俳句クリニック 2007年3月前半分(ドクター:岡野泰輔)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。

3月と4月の担当ドクターは岡野泰輔です。
<プロフィル>
 ドクターを名乗るのもおこがましくて、インターンぐらいに思ってくださると。無資格診療です。診断がぶれます、ご容赦を。
 私自身、俳句をこれほど好きになって、取り込まれるとは数年前までは思ってもみませんでした。ご一緒にあーでもない、こーでもないと悩むことを楽しみたいと思っています。
 俳句以外ではサッカーが好き。ワールドカップでは1974年(クライフのとき)からオランダを応援しています。
 あと日本もオシムになってから期待できそう。ほんとにジーコときたらもう・・・。あ、この話始めると長くなるので。それではよろしくお願いします。

ドクター岡野の診断
2007年3月15日

(1)明日は雨今日の春日は山辺道  雀子(60代,男)
(2)禁酒明け今夜の鍋は何にしよう
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)対句表現が説明の道具になってしまいました。
(2)これも待ちかねたうれしさは分かるものの、説明臭を脱するためにも、工夫が必要。もうひとつは、このような論点からずらして作句するということも。

(1)下北の斧がかたちや木の芽風  学(50代,男)
(2)漁火を数へあひ重ねおひたり
(3)都市はもう味噌ラーメンや春の月
(4)蘭の花正面切って生殖器

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)感じは出ていますが、「斧のかたち」は新鮮な発見ではなく、そこがつらいとこ。この句のフォームではここが新鮮でないと。
(4)正面切って言われて、困りました。この句の売りは「正面切って」だと思います。正面切ってといいながら、隠したり、はぐらかしたりする手はありませんか?「言ひおほせて何かある」ですね。

君子蘭鉢の正面どこかしら  濡衣(女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 軽くていいですね。私もぐるぐる廻しています。おや、鉢の正面ですか?そうとも言えるし、、、ああ、やっぱり、これでいいと思います。

(1)永き日や石に滲たり木瓜の影  うさぎ(女)
(2)日永なり猫を相手に愚痴こぼし
(3)春泥やハイヒールを履き替えし
(4)ジーンズの裾はね干せり名残雪

 はじめまして。俳句歴3ヶ月、インデアナからの参加です。俳句の世界、知らないことばかりです。ご指導よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はじめまして。
(1)は微妙なところを捉えようとされていますが、「滲みたり」が私にはピンときませんでした。滲みついて影が動かないように感じるのですが、「永き日」の光や「木瓜の花」の印象は、それほど強烈でしょうか?
(2)実際は愚痴であっても、ほかの言葉に言換えましょう。そうすると読者が参加できます。
(3)(4)は履き替えたり、干したりする破目になった原因を季語で説明しているにすぎません。結果の行為は捨てて、春泥とハイヒール、ジーンズと名残雪だけで作られたらいかがでしょうか?

(1)春の雪手押し車の轍かな  えんや(70才以上,男)
(2)鮟鱇の目をし鮟鱇みやる人
(3)淡きとは布目に溶ける春の雪

 始めまして、今後二ヶ月宜しくお願い申しあげます。普通タイヤに替えた途端に雪、ここ2・3日家に篭りました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はじめまして。
(1)春の雪とは住む所によって必ずしも情趣に富むとばかりは言っていられないものですね。雪と轍、二物が並立していますが、お互いに句の上で作用しあってもいいかと。
(2)「鮟鱇の目をし」がまず面白いと思いました。この人の不思議な存在感が出ました。
(3)「淡き」の定義、断定をするのでしょうが布目が何の布目か分からず、「淡き」が大雑把になりました。

菜の花の二本牛乳瓶に挿す  香珠(女)
 菜の花の茎ってとても太いですよね。
ドクター岡野の診断と処方箋
 あっさりしているけど、いいですね。二本という具体数とか、牛乳瓶とかがいいのかな。三本は無理矢理の感じでほんとにそうだなと思わせます。菜の花らしいです。

三つ目の傷大きいよ春の風  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 なんか魅力あるのですが、肝心のところが分からないと、句会などでも採りきれない句があります。即物的にも心象的にも読める。中七のような口語に一般的に男性は弱い。私もそこで採らされかかっています。

春昼や異星人めく苔の花  豊田ささお(70才以上,男)
 鶫3句へのご診断有難うございました。ヨクかみ締めて次に進みたいです。ところで、他人事ながら裸時さんの句にある「ベレッタン」は釣り用語でしょうか?ちと認識不足で調べましたが分からず悩ましいです。ご教示を・・
ドクター岡野の診断と処方箋
 調べたら「苔の花」は夏でした。梅雨時に繁茂するとあります。焦点はここに当たっているのでどうかなと思います。それは抜きにして異星人めくというのは面白いと思います。アップにするといろいろ見えてくるのですね。見習います。なお、「ペレッタン」はわかりません。わかったような言い方に聞こえてたらごめんなさ。(^^;)

(1)春風に乗ってガタゴト電車かな  学(50代,男)
(2)手拭を頭にたたみ春の雲
(3)時雨るるや野蒜築港赤れんが
(4)春めくや貞山堀の松と雲

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)は単純な内容なので、余程オノマトペがユニークで説得力がないとつらい。
(2)はこの動作がわかったようでわからない。ちょっとした俳味を感じるのですが。
(3)(4)は固有名詞がわかりませんでしたが、調べました。なるほど雰囲気のある所のようですね。両句とも季語と遺構名の単純な取りあわせに終わっていますね。まだしも(3)は名前であっても「野蒜」が効いていて雰囲気が出ています。名前って大事ですね。

(1)春めくやジキル博士がナイフ研ぐ  与太郎(50代,男)
(2)馬酔木咲く偽ピノキオの悪だくみ
 宜しくお願ひします。「悪だくみ」は曖昧でせうか。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)ハイドではなく敢えてジキル博士にしたのですね。それでもなお、私はナイフを研がないほうがいいと思います。ジキル博士の笑顔ぐらいでも十分ナイフは見えていて怖いです。でもこれは俳句の良し悪しではなくて、 趣味の問題かもしれません。
(2)このくらいで後は読者に委ねるということで、よろしいのでは。馬酔木が取りあわせとしてどうか?
 二句とも物語を取り込む試みで、(2)などにその新しい展開が窺がえます。

春泥を払いうさぎは月の中  多弁(60代,男)
 初めまして。俳句仮病です。無資格診療で直してください。
ドクター岡野の診断と処方箋
 仮病の方にはお薬は出しませんが、、、私自身は有季を絶対条件にしていませんが、ここでは、春-冬−秋と三つの季が定めがたく、「うさぎは月の中」は強く秋の匂いがします。しかも時系列で「払い」→「月の中」へとなっていますので、余計、季の混在が気になります。発想のご趣旨と違うかもしれませんが、「月」が邪魔かもしれません。春泥と兎はなにかありそう。かかりつけの先生にも診てもらってください。

(1)菜の花やカーテンの裾たゆたふと  小口泰與(60代,男)
(2)をちこちの土筆採りをり家遠し
(3)山茱萸や山風おつと和らげり

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)はきれい、最後の「と」が疑問。(2)「家遠し」が余計なニュアンスがつくような。
(3)茱萸は秋と思っていましたが、多種あるのですね。これは花ですか?山中でふっと出合った感じがよく出ています。


2007年3月14日

(1)飫肥杉の山に花あり山桜  遊雲(70才以上,男)
(2)強東風に岬の馬の落し物
 宮崎に行ってきました。俳句になってないかもしれませんが。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)すいません、飫肥杉を知らないもので、中七になにか力点を置かれているようですが、伝わってきません。山桜をわざわざ「花あり」とことわる必要もないと思います。
(2)よろしいのでは。

(1)つくしんぼ大津京跡ひろがりぬ  文の子(60代,男)
(2)水の春浮身堂脚隠しをり
(3)花冷えやベンチに犬の座りをり
(4)山笑ふ故郷や千の風ふたつ

 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)(2)(3)ともとも平易な写生でよく景が見えますが、平凡。(3)に割りと 実感がありますが、工夫が必要でしょう。
(4)は抽象的で「千の風ふたつ」がわかりませんでした。前にどなたかの回に書き ましたが、「千の風」があの本‐詩-歌のことなら安直かな?すいません、個人的好 みが入ってます。

(1)タメ口でヒキガエル啼く貸間有り升  北野元玄(60代,男)
(2)紅椿の天婦羅は女食うべからず
 岡野さんの裸の狼は何度も読み返しております。すっかり暗礁してしまっているの にまた船団誌を開いてみています。上句ができてしまいました。椿の花は天婦羅にす ると美味です。紅椿が食べやすいようです。もちろん女性も食っても大丈夫です。
ドクター岡野の診断と処方箋
 恐縮です。(^^;(^^;
(1)タメ口が言い過ぎでは?ヒキガエル(夏ですが)と貸間有り升はとてもいいの に惜しい。
(2)題材と句意はとても面白いと思います。散文的なので語調を整えられたらいか がでしょう。そのとき韻律の都合で紅を削るということもでてきます。でも紅は削り たくないような。もっと言うと、「天婦羅」を削るか?それは有か無しか?今度、椿 の天婦羅食べてみます。

