俳句クリニック 2007年4月後半分(ドクター:岡野泰輔)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


ドクター岡野の診断
2007年5月3日

一鉢の白いペチュニア仮住まい  うさぎ
 「ペチュニアを一鉢望みし仮住まい」の推敲です。望むが所望と展望のどちらにもなることに気がつきませんでした。2ヶ月間、ご指導いただきまして、有難うございます。
ドクター岡野の診断と処方箋
 所望とは思いもよりませんでした。ということは、ペチュニアはそこに存在していないことになります。そうだとすると、別の句になりますが、ここでは直された掲句を前提にします。
 仮住まいでも日常は続く、その中途半端な日常を慰め潤すものとして、ペチュニアはちょうどいい頃合だと思ったのでした。一鉢との限定も仮住まいらしさの強調。「白い」は字数を埋める以上の働きは、あまり感じません。句が静的になってしまいました。動詞を導入したいところですが、元に戻りそうで難しいところですね。一般に推敲の過程で煮詰まったり、堂々巡りに陥ったときは、劇的にシチュエーションを変えてみられることをお勧めします。どうぞ俳句でいろいろ試みてみてください。

老木の白梅もはや地の中に  ねぎよしこ(70才以上,女)
 僅かな投句にも適切なご指導頂き感謝してます有難う御座いました。前句「木ずつのこだまの合間ホーホケキョ」は「木つちのこだま・・・」、大工の使う木のつちの事です。白梅は35年地のこやしです。
ドクター岡野の診断と処方箋
 よくわかりませんが、枯れたということでしょうか?わからないので言うことがないのですが、一般に「老木の白梅」のようないいかたは短詩-俳句では不経済です。

藤咲けり一二三四喜寿白寿  多弁(60代,男)
 どこが悪いか、痛いか判らない俳句の診断ありがとうございました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 ちょっとなげやりですね。この手は言葉遊びとして面白いかどうかですから、中七以降が遊びになっていないのが致命的です。

(1)花散れ花豪雪とまで花散れ花  千坂希妙(50代,男)
(2)家出して少女はきゃははつつじ垣
(3)街じゅうの自転車逆さ嵐山

 またもよろしく。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)花散れ花の舌足らずのリフレインは面白い試み。豪雪とまで、がいけない。散り方の程度は言わなくてもいいでしょう。せっかく面白い試みをされているのだから、それを生かしてください。散るから離れていいと思います。
(2)これはフィクションが滑っている感じ。つつじ垣が役に立っていない。
(3)無季ですが、面白い芽はあります。ここでも嵐山が曖昧なだけです。

(1)園児らの帽子は二色春の風  せいち(60代,男)
(2)春虹に掛ける携帯電話かな
 岡野ドクター、お世話になりました。また、何時の日かよろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ、ありがとうございました。 (1)帽子の色と春の風で、詩的な、なにかが生まれるかというと、そうではない。せいちさんがキャッチされた詩的感興が、ここに言葉化されて出てきていない、ということです。この周辺、この先にまだ言葉を与えられていない、詩的塊がある。
(2)このままですと、メルヘンに過ぎる。春虹と携帯電話はありですが。

(1)花の下思索の人のたたずめる  郁子(60代)
(2)理由(わけ)もなく苛立つ夕の風邪心地
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)思索の人が魅力的ですね。思索の人のようなむき出しの観念表現は普通勧められませんが、例外はあるもので、花の下でたたずむ思索の人は、不思議なオーラを背負っています。まさに、一句の中で、時と場所を得てたたずんでいます。
(2)理由(わけ)もなく苛立つ夕とはずい分また直裁ないいかたです。俳句としては全く損ないいかたですが、やりようによっては?と思わせる大胆さではあります。でもそれが風邪心地と平凡に着地してしまったのでは、前半の直裁さが、芸のなさと映ってしまうのです。惜しいような気がします。


2007年5月2日

(1)心地よき風連なりて春たける  由利子(70才以上)
(2)白つつじ孤高を誇るほの明かり
 よろしくおねがいします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)風も春も目に見えません。目に見える、形をもった具体的な何かを、一句の中に持ち込んでみてください。そうすると、風なり、春なりが生き生きと現れてきますよ。
(2)なんとなくわかるような気がします。「孤高を誇る」のような概念的な言葉は、できるだけ避けてつくるべきです。概念語は句を逆に薄っぺらくします。

(1)花曇空がぼわんとのしかかり  ポリ(50代,女)
(2)たんぽぽくんごめんねここにはすめないよ
 岡野先生お世話になりました。俳句を作り始めて日が浅く拙い句ばかりでしたのに、ていねいに教えていただき感謝しています。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ、ありがとうございました。
(1)花曇で空が「ぽわん」はそうかな、とも思います。ぽわんの感じでのしかかるのが、いまいちピンときません。のしかかるのは、もっと重い、どーんとか、ぐわっとかじゃないでしょうか?変な会話(笑い)ですが。
(2)すめない理由がわかりませんが、やさしくて、いいですね。理由は知る必要ないですが。

(1)山猿の親子と入るや冬の月  学(50代,男)
(2)田の中に居座る岩や生御霊
(3)行く春やマンホールから水の音
(4)メールにて写真を飛ばすさくらんぼ
(5)陽炎を追い越してゆくスケボーかな

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)わかりません。
(2)生御霊は生御魂のこと?居座る岩をそのように見ているのでしょうか。妙にこの季語と符合しなくても、この岩には十分存在感があります。季語を検討されたほうが。
(3)きっとそう聞いたのですね。行く春がぬるいかな。
(4)これは軽くていいですね。(5)風景としてはよく見る、それも映像化されたものとして、そういう意味ではスケボーのステレオタイプです。最後のスケボーかなは苦しい。最後に、このような投句企画では、あまりにも季がばらばらだと、読むほうはしんどいです、ご配慮を。

彼の鳥を雲に入るまで追う人よ  豊田ささお(70才以上,男)
 岡野ドクター、私のような中途半端をよくぞ辛抱してお付き合いくださいました。心から感謝します。
 塩見ドクターはじめまして,よろしくお願いします。掲句は、モンゴルへと帰るはずの鳥がまだ居るので毎日見張りにきている野鳥研究者のことですが・・。因みにその鳥は「セアカモズ」です。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ、楽しませていただきました。鳥雲に入るの変奏。ご説明を聞かないと謎の句です。彼の鳥は何か?追う人とは?
 謎のままでいい場合もありますが、この句はそうではないですね。これからも、自然の中の句作り、楽しまれてください。

(1)誰もいない貸自転車屋揚ひばり  穂波
(2)国宝の観音さんに花なずな
(3)野遊びや観音さんと湖へ

 3句お送りします。数年前に滋賀県に行ったときのことを題材にしました。国宝の観音さまが地元の方の暮らしに溶け込んでいる様子がとても印象に残っています。岡野先生、二ヶ月間ありがとうございました。推敲がまとまらず、宿題として何句か残ってしまいました。ご指摘いただいたように、切れに注意して、考え直したいと思います。またご指導いただける機会を楽しみにしております。ありがとうございました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ、ありがとうございました。
(1)春の風景としてよく感じがでていると思います。「誰もいない」と散文的で、実に平らかな言葉づかいから始めているのが、が効果をあげています。なんでもないようですが、この言葉が一句に平安な雰囲気を行き渡らせました。
(2)花なずなという全く気取らない花が、おっしゃるような様子をよく表わしています。ただ国宝なのに、という強調はあまり要らないのではないか、この句だけでは、国宝云々より滋賀であるとか、何々観音であるとか、言ったほうが花なずなとの対比があざとくなくていいです。
(3)これは「観音さんと湖へ」がわかりません。 行事でしょうか?魅力はあるのですが。

(1)コルセツト外すも吾の花衣  えんや(70才以上,男)
(2)人影も無き校庭の花の昼
 岡野ドクター有難う御座いました、こんなに多く提出させて頂いたのも初めてです。お別れが何だか寂しい思いがいたします。最後に2句と21日、句評頂きました、「浮くものを絡めて速し花筏」の「速し」が違うとおもいます、のその解釈が分からないのです、「早し」?若しく「急ぐ」とか他の言葉に置き換える事でしょうか。大変失礼な質問ですが宜しくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)杉田久女の花衣の本歌取りですね。辛い現実ですが、余裕も感じられるところがいいところ。
(2)なかなかいい光景ですが、「人影も無き」をもう少し考えたいです。この雰囲気を別の視点で探してください。人影も無きはわりと普通で、しんとした静かさなら、人が一人ぐらいいても、逆にいいかもしれません。例えばそういうことです。
 ☆ご質問の件ですが、言葉足らずでした。花筏はゆっくりした流れに形成されると思います。絡めて速し、の語調そのものが急流を想起させ、花筏はできそうもない、と思ってしまったのです。いかがでしょうか?

(1)新緑や指につまんでしらす干し  鴻之助(50代,男)
(2)菜種梅雨秒針音なく進みゆく
(3)鯉のぼり煉瓦煙突立つ向こう
(4)葉桜を舗道に映す今朝の雨

 (1)は、先日ご指導いただいた、「新緑やうどん啜りてしばし黙」の別バージョンです。「しらす干し」だといかかがでしょうか。2か月間のご指導、ありがとうございました。ちょっとしたおトボケ感のある句評が、何とも楽しかったです。最後は少し甘えさせていただいて、4句よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)うどんは新緑とミスマッチで妙なユーモアと評価したのでした。しらす干しですとその関係が曖昧で、ちょっと評価しにくいです。
(2)いいですね。取り合わせとして成功していると思います。腕時計とも、壁時計とも、どちらでもいいですが、文字盤に菜の花の明るさが反映しているようでさえあります。
(3)古い工場でしょうか、煉瓦煙突という具体の勝利です。既視感なきにしもあらずですが、この煙突のおかげで鯉のぼりが翩翻と翻っている様子が見えるようです。
(4)一転、これは平凡。ここまでは誰でも見つけます、この先に何を見つけるか?これからも面白い俳句的発見をたくさんしてください。


2007年5月1日

(1)春ゆかす流行りの言葉口にして  まりあ(40代,女)
(2)信濃よりの電話を取りぬ暮の春
(3)いっせいに流るる視線花吹雪

 先回「旧字体」は、本当に並んだページを見ている内に桜蘂が浮かんできてしまったのでした。岡野先生2ヶ月間たくさんの句を見ていただいてありがとうございました。丁寧なコメントをいただいて、楽しんで俳句をつくれました。(苦手な素材も。)また、機会がありましたらよろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)「春ゆかす」がいいかたがこなれていない。中七以降のいいかたは逆に面白いのですが。
(2)「信濃よりの電話」が効果なし、何か言っているようで、何もないのでは?ここに何かあると、暮の春も生きてくるのでは?
(3)視線もいっせいに流れるとしたところに工夫があります。いいと思います。

(1)ミラーこすったと♪春の風かな  汽白(40代,男)
(2)ためいきのしりの谷間は著莪の谷
(3)オーボエのだいおういかがしりの谷間
(4)オーボエは lnz=(i±4/π)θ らせん階段への扉

 岡野ドクター、ありがとうございました。よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)小さいことには拘らない、春ですから。
(2)(3)ためいきのしりの谷間より、オーボエだいおうのしりの谷間のほうに好感。
(4)はすこし眠くなっています。こんなことしか言えません。

(1)葉桜となり文鎮の置きどころ  さくら(女)
(2)葉桜や婆の昔の物語り
 葉桜を眺めていたらこんな句が出来てしまいました。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)こういう感じはわかります。急速に濃くなる緑を前にして所在無い感じ、文鎮の置きどころが身の置きどころにも聞こえてきて。
(2)これはどうでしょうか?葉桜でなくとも、と思います。

(1)ブルー・インパルス夕空の燕かな  菜月子
(2)パソコンへデジカメの桜立ち上がり
(3)自転車の荷台の猫を撫でて春

 ご指導ありがとうございました。(1)は「ブルーインパルス燕の飛行隊」を推敲しました。夕空を背景にして急降下を繰り返す燕の光景が印象的だったのですが、やはり燕とブルーインパルスの連想が月並みでしょうか?(2)は題材的に俳句にはどうかと思いますが、印象的な瞬間だったので詠んでみました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)実体は燕だった!逆だと思っていました。掲句でもブルー・インパルスが夕空を燕のように飛んでいると読めてしまいます。おっしゃる景は、夕空の燕ブルー・インパルスですかね。月並みではありませんが、それほど効果をあげているようにもみえません。
(2)面白い句材で新しい観点ですね。パソコンと桜立ち上がりで、十分わかるのではないでしょうか。パソコンとデジカメが並ぶのが語感も視覚も美しくないです。
(3)これは、わりと平凡。猫がいる場所がなにかあるかといえば、そうでもない。

(1)娘(こ)の唇(くち)のややに開きて柏餅  文の子(60代,男)
(2)流したき未決の書類春の水
 岡野ドクターにご診断頂く最後の日になりました。2日月間総ての句を丁寧に診て頂き心より御礼申しあげます。この2ヶ月は公私とも時間を取られることが多く、折角の機会を活かせなかったことが心残りです。ドクターのご健勝を祈念致しております。掲句宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ、ありがとうございました。
(1)精密描写が妙な効果をあげています。いいのか、悪いのか?それは唇(くち)という字の選択にもよります。なにぶん柏餅なのでその違和感が面白いといえば面白い。
(2)流したき、との思いは言わないで、読む人に任せましょう。そうしたほうが、春の水が生き生きしてきます。

