす訛り」の部分がよくわかりませんでした。「薄めたる初湯に笑う赤子かな」、ぐらいに簡潔にされても。

跳ぶ笑顔数える笑顔冬日向  玉白石(50代,男)
 この時期、小学校では縄跳びが盛んです。何でも楽しそうにする子供のエネルギーをうらやましく思います。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。縄跳びをする子供達の歓声も聞こえてきそうです。いい句と思いますが、縄跳びの情景とすぐわからないかもしれませんね。

(1)鮟鱇のさまにならなゐ姿かな  学(50代,男)
(2)水洟や年毎強くなりし妻
(3)図書館へ本を返して年用意
(4)ボーナスのなかりし人になりにけり
(5)一味かけ素うどんすする年の暮

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)どんなふうにさまにならないのか具体的に。
(2)もう、かなわないわけですね。
(3)(5)ちょっと平凡です。
(4)ちょっと理におちるように思います。

(1)雨晴れて道は落葉の形(なり)と音  文の子(60代,男)
(2)冬柳葉は地の色を吸ひたるか
(3)初夢か上司の席に妻のゐし
(4)席一つ老ゆる二人の立ちし冬

 12/22のご診断有難うございました。もう少し考えます。掲句宜しくお願い致しま す。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)落葉の形(なり)に道続く、ぐらいでも。
(2)地の色を吸ひたるごとし冬柳 と調子を整えられては。
(3)滑稽味があっていいですね。
(4)老ゆる、がなくても。

(1)枯草のけぶれる中の鶏冠かな  小口泰與(60代,男)
(2)冬晴れや裾のゆたかな赤城山
(3)あけぼのの白鳥数ふパンの耳
(4)冬薔薇や日の当たりをる片ほとり

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)中の まで言わなくても、「枯草のけぶれる赤き鶏冠かな」といったように色彩を強調されてみても。
(2)いいですね。簡単な表現ですが、ゆったりと大きな赤城山が見えるようです。
(3)白鳥がパンの耳を数えているようで面白みがあります。
(4)片ほとり、がちょっとわかりにくいです。

穏やかに 冬至のかぼちゃ ころがりて  菊美(60代,女)
 野菜置き場にありました。農家育ちで、季節感ありますが、、、うまく詠めませ ず。宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 かぼちゃ、がごろんとある感触をどう詠むかですね。普段見られているだけに難しいと思いますが、例えば「穏やかに」とひと言でまとめてしまわれないで、今のまま、少し語順を変えて、
  ころがりて冬至迎えるかぼちゃかな
場所に注目して、
  棚に在る冬至南瓜を運びくる
とか、状況が読み手に見えるようにされてはいかがでしょう。

(1)前ぶりもなしに来たりし風邪の神  学(50代,男)
(2)木枯しや数を忘るる数え唄
(3)黒々と両の眼開く捨達磨
(4)雪ふはり海を見てゐる旅鞄
(5)松飾る賭けない人の俳句なり

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)前触れのことでしょうか?
(2)少し理屈っぽいようにも。
(3)両の目を黒々させて捨てられている達磨、面白いと思います。
(4)雪ふはり、がいいですね。
(5)賭けない人の俳句なり 何に賭けないのでしょう。

丹前のはだけ球打つ宿の夜  澄(女)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 宿のピンポンですね。ホントにこんな感じですね。実感があります。丹前を、でよろしいのでは。

(1)落葉して実の艶やかさ七竈  草子(50代,女)
(2)この谷間ビルの谷間ぞハゼ紅葉
(3)陽を掴みビルのあはひの紅葉燃ゆ

 「渡り鳥無限の直線ここに止め」を診断していただきありがとうございました。言い過ぎてはいけないと思いつつ思い入れが強く出がちです。今回は高速バスで東京のど真ん中を抜けていくときの景です。健気で逞しい木々達でした。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)艶ややかに、とされればいかがでしょう。
(2)うーん。リフレインがもう一つ効いていないようにも。上五を深々と、ぐらいの形容ですっと流されてはいかがでしょう。
(3)陽をあびて、ぐらいでも。

(1)山風に向かひて歩む冬帽子  小口泰與(60代,男)
(2)渓よりの強き寒風松の枝
(3)黒雲に梢弓なり漱石忌
(4)熱燗や梢の鳥の喧き

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(3)(4)いいと思います。
(2)情景描写でしょうが、ちょっと新鮮味に欠けるようにも。

柊や ふと振り向けば そこに咲き  我太郎(60代,男)
 三宅先生 ピントは一点とのご指導ありがとうございました。簡潔明瞭で分かり易い解説に感心いたしました。「そこに咲き」にピントを合わせてつもりですが、ご指導よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ありがとうございます。
 そこに咲く、にピントを合わせていらっしゃるのですね。そこに咲いているのは柊でしょうから、上五と下五と言葉がかぶることになります。語順を変えて、
  ・振り向けばそこに柊咲いている
か、上五にまったく違うものを持ってきて、
  ・夕暮れてふと振り向けば花柊
のように言葉を斡旋されればよりピント絞れるように思います。

初雪や大の字浮かぶ東山  春雪(70才以上,男)
 三宅先生、こんばんは。一昨日は京都にも初雪が降りました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 京都の雪、いいですね。大文字の季節でなくとも、大の字は見えますものね。

(1)カラフルな年賀状増ゆ職辞して  文の子(60代,男)
 12/20のご診断有難うございました。「カラフルな賀状増えけり職辞して」は中7のけりが拙いと理解し、掲句と致しました。
(2)凍て空や烏羽もて叩くかに
 「凍てしそら烏羽もて叩きける」を推敲しました。
(3)母の手を引き摺り泣く児雪催
 12/21のご診断有難うございました。ご教示頂いたことを踏まえ「泣く子には勝つ術のなし雪催」を推敲しました。母と祖母と迷いましたが、母の方に拡がりを感じました。如何でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)よろしいのでは。
(3)情景がよくわかるようになった思います。児は子で充分なように思いますが。


2006年12月27日

(1)冬木の枝一本折って緊張す  仁(50代,男)
 13日の「魔が差して冬木の枝を一二本」の推敲です。
(2)冬木立枝折っているにぎりめし
(3)叱られて雪のだるまになってます
(4)オリオンや無関係に建つビルデイング

 三宅先生、こんばんは。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)冬木の枝が少し込み入っているので、冬の枝、だけでも句意は通るように思いますが。(2)より(1)がいいですね。
(3)字足らずになりますが、雪だるまでよろしいのでは。
(4)無関係はいらないように思います。ビルとオリオンの取り合わせで、作られてみてはいかがでしょう。

(1)女正月夫同伴の案内来し  文の子(60代,男)
(2)冬の野や迷彩服の遠く往く
(3)並木道傘の無ければ時雨れけり
(4)短日や原作留めざる映画

 ドクターに診て頂くのも残り1週間かと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)少し言葉が多いので「案内来し」を招待状にするとか、言葉を整理されてみてはいかがでしょう。
(2)遠くゆく、と平仮名表記を交えてみては。
(3)傘の無ければの部分が説明なように思います。
(4)どんな映画か具体的な題名を出してみられては。

(1)着ぶくれて老の自転車よろよろと  雀子(60代,男)
(2)寒中に釣れぬも釣りと竿をだし
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)老 はなくとも。
(2)「釣れぬも釣りと」がちょっと説明しすぎのように思います。何時間も空のバケツとともに座っているとか、状況で言い表してみてください。

冬の月一本道をゆく私  fuji(10代,男)
 宜しくお願い致します。。。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーん。ちょっと景が平凡ですね。

(1)寒暁の秩父連山紅の雲  小口泰與(60代,男)
(2)暁のおなが喧し木守柿
(3)寒暁のかそけき月の静寂かな
(4)東雲の土頑(かたく)なり霜だたみ

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)寒暁と紅の雲が近すぎるようにも思います。
(2)おなが、とは尾長鳥でしょうか。
(3)静寂かな (4)頑(かたく)なりが、状況の説明になってしまっているようです。