椿咲く朝一番の髪を梳く  菊美(60代,女)
 始めまして宜しくお願い申し上げます。毎日文化センターではネンテン先生にご指 導いただきますが、なかなか作れません。田舎では椿油使い、髪だけはいつもきれい にと、母が梳いてたの思いながらです。
ドクター岡野の診断と処方箋
 よろしくお願いいたします。
 お母様のことを思い出しながらも、只今、現在のことにしたのはよいと思います。 「朝一番」がどうかなと思います。日に何回も髪を梳くのかもしれませんが、一日の 始めに梳くのだろうということは、前後で想像できます。椿咲く―髪を梳く、あとは貴重な文字数で椿を言うか、髪梳きを言うかです。

(1)春の宵高麗門に待ちぼうけ  しんい(女)
(2)今はもう道具のみなり祖母の雛
(3)漆黒の空に浮き立つ花辛夷
(4)春の雲しゃぼんの匂ひありさうな

 (1)は先日の「重文の高麗門や春の宵」を推敲したのですが、高麗門にこだわり 過ぎでしょうか、宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)そんなことはないです。今度は人が出てきて、前より景が見えるようになりま した。
(2)感慨は分かりますが、「今はもう」とか「のみなり」が平凡にしています。
(3)黒と白が鮮やかです。それだけに作為が浮き立つかも、漆黒をいろいろ探られ たらいかがかと。
(4)これ、いいです。「ありそうな」としなくても、言い切ってもいい。

どなたにも真実言へぬ春夜かな  涼(70才以上,男)
 宜しくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 「 どなたにも」に工夫があって、「真実」でいいのでしょうか?私の好みでは、 「ほんとのいへぬ」です。あくまでも好みです。「春夜かな」も要検討。

(1)芝焼きの火の広がりて小犬かな  小口泰與(60代,男)
(2)湯の町の磴はひな壇わらべかな
(3)風にのり梅のひとひら天にゆく
(4)小犬はや客間我がもの風光る
(5)ものの芽や潰えし店も数多なり

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)(2)の座五は置きかたがそれぞれ安易。「かな」が浮いているような。
(3)「天」がどうでしょうか?
(4)(5)はそれぞれ季語が話題(題材)をよく合って引き立てています。ただこの 話題の書き方がいささか通り一遍です。

(1)八朔とキューイを皿に合わせ盛る  ポリ(50代,女)
(2)床に寝る地球引っぱる春の昼
 ご指導ありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)ここから、いろいろと工夫が始まるところです。俳句の下書きであって俳句ではないですね。
(2)発想はとても面白いじゃないですか。はじめ、語調がどうのと言おうと思いましたが、「寝る」「引っぱる」の動詞二連発が効いてます。

(1)夕焼けてふるさと想ふモアイ像  学(50代,男)
(2)一冬を山に眠りて滴れり
(3)春郊や大型店の駐車場
(4)昼寝して天国までの百マイル

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(2)(3)はそれぞれ魅力的ですが、具体性に乏しい。「春郊」の世界は違うと思いますが。
(1)なんとなく納得しますがそれ以上では。
(4)この題材は多い。「して」が問題かも。

黒板の裏側に描く春の水  裸時(30代,男)
ドクター岡野の診断と処方箋
 この黒板は教室にある壁に密着固定式のものと読みました。こくばんの裏側に想像力で描く春の水です。裏側がそのように誘っています。しかし春の水はとうとうと壁伝いに教室に流れ出します。読みを誘うようにつくられた句です。

山釣りや魚篭に降りゐ春の雪  きなこ(50代,男)
 宜しくご診断下さい。あたりまえでしょうか?
ドクター岡野の診断と処方箋
 魚篭に限定して雪が降るのがわかりません。このままでは「山釣り」は必要ないような。

春昼や山羊に食われし木のヌード  豊田ささお(70才以上,男)
 岡野ドクター今晩は、「山峡に無欲無欲・・」は、やはり駄目でしたね。句会では、2点句でしたが、主宰(現代俳句系、85歳)からは叱られました。さて、4月句会の兼題は「春昼」です。しばらく春昼をお願いしたいと思います。どうぞよろしく・・・
ドクター岡野の診断と処方箋
 この構造は中七以下で春昼の新しいイメージをつくろうとしているのだと思いますが、一向に像を結んできません。「木のヌード」がいけないのかな?とりあえずは春昼のわかりやすいイメージから出発されてはいかがでしょう。

沈丁花香り求めてあちこちす  由利子(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 沈丁花といえば香りですから、本当は香り求めてはしつこい。ただこの句意どおりのこともあるのでなんとも。

初舞台サテンシューズとスイトピー  郁子(60代)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 バレエでしょうか。初舞台の人が見えるといいのですが。


2007年3月13日

雪便り嫁いだ孫を懐かしむ  賀代子(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 テレビニュースかなんかでしょうか、ふと雪国に嫁がれたお孫さんを懐かしむ。この「懐かしむ」を読者に想像させるようにできると最高なんですが。

楓君冷蔵庫だけかついでく  裸時(30代,男)
 シンプルにおかしさを書いてみました。俳諧的かなぁ→
ドクター岡野の診断と処方箋
 イメージは収斂しました。 楓君が少しだけわかったような気がします。俳諧的なおかしさではないような、そもそもおかしさを狙っているんですか?

(1)この道も片側規制鳥帰る  文の子(60代,男)
 「この道も片側規制三月尽」を推敲しました。
(2)卒業や地(つち)黒くして金ボタン
 「卒業や道に落ちてし金ボタン」を推敲しました。
(3)陸(おか)にある舟が影揺れ春の水
 「春浅し水面に揺るる陸の舟」を推敲しました。
(4)片の目は屋台追ひけり桜冷え (5)竹生島遠くなりけり水の春
 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)いいですね。前の句とぜんぜん違いますよ。
(2)これは金ボタンがよく見えるようになりました。同時に卒業の感傷も。
(3)前より分かりやすいものの、報告の域を出ません。陸(おか)にあることが俳句には役立っていないような。
(4)いわんとするところは分かりますが、すぐ行ったら、とツッコミたくなります。
(5)水の春の感傷がなんとなく分かりますが、なんとなくです。「遠くなりけり」が作者と共有できません。

(1)春の波光生みつぎ桂浜  悠(70才以上,女)
(2)落日に華やぐ瀬戸の島うらら
 よろしくおねがいします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)次々と波頭が春の光を運んでくる、「生みつぎ」が工夫ですが、もっと工夫できるのでは?そうなると桂浜が余計にも思えました、私には。桂浜への挨拶句でしたでしょうか?
(2)漠としています。

(1)春耕の鍬を大きく使ひをり  彩貴(40代,女)
(2)定刻を過ぎしバス待つ梅日和
 はじめまして。2句投句させていただきましたが、平凡でしょうか?よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)悪くないです。大きくが春の気分をだしていていいんでしょうね。
(2)春の雰囲気ではありますが、梅日和が安易かな?

風邪の子の鼻吸うコツを覚えたり  由紀子(40代,女)
 宜しくお願い致します。立春前後の10日間ほど、生後二ヶ月の子に初風邪をひかせ、夜通し鼻をすっていました。初子で、至近距離から訴えるような目で泣かれ、感情移入してしまって困りました。よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
 大変でしたね。そのような状況で感情移入してしまうのは当然だと想像しますが、句はそこからうまく距離をとってます。一度ご自分を客観視してから作句されているのがいいです。

飯を炊く釜ぶくぶくと春の宵  濡衣(50代,女)
 はじめまして。よろしくおねがいします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 幸せな感じがします。春宵の引力圏からずれているのがいいですね。

菜の花の辛子和へ食ぶ申告期  なごみ(70才以上,女)
 三月は確定申告を提出する月です。それでの一句です。
ドクター岡野の診断と処方箋
 「申告期」としたことで、特別な何かが伝わってくるようなつくりになっていません。掲句では「三月」としても ほとんど同じこと。

(1)玄関に古雛並べ蔵の町  しんい(女)
(2)手つくりも享保の雛も勢揃ひ
 町おこしの雛祭りイベントの景、家々の玄関に飾り、その期間は見物客で賑わいます。
ドクター岡野の診断と処方箋
 一回見てみたいです。二句ともそのまんまイベントの説明です。
(2)が、雛が見えるだけすこしいいかもしれません。

春うらら神が大魚を盗みけり  きなこ(50代,男)
 渓流釣りに行ったのですが・・・。よろしくご診断下さい。
ドクター岡野の診断と処方箋
 面白いんじゃないでしょうか。神が盗むか、神に盗まれるか、大魚でいいか、いろいろあるところですが。

(1)寒の水使ひ込みたる漬け菜樽  学(50代,男)
(2)埋もれ木のやうなる母の気配かな
(3)寒雷や手当たり次第読み耽る
(4)透明な魚になりて二月かな
(5)生かされて生きる幸せ桃の花

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)(2)(5)は予定調和的です。本当にそうだとしても表現としては平凡です。
(3)(4)はちょっと魅力的です。
(3)は不思議なリアリティーを感じました。

三月の光と影と長い足  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 前半が抽象的で「長い足」が何なのか分かりませんでした。


