俳句クリニック 2007年1月後半分(ドクター:小倉喜郎)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。

1月と2月の担当ドクターは小倉喜郎です。
<プロフィル>
 1965年1月15日生まれ。兵庫県中部在住。リンゴが嫌い。好きな果実は夕張メロン。気まぐれにケーキを焼いてみたら、陶芸(私の趣味)の作業とよく似ていて楽しかった。道具もよく似ている。1日で完成するのも気に入った。現在、陶芸とお菓子の融合を考えている。更に俳句との融合も・・・。

ドクター小倉の診断
2007年2月15日

(1)父さんの梅咲いたよと母の声  藤野雅彦(70才以上,男)
(2)若い芽は確と踏まれて麦となる
 いつもご指摘有難うございます。でもその指摘を次の句に生かすのは、当たり前ですが至難です。今は試行錯誤です。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)父母の句はなかなか難しい。雰囲気が出すぎてしまうのですね。この句の場合それほど気にはならないです。
(2)「確と踏まれて」が問題。特に「確と」が問題。

人間はサル目ヒト科園うらら  ささ奴(50代,女)
 天王寺の動物園に行きました。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 悪くはないのですが、このパターンは何度か見たことがあります。このような句は新鮮さが命ですから、ちょっと苦しい。

(1)如月のあらあらかしこあらかしこ  学(50代,男)
(2)春や春地盤探知機調査中
(3)赤ちゃんの吸ひし力や朧月

 ご教示を。
ドクター小倉の診断と処方箋
(2)この機械が何なのかよくわかりませんが、面白くなりそうです。「春や春」がもったいない。安易というか、もっとこの機械に合う季語があるはず。探してください。
(3)季語が程よく効いています。

(1) 髪切りて嵩うずたかし春の月  まりあ(女)
(2)ビーグルの耳ものの芽に触れてゆく
 私も誇るほどの量があるわけではないのですが。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)「嵩うずたかし」があまりにも説明的です。もう少し表現を考えましょう。でも設定はおもしろい。切られた髪と春の月はなかなか面白い取り合わせです。
(2)まずまず。小さな春という感じでいいですね。

団塊のとうちゃん朝寝シュークリーム  月虎
 さすが、ドクター!〈墓標みな初冨士になる魔女になる〉って、いいですね。魅力的なわからない句に、憧れます・・・。そういうのに、したいです。そういう診断をよろしくお願いします。毒には毒をみたいな・・・・
ドクター小倉の診断と処方箋
 悪くないですね。今話題の団塊世代のオヤジが休日に朝寝をしている。その家のテーブルにはシュークリームが置いてある。ひとつ気になるのは「とうちゃん」ですね。句が軽くなっていますね。軽いことが良い場合と、その軽さがマイナスになるときとあるでしょう。そのあたりを句会に出して判断してみましょう。
【管理人からお願い:月虎さん、次回からメールアドレスをご記入くださいね。月虎さんへのご連絡以外には絶対に使用しませんので、ご安心ください。よろしくお願いします。】

(1)初天神学校帰りの初デート  ささ奴(50代,女)
(2)春の雲とんで綿菓子できあがる
 ご指導よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)学校帰りのデートといえば近くの神社が定番でしたね。さてこの句、「初」つながりですが、あまりにもストレートですね。「初デート」を少し考えてみましょう。
(2)俳句のつくりはまずまず。しかし春の雲と綿菓子もやはり重なっていますね。俳句を取り合わせるときには、少し離れたものを取り合わせましょう。空間が広がります。

国語好き算数も好き薺折る  玉白石(50代,男)
 小さい子供は無邪気です。よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 前半がやや重たい感じ。国語、算数が目立ちすぎて、薺が消えかかっています。つくりとしてはいいのですが、バランスが問題です。

二日灸すゑて吉本新喜劇  星次(40代,男)
 はじめまして。宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
 ちょっと昔にはよくあったシーンかもしれませんね。季語がわかるのですが、詩的に働いているでしょうか。難しい判断ではありますが。

健康雑誌立ち読みをして日脚伸ぶ  タマ(女)
 お願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 俳句のつくりとしてはまずまずですね。「健康雑誌」と「日脚伸ぶ」とが少し近いというか、同一線上にある感じですね。雑誌名を書くのもインパクトがあって良いかもしれません。

(1)皿の目のモクモクハウス潮干狩り  裸時(30代,男)
(2)やけくその丸め紙ある大寒波
 どうもネガティブになりがちです。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)モクモクハウスがわからない。ご自分ではわかっているのかもしれません。もしそうならば、読者に優しく。
(2)やけくそで紙を丸めるのは当たり前。やけくそを書かずにおきましょう。


2007年2月14日

竹林に眠る猫あり春の昼  山太郎(60代,男)
 説明に終わっているでしょうか。
ドクター小倉の診断と処方箋
 春の昼に猫が寝ているのは極めて普通のことです。それを救うのが竹林になりますが、救いきれていない。極あたりまえのないように、一点だけ何かを加えたら良い句になることはあります。竹林をいろんなものに入れ替えてみましょう。

球春や弁当箱を買い替える  多弁(60代,男)
 「高笑い五百羅漢も寒の内」は、寒さにふるえる自分と大笑いしている羅漢様のことで「寒の内五百羅漢は大笑い」の語順がよかったですね。
ドクター小倉の診断と処方箋
 弁当箱を買い替えることが何を意味するか。新しい春を迎えてのことで、弁当箱も新しくしたのでしょうか。このように意味的に考えるとあまり面白くない。もっと映像で迫るような句でなければならないのかもしれません。

御清の塩や小匙に蜆汁  智弘(30代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 ここまで塩のことを書くより、さりげなく塩を入れましょう。蜆汁+美味しい塩、くらいでよいのでは。

(1)雪積むや闇の一つに指輪投ぐ  笹泉(50代,女)
(2)冬の雷埴輪の顔の裏の裏
 よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)なぜ指輪を投げるのか?しかも雪降る闇へ。冬の海へ投げるのならわかりますが・・・。まあそれならば演歌になってしまいますが。
(2)これは少し面白い。埴輪の顔の裏の裏は表でしょうか。それとも内部になるのかな。そのあたりがあいまいで、ちょっと思わせぶりが気になります。
駆ける子の靴煮える音みぞれかな  豊田ささお(70才以上,男)
 「水雪やバンザイする子飛び出す子」を全部替えました。まだ推敲途中ですがこんなところが限界かなと・・・。
ドクター小倉の診断と処方箋
 あまり句としては変わっていません。むしろ「煮える」あたりは不自然に感じます。あまり凝った表現よりも、具体的で単純な表現の方が俳句にはいいでしょう。理屈を考えても、事実はどうあれ、霙で喜ぶよりも、雪で喜ぶ方が普通ですしね。

(1)北風やけやきの枝々星はじく  鴻之助(50代,男)
(2)春はあけぼのネクタイをせず地位もなく
 前回のプリクラの句ですが、娘の話ですと、プリクラ機にメルアドを送ると、携帯に送信されるそうで、いまや携帯に保存したり、メールで送ったりと。句は、それをただそのままいっただけになっていますね。また、2句よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 なるほど、プリクラも進化し続けているわけですね。
(1)ロマンチックな言い方が返ってつくってしまったように感じるのは私だけでしょうか。大欅と星月夜との組み合わせてシンプルに作ってはいかがでしょう。北風も交えると句が複雑になってしまいます。
(2)ネクタイもせず地位もない、とはちょっとくどいですね。ネクタイだけでつくりましょう。

鳥過去を引きずったまま雲に入る  北野元玄(60代,男)
 鹿児島県の出水平野の鶴に関連して、「ショバ代(宿代)を踏み倒し鳥雲に入る」「堂々の無銭飲食鳥渡る」「鳥雲に入る過去を引きずったまま」などを考えているうちに上句になりました。「鳥」と「雲に入る」を離して使った例をあまり知りませんが、これは許されますか。ご教示ください。
ドクター小倉の診断と処方箋
 許されることではありましょうが、問題は受け入れられるほどの説得力があるかが問題でしょう。「過去をひきずる」は誰にも存在することであり、観念的であります。この部分のほうがずっと問題です。

(1)春を待つ2000ピースのパズルかな  穂波
(2)春を待つトトロのパズル1000ピース
(3)春を待つ500ピースのトトロかな

 「春を待つ500ピースのパズルかな」を推敲しました。(1)は500ピースだと大人には物足りないと思い、数を増やしました。(2)と(3)は柄を書きましたが、(2)は口調も内容もごちゃごちゃしてしまったこと、(3)はこの言い方でパズルだと伝わるのか、気になります。そもそも柄はないほうがいいのかもしれません。「具体的に書くこと」と「隠すこと」をどのように区別したらいいのか、目安があったら教えていただけませんか。
ドクター小倉の診断と処方箋
 本当に難しい問題ですね。2000ピースのパズルは具体的ではありますが、そのパズルの出来具合が見えてこないところが弱い。トトロを入れてもあまり変わらないように思います。