(1)葉牡丹に陽の射しこみぬ谷戸の家  豊田ささお(70才以上,男)
 来年1月の句会の兼題が「葉牡丹」です。ぼちぼち作らんといかんかなと・・・。
(2)雪隠の闇から闇へ老いとど
 お早うございます。昨夜便所のスイッチをさわるときそこに竈馬がいまして、驚き ました。季語は秋ですが老を入れて冬になりませんか?
(3)葉牡丹の渦渦渦の畑かな
(4)葉牡丹や新聞少年背を見せ

 葉牡丹でつくりました。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)兼題が出たときは出来る限り作って、類想感のあるものを切り捨てていけばいいように思います。身近にいる人の目を借りるのも手ですよ。
(1)は無難にできあがっていると思います。
(3)面白いと思います。
(4)脊を見せが少し中途半端ですね。背中見せ、きちんと表現されるといいと思います。
(2)枯蟷螂という言葉はありますが、老を入れても冬にはならないでしょうね。いとどはそのままで、ほかの季語を斡旋されてはいかがでしょう。

(1)膝に猫乗せて老婆の日向ぼこ  タント(60代,男)
(2)ジャンパーを腰に巻きゐて冬ぬくし
(3)木枯しに押されて歩く老婆かな

 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)少し材料が多いですね。猫かおばあさんか、焦点を絞られては?ただどちらを残すにしても、取り合わせとしては平凡なように思います。
(2)「ジャンパーを腰に巻きゐて」の部分はいいですね。ただ、ジャンパーも季語ですので、下五の取り合わせには、別のものをもってこられたほうがいいように思います。
(3)老婆ではなく、意外なものが木枯しに押されていると面白いように思います。

(1)山茶花や赤白帽子赤ばかり  玉白石(50代,男)
(2)冬晴れて切って離せぬ影法師
(3)子の声に誘われて見る初氷

 学校生活のひとこまです。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)ひっくり返して赤になったり白になったり。山茶花がいいですね。
(2)ちょっと理屈っぽいように思います。
(3)子の声に、が少し込み入っている感じなので、歓声に、とか簡潔な表現を考えてみられてはいかがでしょう。

(1)イケメンのひかるピアスや注連を綯ふ  しんい(60代,女)
(2)三輪車師走の風のあたたかき
 「安穏や師走の風のあたたかき」の上五を変えてみました。いつもお世話様でござ います、駄句ばかりですがよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)現代的な師走の風景ですね。
(2)情景がよくわかるようになったと思います。


2006年12月26日

(1)国境の長いトンネルまで空林  汽白(40代,男)
(2)柿からすかんじきは踏む雪の路
(3)鉱泉へポインセチアは赤いよね
(4)とある甘く静かなシャチのいる日和
(5)うしろよこ妻のかたちに冬帽子

 こんばんは。いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。(…かたちの宇宙かな?)
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)空林は?空と林が続くという意味でしょうか?
(2)柿からすは、柿にからす、でしょうか?助詞を挟んで、語調と句意を整えられてみてはいかがでしょう。
(3)鉱泉、とポインセチアの取り合わせがいいですね。
(4)甘く静かなシャチは魅力的ですね。「とある」はシャチではなく日和にかけられて とある日和甘く静かなシャチがいる、ではいかがでしょう。
(5)面白いです。この冬帽子はいい。

古希迎え二つの影の年忘れ  なごみ(70才以上,女)
 在職中は忘年会が続いていた夫も十数年過ぎるとお誘いが少なくなりました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 寂しいですけど、仕事でのお付き合いがなくなるとそういうものでしょう。影というと寂しい感じもありますが、お二人で古希を迎えられたのですから、おめでたいかぎりですね。

(1)受験子にオセロ相手となりにけり  えんや(70才以上,男)
(2)遅う来て早う退く子の鮟鱇鍋
 いつも適切なアドバイス有難う御座います。「先にゐて鴉見ている浮寝鳥」の句評、「何となくおかしいですね」は句としては駄目でおかしいのか、句の情景が可笑しいのでしょうか?変な質問御免なさい。それから、句に時々「翔つ」とありますが、どう読むのでしょうか、辞典では「しょう」または「かける」と載っていますが、拙い質問ですが宜しくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)どちらが強いのでしょうね。
(2)遅う来て早う退く子の の部分、口語口調を生かされていていいですね。子は省かれて、退く、ときっぱり言い切られても。
 何となくおかしい、というのは説明できないおかしみがあるという褒め言葉です。説明不足でゴメンナサイ。俳味があるといってもいいのですが、おかしい、面白いは、俳句では一番の褒め言葉だと思っています。
 「翔つ」 たつ、と読むのではないでしょうか。鳥が飛びたつときに多く使います。

(1)浄め場の猫手を舐むる初詣  文の子(60代,男)
 12/19のご診断有難うございました。「浄めなり猫手を舐むる初詣」を推敲しました。上5で軽く切ったのですが、如何でしょうか。
(2)包装の上をビニール冬の雨
(3)小正月妻紫を身に纏ふ
(4)凩や行き先違ふバスの来る

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)いいですね。
(2)「包装のビニール濡らす冬の雨」のような軽い感じでも。包装の上にビニールをかけてもらったのは事実でしょうが、雨に当たらないため、といった目的を強調すると理におちます。ただ、そのビニールに冬の雨粒がついている結果だけを、さらりと描写されてみてはいかがでしょう。
(3)語順を整えられてみては。紫を纏う家内の小正月
(4)いいと思います。

(1)だれかさんがかくれんぼするホトケノザ  豊田ささお(70才以上,男)
 「年の瀬がかくれんぼするホトケノザ」を昨日ずっと考えていて結局こんなところです。
(2)山人のかこむ大鍋山眠る
 「山眠る大鍋の下ホダ火燃ゆ」を推敲しました。ほだ火も季語とは知りませんでした。勉強不足ですねえ。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)可愛いですね。サトーハチローの歌を想像するのもたのしいですね。誰かさんを具体的に当てはめてみても。
(2)よろしいのでは。山人ではなく身近に人を持ってこられれば、ぐっと親近感が増すようにも思います。

(1)十二月イルミネーションと単行本  仁(50代,男)
 先日ご指摘を受けました「イルミネーションほしいまま」の推敲です。
(2)冬りんごぬり絵のような遊具かな
 三宅先生、こんばんは。連日の診断恐縮です。きょうもよろしくご指導お願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)十二月と単行本の組み合わせはいいですね。イルミネーションでなくてもネオンだけでも充分かも。
(2)ぬり絵のような遊具、は言いえて妙です。確かにあの遊具の色の質感はそのように感じられます。

(1)冬晴るる濡れせんべいの堅さかな  小口泰與(60代,男)
(2)風早の赤城の里や木守柿
(3)浮雲の裾野にありて落葉焚
(4)満月の榛名に沈み十二月

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)冬晴と、せんべいとの質感の対比がいいですね。
(2)風早、里、木守柿 (3)浮雲、裾野にありて、と古い言葉が揃い踏みなので、少し身近の言葉に引き寄せられては。
(4)景が平凡なように思います。

(1)枯れ菊を焚いて匂ひの立ちこめる  タント(60代,男)
(2)残菊の匂ふ小庭の夕間暮れ
(3)紅葉背にポーズを作るモデルかな

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)5−7−5と流れが直線的になっているので、読み手が情景を想像する余地がないように思えます。
 その意味では(2)に余韻がありますね。
(3)モデルかな、はいらないのでは、違うものをもって来られると広がりが出るように思います。

冬ざるる発言する人限られし  春雪(70才以上,男)
 三宅先生 こんばんは。昨日、ある会議に出ていました。喋る人は決まって同じ人ですね。(笑)
ドクター三宅の診断と処方箋
 ほんとにそうですね。
 その状況が寒々しい、という感じなら冬ざるる、という季語が少し付きすぎのようにも。

冬の星紅蓮の忽が横たわる  智弘(30代,男)
 僧侶が使う如意棒を「忽」と呼んでいたと記憶していたのですが、自信がありません。開戦日の俳句は時間をかけて作ってみます。宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 私も寡聞にしてよく知らないのですが、紅い棒なのでしょうか。読み手がすっとその棒を想像してくれればいいのですが、ちょっと難しいかもしれませんね。紅い棒と冬の星の取り合わせはいいと思います。