2007年3月12日

恋猫はサインポールの赤と青  きんぎょ(女)
 恋猫や、と切れ字も考えましたが?
ドクター岡野の診断と処方箋
 切れ字で切ったほうがいいと思います。掲句はサインポールが比喩(ちょっと洒落た定義)の道具にすぎませんが、切れを入れると、ものとしてのサインポールがより存在感を増して、赤と青が動いてきます。

(1)雛の間を四角く区切る日なたかな  穂波
(2)雛の間の日なたに三毛の寝息かな
(3)三毛老いて雛にじゃれることもなく

 「余計なことを大げさに、大事なことをさりげなく書くのが俳句、とも言えます」とのコメント、励まされました。ありがとうございました。3句お送りいたします。同時に目にし、思ったことなので、初めは全てを1句に詰め込もうとしていましたが、無理だと気づき、上のようになりました。よろしくご指導お願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(3)は観念の説明になって感じるところがありません。
(1)(2)は「日なた」に感じるところあります。「日なた」に代る表現はないか、「日なた」を動かすことはできないか、等々考えてみてください。

石一つ崩れし春の野面積み  涼(70才以上)
 宜しくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 「春の野面積み」が乱暴ではないでしょうか。石がひとつ崩れた石垣の状況がよく見えません。とりあえず季語を探ってください。

山笑う歯の裏側までたぐってく  裸時(30代,男)
 体部分の俳句シリーズです(^^
ドクター岡野の診断と処方箋
 うーん、、歯の裏側がくすぐったいです。私だったら、あくまでも私だったらですが、(^^;)座五は「たぐっていく」とか「たぐる」にしたいです。

ふらここや横目にちらと猫の行く  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 面白い一瞬を捉えています。「横目」なしで描けるといいのですが。

目刺し焼くメタボリックの夫に先づ  なごみ(70才以上,女)
 目刺しです。夫の肥満解消に悩んでいますが…目刺しでなくてもいいですね。ご指導宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 「目刺し」がいいですね、俳句的効果としては。しかもメタボリックシンドロームにもいい。さてこのメタボリックですが、これだけでとりあえず意味は通じますが、うるさいこといえばおかしい。破調でもフルにシンドロームまで言ってしまう。

(1)桃の日に老犬逝けり眠るごと  栗太郎(60代,男)
(2)春雷に夜道の先を教へられ
(3)大ぶりの花瓶の脇にミニ雛

 岡野先生はじめまして。俳句をはじめて約一年、未だに入り口でもたもたしています。ご指導宜しくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はじめまして。
(1)桃の日に老犬が死んだ。その事実は十分俳句ですくい取る価値があります。変な言い方ですが。思い入れを出さずに事実をのべられているのはよろしいのではないでしょうか。
(3)は逆に、事実はそうであったかもしれないが、このままではつまらない。「花瓶」と「ミニ雛」と「桃の日」と「老犬の死」では雲泥の差です。
(2)はわかりますが、そんな暗い道なんですか?危ないですよ、と茶茶を入れたくなります。春雷がもっと活きる場面を探しましょう。

(1)名も知らぬ春の小枝の小鳥かな  三郎(60代,男)
(2)いろあせた雛の笑顔や駐在所
(3)泥んこの子が子に教え潮干狩り
(4)みちのくの風まだ硬し蕗のとう

 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)名も知らぬ小鳥で、小枝も何の木か分かりませんので読者は手掛かりなしです。
(2)は所謂取り合わせなのでしょうが、何かを感じるにはいまいちもどかしい。
(3)はわかります。
(4)さもありなん、感覚的には「硬し」が蕗のとうにもかかってきてしまう。それは よし、と私は思います。

(1)街灯と白のソックス春の宵  れい(70才以上)
(2)春月や玄関ポーチまで一緒
(3)街路樹もはんなりと春銀座裏

 京都育ちの母がいつも使っていた言葉が懐かしくて・・・。よろしくご診断くださいませ。
ドクター岡野の診断と処方箋
 なるほど、「はんなり」はいい言葉で、多分に感覚的で、つかう人によって伸びたり縮んだりします。わたしは街路樹がはんなりといわれて、うまく像が結べませんでした。
(1)はいいですね。春月らしい捉えかたで共感できました。
(3)もきれいなのですが、街灯とソックスの関係で鑑賞がつまづいてしまいました。

静けさを白き一筆雪柳  浅葉洋(70才以上,男)
 前回のご高評大変参考になりました。庭隅にひっそり春を待つかのように,雪柳が咲いています。
ドクター岡野の診断と処方箋
 静けさは句全体で感じてもらったほうがいいかと。ひっそりした感じを出したかったのでしょうが、一筆が形容としていいかは疑問。

(1)強東風と鉄腕アトムの行き着くところ  北野元玄(60代,男)
(2)知恵の輪を抜けてシマヘビこむら返り
 「恋猫の呻く声する宇宙船」を投句した日(3/4)の夕方、届いていた船団最新号で岡野さんの宇宙船の俳句を読みました。パクったように思われても仕方がないのですが・・。上2句もへんてこ破調句です。こむら返りの句はもう少し推敲する必要がありそうです。アトムと風の句は使いフルされた題材でしょうか。
ドクター岡野の診断と処方箋
 とんでもない!そんなこと思ってませんて。
(1)使い古されているかどうかは知りません。でもいかにも作りたくなる題材ではあります。破調はいいのですが、その破調があまり効いてないような。この句を前にすると、アトムの歌が聞こえてきてしまいました。歌詞は断片的にしかおぼえていませんが、その歌とシンクロするか、縁を切っておくか神経を使っておいたほうがいいと思います。
(2)こむらがえりは面白いので、個人的には知恵の輪でなくて、普通の輪でいいような。知恵の輪にすると、「やっぱりね、さすがのシマヘビ君も無理したんだ」みたいな理が強くなるので。

(1)遠山の嶺々燃えそめる春茜  小口泰與(60代,男)
(2)境内の紅梅咲きて町おぼろ
(3)落椿どじょうもいなや動きをり

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)中七の字余りがもったりして、辛いです。
(2)境内か町かどちらかに。
(3)落椿と、どじょうとの関係は?

(1)我に住みつく古池の蛙かな  学(50代,男)
(2)高飛びきめる赤い毛皮の女
(3)蛇出でて片側規制布かれたり
(4)急かせたる小説の女春の虹
(5)芽吹く刻図書館の梁軋みけり

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
 (1)(2)(3)それぞれ面白いです。(1)は破調がきまっています。これ五、七、五だったらつまらないですね。(5)は刻で妙に軋みと時間的にシンクロしてしまうより、一度ここで切ったらどうでしょうか。

(1)春眠やアリスの国の自己破産  与太郎(50代,男)
(2)春眠や前世は恐竜と思ひ
(3)春眠やわたしは河馬になりたくない

 初めて投句します、宜しくお願ひします。さて、どれかましなのがあるでせうか。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。春眠三連発ですか。
(2)前世、思ひ、といわないで直裁に恐竜である、とか、であった、とかいったほうが面白い。
(3)ネンテンさんへの返歌ですね。ここでも春眠が半端な意味をもってしまって、適当でないと。

春昼やパソコンの上猫眠る  豊田ささお(70才以上,男)
 今日句会がありまして、「吟ずれば言葉は軽し水温む」が、不評というより無視されました。句友に聞くと「言葉は軽し」が思いばかり・・・ということでした。やはり俳句は具体で示すしかないようで・・。
ドクター岡野の診断と処方箋
 当面そうですね。これはまた、思いっきり具体ですね。このままでも、ある春昼の感じは伝わってきますが、あまりにもあるがままで、言葉の表現として魅力に乏しい。どうしろとは言えないのですが。私のノートPCの上にも猫が乗って、こら、こら!


2007年3月11日

(1)輪郭をぼかして春の鴉かな  まりあ(40代,女)
(2)竿竹を売る声遠く鳥の戀
 ありがとうございました。「三月来」は、ご指摘のようにそのうち場所を見つけて みます。2番改作してみました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)春というだけだは、鴉の輪郭はぼけないのでは、それこそ曖昧では?
(2)前回、余計なことを言ったかもしれません。春らしい声の交響で悪くないのですが、鳥の恋だったら、上五へ、つまり前景へもってきてはいかがですか。花ミモザも悪くなかったです。
烏骨鶏の卵が二つ仏の座  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 ほんとですか、すごいですね、との感想で終わってしまいます。

(1)梅の宮願いし絵馬に春の風  悠(70才以上,女)
(2)そばすする見知らぬ同志春のたび
(3)浅き春波音高き桂浜

 はじめまして。どうぞよろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はじめまして。こちらこそよろしくお願いいたします。(1)(3)は絵葉書的な報告です。(2)は単なる報告をこえて、空気が動いている感じがします。

(1)ちょっとした壺のありけりしゃぼん玉  学(50代,男)
(2)下宿屋にかけこむ夕立難破船
(3)春しぐれマリオネットの銀の糸
(4)ジャングルになる校舎の子春の雷

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
 (1)(2)(3)それぞれ面白いところあります。「ちょっとした壺」「難破船」などが不思議な言語世界をつくりました。(3)は「しぐれ」と「銀の糸」がきれいです。