内庭に立春の風植木鉢  玉白石(50代,男)
 仕事が忙しくて投句できませんでした。久しぶりの投句です。毎日投句できるくらしがしたいものです。よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 何の植木鉢でしょうか?空でしょうか?そのあたりが見えてこない所に句の弱さがありそう。

花粉飛ぶ反応なしの嬉しさよ  菊美(60代,女)
 節分と共にくしゃみが出てでしたが、今年は体が軽く、今のとこ何にも有りません。うれしいです。「節分の、、」ご指導有難うございます。言われて初めてわかる次第。「あっちかな恵方まき寿司しゃべりつつ」川柳やといわれそう。(だまって食べるなんて出来ませんでした)
ドクター小倉の診断と処方箋
 花粉症の方にとっては嬉しいのはわかりますが、嬉しいことを嬉しいと言ってしまえばそれで終わってしまいます。

(1)洟水をぬぐわぬ女春の風  きなこ(50代,男)
(2)洟水をぬぐわぬ女山笑ふ
 よろしくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
 洟水は拭いましょう。


2007年2月13日

教科書のマーカー光る風光る  タマ(女)
 よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 光るを重ねたところが効果的かどうかが問題ですね。私の意見としてはあまり効果的ではない。〈教科書のアンダーライン風光る〉と比べてみてください。これは好みかもしれません。また特別な科目を書くのも面白いでしょう。

立春や僕にも何か出来そうだ  春雪(70才以上,男)
 先生、こんばんは。ちょっと自分の俳句を変えてみました。(笑)
ドクター小倉の診断と処方箋
 春が来ることは新たな可能性を感じることでもあり、句としては重なっていますね。やはり他の季語にすべきでしょう。特に抽象的な内容の句には具体的事物の季語が比較的効果があるようです。

(1)ねぶか抜く雪に一本づつ擦り  えんや(60代,男)
(2)タクト振るごと餅揚げる厨妻
 いつも的確なる句評嬉しく存じます。今回も宜しくお願い申しあげます。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)葱を抜いて雪に擦って泥をおとすのでしょうか。ちょっと説明的ではありますがその様子が浮かびます。
(2)厨妻は言わなくてもだいたい予想つきますね。一番の問題は「タクト振るごと」ですね。これが読者に伝わるかどうかです。私の感想としては、一読してうまく言ったなと感じましたが、その具体的絵が見えてこない。一度句会で多くの人の意見を聞いてみてください。

(1)雛祭りケーキの予約しています  菜月子
(2)猫柳今できることやればいい
 なかなか俳句が作れないのですが、思いつくとこんな句になってしまいます。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)雛祭とケーキがちょっと近い感じがしますね。ちょっと違ったものを注文した方が句に広がりが出ます。
(2)実はこういう作り方もあるのですね。漠然とした表現ながら、作者のちょっと悩んだ状態が出ていて、季語とうまく合っています。

Gジャンの袖の重さや蕗の薹  香珠(40代,女)
 アドバイスありがとうございます。「Gジャンの袖の重さや春浅く」の「重さ」をカットするのがむずかしく、季語の方を変えてしまいましたが、治っていないのかもしれません。
ドクター小倉の診断と処方箋
 やはり「重さ」をカットしましょう。季語を換えてもあまり変わっていません。Gジャンと春浅し、の取り合わせで広く考えて見てください。袖の重さに、袖にこだわる必要はないでしょう。

室菊のさみどりの茎春時雨  智弘(30代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 室咲きは普通は春に咲く花のことですね。室菊というのがあるのかわかりませんでした。

(1)結末を見逃すドラマ目借時  文の子(60代,男)
(2)遠蛙休耕田に居りし人
 宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)眠くてついドラマを見逃してしまった。理屈になっていますね。例えば〈目借時ドラマに双子が登場し〉などと、ちょっと角度を変えて季語を使ってみましょう。
(2)季語と休耕田は近すぎますね。その人も見えてきません。もう少し距離を置くほうがよいでしょう。

(1)通ひ路に拝む日の出や春の色  栗太郎(60代,男)
(2)剪定を終へたる薔薇の名札かな
 いつもお手を煩わせまして申し訳ありません。なにとぞ宜しくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)作者の気分だけが出てしまっていますが、読者としては感動がありません。春の色が漠然としていて効いていません。
(2)これは少しはわかりますね。薔薇好きの人ならばうなずける句かもしれません。

蒲団から片眼の女豆電球  きなこ(50代,男)
 よろしく、ご診断下さい。
ドクター小倉の診断と処方箋
 なんだかコワイなあ。

春浅し鋸を磨る太き指  豊田ささお(70才以上,男)
 「春浅し森に軍手の忘れ物」を変えて見ましたが、陽気はすっかり春になりました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 今ひとつパッとしませんね。鋸を磨るとはどういうことを言っているのかが見えてきません。鋸引きを始めるときに親指に当てることかな。春浅しと鋸はまずまず面白い取り合わせですので、もっとわかりやすく鋸のことを書きましょう。

立春や壁に向かひて逆立ちす  雀子(60代,男)
 よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 まずまず面白い句ですね。立つが重なってはおりますが、二つは無関係。でもなんとなく立春の日の倒立が気持ち良いですね。

(1)公魚の引きの淡きやしゃくり釣  小口泰與(60代,男)
(2)囀りやほのかに浮ぶ榛名富士うつむいて少女の告白チューリップ
 よろしくご指導願います。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)公魚釣りそのままです。小さくても小口さんの発見を俳句にしてください。
(2)榛名冨士の必然性が感じられません。それだけに句としては弱い。

(1)うつむいて紅さす乙女チューリップ  うさぎ(女)
(2)うつむいて少女の告白チューリップ
 「うつむいてほんのり紅さすチューリップ」からふっくらしたほっぺの女の子のイメージが先生に伝わっただけでも、幸せです。句の主人公として女の子を登場させましたが、安易すぎたかしら?
(3)小春日や猫しなだれてチューリップ
 先生のおっしゃる、”チューリップと其の周辺”を考えてみました。小春日とか早春とかのほかに、ぽかぽかした言葉は何でしょう?
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)紅さす、が安易です。それはチューリップの働きに任せて、少女が全く無関係の行動の方がよりよくなるでしょう。そういう意味では(2)の方が良いでしょう。
(3)小春日は陰暦の十月で、11月から12月にかけてのことですから、この場合は使えませんね。もっともっと周辺を考えてみてください。チューリップとは関係のない、でもチューリップの横にあると素敵な何かを発見してください。

下萌や原油で造る都市の路  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
 原油が生々しいというか。アスファルトは原油からつくるのでしょうか。そうであればちょっと理屈っぽいですね。季語を封じ込めた感じでもったいない。


2007年2月12日

(1)月山の水絶へずしてとまり鮎  学(50代,男)
(2)雪原に野うさぎのゐるけしきかな
(3)千年杉に雪の降る音のあり
(4)息白し少年少女みな紅し

 ご教示を。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)月山から流れてくる水に越年する鮎の風景は良いですね。絶えずして、当たり前のことを言ってしまっていますが・・・。
(2)(3)(4)具体性に欠け、雰囲気だけの句となっています。

(1)日脚伸ぶ小綬鶏一家棲む叢に  彩貴(40代,女)
(2)隣席にアジアの言葉君子蘭
 宜しくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)季語が2つありますね。小綬鶏は春の季語です。「ちょっとこい」という鳴き声は特徴がありすぐにわかりますね。鳴き方が派手で、明るい感じがしますので、また親しみ易いところなどを利用して自分との句にしましょう。
(2)こちらのほうがイイですね。「アジアの言葉」はわかるのですが、日本語もまあアジアの言葉なので、そのあたり少し考えなければならないことですね。

鼻眼鏡詰将棋打つ春隣  俊(50代,女)
 ご指導宜しくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 鼻眼鏡で将棋はあまりにも平凡。東国原知事も時々会見でやってますがあまり好きではありませんね。嘘でもいいからしっかりかけていて欲しい。
【管理人からお願い:俊さん、次回からメールアドレスをご記入くださいね。俊さんへのご連絡以外には絶対に使用しませんので、ご安心ください。よろしくお願いします。】

小春日は煙草を頭にさしなさい  裸時(30代,男)
ドクター小倉の診断と処方箋
 なんで頭にささなきゃいけないんだ、と思いましたよ。「は」もこの場合断定的に働いているようで、反発したくなるような句です。

見下ろせば山峡光る春田打ち  豊田ささお(70才以上,男)
 いつも有難うございます。一昨日の句会で「春浅し紙ヒコーキの落ちる音」が主宰の目に留まりました。ただし、「落ちる音」は「落ちし」になおされました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 現代・旧仮名遣いの問題でどちらかに統一すべきですね。
 よくわかる句なのですがやはり心打つものがない。結局よく見る、よく見た風景で、すでに我々の心の中にある風景なのですね。だれもが持っている風景に少しだけ、小さなものでもいいからプラスすれば、その風景は新鮮なものとなるはず。それが俳句ではないでしょうか。