2006年12月25日

朝の影冬の角度になっている  玉白石(50代,男)
 冬至間近です。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 朝の影なのに長く長く伸びているということでしょうか。「冬の角度になっている」の部分、いい感じですね。

(1)切り取った頁や冬はぎざぎざに  学(50代,男)
(2)霙から雪へ見る見る皺深し
(3)駅ごとに雪をつみたり津軽行
(4)当てのならぬ世を当てにし春詣
(5)天国の門より木の葉しぐれかな

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)冬は、という限定ではないほうがいいように思います。
(2)見る見る皺深し は、あっという間におばあさんになってしまうということでしょうか。それとも雪の降り積もり方?
(3)情景がよく思い浮かびます。
(4)当てのならぬ世を当てにし という部分が述懐にになっていますので、ちょっと古いめいが感じになりますね。像が見えないので、受け手には共感を得にくいかもしれません。
(5)木の葉が舞うのを天国の門からと見立てられたのでしょうか。

南座の勘亭流や年忘れ  なごみ(70才以上,女)
 添削どうも有難う御座いました。上五を夜のラジオにすると情況がでてきますね。京都では顔見世芝居がかかるとその年が終ることを感じます。季語とあっているでしょうか。ご指導宜しくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 勘亭流は顔見世の看板の文字でしょうか。京都らしくていいですね。

(1)凩と駆けっこランドセル空に  文の子(60代,男)
 12/18のご診断有難うございました。「凩と駆くるや鞄空にして」を推敲しました。
(2)老いは席杖に譲りぬ春隣
(3)海へ行く木枯硫黄島遥か

 昨日映画を見てきました。
(4)十二月八日ケータイ鳴り止まず
 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)空のランドセル、の語順ではいかがでしょう。
(2)その行為と春隣の関係が少し近いようにも。
(3)誓子の句を下敷きにしていらっしゃるのでしょうね。
(4)よろしいのでは。

(1)かきピーをかりぽり噛んで枯木立  せいち(60代,男)
 言葉遊びも意識しています。
(2)枝移る禽の羽音や冬の森
 「冬の森」は安易でしょうか?
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)よろしいのでは。
(2)そうですね。禽の羽音 は鴉なのでしょうか。枝、羽音、森、と全て情景が揃ってしまっているのが少し不満ですね。

冬の月きりりと我を貫きぬ  浮橋(60代,女)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 冬の月の光は鋭く、冷たいのが季語の本意ですから、きりり、と貫く、二つ重ねられると、季語の説明を重ねていることになり、もったいないように思います。

(1)ほつこりの妻の手料理冬うらら  小口泰與(60代,男)
(2)雨止んでか黒き畦(さく)の葱畑
(3)仏間にも日の偲び入る寒薔薇
(4)雲遊び鳥の翔るや冬桜

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)ほつこりと、とされてはいかがでしょう。おいしそうですね。
(2)畦道のことを畦(さく)と呼ぶのですね。実感があるように思います。
(3)「日の偲び入る」の部分、例えば、日の細くのび、とか、暗い部屋での日の射しいりかたをもう少し具体的に。
(4)少し絵に描いたような風景になりすぎているようです。

クリスマス飾りをつけて夢つけて  鹿島利子(40代,女)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 クリスマスといえば、飾りをつけて賑やかに華やかに街も装いをしていますが、その感想を並べただけになってしまっているようです。まずは、何気なく見ているものをさらりと描写するのがいいようです。賑やかなクリスマスの街の意外な風景とか、ものを、実景で作られてみてはいかがでしょう。

ポテチップ踏むと歯も消えしんしんと  裸時(30代,男)
 「ポテチップ踏むと静寂しんしんと」を推敲してみました。前の句は確かに甘かったです。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーん、今度は「歯も消え」がわかりません。

(1)冬登山笑みのきれいな男たち  仁(50代,男)
(2)羊羹のエキス飛び出す冬ぬくし
 三宅先生、おはようございます。いつも的確なご診断ありがとうございます。きょうもよろしくお願い致します。 「熱燗」「チワワ」の句なるほどです。ありがとうございます。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)いいですね。精悍な表情なのでしょう。
(2)羊羹のエキス とは??


2006年12月24日

(1)鴛鴦の胸張るもあり俯くも  豊田ささお(男)
(2)鴛鴦が枝から落ちる朝の池
(3)鴛鴦来よきもの見たと一騒動

 三宅先生今晩は、木枯らしの句のご診断有難うございました。ちょっと一服して鴛鴦の句を作りました。残念ながら私今年はまだ見ていません。
ドクター三宅の診断と処方箋
 鴛鴦、綺麗ですね。いつも見るたびにほれぼれします。
(1)がいいですね。鴛鴦が水に浮いている実感があります。
(2)は鴛鴦が飛び込む様子でしょうか?枝から落ちる、がちょっと意味をとりかねたところがあります。
(3)は見た人の様子を描写しているだけのようにも思います。

埋み火や青空に出てチップイン  智弘(30代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 青空に出てチップイン、と埋み火との関係がちょっとわからなかったです。

肥えた子のゆっくり歩む冬うらら  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 肥った子、ゆっくり、冬うららとゆったりのどか、という質感が揃い踏みなので、どこか崩されればいかがでしょうか。

年の瀬や父の書斎を覗きたる  fuji(10代,男)
 宜しくお願いします。。。
ドクター三宅の診断と処方箋
 ひょいと覗く感じはいいのですが、父の書斎はありきたりのような。

(1)銭湯の煙突 歳末(くれ)の殺意  北野元玄(60代,男)
(2)クリスマスばら肉入りの焼きうどん
 北風と単車の2句(自由律)についてのコメントありがとうございました。(1)は最初「歳末の湯屋の煙突にみる殺気」を作ったのですが、類想感が強くあり、推敲してこの句になりました。(2)は定形です。ばら肉が日本中に通じる共通語であるのかどうかちょっと自信がありません。
 今年も大晦日が近づきました。いろいろご教授をいただいたことは本当に感謝しております。初夏の集いには参加したいと考えております。よいお年をお迎えください。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)殺意、が何に対する殺意なのか、銭湯の煙突が漂わせている殺意、という意味なのでしょうか。そのあたりがわかりにくい。その意味では「歳末の湯屋の煙突にみる殺気」が読み手に句意が通りやすいように思えます。
(2)クリスマスの薔薇、とばら肉のピンクが重なるようで、おもしろいですね。
 拙い意見に耳を傾けていただきまして、ありがとうございました。また、お会いできますことを楽しみにしております。

(1)水音の聞こへてくるや秋の空  学(50代,男)
(2)雪解けて母になりたる大地かな
(3)嵐突き船を漕ぎ出す蜜柑かな
(4)蜜柑剥く窓からもれる灯の明り
(5)神無月あなたがほしい花いちもんめ

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)ちょっと抽象的なようです。
(3)昔の蜜柑を運ぶ景でしょうか、少し実感に乏しいようです。
(4)灯の色→蜜柑 と連想が単純にいってしまうように思います。
(5)「あなたがほしい花いちもんめ 」の部分、花いちもんめだけでも、充分なように思います。

(1)泥大根並べて畑の直売所  タント(60代,男)
(2)飛び立ちて山茶花零す雀かな
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)うーん。素直な実景描写ではありますが、ちょっと報告だけになってしまっているようです。
(2)零す(しずくす)収まりがちょっと悪いので、平仮名表記で、しずく(しづく)だけでも。

(1)神主や土いきいきとスキー場  仁(50代,男)
(2)ポストまでつづく落葉や電車道
 三宅先生、こんばんは。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「土いきいきとスキー場」この部分はとてもいいと思います。ただ、神主がどうして上五にあるのか、ちょっとそのあたりが測りかねました。
(2)「ポストまでつづく落葉や」、ここがいいと思うのですが、電車道にされると、下五が上を受けての説明や補足以上の働きしかしていないので、もったいないです。違う取り合わせを考えてみてください。