子つばめの数確かめて灯り消す  悠(70才以上,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 単純な行為を淡々と書いている。単なる報告の無味乾燥に陥らず、俳句的 時間をとらえています。気持ちの流露をしっかり抑制しているので、かえって子燕のかわいらしさとか、作者のお気持ちのやさしさに読者の思いがいきます。

(1)若い内花より団子と食い気張り  遊山(70才以上,男)
(2)浮世絵に余韻残して躑躅かな
 浮世絵鑑賞の後庭園散策にて。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)花より団子で俳句にするのは、かなり難しいです。俳句は省略を心がけますので、御句の場合省略していくと、花より団子だけになってしまいます。つまり他の言葉は、この成句の説明にすぎないのですね。
(2)吟行句会でご一緒に行動されたお仲間なら、「余韻残して躑躅かな」がなんのことか分るでしょうが、その場にいない読者にはわかりません。もともと浮世絵鑑賞と躑躅をひとつの句でいうのは難しいかもしれません。

行く春やマーマレードの片想い  雀子(60代,男)
 拙い句にもかかわらず懇切なご指導有難うございました。先生もお元気でご活躍ください。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ、よく付き合っていただきました。春愁の感じでいいですね。行く春、片想い、両方センチメンタルでベクトルが一緒。行く春のほうを、もっとビターにしたらいかがでしょうか。


2007年4月30日

茶摘みへとブルドーザーの路続く  豊田ささお(70才以上,男)
 現場一回行ってきました。10年前と違ったのはなにか面積が狭くなったみたいに感じました。ブルドーザーで整地しないとお茶摘みも始まらないと思い、大変だなと。
ドクター岡野の診断と処方箋
 なるほど、一回行けば、ブルトーザーがいるわけですね。現場も捨てたもんじゃないです。兼題とは違ってきますが、茶畑とブルトーザーでなんかできそうですね。

(1)棚全部青文字になり日脚伸ぶ  裸時(30代,男)
(2)思い出は青文字になり日脚伸ぶ
(3)れんげ草隙を立てれば鋤が立つ

 好き←→好きですね→
(4)体内のリコピン騒ぐ針供養
 「針供養アミノ酸等風呂皮膚や」を推敲してみました。弱さのポイントが的確でありがたいです。2ヶ月間あっという間でした→これからも頑張ります(^^
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)(2)は青文字にもうひとつ乗っていけません、キーワードなので困りました。意味を辿る道は閉ざされ、かといってイメージも湧きにくいです。しいていえば(2)のほうが、淡さ、薄さとして、かすかに伝わってきます。
(3)SUKIの言換えがあまり効いていないような。慎重に意味を持たないように言葉を選ばれていると思いますが、部分、部分では意味を生じつつ、全体でナンセンスな面白さを発揮する、というほうが私は好きです。一連の裸時さんの句は解体されすぎているような気がします。
(4)リコピン酸、効能は忘れましたが、音がアミノ酸よりキャラクターがあり騒ぐ感じはしますね。前の句より整理されてとっつきやすくなりました。いろいろ言いましたが、刺激もされました。これからもどうぞ挑戦を続けてください。

(1)消しゴムのカスが増へゆく花辛夷  学(50代,男)
(2)白鷺や賢治を待ちし田圃にて
(3)雄鯨撃たぬ雌弔ふために
(4)霜の夜や啼ける子牛の背を撫でて
(5)桐の花雪の形を移しゆく

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(4)がいいです。なんでもないことなのに、ひしひしと霜の夜を感じます。この子牛の事情を詮索しませんが、子牛という生き物のいとおしさを感じてしまいます。
(1)はカスがいや。はらってください。
(2)賢治でなにか言えているかというと、そうでもない。
(3)言いすぎのような。
(5)よくわかりません。

花吹雪回る回るよ一年生  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 回るのは一年生であり、花吹雪、この光景は見たことあるような気がします。「回る回るよ」がいいですね。ぐるぐる回ったときの快感がこの句で蘇ってきました。

(1)花筏抜いて抜かれてそれぞれに  遊雲(70才以上,男)
(2)大枝垂れあとは空のみ山の寺
(3)山里の百年桜八重一重
(4)旅先の植木市にて小鉢買う

 「昭和の日」は気持ちが先行し確かにこなしきれませんでした。蛇足ながら、「百年桜」は私の故郷の隣村です。今年最後の桜です。又、「小鉢」は「タンナチダケサシ」という山野草の鉢です。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)花筏が花筏を抜くというのは面白いと思います。俳句としてはそのことだけのほうがよかったと思います。
(2)今回の中ではこの句が一番いいです。山の上の見事な大枝垂れが実に簡明にとらえられました。すべての言葉が働いています。
(3)八重一重がなんだろうか?百年桜が八重と一重、二本あるのでしょうか?百年桜というわりに、(2)のように景が迫ってきません。
(4)具体的なところがどこかに欲しいです。旅先はどこ?小鉢より山野草、等。それでも、どこかに旅行して野草を買いましたという、俳句以前の単なる報告になってしまいそう。とりあえず、「買う」はやめたいです。

(1)葉の閉じしとも閉じずとも柏餅  文の子(60代,男)
(2)柏餅甘み控ふる年なれど
(3)柏餅食べ切れ君は男(を)の子なる
(4)祖父の忌に生(あ)れし男(を)の子や柏餅
(5)両手もて携帯操作古草ぞ

 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)そのとおり、ということが、ちゃんと俳句になってますね。「閉じしとも閉じずとも」は「閉づとも閉ぢづとも」ですね。
(2)決めつけてはいけません。人によりけりです。
(3)そうですね、柏餅なので反対しません。
(4)これは感慨深いものがあります。柏餅のところ、初節句などはいかがでしょうか?
(5)いいではないですか。片手で無理すると指がつりますよ。古くさくないのです、スタイルです、堂々と両手をつかいましょう。

大空に白鯨のいて山笑う  れい(70才以上)
 季重なりでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 この場合は、よろしいのではないでしょうか。大胆な比喩で、しかもよく分かります。とても面白いと思いますが、敢ていえば、「山笑う」もかなりな比喩表現なので白鯨とぶつかる。しかも白鯨のいることを笑う、というような邪魔な意味が発生してしまう。やっかいです。季語の質を変えて、白鯨の良さを活かしましょう。

(1)蕗をむく厨に時の止まりたる  郁子(60代)
(2)名の由来ききて盃上ぐ春の宵
 銘酒の名前です、よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)蕗の薄皮、すじをむく、大変ですね。「時の止まりたる」でぴたりとその仕事を言い当てられました。
(2)こういうこと、ありますね。日本酒に限らず、名の由来は肴のひとつ。すらすらと、いい調子なのですが、春の宵は動くかも。


2007年4月29日

(1)隣より味噌汁の香や春の雨  由利子(70才以上)
(2)今年またテレビ花見で終わりけり
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)なるほど、わかります。春の雨の効果で、おいしそうな匂いがしてきます。朝食ではなく味噌汁と具体的なのがいいですね。
(2)私も似たようなものです。桜は見たが、花の下で飲食する、いわゆる花見はしなかった。まさに、終わりけりで、「けり」には残念、未練の気分が漂っています。

(1)葉桜や手をかざしつつ隅田川  うさぎ
(2)ペチュニアを一鉢望みし仮住まい
 隅田川にかかる新大橋のあたりに住んでいたころを思い出して。ペチュニアが季語にあるか?です。宜しくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)手をかざす、というところで隅田川右岸と読みましたが違いますか?ホームズを気取ってもしょうがないですね。逆光に輝く川面が感じとれました。単に桜としないで、葉桜としたのがいいですね。
(2)ペチュニアは立派な夏の季語でした。仮住まいはそのときの、うさぎさんのご事情。本来、読者はあずかり知らないところ、 と言おうと思っていましたが、ペチュニア一鉢とはよく似合いますね。「望みし」は遠くから見る感じで、疑問です。

(1)麦の穂の皓々として空を射る  小口泰與(60代,男)
(2)楓咲く緑の丘の時計台
(3)桜蘂ふる朝荒ぶ浅間かな

 岡野先生、二ヶ月間ご親切で適切なご指導有難う御座いました。俳句をはじめて3年半経ちましたが、まだ、俳句の何たるかを知らず、右往左往しております。しかし、俳句を好きになり始めております。大変有難う御座いました。時節柄、いっそうのご自愛をお祈り申し上げます。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ、ありがとうございました。私も試行錯誤の身です。小口さんなりの俳句を見つけてください。
(1)麦の穂のあの強く空の向かって尖った感じだと思います。「空を射る」は的確ですね。「皓々」は白い、明るい、ということですから、穂の形容としては違うようです。
(2)本当の景か、頭の中でつくりあげた景かは、どちらでも可、なのですが、問題は、でき上がった一句が、非常につくりものめいてしまった、ということです。「緑の丘の時計台」は歌にあったような。
(3)桜蘂と荒ぶ浅間の取り合わせはいいですね。

行く春やリュックサックを枕にし  濡衣(女)
 岡野ドクターのおかげで少し体力つきました。この後はふわふわと転地療法でもと思っています。軽いやつですいません。2ヶ月間ありがとうございましたっ。ンチャ。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ、面白い句を読ませていただきました。行方さだめぬ旅枕〜いってらっしゃい、お風邪などひかれませんように。

(1)母の手を畳紙にながむ花衣  千鶴子(60代,女)
(2)春光に実り約して畑笑うふ
 お久しぶりでございます。またよろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 お母様を思い出されているんでしょうか?それとも、今目の前でお母様が、、、。「ながむ」が曖昧に感じました。畳紙に花衣が鮮やかかつ艶ではありますが。

茶摘み前風車休まず夜を明かす  豊田ささお(70才以上,男)
 「現場百回」そうですね、10年ぶりに10キロほど離れた茶畑へ行ってみようと・・、その10年前の光景、霜よけの風車です。
ドクター岡野の診断と処方箋
 そうなんですか、風車は知りませんでした。 茶摘と風車面白いですね。夜を明かす、で、この句のつくられている時点が、夜中なのか、明け方なのか、そこまでの経過時間なのか、判然としません。できたらその時点を、朝なら朝と特定したいです。10年前の光景でも、今日のこと、只今のこととして詠めます。

丁寧に春ショール巻き笑窪かな  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 私は春ショールを巻いたことがありませんので、どんなときのどんな気分か想像できませんが、笑窪とあるから、悪い気分ではありませんね。俳句は基本一人称、この笑窪の持ち主は、作者藤井さんと思いますが、笑窪はどちらかといえば、第三者が認めるもの。そこに軽い違和感が。鏡の前でしょうか?これから出かける、嬉しいことが待っている場所、人を思い自然にでる笑み?それとも笑窪のリハーサル?とりようによっては怖くもなるのです、丁寧に巻くというところなんか。笑窪から第三者の視点を意識した途端、変な読みに走ってしまいました、すいません。

(1)ハーレーに追い越されたり木の芽時  うさぎ
(2)鳥去りし樫の根元の巣藁かな
(3)真ん中で神様眠る春キャベツ

 ハーレーはバイクのことですが、わかりにくいでしょうか?
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)ハーレーはわかると思いますよ。芽吹きのときの様々な緑の濃淡を愛でる気持ち。そんな細やかな気分も、割とあっさり、大らかに追い越されてしまいました。このゆったりした気分も、またハーレーが連れてきた、春の気分、よろしいのでは。
(2)巣藁が落ちているという。鳥去りしといわなくてもできないか?鳥の名は?
(3)これは言ったもん勝ち、そう言われてしまえば、反対できないようなとこ、確かにある。春キャベツには。


2007年4月28日

(1)すっぱいのワイキキ小町春の恥  裸時(30代,男)
 小さい恥みーつけた→
(2)初虹に本名字は変コカコーラ
 何も言っていないようにて言ってるようにて(・・
(3)春愁の飴の続きは点の雲
 「春愁の飴の続きは天井に」を推敲してみました→まだ動くので時間がかかりそうです→
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)すっぱいが春の恥につき過ぎ、(だろうか?)
(2)本能寺の変、でも変か?初虹がもったいない。
(3)これは推敲なのかなあ?動くといえば、永遠に動くと思いますが。逆に、いつか動かなくなるとすれば、その要因は?私見では座五の動くとされている言葉、そもそも最初から期待されていないような。私見では自動筆記のような書法なので、むしろ、詩のほうが向いているのではないかしら。何連も書き連ねていくうちに、言葉の癖があるパターンをとりはじめ、力をもってくるような。この書法だと俳句に結実する確率が低いような。
 と、まあ危惧してみましたが、裸時さんの方法をもっと俳句用にバージョンアップされてはいかが?ということです。

晩春や吉野の山の息は濃し  多弁(60代,男)
 桜が終わると気持ちが穏やかになりますね(昔の人はよく言いましたね)。
ドクター岡野の診断と処方箋
 桜が終わって、山の緑が濃くなる、息としたところ、共感度ぎりぎり。私は終わったら終わったで、落ち着かないです。