(1)ひたすらに駄菓子商ひ冬萌ゆる  小口泰與(60代,男)
(2)嬬恋や畑打つ音と風の音
 よろしくご指導願います。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)駄菓子屋と冬萌、これだけで十分なのです。ひたすらに、は読者の読み分です。
(2)嬬恋は素敵な名前ですよね。ロマンチックでもあります。それだけに俳句にするのはなかなか難しい。雰囲気が出すぎてしまうのですね。しかも「嬬恋や」とするのはちょっと安易です。

眠る子や六畳の間の紙風船  さくら(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
 〈子の眠る六畳の間の紙風船〉と比べてみてください。切れ字「や」は一度そこで意味的にも切れて余韻をつくります。そして次の展開へ進みます。この句の場合はそんな展開を必要としない句のようです。敢えて切れをなくすとやさしい雰囲気になりませんか。ご検討ください。

マラソン走菜花畑の枯れた井戸  北野元玄(60代,男)
 2/8のご丁寧なコメントありがとうございました。北京原人には当然女性もいたはずですが、なかなか想像しにくいですね。上句ははじめ「マラソン走菜花畑の水飲み場」としていたのですが平凡ですので、急遽変更しました。ご講評をお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 マラソンと枯れた井戸がつながっていない気がしますね。水飲み場とは給水ポイントのことでしょうか。給水ポイントなんかは面白そうですよ。そうすれば、マラソンを言わなくてもよい。マラソン走もあまり良い表現とはいえません。

春浅き饅頭を売る小店かな  涼(70才以上,男)
 宜しくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 なにか物足りなさがあります。季語と小さな饅頭屋とのつながりが見えてこない。この間に何か人の気配が欲しいですね。作者の気配です。

父さんの花柄パンツ鬼は外  澄(女)
 よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 なかなか面白い句ですね。鬼を演じているお父さんかもしれないし、豆まきをしていて、ベランダにはお父さんの派手な花柄パンツが干してあるのかもしれませんね。
【管理人からお願い:澄さん、次回からメールアドレスをご記入くださいね。澄さんへのご連絡以外には絶対に使用しませんので、ご安心ください。よろしくお願いします。】

(1)霜降りの芝に転々雀かな  うさぎ(女)
(2)薄氷の満月覗く紅椿
 俳句歴2ヶ月、先生のご意見はとても率直でさすが!と、日々驚嘆しております。今日もだめもとで挑戦です。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)よくある風景なのですが、ここからスタートして、作者との係わり合いが欲しいですね。そうすれば俳句の個性が出てきます。
(2)この句も同じことが言えます。それと、薄氷、満月、紅椿、はみな季語です。まずは季語を1つで始めましょう。


2007年2月11日

(1)カプサイシン入りのシャンプー春立つ日  まりあ(40代)
(2)寒牡丹うすく光の暈あつく
 ありがとうございました。あまり作り過ぎないところで、最初の句はそのままです。美容院で何も知らずスカルプシャンプーというのを頼んだところ、燃えるようでした。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)最近頭髪が気になる私としては想像したくない句です。普通では理解されない句でしょうね。
(2)わかるようでわからない句。

(1)うすぐもり土手に芽を出す蕗のとう  学(50代,男)
(2)菜の花の胎内にゐるけしきかな
 ご教示を。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)季語の説明に終わっています。
(2)わかるようでわからない。雰囲気に流されてしまった感じがありますね。特に下5があまり意味を成していません。何が何の胎内にあるのかを具体的に言い放ってみましょう。

老犬の尾の巻きあたり春の風  文(40代,女)
 「春の風老犬の尾の巻きあたり」と迷いました。(どちらもたいしたものではありませんが)。お願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 「巻きあたり」がよくわかりません。〈老犬の尾の巻いており春の風〉のように、普通に表現しましょう。

初午やみどり児涙の粒跳ばす  由紀子(40代,女)
 アドバイスありがとうございました。とても励みになります。何事にも焦らず、春を待てそうです。前回の「みどり児の涙粒跳び春立ちぬ」を推句しました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 〈初午の赤ん坊の涙飛び散って〉〈赤ちゃんの涙飛び散り春になる〉のように、普段の言葉で俳句をつくってはいかがでしょう。みどり児もわるくはありませんが、私の世代だとあまりピンとこないのですよね。

立春やゆるびし頭ほめ使ふ  浜っ子
 前作(立春やゆるびし頭螺子を巻く)を少し変化させました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 表現は変わりましたが句自体はあまり変わっていません。ゆるびし頭から離れましょう。

百年の雨戸を開けて豆を蒔く  豊田ささお(70才以上,男)
 「重たくも雨戸を開けて豆を蒔く」を推敲・・誇張が過ぎるかもしれません。
ドクター小倉の診断と処方箋
 重たくも、百年ももあまり代わり映えしません。意味から離れてください。

どこかから玉子焼きの香春めきて  れい(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 ありそうなことですよね。しかし何か物足りない気分です。まずは表現が説明的ですね。ただの玉子焼きですからシンプルに自然に季語と取り合わせましょう。

(1)ケント紙のはじく指先春浅し  ポリ(50代,女)
(2)大またで歩く立春犬が見る
 いつもありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)ケント紙と春浅しの取り合わせはいいですね。「のはじく指先」がわかりにくいですね。ケント紙が指をはじくのでしょうか、指がケント紙をはじくような気もしますが。状況がわかりませんでした。
(2)犬が大またの私を見るということですよね。表現が曖昧でパッと状況が頭に浮かばない弱さがあります。

ほころびて雛の顔にも薄化粧  菊美(60代,女)
 いつも有難うございます。早か?お雛様出しました。ミニ<10センチぐらい>。ケースが壊れて、段飾り作り、私が楽しみながら飾りました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 薄化粧がやはり普通のことですね。まして古びた雛人形の薄化粧は非常によくわかるのですが、それだけに平凡になってしまっています。そのお雛様を別の角度から見てください。

墓碑銘は初富士になる魔女になる  裸時(30代,男)
 「初富士に魔女の煙が現れる」を推敲してみました→
ドクター小倉の診断と処方箋
 なんだかよくわからなくなってきましてね。もともとよくわからない句ですから、気持ちよくわからない句にしたいものですね。〈墓標みな初冨士になる魔女になる〉なんていかが。


2007年2月10日

(1)わびたるや雪降る中の黒茶碗  学(50代,男)
(2)ひたすらに突進するや寒鮪
(3)面立ちの似てきて父の天日干し
(4)ぶなの木の根回り穴の弥生かな

 ご教示を。
ドクター小倉の診断と処方箋
 どの句も伝えようとする気持ちは理解できますが、もう少し具体的な物事で表現するようにしましょう。
(1)わびる、とは詫びる、侘びる、がありますね。後者ととれば句の説明になるし、前者ととれば意味不明。
(2)鮪はそんなものですよ。
(3)誰が誰に似てきたのか。何の天日干しなのか。
(4)ぶなの根回りをみて弥生を感じたわけですね。陰暦三月の弥生であればやはりあたりまえ。弥生時代を感じたのならちょっと面白くなりそうです。

(1)早春の魚塩焼きランチかな  菜月子(女)
(2)答弁をつつがなく終え黄水仙
 (1)は「風花や鯖塩焼きのランチです」(2)は「技ありの答弁決めて花水仙」の推敲です。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)ご本人はきっと不満を感じられているかもしれませんが、こちらの方が好きですね。鯖か鯵か鰆かは読者に任せましょう。
(2)少しよくなりましたが、まだつつがなく、が不満ではあります。

着膨れし人皆黙す朝の駅  栗太郎(60代,男)
 寒い朝、通勤の駅のホームの光景です。話し声がまったく聞こえない。不思議な世界です。
ドクター小倉の診断と処方箋
 こうして句でみるとあたりまえの風景で不思議さが伝わってきません。季語をそのまま俳句にしたようです。このような季語を使って新たな展開を俳句にしましょう。例えばその人々が線路を見ているとか、構内アナウンス等。

(1)出張を見送る妻や小正月  文の子(60代,男)
(2)五重(ごえ)の塔ヒマラヤ杉の並ぶ冬
 宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)句の作り方はまずまずです。あとは季語が効いているかが疑問です。いろんな季語を試してみましょう。
(2)どこの五重塔かにもよってずいぶん違ってきますが、はっきり言えることは同じ方向のものを2つ並べた単調さがあるようです。見たままで、それ以上のものが感じられないのです。

(1)歌留多会恋知らぬ子に札取らる  笹泉(50代,女)
(2)歌留多取り右近敦忠一つ家に
 早い診断いつもありがとうございます。よろしくご指導お願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)の句を別の角度から捉えた句でしょうか。(2)〈逢ひみてののちの心にくらぶれば昔は物を思はざりけり 藤原敦忠〉ですね。それにしてもどちらの句も多くを伝えようとしすぎですね。俳句は一点集中、シンプル、これに限ります。

冬満月ネオン街を無口にす  ねぎよしこ(70才以上,女)
 よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 ネオン街が静かなのはよくわかりますね。それが冬満月のせい。やはり原因と結果になってますね。「無口にす」を言わないでおきましょう。