(1)冬の朝おならのような返事して  ポリ(50代,女)
(2)連れられて行く子の赤の冬帽子
 アドバイスありがとうございます。「乗せられて行く子の赤の冬帽子」を直してみました。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)何だか〜面白い。面白すぎるところが危うい感じですが、このぐらい冒険してみても。下品になっていない可愛らしさがいいです。
(2)幼稚園児の朝の風景でしょうか、こうやって並べてみると、乗せられてゆく、の表現の方が幼稚園バスの雰囲気がありますね。連れられて、だと誘拐されそうです。なんなら子は省略して、バスと赤の冬帽子の取り合わせで作られても。

縄張りのありて注連縄商へり  しんい(60代,女)
 よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 縄張り、注連縄と、縄をかけていらっしゃるのでしょうけど、ちょっと縄張りの語が強いようにも思えます。


2006年12月23日

病床の尺取虫が超常だ  裸時(30代,男)
 「病床の尺取虫が幻影だ」を推敲してみました。もしくは「病床の尺取虫が頂上だ」にすべきか?お助けくださいm(_ _)m
ドクター三宅の診断と処方箋
  病床の尺取虫が頂上だ
でよろしいのでは。

(1)野水仙汐風ゆるぶところかな  なごみ(70才以上,女)
(2)犇いて水仙の芽の小指ほど
 先日は添削していただきまして有難うございました。越前の方に旅行にいった時、海岸に水仙がたくさん咲いていました。何年か前ですがおもいだしての句です。
ドクター三宅の診断と処方箋
 海岸に水仙のある景色はいいですね。
(1)(2)ともに、気持ちよく作られていると思います。

(1)極月や湖面を叩く硬き雨  穂波(30代,女)
(2)ろうそくの雪の夜道に燃える音
(3)雪原や千の星から音の滝

 以上3句、音楽の印象です。現実離れしているかもしれません。よろしくご指導お願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)よろしいのでは。
(2)ろうそくや、で軽く切れを入れられてみてはいかがでしょう。
(3)滝の音、とされると収まりがいいように思います。

(1)月は青く見ゆ地球は核戦争  学(50代,男)
(2)少年のドームに集ふ神無月
(3)冬帝に射止められたる影法師
(4)ポトポトと伽藍は明し寒暮かな
(5)神様へさい銭投げる厄払ひ
(6)雪女素足で翔る山の神

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)ちょっと俳句で収めるには苦しい内容だと思います。
(2)ドームは野球場のドームでしょうか?
(3)冬の日に影がうつる、という句意だとは思いますが、ちょっと大げさに思えます。
(4)伽藍は明し がちょっとわからなかったのですが、暮れてきて、寺院の伽藍に灯がともりはじめる、といった意味でしょうか。
(5)賽銭→厄払い、ともう少し工夫がほしいところです。
(6)雪女、か山の神かどちらかに焦点を絞られては?

じゃんけんでまるく収まる冬うらら  玉白石(50代,男)
 何でもじゃんけんで収まる時代は幸せです。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。じゃんけんは平等ですから。私はいつもパーを最初に出す癖があって、すぐ負けてしまいます。

(1)賀状書く墨と細筆冴え渡る  さくら(女)
(2)年新た命を思ひ健やかに
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)墨と細筆の二つのうち一つに絞られればいかがでしょうか。
(2)命、とは何の命でしょう。ちょっと抽象的なので、読み手に伝えられんとする像が浮かばないように思います。具体的に表現されてみてはいかがでしょう。

(1)山茶花の散りざまにみる時代劇  豊田ささお(70才以上,男)
(2)山茶花が紙ヒコーキに擦り寄られ
 今晩は三宅先生、坪内先生の「俳句はアソビ」論に刺激されて作りましたが、いかがでしょう?でもなかなかあそぶのも難しいです。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)散りざま→潔い→時代劇 と意味が直結してしまいますので、うーん充分遊べていないように思います。
(2)山茶花と紙ヒコーキの取り合わせはとてもいいと思いますが、擦り寄る、という表現で山茶花を擬人化してしまうと、句が弱くなるように思います。ただぱたんと落ちるぐらいでも、

(1)箔張るや漆柱に霜の声  智弘(30代,男)
(2)母国語に訳せるマスク七大陸
 ご指導有難うございます。宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)漆工芸の一シーンでしょうか。箔を張る緊張感に、霜の取り合わせが効いていますね。
(2)母国語に訳せるマスク はいいと思うのですが、七大陸、がわかりませんでした。どこの言葉でも訳せるマスクの人という意味でしょうか??


2006年12月22日

冬晴れや試験会場にて笑顔  fuji(10代,男)
 大学入試(AO入試)の面接の時、面接官から「今の心境を俳句で詠んでくれる?」と言われ即興で創った俳句です(笑。)面接官は一応、この句を観て拍手をしてくれました。そのお陰あってか、無事、合格出来たのですが、いかがなものでしょうか?来年からは慶應大学俳句研究会に所属することになりますので、入学までにしばしば腕を磨かせて頂きます。。。
ドクター三宅の診断と処方箋
 いいですね。私も拍手を送ります。当意即妙。しかも相手の共感を得る、そんな俳句が作れるのはすばらしい。
 大学生の俳句会はたくさんあるようですが、慶応大学にもあるのですね。いろいろなところに顔を出して俳句を鍛えてください。

枯れ野見ゆ緑の衣ぬぎ捨てて  三郎(60代,男)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 緑の衣を脱ぎ捨てるのは、自分なのでしょうか。緑の衣を脱ぎ捨てて枯れてしまったのだよ、と枯野を擬人化しての表現のように思えるので、その内容は理屈になってしまうので、説明以上の広がりがもてないように思います。

(1)年の瀬の閉店セールあちこちに  雀子(60代,男)
(2)牡蠣鍋に故人も集ふOB会
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)(2)ともに今頃の季節の実感があって、よろしいのではないでしょうか。

(1)風の出て鳰は潜らず鳴きもせず  文の子(60代,男)
(2)鴉とて威儀を正すや初詣
(3)座して知る暖房始発電車とて

 沢山お送りして申し訳ありません。ドクターに診ていただくのも残り半月なので、宜しくお願い申しあげます。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。あと二週間。よろしくお願いいたします。
(1)鳴きもせず この部分に違う取り合わせをもってこられてはいかがでしょう。
(2)初詣、威儀を正す、と言葉の意味が直結しすぎて、広がりがないように思います。
(3)座ってみて初めて始発電車にも暖房が入っているのがわかった、という意味なのでしょうか。句意を少し測りかねました。

(1)青きまま葉は地に十二月八日  文の子(60代,男)
 何度も送りしますことをお詫びし、今回でドクターより○と言って頂くことを願っております。ご指摘の点は危惧しておりまして、「青きまま葉の墜つ十二月八日」を最初考え、ストレートに過ぎると「地に青き葉のあり十二月八日」としました。再度推敲し、掲句と「地に青きままの葉十二月八日」を考えました。ドクターのご診断は掲句が上と推測しております。
(2)鹿島灘詣づる前の初明り
 「鹿島来て先づは海辺の初明り」を「良いのでは」とご診断いただきながら、「来て」が気になり、掲句を作りました。如何でしょうか。宜しくお願い致します。
(3)寒雀消えてより声顕るる
 12/15のご診断、添削有難うございました。「消えてなほ声の存在寒雀」を「消えてなほ声が聞こえる寒雀」として頂くと肩の力の抜けた佳句と思います。添削頂く前に掲句を作りました。未だ肩に力が入っているでしょうか。力を抜くとしたら「寒雀消えてなほ声届きける」を考えています。宜しくご指導の程お願い申しあげます。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)落葉ではなく地に茂る葉が冬でも青い、という意味でしたら、
  「青きまま葉は地に茂り十二月八日」
 落葉が青いまま地に落ちているのなら、
  「青きまま葉は地に落ちて十二月八日」
と、表すところを確かにされるのならどちらでも、よろしいのではないでしょうか。
(2)鹿島来て先づは海辺の初明り が語調がよろしいかと。
(3)寒雀消えてなほ声届きける でよろしいのでは。届きける、より届きおり、ぐらいでもいいとは思いますが。

(1)かがなべて赤城と共や空っ風  小口泰與(60代,男)
(2)せんべいを食むや香ばし冬麗
(3)枯葉浮き流れ耀ふ日の光
(4)朝焼けの雲の遊びて冬浅間
(5)とび舞つて雪の浅間の隠れなし