(1)吊り橋の中程に座し木の芽風  彩貴
(2)裏木曽の檜山の迫る代田掻く
 裏木曽と呼ばれるところへ吟行しました。伊勢神宮のご遷宮の時に、檜が切り出さ れる山が聳えていました。句材はたっぷりあったのですが・・・ 宜しくお願いしま す。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)「座し」が疑問でした。いる、というより座っているニュアンスが強い。吊り橋の中程に座っている―怖がっているようにもみえないので、ちょっと変です。そこが解決すれば、木の芽風もいい感じです。
(2)檜山の迫る代田というのが、その場所を彷彿とさせていい表現ですね。頭から、大、中、小と景が絞られていき、調子がとてもいいです。

(1)薫風や選挙事務所の泣き笑ひ  さくら(女)
(2)柿若葉厨の棚に柿羊羹
 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)薫風と選挙事務所でなにかできそうではありますが、泣き笑ひで新聞の見出しになりました。座五でぶちこわしです。
(2)厨の区切られた窓から、日の光を浴びて輝く柿若葉、なかなかいいなと、思っていたら、柿羊羹のオチで一気に艶消しです。両句とも座五が実にもったいないです。

(1)桜蕊降り残してる雨の午後  ポリ(50代,女)
(2)喝采のかなたにひらく諸葛菜
 いつもご指導ありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)微妙なタイミングを詠まれていると思います。柔らかい雨なのでしょうね。
(2)喝、か、葛の韻、特に上五と、座五が目立ちます。ただ、それ以上でないような。

(1)ランナ−の背中に消える名残雪  三郎(70才以上,男)
 「白髪や濡れ背に消える名残雪」を具体化したのですが。
(2)潮干狩りわれを忘れて海をほり
(3)散るものと知りつつ眺むさくらかな

 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)これであれば、わかりますね。背中に消えるが、いまいち臨場感に欠けるのですが。
(2)潮干狩りとは、まさにこのようなことなので、それこそヒネリがほしいですね。
(3)桜については、皆このように思っているので、ここから先を俳句にしたいのですが。

(1)彫り深き榛名の襞や桜散る  小口泰與(60代,男)
(2)まさをなる空に浮雲落花かな
(3)楓咲く小犬のりぼん紅の色

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)彫り深き榛名の襞がわかりますが、言い方としてこなれてないような。
(2)まさおなる、ですとどうしても有名な句を思い出してしまいます。もうひとつ、まさおなると詠いだして、浮雲でガクンとしてしまいます。人口に膾炙した有名句がある場合は、本歌取り等、趣向が必要では?
(3)楓に花があると、初めて知りました。(季語も花も弱いです)。紅の色が合っているだけで、それ以上のものがないような。

ハグハグと私もしたいクレマチス  菊美(60代,女)
 ありがとうございます。いつも説明句になります。わかりながら難しいです。
ドクター岡野の診断と処方箋
 これは説明句ではないですね。クレマチスにハグしたいという意見に 共感できるか、ですが、私はちょっとハグの対象としては頼りないなと思います。もうひとつは、無条件でハグハグしたい私がいる、私の感情がある、そのことと、クレマチスの取り合わせ。後者のほうが魅力がありますが、クレマチスが有効か?となると私には疑問です。

(1)さくらさくら悔い多きこと多きこと  千坂希妙(50代,男)
(2)親去りて口一文字ツバメの子
(3)梅雨入りや文明もよしウォシュレット

 前二作は改作です。どうぞよろしく。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)ここまで言ってしまえば、前作とは全然違います。都合二回のリフレインが心地よいリズムで悔いを軽くして、そう、そう、と読者の共感を誘います。
(2)親が去ったから、口が一文字である、これが解っても面白くないです。そもそも、子燕の口が一文字というのが、あまりぴんとこない。
(3)梅雨と水洗でつき過ぎか?その前にウォシュレットはもっと乾いた季節のほうが感覚的にいいなと、私は思います。文明もよし、とは皆感じることで、旧聞に属します。

夏の海クレーン立たされ運ばれリ  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 もうそろそろ、夏ですか。雄大な景ですね。クレーンが寝かされることがあるのか?と一瞬考えましたが、立たされ運ばれり、ということが、とても感じを出しているのでよし、ですね。

春愁の飴の続きは開く栓  裸時(30代,男)
 「春愁の飴の続きは天井に」を推敲してみました→春は迷走ぎみかもしれません(^^;
ドクター岡野の診断と処方箋
 うーん、開く栓とは、えらく苦戦。春愁の飴という不可解ながら、魅力がないわけでもない実体に、開く栓という愛想ない半抽象(こんな言葉あるか?)が応えきれてないような。


2007年4月27日

(1)ワンカップ一人夜桜立見の跡  岡野直樹(40代,男)
(2)杭の如釣り人生える春の湖
(3)我が家の裏窓通う猫の恋

 なんとか作り続けようとしています。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)ワンカップがころがっている。どうやら一人で夜桜を立ち見したらしい。ということで、俳句になりそうな雰囲気がありますが、このことを全部俳句に再現するのは、まず難しい。気がついた素材を全部言ってしまった感があります。一人、立見の跡、が特に。夜桜、ワンカップの空き瓶ひとつ、ぐらいの素材で近い世界をまずつくられたらいかがでしょうか。ついでながら、ワンカップは商品名(商標)として全部言ってないので、ぎりぎりのところ。ウォークマンまでいってないですね。
(2)景はよくわかります。釣り人を杭とみたのもとてもいいと思います。せっかく釣り人を杭とみたので、生えるは要りません。言葉をすっきりさせれば釣り人が杭として、よりくっきりしてくると思います。
(3)この句も(1)と同じで、素材を全部言ってしまっています。言葉を刈り込んで、必要なところを補強しましょう。例えば「我が家」は捨てても可。裏窓通う猫の恋、恋の猫が通う裏窓、このことだけを全面展開してください。

(1)感嘆符つかひ尽くして葉桜に  まりあ(40代,女)
(2)感嘆符つかひ尽くして残花かな
(3)旧字体居並び桜蘂のふる

 前作「感嘆符つかい尽くせり四月尽」、焦点を‥とのことでしたので、「葉桜」 と「残花」で改作してみました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 すいません、前回、思いつきでそれがいいと思ったのですが、こうして句になってみると、四月尽と大差ないですね。(無責任です)四月尽では全部が概念だ、と思ったのですが、葉桜にしても、残花にしても結局理屈に聞こえてしまいます。「感嘆符つかひ尽くして」が面白いと思ったのですが、既にここから概念化が始まっていたのですね。
(3)うーん、、旧字体も桜蘂も何かの隠喩になっているのか?そうらしい。旧字体は居並びとあるので、旧人たち、守旧派と読みました。読者それぞれ代入して楽しめばよろしいのではないでしょうか。

竹の子や二年三組四人組  玉白石(50代,男)
 言葉遊び。よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 四人組から逆算すれば二年になるなあ、と思って読んでいました。実際の四人を想像してもいい。竹の子をぽつぽつ見つける感じもありますね。竹の子がよかったんだと思います。

(1)幼子の笑顔に回る風車  えんや(70才以上,男)
(2)よく回る大工の庭の風車
 宜しくお願い申しあげます。
ドクター岡野の診断と処方箋
 風車はどこで回れば、新鮮な風景になるか?風車の風景として(1)はいかにもありそうです。それだけに工夫がいるところです。「笑顔に回る」が工夫のしどころ。それに比べて(2)は風車の回る場所として、ちょっと、おやっ、と思います。「よく回る」も実にあっけらかんとしています。よくわからないながら、巧まざる魅力があります。「よく回る」のような無防備なまでの素朴さを、どの程度意図されているかです。

(1)「あ、虹」と電話の途中ハワイの友  菜月子
(2)ブルーインパルス燕の飛行隊
 先日はありがとうございました。「豚五頭屠られに行くさくらどき」はバス通りで見た光景を詠みました。豚が軽トラックで運ばれていくのを、「屠られる」としたのですが。。。(1)も(2)も五七五におさめることができませんでした。ご指導よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)俳句の題材としては実に面白い一瞬です。出だしはすごくいい、後半がやはり、説明的で苦しい。少なくとも「途中」は不要。
(2)ブルーインパルス=燕の飛行隊ということでしかない俳句です。その言換え、新定義がよほど斬新ならいいのですが。(1)は十分、定型を感じることができます。

(1)かたかごのぐいと花くびもたげんと  しんい(女)
(2)紋白蝶乳やる犬の鼻つ先
 岡野ドクター二ヶ月間本当に有難うございました。拙い句を親身にご指導頂き厚くお礼申し上げます。最後の二句、宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 こちらこそ、ありがとうございました。
(1)片栗の花、下向きに咲いていることだけを的確に表現して、この花のけなげさまで感じました。座五の切れ方で余韻が生まれました。
(2)犬と蝶の句はよくみますが、乳をやる母犬ということだけで類型を免れました。乳を飲む仔犬たちも見えますし、せっかく鼻つ先まで来ているのに、蝶は相手にしてもらえない感じです。両句とも、言葉の選択が的確で説得力があります。

(1)斜めより春の日差しぬ獣道  文の子(60代,男)
 「春の陽を当てとし獣道行けり」を推敲しました。
(2)拘りをさらりと流し春の水
 4/18に診て頂いた花冷えの句は総て捨てます。掲句、「さらり」の是非が気になっています。
(3)縦に手を繋ぐカップル躑躅園
(4)若葉風欅の一枝目覚めける
(5)勝ち目無き対立候補春の風
(6)春風や皆が信号守りける
(7)見目競ふ選挙ポスターチューリップ
(8)紅白の対立無くば花水木
(9)腕を組む二人躑躅の咲き分けし

 ドクターに診て頂くのも残り僅かとなりました。大分溜めましたが、宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)シンプルで、なんでもない良さがあります。「斜め」に実感を感じました。
(2)さらりは気になりません。軽くていいじゃないですか。それよりも「拘り」が気になります。なんか拘りを、春であろうが、なかろうが、水に流すということ自体がつまらないです。
(3)「縦に手を繋ぐ」が、多分横でなく前後になっているんだろうなあ、と想像しますが、表現としてこなれてないです。
(4)欅の一枝が嘘っぽいです。このように気の利いたふうな表現が俳句を古くします。
(5)これは、困るなあというのが正直なところ。その選挙区については、私も含めて大方の読者が無関心、まあこれだけの情報では関心の持ちようがありませんが。その選挙区に通じていない他人が読んでも、関心のもてるつくりかたをしてください。
(6)それは珍しいことなんでしょうか?とりたてて、俳句のかたちで教えていただかなくても。
(7)見目というので、つい女性候補を想像します。まあ選挙ポスターとはそもそも政見なんかより見目を競うものですから、当たり前です。
(8)紅白の対立無くばがわかりません。紅と白の花水木だろうと思いますが、それで?
(9)ここでは、咲き分けしがわかりません、腕を組む二人と関係あるのか、ないのか?

(1)尾を振りてチワワの追ふやしやぼん玉  小口泰與(60代,男)
(2)葱坊主奇岩の山を真向ひに
 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)これは、見たそのまんまで、俳句としての魅力に欠けます。思うに、しゃぼん玉クラスの季語は、花とか月のような横綱級の季語のようにそこに置いただけで一句全体に響きわたるということがありません。しゃぼん玉はしゃぼん玉以外の何ものも連れてきません。ですから、チワワに追われているくらいでは、俳句的面白さなど生まれようがありません。
(2)これは、妙な面白さがあります。一にも二にも奇岩の山という措辞のおかげです。葱坊主がその前にある、それだけのことなのに、俳句であまり見ない景が出現しました。

薫風の入院日和と入室す  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 薫風が入室するのは、先ず良いです。入院日和が大胆で、最初躓きました。薫風が日和を連れてくるのか?病室と解りたいですが、入院日和は疑問。

(1)針供養アミノ酸等風呂皮膚や  裸時(30代,男)
 熱い風呂が好きです(^^
(2)日脚伸ぶ有限会社財務省
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)針供養・アミノ酸等・風呂・皮膚と四本立て。このなかで、類縁関係は風呂と皮膚。全部バラバラなようでも、針供養は、はっきり孤立している。私は何を言っているのかと、ふと考えています。アミノ酸以降がもっとすっきりしたほうがいいと思います。
(2)財務省を捨ててください。旧大蔵省なら日脚伸ぶ、に合いますが、財務省ではね。その上で有限会社との二者択一を迫ります。


2007年4月26日

鯉のぼりしあわせの風ふくらます  さくら(女)
 いつもご指導有難う御座います。
ドクター岡野の診断と処方箋
 本当にそうですね。鯉のぼりが風をいっぱい孕んで翻っているさまは幸せな感じがします。風ふくらます、としたところが、よかったです。

たんぽぽの兄と妹ポポとピピ  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 とても、よろしいのでは。ぽぽのあたりが、兄妹を見分けるポイントですね?父は当然パパですね?