(1)初雪や庇を音も無く滑る  えんや(70才以上,男)
(2)電線に絡む凧のよく揚がる
 厳しい句評は何よりもありがたいものです。宜しくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)雪が音もなく滑り落ちるのは普通のこと、l季語の説明のようになってます。それだけでは物足りないですね。「しずり雪」のような言葉もあります。
(2)電線に絡んだ凧がよく揚がるのはヘンですね。絡まったのが風に吹かれて揚がったのでしょうか。普通に考えると不自然です。

枝垂れ梅蕾ほつこりふふみけり  小口泰與(60代,男)
 よろしくご指導願います。
ドクター小倉の診断と処方箋
 気持ちはわかりますが、これは梅の蕾の存在を言っただけに終わっています。「ほつこり」「ふふむ」といった雰囲気ある言葉で飾ってもその域をでません。

水雪やバンザイする子飛び出す子  豊田ささお(70才以上,男)
 「雪降りの空のしろきに飛ぶ子ども」の推敲です。
ドクター小倉の診断と処方箋
 雪が降って子供たちが喜んでいると言ったのと同じですね。「水雪」も気になるところ。子供たちの喜びを具体的に書きましょう。彼らの行動やその周りの様子なので。

(1)いちりんの白梅にかく酔いしれん  うさぎ
(2)春近しつらら押しのけ梅蕾
 インデアナ、今朝は、氷点下となりましたが、部屋は、お日様の光で、あふれています。
ドクター小倉の診断と処方箋
 まずはここからのスタートですね。
(1)一輪の白梅に酔いしれて俳句をつくるのですから、その一輪の周りにある物、人とで俳句をつくりましょう。
(2)春近し、つらら、梅蕾、どれも季語で、今の季節の説明になってしまっています。俳句は詩ですから絵を描くように創作してみましょう。例えば〈春近し+朝の家族の様子〉のように、季語を背景にご自分の生活を俳句にしましょう。

布団ばっさり初夢をみる準備  藤(10代,男)
 作者ながら布団と初夢の関連性が、どうしても気になるところです・・・
ドクター小倉の診断と処方箋
 初夢と布団はやはりあまりにも近すぎますね。内容を想像させてくれるようでしたらそれもいいかもしれませんが、この場合、あまり内容を想像できないです。

寒の明け日暮れて成層圏遠し  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
 成層圏とは豪快ですが、ちょっと雰囲気に流された感じがあります。なぜこのように感じられたか、その部分が大切で、それを俳句にしましょう。


2007年2月9日

Gジャンの袖の重さや春浅く  香珠(40代,女)
ドクター小倉の診断と処方箋
 春がまだ浅く、Gジャンのそでも重く感じることよ、というように原因と結果としてとられると句はあまり面白くないのです。「重さ」をカットしましょう。

(1)水仙やメールにプリクラ添付され  鴻之助(50代,男)
(2)めがね屋は鏡光らせ春まじか
 添削、ご批評ありがとうございます。いつも楽しみにしております。また、よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)厳密に言いますと、プリクラは写真をアウトプットしたもので、メールに添付はできないのでは。それとも最新のプリクラはデータとしても活用できるのでしょうか。
(2)眼鏡屋に鏡は当たり前、光っていてもやはり当たり前。

廃線の鉄橋春の堤まで  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 悪くないですね。散歩コースでいつも目にするのでしょうか。

春浅しパッチワークの世界地図  豊田ささお(70才以上,男)
 句会が明日というのに兼題「春浅し」が腑に落ちません。今日送られてきたおもちゃの店の機関紙からのヒントです。
ドクター小倉の診断と処方箋
 これは良い句ですよ。句会ではまずまず点が取れそうですよ。パッチワークがいいですね。季語と世界地図をうまく取り持っているようです。

(1)緩やかな鉄路のカーブ春隣  文の子(60代,男)
(2)二月かな竹下通疎らなる
 宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)シンプルなつくりで悪くないです。穏やかな、がやや説明的で推敲できそうですが、このままでも良い感じです。
(2)これも同じつくりのようで、悪くはありません。ただやはり、疎らなる、が直接的であることが気になります。

陽を受けて押す車椅子梅香る  藤野雅彦(70才以上,男)
 90歳の車椅子生活の義母ですが頭はしっかりしています。今年から俳句を始め、見よう見まねの今は、見るものがすぐ五七五になります。
ドクター小倉の診断と処方箋
 まずまずの句です。親しい人の車椅子を押している感じが出ていますね。ただ「梅香る」中を車椅子を押している、だけで十分暖かさが伝わるでしょう。陽を受けている感じも出るかもしれません。

中天に満月を懸け冬終る  慈英(50代,男)
 2月3日、北摂句会に参加させて頂きました。その後のお楽しみも。ご指導宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
 満月はやはり秋の季語ですから冬に使うのは損ですね。冬満月、冬の月として季語で使うようにしましょう。そして冬の月らしい句にしましょう。

(1)輪の中の鳶急降下冬帽子  小口泰與(60代,男)
(2)穴釣りを並びて見てゐる冬帽子
 よろしくご指導願います。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)季語が効いていません。鳶がちょっと当たり前でもあります。
(2)穴釣はわかさぎ釣のことでしょうか。うなぎ釣もあるようですね。釣を見ている冬帽子ではやはり平凡ですね。季語を考えましょう。

うつむいてほんのり紅さすチュリップ  うさぎ(女)
 ビギナーです。よろしく。アメリカ、インデアナ州より。
ドクター小倉の診断と処方箋
 インディアナ州は北の方ですよね。もうチューリップが咲いているのでしょうか。さてこの句ですが、チューリップをそのまま言ってしまっていますね。こんなチューリップを使って句をつくりましょう。例えば、チューリップの前で女の子がうつむいている、としてもいいのではないでしょうか。チューリップとその周辺を俳句にしてみましょう。


2007年2月8日

消灯の風呂に浮かびし寒の月  春雪(70才以上,男)
 小倉先生、ご指導をお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 気分に流されていますね。たとえ事実であっても風情がありすぎ。風情がありすぎると句はなぜか平凡になるのです。

子の後を追ひかけ走る奴凧  桐子(60代,男)
 凧揚げをして遊んでいる子供たちを見ることが最近めっきりと減ってきました。特に奴凧は。
ドクター小倉の診断と処方箋
 状況を説明してしまっています。「後を追ひかけ走る」ですね。

ポケットに小銭鳴らせて春隣  彩貴(40代,女)
 いつもありがとうございます。前回の雪女の句は、自分のぼんのくぼを雪女が撫でたというつもりでつくりましたが、だとするとあまりに普通でしょうか?
ドクター小倉の診断と処方箋
 雪女の句は句会で試してみるのもよいかもしれません。〈賽子を振って出てゆく雪女〉は私の句なのですが、雪女が出かけに玄関でチャリン振って出て行った句なのですが、発想が似ているかもしれません。私の句もあまりウケがよくなかったように思います。ポケットの句は悪くはないのですが、ちょっと物足りない。それは平凡な行動に季語がついただけで、季語の必然性が感じられないからかもしれません。

(1)喜寿迎え 口あんぐりと 恵方巻き  清水 進(70才以上,男)
(2)バイク去り 藪の笹鳴き 道路わき
(3)暖冬に 霜受けぬ麦 細くのび

ドクター小倉の診断と処方箋
 難しいことなのですが、俳句は理屈ではないところが面白いのです。(2)(3)はどちらも原因と結果からなっていますね。結果は書かずに読者に委ねるのが俳句かもしれません。
(2)笹鳴きや+バイクが遠くを走っている、くらいにしましょう。

(1)皿回し光の春をこぼさぬやふ  まりあ(40代,女)
(2)反射光ばかり東京に春が来て
 ありがとうございました。2月になると、光が目に入ってきて、そんな句が多くなってしまいます。光つづきてすが、よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)ちょいと作りすぎといった感じでしょうか。早春の皿回しの皿が光っているだけでよいのではないでしょうか。
(2)これは理屈かもしれませんね。現代的な建物ばかりだということで句としては平凡。

(1)寒烏賊の光の軸を引き出しぬ  穂波
(2)埋れ木にシマフクロウの姿かな
 「オリオンの背骨に光辿りおり」を推敲しました。まず「自分の背骨で」というお言葉に従って考えましたが、うまくいきませんでした。(1)の前に元の句は「オリオンの光の背骨取り出しぬ」になっています。アドバイスを生かせずに申し訳ありませんが、こちらを送らせていただきます。よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)寒烏賊の光のほうがずっと良いですね。ただし光の軸を引き出すのがあまりにも説明的で、かえってわかりにくい。スムーズに入ってきません。
(2)これは普通のことですね。発見が欲しい。

マスカラの北京原人春うらら  北野元玄(60代,男)
 2/4の「さっきはゴメン」を褒めていただき、感謝感激です。先に「卑弥呼」が駄目だったので今回は北京原人まで遡りました。「マスカラをつけ北京原人の春」を上記のように投稿直前に替えました。今日は立春ですが、普段の立春にしてはとても暖かでまさに暖冬異変です。ほかの季語が思いつきません。マスカラはピアスでも紅でも何でも良いようですが、眼烈が長く大きな眼球で眉毛睫毛が濃い古代人を、さらに加工してみました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 マスカラの北京原人はちょっとコワイですね。北京原人は私の中では男しかイメージがないので、この句を読んだときにはヘタな女装を想像してしまいました。思い直して北京原人の女性版を想像してみましたがなかなか出てきませんでした。マスカラが北京原人には遠すぎるように思います。