(1)春の昼メ―ル打娘の指早き  森田光子(60代,女)
(2)横文字の新聞横目に春の朝
(3)花粉症ねじの緩みし蛇口かな
(4)おはようと花咲きゆるる雪柳

 岡野先生はじめまして。宜しくお願い致します。暫くご無沙汰しているうちに、春になってきました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はじめまして。
(1)メール打つ娘ですか?(1)(2)とも状況説明に十七文字が目いっぱい使われてしまって、余裕がなく、俳句的面白さまで行き着いていません。「指早き」とか「横目」を思い切って捨ててしまってはどうでしょうか?
(3)は比較的いいです。説明ではなく、俳句的空間が生まれています。

(1)鶯に見当つけて偲び足  林 忠男(60代,男)
(2)童心の投石春を広げたり
(3)白魚や短き命の美しき
(4)激しさもほどほどにせよ猫の恋

 よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 投石は童心のなせる業、白魚は短命、猫の恋は激しい。俳句以前に、このような既成の観念から出発していませんか?その観念をそのまま五、七、五にしてませんか?少なくとも童心といわない、激しさといわない。いわないで、別の言葉で迫ってください。

恋猫の世渡り上手飼い主は  浜っ子(60代,男)
 始めまして、俳句の域をひろげたく、思うのですが。
ドクター岡野の診断と処方箋
 ひとつには、いろいろな句を読むということでしょうか。今までそうでもなかった句がある時急に好きになることがあります。すなわち俳句、俳句観の域がひろがったということです。
 さて掲句、飼い主は世渡り下手ということでしょうか?このような自嘲ネタは、川柳かエッセイのほうが得意ですね。一方、恋猫は世渡り上手とも思えないのですが、私は。

(1)わかさぎの淡き手ごたへ雪淡し  小口泰與(60代,男)
(2)山風に激しき利根や榛の花
(3)転びつつ駆ける小犬や牧の春

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)淡しのリフレインがきれいです。雪淡しはほとんど淡雪ですが気にしません。
(2)これはひとつづつのことばが効いていません。それらしく並んでいるだけです。
(3)前もそうでしたが「牧の春」が賛成できません。つけたりっぽいのです。

薄氷の下から覗く目高かな  豊田ささお(70才以上,男)
 岡野ドクターお早うございます。「薄氷の下から覗く目玉・・」が面白いと、私は思いましたが・・実景はこうでした。今、黒めだかは、希少種ですが、生態園のようなところでは、元気に浮上中です。
ドクター岡野の診断と処方箋
 目高でしたか!たしかに目玉のほうが面白いですが、わかりませんでした。わかってみると普通ですね。すいません。「下から覗く」を捨てたほうがいいかもしれません。

春塵のマッチポイント迎へけり  Rin(50代,女)
 はじめまして、よろしくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 春塵にテニスコートが、詩の生まれる場所としては結構難しいです。リアリズムで、目があけていられなくて、マッチポイントなのに大変そうだな、と余計な心配をしてしまいました。(私も昔へぼテニスをしていました)

咲き誇るままに落ちにし椿いま  千鶴子(60代,女)
 先日はありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 椿とはまさに、こういうことだと思いますが。咲き誇る椿、落ちる椿、落ちた椿、椿の句はみなどこかに焦点を絞っています。

春疾風背丈越え飛ぶごみ袋  雅(50代,男)
 あまり美しくはありませんが、実写してみました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 中七に工夫の余地が、わざわざ俳句にするわけですから、ごみ袋の飛び方ひとつにもちょっと驚きたいです。

シンプルイズザベスト白木蓮よ  藤井茂子(60代,女)
 暖冬のせいで早くも白木蓮が咲き出しました。このようなカタカナだらけの物でも俳句になるのか、勉強の為に作ってみました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 よろしいのではないでしょうか。白木蓮までカタカナにしてしまってはやり過ぎになるのかな?その辺はわかりません。


2007年3月10日

(1)花に居てしばしまどろむ鶫かな  豊田ささお(70才以上,男)
(2)鳥雲に見上げる鳥もすぐ雲に
(3)はなやぎて雲に入りたる鶫かな

 岡野ドクター今晩は、今日公園のパンジーの花園で、1時間ばかり鶫が遊んでいる(餌をとってる)のをしばらく見ていて作りました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)鶫は秋なので、この花はパンジーとか菫とか具体的なほうがよいと思います。「花」だけだと桜になってしまいますが。
(2)はほんとかいな?と。「鳥雲に」はかなり比喩的な表現で、私は遠くを見ている感じがあります。
(3)「はなやぎて」がどうかな、と。「鳥雲に入る」にちょっと合わない。

(1)春昼の男いつまでも歯を磨く  鴻之助(50代,男)
(2)ステッカーは「ベビー・イン・カー」春の道
 前回のご指導ありがとうございました。また、2句よろしくお願いします。 ドクター岡野の診断と処方箋
(1)いいですね。これだけのことなのに春昼が出現しました。この男は鴻乃助さんであり、私であり、隣の誰かでもあります。
(2)これもいい、助詞「は」をつかったのも成功していると思います。「春の道」もいいのですが、道といわなくてもいいかも。

吠えかかる犬の律義さ仏の座  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 景もよく見えるし、仏の座もいい感じです。 ただ犬はだいたい律義です。慾をいってます。

往還に挨拶かはす島の春  春雪(70才以上,男)
 先生、こんばんは。ご指導下さい。
ドクター岡野の診断と処方箋
 いい場景ですね。「往還」が島の春にしては立派すぎるので「ゆきかへり」ぐらいにしたらいかがでしょう。

忌明けには三途の川の水温む  なごみ(70才以上,女)
 はじめまして。ご指導よろしくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。三途の川の実況中継をしているようです。はじめて聞きました。大胆です。「忌明けには」はいらないといえばいらない。

(1)さあイン・ザ・ネイビーぼくのそろばんで♪  汽白(40代,男)
(2)海市かな妻のうなじの毛をほどく
 小倉ドクター、ありがとうございました。岡野ドクター、こんにちは。よろしく、お願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 汽白さんお手やわらかに。
(1)はごめんなさい、うまく受け取れませんYMCA。
(2)「毛をほどく」が妙で変。「海市かな」かな?切れないのも面白い。

(1)春はやて花粉突然変異せる  文の子(60代,男)
緩やかになる上り坂春めきて
(3)富士裾を伸ばすや白き梅林
(4)春蘭やジジババと言ふ六歳児
(5)発車する時のメロディー駅の春

 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 この中では(2)(3)がいいかな。(2)は季語はもっとあります。(5)もいいのですが季語が雑。

神々のさざめきたりや落椿  香珠
 木の大きさを出したいと思うのですが。また、助詞の使い方がよくわかりません。
ドクター岡野の診断と処方箋
 大きさは出ていますよ。「椿落つ」はどうでしょう。

メス終えし医師の目笑う春の風  三郎(60代,男)
 「ランプ消え医師の眼笑う春の風」の上五をいれかえました。よろしくおねがいします。 ドクター岡野の診断と処方箋
 あ、、ランプって手術中を示すあれですね。失礼しました。「メス終えし」は少し怖く、普通に「手術終え」ぐらいでどうでしょう。

(1)芝焼きて石の形のあらはなり  小口泰與(60代,男)
(2)上信といふ菓子問屋春浅し
(3)草萌や菓子なりはひの卸業
(4)さえずりや村の小流れささ濁り

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
 すいません(2)上信ではだめでしたね。
(3)なりはいが卸業なので、その人のことを言うんでしょうか。
(4)がすんなり読めていいですね。

春の山道を間違へ熊注意  雀子(60代,男)
 始めまして。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 報告ですね。中七はいらない。


2007年3月9日

(1)遠すぎも近すぎもせず春の雷  れい(70才以上)
(2)春暁や我におもねる猫の声
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)季語の解説になってしまいました。
(2)我がいらないかも。

(1)味噌作り麹を買いに寒の朝  賀代子(70才以上)
(2)朝寒く昼汗をかくこの二月
 よろしくおねがいします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)味噌をつくることか、麹を買いに行くことと、どちらかひとつにして寒の朝と取り合わせてみましょう。味噌をつくるために麹を買いに行きました、と日記のようになってしまいました。
(2)たしかにこのとおりでした、この二月は。異常気象は俳句になりにくいです。

(1)幼き日吹雪に女王のひとみ見し  郁子(60代)
(2)今年また形見の梅の白く冴え
 ご診断楽しみにしています。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)雪の女王ですね。この内容全部は俳句に収まらないです。実際に雪の女王を見た、と言い切ることはいいと思います。
(2)私としては「形見」が気になります。この言葉を使わないで同じようなことが言えませんかね。

(1)近づけば芽吹きの緑あざやかに  由利子(70才以上)
(2)ゆらゆらと大気動くや春近し
 よろしくご診断のほどをお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)「近づけば」も「あざやか」も言わないで、何の芽吹きか?その時は?昨日は? 空は?風は?雲は?私は?といろいろ探っていく内に芽吹きがあざやかになっていきます。
(2)そうだなとおもいますが、それ以上ではない。季語をまるっきり変えてしまったらいかがですか?時候とか天文ではなく、動植物、行事生活、その他「もの」たちです。何に変えても意外に俳句になっているものですよ。

春嵐まなざしやさし地蔵さん  藤井茂子(60代,女)
 添削楽しみに致しております。宜しくご指導下さい。
ドクター岡野の診断と処方箋
 春嵐に違和感が、わざと違和感を持ち込む場合もあるでしょうが、ここは素直にまなざしのやさしい地蔵さんにぴったりの季語があるはずです。

(1)春の宵接吻してもいいですか  ポリ(50代,女)
(2)看板の酒の字赤し春朧
 どうぞよろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)もちろんいいです(汗)。春の宵はもっともそれらしい状況なので、こちらも予想しています。もっと意外な時、場所で言ってびっくりさせてください。接吻はところ構わず、時を選ばずです。
(2)看板がなくてもわかるようになりませんか?

