俳句クリニック 2007年6月後半分(ドクター:塩見恵介)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


ドクター塩見の診断
2007年7月5日(塩見ドクター担当分)

迷ひ蛍風呂場でひそと光りけり  さくら(女)
 今年は蛍がとんでこないといっていたらなんと--風呂場で光っていました。どうして入ってきたのか不思議です。見たままを句にしたのですが、宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 うーん、迷い蛍がひそ(やか)、と光っているのは並。しかし、こういう句の一番の問題は、説明文的構造なところのいほうにあります。たとえば、迷い蛍ひそと光っている風呂場、とすると、案外、風呂場が意外な空間として際だち、句全体に意外性を感じさせる作りとなります。提示の仕方もひとつのテクニックですよね。

(1)きみ思ふ雨はサ・ラ・サ・ラ熱きまま  京雅(30代,女)
(2)山みどり覆いつくせよなみだ雲
 飾りっけのない句ですが、思いつくまま創ってみました。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)は歌謡曲の一節のよう。俳句にすると、「きみ思ふ」は抽象的で働きが薄く、雨が「熱きまま」というのは少し突飛。季感が薄いのも気になります。僕ならこの着想でサラサラノ緑雨やきみの熱いまま、とでもするかなあ。しかしこれもぱっとしませんね。きみ、を入れると俳句は急に濃厚になってしまう。
(2)「なみだ雲」が造語として大胆。これも歌謡曲の一節になりそう。「覆い尽くせよ」などの命令形はメッセージ性が強く直接的なので後に造語などを置いてしまうと読者の足を止めてしまって損かも。

(1)茄子漬けの色が目にしむ通夜の席  れい
(2)昂ぶりし夜の百合の香の強く
 「の」と「は」で悩みました。意味としては「は」のほうがいいでしょうか?
(3)夕薄暑ふとした時間を持て余し
 先生のお話はとてもよく判り嬉しいです。お忙しいのに有難うございます。よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)がとても素敵。悲しい素材の句なのですが、茄子のぬか漬けの皮の濃紫の一瞬の輝きがいっそう切ない。空気に触れて少しずつ茶色にあせていく漬け物がいっそう故人との別れの時間を象徴している。俗な漬け物で聖なる時間をこれだけ表現できるのは俳句的。
(2)は百合を詠んだものとしては平凡。
(3)も日常の説明に終わっているのが難。

(1)妻の村蝙蝠たちの空の村  汽白(40代,男)
(2)スクリュードライバー夏の自転車屋
 こんにちは。よろしくお願いいたします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)は詩情たっぷり。郷愁もそそる素材なのですが妻の村、蝙蝠の空の村。とやや言葉が重なるのでごたごた感あり。妻の村を外せばすっきりしそうな感じです。
(2)はすばらしい。スクリュードライバーを詠んだ句をはじめてみましたが、僕も作りたくなりました。自転車もよく合いますね。夏の、ではなく短夜ぐらい、大胆に絞り込む季語を入れたい感じです。


2007年7月4日

苧環や素焼きの一輪挿し光りだす  ねぎよしこ(70才以上,女)
 下手な句でも丁寧にご指導有難う御座います。富士の裾野の山里なので、山野草が雑草にまぎれ花開き始めました。
ドクター塩見の診断と処方箋
 良いですね。素焼きの一輪挿し。構造的には子規の「仏蘭西の一輪挿しや冬薔薇」を思い出す様な一句。字余りなので「光り出す」の「だす」が魅力なのですが、あえて「光る」でとめてしまって、定型におさめる方をおすすめしたいです。

(1)のらくろの曝されてゐる車庫の上  えんや(70才以上,男)
(2)呉服屋の風鈴眺め妻を待つ
 宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)虫干しですね!「のらくろ」が鋭い眼付け、昭和の匂いの一句。
(2)ムードのある句ですが「眺め」が若干句を間延びさせているような気がします。

(1)膝に来た猫を踊らす暑さかな  豊田ささお(70才以上,男)
 「太腿を投げ出してみる暑さかな」のご診断、思いがけず、いい評価を頂き有難うございました。調子にのって、こんなのを作ってみました。いかがでしょう?
(2)硬きき葉を陽に透かしみる沖縄忌
 平凡ですが自分の心に刻むために何か作らねばと昨日は一日考えていまして、下手な考え休むに似たりです。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)これまたおもしろいですね。猫の脇を抱き上げて揺らしているのですね。これもまた暑さの発見。しかし若干、暑さを忘れさせるくつろぎがあり、不快感はないですね!
(2)僕も6月23日、沖縄忌を句にしようと思いました。今年は本業の方で沖縄のことを考える機会が多く「鉄の暴風」などいろんな書物を開いたもので。頂いた句は非常に象徴的。「硬き葉を陽に透かしみる」ではたして沖縄の哀しみをどれぐらい言えているのか、僕は語る立場ではないのですが、切なさだけに流れそうなところがすこし問題かもしれません。


2007年7月2日

(1)十円玉きらきらぴかぴか夏に入る  ポリ(50代,女)
(2)ワイングラス長い持ち手を磨く夏
 拙い句をいつもていねいにみていただき、感謝しています。どうぞよろしくお願い します。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)着想とても素敵と思います。きらきら輝く銅貨と夏はしっくり合いそう。ただしオノマトペが「きらきら」「ぴかぴか」がいずれも輝きのものとして膠着している。どちらか一つで充分です。上五にどちらかを据え、十円玉を中七に下ろしてみては。
(2)うーん、結構、グラスと夏(特に夏の夜)の句は多いんですね。磨くは少し新鮮ですが、それでもちょっと既視感が強い句。

(1)土壌鍋湯気川下へ逃げてゆき  うさぎ
(2)川風と湯気入れ替わって土壌鍋
 「川風に湯気揺らぎつつ泥鰌」の推敲です。宜しくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 随分こだわっていただいてありがとうございます。(1)と(2)では(1)の方がすっきりしていますね。
(1)、このままでは少し意味がまっすぐ行くので、屈折を持たせたい。川下に逃げてゆく湯気どぜう鍋とでもしてみれば、少し切れが発生して時間の間を作れそう。

(1)夏至の夕まさかの人に見られけり  藤井茂子(60代,女)
(2)紫陽花や小石に雨の音続く
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)暮れなずむ夏至の夕暮れ。逢わないはずの人にふと。それは初恋の人?それとも、会社の上司?いろんな「まさかの人」をイメージできて楽しいですね。光源氏の好き歩きのような、そんな古典的な空気もあります。佳句。
(2)紫陽花、小石、雨の三段切れの匂いが。もっとも「小石」に「恋いし」の地口的な掛詞を意識しつつも、現代的に読めば三段切れの感はまぬがれません。

(1)闘牛の蝶に怖ぢけて後退る  一(40代,男)
 またお世話になります。「怖ぢける」は文語として正しいでしょうか?
(2)初螢抱きしめられて見失ふ
(3)敵役(てきやく)の菊はまばらに菊人形

 「菊人形菊のまばらな敵役(かたきやく)」とどちらが良いでしょうか?
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)闘牛と蝶の取り合わせは面白いですね!これは景として素敵。ただ「怖じけて後ずさる」では少し意味が強いです。景だけで勝負したい感じ。ちなみに「怖ぢけて」はOK。文語では「怖づ」は「おぢず、おぢて、おづ・・・」と活用する、下二段動詞。
(2)この句、素敵。蛍ではもう恋句はくさるほどあるのですが、既視感を持ってしても叙情的で素敵。和歌の世界では蛍のその尻の火が「思ひ」の「ひ」と繋がることが多く、蛍から恋への展開は伝統的な手法。 さて、この句は女性的な句。作者が男性であっても、作品が全てですから、こういった句はフィクションとかどうとか関係ありません。
(3)後者を採りたいですね。敵役、がこの句の主眼を握る言葉ですからできるだけ後に出したい。助詞にも少し屈折を持たせて「菊人形菊のまばら に 敵役」としたいですね。


2007年7月1日

(1)白極む紫陽花の名は隅田川  さくら(女)
(2)鑑真忌の温故知新の軸掛けぬ
(3)空と雲映して田植え終へにけり

 やっとパソコンが起動するようになりました。隅田川の流れのような真っ白な紫陽花に感動し、しばらく眺めていました。いつもご指導有難うございます。宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 PCせっかくこれからというときですが、最後になりましてすみません。
(1)紫陽花の花の品種に隅田川というんものがあるんですか!いろんな名前があるんですね。薔薇みたいですね!これはいわゆるその紫陽花を紹介する俳句(隅田川という紫陽花とても白い品種だ、ということ)ですが「紫陽花の名『に』隅田川」としてみると上五、座五にいろんな言葉を置いて、取り合わせも楽しめそうですよ。
(2)鑑真忌ではちょっと説明的すぎる感じです。
(3)田に空や雲など天井を映す景は、やっぱり平凡。

(1)ミノガかなゆりかごゆれて五月晴れ  菊美(60代,女)
 お世話になります。みんな思いばかりの句でした。蓑虫見つけたんですが、蓑虫は秋の季語かとも思い、ミノガは名詞で、どうでしょうか?
(2)入梅の恵となりし猫の顔
(3)花菖蒲競いてのぞくカメラマン
(4)夏至の朝団子のおやつおもいつつ