青鬼のつぶらな瞳春近し  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 青鬼が唐突ですね。節分の鬼とすれば春近しがあまりにも当たり前。難しいところですが、節分の鬼を俳句にするのはなかなか難しいようです。

節分の恵方あちこち賑わいて  菊美(60代,女)
 春隣=足軽く 変えてみました。色々ご指導有難うございます。節分のしきたり?余り知らなくて<熊本出>娘が買って来てくれたまきすし、わいわい言いながら戴きました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 恵方、あちこち、賑わう、どれも具体的でないので実感が伝わってきません。菊美さんが実感されたその具体的賑わいを俳句にしてください。


2007年2月7日

重たくも雨戸を開けて豆を撒く  豊田ささお(70才以上,男)
 我が家では豆をまく習慣がなくて・・でも節分ですねえ。
ドクター小倉の診断と処方箋
 雨戸が重たいのは古い家では当たり前のことですね。上5を工夫しましょう。

納豆汁下町人間研究所  竹丸(60代,女)
 この季語では付きすぎでしょうか。
ドクター小倉の診断と処方箋
 食べ物の中で最も人間くさいもののひとつが納豆でしょう。そう考えるならば即きすぎと言わざるを得ないでしょう。ただ即きすぎもゆきすぎると意味をなくし面白さが出てくる場合もあろうかと思います。この句はその途上かもしれない。ちなみに私は納豆が好きではありません。

立春やゆるびし頭螺子を巻く  浜っ子(60代,男)
 メール俳句にのめりこみそうです。よろしく。
ドクター小倉の診断と処方箋
 本当に頭の螺子が緩むことがあればそれは珍しいことなのですが、観念としてはありふれたことで、俳句としては残念ながら平凡。

(1)みどり児の涙粒跳び春立ちぬ  由紀子(40代,女)
(2)ベビーカーを日向で試す二月かな
 俳句初歩よりも手前である上に、赤ん坊と向き合うばかりの毎日で同じような句ばかりでお恥ずかしいですが、宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
(2)試す、がいいですね。買ったばかりのベビーカーを二月の日の下で試している。いろんな思いを感じることができます。二月もちょうど日脚も伸びて、日も明るいのでいいです。由紀子さんはこの際徹底して子育ての句をつくってみてください。その際の注意としては、気分に流されず、お子さんの具体的しぐさやその周辺のものに気を配って句による映像を作ってください。

(1)柝を打つ悪童二人路地の冬  玉白石(50代,男)
(2)夜廻りのライトサーベル新開地
 夜廻りで2句作りました。よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 夜回りというある意味特別な行動が句を限定してしまっているようです。いつもの句より説明的になってしまっていますね。(2)の新開地はローカルですが知る者にとってはちょっと意外性があって面白くなりかけているようです。

鬼は外年の数だけ食べきれない  鹿島利子(40代,女)
ドクター小倉の診断と処方箋
 これはある程度年をとると誰もが思うことなのですね。〈鬼は外年の数だけ食べました〉のほうがよいでしょう。

玄関にまたまた届く冬野菜  俊(50代,女)
ドクター小倉の診断と処方箋
 またまた届いたとしてもそのまま言うのではなく、少し考えてみましょう。季語も具体的な冬の野菜の方が臨場感がでそうです。

(1)春うららガメラが来るぞ送電線  ポリ(50代,女)
(2)山あくび飛行機雲に起こされて
 アドバイスありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)となりのトトロではたしか電線を伝って猫バスが来たような記憶があります。だからというわけではありませんが、ガメラがピンときませんでした。
(2)眠っていた山が起こされてあくびをしたということでしょうか。わかり過ぎて面白くありません。やはりここは正攻法、山眠る+飛行機雲、でつくってみましょう。

(1)初富士の煙と魔女が現れる  裸時(30代,男)
 すごく的確な指摘ありがとうございます。「初富士の煙が魔女の鼻息だ」を推敲してみました。
(2)初富士に魔女の煙が現れる
 また推敲してみました。文法も大事なのですね→
ドクター小倉の診断と処方箋
 なかなか難しい句ですね。鼻息はよくないけれど、なくなるとなんだか普通になってしまいますね。とくに煙が普通だ。思い切って煙もとって、初冨士と魔女で考え直しましょう。

断崖に端切れ布振る寒の猿  智弘(30代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 あまり猿が見えてこない。実際見た人はその姿を思い浮かべられそうですが、読者はその映像はないのです。

春浅し森に軍手の忘れ物  豊田ささお(70才以上,男)
 小倉ドクターこんばんは、実は「春浅し」が2月句会の兼題です。いろいろ推敲していますが、下手の考え・・です。またよろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 難しい句ですね。この句からイメージが広がるかが問題ですが、私の場合は広がりませんでした。軍手を他のものを考えると同時に、忘れ物も検討すべきかも。


2007年2月6日

雪降りの空の白きに飛ぶ子ども  豊田ささお(70才以上,男)
 「春浅し・・」で、うなっていると、雪でした。
ドクター小倉の診断と処方箋
 子供をもっと具体的に表現した方がよいでしょう。雰囲気だけの句になってしまっています。

(1)さっきのは狸ですよね寒の月  菜月子(女)
(2)今は亡き黒猫の歌外は雪
 どちらも実話です。(2)は技巧的に聞こえるかも。テレビでアニメ付きの歌が流れていて、家の亡くなった猫を思い出しました。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(2)亡き黒猫の歌、がどんな歌かがわからないのです。作者の中でははっきりしていることでも、読者は句だけが情報源です。もう1つ気になるのは、「亡き」という言葉ですね。季語と猫の思い出を詠めば自然とその雰囲気は出てくるでしょう。

逃げる犬追い掛ける人着膨れて  タロー(30代,男)
 御指導宜しくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 いまひとつ面白そうで面白くない。犬を追いかける人が着膨れていてもさほど面白くないということでしょう。

梅咲きて十七文字と格闘す  栗太郎(60代,男)
 梅の句を作ろうとがんばったのですが・・・
ドクター小倉の診断と処方箋
 みんながやっていることなのですね。ここに投句される方も、私の句友もみんな格闘しています。ご健闘をお祈りしております。

もう一息日差しの裏や春隣  ねぎよしこ(70才以上,女)
 お願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 何を言おうとされているのかわかりません。特に日差しの裏とは何のことでしょうか。まずは読者にわかるように表現しましょう。

老犬の静かに逝きし冬日和  小口泰與(60代,男)
 よろしくご指導願います。
ドクター小倉の診断と処方箋
 悲しいことです。俳句としては悲しみをこらえて、明るい句、思い出の句にするのがよいでしょう。逝ってしまった犬の好物や好きなものを詠むのがいいでしょう。

キャンプイン気持ちも弾みノック受け  菊美(60代,女)
 選手は勿論スタートラインで弾んでるでしょうが、トラフアンは今岡選手期待しながら!球春待ち遠しいです。宜しくお願いしますm(__)m
ドクター小倉の診断と処方箋
 スポーツ新聞によると、初日に岡田監督がノックをしたそうですね。今年はかなり気合が入っているようで楽しみですね。

鬼の子や法然院の蕗の薹  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 残念ですが、法然院を詳しく知らないのでなんとも言えません。

ホットチョコやわらかいほうですか唇  裸時(30代,男)
 稔典先生がホットチョコレートの名句をつくって季語にしよう運動に遅ればせながら参加しました。破調になってしまいましたが「か」と疑問の助詞をいれたかったので。Hさんに飲み会で「やわらかいほうですか」と聞いていたのでそのまま句にしてみました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 唇が柔らかい方ですかということですね。それならば誤解を招かないためにも〈ホットチョコ唇は柔らかい方ですか〉とか〈唇はやわりかいほうですかホットチョコ〉としましょう。

地球儀の真後ろ見てみる春立つ日  れい(70才以上)
 よろしくおねがいします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 なぜ真後ろなのでしょうか。ところで地球儀の真後ろとはどこのことでしょうか?残念ながらわかりませんでした。

口元へ動く寒夜の煙草の火  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い申上げます。
ドクター小倉の診断と処方箋
 物足りない。よく見る事なのですが、それだけに何かプラスが欲しいですね。煙草の火だけでは物足りない。


2007年2月5日

待春の口紅レッド系新色  ささ奴(50代,女)
 新しい口紅はピンク系レッド系?どっちにするか迷いました。ご指導お願いします!
ドクター小倉の診断と処方箋
 ちょっと乱暴な気がしますね。春を待つのに新しい明るい口紅もわかりやすい構図です。色も新色も書かなくても十分明るい色を選ぶのは予想されますから。

(1)惚れっぽき性も老いゆく日向ぼこ  鴻之助(50代,男)
(2)ほめながら舌を噛みたり日向ぼこ
 ご指導よろしくお願い申上げます。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)中7が面白くありません。どうせならば「自慢する」くらいにしましょう。それでも季語で少し寂しさが漂いそうです。日向ぼこもわかりやすく平凡なので、例えば〈惚れっぽさ自慢している冬日和〉としてみましょう。
(2)作者が面白がる傾向にあります。作者が面白がっているのが見えると魅力は半減。