お茶の木は茜だすきが嫌いです  豊田ささお(70才以上,男)
 苦手といって敬遠していたんでは、いかんわなと思い直してまたチャレンジです。茶の木の中には「あなたに摘まれるなら本望」というのも居るかも・・
ドクター岡野の診断と処方箋
 兼題なら、数ある中に、あってもいいです。きっと最低一人は採りますよ。こういうのを思いつきました、「茜だすきが大すきで」、、、失礼しました。

(1)躙(にじ)り口くぐりて空や諸葛菜  小口泰與(60代,男)
(2)牡丹の綻びはじむ紅の色
(3)水玉を並べて撓む春の草

 岡野先生、ご親切なご指導感謝申し上げます。「空青く湖青くして草青む」を「風澄みて湖蒼くして草青む」と推敲してみました。ご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)中々渋くてよろしいのではないでしょうか。細み?というのでしょうか。にじり口から庭に出たところ、低い位置から見上げる限られた空、先ほどまでの茶室との明度差も感じる。楚々とした諸葛菜も好もしい。
(2)きれいですね。これまた微妙な瞬間を捉えられました。牡丹は夏とされていますが、今、咲いていますものね。
(3)よろしき観察と思います。今回はいずれも、細部に目が行き届き、とても繊細な写生句をつくられたと思います。小口さんの本領はこの辺にあるのかもしれません。ただこの辺とは、それこそ先人が掘り尽したところ、よほど、ご自分の言葉を―言葉のつながりを発見、工夫されないと、類想の海に溺れることになります。青の句、たしかに湖に「蒼」を使いたいお気持ちよくわかりますが、視覚的リフレインの効果もありますので、私は「青」を採ります。「風澄みて」のところ、抵抗なく、すーっと流れてしまうのがやはり不満です。ただ、ここだけの代案を探していくのは、とても難しい作業です。

留守の家に鈴振る僧や花の昼  えんや(70才以上,男)
 岡野ドクターいつも有難う御座います。先の自販機の春野菜は飲料ではないのです。わが町では近くの農家がトマトや茄子・小松菜など新鮮な野菜に米なども自販機にて販売しているのですよ(笑)一句宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 あらま!どんな自販機なんだ!?春の昼下がり、のんびりしていて、いいですね。花と僧もよく似合います。托鉢僧とか、雲水でなく、鈴振る僧としたところが、よかったですね。

暗証キイ開けて裏庭藤下がる  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 暗証キイで開けて出る裏庭ってすごいですね。ホームセキュリティーシステムですか?いかにも現代的な事物と古典的な藤はよい配合ですね。それにしても、裏口に出るのも暗証番号ですか、認証システムには、指静脈、虹彩、顔なんてのもありますが、そのうち「顔で引き出すお金」なんて顔役みたいな句が出てくるかな?

花吹雪天空の城流れ来る  玉白石(50代,男)
 気分だけの句ですが…。よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 天空の城が流れ来るとは、すごいことになっています。ただ、気分、分らないではない。天空の城が流れちゃうからいけないのであって、天空の城に花吹雪が作用すればどうですか?豪奢で雄大な花吹雪と青空の世界がつくれそう。

(1)二ひらの添ひては離れ花筏  せいち(60代,男)
(2)たそがれて疎水に増ゆる花筏
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)微細な観察ですね、俳句のひとつのいき方ですが、類想はありそうです。
(2)こちらもきれいな景です。増ゆる、が実際どうなのか、私には実感として分りません。翳りのなかの花筏がとても魅力あります。

(1)崩御され十九年や昭和の日  遊雲(70才以上,男)
(2)故郷は木造駅舎昭和の日
(3)ジーパンに革ジャン引っ掛け昭和の日

 今年から昭和の日になりました。どうしても俳句にしたくて。「昭和」に若干の何かを感じるものの単なる思い付きではこなしきれていないとは思いますが。
ドクター岡野の診断と処方箋
 わっ!私知りませんでした。そうなんですか、4月29日ですね、それには言い分がありますが、ここではいいません。
(1)十九年は事実として以上の意味はないので、それが長いか?短いか?
(2)(3)はノスタルジーとしての昭和で、そのノスタルジーが最大公約数的で、作者個人のものになっていない気がします。

山躑躅里にとけ込み息をのむ  浅葉洋(70才以上,男)
 またまた宜しくお願いいたします。野生の素朴な色の山躑躅が、田舎の新緑によく映えております。
ドクター岡野の診断と処方箋
 里にとけ込みが、概念説明で、おっしゃっているように、周囲の緑に映えていることを詠んでもよろしいのでは?また「息をのむ」は言い過ぎで、その息をのむ感じを山躑躅と里の緑で表現してください。

(1)門扉へとリラ咲く家の窓広し  藤井茂子(60代,女)
(2)ブラインド微かに揺れて春惜しむ
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)なかなか素敵な佇まいのお宅ですね。「門扉へと」が少し分りにくく、リラはどこに咲いているのか、などと余計なことを考えてしまいます。窓とリラだけでもよかったような。
(2)季語が適当でないような、前半が非常に微妙なところを詠んでおられますから、その微妙さに拮抗するくらいの、繊細な季感をもってくるのもいいと思います。


2007年4月25日

(1)茶を摘もう茶葉の熱気にむせながら  豊田ささお(70才以上,男)
 5月の句会は「茶摘」が兼題です。どうにも実感が湧かず困っています。
(2)流し目で憎いあんちくしょがお茶を摘む
 これじゃまるで小唄ですねえ・・・ちょっとわたしはバンザイです。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)摘もうといいながら摘む気がないみたいです 。茶葉の熱気がぴんときませんでした。日差しも強くなってきているので、そういうことでしょうか。難しい兼題ですね、茶摘を風景として、捉えるしかないんですかね。
(2)どうしちゃったんですか?現場百回ということもあります、ご近所に茶畑はないのですか?

たんぽぽを抜く手が止まる庭の隅  きんぎょ(女)
 庭の隅に咲くたんぽぽが抜けませんでした。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 この句ですと、庭の隅で何かを見つけたか、何かが起こったようです。庭の隅が、いわくありげなのですね。ご説明のようなことですと、別の表現になるのでは?

えのころのちょこまか振る尾蝶の舞  しんい(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 子犬の尻尾と蝶々、ほほえましい主題ですね。蝶の舞という表現が疑問です。舞というと優美さが勝ってしまい、子犬のしっぽと、 戯れる感じがなくなってしまいました。作者の狙いもそちらにあるはずですので。

(1)のりしろのかどの丸さよ春の宵  ポリ(50代,女)
(2)車に車つんで運んで花吹雪
 アドバイスいつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)目の付け所が、面白いです。春の宵はもっといろいろあるところではないでしょうか。

白梅や紅梅など知りませぬ  ねぎよしこ(70才以上,女)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 困った。そこまで白梅党ですか?ウチ、それは見事な紅梅です。語調はとても面白いです。白梅VS紅梅にしないほうが、いいのではないでしょうか。

二組の兄と妹草団子  玉白石(50代,男)
 久しぶりの投稿になります。よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 一族再会ですか?草団子がいいですね、省略が効いていると思います。

(1)さくらさくら我が人生は悔いばかり  千坂希妙(50代,男)
(2)職辞して手ぶらの旅に初燕
(3)我を見て口一文字ツバメの子
(4)雛つばめ我を見下す鋭き眼

 いつもありがとうございます。今後ともよろしく。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)このように言い切られてしまうと、第三者である私は困ります。多くの読者も。句会などで、お互いのキャラクターがわかっている場合はまた別でしょうが。俳句はすっぱりと言い切ってしまうもの、というイメージがありますが、言い切らない、途中で止めてしまう、後は読者に渡してしまう、そういうズルイ手もあります。その方が句の世界が拡がることもあります。
(2)初燕がいい感じです。手ぶらは言わなくても分るかもしれない。
(3)愛嬌のない子燕ですね。心の投影があるのでしょうか、
(4)ここでも「見下す鋭き眼」と見えてしまうんですね。動物に自分の心理を投影するという方法もありますが、(2)のようにあっさりと配合するという手もあります。そのほうが、かえって生き生きしたイメージが生まれるということがあります。

(1)ありんこと乗りたくもあり花いかだ  菊美(60代,女)
 蓮池に花びらが風情あり、みたままです。
(2)藤の花少し剪定深呼吸
 お家が深呼吸出来たのでは?とおもいました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)かわいいですね、素直に詠まれている良さでしょう。ただ、思いがそのまま書かれているともいえます。そのままでは、やはり不満なのです。
(2)説明を聞かなければ、剪定をした作者の深呼吸か、藤の花の深呼吸ということになります。まあ前者でしょうけど。俳句は短いですので、どうしても舌足らずになります、それを前提に詠む、どう詠むかは読者にまかせてしまう、ということもあります。

(1)二番目の釦はずして五月かな  藤井茂子(60代,女)
(2)初蝶や土手を蛇行のユモレスク
(3)うわさでも立てば良いのにフリージア

ドクター岡野の診断と処方箋
(1)二番目でも、三番目でも、釦をはずすのは、俳句に限らず、散々、見聞きしてきたように思います。開放感とか、そういうことだと思いますが一種の成句に近いのかもしれません。この手は、いい句にはなりそうもないです。
(2)初蝶の蛇行ぶりをユモレスクと見たのか、それを追っている作者が口ずさんでいるのか、春らしくていいですが、ユモレスクの荷が重いような。
(3)軽くて、いいですね。フリージアがこの世界によく似合っています。とても共感します。

(1)花だより紙飛行機の先端に  穂波
 「花だより紙飛行機のさきっぽに」を推敲しました。
(2)菜の花の開聞岳や機首海へ
 「神おわす花菜の山や機首海へ」を推敲しました。数年前に見たテレビドラマの画面が不意に浮かんできて、句にしました。
(3)ぶらんこやヘ音記号の豆のつる
 (3)は新しい句です。「豆のつる」はもしかしたら季語かもしれませんね。意外なものが意外な季節の季語だということがよくあるので、自分でも調べましたが、はっきりしませんでした。どうぞよろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)前回、花だよりを問題にすべきでした。先端に花だより、と循環していくわけですね。とすると、花びらが付着しているということですか?そうだとすると面白くない。花だよりではっきり切れて、紙飛行機が気持ちよく飛んでいれば、いいのではないでしょうか。
(2)開聞岳でしたか。機上からの大景、黄と海の青がゆっくり展開していいですね。
(3)豆のつる、私の歳時記にはありませんでした。ヘ音記号の豆のつる、といわれて、その見立てに成る程とは思いますが、それ以上ではないです。ぶらんこと、音楽の記号、豆のつるでつくる言葉のイメージの響き合いは悪くないです。

(1)春灯胃袋の集うたんぽぽ亭  鴻之助(50代,男)
(2)新緑やうどん啜りてしばし黙
 岡野先生からご指導いただく時間も、残り少なくなってまいりました。数えてみますと、すでに7回、ていねいなご指導をいただいております。ありがとうございます。8回目となる2句、またよろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 汗顔の至りです、もう少し務めさせていただきます。
(1)たんぽぽ亭という名前がとてもいいですね。(事実としてもです)。春の暮、素敵な街の、お気に入りのビストロか?せっかくの いい雰囲気なので、胃袋とかやらずにも、十分よい句になったのでは?
(2)新緑とうどんのミスマッチ(私の中では)をどう評価するか?しばし黙、に納得です。きらきらとした新緑のなかでは、うどんなど啜ってはいけません。うどんはいつも、このような愚鈍な役割をあてられます。ということで、妙なユーモアがあります。

(1)春愁の飴の続きは天井に  裸時(30代,男)
(2)黄塵を現像している石像が
 動き過ぎて四苦八苦です(^^;
(3)香辛料命途切れ草草春
 ハバネロ大王が降臨したのでしょうか?
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)春愁の飴が、春愁の夢のようにも、続きはもっと別の場所がないか?
(2)石像!そんなところでなにやってるんだ!皆が捜しているぞ。行動が予想つかないが、憎めないやつではあります。
(3)延命草を早々に入手されたし。


2007年4月24日

木の芽和え心の隙間塗りつぶせ  多弁(60代,男)
 色の具合もいいし、おいしいですね、木の芽和えは。
ドクター岡野の診断と処方箋
 木の芽和え、いただいてますよ、はい。心の隙間塗りつぶすには液体もいるような、私の場合。塗りつぶす、という措辞がちょっと面白い。語尾、勢いがあって春らしい、大した隙間じゃなさそうですね。

(1)葉桜や午後に上司の七回忌  学(50代,男)
(2)蛇足ながらも蛇口から蛇の衣
(3)囀りや机上に土の置かれをり
(4)しぐるるや橋の上にて傘かしげ
(5)流し雛祈りの中に流れけり

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)葉桜の旺盛な生命感 、この頃の先へ先へと急ぐような万物の変化。そのような葉桜という季語のもつ力が、全体によく響きわたって、俳句的時間と空間をつくられています。生者として葉桜の側にいる作者の時間と空間を。私、葉桜が好きなもので、つい、大げさに。
(2)面白い!と思いつつ、蛇足に過ぎるのではないか、という思いも三分。しかし、この場合、蛇足が三対、過ぎたることで、成功したか。
(3)机上に置かれた土が謎ですが、囀りと相俟って、春の季感たっぷり。
(4)これは、平凡というか、それ以前か?好意的に取れば、なんでもない俳句的一瞬を狙っているようにも。
(5)これこそ平凡。