  猫が癒してくれるかな?と思います。お子さん、甲子園デビューですか(^^ゞ昨年日本シリーズ、藤川の1球に興奮したものでしたが、となりでお子さん応援、楽しくでした。テレビに良くお子さんアップ有りますね。何処かでお目にかかるかも?m(__)m植物園の花達を撮影のカメラマン、のぞかせていただきます。あつかましく。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)素敵ですね!推敲としてばっちりになりました。今時分に蓑虫ですか!蓑虫はやっぱり季節が違うので、ミノガがいいですね!それと蓑虫とゆりかごは近いのですが、ミノガはその母でゆりかごとはちょっと良い距離感。この句はこれでいきましょう!
(2)癒し系の猫ですね。恵みとなりし、はもうちょっと別の表現にしたい。生乾き。
(3)「競いてのぞく」をどう表現するか、これをもうすこしひねった表現にしてほしいです。
(4)俳句と言うよりも朝から団子のおやつを思われる作者の人柄に興味津々(笑)。

(1)ヤンマ来るひび割れし田に音もなく  豊田ささお(70才以上,男)
 とにかく降りません。梅雨だというのに・・さすがは旱のメッカです。まだ、田んぼが割れるまではいきませんが、時間の問題でこうなります。そしてヤンマも来なくなります。俳句はプラス思考でと、いわれますが・・・。
(2)畦に立ち祈りてをれば蜻蛉かな
 今朝もかんかん照りです。蜻蛉がくると「お前もいっしょに雨乞いしてくれ」といいたくなります。
ドクター塩見の診断と処方箋
 ささおさんの農事俳句も面白いですね。(日照りの古都を心配されている句が続いているのにおもしろい、は不謹慎ですが・・・)
 頂いた句では(1)の方が景が明快。「音もなく」というヤンマの飛び方も、「ひび割れた田」とつながっていることで不安感を増幅させており、作者のメッセージが強いフレーズです。
(2)も畦に立ち祈る、という言い方が、田仕事上、例年とは違う何かの不安がある、ということは分かるのですが、ご説明がなければ、何で祈っているのか読者に伝わらず、そこが問題。

(1)古希祝ふごと芍薬の咲き初むる  えんや(70才以上,男)
(2)一匹の蚊に殺虫剤乱射せり
(3)ラムネ飲むひとりを待てり旅仲間

 どうか宜しくお願いいたします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)は「ごと」が余分のような気がします。芍薬がわが古希を祝って咲き始めた、とそれぐらい大胆に言っていただいてよいような。
(2)漫画的。意味的な飛躍はないですが「乱射」というオーバーな表現で、度を超えた作中人物の滑稽感。できれば「蚊一匹」は殺虫剤乱射の意味なので、後に置いた方が屈折が保てそう。
(3)二通りの意味がありそう。
1、あとからおくれてくる旅仲間のひとりを待って先の茶店で休憩。自分がラムネを飲んで待っている景。
2、旅の道中みんなで茶店で休憩。それぞれの飲み物を飲み終わり、さて出立、というときにまだラムネを飲み切れていないひとりの仲間。それで出立を待たされている作者。
 さてどちらかな、とおもうのですが、あのビー玉の入った飲みにくいラムネの本意からすれば2の方の読みが自然でしょうか。しかし1のくつろぎも捨てがたい。こういうのは多様な読みの広がり、というよりは句の構造上の問題。推敲の余地があるといえそうです。

(1)ものの芽の一夜の雨に形成す  未知(50代,男)
(2)行者滝苔なす岩の透き通り
(3)風薫る杜の都のコンサート
(4)夕立の足音低く通りけり
(5)そそくさとすます夫婦や稲光

 ご教示を。
ドクター塩見の診断と処方箋
 寸評でお許し下さい。
(1)完全な説明句。
(2)苔が「透き通り」というのはちょっと洒落ている。行者滝、といわれると宗教色が強くなるので、透き通りを説明的なフレーズにしてしまう。滝の名はあえてない方がよさそう。
(3)平凡
(4)足音低く、という視点がとても詩的!派手さはないが「夕立」そのものを詠んだ一物仕立てで読むとかっこいい。しかし二句一章として「夕立の」を「夕立の中を」ととられ、何者かが足音低く通る、ととられる可能性もある。その読みはじゃっkなつまらないので「の」に推敲の余地が残っている。
(5)完全なバレ句。僕はパス。

(1)自転車の箱根八里や若葉風  文の子(60代,男)
(2)若草や復元されし一里塚
(3)鮎やすみ休み上れり川の磴
(4)川浅し薄紫陽花の透くるほど

 紫陽花の句を10句お作りになったと伺いました。昨年は鎌倉で詠んだ「紫陽花の褪せて海辺の白き町」を早瀬ドクターにお褒め頂き、句会でも高得点でしたが、今年は空梅雨で良い紫陽花に出会えません。掲句は先週末の箱根です。
(5)大脱走するか塀の上濃紫陽花
 自宅周辺は今が盛りです。そろそろ雨になりそうなので、週末はもう一度箱根をと考えています。
(6)夏越さじメタボリックの大祓
 メタボリックその2です。宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 頂いた句では(3)が素敵。依然「磴」の字は気になりますが「鮎やすみ休み上れり」というフレーズ抜群。とくに「鮎やすみ」から「休み上れり」と流れていくところ。俳句の構造上「五」「七」でいったん呼吸を入れながら「やすみ」がリフレーンされるところで鮎が流れの中で止まりつつ早まりつつする泳ぎ方が具体的になっている。
(1)気分が良い。
(2)復元されし、が若干生乾き。
(4)白紫陽花の写真、ありがとうございました。
 濃紫陽花は聞きますが薄紫陽花もあるんですね!おもしろい。
(5)ちょっと見立が強引。この句は僕はパスですが。しかし強引な見立は時に面白い物を作ります。
(6)メタボリック、なかなか俳句に入れるのは難しいですね。どうしても目立ってしまう言葉ですので川柳色がつよくなりそう。自然な運びでメタボリックを入れたいですね。

(1)妣(はは)と来し出湯の里や河鹿笛  しんい(女)
(2)膝病むや宙を自在に揚羽蝶
(3)兵児帯に団扇さしこみ寄付集め

 宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 なにかこういった一連は一句一句を見るよりも日記風にどんどん読みたい気がします。
(1)の「はは」と「私」の距離感、「妣」と書かれたところから老母を連想。来し方を乗り越えてきて湯に浸かる二人の穏やかな感情を思わせます。
(2)も膝を痛めている自分の目に映る悠々と飛翔する揚羽への憧憬。
(3)の軽いスナップ。娘と母との温泉旅行の私小説的な感情ドラマが底辺に流れているような連作ですね。

(1)黒板の字が遠くなる五月闇  岡野直樹(40代,男)
(2)夏空に大人になっても帰ってこい
 お世話になります。昔聞いたフォークソングの一節に似たような歌詞があったのですが、俳句にしてみました。よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)「遠くなる」ということばは奥行きだけでなく、なにか心象的な切なさをもたらすフレーズで、流行歌などの歌詞には効果的なのですがこの「なんとなくせつない」という感じのフレーズはなかなか俳句では難しい感じ。飛躍というより突飛な印象を読者に与えます。頂いた句も五月闇のなかで黒板の字をみているだけでも少し非日常な空間なので、遠くなる、とまで心象を出されてしまうと、読者が入り込めない陶酔の世界を作ってしまいます。
(2)も子燕の巣立ちを詠み込んでいる、などと読者が考えればすとんと落ちるのですが、句だけでは何が「大人になっても」なのかが見えないのが残念。といって、見えれば見えたで「大人になっても帰ってこい」はやや並な感情。


2007年6月30日

(1)地震ありてチワワ跳びけり蟻の群  小口泰與(60代,男)
(2)上州の雨たかぶりて雷の音
(3)岩魚はや反転せしや石の裏
(4)目白鳴く利根の流れを見てをりぬ

 よろしくご指導願います。
ドクター塩見の診断と処方箋
(2)がおもしろいですね。上州の雨たかぶりて、は素晴らしいフレーズ。雷の音と最後を締められると、その雨の高ぶりと緊密すぎる感じですので、座五を一工夫しても良さそうですが。
 同様に(1)も素敵なのですが「地震(ない)ありて」が説明的。なんというわけもなく蟻の群の上をチワワは跳びたい。
(3)(4)はいずれも特にハッとする景でも表現でもなく、これはおとなしすぎます。

夏草の内緒話の盛りかな  遅足(60代,男)
 「夏草のなかに内緒の話かな」の診断ありがとうございました。夏草とつき過ぎになってしまったでしょうか?盛り、に一考が必要でしょうか?よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 難しい句ですね。やっぱり内緒話はヒソヒソ感と手早さが良い感じなので「盛りかな」はやや意味として広がりはありますが、内緒話にもかかっていきそう。そうなると、妙に盛り上がって、長話と化する「内緒話」。愚痴や策略の匂いがしだしているので、僕は閉口するタイプの世界です。