勘三郎今日が初日の二月たつ  藤野雅彦(70才以上,男)
 1月は「行き」ました。ニュースを見て五七五になりましたが。明日は、節分を目の前にして雪の予報、です。
ドクター小倉の診断と処方箋
 勘三郎さんだけの句になっていますね。つまりニュースそのまま俳句になっているのです。創作しましょう。

糖衣錠噛み砕く音二月かな  涼(70才以上,男)
 先日の投句、イイ句と言って頂き感激です。ありがとうございました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 取り合わせの句でまずまずですね。表現として気になるのは2点。@音まで必要かA音、で切れ、かな、で切れている。切れが2つあるということです。ただ「音」という名詞で切れていて、強い切れでもないのであまり気にはなりません。

氷像に紅一点のアフロヘア  智弘(30代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 さて何のことでしょうか。作者が見たものが読者に伝わっていないですね。紅一点の部分を具体的にしてみましょう。

(1)風花や鯖塩焼きのランチです  菜月子(女)
(2)志賀君のウサギの帽子兎年
 こんな俳句でもいいのでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)鯖は夏の季語であることを意識した上での句でなければなりません。どうしても季節の違う季語が重なるとマイナスが働くことが多いですね。この場合風花の繊細さがちょっと消されているように思います。魚くらいにした方がよいのかもしれません。
(2)状況が見えてこないですね。志賀君が見えてこないです。

(1)半袖の子と著ぶくれし飼ひ犬と  文の子(60代,男)
(2)ランドセル背負ひしメール春立ちぬ
 宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)子は半袖で寒さに強い犬が着膨れているということですね。最近ではよくあることですが、俳句としてはちょっとわかりすぎでしょうか。
(2)入学を楽しみに待つお孫さんのメールでしょうか。

(1)ひねもすの雪嶺讃へ夕支度  笹泉(50代,女)
(2)雪嶺や犬とそちらに向かいます
 よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 のんびりとした感じがいいですね。(1)讃へ、が必要かどうか。夕支度へと移る時にホロリと出たような雰囲気がありますね。(2)「や」は意味的にも切れますから、この句は誰かに呼びかけているようにとれますね。雪嶺のふもとの誰かでしょうか。

高笑い五百羅漢も寒の内  多弁(60代,男)
 寒もそろそろあけますが、今年は異常気象なんでしょうね。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 「高笑い」がわかりませんでした。誰がなぜ笑っているのか。

着ぶくれて赤子は笑ふ向い席  澄(50代,女)
 よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 「は」を「の」にしてはいかがでしょう。もちろん澄さんのイメージもあるでしょうからピッタリくるほうを選んでください。「の」の方がズムーズで、自然な感じがします。「は」は赤子がクローズアップされた感じでしょうか。

寒月やパトカーの後つけていく  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 つけていく、だとなんだか悪意がありそうで意味ありげです。〈寒月やパトカーの後ついてゆく〉で十分ではありませんか。私はこちらの方が好きです。

黒土冴ゆ工事現場の日章旗  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い申上げます。
ドクター小倉の診断と処方箋
 なんだか暗いですね。上5の黒がつらい。

(1)終章を閉じて七草粥の膳  れい(70才以上)
(2)終章に入りて菜飯の炊き上がる
 「終章に入りしを閉じて菜飯炊く」の中七が、動詞が二つでぎこちないとのご指導がありましたので、このように推敲してみました。なかなか思いつきません、よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 少しよくなりましたがまだまだ終章が効いていないですね。〈終章に入る菜飯の炊き上がる〉くらいでいかがでしょう。切れを入れてみました。


2007年2月4日

(1)白鳥の舞ひ立つ数羽雲に消ゆ  しんい(60代,女)
(2)紅白の放物線やしだれ梅
 よろしくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)単なる報告になってしまっています。
(2)こちらはしだれ梅の説明になっています。

ふぐちょうちんパパおめめが丸丸よ  裸時(30代,男)
 今日は2才の姪が家に来てました(^^
ドクター小倉の診断と処方箋
 2歳の姪の句かな。例えば句会だとそのことが説明できないのですよね。そうなると「なんだこれは」ということになってしまいそう。どこに俳句の価値を置くかにもよりますが、やはり読者に読ませたい句をつくりたいですね。

春を待つ500ピースのパズルかな  穂波
 新しい句をお送りします。よろしくお願いいたします。「自衛隊機」の句はどうしても作りたかったわけではありません。ご指導いただいたのを改めないまま新しい句をお送りするのは、なんだか宿題をそのままにしているような気分でしたので、推敲した句を送らせていただきました。差し支えないようでしたらあの句はあのままにさせていただけたらと思います。うまく意図が伝わらなかったようで申し訳ありません。
ドクター小倉の診断と処方箋
 とにかく色んな角度から推敲してください。それでもダメならボツにしましょう。
 この句のほうがずっとよさそうですよ。500ピースが多いのか少ないのかよくわからないのですが、シンプルな取り合わせはGoodです。

(1)技ありの答弁決めて花水仙  菜月子(女)
(2)答弁の技効き過ぎて花水仙
 仕事のことが題材ですが、最初は(1)のような気持ちでしたが、それもイヤミにも思え、日本的な和の精神からすると(2)のような気分もあります。控えめなのは(2)でしょうか?季語のイメージから疑問形にするのはあわないと思いますが、「技効き過ぎや」もありでしょうか?
ドクター小倉の診断と処方箋
 「技」を使わないで句を考えて見てください。例えば〈答弁の終わりに笑顔黄水仙〉とすればイイ答弁だったことはわかりますよね。でもちょっとイヤミっぽい気もします。推敲してくださいね。水仙といえば花なので、花水仙も少し考えてみましょう。

夕昏れの水仙さっきはゴメン  北野元玄(60代,男)
 凛とした水仙の花とは稔典先生の言ですが、私としては、頭をたれた水仙花のイメージのほうが強いのです。小倉ドクターのご意見はどうですか。本句、はじめは「夕方の水仙今日はごめんなさい」としたのですが、わざと定型をはずしてきりっと(?)締めてみました。
ドクター小倉の診断と処方箋
 この句は好きですね。私の場合は昼間に花壇で咲いているイメージがつよく、冬でも日脚が伸びてきて、明るいイメージがあります。「凛とした」とは季語としてはそう取られているようで、それを踏まえて、意識しておればご自分の水仙を詠まれても問題ないでしょう。私も夕暮れに水仙を見てみます。今日よりさっきの方がずっとイイですね。

(1)受験子に足絡ませて励ませり  えんや(70才以上,男)
(2)熱燗を孫と酌みたし夕餉かな
 小倉先生、いつもいつも誠に有難う御座います。俳句に向かう心を飛躍させたいと思います。
ドクター小倉の診断と処方箋
 どちらもお気持ちは出すぎるくらい出ています。俳句で飛躍するには冷静な判断が必要。いくら可愛いお孫さんであっても。

(1)春を待つ玩具(おもちゃ)売場に杖の人  文の子(60代,男)
(2)東風吹いて決まりし母の退院日
 宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
(2)喜びがよく出ていますね。

ルートπ富士山麓に笹子鳴く  せいち(60代,男)
 前回の、「・・・サインコサイン振られ役」は、三角関数(関係)の必要ない1辺と言うつもりでしたが分かりにくいようでした。今回は言葉遊びが過ぎるかも知れませんが、よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 言葉遊びでもありふれた言葉遊びはやはり月並みに陥ってしまいます。独創的な言葉遊びをしてみましょう。私の場合、サインコサインあたりから数学が嫌いになった記憶があります。それとこの句の評価とは別でありますよ。

おくるみの吾子は腕の水芭蕉  きんぎょ(女)
 2月に一度の投稿の無精者です。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 確かにそのように見えるかもしれませんが、水芭蕉は季語として使う方がよいでしょうね。見立ての俳句は難しい。

春めくやロールケーキののの字さえ  ささ奴(50代,女)
 ご指導宜しくおねがいします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 下5がくどい。作者としてはうまくいった感があるかもしれませんが、季語とロールケーキだけで十分。もう少しサラッと言いましょう。先日私もロールケーキを作ってみましたが、スポンジが少し分厚くてイマイチでした。

塊りて固き羽音や寒雀  小口泰與(60代,男)
 よろしくご指導願います。
ドクター小倉の診断と処方箋
 寒雀は寒さの中で丸くなっているような雀のことですよね。この句は季語の説明に終わっています。

床上げの光うれしや春隣  菊美(60代,女)
 俳句と川柳の境目が?いつも有難うございます。私事、夫通院が仕事やはり暖かくなるのがほっとします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 床上げは嬉しいものですし、春隣も春を待ち遠しく思っていることですから、ちょっと重なりすぎてますね。俳句では少し言う方がむしろ喜びが大きく感じるものなのですよ。
 俳句と川柳の違いですが、なかなか難しいですね。ただ俳句は思いや考えを伝えるのではなく、相手に詩を感じさせることなのです。相手に理解させようとするのではないのです。ただ、境目はわかりにくく、結局は作者次第のところもあるようです。