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「かがなべて」赤城とともに暮しているという意味でしょうか。取り合わせは、空っ風でないものを持ってこられては。
(2)香ばし がちょっと余分なように思います。
(3)「浮き流れ耀ふ」が全部動詞ですが、ちょっと効果が薄いように思います。一つに絞られては。
(4)遊び、の部分を具体的に。
(5)とび舞つて が、こなれない表現のようにも思えます。

裸の木はだかの庭に月冴える  松笠(60代,男)
 前句「柿落ち葉狭庭の窓に月戻る」の柿・・・を捨て、単純化を図ってみました。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね、裸木だけでもいいかなぁ、とは思いますね。「冴える」も季語ですし、どちらかを生かすとなると単純に、
  裸木や庭の小窓に月戻る
でも。「はだかの庭に月冴える」を生かすなら取り合わせの上五は違うものを持ってこられたらいかがでしょう。

(1)しぶしぶで合計八分付き合い酒  千坂希妙(50代,男)
(2)大宇宙東西南北季節無し
 無季俳句を作ってみましたがどうなんでしょう?
ドクター三宅の診断と処方箋
 無季俳句は中心点が作りにくいので、ただ理屈や事実を述べただけになりがちです。骨太の無季俳句は季を凌駕した説得力を持っていますが、作るのはほんとうに難しいものです。
(1)も付き合い酒に例えば、今の忘年会とか、熱燗とかの季語を斡旋すれば、状況を説明するまでもなく季語一語でまかなえる部分が多いですし、(2)も宇宙の具体的な像が浮かび上がらず、宇宙には季節がないんだよ、と言った説明にとどまっているように思います。まずは身の回りの出来事と季語との関係に着目して作られてみてはどうでしょう。

(1)神楽笛白狐仮面の口動く  タント(60代,男)
(2)落葉して木の香ただよふ林かな
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)白狐仮面の面を被って笛を吹いているのでしょうか。いいですね。
(2)落葉のあとの林の匂い いいですね。

白無垢や山茶花の庭静まりて  藤節(50代,女)
 よろしくお願いします。さっきは操作まちがいです。すみません。
ドクター三宅の診断と処方箋
 白無垢や、と切れ字を入れていらっしゃるので、白無垢のお嫁さんが、庭を見ている景ととりましたが、そうでしょうか。


2006年12月21日

(1)冬林檎人にもおよぶ品定め  鴻之助(50代,男)
(2)柚子の香やプレッシャーゆえの口内炎
(3)きみはもうシルエットとなる寒茜

 いつもご指導ありがとうございます。いま、俳句がとてもおもしろいです。三宅ドクターの添削やご指摘のひとつひとつに納得させられています。また、よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「人にもおよぶ品定め」がちょっと理屈っぽいので、林檎を品定めする、というところから離して、何気ない取り合わせで考えてみられてはいかがでしょう。その意味で(2)も、説明的です。
(3)よろしいのでは。

(1)数え日や寝苦しいのは雨の所為  豊田ささお(70才以上,男)
 三宅先生今晩は、「山茶花や英霊帰る路地なりき」の「英霊が帰るのは今か過去?」のご指摘はグサリときました。今日ずっとひっかかっていましたが、世界に戦のないところなし・・そして日本の明日も覚束ないと受け止めさせていただきました。さりとて推敲も進まず、それはそれとしてコンナのを作りました。ご診断ください。
(2)朝鳥の隠れ家今も椿なり
 三宅先生お早うございます。十二月八日の句へのご教示有難く・・「朝鳥」いい言葉ですね。で、今朝も例の枇杷の畑へ行って、結局こんなのしかできませんでした。 なかなか殻を破れません。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)少し言葉数が多いですね。寝苦しいのは、とその理由を説明する形になっていますので、ただ、数え日を鬱々とした雨で暮している、ことだけを俳句にされてみては。
(2)隠れ家、が意味深ですが、この句の発想がどこから来ているのか、読み手として測りかねるところがあります。情景を詠むのなら対象を絞ってさらりと、空想で読むのなら、取り合わせの妙をいかしてと、作られてみてはいかがでしょう。

硝子戸に明治の歪み宿の朝  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 明治の歪み の言葉が独特ですね。私は、一読漱石の『 硝子戸の中』と、昔の厚いガラスから外を見たときの歪みを思いましたが。季語がないので、宿の朝に位置に季語を入れられてみては。

(1)かんたくや月の裏側見て帰る  学(50代,男)
(2)狐罠火星に水の流れあり
(3)菓子に刃を入れて声出す小夜時雨
(4)門閉ざす軒に少しの干し大根
(5)翁忌の旅の彼方の泉かな

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)面白いですね。かんたくは=冬の夜寒に鳴らす拍子木、だと思うのですが(変換できない)町内をぐるりとまわるとともに、月の裏側まで回っているようで。
(2)この取り合わせもいいです。
(3)いいと思います。
(4)実景描写ですね。
(5)彼方の泉が抽象的なので、ちょっと像を結びにくいです。

(1)黄落に赤いベレーで教授来る  まりあ(40代,女)
(2)極月の火難のがれし仏たち
 打ち間違えてすみません。今回も一句先に送ってしまったり。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)彩りがおしゃれですね。
(2)火事にあったお寺から避難した仏像、という意味でしょうか。

作業着が肩をすぼめる冬の雨  智弘(30代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 さらりとした実景でいいですね。何気ない普通の情景と季語との取り合わせ。説得力のある実感から出発して、次にどこに飛べるか。何句も作って捨てるうちに見えてくるように思います。

(1)極月やくじ売りの声ひびく街  栗太郎(60代,男)
(2)音もなく枯れ葉一枚落ちにけり
(3)澄み渡る空にぽつんと冬の月

 三宅先生いつもご親切なご指導を頂きありがとうございます。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)師走の雰囲気ですね。
(2)枯葉は何の予告もなく、はらりと散りますね。本当だと思いますが、(3)とともに、ぽつんとある、冬、さびしいといった意味が表に出ているので、次はこの句意との取り合わせを考えてみられてはいかがでしょう。

(1)脹れたるセカンドバッグ十二月  文の子(60代,男)
 12/7のご指導を踏まえ「十二月セカンドバッグ脹れける」を推敲しました。
(2)泣く子には勝つ術(すべ)のなし雪催
 12/11のご指摘を踏まえ「泣く子には勝てぬならひや雪催」を推敲しました。
(3)飛び飛びに話す幼子寒雀
 12/14のご診断有難うございました。「早過ぎる引退落葉青きまま」は翌日お送りした句のご診断を楽しみにしております。「飛び飛びに話す子庭に寒雀」は掲句が先で、作者の位置が判らないかなと思いました。ご指摘頂きふっきれました。掲句、「幼児」か「幼子」か、いずれも「をさなご」ですが迷っております。宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)よろしいのでは。
(2)術(すべ)のなし も理屈でつながれているように思えますが。「泣く子には勝てぬ」というところから離れられて、ただ子供が泣いている、そのことに、雪催との取り合わせを考えてみられればいかがでしょう。
(3)よろしいのでは。可愛らしいです。私はこの表記で充分だと思いますけど。ひらがなもいいですね。

(1)枯蓮や(1)水に浮く  小口泰與(60代,男)
(2)虎落笛馬の怯えを垣間見し
(3)偕老の歩みなれども虎落笛
(4)鯛焼きや我を見据ゑしシーズ犬

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)何の影でしょうか?
(2)垣間見し をもう少し、自分の引き寄せた表現にされても。
(3)夫婦仲良く歩んできたけれでも、という、感慨の取り合わせとして、虎落笛はどうでしょう。コワイ、とか。
不気味という受け取り方が、少し常套的な発想になっているように思います。その意味で(4)が実感があるように思います。


2006年12月20日

(1)冬晴の鳥は帰らず髭手入れ  仁(50代,男)
(2)魔が差して冬木の枝を一二本
 三宅先生、こんばんは。いつもご指摘ありがとうございます。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)髯と冬晴れの鳥との遠近感はいいですね。
(2)「冬木の枝を一二本」を折るのでしょうか、どうするのでしょうか、ちょっと句意をとりかねました。