(1)新人の病欠柿の花零れ  文の子(60代,男)
 6/18のご診断有難うございました。「幼子と取り合わすと「蕗の薹」が単なる「幼子」の比喩、として取られてしまうのが難」は取り合わせについて大変勉強になりました。私の課題の一つです。「蕗の薹」の句は捨て、「自己管理できぬ新人柿の花」を推敲しました。
(2)滝壺や瞑りたる目を撮されし
 6/21のご診断有難うございました。「滝壺や瞑りたる目を撮しゐて」を掲句と致しました。
ドクター塩見の診断と処方箋
 先日は「白紫陽花」の写真、とても素敵な群生のもの、ありうがとうございました。感激。こういって僕にいろいろ教えていただくこと、このコーナーをさせてもらっていての幸せ。(どちらがドクターかわかりませんが)
(1)新人の病欠と柿の花の取り合わせすてき。ちょうど気の張っていた四月五月が過ぎて、ちょっと疲れが出る頃ですからね。柿の花という何気ない季語でなにげないひのちょっとした出来事がうまく語られています。ただ、「零れ」は過ごし言いすぎのようです。言葉にはプラスかマイナスのイメージが必ずつきまといますが、一般に「こぼれる」ことはマイナスイメージですよね。それが詩の中で辞書的にそのままに使われていると説明臭が強くなります。たとえば新人が病欠している状態は、あきらかになにか物足りない、寂しい景。そこにこぼれるという言葉が入るとあきらかにその意味はマイナス調を帯びます。こういった言葉はいかにプラスに転じるように読ませるか、そこがひねりどころで、この句では「こぼれ」は「なかったほうがいい」言葉です。
(2)うーーんと、良くなりましたね。景がはっきり。せっかくの滝壺の前、その轟音におもわず目をつぶったときのスナップが後日自分の手にある滑稽感。


2007年6月29日

(1)アンパンの形に落つる夏の雨  学(50代,男)
(2)水上の能舞台なりすみれ草
(3)片陰や吊り橋揺する猿のをる
(4)炎天や宇宙遊泳してをりぬ
(5)短日のロケット海に立ちにけり

 ご教示を。
ドクター塩見の診断と処方箋
 たくさん頂いたので寸評でお許しを。
(1)夏の雨をアンパンの形に見るのはやはり無理がありそう。もし夏の雨、の前で切れて取り合わせの句としてみても、それではアンパンの形に落ちている物が何か、もうひとつわからない。
(2)水上に能舞台、は涼しげでいい感じ!これを句の主眼に置きたいが、すみれ草を座五におかれるとこちらに視点が集約されそうで、ちょっと焦点がぼけてしまう。
(3)おもしろい。ただ片陰、という季語が作者の視点を示しているのでしょうが、もう一つ効きが弱い。はっきり「猿のいて吊り橋揺する」と上中に持ってきて座五に気の利いた季語が欲しい。
(4)炎天がミスマッチ。これでは暑さにうだって白昼夢を見ている感じ、と読まれてしまいそう。
(5)おもしろい。季語が冬ですが、この句はすっきり景がよく見えます!

梅雨盛り右脳の端に左党はん  多弁(60代,男)
 よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 ん?左党はん?関西弁で尊称「さん」を「はん」と呼ぶので、これは梅雨まっただ中、感覚的な右脳の端っこに、酒飲みだった過去の自分の記憶が残っている、といった句でしょうか?おもしろいですね。ただ、ぼくには「左党はん」がちょっと意味を持ちすぎて「右脳」という感覚的な世界からのギャップを感じるので、同音異義語で「佐藤はん」ぐらいにとばしても良さそうかも、とおもいました。右脳の端に佐藤はん。佐藤という名字はけっこうたくさんある名前なので、没個性的な一人物を作るのに成功しそう(全国の佐藤さんゴメンナサイ!)そして読者の頭の中に自分の知る佐藤さんをイメージさせて、梅雨盛りを感覚的にその佐藤さんと組みあわせてみると面白い読みが展開されそうな気がします。これは着想と全く違った狙いの句となりそうですが・・・。

(1)落下する光まといし夏蜜柑  山中広海(20代)
(2)約束は忘れられはや緑の季節
ドクター塩見の診断と処方箋
 (1)桐一葉日当たりながら落ちにけり、という高浜虚子の句をふと思い出すような、落下物と光の構図。しかし、夏みかんですから随分と重力もあり、すとん、と落ちる一瞬。それだけに現代的なスローVTRでの再生感もあります。落ちている一瞬の夏みかんを想像できた読者には、柑橘系独特の清涼な心象風景ととれますが、そのあとの夏みかんを想像する読者には、抵抗感があるかもしれません。
(2)約束は忘れられ(「はや」は非常に主観的なおもいをもろに出してしまうため不要)は良いフレーズですねえ!緑の季節、とくに季節、がちょっともったいない感じがします。季語を推敲すると絶対良くなりそうです。いずれにしても青春性が強い、若々しい俳句ですね!

(1)鷺草の今にも天に翔けらんと  しんい(女)
(2)開け放つ窓てふ窓や避暑の宿
(3)毛虫焼く背なもぞもぞとこそばゆく

 「こそばゆく」なのか「こそばゆし」迷いました。宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 いずれも非常に五七五のなかでの因果関係が強く説明的と思われるかもしれません。
(1)は鷺草の「鷺」の字から、天に翔る姿を連想するのは並。羽ばたく鷺に似ているから鷺草なので、これは名前の説明に終わっています。
(2)も避暑の宿、ということから暑さをしのぎに来ているところ。そこの窓が開いていて風通しが良いのは並。
(3)が若干世界が離れていますがそれでも毛虫と背中がこそばゆい感じはさほど飛躍を感じません。
 ちょっと厳しいコメントになりましたが俳句は「不即不離」が基本。「不即」のほうを意識してみてください。

(1)プール開き子らは泳がず跳ねてをり  えんや(60代,男)
(2)午前五時妻と二人の草むしり
(3)草むしり日課となりし破れ軍手

 毎日が雑草との戦いです。宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)プール、子ども、泳、などちょっと言葉のカテゴリーが狭い感じで意味を追いすぎた句作りになっています。プール開き+(プールで)跳ねている子、それだけでよさそう。すなわち「泳がず」が非常に作者の「プールとは泳ぐべきところなのに(、跳ねているだけ)」という思いを直接に言い過ぎています。
(2)早起き夫婦。かっこいい。午前五時、が寝坊の僕には意外!
(3)破れ軍手の草むしり、で充分、日頃から草むしりを習慣とされていることが分かります。これは「日課となりし」が説明的。


2007年6月28日

(1)麦の秋ぴんぴんころりと逝きたい日  遊雲(70才以上,男)
(2)あにいもと種ぷっと出す父の真似
(3)梅雨曇りアカペラを聞く女一人

 一念発起、この1月から句作を始めて半年、あれこれルール」が気になりかけてます。が、朝日新聞の脳トレには俳句がよいという記事を読み気をよくしています。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)は元気である日にコロリと倒れてあの世に旅立ちたいという句。ご長寿ならではの諧謔ですが、闘病などせず、世話されず旅立ちはすっきりとしたいと思うのは人間の心理でしょうか。僕はまだ30代なので腹の底からこの句の意味が分かってはいない未熟者ですが、うーん、こういう句をお知り合いに見せられたらその読者はさぞ困惑の苦笑いでしょうね。「逝きたい」という言葉は違う言葉に変更してみてください。
(2)西瓜を食べているときの景ですね。季語が欲しいです。ぷっと出す種や○○○○父真似て、などとしてあにいもとはせっかくですが外したいところです。
(3)これは常識的。もう一つ発想を飛躍して非日常的な不安定に持ち込みたい。「梅雨曇り女ひとりがアカペラを」とすると、ちょっとした事件の匂いがします。

正統の腹式呼吸ウシガエル  北野元玄(60代,男)
 デジャブとブランコ、そしてイノヴェーションの句についてのご診断、ありがとうございました。一応、これらはこの辺で打ち止めにして、なお今後の宿題とさせてください。これらの語句を使って、もっと素晴らしい世界が広げられるかも知れません。ところで、6月のクリニックもそろそろ終わりですね。まことに残念です。またお話ができれば幸いです。最後に一物ものですが、上の一句を診てください。よろしくお願いいたします。俳句研究6月号と泉こぼの発刊発売を楽しみにしております。どうかお元気で。
ドクター塩見の診断と処方箋
 いろいろとお便りありがとうございました。一物のものもおもしろいですね。僕もときどきはこうして真正面から対象に迫ってみることもやっています。まだ表芸ではありませんで、ファームで鍛えていますが、いずれ一軍のローテーションに入るような技術を磨きたいです。
 頂いた句は一物としてはやはり腹式呼吸とウシガエルが近い感じです。正統の、というフレーズにある種の狙い、を感じはしますが、やはり蛙と腹はすぐに連想が結びつきやすく、あたらしい目の付け所で一物を仕立てたいですね。一物はやはり目の付けどころが命。

(1)東京の梅雨入や列車地に潜り  文の子(60代,男)
(2)自転車の前後に子供梅雨晴れ間
(3)梅雨の雷世界遺産をネットにて
(4)老鶯の四方より箱根七曲
(5)若葉風露天湯の塀透けてゐし
(6)ヒマラヤの芥子蒼空を切取りて

 宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 たくさんいただいてますので寸評でお許しを。
 いただいた句の中での着想と表現のバランスとしては(2)が眼付け面白く、なおかつ無理ない表現。とくに「前後に子ども」とすっきりと3人乗りの自転車のお母さんのバイタリティーを示しています。
(1)東京の梅雨入り、関西に棲む僕にとってはハッとするのですがこれは僕だけかも。地下鉄と梅雨入りとは合いすぎかもしれません。
(3)はやや逼塞した感じを陳べるのにPC世界に没入するのは平凡。
(4)箱根七曲がり、という地名は面白いが、老鶯が鳴く、と言う叙述は説明的になりすぎる。
(5)露天湯の塀が透けているのはまずい。
(6)全体的に言葉のつながりが強引で独善的表現。

(1)月涼し不夜城となる孫の部屋  れい(70才以上)
 今の若いこの風潮でしょうか?預かることになり戸惑うことばかりです。
(2)カーテンを閉ざさずにいる夏の夜
 「夏の夜や正論ばかりの人といて」をなおしてみました。実は夫があまりにも正論を言うものですから腹立ちまぎれに作ったものです。鬱陶しいと思ったことは事実ですが確かに季語とはあいませんし、おっしゃってくださったことは納得です。やはり心静かにでなければいけませんね、反省しております。今度のもそのままで詩情も何もないのですが、前のよりは平安があるかなと思いましたので。よろしくお願いします。とてもよくわかるので嬉しいのですが、果たしてちゃんとできるとは限らないのですが、失敗は恐れないで行こうと思います。
ドクター塩見の診断と処方箋
 お便りありがとうございます。僕自身、俳句の何かが分かっているわけではなく、思いのままに書き散らしているのが今回のクリニックです。参考になる部分だけ参考にしていただきたく・・・。
(1)ほんとうに最近の若い人、寝ないですねえ。僕も若いつもりでしたが、高校生などと合宿に行くと僕の方が先にダウンします。ずーっと電気つけっぱなしのお孫さん。部屋には今風の音楽がながれ、漫画が撒き散らしてあって、ゲームを・・・、という展開ですね。しかしこうなると、若干社会批評の意識が強くなって、諷刺的。俳句と言うより川柳に近づいている感じです。
(2)雰囲気がとても良い句で夏の夜の余情もたっぷりですがもう一ひねり欲しいですね。もう一ひねりとは、たとえばカーテンを閉ざさずに、カーテンの変わりになにかを窓に入れている光景。外からの景をカーテン代わりに窓にはめ込みたいですね。


2007年6月27日

左利き声まで似たり心太  三郎(70才以上,男)
 「子のしぐさ音まで似たり心太」に少し手をいれましたがよろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 ああ!左利き!それは遺伝しそうですね。実は僕は左利き。やっぱり息子も左利き。この左利きだけで勝負したいなあ。もう声はいらない。「声まで」の「まで」が特にうるさいから。オーバーに三代続けて左利き、でも良さそうだし、女系で左利きとしてもおもしろそうだし。がぜん、左利きと心太は、感覚的なところでも響き合いそうで、名句に育つ予感がします。

(1)梅雨晴れ間野外来ライブのリハーサル  藤井茂子(60代,女)
(2)五月晴れ算盤はじく主の目
(3)円卓で漬物談義梅雨晴れ間

ドクター塩見の診断と処方箋
 発想のひやくとは必ずしも派手な表現、奇抜な表現でなくても面白い句になります。
 たとえば、(3)。この句は面白いですね。まずなぜ円卓なのか、普通の家庭にはあまり円卓がないですよね、これはちょっとした御茶屋さんかレストランでしょうか。そこで久々の梅雨晴れ間、主婦達が集って、今年の夏野菜についての漬け物談義を長々。とくに他愛のない話ですがそれをひたすら「談義」にまで及ぶところが度を超していて愉快。そういう意味では(1)はなぜ梅雨晴れ間にそれを行っているのか、明確すぎて面白さは劣ります。並。
(2)は主の目、までが、言い過ぎたかんじ。五月晴れのそろばん、というのはなかなか乾いた感じでいい音がなりそうです。これだけで充分意外で発想の飛躍に富んだ展開になりそう。

(1)田植え靴の泥乾くまた乾く昼  豊田ささお(70才以上,男)
 昨日、公園の自然生態園で古代米を植えました。水不足のまま・・
(2)神頼みかんかん照りに田を植えて
 「蜘蛛の糸少年は吊橋を架け」へのご診断有難うございました。いま思い出しましたが祖谷の蔓橋を謡った民謡に「・・蜘蛛のゆのように、風もふかんのにゆらゆらと・・」と、ありましたね。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)このひつこくくりかえされる「乾く」のリフレーン。しかももう一つリズムも作り切れていないのですが、それがこの句の良さ。独特の雰囲気(不安感・不快感)を作り出しています。こなれたリズムでなく、このようなリフレーンは滅多に見られないので逆に印象的。ご説明なくとも水不足の不安感が少し出ている感じです。佳句とおもいます。あとは「田植え靴」という言い方が成立するかどうか、ですね。
(2)神頼み、が少し言い過ぎた感じ。ただしかんかんでりに田植えして(田を植えて、はちょっと無理のある言い方。苗を植えるんだ、と言われそう・・・)はもう神頼みの匂いがプンプンするフレーズなので、読みが多様に広がる要素がないのが辛いところ。田植えまでの動作を入れず「かんかん照りの田に」ぐらいで景の描写で止めたいところですね。

(1)星を見に出でて蛍に見惚れたり  うさぎ
(2)窓際に牡丹座って主待つ
 雲が多く、星は見えず、大人も子供も、蛍を追いかけ始めました。ストレート過ぎますでしょうか?
(3)夜店の灯ひよこの軽さ暖かさ
(4) 夜店の灯最中で掬う命かな

 先生の診断、皆さんの作品、とても勉強になります。自分の俳句となると、いいのか、悪いのか、まったくわかりません。診断お願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 うさぎさんの句、どれもちょっと着想が面白く、良い感じ。ところがそう思えば思うほど、言い過ぎた表現が気になります。たとえば、
(1)は星を見に出たはずがたまたまの蛍との遭遇。ここまではとても素敵。でも座5「見ほれたり」が言い過ぎてしまって損。
(2)窓辺に牡丹が座る、それだけで充分世界を作っている。座っている理由の「主待つ」は言い過ぎ。
(3)夜店の灯の中のひよこは詩的。それを軽さや暖かさで表現するのは平凡。
(4)命かなは?のつくフレーズ。まさか金魚すくいではないでしょうから、これはやや思いが先走った表現で独善。
 ざっと述べましたが、一部推敲すればどれも素敵な句に変身しそうです!

(1)蜘蛛の囲に大穴あけしチワワかな  小口泰與(60代,男)
(2)ルピナスや未完の塔の前山寺
(3)水落つる湧き出づ如く岩燕
(4)日雷仔犬の牙の鋭しや

 よろしくご指導願います。
ドクター塩見の診断と処方箋
 頂いた中では(2)が面白く感じます。ルピナス、調べましたら別名「昇り藤」というマメ科の植物。僕は植物に疎いので、こういうことを教えてくれる句が大好き。しかしあまりルピナスは知られていない草かもしれないですね。もしこの草がメジャーになれば、こういった寺院との取り合わせはとても素敵で共感を得やすそう。「未完」でなくても「塔」とは充分美しい取り合わせです。
(1)は滑稽、なんだか蜘蛛の囲とチワワの大小関係が一瞬戸惑うほど漫画的。
(3)比喩が平凡。
(4)日雷が取り合わせとして突飛。

父の日は子の高いびき聞きて暮る  きなこ(50代,男)
 塩見先生、いつもありがとうございます。この句、そのまんまです。でもこれが幸せなんでしょうね。
ドクター塩見の診断と処方箋
 うわあ、素朴。句の善し悪しはともかく、子育てまっしぐらの僕にとってはこの句はとてもよく分かります。もっとも僕の場合は父たる自分の方がさきに「高いびき」ですが。僕の生活は落語的・川柳的ですね。頂いた句は「聞きて暮る」のあたりにもう一つ展開があってもよさそう。でも結構難しいので「○○○○○父の日の子の高いびき」という方向での推敲がよさそう、とも。

(1)子つばめの飛び立ちしこと日記帳  悠(70才以上,女)
(2)小さき指追い行く先に蟻の列
(3)涼風や薄くなりたる髪を梳く

ドクター塩見の診断と処方箋
(1)は危険なフレーズ。何がって、それは「日記帳」という座五。かつてのキャッチコピー「・・と日記に書いておこう」という感じではないですが、こうしてしまうと、上に何を置いても成立してしまう。子つばめの飛び立つ、という感動的な内容も日記にしまわれてしまうと個人的な感傷で読者に届きにくくなって損。
(2)子どもが無心に蟻と戯れる景も意外によくあるのであとひとひねりほしいところ。
(3)「薄くなりたる」が説明的。こうなると老境の寂としか読めなくなる。涼風が効かない展開。