旅立ちの日ワインレッド春の山並  正泉(50代,男)
 はじめまして。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 ワインレッドが前後どちらにつくのかわかりません。春の山ではなさそうなので、旅立ちの日ですか。助詞で繋ぎましょう。それにしてもワインレッドがわかりません。気分に流れているようです。

縄文の杉の梢に春の雲  春雪(70才以上,男)
 岡野先生、こんばんは。よろしくご指導下さい。
ドクター岡野の診断と処方箋
 屋久島ですか?行ったことないですが、私の頭の中にある縄文杉と春の雲は合わないのです、こんな言い方ですいません。何でかなあ?杉と春の雲は親戚みたいなのに縄文がいけないのかなあ。ここでは春の雲がいけないということにしておきます。

(1)顔の道透ける体の花火の夜  裸時(30代,男)
 「船団」72号の「顔が充ち透ける体の花火の夜」を推敲してみました→
(2)春の箱トムソーヤ他流れつく
 「春の色トムソーヤ達が流れつく」を推敲しました→なかなか合う季語が見つから なくて難しかったです→
(3)良品のおたまじゃくしはペレッタン
 ○印良品とかぶったかなぁ(^^;
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)この句見事に三つのパートの因果が断ち切られています。その意味で船団掲載句よりも裸時さんらしいのでは?これ以上つっこめません。「顔の道」は面白いです。
(2)春の箱だと妙に意味が生じちゃいますよね。それは不本意なのでは?ただ、言葉なもんで、どう離れても意味は追っかけてきます。どうぞ、猛スピードで逃げてください。
(3)かぶるというより東国原、そのまんまです。ペレッタンねえ、うーんよく思えてきちゃった。

(1)宝なるその高らかな囀りよ  せいち(60代,男)
(2)囀りや風と光のあはあはと
(3)鹿の糞ばらばら芽吹きぽちぽちと

 岡野ドクター、始めまして、よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はじめまして。
(1)頭韻は別にしても「宝なる」という措辞に賛成できません。そこまでいいたいその時間、空間のなにか具体が見えるといいのですが。
(2)は(1)より感じます。でもまだ見えないなあ。
(3)いいんじゃないでしょうか。ばらばら、ぽちぽちが効いてます。

(1)囀りのシャワーを浴びる徹夜明け  菜月子
(2)黒猫の一族に遇う枝垂れ梅
 初めまして。岡野先生は猫好きですか。トラ猫が大好きで、阪神ファンです。よろしくお願いします。(1)は「囀りを窓開けて聴く徹夜明け」(2)は「路地奥は猫の寄り合い薺かな」の改作です。ご指導お願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はじめまして、はい、ヒマラヤンと茶トラがいます。
 ふたつとも、前よりよくなっているのでは。
(1)その気分よくわかります。後は思い切って「徹夜明け」を捨ててしまうかです。そうすると新しい表現に出会えるかもしれません。他人の句なのでこんなことが言えてます。自分ではいつもうじうじ捨てきれませんので。
(2)色はきれいですが、枝垂れ梅がほんとうにいいかどうか?一方、一族でもいいのですが、「三匹の黒猫」のように具体数を言ってしまうのもありかと。


2007年3月8日

探梅や寄り道をして親子丼  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 ただ報告だけのような気がします。中七の説明が要らないですね。

恋猫の呻く声する宇宙船  北野元玄(60代,男)
 はじめまして。一年前に船団に入会させていただいた独りよがりの句歴は長い初心者です。本来本格(?)伝統俳句を作っていたのですが、船団の影響で、現代口語俳句に転向しました。ただし時々古臭い俳句を作ることがあります。船団誌の岡野さんの俳句には前からうらやましい思いで読ませていただいております。時々投稿します。普段句会には参加する機会がありませんので、よろしくお願いします。ところで、ジーコは悪くないと思っていたのですが、現場での状況はわかりませんね。オシムに期待しています。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はじめまして。投句だけの参加なのですが、船団に入って4年目です。読んでいただいて恐縮です。自分でもまだ手探りの駈け出しなのですが、船団に入って更にはまってしまいました。(ところでジーコの最大の失敗は久保を起用しなかったことです。)
 さて、(笑い)宇宙船ですか、宇宙船いいですよね。私も 船団最近号に宇宙船出しました。この句、私は面白いです。強いていえば恋猫とは呻くもの、ということでしょうか。「エイリアンT」を思い出しました。

(1)重文の高麗門や春の宵  しんい(女)
(2)隅っこの錆し鉄棒月おぼろ
 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)重文であることが、観光上はともかく、俳句の上では役立っていません。春の宵に高麗門がある、(あるいは人がいる?私?)それだけです。ここからどうするか?
(2)校庭でしょうか。隅っことあるのである広さが想像されます。鉄棒はよく詠まれるようです。その鉄棒が錆びて、隅っこにあるので、ありがちなパターンに入っています。

(1)水仙を剪れば生命の湧く如く  学(50代,男)
(2)浜で生まれて浜育ち恋の猫
(3)春めきて脚太き馬をりにけり

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)(2)調子よすぎて、どっかで聞いたような。調子いいのは悪いことではなく、問題はそれがどっかで聞いたような調子であることです。もっとも(2)は恋の猫を上五にもってきたほうが、もっと調子よくなりますが。
(3)水仙よりも、恋の猫よりも、この馬のほうが俳句的把握をされています。

卒業の子等より低き保護者席  きんぎょ(女)
 わが子の高校の卒業式に行って来ました。ただの説明でしょうか?よろしくお願 いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 ええ説明だと思います。ただその説明がもうひとつ解らなくて、この子供達は講堂の舞台のようなところにいるということでしょうか?ともかく物理的に低いということが、ここでは読者には何の感興も呼び起こさせません。この保護者席のありかたが新鮮な発見になっているといいのですが。

桃の花カステラつんとできあがる  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 悪くないです。実際に見たことはないのですが「つんと」も妥当な気がします。

山峡に無欲無欲と田を打ちぬ  豊田ささお(70才以上,男)
 岡野ドクター今晩は、「山峡の春田に映る雲流れ」へのご診断有難うございました。「・・映る雲流れ」を変えて見ましたが、オリジナリティがないですねえ。
ドクター岡野の診断と処方箋
 ずい分変えましたね。無欲無欲がやはり辛いですね。作りごとめきました。

(1)早春や海は光をこぼしけり  学(50代,男)
(2)冬かすみ寺の裏門表門
(3)人の名を変換できぬ養花天
(4)開く音を空に映せし桜かな

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)(2)は季語が取って付けたようです。その点(3)は季語が活きています。この差は大きい。(4)はオーバー。

ポケットにしまふ旅路の桜貝  春雪(70才以上,男)
 先生、ご指導をお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 ロマンチックで歌みたいですね。私にはロマンチックでセンチメンタル過ぎるかも。「旅路の」 がそうさせています。「桜貝」は放っておいても十分にロマンチックですので、周りの言葉を注意深く抑制しましょう。

楓君痛み発見冷凍庫  裸時(30代,男)
 よろしくお願いしますm(_ _)m
ドクター岡野の診断と処方箋
 トムソーヤ君には感じるところあったのですが、楓君には特にない。痛み発見以下が、意味としてもイメージとしてもひとかたまりのほうが楓君のキャラが立つのでは?