僧兵も 法師も見たか 山の紅  今田 誠之(70才以上,男)
 先日京都に紅葉狩りに行き 比叡山にも登りました。延暦寺とその界隈、山中に点在する紅葉は濃く力強い色でした。
ドクター三宅の診断と処方箋
 僧兵と法師が同じ言葉の繰り返しになっていますが、ちょっと効果的でないので、違うものを一つもってこられればいかがでしょう。

寒林ニ自由ハ存ス朝ノ月  玉白石(50代,男)
 三鷹駅前にある「山林に自由存す」から想を得て作りました。娘がしばらく武蔵野市にいたので、たびたび目にし、記憶に残っています。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 三鷹の駅前にあるその碑を知らないのですが、国木田独歩が『武蔵野』に書いた言葉を、武者小路実篤が揮毫したとか。武蔵野の景を思い浮かべればわかるかもしれませんが、ちょっと抽象的なので、下敷きになった言葉を知らないとわからないかもしれませんね。

ねんねこの茶飲み友達洋品店  智弘(30代,男)
 宜しくお願いします。初湯の句は推敲させて下さい。「穴熊囲い銀杏紅葉(黄葉)に崩さるる」は12月7日にありました、「その情景は、銀杏紅葉、山の秋、などの季語一語に含まれる」のドクター診断が目から鱗でした。亡父との将棋は飛車角落ちでも全く歯が立ちませんでした。穴熊囲いの戦法は小学生には知る由もありませんでしたが、もし穴熊囲いで対戦しても簡単に崩されそうです。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「穴熊囲い」とは将棋の戦法なのですね。知らなかったです。商店街の風景でしょうか。年をとった人が人気のない洋品店で話をしている情景でしょうか。ねんねこが懐かしい響きですね。

(1)著ぶくれは重たし列車遅れける  文の子(60代,男)
(2)著ぶくれぞメタポリックを繕ひて
(3)著ぶくれや店は増量セール中
(4)カラフルな賀状増えけり職辞して

 未だ現役ですが、願望の創作です。
(5)鋭き角や線路の矩の冬ざるる
(6)凍てしそら烏羽もて叩きける

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)遅れける、(2)繕ひて、(3)増量、という言葉あたりが、着膨れを余分に補完する言葉になって いるように思います。
(4)「職辞して」を上五に持ってこられて「職辞してカラフルな賀状増えにけり」でも。
(5)線路の矩がちょっとわかりませんでした。
(6)カラスが凍りついた羽根で空をたたくのでしょうか。飛んでいる、ということ?

義士の日や敵はサウナの砂時計  雀子(60代,男)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーん。汗が出るまでがんばっているのでしょうね。取り合わせはおもしろいと思いますが、敵は、と限定しなくてもいいのでは。

冬耕や向ふ岸より呼ばれたる  春雪(70才以上、男)
 三宅先生、おはようございます。春雪です。四川省を訪ねた風景を思い出しました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 何だかいいですね。冬景色が大きく広がってゆくようです。

(1)熱燗に肴は聖書蛇の穴  北野元玄(60代,男)
(2)蛇の穴ショ−もやりますクリスマス
(3)クリスマスカモカのおっちゃん飲みに来た

 12/12に、趣味が悪いと叱られました「蛇の穴」と「クリスマス」に再挑戦。蛇の穴は場末の赤提灯やバーをイメージしております。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)聖書と蛇の穴を取り合わす意図でいらっしゃるのでしょうが、句材が多すぎるようにも思います。
(2)何のショーなのでしょう?
(3)田辺聖子さんの夜の番組、私もみました。でもカモカのおっちゃんを知らない人にはちょっと受け取りにくいかもしれませんね。

(1)大いなる浅間を仰ぎ冬田かな  小口泰與(60代,男)
(2)冬落暉いよよ浅間は神の山
(3)巴焼き犬に見られて面映ゆし
(4)朝焼けの覆ふ上野(こうずけ)十二月

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)浅間を仰ぎ見ているわけですから、視点の転換に冬田はどうでしょう?
(2)ちょっと大げさに褒めすぎ。
(3)巴焼きとは?
(4)ちょっと景が大雑把なように思います。

落葉散る冬日の影の入り乱れ  タント(60代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 落葉の散る様子そのものが、入り乱れている感じですから、影はいらないのでは。


2006年12月19日

(1)国境も乳房地藏も眠りたる  豊田ささお(70才以上,男)
(2)山眠る大鍋の下ホダ火燃ゆ
 山眠るということで2句作りました。いかがでしょう?
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)は山眠る、という形とはちょっと違うように思えます。発想を借りてきても季語がないようですが。
(2)大鍋、と山眠る、の取り合わせはいいと思うのですが、榾火や冬の季語ですし中心点が分裂してしまうようにも思います。

(1)春の雪いつもと違ふ肖像画  学(50代,男)
(2)春秋や煙突を見てゐる日永
(3)赤ちゃんを抱ひてくれよと雪女
(4)一服のお茶を立てたり年迎え
(5)白い息スカートの丈短かかり

 ご教示を。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)肖像画がいつもと違うというのは、何と較べて、でしょうか。
(2)春秋や がちょっとわからなかったです。
(3)雪女の伝説そのまま借りてきたようで、少し捻られてみては。
(4)少し平凡でしょうか。
(5)あっさりと、これがいいですね。

(1)蕪汁をよそうお玉に朝日の矢  穂波(30代,女)
(2)千枚漬光るよ今日も快晴か
(3)朝日なかりんごのうさぎまた一羽

 以上3句、よろしくお願いいたします。先日は丁寧なコメントをありがとうございました。コメントを読みながら、わたしはこの頃、心を動かされることがあっても、十分にそれを味わっていなかったかもしれない、と思いました。味わうより前に、俳句を考え始めていました。先ず味わう、俳句や短歌はそのあと。体験できたことそのものに値打ちがあるから、俳句や短歌にならなくても、それでその出来事の値打ちが減るわけではない、と思ったら、なんだか楽になりました。どうもありがとうございました。
ドクター三宅の診断と処方箋
 おっしゃるとおりです。俳句や短歌にならなくても、今しかない日々の生活を大事に してください。
(1)ちょっと古い言い方ですけど、切れ字を使って、朝日かな、ぐらいでも。
(2)上の調子と合わせるなら、今日もいい天気、といった感じでしょうか。
(3)面白い発想と思いますが、朝日なか、がちょっとまどろこしい感じなので、朝方、早朝、などの言葉を使われてみてはいかがでしょう。

(1)先にゐて鴉見ている浮寝鳥  えんや(70才以上,男)
(2)七十二亥の年新た恙無し
 いつも適切な句評有難う御座います。浮寝鳥鴉と見てゐる老ひなりし・亥の年の六周巡り年明ける。を推敲いたしました。どうか宜しくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)先にゐて がなくても。「鴉見ている浮寝鳥」の部分は何となくおかしいですね。
(2)新た、と恙無し、の重なりが煩雑なように思います。「七十二亥年新たに迎へけり」ぐらいでも。

パソコンに圧し取つている木の葉髪  智弘(30代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「圧し取つている」の部分がわかりませんでした。

日向ぼこ化石のようになってゐる  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーん。身動きしない=化石、という形でつながれているようにも感じ、ようにという直喩で結ばれるには、いまひとつ意外性がないように思います。

(1)結果聞くまでの病廊そぞろ寒  文の子(60代,男)
(2)父母足して百九十の春迎ふ
(3)浄めなり猫手を舐むる初詣

 宜しくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)「結果聞くまでの」が込み入っている感じです。「病院の廊下に待ちてそぞろ寒」ぐらいでも。
(2)おめでたいですね。
(3)「猫手を舐むる初詣」の部分はいいと思いますが、浄めなり が手を舐めている理由を表しているので、意味を限定しているだけで、広がりを抑えてしまっているように思います。