2007年6月26日

燕の子妻より可愛い娘五つ  岡野直樹(40代,男)
 いつもありがとうございます。「風邪をひくと離婚したくなるいつも」は、「せきをしても一人」の生活の方がましかと、真剣に思ったりしていたのですが、そんなこと言われても困りますよね。今回もまだひきずっています。
ドクター塩見の診断と処方箋
 離婚したくなる、の句はすごかったですね。それは風邪と離婚の問題の次元が全然違うところから来るギャップの面白さ。今回頂いた句は、「燕の子」から「5歳の娘」への展開。やや発想の飛躍が少なく、そしてここからが重要なのですが「妻より娘がかわいい」という感覚は極めて常識的だと思うのです。したがって発想、および比較されるもののギャップがなく、平凡ではないか、という結論になります。

(1)水浴びてカステラ色に女子高生  裸時(30代,男)
(2)百合揺れてそれいけがんぐろデコレーション
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)が面白いですね。カステラ色、どんな色でしょうかね、安易に小麦色的な日焼けの描写には持ち込みたくないですね。ただ、水浴びて・・・女子高生はやや俗っぽいイメージなので「女子高生」を推敲対象にしたいですね。いずれにしても「カステラ色」はなかなか出てこない、それでいて魅力的なフレーズでかなり応用が利きそうです。
(2)それいけがんぐろ、まではおもしろい。百合の白との対比も見える。しかしデコレーションまではじけては意味不明になってしまう。そこが問題。

包丁の研いで窓辺に夏来る  えいこ(50代,女)
 宜しくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 この句の構造ではどうしても窓辺で包丁を研ぐ、という景を連想。ちょっとイメージとしては特殊な景です。普通は厨房で研ぐのではないだろうか、と思うからです。また包丁を研ぐときは砥石に集中してややうつむき加減です。そのときに目線の高い窓辺に意識が行くだろうか、と思います。したがって包丁を研いでから窓辺に、と展開するあたりが、読者にとっては突飛です。夏来たる、というのもこうなると漠然とした表現で、むしろ都議終えた包丁のきらめきに夏が来た、というふうな視点の焦点化がほしい感じです。

(1)草笛を仰ぎ眩しむ下校の子  萩原一夫(50代,男)
(2)屋根石に触るる南瓜の蔓の先
(3)ぐきぐきと水の音して西瓜切る

 ぐきぐきと水の音とは変でしょうか。
ドクター塩見の診断と処方箋
(2)がすっきりしていますが、南瓜のどてっとしたイメージから飛躍して、その蔓の軽やかさを感じて気分の良い句ですね!
(1)は「仰ぎ眩しむ」がちょっと分からない景。草笛をどうしているのでしょう?
(3)ぐきぐき、おもしろいですね。西瓜を切る重さをその水分をぐきぐきと聞いて表現する方法、素敵な眼付け。おもしろい!


2007年6月25日

(1)ギンギラの恐竜館や夏の空  せいち(60代,男)
 「恐竜博物館」なのですが、恐竜館で通用するでしょうか? 
(2)細胞のよみがへり行く滝しぶき
 宜しくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(2)がおもしろいですねえ。俳句の中で「細胞」なんて言う言葉、はじめてみました。遺伝子、などという言葉はしばしば主に若い世代の句でみるのですが、「写生」も顕微鏡を使った写生句なんて作ったら随分また面白そうな句ができそう。滝しぶきを浴びてすっきりしていく気分が良く伝わります。当世はやりのマイナスイオンとかいろいろいうよりこの句の方が圧倒的に優れています。
(1)「ギンギラ」というオノマトペがどれだけ効いているか、が勝負の句ですね。元来恐竜博物館は化石などが多く無機質な感じです。やや、どぎつく行きすぎて「夏の空」が取って付けたようになってしまっているのが難点と感じられます。

大きく「ノ」チョークで書くよ五月晴  穂波
 今日(6/17)付けのコメント、ありがとうございました。新しい句をお送りいたします。上五が唐突なので、「五月晴チョークで書いた大きな「ノ」」も考えましたが、落ちつきすぎるような気がしてこちらにしました。
ドクター塩見の診断と処方箋
 難しい句ですね。何がって?どうして「ノ」なのか、そこに読者が入り込めないから。大きく「一」ではだめですか?あるいは五月晴れ、と言う季語から「日」ではだめですか?こういうとき表意文字の漢字なら、そこになにかの雰囲気をかぎ取ることができるのですが表音文字のカタカナの場合はその言葉の響きだけが頼り。しかし「ノ」はそんなに明るい音でもないし、どちらかと言えばナ行はウェットで、O段はくぐもった感じの音。そこが五月晴れの気分とどうもうまくいっていないと思うのですが。

ねじ花の左巻きなどありません  ねぎよしこ(70才以上,女)
 「今を今見つめていても霧の中」のご指導分かりました。有難うございました。
ドクター塩見の診断と処方箋
 うーん、「そうですか」と読まれて終わってしまいそうな句ですね(笑)。しかしほんとうに左巻きないのかな、とも思ったり。ちょとこれは意味が一通りの句なので、広がりがない感じ。そこが残念。「ねじ花の左巻き」はちょっと食指が動くフレーズなのですが。

(1)少年に翼を呉れし夕日かな  学(50代,男)
(2)新緑や海を真近に発電所
(3)さりながら女は汗をかかぬもの
(4)露地行けば風やはらかや祭りあと
(5)周到なアリバイのはず夜光虫
(6)白シャツ裂けて灯台に真向かひぬ

 ご教示を。
ドクター塩見の診断と処方箋
 たくさんですので寸評でお許し下さい。好みの順に。
(4)が派手ではありませんが祭りのあとの余韻がたっぷり。
(2)はおしゃれですがやや「新緑」「海」「発電所」と材料が多く三段切れの匂い。
(6)ワイルド。破れたシャツを着た男が灯台を前に腕組みの図。
(1)「夕日かな」が曖昧。これ以外のフレーズでもっと佳くなる句。
(5)難解、やや独善的。
(3)バレ句的な読まれ方をしそう。

(1)四葩咲く四色(よいろ)のボールペン手にし  文の子(60代,男)
(2)関取は日向取的片陰に
(3)野球帽好きなタレント梅雨の入

 宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 今回頂いた3句は随分軽いタッチ。それぞれ見どころがあって愉快ですね。
(1)よひら、と4色ボールペンは「4」つながりですがちょっと意外。3色まではぼくも持っているのですが、4色ボールペンはすごいですね。
(2)「日向取的」が少しわかりにくい。関取が片陰にいるだけで充分素敵。
(3)この句も目の付け所がよい感じですが「梅雨の入」が果たしてどこまで必然か悩む。野球帽はやっぱりはれている空のもとに映えそう。

(1)病葉や川鵜みちたる利根川原  小口泰與(60代,男)
(2)水鉄砲小犬の牙の鋭しや
(3)河鹿鳴く手に流速の魚野川

 よろしくご指導願います。
ドクター塩見の診断と処方箋
(2)が面白い眼付け。水鉄砲を小犬の口元に撃っている、小犬も嬉しそうに水鉄砲の水を飲んでいるのですね!「鋭しや」という決着が不満。小犬の牙をきらめかせ、とかそういう明るい方向へ持っていきたい感じです。
(3)手に、が少し難しくしています。手を川に浸して流速を感じているのですかね。そうするとこの中下は意外に詩的で派手なフレーズ。「河鹿鳴く」とぶつかり合ってちょっとお互いに主張しすぎている感じがします。
(1)平凡


2007年6月24日

(1)刺虫の勇んで国会議事堂へ  満山(60代,男)
(2)青鷺の一瞥非行少年へ
 勢いで作り、その後あまり推敲しませんが、(1)は考えてみました。如何でしょ う。
ドクター塩見の診断と処方箋
 「刺虫の勇む」風体は擬人的な捉え方ですが、おもしろい。ただその戦期が国会議事堂となると、擬人法を越えてなんだか刺虫というものを使った諷刺ととらえてしまいそう。これは国会議事堂というものを持ってきた結果が、明らかにマイナス要素として働いてしまった感じ。
(2)青鷺と非行少年の取り合わせは意外、そして意外に良いかも。ただし「一瞥」というのはやや批判めいた眼差しなので、ここに強い主観を感じる。このフレーズでダメにしている、と思いますよ。

(1)お田植の田に待ち合わす合言葉  菊美(60代,女)
 お世話になります。「待ち合わせお田植神事の舞台裏」の添削のお言葉お借りしました。ありがとうございます。
(2)行く先はナメコロジーの宇宙船
 又来週、待ち合わせ決めました。「銀の道ナメコロジーの行く先は」はナメクジが季語と思いましたが、ナメコロジー良いのですね。国産の何倍も食するアメリカ産と教えて頂きましたが、後は宇宙にでも行くのでは?困りますね。宜しくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)「合い言葉」、一読後は「?」という感じでしたが、何度か読んでいる間に、ムラ社会の約束事というか、そういう閉ざされた集合体の言葉、と見たとき、神事ならではの独特の匂いを感じ出しました。田だの合い言葉ではない、なんだか口伝での伝承された合い言葉のような、そんな面白みを感じます。
(2)は難解。ご説明を頂いて作句意図を理解しましたが、このままではやはり「宇宙船」が突飛すぎます。