(1)湯上がりのきしむ廊下や山桜  三郎(70才以上,男)
 「湯上りの廊下のきしみ山桜」を替えてみました。
(2)春祭り胸に聴く音大太鼓
(3)白髪や濡れ背に消える名残雪
(4)湯煙を風のかたちに山桜

 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)「きしみ」と「きしむ」、変えても大差ありませんでした。かえって、「や」―体言止めで古臭くなったかもしれません。
(2)「胸に聴く」としたところ、作者に思い入れがありそうですが、もうひとつ分りません。もちろん、その思い入れを分る必要はないのですが、「胸に聴く」という普通でない言い方で、強調されているので、読者としては、そこが分らないもどかしさだけが、残ってしまいます。
(3)「濡れ」が不安定。多分白髪ではなく、雪の方だと思うのですが、語順の問題か、書かれていることがすっきりと伝わってきません。もしかして名残雪は白髪の比喩ですか?そんなことないか。
(4)山桜が印象的な温泉のシリーズですね。素直に詠まれていて、大づくりな良さでしょうか。

(1)桃咲いて街を包みし不二の風  小口泰與(60代,男)
(2)本栖湖の紫紺の水面草青む
(3)曙に落花うながす風吹けり

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)不二の風、つまり富士山からの風、ですよね。その風が街を包む、という言い方が、大きいといえば大きい。漠然としているといえばもう、これは漠然も漠然、具体的に受け取れるものがありません。なぜ、こうも漠然としてしまうのか、つまり、言いたい、表現したい核心が無いのではないか?ここだけは表現したい、この一点だけは伝えたい、というものが見えれば、破綻はあっても読者はそこに参加していけます。そこが見えないので御句は素通りされます。
(2)叙景句ですが、絵葉書的。本栖湖と固有名詞なのが唯一の救いです。紫紺の水面は説明的でいただけません。
(3)きれいですが、連歌的といいますか、この句では何も言ってないに等しい。次にあっさりと気分だけを手渡すような。

(1)義士祭大高土木大看板  雀子
(2)後ろ向き帰る園児やれんげ草
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)これは、泉岳寺の方でしょうか?大高土木?大高―土木大看板?ここがなんとも解りません。大高源吾は土木ともいうのか?解らない。大看板から、ふっと、歌舞伎を連想したりする。大高源吾と宝井其角と出合う場、両国、「あした待たるるこの宝船」か?解らない。
 この句と関係ありませんが、今自分が俳句をやてみて気がつくのは、この時代、宝井其角はスターだったんだなあ、ということ。
(2)「後ろ向き」をバッサリ切ります。「帰る園児」で十分、十七文字の俳句経済の上では無駄は許されません。園児たちの後姿のかわいらしさはよく分るのですが、どこかで、省略を効かせないと、どんどん散文的になっていきます。れんげそうは園児達に似合いますが、ありがちとも。

(1)ボール追い吸う息吐く息桜散る  笹泉(50代,女)
(2)チューリップもの言う口の美しき
 先日「ロシュフコオ」の句などを診て頂いた笹泉です。入力ミスで名前から「泉」が落ちてしまいました。あらためてよろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)至近距離でサッカー(この表現はサッカーだと思いましたが) を観ている感じがよく出ています。呼吸を吸うと吐くに分解したことでボールと人の動きが強調されました。
(2)何か喋っている美しい人の口元に魅了されているのでしょうか?喋る内容よりも、その動く口の美しさに心は奪われている、そのように感じられました。映画ですと、音声がオフになり、口元がアップになってゆく、そんなシチュエーションですね。省略が効いていて、難しいところを、興味深い俳句にされました。「ものいう口」という言い方に異論が出るかもしれませんが、わたしは気にしません。チューリップは動きます、別にこれで悪いわけではありませんが。

鳴きなさい松濡れるまま春の蝉  豊田ささお(70才以上,男)
 以前お送りした句の「山人鍋」は、実はよく分かりません。山の男たちはそこらにあるもの何でも鍋に放り込んで食べたということで、勝手に呼んでいました。ほんとにそいう名称があると面白いですが・・・
ドクター岡野の診断と処方箋
 正直、春の蝉を聴いたことありません、松蝉とも。「松濡れるまま」に豊田さんの活動されている山野が彷彿されます。冒頭、命令形は面白いですが、例の歌が強いですね、メロディーが出てきて困る。

風光るはたきタクトにユモレスク  藤井茂子(女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 このユーモアは古い。まだ、はたき、使っていますか?戦前の映画観てるみたいです。まあ、それにしても楽しそうではある。

(1)せせらぎの流れ続けて花筏  悠(70才以上,女)
(2)老鶯や瀬戸の内海晴れ渡り
 何時もご批評ありがとうございます。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)流れ続けてと言われると、花筏がどうなったか気になります。流れ去ったのか、留まったか。この花筏は留まっている印象がありますが。
(2)きれいですが、看板だけ掛けたようにも。一方、舞台は内海だけでもいいような気もします。


2007年4月23日

(1)囀りや放流続くアーチダム  学(50代,男)
(2)夕焼けて川一筋の光かな
(3)人去りて選挙事務所の余寒かな
(4)谷底にいることを知りて天高し
(5)石鹸玉風の光を膨らます
(6)何処までも飛んで行くたい石鹸玉

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)豪快な景に囀りが効果的な取り合わせだと思いました。いいですね。
(2)素直ですが、なにかが欲しい、いい意味でのケレンが。
(3)これは当たり前です、と言いたい。むしろ寒くないほうが、この事務所の寂寥感が出るのでは。乃至そのように演出してください。
(4)これも天真爛漫に当たり前、そうかな?そうでもない?この妙な一人ボケには不思議な魅力があります。
(5)ナイーブとみせて、これは上手につくられていると思います。
(6)これぞ、素朴派、ナイーブ俳句、飛んでいってください。

(1)初つばめ記憶の中の窓あける  まりあ(40代,女)
(2)感嘆符つかい尽くせり四月尽
 ありがとうございました。前作「初つばめ眠気一気に押しやりて」は、居眠りしていた生徒が、燕が窓の外を横切ったとたん「あ、つばめ」と目を覚ました、記憶があり。その印象でつくってみました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)そのシーンは想像できませんでした。掲句はやはり抽象的です。
(2)よくわかります。四月尽が、花(桜)の終わり(尽くし)なら焦点が絞られてもっとわかると思うのですが、それは違う?

滝桜咲き尽くさんと一千年  浅葉洋(70才以上,男)
 友人が今満開の樹齢千年超の滝桜の写真を送ってきました。数年前見た感激を思い出し詠みました。ご高評を。
ドクター岡野の診断と処方箋
 私も数年前見ました。満開ではなかったですが。「咲き尽くさんと一千年」皆、ここを詠もうとするでしょうね。同工異曲がたくさんあるので、そこを抜けるのはよっぽどです。つまり御句は平均点、そこを抜けてはいません。私もその場所では自信がありません。皆の通らない道から見て作句する手はあります。

(1)白藤に与謝野晶子にふれも見で  汽白(40代,男)
(2)帰ってきたひざの恋猫まるくなる
 いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)汽白さんらしくないですが、私は好きです。 白藤というのもデリケートバランスです。さびしからずやですね。
(2)どうしちゃったんですか?春だというのに、すっかりまるくなっちゃって。恋仇?

行く春やぽんぽん船の饒舌に  しんい(女)
 「行く春やぽんぽん船の軽き音」の座五の推敲でしたが、饒舌も変ですか?他に「溌剌と」「高鳴れる」「心意気」などとも・・・宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 ああ、ここを突っ込んでいくと、どんどん妙なことになっていきますね。これだと、「軽き音」のほうがいいですね。例えば、あくまでも例えば(笑い)、音眠く(眠き)とか、音止まず、とか、どうでしょうか、自信ないですが。

(1)活けられし水仙髪を切る少女  文の子(60代,男)
 4/18のご診断を踏まえ推敲しました。「卓の上の水仙髪を切る少女」が元句です。
(2)春の陽を当てとし獣道行けり
 「陽を当てにしつ獣道泉湧く」を推敲しました。
(3)杣道にひとり踏み入り薄氷
 「地図に無き杣道選りて薄氷」を推敲しました。
(4)きょんきょんは二乗はなびえ三乗に
(5)服重ねかさねし桜冷えのひえ

 今朝の寒さも一入です。掲句宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)それほどよくはなっていないような、「卓の上の」がもたついているので、まだ、「卓の上」ぐらいのほうがすっきりしています。
(2)当てとし、の説明臭がなくなればもっといいのになあ、と思います。
(3)よろしいのではないでしょうか。元句とほとんど同内容のことが言えていて、締まってきたと思います。
(4)面白いからいいか。座布団は一枚です。
(5)これはこのまんま、調子も悪い。座布団とります。

(1)竹の秋信玄餅を頬張りて  小口泰與(60代,男)
(2)花びらの棒立ちになる高速路
(3)九十九折り忽とあらはる斑雪富士

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)これは景がよく見えて、竹の秋らしいです。
(2)棒立ちになるとは、風圧でそうなるということか?面白い把握だとおもいます。
(3)これも車窓、まあ、この通りなんでしょう、印象的ではあります。

(1)揚げ雲雀太公望の弓なりに  藤井茂子(60代,女)
(2)カーソルの位置ままならぬ春の宵
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)まあまあ、作為が浮いているような気がします。
(2)なるほど、新しい素材を導入して、新しい春宵を生みました。いろいろ試されるのはとてもいいと思います。

(1)陽炎に斧を無くしてから吐息  裸時(30代,男)
(2)濃い味に春を現像生のお茶
 色々いじっているうちに違う句になりました(^^;。 よろしくお願いいたしますm(_ _)m
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)に魅力を感じました。無くすものはもっといいものがありそうな。
(2)現像液の味がしそうで、不味そう。


2007年4月22日

(1)母眠る介護六年春暮るる  遊雲(70才以上,男)
(2)こんぴらに柝の音の響き暮の春
(3)友の便り途絶えて久し春行きぬ
(4)ゆく春や気がかりなこと一つあり

 今年の春もあとわずかとなり、あれやこれやと春の句を、でもなかなかぴたっと季語がはまらず、迷っていますがいかがでしょうか。
ドクター岡野の診断と処方箋
 春は変化の激しく、慌しい季節でもあります。そんな季節の気分は(4)によく出ています。
(1)(3)は容赦なく走っていく春という季節をよく捉えておられます。
 意外になんでもない(2)にも春をよく感じます。どの句も春の季感が行きわたっているのがいいですね。

菜の花や馬柵に並びしロバの顔  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 菜の花の時のある風景ではあります。後半、言葉の選び方とか、省略のしかたとかでもっと生き生きしてくると思います。

紅雪はあわれ私の陰を吸う  裸時(30代,男)
 「紅雪はあわれたわわれ闇を吸う」を推敲してみました→
ドクター岡野の診断と処方箋
 ちょっと、乗れません、紅雪も見たことないからイメージ湧かないし、「陰を吸う」 にも今ついていけません。なにか、感じるところ皆無です。私の体調のせいかしら?

(1)東京は北国より北桜冷え  文の子(60代,男)
(2)首都北へ移転したるか桜冷え
(3)地球儀の公転無くば桜冷え
(4)振り出しに戻りし作業桜冷え
(5)山道をなほ後戻り桜冷え
(6)花冷えや核実験に地球揺れ

 4/18のご診断有難うございました。夫々もう少し考えます。今日の東京は2月下旬の気温で、花冷えよりも寒くなりました。宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)〜(5)いずれも中七まで花冷えを説明したにすぎません。ニュースキャスターの言葉のようです。俳句でこのようなことを言うのは諦めたほうがいいです。
(6)心も冷えたということか、このような季語の使い方は俳句を狭くつまらなくします。

木ずつのこだまの合間ホーホケキョ  ねぎよしこ(70才以上,女)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 「木ずつ」とは、森の木それぞれという意味でしょうか?違うか、解りません、すいません降参です。

妄想ポン幻想ポンと紙風船  濡衣(女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 軽くて、とても面白い試みだと思います。ただ、紙風船ごときでは、妄想も幻想も引き受けられないのでは?これは私の意見、それだから、いいのよという声もありそう。

行く春や薄くはがれる昭和かな  三郎(70才以上,男)
 よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はがれる、がわかりません。平成も、もう十九年ですのでなおさら。行く春のなかに、ふと昭和の何かを感じたのか?昭和と書いて何事かを伝える句もありますが、もう少し具体的でありたい。

グミの花チャンバラの声遠ざかる  豊田ささお(70才以上,男)
 なつグミの花が咲きました。そんな日曜日の昼、親戚の子らが畦道で棒切れを振り回していました。こんな光景も珍しいことになりました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 そんな光景が見られるだけでも、、、。だいたい私の近所では子どもが外で遊びませんもの。「遠ざかる」のせいもあって、グミの花によって引き起こされた懐旧の情に満ちた句とも読めます。目の前のグミの花と、幻の子どもの声、いいじゃないですか、と、勝手に読んでます。