(1)一目惚首の疲るる照紅葉  しんい(60代,女)
(2)百選の銀杏並木や散り初むる
 いつもお世話様でございます。(1)は「名園や首の疲れる照紅葉」(2)は[光陰や銀杏並木の散り初むる」を変えてみました、何度もお手数お掛けして恐縮ですが、よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)照紅葉に一目惚して首が疲れるまでみているよ。という形で、上五が状況の理由になってしまうように思います。もっと軽くつけられてみては。
(2)百選、も並木百選、とかどこかの樹木百選に選ばれた銀杏並木ですよ、と少し観光案内のようになってしまいます。夕刻、とか駅ビル、とか平々凡々としたもので、さらりと表現されてみては。

(1)風冴ゆる真正面に赤城山  小口泰與(60代,男)
(2)真向ひに赤城山あり息白し
(3)欄干(おばしま)に枯葉のおのがじし立てり
(4)早晨の月影映す冬菜かな

 三宅先生ご親切なご指導有難う御座います。「小春日や缶ドロップの音たしか」を「小春日や缶ドロップの音さやか」に推敲いたしました。ご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「さやか」よろしいのではないでしょうか。
(1)(2)両方とも真向かいに赤城山があるので、違う表情も見てみたいですね。
(3)全体に固い表現ですね。「おのがじし立てり」はどういう情景でしょう。
(4)早朝の、ぐらいでも。

昼の月 川面に光る ユリカモメ  菊美(60代,女)
 大和川には、ユリカモメ 携帯広げると飛んできます。餌くれるかな?です。あげられない! また太陽が水に映り、朝の月が真上にありました。句には事欠かないのですが、まだまだ詠めません。宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 俳句は小さいので、いきなり大きな景を描こうとすると絵葉書のようになりがちです。説明されているところから言葉を拾うと、
  ケータイを広げると来るユリカモメ
 写真をとる格好を描写するなら、
  ケータイを掲げるとくるユリカモメ
でしょうか。そんな具合に、身近なところから句材をひろって、だんだん広げていかれたらいかがでしょう。


2006年12月18日

(1)年の瀬を覆い隠して仏の座  豊田ささお(70才以上,男)
 こんばんは、今日も近所の畦道でホトケノザが満開でした。よろしくお願いします・・。
(2)年の瀬がかくれんぼするホトケノザ
 前句を変えて、口語にしてみました。理詰めでは変な俳句ですが・・。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)年の瀬を覆い隠さなくとも、ただ、咲いているという事実だけでいいのではないでしょうか。
(2) これも上五が違うものがいいように思います。「かくれんぼするホトケノザ」の部分は面白いです。

日溜りに影を落として落葉散る  タント(60代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 影を落とすのは、人の影でしょうか?落葉が降るのに、影を落とすはちょっと影が濃すぎるように思います。そのまま描写する必要はないですが、実感をもったもののあり方を把握しておくのは大事だと思います。

千両の生けられてをり保健室  玉(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 生けられてをり→活ける でしょうか?そうでしたら、こちらを選択されれば句意がわかりやすいかも。

(1)熱燗の力もらって五七五  仁(50代,男)
(2)飲み屋のおやじチワワに似て凩
 三宅先生、こんばんは。いつもご指導有り難うございます。きょうもよろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)力もらって だと酔いの勢いを借りて、といった感じになりますので、熱燗自体の力でつくるという句になさったらいかがでしょう。
(2)下五の切れ方がちょっと唐突なので、チワワに似て、あたりの言い回しを工夫されてみては。〜似の、でも。

秋深し鹿のわれを見つめおり  浮橋(60代,女)
 はじめまして。俳句はじめたばかりです。よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 こんばんは。
 鹿は秋の季語になっています。それでも秋を強調したいのだったら秋の鹿、と上五にひとまとめにされても。
  春鹿の眉あるごとく人を見し   原 石鼎(せきてい)
という句があります。表情をもってこちらを見ている鹿、という感じでご参考までに。

(1)山茶花や荒ぶ風にも白く冴え  浅葉洋(70才以上,男)
(2)木枯らしに背低く低く蕗のとう
 北風寒い季節に自然の花達は、懸命に頑張っている様子に心打たれ、詠んでみました。ご高評をお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)少し込み入っているので、「白く冴え」はただ白く咲いている、「白く咲く」ぐらいの表現でも。
(2)「蕗のとう」は春先出てくるものでしょうから、木枯らしとの取り合わせはちょっと違和感があります。

行く秋に 心重ねて 撮るモミジ  我太郎(60代,男)
 初めまして。よろしくお願いします。デジカメが好きで下手なりに心を伝えたいと頑張っています。
ドクター三宅の診断と処方箋
 写真がお好きですか?好きなものを撮られるときには、角度やピントを考えられると思いますが、俳句もピントを絞るのは一点です。モミジと行く秋、どちらにピントをあわせられるか、背景においていいものは、季語にならないものをもってこられるといいですね。

日に五枚手書きの賀状書き始む  なごみ(70才以上,女)
 いつもご指導有難うございます。賀状は本文も宛名も夫にパソコンで作ってもらっていました。今年からは私の分は手書きにする事にしました。俳句というよりは日記ですか…。もっと詩情のある句を詠みたいと思っております。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですね。詩情はねらって出てくるものでもないですから、日々の生活を大切に、移り変わる季節とともに、季語をより深く体感されるといいのではないでしょうか。「手書きの賀状書き始む」この部分はいいと思うのですが、日に五枚といってしまうと、自分に課すノルマを上五においているだけですから、周辺にあるものを持ってこられればよろしいのでは。例えば、
  夜のラジオ手書きの賀状書き始む
とか。

十二月八日や平家物語  智弘(30代,男)
 広島、長崎、終戦日はわかっていましたが、恥ずかしい話ですが最近、12月8日が開戦日と知りました。宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 そうですか。私も戦争は昔のことでしたが、もっともっと遠くなっているのでしょうね。平家物語は当然戦いを連想させますから、十二月八日とあわせて下においても、その日の説明以上には広がれないので、違うもの、もっと日常にあって、平々凡々としたものを持ってこられると実感があるように思います。

(1)息白しどぜう手捕りて家遠し  小口泰與(60代,男)
(2)雨打たれふふみきれずや寒薔薇
(3)湯ぼてりに赤城颪を纏ひけり
(4)染まりゆく木々を眼下に冬の滝

 よろしくご指導願います。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)よろしいのでは。
(2)「ふふみきれず」うーん。この部分が少しわからなかったです。
(3)湯ぼてり、という言葉は湯にほてる、といった意味なのでしょうか?
(4)少し景が平凡なように思います。

(1)東京を離るる辞令都鳥  文の子(60代,男)
 12/5のご診断有難うございました。「人待ちのタクシー並ぶ小六月」大変すっきり致しました。「栄転と言はれ下総都鳥」を左遷とお読みになられたので、左遷の句にしました。元々隅田川の都鳥を見て、場面を創作した句です。
(2)還暦よ車に紅葉貼り付きし
 12/4のご診断有難うございました。「還暦の車に紅葉貼り付きし」の「の」はミスタイプです。申し訳ありません。紅葉マークが浮かびました。
(3)十二月八日のメダルラッシュかな
(4)凩と駆くるや鞄空にして

ドクター三宅の診断と処方箋
(1)よろしいのではないでしょうか。
(2)この形だと紅葉マークの説明になってしまいますので、前の形、還暦の車に落葉が貼りつくのがいいように思います。
(3)アジア大会でしょうか。
(4)ちょっと形が込み入っているので整理されてみては。空になった鞄を抱えて凩と駆けて来る、といった句意でしょうか?