(1)入り口に目高の大甕三絃屋  藤井茂子(60代,女)
(2)玉簾観音開きの西の窓
(3)湿原にピザの煙突花あやめ

ドクター塩見の診断と処方箋
(1)が抜群に良いですね。メダカの入った大甕の置いてあるお店。静かなたたずまいで素敵。
(2)はやや理屈。観音、西、いずれも仏教的な用語で知に傾いた読みに走りそう。
(3)ピザの煙突、良い発見ですねえ!僕もすっかり真似したくなりました!花あやめとの斡旋も良いし、あとは湿原の、ともうひとつ材料を入れる必要があるかどうかですね。僕はやや三段切れの匂いをかんじさせられました。これは不要で、ここにはピザの煙突を修辞するフレーズで十分かと思います。

(1)指人形ぴったんカバン青すすき  裸時(30代,男)
(2)苺あめヤブから穴に浅い夜
 「指人形が入ったカバン青すすき」と「苺あめヤブからポンと浅い夜」を推敲してみました→難しかったです→
(3)ソレラシド自重の空気羽蟻立つ
 ネットで自重っていう言葉をかなりの数みましたのでつくってみました→
ドクター塩見の診断と処方箋
 うーん、1、2ともに前作の方に軍配。「ぴったん」ではちょとぞんざいになった感じだし(オノマトペは概して、うまくいかないときは安直、ぞんざいととられやすい)、「穴に」も句を難解にしてしまった感じ。
(3)ソレラシド、が音階のようですが、中下の世界とうまく共生していない。取って付けたようになっているのが残念。「自重」って科学的な用語ですね。少し食指が動くフレーズですが、理屈にならないように句を運ぶ配慮が必要そうな言葉です。

(1)青いブラウスぼくはいつからぼくたちに  汽白(40代,男)
(2)夕焼けの露台をさがしたりしたり
(3)待っていた四十年ほど植田かな

 いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 いずれも狙いのフレーズを使っての果敢な試みとお見受けしました。特に(1)「ぼくはいつからぼくたちに」というフレーズは出色と思います。ただし「青いブラウス」、ブラウス、ってだいたい女の人の服ではないでしょうかね。ここが難点。「ぼくは・・・」のフレーズが何となく戦後民主主義などへのイデオロギー的憤懣のふれーずなので男臭く、びしっと決めたいところです。
(2)「〜したり」という当世風の言葉。夕焼けの露台、がちょっと難解。
(3)「待っていた」という語を上5に持ってきて、さて何を待ていたのか?と思わせるフレーズ。中下のフレーズをいっぱい作ってみたらもっとっユニークなものができるかもしれません。

(1)悩みごと何にもなくて豆ご飯  雀子(60代,男)
(2)荒梅雨に艀のくぐる大正橋
 よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)悩み事が何もない日の豆ご飯、美味しそうですねえ!何もない、ということによって、実は日々、悩み事がしょっちゅうある作者の特別な日の悦びをしっかり見せています。単純ですがけっこう良い感じの句だと僕は思います。
(2)艀のくぐる橋!おしゃれ。名前も大正橋、しっとりとして良い。あとは「荒梅雨」がどこまで効いているかですね。この季語以外にもう少し、違う形で良いのがありそうな気がしますが。現状、これがベストですね!この句も素敵。

(1)誘われてさそわれ上手苺狩り  れい(70才以上)
 「さりげなき誘い上手と苺狩り」を先生にヒントを頂いてこのようにしてみました。たしかに「さりげなき」はいらないと思いました。有難うございました。これがしつこいかなとも思いましたが。思いついたままにです。
(2)不可解な角度の地下道走り梅雨
(3)善し悪しもプラスマイナス生ビール

 「善悪も」と迷いました。よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)ああ、リズムといい、世界といい、随分軽くなりました!これでいきましょう。
(2)不可解な角度とは?そこが謎なまま終わってしまうので、ちょっと読者は消化不良。
(3)善悪・プラスマイナス、意味の膠着を感じます。たとえば、「善し悪し」を「ビールとビールの泡」でいうぐらいの飛躍がほしいところです。

(1)黒門の宗家を訪わば玉の汗  藤井茂子(60代,女)
(2)青梅や間口の狭き野菜屋に
(3)繰言の許される居間夏至暮るる
(4)バンダナを捻り巻きして氷掻く

ドクター塩見の診断と処方箋
(4)が夏祭りの夜店のワンスナップのようで、勢いがあり面白い。バンダナ、というところから、無頼な若者か、ちょっと世の中に斜に構えて生きている男を連想します、普段はそうであっても、こういう祭りの時は人一倍がんばる好漢!
(1)も「黒門」がどういう場所か?まさか黒門市場ではないと思うのですが、京都にある地名ですかね?そこの習い事?の宗家を訪ねている様子。宗家、ということばから風情ある夏座敷のなかで玉の汗をかいているのですが、上品で清潔感ある句。
(2)「野菜屋」の決着が不満。
(3)居間、はくつろぎの場所故、これは説明。


2007年6月23日

別れきて星の匂ひの髪洗ふ  sa(50代,女)
 はじめまして!宜しくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 とても素敵な句。与謝野晶子等の「明星派」の短歌にありそうなぐらい、ロマンチックで女性的。別れ、星の匂い、髪を洗う、いずれも恋句の匂いの女性的なフレーズがきらきらと句の中で輝いているから。この句は現代女子高生などに見せても十分通用するぐらいの若さを感じます!甘い句は概して苦手ですが、この句は意外に甘くない、さっぱりとした抒情ですね!

新玉をきざみて純情装へり  拓人(50代,女)
ドクター塩見の診断と処方箋
 面白い句ですね!今年は僕もたくさんたまねぎの句を作ったのですが、僕が作ったどの句よりもこの句は素敵だなあ。お金で買えるのなら買いたい句です(笑)。ほんとうに良い句を見たら嫉妬してしまうのですが、頂いた句もそうです。玉葱ってどうもある程度の人生の辛酸の感覚とあうんですよね。新玉葱を新玉、と略して良いのか、という問題を除けば、この句はとても素敵。人生の辛酸の味、中年世代ファン投票一位とも言うべき玉葱に「新」がついている言葉の矛盾、その中年感覚を「純情を装う」という爽やかな言い方で裏から言うアイロニー。読めば読むほど益々好きになりそうな句です!

かたつむり五十二階のイタリアン  えいこ(50代,女)
 田舎のねずみ改めます。よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 イタリアン料理でもエスカルゴはあるのだろうか?とそんなことを考えてしまいました。五二階、とてもではないですが、そこに生きている自然の蝸牛を想像するのは困難。ちょっとこの句は五十二階という場所も含めて、やや突飛なかんじがします。

年金の60年前の証拠お墓ですよ  ねぎよしこ(70才以上,女)
 年金国会うの目たかの目老脳痛めるこの頃、とらぬ狸の皮算用です。先生の皆様方の批評、感心して勉強させられてます。
ドクター塩見の診断と処方箋
 困りました。季語がない・・・。ま、季語云々が俳句の決定打ではないかもしれませんが、この句は「60年前」すなわち、敗戦、と言う意味で夏なのでしょうかね。しかし、余りにも社会に対して、あるいは社会保険庁に対してダイレクトに怒られている感じなので、ちょっと川柳の方に近い感じですね。

(1)畦道にきびす返せし蒲の花  小口泰與(60代,男)
(2)へら泛子のひこひこ沈み蓼の雨
 よろしくご指導願います。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)蒲の花が咲いている、そのなかであぜ道で(回れ右的に)きびすを返して元の道に戻っている、ちょっとしたドラマですが、なぜきびすを返したのか、蒲の花ではその辺の仄めかしがないので読み手が少し戸惑うかもしれません。やや叙情的な句なので、思い切って「蒲の花」で収まらずもう少し抒情を全面に出したいところです。
(2)へら泛子(うけ)、小口さん好みの言葉なんですね。星野ドクターの時の句にも「赤とんぼ」とのとりあわせのもの発見。魚釣りの浮きのことですね!しかし僕は「泛子」と「浮子」(うき)の差は分かりません。わかるのは小口さんが「漢字博士」だなあ。ということだけでした。

蛇時間避けて草むら棒わらび  ねぎよしこ(70才以上,女)
 「人人さくらのトンネルこわいな」の批評鋭い指摘再度学ばせて頂き有難う。仲間に無視されたのですが花祭りで財布をすられた事で人間の悪の切なさやりきれなさを感じたので。
ドクター塩見の診断と処方箋
 頂いた句はちょっと独善的な表現に陥られている様子。蛇が時間を避けて草むらにいる、というところは見どころがあるのですが、棒わらび、をつけてしまったところが難点と思います。上中だけで勝負したいところです。
 「さくら・・・こわいな」の句は、頂いたご説明を読むと、具体的な体験談からなのですね。でも僕はその体験のイメージよりも、原風景的な読みの方で魅力を感じました。こうなると作者の作句意図からは離れていく句ですが、作者は勇気をもって時分の作品が世の中でいろいろに形を変えて成長していくのを見守るよりありませんね。