(1)露天にて鴬聞くや不二の風  小口泰與(60代,男)
(2)桃咲くや煮貝振舞ふ甲斐の国
 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)これ、三題話 。露天風呂、鶯、富士山、こう並べてみただけでも、四番バッターばかりで、点が入りそうにないです。特に富士山は難しいです。
(2)こちらは大関、前頭、小結と程よくバランスがとれて、一応俳句の世界をつくっています。たしか桃源郷のようなところ、あるのでしたよね。

思い切り川ふくらませ春暮るる  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 春の川の豊かな水量を、ふくらませと、春の季の神の仕業のように言った。いいと思います。「思い切り」がもっときれいな措辞があると。


2007年4月21日

桜衣桜のパンティ落ちていた  裸時(30代,男)
 最近薄着でないとかっこ悪いので薄着です→まだ寒いですね→
ドクター岡野の診断と処方箋
 ずい分ゆかしい季語を斡旋しましたね。桜襲(さくらかさね)とも、かさねの色目、表が白、裏は紫または葡萄色、他諸説あり。ということは、その色のかさねは桜とことわるものの、パンティにかぶってきます。だからどうだ、というのではないですが、花見は上だけ見ていればいいものではない、という教訓ですね。

(1)自販機に何んにも無かった春野菜  えんや(70才以上,男)
(2)浮くものを絡めて速し花筏
(3)補聴器に蛙ケロケロとは鳴かず

 いつもご指導有難う御座います。又、宜しくお願い申しあげます。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)中七の落胆振りが面白いです。春野菜だから明るくていいのですね。それにしても春野菜の飲料とは?
(2)花筏で面白いところを捉えていらっしゃいますが、「速し」が違うと思いますが。
(3)そうなんですか?いいところから、蛙を捉えたと思います。いずれの句も俳句を見つけてくる場所がいいと思いました。

(1)味噌分けて味噌を貰ふや梅の花  学(50代,男)
(2)拉致されて叫びし声や虎落笛
(3)耕すは人を信じることなのか
(4)薄れ行く記憶の中や山桜

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)ずい分鄙びてしまいました。梅の花で一層。
(2)この拉致は、あの拉致。実況中継ですね。一体全体その場にいたんですか?紙芝居みたいです。作句動機が私にはわかりません。
(3)一転、これはまた、内省的。ここまで真正面から問われると、ギャグに聞こえてしまうから不思議。
(4)この句も、ここまで言うと、死の床からの声にも、聞こえてきてしまいます。

(1)濃い味は動く石像春の現像  裸時(30代,男)
 「コイアジはウゴクセキゾウ春の像」を推敲してみました→像の意味がはっきりするよう現像にしました→
(2)芸能人命途切れそうそう春
 「草草」とあっ「そうそう」を掛けています→
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)こういうふうに、はっきりするとは思いませんでした。現像ですか?春はどうでもよくなりましたね。動く石像―現像液の中でゆらゆら揺れている。こうなってみれば、なおさら、石像の具体性が欲しくなってきます。読者は我がままです。
(2)「早早」もありますよ。「芸能人」がなあ、、、 どうかと、女優とか、司会者とか、歌手とか、はどうですか?ぜんぜん違いますか?

さくらいろのキャリーバッグの背にエール  副嶋 葎(50代,女)
 はじめまして。先日、娘を送り出したときの句です。まだ五十句も詠んでいません 初心者です。
ドクター岡野の診断と処方箋
 はじめまして。キャリーバッグとはキャスター付きの手で曳くバッグではありませんか?それだと、背にエールが少し疑問なんです。リュックサックのような背負うタイプのものだったら問題ありませんが。間違っていたらごめんなさい。ご旅行でしょうか?心配をよそに実にそっけなく、あっさりと背を向けて出発してしまう娘、その背をことさら明るい声で押す母、いい風景ではあります。さくらいろは季語にはならないので、無季ということになります。春の季感はありますが。

(1)牧場の起伏の端の黄水仙  彩貴(40代,女)
(2)算数の答えはひとつヒアシンス
 類想がたくさんありそうな気がしますが・・・
(3)校庭に始業前の子木の芽晴
 石工の2句、ありがとうございました。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)前半、景が大きすぎて、何も言っていないのと同じになったような。
(2)でもいいのではないですか?ヒアシンスで合ってるような気がします。
(3)上五、中七があまりにも説明的でもっさりしています。

(1)早春や空をルーアン大聖堂  文の子(60代,男)
 4/7に「立春の大和路空を五重塔」は立春、大和路、五重塔では句が新鮮になりよ うがないとご診断頂きました。掲句が元句なのですが如何でしょうか。
(2)外を向くビクターの犬春愁
 「ビクターの犬首傾ぎ春愁」を推敲しました。
(3)点描の空と地花の散り敷かれ
 「桜散る地の染まりゐて青き空」を推敲しました。
(4)ダヴィンチの唱へし青や山霞む
(5)ダヴィンチの模型飛行機鳥帰る
(6)蒲公英は目敏し舗装路に透き間

 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)五重塔とそれほど差を感じません。ルーアン大聖堂と具体名があるので少しましかもしれません。いずれにしても、「空に」で空に突き刺すような尖塔を描きたいのだと思います。このような写生では、俳句は絵画とか、写真にとうてい、かないません。大和もルーアンもあきれるくらい大量の画像が私たちの周りにあふれています。カメラマンや画家と同じ場所に立ち、俳句で何が表現できるか?何が俳句でしか表現できないか?試行錯誤するしかないですね。
(2)外を向くという何気ない表現で、首の傾ぎとか、春愁との距離も程よく生まれました。
(3)「花の散り敷かれ」が、点描の地という結果をつくっている、原因と読めてしまいます。散り敷かれ、とまでいうのがまずく、少なくとも桜かな、ぐらい、単純に愛でるだけでも違ってきます。
(4)遠景ほど青く、というダヴィンチの色彩遠近法ですね。時空を超えてイタリアの山河と大和あたりの山が合一した感じで、いいです。
(5)この素材は逆にこの手の季語しかないかもしれませんね。鳥雲に、なんかもあります。
(6)これは俳句らしい把握をされています。言葉の選択が的確です。

(1)空青く湖青くして草青む  小口泰與(60代,男)
(2)桃咲くやまた雲かかる白き富士
 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)これからの季節の青をリフレインされてとても気持ちいい世界をつくられました。ただ、この句、青三つはちょっと人工的過ぎて、例えば一番平凡な「空青く 」は全然別のものを持ってこられたら思います。
(2)これは、色鮮やかです。平板になるところ、「また雲かかる」で少し救われています。

(1)チューリップしっかりひらきめしべに風  ポリ(50代,女)
(2)春霞綿あめ人間ハラヘッタ
 ていねいにみていただき感謝しています。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)しっかりひらいたので、めしべにまで風があたるのですね。理屈ですが、ここでは理より、チューリップの健気な意志のようなものが感じられ、いやみではありません。ただこのように因果関係にとれるような言葉は、句を狭くしますので要注意です。
(2)春霞―綿あめ―人間ハラヘッタ、三段切れです。(綿あめ人間というすごいのは除外してます)。綿あめが真ん中で行き場を失っています。どれか捨てて二つの事柄で構成するのがひとつのやり方。ここでは、人間ハラヘッタが妙で、私は捨て難いです。

通学路にふうわりひらり花の午後  さくら(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 悪くはないが、普通。ふうわりという形容、いい言葉ではありますが、対象が桜に限らず、よく聞くような気がします。この場合はまことに桜の散る様子を彷彿とさせて、ふうわりは適切で、目くじらを立てることもないのですが、あまりにいろいろな句で頻出しているので、私にとってはそれだけで新鮮でない句と映ってしまうのです。ふうわりひらり、と合成されているのでまだいいですが。おそらく、ふうわりはすぐ出てきたと思います、そこをがんばって新鮮な表現を発見してください。ふうわりばかりに拘ってすいません。

(1)朧月肩を並べし我が子かな  うさぎ
(2)長閑なりどちらのベンチも蟻が這う
(3)花冷えや一塊のキリン行く
(4)深鍋に沈めし春のキャベツかな
(5)芋虫は遠い昔の春キャベツ
(6)朧夜ちりめんの波に夜光虫

 今日は、溜めてしまった宿題を提出します。宜しくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)中七以降の感慨(驚き?)に朧月が合うかどうかです。中途半端な気がします。朧月と、それ以降、どちらを優先させるかです。
(2)私はこの句の変遷を知っていますから、ついて行けますが、普通の場合、いきなりどちらのベンチも、と言われても、読者は戸惑うばかりではないでしょうか。「長閑さやふたつのベンチ空いてをり」ぐらいでしょうか。
 推敲していくときの問題は、長時間ひとつの句に付き合っているので、そこに書かれていることが、少々不自然でも、矛盾していても、作者にとっては、自明の自然なことになってしまっていることです。
(3)これは感じ出てます。
(4)これもいいです。春キャベツの明るい色と存在感が増してきました。
(5)よくわかりません。芋虫は春キャベツの生まれ変わり?
(6)上五字足らずと、中七字余りがちょっと気になります。「朧夜のちりめんの波夜光虫」か?


2007年4月20日

(1)初つばめ記憶の中の窓あける  まりあ(女)
(2)初つばめ眠気一気におしやりて
 ありがとうございました。桜は難しいです。牛乳屋のガレージの鳴いているつばめを見たら、いろいろな記憶がよみがえってきました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)「記憶の中の窓あける」が抽象的です。断片でも記憶の内容が分かりたい。しかも記憶という言葉を使わないで済めばなおよい。つばめは色々と素敵な記憶を運んでくれたようです。

春雨やブナをくすぐる樹幹流  豊田ささお(70才以上,男)
 いつも的確なご指導をありがとうございます。この句は遥かにブナの山をしのんでつくりましたが、樹幹流がわかりにくいかなと思っていますが・・・
ドクター岡野の診断と処方箋
 ええ、まさにその樹幹流がわかりません。じゅかんながれ?春雨が幹をくすぐるようにやさしく流れているのでしょうか?
 描かれている景は素敵だと思いますが、樹幹流でつまずきます。要らないのでは?

ランドセル落花ひとひら乗せて行く  雅(50代,男)
 いつもご指導ありがとうございます。「ひとひらの落花運びしランドセル」を動きが出るように推敲してみたのですが、如何でしょうか。
ドクター岡野の診断と処方箋
 前の句よりいいですね、「乗せて行く」で、ランドセルを背負った子供が見えるようになりました。

湯上りの廊下のきしみ山桜  三郎(70才以上,男)
 よろしくおねがいします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 残念ながら、平凡です。日本中の温泉旅館 がおそらくこうです。全く同じ状況で、見る角度をがらっと変えてみれば、全然違う句になると思います。

(1)豚五頭屠られに行くさくらどき  菜月子
(2)アメイジング・グレイス蕎麦屋で聞く春
(3)売れ残るペット屋の猫蜃気楼

 いつもありがとうございます。(2)は無理なリズムでしょうか?よろしくご指導お願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)変わってます、妙です。養豚家 の感慨でしょうか?豚が自ら諦念のもと、従容としてゆく、ときあたかも、桜の花がはらはらと、豚ということで、複雑な味わいになりました。
(2)無理なリズムだとは思いません、妙にまとまっています。よく耳を澄ましていましたね、漂っている俳句をさっとつかまえた勘のよさがあります。
(3)上五、中七で全部言ったわりに何も残らない。蜃気楼も役立たず。

雀の子園児しずまる給食時  なごみ(70才以上,女)
 いつもご指導有難うございます。一物仕立てではなく、取り合わせで句を作るのは難しいのですが、勉強していきたいとおもっています。宜しくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 この句は取り合わせというより、雀の子のような園児というのに近いですね。もちろん、それもありです。雀の子も園児も食事時はうるさそうですが、先生が静めたのですね。

(1)ルアーフィッシャーの一投二投風光る  満山(60代,男)
(2)朝桜湖畔に放つドーベルマン
(3)花筏ちりぢり鯰が咳をして

 近江の桜を見てきました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)いいですね、水面がきらきら光るのが見えるようです。ルアーフィッシャーと敢てされたんだと思いますが、釣り人でも十分と思いますが。フィッシャーでは困るが、ルアーフィッシングが定着しているからいいのか? ルアーフィッシャーと釣り人ではいでたちの印象が違いますか?
(2)とてもいいと思います。桜、それも朝桜 と真っ黒なドーベルマンの衝撃。また、湖畔に放つも的確、ドーベルマンの吐く息も見えそうな、花冷えさえ感じてしまいます。実景としてご覧になられたとしても、すかさず、このように定着されるとは、なかなかのお腕前と拝察。
(3)これもお上手。鯰に咳をさせるとはいわゆる俳味たっぷり。

(1)桃咲くや蜜蜂のやうカメラマン  小口泰與(60代,男)
(2)うぐいすや信玄公の露天風呂
(3)青空に映ゆたる富士や桜咲く

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)桃の花 で有名なところですか?アマチュアカメラマンが群がっているのですね。蜜蜂に譬えたことで、煩い感じがわかります。
(2)信玄の隠し湯ですか?信玄と鶯が妙に合います。というより戦国武将に合うのかなあ?何故かはわかりませんが。
(3)これは道具立てが銭湯のタイル絵ですよ。(今どきはもっと凝ってるか?)この句が意図的にアッケラカンとした銭湯的世界を狙っているのか、無作為、天然自然に詠まれているのか、判断つきかねるところです。「映ゆたる」は「映えたる」ではないでしょうか?