雲を割る日差しに映える夏蜜柑  れい(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 雪国の春の仕事ですね。私の友人達が二月に越後妻有雪堀ツアーというのに行ってきました。夏蜜柑がきらきら輝いて春を迎える喜びにあふれています。季の重なりも気になりません。


2007年3月7日

陽を浴びて桜満開まだ二月  賀代子(70才以上)
 よろしくごしどうください。
ドクター岡野の診断と処方箋
 今年の異常な暖冬を詠まれたのだと思いますが、ほんとですか?私の周りでもさすがに桜はまだ。俳句は虚実に遊んでいいと思いますが、この場合は疑問。ひょっとして伊豆河津桜のことですか?だったら「まだ二月」が余計です。ほかにも早咲きの桜はあるかもしれませんが、まだ二月!と驚くのはテレビニュースに任せて、別のところに目を向けましょう。

金婚の日々を紡いで味噌作る  郁子(60代)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 金婚式、 結婚記念日のことであって、ある特定の一日のことです。まあそれは理屈であって、ここに流れる感慨はよく伝わってきます。「味噌作る」と行為で止めたのがいいですね。延々と続いていく日常へのきっぱりした意志と誇りを感じます。

のっそりと猫立ち上がる春立つ日  由利子(70才以上)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 シンプルで猫がよく見えます。立つのリフレインは私は気になりません。でも、そんなに効いているわけではありません。

(1)新宿の雑踏の中三月来  まりあ(40代,女)
(2)竿竹を売る声遠く花ミモザ
(3)穏やかな臨終であり風光る

 岡野先生ありがとうございました。そしてよろしくお願いします。1番、この地名にすると動くかな‥とも思うのですが。受験・入学シーズンの立て込む雰囲気をつくりたかったのですが。3番、96歳の大叔母です。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)動きます。渋谷だったらいいか、というとそういう問題ではないですね。もっと焦点を絞るのかなあ、伊勢丹へ行く途中とか、横断歩道で人とぶつかるとか、地下道とかとにかく人混みの中にふっと三月が来ていた、というのがこの句の売りなんでしょうね。勿論、試行錯誤の途中で全く違う句になることもあり、そのほうがいい場合も。
(2)長閑で春らしいといえば春らしい。ここに新鮮な要素がほしい。
(3)大往生だったのですね。「風光る」が死者にも生者にもよく働いています。「穏やかな」はこのようなときよく使われる言葉なので、もう少し個性化できると。

田螺さえ住めぬ小川や雁帰る  加護坊(70才以上,男)
 添削して下さい。
ドクター岡野の診断と処方箋
 前半で詠まれていることは、残念ながら散々聞かされてきたことで、「〜さえ住めぬ」というこの論法も食傷気味です。つまり詩とか俳句の言葉づかいではないのですね。汚れていく自然自体は十分俳句の素材になるのですが、その前に季重なりです、この場合は気になります。田螺でつくってみてください。

三月の堤にふたり僕とだれ  玉白石(50代,男)
 岡野ドクター、はじめまして。よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 よろしくお願いいたします。何も言わないあっさりとした良さです。季語の「三月」がなあ、、、と思いましたが、このあっさり加減がいいのかも。ここに色々とニュアンスがつくと読者に手渡した二人の像に色がついてしまいますものね。手掛かりがなかったので自分で問題をつくり自分で答えてしまいました。すいません。

(1)春あけぼの空いっぱいにペダル漕ぐ  穂波
(2)軋むペン内ポケットに野火放つ
 前回、投句が遅かったために、小倉先生へのお礼が岡野先生に届いてしまいました。両先生、申し訳ありません。改めまして岡野先生、初めまして。ビギナーで、「余計なことを大げさに書いてしまう」ことと「外出がままならないので題材が限られてしまう」ことが目下の悩みです。2ヶ月間、どうぞよろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 いえいえ、あらためてよろしくお願いいたします。余計なことを大げさに、大事なことをさりげなく書くのが俳句、とも言えます。両句ともいいじゃないですか。短い詩としての飛躍とか、喩の力が発揮されています。
(1)大らかで気持ちいいです。中七はこの素朴さがいいのかも。上五中七は同内容でいろいろできます。
(2)かっこいいです。軋むとまでいわなくてもいいんじゃないでしょうか。

(1)備中の歯先に蛙ぴょこと出て  遊雲(60代,男)
(2)菱餅の鈍角鋭角すまし顔
 よろしくお願いします。今年からはじめたところでまだまだ試行錯誤です。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)備中の意味するところがわかりませんでした。調べました(汗)まさか岡山西部ではないですよね。備中鍬ですか?とすると刃先ですね。換喩の一種(産地によって産物をあらわす)なんでしょうが、無理があるのでは?伊万里とか久谷だったら成立するかな?句としては、俳句的な瞬間をとらえていますが、わかってみると備中が気取りすぎです。
(2)菱餅の鈍角鋭角に注目したところはいいのですが、すまし顔が説得力に欠けます。

(1)東京のネオンきれいだ冴え返る  高橋弘史(70才以上,男)
(2)雛遊び足の裏よりよろこべり
(3)沈黙の金にはあらず春霞
(4)陽炎にあぶくのゆくえ聞いており

 宜しく添削お願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)中七の口語調が効いていません。意図されてのことと思いますが素朴すぎませんか?
(2)文字通り隔靴掻痒、作者の体感を共有できませんでした。
(3)あまり理を問うことをしたくないのですが、春霞に代表される春のもやもやは何かを言ってるぞ、ということですか?それならむしろ「春霞沈黙は金ということに」、ちょと思わせぶりですかね。
(4)あぶくがなんのあぶくかわかりません。陽炎がそもそも実体のないものですから、手掛かりがなく、曖昧な気分しか伝わってきませんでした。

(1)早春の河口を渡る波頭  学(50代,男)
(2)しぐるるや窓に浮かびし託児園
(3)かまくらや吾子に受胎といふ便り
(4)ゆったりと流るる河や竹の秋

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(3)がいいです。吾子の受胎という非常に個人的な確かな事実が、その喜びがまっすぐ伝わってくるからです。体験した事実だけで俳句ができるわけではありませんが、俳句の出発点、芽にはなります。他の句は定型におさまって、それなりに気持ちいいのですが、言葉がすらすらと流れているだけで、俳句的な核がありません。感動とは敢えていいませんが、感興が句から窺がえません。

四阿に蕗味噌にぎり香の物  藤井茂子(60代,女)
 下五は実際にはグルメ会と言う名の会なのですがそれでは余り面白くないかなと香の物に致しましたが。宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 おいしそうですが、「蕗味噌にぎり香の物」は、ほとんどひとつの事柄で句の広がりがありません。まだしもグルメ会のほうが何やら楽しそうな声が聞こえてきそうです。でも、、、たしかに説明で面白くないかな。ここで急展開するのもいいかと。「雨あがる」とか食べ物からすこし離れるのも手です。

もぐらどん水攻めでがす春の畦  豊田ささお(70才以上,男)
 岡野ドクターこんはんば・・じゃない、おはようございます。「春田」で何か作ろうとやきもきしつつ、3日になってしまいました。こんな私ですがどうぞよろしく・・・。
ドクター岡野の診断と処方箋
面白いでがす。これはこれでいいですが、面白いことを言うとき、澄ました顔で言うとより効くということもあります。


2007年3月6日

(1)春の色たくさん流れるトムソーヤ  裸時(30代,男)
 「春の色トムソーヤ達が流れつく」の推敲です。
(2)引きつった仮面がずらり春北斗
 「引きあがり仮面がずらり春北斗」を推敲してみました→
(3)渇く杯空気の音がカラスの巣
(4)春嵐ボディビルダーの救急車

 最近ネガティブです。
(5)梅林に二十面相の姥捨てる
 岡野ドクターはじめまして、よろしくお願いしますm(_ _)m
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。
(1)春の色については前回言いました。こうなるとまた別の句ですね。奇妙さはより強まりました。
(2)(3)はうまく感応できませんでした。(4)ネガティブではないですよ。ボディビルダーのところが色々あると思ってしまいました。裸時さんはそこから発想されたのでしょうが。
 〇〇が(運転するところの)救急車ではなくて、救急車としての〇〇と=で結んでしまうとまた面白い。
(5)梅林に二十面相はよく似合う、姥が出てきてしまうと梅林に近すぎるので、二十面相効果が減じませんか?一方二十面相と姥の取り合わせは悪くない。三すくみですね。普通は梅林と二十面相だけでやるところなのですが、姥を出すところが裸時さんなのでしょうね。
 これからもますます裸時軽に。

(1)街凍てて誘導灯に浮かぶ闇  学(50代,男)
(2)春を待つ図書館カード差し出して
(3)春愁の留まっている裁断機

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)逆に闇が浮かぶとしたところがいいですね。もしかしたら「街」も要らなくて凍てつく空間に誘導灯に闇だけでもいいかもしれませんよ。あ!そしたら抽象的になりすぎてだめかな?「街」がすこし流れていると思うのです。
(3)わかります、いいんじゃないでしょうか。ただ留まっているという措辞でいいか?

保冷財捻挫の足に木の芽道  藤井茂子(60代,女)
 よろしくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 保冷材ですね。足にあたる冷たさと、木の芽の芽吹く生き生きした感じがよく照応しています。行為が具体的に書かれているのでいいと思います。

(1)祖谷の東風落人京を偲びけむ  文の子(60代,男)
(2)卒業や道に落ちてし金ボタン
(3)春浅し水面に揺るる陸の舟

 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(2)「道に落ちてし」を工夫したい。落ちてしといわなくても分かるように。
(3)陸の船がわかりませんでした。陸に引き上げたボートかなんかでしょうか?それはさておき、句全体で言葉が抵抗なくすーっと流れてゆき、(勿論その方向でいい句はたくさんありますが)なんとなく鑑賞の手掛かりがないように感じました。出来合いの言葉を繋げているだけのような、定型の力でそれらしくまとまってしまうので、要注意です。

(1)早春の息吹のみこみ海光る  浅葉洋(70才以上,男)
 二階より見える海は早春の陽光に輝いて一年中で今が一番綺麗です。
(2)男の児らが横目で睨む雛祭り
 明日は桃の節句です。
 岡野先生始めまして。宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 よろしくお願いいたします。
(1)二階から海が見えるなんて、うらやましいです。 「春の息吹」のような喩はすっかり使い古されているので(例えば手紙での時候の挨拶など)俳句でつかうと損です。恐らく苦労せずに「早春の息吹」はすっとでてきたと思います。 ここを苦労するのが俳句の面白いところだと、、、。
(2)かわいいですが、いささか作った感があります。横目で睨まなくても、どやどやお雛様の前に乱入してくるのが、今どきの男の子ではないでしょうか?それとも厳格なご家庭?暗黙の前提から作らずに、今の視点で雛祭りを見てみましょう、とりあえず。