(1)白詰草大志の頃に還りたし  岡野直樹(40代,男)
(2)白詰の城址公園通り過ぎ
 前回の「白詰の敷き咲く上の十五歳」の、変形です。本当は「十五歳」を「四十五歳」で作ろうとしていたのですが、「四十五歳」では暇な人ぐらいにしかならないかと思い、やはり啄木風の「十五歳」にしたのでした。ちなみに「城址」は膳所城のものです。
(3)蛍見に都大路を馳せ参ず
 褒めてもらってその気になって作ると、なんだかうまくないようです。よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)白詰草と大志の取り合わせは面白そう。「還りたし」は言わずもがななのでこれを絶対外すべきと思います。
(2)通り過ぎてはさえない。やはり啄木を匂わせても前作の15歳の句の方に軍配は上がります。
(3)蛍見の都大路、それだけでいい。「馳せ参ず」はやや説明に向かっています。おおかた、下五に動詞を入れると述語的で説明に近づくのですが、頂いた3句はその典型。注意が必要。

(1)草むしる年金毟り取られゐて  文の子(60代,男)
 ご注意頂いている駄じゃれが気になります。「草引きぬ年金むしり取られゐて」でしょうか。
(2)柚の花や塀に一筆書きの星
 「〈柚の花や一筆書きの星とせし〉は星の下に「おしえ」とか「とせし」などと動詞が来るので句が全体的に締まらない」は勉強になりました。
(3)新樹光接骨院の並ぶ道
 6/13のご診断有難うございました。また、「児の靴の綻びそめし走り梅雨」は投句漏れと思い、再度お送りして申しわけありませんでした。「裸木や接骨院の並ぶ道」を掲句に致しました。如何でしょうか。
(4)入梅やメタボリックな首都の猫
 6/14のご診断有難うございました。「今回の推敲作は、やや意味を限定にかかる方向へいってしまっている様子です。作者主体の「こう読め!」という感じに陥っています。」とのご注意は以前受けたことでして、申し訳ありません。「東京はメタボリックの増へて梅雨」を改め案した。
(5)千の風わたる故郷麦熟るる
 「麦秋や万の日呼びし千の風」の数字遊びをやめました。
(6)万の陽を浴びてサンノゼ麦熟るる
 「麦秋や万の日呼びし千の風」改作その2です。知名度の低い地名とのご指摘を受けそうですが、カリフォルニアの麦秋に圧倒されたことを思いだしました。
ドクター塩見の診断と処方箋
(2)(3)が抜群に良くなられましたねえ!!これ、ベストと感じます!句会で見たら選の対象!
(4)も雰囲気になってきた感じ。「首都に猫」とメタボリックははっきり首都の修辞としておきたい。
(6)「万の陽」がやや独善ですが、以下の異国情緒が少し句の雰囲気を保っています。以下は若干難があります。
(5)流行のフレーズ「千の風」ですが麦と合わすと平凡。
(1)駄洒落以下です。この句もむしり捨ててください。

(1)滝に目を凝らせば崖の上がりけり  文の子(60代,男)
(2)磴五百滝壷に来て顧みし
(3)滝岩を爆す雨垂れ石穿ち
(4)身を縮め片陰歩む力士かな
(5)迂回路の迷路となりぬつばくらめ
(6)辻褄の合はぬ釈明額の花
(7)草引きぬ問題なほも拡がりて

 宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 頂いた中では(4)が若干の面白みを感じますが「身を縮め」までいうと言い過ぎている感があります。以下、たくさんの句を頂いてますので簡単に寸評を。
(1)目を凝らせば、は不要。こういうのは作句時の姿勢であって「それを言っちゃお仕舞い」のフレーズです。
(2)「磴」は「ます」と読むのでしょうかね。いろんな辞書を探し回ってようやく辿りついた漢字。文の子さんは漢字博士ですね。俳句を読む以前に労力を使い、俳句批評不可。
(3)普通。縛したり垂れたり穿ったり、は垂直に落ちる水滴を表現するのに並。
(5)迂回路が迷路みたいなのも並。まっすぐ飛ぶ燕とも取り合わせの意図が見えすぎる。
(6)釈明は言い訳に近いので、つじつまが合わないのは普通。せっかくの額の花もここでは救いにならない。
(7)生命力逞しい草を引く、しかし雑草のように問題はどんどんとはびこっていく、という読みに偏りそう。ややメッセージがダイレクトすぎる。


2007年6月22日

(1)キータッチ雨かと思う合歓の花  はね(40代,女)
(2)ハモニカの鳴らない明日雲の峰
(3)紫陽花やどっちつかずの野球好き
(4)青嵐鉛筆を尖らせて待つ

 よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)はやや三段切れの感じ。キータッチをしている、ふと窓の外を見ると雨かと思う、それは合歓の花の色だった、とそういうふうに読まれてしまいそう。それぞれのフレーズは素敵なのでもったいない。「雨かと思う」という把握が「合歓の花」一方向に読まれやすい構造だからと思います。したがって、僕なら「合歓の花 雨かと思うキータッチ」と逆にして、「屋外では合歓の花の咲く時分、屋内で雨のようなさらさらとしたキータッチをしている」人物としたいところ。
(2)世界はきれい!詩的な香りが漂いますが俳句としては「明日」が難解な方向へ句を運びすぎたような気がします。もっともこのフレーズが作者の狙いとお見受けしていますが、この辺は読む人によって賛否が分かれそう。僕は懐疑派です。
(3)これもおもしろい!ですが「どっちつかずの」がどう読めばいいのか、ちょっとなやむ。人気を二分する巨人・阪神どっちつかずのファン、と言うような意味か、サッカー野球どっちつかずという意味か・・・。ただし俳句で「野球好き」何て言う言葉はじめてみました。僕も使いたくなる語彙です!
(4)やや平凡。ただし、はねさんの句はいずれも詩的で言葉への冒険心も高い。そして、見せ場を用意して、その賛否を読者に問うてくるような迫力を感じます。かなりの手練れ、あるいはかなりのセンスの塊、と敬服しました!

枝払ふをとこの腕意地を見せ  しんい(女)
 いつも有難うございます。「勢いづいた生命力との戦いに齟齬を来している」とご指導の句、座五を入れ替えてみました。腕がたくましいのは当たり前かと思って・・・同じみたいですが、お願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 うーん、おっしゃるとおり、「男のか細い腕」を推敲するのに「男の意地を見せる腕」は意味的には逆ですが、俳句として狙う眼付けとしては同じカテゴリー(範疇)なのです。男の腕に意外な発見をしていただきそれを表現していただければ。

(1)帯締めてハラビロトンボ干され川  豊田ささお(70才以上,男)
 「ジュンサイや亀の昼寝を真似ようか」へのご診断有難うございました。「ジュンサイや逆様池の亀昼寝」ではどうでしょう?
(2)亀の子は起き親亀は寝る岸辺
 アメリカフウの句へのご指導有難うございました。もう少し考えて見ます。「幸せの来ないフレーズ」という言い方は嫌いではありません。念のため・・・
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)「ハラビロトンボ」面白い名前ですね!干されちゃっているのが少し残念ですが。「帯締めて」とそれを見ている人(作者自身)でしょうかね、この「帯締める」ということも現代では非日常なので目立つ世界。できればハラビロトンボが主役の句にしたいので、もう少し上五は日常的な世界の方がよいかも。ちなみ亀昼寝の句の推敲、面白いですね。「逆様池」はちょっと幸せの来そうなフ レーズです!
(2)「ジュンサイや逆様池の亀昼寝」のほうがずっと異化された世界を築けていて、しかも不条理な匂いもして面白く、こちらはやや説明がくどい感じの句になっています。

(1)雲の峰煙の中の花火見る  裸時(30代,男)
(2)洪水をそんな魔法を飲んでみる
ドクター塩見の診断と処方箋
 裸時さんの句がだんだんしなやかになってきた感じです!すごく力が抜けてきてちょうど良い不可思議世界を作っている感じ。布達いただいた中では(2)が素敵ですね。「洪水を」という置き方が抜群。魔法を飲む、という不可思議なフレーズを「洪水をそんな」という冠語を重ねることによってまったく自然に読者に運んでくる力はただ者ではない感じです。この句は句会で見たら選の対象にします。最も季感は限りなく薄いのですが。
(1)昼の花火?というイメージで、これはやや現実世界的な把握の上で読まれてしまい、矛盾を読者が感じてしまいそう。雲の峰、花火、ともに季語ですので、雲の峰を外すところからの推敲となりそうです。

(1)バラ一輪彼の岸にいて見たという  れい(70才以上)
 「バラ一輪不思議な話しを音訳す」をこのように推敲してみました。作り事ですのでどうかと思いましたが?
(2)日傘して忘れっぽさを競いおり
 「夏の月夢中になれる話しあり」をこのようにしてみました。これはよくあることなのですが・・・
(3)月涼しドソミソ母の左ゆび
(4)夏シャツやスクランブルの交差点