待春の路に転がるビスケット  慈英(50代,男)
 いつもありがとうございます。ご指導宜しくお願い申上げます。
ドクター小倉の診断と処方箋
 句としてはまずまずですね。ただビスケットをどうとるかが難しい。私の場合はピンときません。残念ながら。他のものも転がせてみてください。


2007年2月3日

早春や狂言をどり蜘蛛の糸  春雪(70才以上,男)
 先生、ご指導下さい。
ドクター小倉の診断と処方箋
 蜘蛛は夏の季語ですから季節的に違和感がありますね。実際早春に蜘蛛の糸があるにしても、句としてはなかなか成立しにくいですね。

シベリアを望む鳥あるうららかな  豊田ささお(70才以上,男)
 暖かい日が続くと、ツグミなどは伸び上がって望郷の素振りに見えて・・・そんな感じですが・・・。
ドクター小倉の診断と処方箋
 残念ながら豊田さんの思いを言ってしまっただけに終わっていますね。秋にシベリアから渡って来る鳥たちへの思いはわかるのですが、その鳥たちに全て含まれています。その鳥たちを季語として使うことにしましょう。

(1)軽トラの荷台で冬の野菜売り  悠(70才以上,女)
(2)ポン菓子のはじける音や春隣
ドクター小倉の診断と処方箋
 どちらもイイ句ですね。多くを言っていないところがGoodです。
(1)これが俳句か?と思う人があるかもしれませんが、普通のことを敢えて言う面白さが出ているようです。
(2)ちょっと近い気もしますが許容範囲。本当に春が待ち遠しい気分にさせられます。

(1)筆談で碧玉を買う五日かな  菜月子(女)
(2)冬の薔薇今は独りと同期生
 ご指導ありがとうございました。(1)は「真贋は問わず碧玉買う五日」の推敲句です。控えめになっておりますでしょうか。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)「筆談」ということから海外であることが想像できますね。自分の位置がはっきりしてきました。正月に海外、筆談ですからそれほど日本人が行かないところかな。(2)句意がわかりませんでした。

ユーミンの唄聞こえくる冬の菊  きなこ(50代,男)
 よろしくご診断下さい。
ドクター小倉の診断と処方箋
 不思議な句ですね。ユーミンと冬の菊との取り合わせは私にとっては少し遠い感じがします。もしかすると何か関係があるのかもしれませんが。俳句としては中7がダルイ感じはしますが、ここに他の言葉を入れると別の句になりそうなのでこのままにしておきましょう。

(1)ぼんのくぼ撫でていきけり雪をんな  彩貴(40代,女)
(2)小鰯を指にて開く春隣
 よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 どちらもまずまずの句です。あとは読者が感じるかどうかの問題。(1)雪女自身のぼんのくぼですよね。(2)鰯は秋の季語ですからそのあたりが気になります。でも小魚を丁寧に開く感じは春を待つ感じとよく合っていますね。

(1)大寒や海の色する出刃包丁  公子(70才以上,女)
(2)茶飯事に猪取る里でありにけり
(3)円錐の形に枯葉寄せてあり

 初めてですが、よろしくおねがいします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)出刃包丁が海の色をしているのは面白そうなのですが、少々漠然として、大寒のイメージそのままという感じですね。大寒と出刃包丁とがイメージとしては近いかもしれません。季語を替えてみましょう。

(1)ビルを割く高速道路首都は冬  文の子(60代,男)
(2)鉄柱と鉄路直角冬の野は
 宜しくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)ビルの合間を縫って走る高速道路は大都会の象徴。首都まで言う必要はないでしょう。ここにピッタリきそうな季語を入れましょう。表現が硬いので、少し柔らかい季語がいいかもしれません。

泣きさうな東京タワーよなぐもり  しんい(60代,女)
 いつもお世話様です。霾天にピンぼけは必要なし…。東京タワーを擬人化したのですが、ご診断を。
ドクター小倉の診断と処方箋
 俳句では辻褄が合ってしまっては面白くありません。黄砂の中東京タワーがぼけていたり、泣きそうであったりしても、それは普通のこと。ここから一歩踏み出した所に俳句があると思います。私ならばとりあえず逆にして〈笑うな東京タワーよ霾晦〉としてから考えます。

瞬く間ひろがる「ノロ」のはやきこと  雀子(60代,男)
 川柳でしょうかね。ノロウイルスの「ノロ」も季語といえるでしょうか。
ドクター小倉の診断と処方箋
 これは事実を言ったまで。川柳にしても未完成ですねえ。季語としてはちょっと難しいでしょう。ただ季節感は出ます。「ノロ」だけでは少し乱暴なので、ノロウイルスとしましょう。

(1)ムスカリの球根ドキドキのびちぢみ  ポリ(50代,女)
(2)しくらめん起こされたって知らんぷり
 ご指導ありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)ムスカリの球根を見たことがないのでなんともいえませんが、季節としては秋でしょうか。たくさん句を並べる中で、このようなちょっとオチャメな句もアクセントとしていいですね。(2)知らんぷり、が普通です。

冬凪や餌を残せし老いし犬  小口泰與(60代,男)
 よろしくご指導願います。
ドクター小倉の診断と処方箋
 老いた犬が餌を残すのは当たり前になってしまいますね。むしろ好物を書いたり、老犬の元気なところを少し書けば、季語とうまく調和がとれそうですよ。

居残りの子の二三人日脚伸ぶ  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 季語がよく効いていますね。多くを語らずにでも状況が見えてきますね。季語のおかげで、居残りがあまりシリアスなものでないように思えます。良い句です。

初富士の煙が魔女の鼻息だ  裸時(30代,男)
 ささやかなストーリー?
ドクター小倉の診断と処方箋
 「鼻息」がなあ・・・。魔女の鼻息のように感じられない、というより違和感をがありますね。そのストーリーが見えてこないのですよ。例えば句会である程度点が入ることを望むのであれば、この「鼻息」を言わないで自分の中にしまっておきましょう。初冨士の煙と魔女は面白そうですよ。

ダビデ似の横顔寒き競馬場  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い申上げます。
ドクター小倉の診断と処方箋
 句のつくりは問題ないですね。ただなかなか難しい句ですね。ダビデをどう解釈すればいいのか。そのカギはやはり「寒い競馬場」にあるのでしょうね。私の場合はあまり深く考えずに、にぎわう競馬場で、ふと横を見ればダビデを思わせる男がいて、ほんの一瞬その場が別の空間に感じられたような。観客の声が遠ざかっていったように感じました。


2007年2月2日

冬のバラシャンソンで聴くラブソング  ささ奴(50代,女)
 聴くが気になるのですが。ご指導お願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 雰囲気に流された感ありですね。私は「で聴く」が気になりました。「を」ではなく「で」だと意味をもちますね。あるラブソングのシャンソンバージョンということでしょうか。いずれにしても、お察しの通り「シャンソン」と言えば聴くことも含まれるでしょう。季語からラブソングも想像できるので、冬の薔薇とシャンソンのできるだけ単純な句にしましょう。

黄水仙笑顔の女医の腕時計  れい(70才以上)
 黄水仙笑顔の女医の傍らに・・・をこのように直してみました。傍らに・が不要とのご指導でしたので。如何でしょうか?よろしくお願いします、安易な気もするのですが。
ドクター小倉の診断と処方箋
 俳句においては、「傍らに」のほうがずっと安易なのです。水仙と女医さんの腕時計、で女医さんの笑顔が見えてくればそれが理想ですね。つまり「笑顔」をこんどはとってみましょう。〈水仙咲いて女医さんの腕時計〉これだけでも笑顔見えてきませんか?

卵塊の水に逆らう浅き春  豊田ささお(70才以上,男)
 「寒林やスコンと晴れて・・」へのご診断有難うございました。迷いましたが、やはり駄目でしたか。こんな句はいかがでしょう。卵塊は、蛙です。
ドクター小倉の診断と処方箋
 「逆らう」まで言う必要があるかお考えください。というのは、早春の蛙の卵であれば自然と冷たい水の流れに耐えていると感じることができるからです。

神様と仏様御座す冬座敷  桐子(60代,男)
 私の田舎の実家では、座敷の正面に床の間と仏壇があり、90度頭をめぐらせた位置に神棚があります。冬、暖房の無いこの部屋でジイさんが神棚に柏手を打ち、仏壇に手を合わせる姿が印象的でした。
ドクター小倉の診断と処方箋
 田舎の家ならよくあることかもしれませんね。実はわが家も仏壇の横に神棚があり、隣の部屋にも神棚があります。現実はそうであっても、やはりもう少し絞って詠む方がよさそうです。

(1)春浅き戦の島や花丁子  栗太郎(60代,男)
(2)三線と昼泡盛の春の夢
 週末に沖縄に行ってきました。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)花丁子も季語ですから、不用意に季語を重ねてしまってはいけません。意識して、効果を狙ってのものならOK.です。上5で島をもう少し具体的にしてみましょう。