(1)朝日うけ繭のやうなる猫柳  小口泰與(60代,男)
(2)残り雪名も無き湖の小船かな
 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)「繭のやうなる猫柳」の直喩には思うに誰も反対しないでしょう。それだけ素直といえば素直、平凡といえば平凡。〜のよう、〜の如くのような直喩には、発見とか、芸が要るようです。有名なところで「てぬぐひの如く大きく花菖蒲」岸本尚毅などがあります。チャレンジしてください。
(2)「名も無き湖」が雰囲気に流れています。小さな(恐らく)、片田舎の、寂しい、etcステレオタイプの俳句的湖になっていて、私には響いてきませんでした。

片翅の漂ふてをり蝶の昼  涼(70才以上,男)
 宜しくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 「片翅の漂ふてをり」の状況がつかめませんでした。魅力はあるのですが。普通ではありませんよね。感覚的に言葉の都合だけで成立している俳句もありますが、この句では、何が起きているか読者に伝わらないと、作品世界を作者と共有できません。

八畳に女人結界雛飾る  雅(50代,男)
 女人結界の意味がすぐ分かるでしょうか。よろしくご指導ください。
ドクター岡野の診断と処方箋
 わかりません、女性の入室を禁じた八畳間に雛を飾るということ?土俗的で霊的なおどろおどろしい世界を感じてしまいました。「死国」という映画がありました。すみません、読めていません。

リラ冷えの街静まりて夜汽車発つ  千鶴子(60代,女)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 きれいです。札幌でしょうか。「街静まりて」がもったいない。リラ冷えから予想がつく世界ですから。

龍太死す二月の谷より千の風  ねぎよしこ(70才以上)
 よろしく、またの日の辛口指導お願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 龍太の句とベストセラーの詩、歌をつなげて、気が利いているようですが、そこが欠点です。皆、なるほどと一回は頷くでしょうが、そこどまりです。特に千の風という借り物の世界でこの句の肝ともいうべきところを詠んでしまったのが残念。私が「千の風」を読んでおらず、その流行のしかたに少し胡散臭いものを感じていることで、 バイアスがかかったかもしれません。

薄氷の下から覗く目玉かな  豊田ささお(70才以上,男)
 あっというまに小倉ドクターの時間は終わるのですね、未熟者を気長くご指導いただき深謝します。また次の出会いまで精進いたしますで、その節はよろしく・・・今日は珍しく凍りました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 一読、分かりませんでした。下から覗く存在が何か?ホラーか?ひょっとしてこれは鯉ですか?一変して句がユーモラスな表情を纏い始めました。ただ、これで鯉だと解れというのは無理でしょう。それともぜんぜん違う読みがあるのかな?

冴返るぶつかり稽古音高く  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ。季語「冴返る」のよさが出ていないように感じます。あてがいぶちに置いた感じといいましょうか。ぶつかり稽古の湯気で冴返るの皮膚感覚がどこかへ吹っ飛んでしまいました。

(1)もくれんの芽の割れ初むや小糠雨  しんい(女)
(2)潮鳴りの囃子もまじへ磴の雛
 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。
 両句ともきっちりと世界ができあがっていますね。
(1)は既視感があります。
(2)は千葉勝浦の、石段にたくさんの雛を飾るあれでしょうか?実は私知らなかったので調べました。(汗)すべての言葉が交響していてよろしいのではないでしょうか。


2007年3月5日

荒れたるも往時しのばる梅屋敷  郁子(60代)
 初めてお目にかかります、どうぞよろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。場景はわかりますが、いかんせん全体が説明になってしまいました。梅屋敷と書いても梅が見えてきません。少し和歌の語調を感じます。つまりこの後の七七で詩としておいしいところが述べられるような。

無意識の時の多さよ春の暮れ  由利子(70才以上)
 はじめまして、お世話になりますがご指導楽しみにしております。
ドクター岡野の診断と処方箋
 よろしくお願いいたします。この句で言われていることは、私も実感します。春の暮れの微妙な時間に人の意識がふっと浮遊してしまう感じ、詩が生まれそうな瞬間です。そのことを無意識と言ってしまっては散文です。ここから先がいろいろあるところなのでしょう。別の世界から具体物をここに投げ込んでみる。化学反応のように意外なものが作者の微妙な意識を引き出してしまうことが、稀にあります。

春夕焼けふと父のこと母のこと  れい(70才以上)
 はじめまして、よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。とても抒情的できれいです。春だからいいんでしょうね。肉親についてくだくだしく言っていない、さらっとした良さがあります。

風邪見舞い郵便受けにカード入れ  賀代子(70才以上)
 はじめまして、お世話になります。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。中七以下が具体的なので、やさしいお心遣いがよくわかります。

野の神の哄笑あまたの落椿  香珠
ドクター岡野の診断と処方箋
 助詞「の」を三つ続けました。意図的だと思いますが、最後の「の」は無しにして、切れを入れたいです。そのほうが句の空間が拡がります。その上でこの句の世界に感応できるか、ですが、魅力はあるものの、私にはもうひとつ入れませんでした。野の神がどうかな?

団塊は漁夫渡るごと何処へや  三郎(60代,男)
 団塊の道を一筋木瓜の花を少し手を入れました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 渡り漁夫とはまた渋い季語をもってきましたね。集団でどっと獲物を目指して移動する。なるほど団塊を形容する文章としては有効かもしれませんが、俳句としては観念的です。「何処へや」も甘く流れています。この素材で団塊についてのエッセイを書かれたらいかがでしょう。

(1)守りきし菓子の卸や春浅し  小口泰與(60代,男)
(2)吾を見る子牛も居りし牧の春
 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)老舗を守っているということ、まさに「事」なので全体が説明になってしまった。言うは易しですが、ここから先が、私もいつも陥っているところ。「守る」を捨てるとか、「菓子卸問屋」の屋号を出してしまうとか、手はあるのでは?
(2)いい感じなのですが。「牧の春」がゆるいか?ここがびしっときまると。

(1)浅き春船の灯火わいてくる  藤井(60代,女)
(2)天国も春来たかしらオムライス
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)わいてくる が適当でないような。
(2)いいんじゃないでしょうか。オムライスいいですね。

(1)比較的きれいな指よ青菜切る  ポリ(50代,女)
(2)悲しくてレタスバリバリ手でちぎる
ドクター岡野の診断と処方箋
 (1)と(2)では(1)が好きです。「比較的」という散文脈の言葉が効いていると思います。
 (2)もわかるのですが、レタスを手でちぎるのは極めて普通なので、「悲しくて」の詩的因果になりきれていない。AだからB、このBが気持ちいい詩的飛躍を持ちたいです。

(1)てのひらに受ける大きさ名残雪  学(50代,男)
(2)しぐるるや寺の裏門表門
(3)裸木や何の夢見てをるのやら
(4)家なき人の還らざる星朧

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(2)安住 敦の 「しぐるるや駅に西口東口」がありますね。本歌取りにもなっていないので無理でしょう。
(3)裸木にしてはメルヘンチックな問いかけで、その違和感がここでは詩的に働いていません。
(4)ホームレスの人が死んだということでしょうか?言葉が少し気取りすぎて、全体が朧になりました。


2007年3月4日

春の色トムソーヤ達が流れつく  裸時(30代,男)
 小倉ドクターありがとうございました。批評を胸につくっていきますm(_ _)m
ドクター岡野の診断と処方箋
 春の色が抽象的ではないでしょうか。もったいないです。こっから先は好みですが、「トムソーヤ達が」の「達が」が私にはかったるい。「トムソーヤ他」は?思いつきですが。

山峡の春田に映る雲流れ  豊田ささお(70才以上,男)
 春田の二句ご診断有難うございました。作っているときはこれしかないと思って・・。景が見えないですかあぁ、これではどうでしょう?
ドクター岡野の診断と処方箋
 岡野ですがよろしいでしょうか?前の2句はわかりませんが、この景は見えますよ。気持ちのいい句ですが、既視感があります。「山峡」「映る」「流れ」このどれかの代わりに、新しい何かを持ち込んでみてください。

(1)右折して違反切符や春の午後  さくら(女)
 これは報告だけの句でしょうか。
(2)木版の七いろの技春の展
 よろしくご指導お願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)そのようです。17文字の中で原因とその結果まで報告していたのでは、詩の生まれる余地がありません。
(2)木版画の展覧会なのでしょうが、春の展の省略ははいただけません。七いろの技も曖昧。七色刷ということでしょうか、版画家の実演で多彩な技法を披露しているとも読めてしまいました。
 (1)(2)とも春をつけただけで季語が安易。ここをいろいろと探るだけで句の表情がぐっと出てきますよ。