花びらの枝を離るる気ままさや  香珠
 確かに桜が散るのは惜しいのですが・・・。
ドクター岡野の診断と処方箋
 共感できるかどうか難しいところです。人は特に桜には気持ちを投影して見てしまいますので、おしゃるように、散るのは惜しい。桜のほうからいえば、気ままというより、口惜しい、未練、あるいは諦観、を感じてしまう。咲きたいときに咲いて、散りたいときに散る、という気ままさではなく、極めて限られた時間に咲くことを運命づけられている、そんなキャラクターではないでしょうか。あと、「花びら」で季語になるかどうか?私のもっている歳時記には傍題にもありません。

焦がれ死にフレンチ娘の苗木市  裸時(30代,男)
 一日ほぼ一句つくっております→
ドクター岡野の診断と処方箋
 「焦がれ死に」は興味深い出だし。フレンチ娘は古くさい言い方のような。たとえばこのようなことも、意図してのことではなく、ただ乱暴に作っているようにみえてしまいます。推敲とはいろいろ言葉を、服を変えるように変えることではなく、工芸品をつくるように、削ったり、磨いたりすることでもある、と思うのですが。


2007年4月19日

山菜や歯痛をしばし忘れをり  豊田ささお(70才以上,男)
 病気が次々追いかけてきて・・逃げ足は遅い方ですんで困っとります。
ドクター岡野の診断と処方箋
 歯痛が強いので、せっかくの山菜のが薄くなってしまいました。歯痛を忘れるほどおいしいということ、と大げさな比喩表現だけに受け取られてもつまらないですね。

(1)深呼吸空へ飛び立つ桜の樹  まりあ(40代,女)
(2)初つばめ眠気一気に押しやりて
(3)声大き伝言ゲーム花の下

 ありがとうございました。アドバイスいただいて一番「桜の樹」にしてみました。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)空へ吸い込まれそうになる感じが、もうひとつ弱いかもしれません。表現として、飛び立つではないのかな?後、すいません、桜の樹では、厳密には季語にならないかもしれません。前々回?余計なことを言いました。
(2)これは、まりあさんの実感かもしれませんが、眠気一気のところが共感できませんでした。初つばめの鋭い動きは感じるのですが。
(3)お花見の光景。ユーモラスな様子がよくわかります。

(1)行く春や白壁の町人あふれ  悠(70才以上,女)
(2)車やの赤きひざ掛け花の冷え
(3)満開の花にどしゃ降り容赦なく

ドクター岡野の診断と処方箋
(1)観光地ですか?あふれが、いかにも、そのとおりでしょうが、行く春らしいきれいな表現もありそうです。
(2)色も雰囲気もよく伝わってきます。「車や」は「車屋」のほうがよくないですか?
(3)容赦なくは余計です。面白い句材に挑戦されています。いろいろ作れそうです。

(1)蝶の羽きれいにマグナカルタなる  北野元玄(60代,男)
(2)ふんどしの男ヒバリの歌を聴く
 岡野さん好み(違うか?)の句ができました。今回で岡野さんへの投稿は終了させていただきます。2ヶ月の間、いろいろお世話をお掛けいたしました。ありがとうございました。モンゴル俳句のコメントは大事に取っておきます。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)ナンセンスなのでその感覚に沿っていけるかですが問題ですが、難しいです。きっとマグナカルタが概念―意味だけで、つかまえやすいイメージに乏しいことも原因かと。
(2)ちょと気色悪いなあというとこ。こちらこそ勝手言いまして失礼しました。またモンゴルでもご健吟ください。

(1)味の素の粒にこだわりブラリンコ  裸時(30代,男)
 ブランコのつもりですが、ゆうこりんは最近TVに出ていますか?
(2)コイアジはウゴクセキゾウ春の像
 「味の素」シリーズ第二弾です→
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)ブラリンコはブランコとは認めがたいなあ。
(2)なぜ「濃い味は動く石像春の像」としないのでしょうか?ここまでカタカナにした効果も分かりません。漢字表記にしてみると、「春の像」が弱いのが分かります。

(1)春愁や膝の再発儘ならぬ  しんい(女)
(2)行く春やぽんぽん船の軽き音
 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)分かりますが、「膝の再発」で済ますのはどうかと思います。春愁と儘ならぬことはつき過ぎではないでしょうか。
(2)軽き音は形容として平凡、効いていない。もっと別の音として捉えられませんか?

咲きに咲く信濃のさくら萬を持し  浅葉洋(70才以上,男)
 信濃のさくら見物を松本城、上田城にして来ました。丁度満開に恵まれました。ご 高評をお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 よかったですね。そして幸運ですね。そのうれしいお気持ちが出すぎたのか、前半「咲きに咲く」、後半「萬を持し」で真ん中のさくらが息苦しそうです。前半か後半、どちらか捨てたほうがよいようです。

(1)紙飛行機砺波平野に花だより  穂波
(2)紙飛行機見わたすかぎりチューリップ
(3)紙飛行機春野はつぼみ一斉に
(4)花だより飛行機雲のさきっぽに
(5)神おわす花菜の山や機首海へ
(6)帰り道飛ぶ花びらを追いながら

 先日もコメントありがとうございました。6句お送りいたします。(1)〜(3)は「紙ひこうきあっという間に花便り」の改作です。好みの題材なのにこれという句が作れず、絞り切れませんでした。申し訳ありませんが3句とも投句させてください。(4)(5)は改作の途中に出来た句です。(6)は新しい句です。ご指導よろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)か(3)かな?(2)は切れが弱く、句にふくらみがない。
(1)は切れが効いて大きな世界が生まれました。
(3)は紙飛行機により近い世界ですが、切れはしっかり効いています。(1)も(3)も漢字続きなので、紙ひこうき、表記する手もありますね。前々回、余計なことを言ったかもしれません。
(4)描く世界はいいですが、さきっぽが表現として嫌ですね。
(5)神おわすがオーバーで、以降の世界と合わないような。これも、機上からの景色で、雄大でいいです。
(6)シンプルで、無邪気で、こういうのもあっていいと思います。

(1)藤の花少し剪定窓覗き  菊美(60代,女)
 近所の家、蔦と藤などに囲まれ、何やらわからぬお家。要らんお世話ですが、剪 定しないんですか?きいてしまいました。先日の「花の雲」綺麗に思えますね。
(2)名所行き電車見送る花漫ろ
 こんな言葉ありませんか?よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)普通に読めば、藤を剪定したので、隠れていた窓が見えてきた、というところでしょうか。ただ、覗きには、ちいさな穴などから見る、「覗く」もありますから、最後のところの意味が落ち着かないのです。どっちみち、剪定したら何かが見えてきたというのは、原因と結果であまりいい句になりそうもありません。
(2)見送りに注意がいってしまって、桜に目が向かないということでしょうか?漫ろがとりとめない気分なので、使い方によっては、花時の微妙な感じを表現できるかもしれません。ここではやはり、「名所行き電車見送る」が当事者にしか分からない表現になっています。


2007年4月18日

(1)おそらくは来ぬ人を待つ春の昼  遊雲(70才以上)
(2)春昼の織機の音の響くまち
(3)膝小僧少し弛んで春の昼

 有難うございました。前回「春」を「張る」と変換ミスに気づかず投句しました。今「春」の季語の、惜しむ・行く・暮るる・深し・昼などのニュアンスについて勉強中です。
ドクター岡野の診断と処方箋
 今回は春昼ですね。
(1)人を待つのは多くは夕方だったりしますが、それでは、余程でないと甘くなりますよね。ここでは春の昼だからこそ、とてもいいですね。来ぬ人を待つことと、周囲の春昼の長閑さの対比がとても効いています。
(2)これは春昼としては、ごくスタンダード、悪くないですよ。機以外は眠ったように静かな町の感じがよくでています。
(3)弛んでが春の昼につきすぎか。句全体がゆるみました。春の季語のそれぞれの微妙なニュアンス、おおいに追求してください。

(1)盆梅の去りし畳の窪み撫づ  千坂希妙(50代,男)
(2)叡山に向かひてこぶし咲きにけり
(3)菜の花や市電廃止のセレモニイ

 よろしく。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)渋いですね。何気ないことを淡々と述べる、ひとつのやり方だと思います。もっとさりげなくしようと思えば、撫でないで、ただ窪みだけで終わる、というのもありかと思います。
(2)雄大な景で、しかも、こぶしにきりりとピントが合って見えます。よろしいのではないでしょうか。
(3)いかにもこの状況に菜の花はぴったりです。市電廃止のセレモニイとよく簡潔に言い切られました。

飛行船瀬戸の海へと風光る  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 春らしい、ゆったりした大らかな景、よろしいのではないでしょうか。全てに、大づくりのよさです。

(1)春泥のジーンズの穴研ぎ出して  学(50代,男)
(2)メールにて写真を添へし花に雨
(3)山吹の流れの未だ定まらず
(4)鳥翔びて川のほとりの暮春かな
(5)鍵盤の指動きたる秋しぐれ

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)春泥は研ぎ出す感じがしないのですが、また穴を研ぎ出すとはどういうことか?とにかく研ぎ出すがピンときません。
(2)きれいです。花に雨は、メールを送信している今、外は花の雨と、とりたい。添へしですと、過去の回想のようになりませんか?ここは現在時制にしたい。
(3)これは山吹の枝ぶりののこと?それとも川に流れる山吹の花びらか?後者ですね?(自問自答)未だ定まらずが勿体つけている感じ、別の表現がありそうです。
(4)きれいですが、いままで散散聞かされてきたような風景で新鮮味がありません。言い方とか、見る角度とか、何か、学さんなりの方法を打ち出さないと、面白くありません。鳥翔びての鳥は何か知りたい。「鳥」と象徴的に言う場合もありますが、ここではそのようには聞こえません。
(5)助詞の「の」が変。鍵盤に指があるのか?と突っ込まれます。だからといって鍵盤に指動きたるでは、あたりまえすぎて、要するにここ全体がまずいということです。鍵盤に指の動きが早いとか、遅いとか、止まるとかすれば別ですよ。昨日ピアノ演奏を聴いたばかりです。とにかくあの手、指の表情の千変万化はすごいです。あの指は私もいつか句に詠んでみたいと思います。

花見せむ「さくら夙川」駅降りて  栗太郎(60代,男)
 JR神戸線に新駅ができました。きれいな名前にひかれてつい途中下車。すばらしいお花見でした。
ドクター岡野の診断と処方箋
 たしかに、夙川がもともときれいな地名ですし、そこに「さくら」がつけば文句ないですね。句としては、駅名だと分からせるために、どうしても説明的になってしまいました。

薔薇の芽や人モノ開く蛇笏賞  なごみ(70才以上)
 再びお休みをしてしまいました。先日「花の門出」では、成句になつていて「花」 が生かされていないというご指導有難うございました。揚句は岡本眸さんが蛇笏賞を 頂かれたというニュースをみての句です。
ドクター岡野の診断と処方箋
 岡本眸さんへの挨拶句としてよろしいのではないでしょうか。薔薇の芽という最適 とも思われるものをもってこられました。私には、人モノ開くが説明的で少し疑問、薔薇の芽が、ある、いい感じに開く―蛇笏賞でいいのではないでしょうか。

(1)戦争とゲルのストーヴ阿弥陀経  北野元玄(60代,男)
(2)墓地は砂漠に骨片と血止め草
(3)ゲル村に七人の敵夜這い星

 (1)(2)は慰霊法要を題材にしました。モンゴル俳句については、投稿は今回で終了 させていただきます。おかげで、ずいぶんモンゴル俳句(ろくなものはありませんが)を作句することができました。今夏またチャンスを見つけてモンゴルへ行ってみたいと思っております。作った俳句についての再確認や訂正やらをするのが一つの大きな目的です。岡野さんからいただいたコメントはこのまま小生のノートに大事に書き込んでおきます。推敲する際、大きな参考資料になることと思います。つたない俳句に我慢してお付き合いいただきました。本当にありがとうございした。今後ともよろしくお願いいたします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)戦争とゲルのストーヴであるイメージをつかめるか?難しい。ゲルのストーヴは現地の素材という域を出ません。戦争、ストーヴ、阿弥陀経の三つが北野さんのなかで組み立てられているようには私に届いていない感じ。
(2)これも素材が砂漠にばら撒かれたような、北野さんのなかでは墓地が重要でしょうが、俳句としては、砂漠に骨片と血止め草で十分に可能性があります。墓地と入ることでかえって句が拡散してしまいました。
(3)私は、中七を変えたいです。成句は便利ですが、調子よすぎて句が嘘っぽくなりすぎです。

(1)陽を当てにしつ獣道泉湧く  文の子(60代,男)
(2)地図に無き杣道選りて薄氷
(3)陽を当てにして獣道泉湧く
(4)卓の上(へ)の水仙髪を切る少女
(5)ひととせを経て再会の花筵