(1)水仙に弾ける波や粗煮吸う  俊(50代,女)
(2)蝋梅に此処よと振り向く道すがら
(3)早春の赤札セールウインドウ

 よろしくご指導お願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)短い俳句では重複を避けるのが基本です。波と粗煮は海つながりですね。それに岬に咲く水仙のイメージも強いので、海一色になっています。

(1)開脚のつまさき綺麗寒明くる  まりあ(40代,女)
(2)向かい家の解体二月の光かな
 ありがとうございました。駅で見かけたブレークダンスですが、カタカナ言葉を使いたくなかったので。曖昧でしょうか?「綺麗」という言葉を使うのは良くないでしょうか?子どもみたいな質問の仕方ですいません。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 どちらも好きな句です。
(1)この場合読者がブレイクダンスとは思わないかもしれません。フィギュアスケートか体操を思うかもしれない。でもそんなことは気にする必要はないでしょう。きれいなものに綺麗はつまらないのですが、全くきれいでないものに言うとヘンですね。開脚が綺麗はちょっと意外で、でもその感覚がよくわかるので、うまく働いているようです。
(2)「二月の光」がいいですね。向かいの家とはいえ解体は寂しいものなのに、そのあたりが抑えられていますね。

(1)虎落笛竹馬の友の訃報聞く  藤野雅彦(70才以上,男)
(2)介護して親の温みを知る夜寒
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)悲しいことです。俳句での悲しみは控え目の表現の方がもっとしみじみと感じられるようになります。まずは「竹馬の友」は「友」だけで十分でしょう。〈友の逝く知らせ受取る○○○〉とし、○○○の所にお友達の好きであった花などを置いてみましょう。

春が来たパン屋も来たよ我が街に  宮本笑子(50代,女)
 大阪茨木市にある丸3年のほやほやの街に、やっとかわいいパン屋さんがオープンしました。春が来た喜びとあわせて詠んでみました。よろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 喜びは伝わります。これをスタートとして俳句らしくしましょう。「春が来た」と「パン屋が来た」はやはり重なっていますね。我が街もわかることですから、そのパン屋についてもう少し書いてみましょう。どんな店構えなのか、店員はどんな人か、並んでいるのか、美味しいのはどんなパンか・・・。それと春を取り合わせれば「新しくできたパン屋かな」と思える句になるかもしれません。

冬の夜全著作集十五巻  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 作り方としてはいいですね。さてこの著者が誰なのかが想像できればいいのですが、私には浮かんできません。「冬の夜」では弱いものと思われます。

(1)道化師のふるさとなまり冬ぬくし  学(50代,男)
(2)ゼロといふ数の発見冬の月
(3)もう一度喧嘩がしたい冬の影
(4)お座なりの見舞いの言葉梅の花
(5)パーカッションか建売に風薫る

 ご教示を。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)まずまずですね。俳句としてきっちりと作られています。
(2)ゼロの概念を冬の月の下で見たというような句でしょうか。具体的ではないのですが、ちょっと面白く、ちょっと理屈っぽい。理屈っぽく感じるのは季語のせいかもしれません。他の季語も試してみましょう。私から1つ提案しますと〈ゼロといふ数の発見ブロッコリ〉。

(1)くろぐろと小犬の鼻や牡丹鍋  小口泰與(60代,男)
(2)利根川の闇の深みや霜柱
 よろしくご指導願います。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)面白いですね。良い句です。小犬の鼻に集中したところが良いです。暖かい家族が見えてきますね。特に最近は犬が家の中にいるのは当たり前となって、なんの違和感もありませんね。
(2)「闇の深み」は言わないでおきましょう。

(1)今宵また湯豆腐の鍋賑わえり  加護坊(70才以上,男)
 暖を取る。
(2)若水を汲む習わしの家を継ぐ
 古い仕来りの家。
(3)暖冬やいつもの土手に蕗の薹
 雪全くなし。
ドクター小倉の診断と処方箋
 3句の共通点は季語を説明をしてしまっているところ。
(1)湯豆腐を囲んだら賑わうのはあたりまえ。
(2)若水を汲むのは習わしであります。そういう家もまた織り込み済み。
(3)これは少し違いますが、「暖冬だけれどちゃんと土手にあるんだね」という作者の気持ちを言ってしまっています。季語も冬と春であります。

(1)ひらひらとひらがな散るや竹の秋  千坂希妙(50代,男)
(2)落ちてこそ椿は椿墓参かな
 よろしく。
ドクター小倉の診断と処方箋
(1)書を観賞してのことでしょうか。気分的にはわかるのですが、気分に流されてしまっている感じがします。
(2)落椿そのものなのです。季語を説明するのではなく、季語をもっと利用しましょう。


2007年2月1日

雪催形見のレコードどれもジャズ  ささ奴(50代,女)
 季語に悩みました!ご指導お願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 悪くないですね。「形見」「どれも」が少し気になりますね。どちらも強い言葉なので少しやさしく表現してもよいでしょう。亡くなった方の好きな曲やその方を句にしてもよいのでは。

蕗の薹朝の大池見下ろしぬ  豊田ささお(70才以上,男)
 小倉ドクター今晩は。句会の後少し怠けていました。またよろしくお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 朝の、から朝の散歩かなと思います。そのコースには蕗の薹が出るようなところなのですね。更に進むと大池を見下ろすような高台に出る。そんなコースが見えてくる句で良いですね。

女人石抱いてゆるまる冬の浜  裸時(30代,男)
 金子兜太さんのテレビ番組の再放送を見てつくりました。自然、生きているものを抱けと言っていました。この作品自体は頭でつくったものかもしれません。
ドクター小倉の診断と処方箋
 いい句ですよ。「ゆるまる」あたりは金子さんっぽいですね。「石抱いて」がいいですね。寒い冬の浜に女がいて、その女が石を抱えるようにしている。別に理由などどうでもいい。そんな景色を思うと確かに寒さが少し緩まる感じが伝わってきます。ひょっとしたら石を抱く像があるのかもしれない。良い句ですね。

二・三本菜の花さして旅を恋う  れい(70才以上)
 よろしくお願いします。いつも有難うございます。
ドクター小倉の診断と処方箋
 「旅を恋う」に気分が出すぎているようですね。ちょっと我慢して「旅思う」で十分ですよ。

着ぶくれて基本文型繰り返す  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 受験生でしょうか、或いは英会話を学習している人でしょうか。季節的には受験生っぽいですね。基本文型は確かに大切でここを怠ると後々苦しくなってくるのですよね。そんなこともチラチラ見えて面白い句です。季語を換えることでまたずいぶん変わる句でもあります。

口縄に似ているてふ坂寒茜  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い申上げます。
ドクター小倉の診断と処方箋
 大阪の天王寺に口縄坂があるのですね。口縄とは口取り縄のことで、牛馬につけ引く縄のことですね。俳句で言う「くちなわ」は蛇の忌詞なのですね。ただ口縄もどうやら蛇のことのようで、結局曲がりくねった坂道なのでしょうか。固有名詞ですからやはりこの場合はそのまま「口縄坂」を使うべきでだと思います。

陶土つく唐臼の音冬うらら  桐子(60代,男)
 先日、テレビで小鹿田焼を紹介していました。20年近く前に見学に行ったときの陶土を倦まずたゆまず、それでいてどこかのんびりと砕き続ける唐臼のことが思い起こされました。今、「残したい日本の音100選」に選ばれているとか。
ドクター小倉の診断と処方箋
 私は実際に見たことがないのでなんともいえませんが、句としては問題ないでしょう。あとはこの音を知っているかどうかですね。

春をまつ不精ヒゲ撫づ若き医師  浜っ子
 先日はご指摘ありがとうございました。病院でのヒマつぶしに作句。船団流では平凡?
ドクター小倉の診断と処方箋
 何流であっても面白い句は面白く、そうでない句はそうでない、と私は思います。「不精髭を撫でる」行為が結構ありふれているので、句にするのが難しいですね。この句ではあまりにも揃いすぎているのです。その結果平凡となってしまっている。作者独自の目が感じられないのです。

移ろふ樹に好みあるらし寒雀  しんい(60代,女)
 よろしくお願い致します。
ドクター小倉の診断と処方箋
 好みのある木に移る寒雀の様子を俳句にしましょう。或いは木の特徴でもかまいません。「好みあるらし」言わないようにしましょう。

早春の堤を駆ける天邪鬼  玉白石(50代,男)
 早春の堤が好きです。よろしくお願いいたします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 「天邪鬼」が問題。作者本人が天邪鬼なのでしょうか。俳人であればだいたいが天邪鬼でしょうね。これが本当の天邪鬼であってもそれほど読みに変化はないように思います。

(1)虚無僧の影の去りゆく冬茜  春雪(70才以上,男)
(2)寒紅のくずれ気にする白川女
 小倉先生 ご指導をお願いします。
ドクター小倉の診断と処方箋
 どちらも雰囲気が出すぎるくらい出ていますね。俳句では「即きすぎ」といわれそうですね。その原因は「虚無僧」「白川女」だけでかなり雰囲気が出ます。このような雰囲気のある語を句にするのは難しいのですが、できるだけサラリと詠むべきでしょう。或いは、使わずにその雰囲気を出すのもアリです。