ポテチップ踏むと静寂しんしんと  裸時(30代,男)
 よろしくお願いしますm(_ _)m
ドクター三宅の診断と処方箋
 静寂=しんしん、と意味を繰り返しているだけなので、静寂を捨てて、違うものがしんしんとなるように仕立ててみられればいかがでしょう。


2006年12月17日

人並みにポケットの中クリスマス  藤節(50代,女)
 久しぶりの雑踏に体中クリスマス?の人を見つけました。私もちょっとだけ・・・。年の瀬ですね。
ドクター三宅の診断と処方箋
 「人並みに」は「人波に」でしょうか?ポケットの中はポケットが多いということでしょうか?ちょっとわかりにくいので、そのあたりご一考いただければ。

弁当に紅葉一枚添えてをり  林檎(40代,女)
ドクター三宅の診断と処方箋
 何だか彩りがきれいですね。何気なくて、いいと思います。

(1)お歳暮を屋台に買つてる夢の中  えんや(60代,男)
 紅葉狩りに行って多くの屋台を見たせいか?「夢の中」は「夢なりし」と悩みました。
(2)退職の名簿順上げ年暮れる
 毎年OB会の名簿が元勤務先より届きますが、2〜3名亡くなり順が繰り上がります。
(3)初鏡うしろに逆さ日本地図
(4)海の色捨て切って蟹茹で上がる

 いつも有難う御座います。今秋より、ハイレベルの通信句会に誘われて入会致しました。句の善悪のわからぬ小生、毎月投句に躊躇っています。どうか宜しくご指導下さい。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)買つてる→買つて、ではいかがでしょう。「夢の中」でよろしいのでは。
(2)下の説明書きの内容が上の俳句からはわからないように思います。「名簿順上げ」を具体的な形で表現されては。
  傍線の増えし名簿や雁渡る 清水哲男
という俳句があります。
(3)後ろは捨てられて、逆さにうつる日本地図、だけでも
(4)捨て切って、は普通に捨てるだけでよろしいのでは。

安穏や師走の風のあたたかき  しんい(60代,女)
 よろしくお願い致します。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーん。ひっくり返すと、師走の風が暖かくて安穏です。といった形で散文の一行で内容が説明できてしまいます。それはそのまま句として広がりがないので、師走の風に取り合わせる上五に「物」をもってこられてはいかがでしょう。

(1)単車を飛ばす 北風を乗せ 飛ばす飛ばす  北野元玄(60代,男)
(2)北風が単車で駆け抜ける 疾い!
 12/3の「北風が単車に乗って颯爽と」を推敲して「北風も一緒に乗り込む途中駅」 を過日投稿いたしましたが、これでは句意も異なるし、おまけに類想感が強く残ります。そこで上記の2句のように自由律の俳句に直してみました。各句の空間は改行のつもりです。船団以外の句会では、自由律俳句など歯牙にもかけてもらえないのではないかと思います。放哉や山頭火を意識して、これからは少しずつ挑戦してみようと考えております。忌憚のないご批判をお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 自由律は一見、軽くできそうに思えますが、定型からリズムや句切れを独自に見つける作業が欠かせません。
(1)(2)ともに単車を飛ばす、疾い、ということと北風とのとりあわせは、北風の性質を重ねて説明しているだけのようにも思えますので、内容を凝縮して短句へいくにしても、中心点を作らないで長句にするにしても、あまり面白みが出ないように思います。まずは単車と北風ではなく、ほかの取り合わせで言葉を弾ませてみられてはいかがでしょう。

マフラーを巻いてあげたきキリンかな  涼(70才以上,男)
 よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 うーんと長いマフラーでしょうね。ステキな想像力です。

(1)乗せられて行く子の赤の冬帽子  ポリ(50代,女)
(2)夕落葉はく私と満月と
 ご指導ありがとうございます。どうぞよろしく。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)何に乗せられてゆくのでしょう?
(2)夕落葉が少し言葉としてムリがあるように感じます。一度軽く結節点を作って、
  落葉掃き終えわたしと満月と
という具合に作られてみてはいかがでしょう。

(1)冬の日や祠の屋根に日の斑かな  タント(60代,男)
(2)葉の枯れて掘られぬままの芋の畝
(3)庭園の松の緑や櫨紅葉

 私の不注意で以前にお願いした句を再送し、穴があったら入りたいくらいです。不調脱出法有難うございました。いい句を作ろうと思わないことですね。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)情景がよく見えますね。
(2)掘られぬまま はいらないように思います。上五の言葉で一見掘られない様子はわかりますので、中七は違う表現を持ってこられてはいかがでしょう。
(3)取り合わせが少し平凡なように思います。

(1)木枯らしや山姥たちの息集め  豊田ささお(70才以上,男)
 三宅先生、いろいろと暖かいご指摘有難うございました。たぶん私どもの師は、「初心の心得としては瞬間を言いとめろ」ということだと思います。仲間からも「短歌の方へ行かれたら」といわれたりしていますが、自分を冷静に見るには俳句は実にいいもんでだと思い、笑われながらやっています。「木枯らしや万物の息集めきし」を直してみましたが息というのが結局未消化ですね。ご教示を・・・。
(2)木枯らしや谷の埋み火燃え立ちぬ
 こんなのはいかがでしょう?
(3)鮭鍋の温もりを抱き山終い
 今日は月1回の雑木林クラブの今年の山終いで、「山のクリスマス」と称してなぜか石狩鍋でした。雨上がりのためか参加は少ないけど、いい山おさめになりました。でも一句作りかねております。ご指導を・・・。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)そうですね。多分「息」と木枯らしを関連して結びつけようとされるから難しいのだと思います。思い切って、集めるものを息から離されてみられればいかがでしょう。
(2)埋み火は、いったんおこした火を灰に埋めることですから、燃え立つという言葉はちょっと不似合いのように思います。
(3)山終い という言葉があるのですね。実感があってよろしいのではないでしょうか。


2006年12月16日

みじか日や詰碁解けずに自己嫌悪  春雪(70才以上,男)
 三宅先生 こんばんは。京都は終日雨降りでした。久し振りに詰碁に取り組みましたが答えられずに嫌気がさしました。(笑)
ドクター三宅の診断と処方箋
 確かに詰碁は難しいですね。私も何回かチャレンジしましたが、単純なものでもすぐ答えを見てしまいます。「自己嫌悪」まで言われなくても、さらっと物でながされても。

(1)リースまた冬のしつらえ校長室  玉白石(50代)
(2)母見舞う師走の午後や影淡し
 よろしくお願いいたします。
ドクター三宅の診断と処方箋
(1)ごく自然に、「クリスマスリースしつらえ校長室」でいいのでは。
(2)淡い影に感慨がこめられているのでしょうね。よろしいのでは。

短日や学び舎は日々掃かれおり  智弘(30代,男)
 こんばんは。宜しくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 学び舎 は学校でいいのでは。学校の掃除の風景と短日の取り合わせはいいですね。

(1)いもぼうを食べて何処行く冬の昼  仁(50代,男)
(2)葉牡丹の赤白黄色とはならず
 三宅先生、こんばんは。毎回のご指導ありがとうございます。診断はどうあれ毎日楽しみにしております。と同時にいい勉強になり感謝々々です。きょうもよろしくお願い致します。
 さて先日の「いもぼう」の句の「芋棒」は京都の名物料理ですね。エビイモと棒鱈の煮つけたもので、そのほかには、ゆば、とうふのあんかけのもの、茶碗蒸し等々でした。「いもぼう」とはきいてはいましたけれど、まだ食べたことがなかったものでしたから、話の種にとおもいまして・・・高い昼めしにあいなりました。以上。
ドクター三宅の診断と処方箋
 右往左往しながらやっておりますが、そう言っていただけるとありがたいです。
 「芋棒」のご説明ありがとうございます。おいしそうですね。神戸生まれですが、京都には縁がなくて。
(1)いいですね。どこ行きましょう?
(2) 黄色とはならず、がどうでしょう。チューリップの歌を踏まえられているのでしょうが、ボタンに援用するのはちょっと違和感があるようです。

ウイルス滅ぶ無垢の素焼きや玉子酒  ねぎよしこ(70才以上,女)
 二ヶ月ぶりです。おちば落ち葉綺麗な女、、に出会いました。よろしくお願いします。
ドクター三宅の診断と処方箋
 材料が少しおおいですね。「無垢の素焼きや玉子酒」の部分を生かされるのであれば、「ウイルス滅ぶ」は理屈ですから、思い切って捨てられればいかがでしょう。

(1)手袋のほつれ気になる登校児  加護坊(70才以上,男)
(2)菩提寺の跡継ぎ決まる根深汁
(3)夜暗し出湯の宿の根深汁

ドクター三宅の診断と処方箋
(1)登校児と客観的に見ていらっしゃるので、「ほつれ気にして」、と視点を統一されたらいかがでしょう。
(2)(3)田舎めいた感じがあっていいですね。