びんを吹く土曜の夜のぼたん雪  穂波
 この冬は雪を見ずに終わってしまいそうです。こちらでも一度だけ雪がちらつきましたが、子どもに言われて私が外を見たときには、もう雨でした。小倉先生、二ヶ月間お世話になりました。チューリップ理論、私の力不足でなかなか実践できていませんが、とても分かりやすかったです。どうもありがとうございました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 魅力があります。びんを吹くという行為が唐突で、無意味、無益でそれが魅力です。ぼたん雪の淡い感じと響きあっています。中七はいろいろあるところですがこれでいいのでは。

(1)ポスタ−の帰っておいでと山笑う  三郎(60代,男)
(2)いろあせた雛の笑顔や春浅し
(3)ランプ消え医師の眼笑う春の風

 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)「 山笑う」の前で切れを入れたいです。「帰っておいでと」の「と」がいけません。
(2)この場合は「雛」を優先して、「春浅し」は要らないですね。
(3)状況がつかめません。山小屋?ランプと医師は現代ではかなり特殊な状況だと思われますが。作者には自明のことでも、第三者にはそこが分からないと句の中に入っていけません。

(1)この道も片側規制三月尽  文の子(60代,男)
(2)片寄れる烏(う)のスキップや春の風
 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)毎年繰り返される光景、うん、分かる分かると、そこまでの共感の句です。そこをもう一歩抜け出したい。このテーマだとどうしても三月尽が説明になってしまう。テーマをもっと背景に退けて、片側規制に濃厚な春の季節感を取り合わせる手はあるかも。
(2)「片寄れる」がもうひとつ見えませんでした。

(1)あけぼのの空は紅さす揚雲雀  小口泰與(60代,男)
(2)竹の葉の雫落ちるや春の鳥
 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)きれいです。今度は揚雲雀の大空間が出現しました。あけぼのの空ですでに紅さしていませんか?もったいない。
(2)春の鳥は具体的であってほしい。

(1)過ぎ去ればすべてなつかし星朧  学(50代,男)
(2)春光やアングルの浴衣の女
(3)人生に余生のありて花影かな
(4)てのひらに少し余りて紙風船
(5)木の国の木の箸香る春の宵
(6)赤い毛皮の女ゆくうるう年

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)ほとんど説明、なつかしは禁句に近い。
(2)季重なりがこの場合は気になる。アングルって画家のアングルですか?この女が見えません。
(3)当たり前のことを俳句形式でわざわざ言うと面白いときもあるのですが、この場合は、ただただ当たり前。花影も思わせぶりなだけです。
(4)分かりますが、類想が。
(5)春の宵が安易。普通においしそうなものをもってきてはだめですか?
(6)赤い毛皮の女が怖いです。うるう年より効果的な言葉ありますよ、きっと。その言葉で句がガラッと変わるかも。


2007年3月3日

瘡蓋を一寸めくって日永かな  きなこ(50代,男)
 よろしくご診断下さい。
ドクター岡野の診断と処方箋
 これやるんですよね、大人になっても。まさに日永、暇人の所作がよくでています。 いいんじゃないでしょうか。

(1)一杯の珈琲の冷えジャズ喫茶  学(50代,男)
(2)猫柳藁のかたちに水曲がる
 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)私にとってジャズ喫茶はレトロな場所になってしまいました。この句に懐かしむ気持ちを感じ取ってしまうのは読み過ぎですか?「冷え」がそうさせるのかなあ。長時間ねばっている若い人を想像しました。ある種の典型なので、この状況を笑うとかして揺さぶるのも俳句だと思います。この句には共感しますけど。
(2)きれいな写生ですね。ただし類想はあります。

(1)郵便局雑踏の中三月来  まりあ(40代,女)
(2)荒東風や溶岩石の池の底
 2月間たくさんの句を見ていただいてありがとうございました。町中の「普通の鏡」は思いつかないので、保留とさせてください。また、よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)郵便局で切れていると読みたいが、そうすると郵便局は働いていない。雑踏と近いから。郵便局前の雑踏ということでしょうか?人々の賑わいの中、三月が来るというのは素敵だと思います。
(2)荒東風ときて溶岩石なので身構えますが、池の底でガックリ尻すぼみ、と最初は思いましたが、しばらくして溶岩石がぐわぐわと存在感を示しはじめました。作者の思いが表面化していないのがいいのかも。すいませんこんなクリニックで。

白壁に白梅の影ゆれており  藤井茂子(60代,女)
 初投句です。宜しくご指導お願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 よろしくお願いいたします。
 きれいな景を素直に詠まれていると思います。多分、過去大勢の俳人がこのような景を見て作句しています。壁と梅の影この素材だけでも、語順とか時間、動き等、変えることで句の姿はぐらぐら変わっていきます。おもしろいですよ、、私はそれでわけがわからなくなること、しばしばです。

(1)春昼の闇に残りし首輪かな  鴻之助(50代,男)
(2)段ボールの棺に降らす梅の花
 小倉ドクター、2ヶ月間お世話になりました。岡野ドクター、初めまして、よろしくご指導お願いします。先日、14年間共に暮らした愛犬が急死しました。家族の一員を失ったさびしさでいっぱいです。
ドクター岡野の診断と処方箋
 初めまして、よろしくお願いいたします。
 家族同様のペットの死は辛いですね。私も15歳と2歳の猫と同居しています。愛犬の死ですから、どうしてもここで一句ものにしておかなければ、というお気持ちよくわかります。両句とも、その愛惜の感情はよく伝わってきます。
(1)の場合、春昼の明るさは哀しみによく釣り合いますが、闇はどうでしょうか、闇というと、真っ暗、かなり暗いです。作者の感情が反映しているのかな?できるだけ言葉を抑制したほうが、結果として感情が句に定着します。
(2)は「降らす」にちょっと疑問符がつきますが淡々としていて、よいのではないでしょうか。

(1)目刺焼く口八丁の朝市女  しんい(女)
(2)日だまりに鞠刺す媼良寛忌
 岡野ドクター初めまして。宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 初めまして、よろしくお願いいたします。
(1)威勢のいい女性の姿が目に浮かびます。「口八丁」が調子よすぎてすっと読みすぎてしまいますが、口達者ということなので、どうかな?この手の諺、成語の類は、句の調子がよくなるし、伝わるスピードも早いので便利ですが、取り扱い注意。まずは遠ざけ、使うなら批評的というか、よほど意図的に。
(2)日だまり、鞠、媼、良寛とそろって、いい世界です。媼に貞心尼がダブリます。鞠が効いていて、日だまりが安易。

(1)信玄の遺せし堤桃の花  文の子(60代,男)
(2)摘草や犬の視線の高さにて
(3)祖谷の東風落人京を偲びけむ
(4)啓蟄や十年耐えて十両に
(5)ペンギンに別れ告ぐるか春の鴫

 句歴3年の者ですが2ヶ月間どうぞ宜しくお願い申しあげます。また、小倉ドクターは今日の句も診て頂けると思っていたため、ご挨拶も出来ず失礼致しました。辛口のご診断が大変勉強になり感謝しております。宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。
(1)信玄堤、戦国武将と桃の花よく似合います。ただ さもありなん、いかにも典型的な風景ですね。この典型をどう崩すか、それこそどうひねるかが俳句なのでは?
(2)よく分かります。「犬の視線の高さ」とわざわざ冗長に説明する気持ちも分かります。一般に説明はよろしくないとされますが、このように意図的なら可なのでは?ここにはある詩的空間が把握されています。
(3)中七、座五を工夫されては?ということはこの句全体ですね。落人は京を偲ぶもの決まっていますので。ただ道真を本歌取りして祖谷の東風でつくる手はありそう。 道具立てが揃いすぎているのでよほど何かしないと難しいと思いますが。
(4)十年、十両の頭韻がここでは句を安っぽくしています。ことわざみたいですね。でもこの関取、応援したいです。
(5)春の鴫が主役なのでしょうが、ペンギンが片仮名表記も相俟って強く、焦点が分裂しました。動物園ですか?状況がつかめませんでした。

利休忌や母の壁掛けそのままに  雀子(60代,男)
 2ヶ月間有難うございました。ご指導に中々応えることができず申し訳なく思っておりますが今後とも俳句は続けていきたいと思っております。先生もお元気でご活躍下さい。
ドクター岡野の診断と処方箋
 すいません、壁掛けが具体的に分かりませんでした。タペストリーのようなものを思ってしまいますが、多分違うのでしょう。お母様が作ったものか?大事にされていたものか?それとも茶道に関係あり?母の壁掛けは作者だけに見えていて、第三者には見えてきません。従って利休忌を手掛かりにしようとするのですが、その途も閉ざされているようです。
 肉親と関係の深いものを詠むときは、それを見てもいず、何の思い入れもない他人に読ませることをまず考えてください。

(1)井戸掘りのねじり鉢巻揚雲雀  小口泰與(60代,男)
(2)春雨と湯煙まとふ木の葉かな
 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。
(1)春らしい活気あふれる句ですね。揚雲雀がどうかな?と思います。視点は高く高く中空に導かれます。それに対して井戸掘りですから、想像は地上から地中へと動きます。要するに視点が動くので落ち着かないのです。狙いでそうする場合もあるでしょうが、ここではそのようには読めませんでした。
(2)春雨と湯煙二つもまとう必要があるでしょうか?木の葉には荷が重いと思います。露天風呂ですか?そうだとすると春雨の中はたしかに気持ちよさそうなのですが、句からはそれが受け取れませんでした。