ドクター岡野の診断と処方箋
(1)(3)獣道とか、地図に無き杣道とか、いろいろ歩いていらっしゃいますね。
(1)座五にそれこそ座ってる言葉がつまらないです。陽のもとを獣道を行くこと、俳句はそれだけでいいのではないでしょうか。特に泉が湧くまで言ったのがいけなかった。歩くのは泉という目的があったみたいで艶消しなのです。人が獣道を、無目的に、それこそ陽の光だけを頼りに歩いている、そのことは俳句になる何かがあると思いました。
(2)この薄氷はいいです。地図に無きは、言わずもがなだと思います。
(4)水仙と髪切る少女の配合はよろしいのでは。でも普通ですが。ここでも「卓の上の、又は、卓の上への」が冗長で効果をあげているとは思えません。室内ということを言いたいのでしょうか?少女の前に水仙があることはいいです。
(5)そのような花見の会があっていいですね。花筵でいいですね。

(1)夜桜や河馬の見ている鬼女の面  豊田ささお(70才以上,男)
 寝ていて夢か、幻影を見ました。そいえば、稔典さんの本を枕の下にしていたんかな?です。
(2)いぬふぐり山の子どもの山人(やまど)鍋
 「花散るや樵の子らの昼ご飯」の推敲ですが、まだ、ムリがあるかもしれません。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)夜桜と河馬だけにしておけばよかったのに、鬼女の面ま出てきて、その夢余計でした。
(2)山人鍋というのがあるんですね。悪くないです。ただ、この山の子供は、前のご説明によると比喩ですよね?この句だけだと、そこは分かりません、まあ本当の子供だったら、それはそれでいいと思いますが。


2007年4月17日

(1)竹林に古し桜の咲きにけり  小口泰與(60代,男)
(2)山風に落花は南へ流れけり
(3)外見ると忽と日照雨や春炬燵

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)古し桜は古き桜ではありませんか?それにしても、です。目の前の景を、そのまま報告いただいているようで、読者である私はその景に一向に興味が湧いてきません。別の角度から言いますと、俳句が一旦作者から提出されるということは(ネット上、句会、雑誌etc)読者を想定するということです。作者の頭の中で構成された何かは、俳句という形式を借りて、文字のかたちで読者に届けられます。届ける、贈ること、語弊がありますが、人に贈るときにはサービス精神が必要ではないでしょうか?美しく包装する、見栄えのいいように並べる、新鮮なものを選ぶ、珍しいものを探してくる、よく磨く、等等。俳句に限らず、およそ創作なるものを発表するときの基本だと、私は思っています。
 さて(2)ですが、ずい分淡白、その淡白が良さか?雅な風情はありますが。
(3)日照雨と春炬燵の季感が私のなかでは、どうしても合わないのですが。事実云々ということではなくて、表現された日照り―炬燵という文字群の視覚的、聴覚的印象です。

(1)夕ざくら踏切のサイン点滅す  ポリ(50代,女)
(2)春の雨ビビンベババンボボンべボン
 アドバイスありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)「踏切のサイン点滅す」が説明的で冗長だなあ、と思いましたが、さてそれでは、どうするかといえば、、たしかに困ります。「踏み切り」はどうしても使いたいところです。夕桜で、わたしは勝手に都会の踏み切りを想像しています。いい光景だと思うのですが。
(2)なるほどね。突然ですが、このオノマトペに、インドの楽器シタールを感じました。ビビンベババンボボンべボン、ビビンベババンボボンべボン、雨が軽くて地面から跳ねる感じですね。よろしいのでは。いずれ、夏の雨もやってみてください。

うたた寝の妖精の手に風薫る  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 この妖精は誰ですか? いや、本当の(そもそも本当とは?)妖精ですか?謎です。最大限、好意的に解釈して(大サービス)子供、幼児、赤ん坊?とすれば、軽くにぎったその手、指はかわいい。

棒きれで掘ってみたら朧立つ  裸時(30代,男)
 「棒きれで彫ってみたら朧立つ」とも考えました→どちらが良いでしょう?
ドクター岡野の診断と処方箋
 「 掘ってみたら」を採ります。採るものの、以下、好みがあります。棒きれの「きれ」がイヤ。掘ってみたらの「みたら」がイヤ。朧立つの「立つ」がイヤ。 と、いろいろあります。言葉をスリムに筋肉質にした上で、不思議なイメージが立ち上がれば、それはその方がいいと思います。ただ、そうすると裸時さんらしい文体が失われるかもしれません。この辺、診断の範囲外です。

決闘の日の山桜海へ散る  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
 これって巌流島でしょうか?そんな気がする。ええ、調べましたよ。ただ、そうなら書いといてくれないとなあ、というのが正直なところ。書いてないので、そういう前提なしに読むと、、、健さんの昭和残侠伝、渡哲也・東京流れ者、等を想像する。巌流島という前書きがあれば、決闘の日は要らないです。むしろ無いほうがいい。

天蓋は通草の花よ露天の湯  多弁(60代,男)
 診断をよろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
 多分、素晴らしい温泉にいらっしゃいますね。「天蓋は通草の花」というのが、野趣溢れ、何やらすごそう、と想像するだけ。自慢じゃないですが、あけびの花すらじっくり見た記憶がありません。まずはその温泉に一度入ってからかな。

(1)夕桜花びら五まい鐘六つ  鴻之助(50代,男)
(2)チューリップきゅっとつぼんで宵の雨
 お世話になっています。庭にかわいそうくらい貧弱なのですが、チューリップが咲 きました。また、2句よろしくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)花びら五まいと言挙げして、暮れ六つを言う、ちょとした洒落。花びら五まいが言い方も、字面もたどたどしいので、上手くいっていないようです。でも、この手は研究の価値ありますね。
(2)感じはでています、よろしいのでは。


2007年4月16日

(1)夜更けまで語り合ひたり柏餅  学(50代,男)
(2)蔵王見るまんさくの咲くところから
(3)宇宙からの音聴ひてゐる桜かな
(4)産み立ての卵に触るる桜餅

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)この状況と柏餅は決定的にミスマッチ。そのミスマッチを狙ったのでしょうか?前半は青春群像、事実として,ないことはないでしょうが、作品としては失敗していると思います。
(2)これは面白いと思いました。ただごとの報告ながら、豊かな感じのする、ある視座と、蔵王までの距離、見える蔵王が妙に印象的です。
(3)桜に確かにこういうところ、ありますね。宇宙からの、というところ、もう少しなんとかならないかと、思いました。宇宙という言葉、この場合疑問です。
(4)妙です。妙な面白さがあるといえばある。状況が変です。見ているうちにだんだんよくなってきました。生々しい静物画といった感じ。西欧絵画のある時代、このようなジャンルがあったような。

(1)フルートの独奏空を白木蓮  文の子(60代,男)
 4/10のご診断有難うございました。脚太き馬はご指導頂いたとおり「蒲公英や脚太き馬駆け抜けし」と致します。掲句、「フルートの独奏続き桃の花」を推敲しました。
(2)水中のペンギン捷し鳥帰る
 「ペンギンの遊ぶパレード鳥帰る」は横浜の八景島パラダイスなのですが、鳥帰るから離れて考えます。掲句宜しくお願い致します。
(3)春光や撓みて青き竹林
 大分溜めてしまいました。以下多くて申しわけありませんが、宜しくお願い致します。
(4)春眠を取り戻す人通勤車
(5)桜散る地の染まりゐて青き空
(6)花たわわ水まんまんの隅田川
(7)水ぬるむ赤字部門の浮上せる
(8)ビクターの犬首傾ぎ春愁

 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)確かに「続き」は不要でした。すっきりしたと思います。「空を」としたことにより天空駆けるような、フルートの旋律と、白木蓮の白、両方にかかり素敵な世界をつくったと思います。
(2)「鳥帰る」がよくない。水中と空で、響きあうことがない。一方、今頃言うのもなんですが、ペンギンは鳥で、前の句よりも一層つき過ぎが気になります。
(3)これは平凡です。どこがどうと言えないのですが、写生なら、写生で、もっと具体的な「もの」を発見する必要があるようです。
(4)「取り戻す人」という表現が適当ではない。寝不足ということではないですか? いずれににしても、ある事態の説明で、通勤者などその最たるものです。
(5)地の染まるという言い方がすんなりと入ってきません。水は染まるが、地は染まらない、理屈ではなく、感覚的に納得できないということです。青き空もちょっと、取ってつけたようです。
(6)春の盛りの隅田川の景、たわわ、と、まんまん、で豪奢で、ちょっと過剰な桜の景をよく表現していると思います。
(7)御同慶の至りです。ようやくという感じですね。
(8)ビクターの犬といえば、首傾ぎは要らないのではないでしょうか?面白い句材だと思います。

(1)ちりめんの雲引きとめん春の月  うさぎ
(2)朧夜ちりめんの雲に夜光虫
(3) 朧月大きく見える我が子かな

 「ゆきずりの雲引き止めん春の月」を推敲してたら、三つ出来ました。絹織物のちりめんが朧雲のイメージと合うか? 宜しくお願いします。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)きれいな叙景句になりました。春の月に薄く照らされる雲、ちりめん、はとてもいいじゃないですか。
(2)こちらは調べも悪いですし、夜光虫に海を見てしまい、視点が定まらなくなりました。
(3)このように見えることも、あるのかなあ?という程度です。

(1)日本地図ブフのフテチは勘違い  北野元玄(60代,男)
(2)デール着た少女が咽ぶ秋灯り
 秋のゲルあるいはゲルの秋は表現としてつまらないし、もうひとつひねりがほしいところですが・・。(1)はわかりますか?(2)咽ぶが気に入らない。秋灯りが古風すぎる。ここでは秋のゲルがベターか?対案「泣き虫のデールの少女ゲルの秋」。あっ、忘れてました(笑い)。ブフのフテチはモンゴル相撲の力士、デールはモンゴル服(日本での和服)のことです。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)はわかりません。力士のフテチさんが日本地図について何か勘違いしている?解読する必要はないのですが、俳句的、詩的、感興を受け取れる仕掛けがないようなので。
(2)一方「少女が咽ぶ秋灯り」には仕掛けがあります。歌謡曲、ですよね?古さは承知の上。それをモンゴルでやってみた。対案は別の句だと思います。海外詠としてはこちらの方がいい。

(1)やはらかき草の芽洗ふ今朝の雨  小口泰與(60代,男)
(2)夕日享け噴煙みごと桜餅
(3)山風に瀬音荒ぶる葦の角

 よろしくご指導願います。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)とても繊細な把握でいいですね。本当に今頃の緑は日一日と変化して雨の後の美しさは特別です。
(2)「みごと」がまずい、こちらは繊細さが足りませんね。桜餅も響かず。
(3)この景は、本当にそうなんだろうか?という思いがあります。つまりつくりすぎの匂いが。それは多分「山風に」という古歌ふうの出だしなどのせいかも。それらしい言葉が技巧的に並べられているだけのようにも。ある意味では完成されている句なので、私の言っていることはイチャモンに近いかもしれませんので、いろいろな方に聞いてみることをお勧めします。

風光る川面に青菜流れおり  藤井茂子(60代,女)
ドクター岡野の診断と処方箋
 きれいな句だと思いますが、川面が本当に要るか?風光るを受けて、きらきらと川面のきらめきを呼び込む、そのような効果はあります。あと、どうしても虚子の「流れ行く大根の葉の早さかな」を思い出してしまいます。

桜咲くわたしも河馬の一年生  香珠
 稔典先生が以前おられた大学に通い始めました。
ドクター岡野の診断と処方箋
 桜咲くみんなで河馬になりましょう― 桜咲く頃、みんないろいろ新しいことを始めたくなります。時々、昼寝も忘れずに。

(1)杉山にひとかたまりの桜かな  さくら(女)
(2)花曇り湯の町ギヤラリ−人あまた
 宜しくお願い致します。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)叙景句としては、まあこういうことなんでしょうけど、物足らないです。
(2)花曇はまさにこの情景にぴったりですね。よろしいのでは。

(1)夕焼けて鳶等はヘルメットを脱ぐ  学(50代,男)
(2)少年は学なり難し柏餅
(3)眼下より風の道見ゆ花粉症
(4)花生き生き語りくる朝かな
(5)賢治読む木々揺れやまず冬の空
(6)彦爺に応ふ彦爺山笑ふ

 ご教示を。
ドクター岡野の診断と処方箋
(1)が一番いいです。何気ないですが詩があります。脱ぐがいいですね。
(2)このように成句を使うときは、よほど大胆にいかないと難しいと思いますが、柏餅は普通すぎませんか?
(3)機上からの景でしょうか?風の道が見えるということは、花粉が束になって飛んでいるということでしょうか?怖いです。本当は「眼下より」のような説明は、よほど意図的な場合を除いて避けたいです。
(4)取り付く島がないような句です。「生き生き語りくる」をなんとかして言葉の技術で詩に仕上げるのが俳句だと思いますが。
(5)すこし三段切れっぽい。賢治読むたび木々揺れやまず、とか、木々揺れやまぬ冬の空とか強引に繋げてしまうのもありだと思います。
(6)彦爺が固有名詞なら説明していただかないと。普通に読めば、どこかの彦爺さんですね。それで、よく分かりません。