 先生いつも有難うございます。(4)は上五の「や」が変かなと思いましたが良い言葉が見つかりません。よろしくお指導くださいませ。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)「彼の岸」という言葉から「彼岸」を連想。なんだか臨死体験のような句。これは前作とは全く違った句になりました。ふしぎで、ややオカルトめいた句ですが、「薔薇一輪」のあでやかな世界がうまく救っていて、こういう句が好きだ、と言う人は必ずいそうです。僕も加担します!
(2)忘れっぽさを競う、という滑稽感には「日傘」以外に、もっと良いシチュエーションがありそうな気がします。
(3)月から音楽へ、そして、それを音符で言う形は残念ながら平凡で、月から母、母から音楽への発想も飛躍はない感じです。
(4)おっしゃられるとおり、なんだか「夏シャツや」は取って付けた感じですね。「スクランブルの交差点」自体もこういうフレーズは良くあるので悩ましいですね。「や」を「に」に替えると、少し気分が変わりそう。夏シャツの図柄になりそうですが。「は」にするとずばりなんだかスクランブルの交差点まっただ中にいる気配を夏シャツが比喩しそう。「へ」にすると、夏シャツにスクランブルの交差点を取り込みそう。「が」にすると、交差点のまっただ中の自分を写生しそう・・・。と助詞一つで結構楽しい悩みができそう。あとは、好みですね。どうも推敲はそのあたりの「や」の代替の助詞を考えることが中心になりそうです。

(1)ほととぎす鳴くよ湖底に棲むものに  彩貴(女)
 友人と近くの山上湖へ行ったときの作です。先生の診断、毎日楽しみに読ませていただいています。
(2)闇に延ぶ回送列車蛙鳴く
 「回送の長き電車や蛙の夜」の推敲がなかなかうまくいきません。今度は「鳴く」が余分でしょうか?
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)時鳥というと、天高く鳴く鳥として、たとえば古典的な和歌なら「雲居」で鳴いたりします。さて、その時鳥が逆に湖底に棲むものに鳴いている、というのがこの句の斬新なところ。しかしその棲むものとは?この辺が曖昧なのが残念。
(2)蛙鳴く、は良いと思います!蛙鳴く闇に回送列車延ぶ、ぐらいにシンプルで十分ではないですか!もちろん頂いた句でもいいのですが、先に「闇に延ぶ」と主観的な把握を示しすぎているのが僕にとっては難で、せっかくのこの句の主眼ともいうべき「延ぶ」という言葉、できるだけ引きつけたところに置きたいだけです。

(1)浜木綿や白波巌を斜め切り  小口泰與(60代,男)
(2)雲の峰サーファー巌に立ち向かひ
(3)飛螻蛄の忽と消えけり岩魚消ゆ
(4)ひるがへる岩魚は今や岩の中

 よろしくご指導願います。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)は景は鮮明。洒落ではないですが岩を「斜め切り」する白波という絵のカッティングも良い感じ。浜木綿の咲く位置からの豪快な眺め。4句の中で一番雰囲気を持っている。
(2)は「立ち向かひ」が説明的。もっとも波でなく巌に立ち向かうのはちょっと意外ですが、それでも、説明的。
(3)二つの物が同時に別々な場に消えるのは面白いが。やや叙述に難。「忽と」が不要。「飛螻蛄(とびけら)」は面白い物を見つけられましたね。岩魚よりもこちらに目がいきます。
(4)「岩」のリフレーンが目立ちますが、考えてみれば清流の岩の下に棲む魚。「ひるがへる」ぐらいの動きでは目を引かず、むしろ魚名の単なる説明に終わった感。


2007年6月21日

(1)紫陽花の白く黙する昼下がり  ポリ(50代,女)
(2)栗の花ほじょほじょの糸からまって
 いつもていねいに教えていただきありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)うーん、紫陽花で句を作るのはなかなか難しいですね。僕自身も今月10句作って試していますが、距離感がつかめない。近すぎるのか余りにも取り合わせの悪い例に陥るような季が動くパターンになるのか。悩ましい季語です。紫陽花自体はとてもきれいなのですが。頂いた句、清楚でしっとり。白い紫陽花、それが黙する、ととらえていいのかどうか、おとなしい紫陽花の花だけに悩みます。ぼくは若干近い、ととらえましたが、どうでしょうね。
(2)おもしろいですね。ほじょほじょの糸は直接栗の花を見立てて詠んだフレーズではなく、栗の花が咲く頃、自分の手元の裁縫箱かなにかにとってあったほじょほじょの糸がからまった、とよんだのですが、それでも栗の花のあの花房の形態がどこか底辺でつながるようで面白い句ですね!

(1)6月の24階夜景美し  さくら(女)
(2)田植え機の音止みて村眠るごと
 パソコンが動かなくなり20日ほどご無沙汰してしまいとても気になっていました。ひよんなことで動くようになりましたが、6月からの処方箋がありません。さいわい21日の「わが生は時の記念日鳥たてり」の過分なご診断有難うございました。上句の夜景美し、は当然のことで報告のみでしょうか。適当な言葉がみつかりません。果たしてこの句が届いているかも心配です。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)が斬新。神戸に住んでいますと、こういった高層からの夜景はとても生活実感的。「夜景美(は)し」という直接的な言い方もここでは「美(は)し」がとても効いている感じ。
(2)田植機の音が止み、までは良い感じですが村が「眠るごと(ようだ)」はちょっとステレオタイプな村の捉え方のような気がします。ここが問題。

(1)なほ沖へ泳げり亡父の声を追ひ  文の子(60代,男)
 6/10のご診断有難うございました。私の父は存命ですが、60歳代前半の我々には「なほ沖へ泳げり父の後追ひて」をドクターに読んで頂いたような友人もいます。その友の心情を詠みました。亡父は「ちち」ですが良いでしょうか。
(2)松坂の打撃と泳ぐ子の自由
 「大臣の不自由泳ぐ子の自由」について「伸びやかで奔放なフレーズを不自由にしています」とご指摘頂きました。どうしても不自由さとの対比に傾き勝ちなのですが、掲句にしてみました。場面が離れていますが、片方は記憶という詠み方は許されるのでしょうか。
(3)沖に出で海の平らを泳ぎけり
 私の記憶にある沖は掲句です。
(4)滝壺のマイナスイオン浴びにけり
(5)滝壺や瞑りたる目を撮しゐて

 宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)結論から言いますと前作の方が勝っているように思います。「亡父」と言わずとも「父」で充分、なにかノスタルディックな感傷が含まれている俳句でしたから。それを「生きている父」か「亡父」かは読者に読みで任せた方がよさそうです。「声を追う」というのは心象的ではありますが、泳ぐ中の動きとしては不自然なので逆にこの句を難しくしそうです。
(2)「松坂の打撃」とはおもしろいですが、結構、松坂打撃も良いですよ。
(3)「海」でなく、もういちど「沖」を重ねてみるのも一考。ただし、ややレトリカルで平凡に傾く危険もあるが。
(4)マイナスイオンは面白いのですが、滝では普通。
(5)瞑る目が映っているのを撮し見ているのは誰?その辺りが気になります。

(1)入梅や恵みとなりしトラの顔  菊美(60代,女)
(2)入梅や被写体多くカメラマン
 宜しくお願いします。身内で唯一のトラフアン、次女にメールしました。いろんなかたホームページ見せていただきながら、自分には出来ないこと、植物の名前など沢山知りです。居ながらにして、学ぶ嬉しさです。
ドクター塩見の診断と処方箋
 たまたまですが、甲子園帰りです。野球覚えたての息子を連れて、あーしんど(笑)。楽天相手に1−0の展開も疲れます。
(1)どうも最近は入梅の雨が虎の恵みとなるような。しかし、この句は入梅の鬱陶しさを虎がいやしてくれる、という挨拶句ですね!
(2)「被写体多く」の多い被写体の一つを具体的に読んでいただいた方が楽しいものになりそうです!


2007年6月20日

心地よさゆりかごとなり五月晴れ  菊美(60代,女)
 お世話になります。籠猫ブログで、気持ちよさそうなの見ました。五月晴れ 梅雨の晴れ間に使う季語でしょうか?5月にまさに五月晴れと、アナウンサーの方いわれてましたが?
ドクター塩見の診断と処方箋
 そうですね、一般的には梅雨のあいまの快晴が五月晴れ。これが季語の本意。しかし、まあ、アナウンサーに目くじら立ててもしかたないですし。使われやすい方向に言葉は転がっていきますね。
 頂いた句、ゆりかごがその快晴の中。良い取り合わせだな!と思いました。できましたら「心地よさ」はもう充分分かりますので、そこを推敲して意外な物をゆりかごに見立てられてはどうでしょうか。

建増しに集うバーバや花あやめ  多弁(60代,男)
 明るく元気なばーさんたちをイメージしたのですが。
ドクター塩見の診断と処方箋
 面白い句ですね!出色の句です。「建て増し」きっともともとは、バーバのおうち。そこを二世帯住宅に。元々の部分は娘か息子夫婦に譲り、一番明るく玄関に近い南側に建て増しして、ご近所のおなじみさんと集っては茶飲み話。平穏に生きてきて、収穫期の晩年!毎日元気に四方山話に歓声を上げる花あやめのようなバーバたち。バーバといわれるからには話題としても幼い孫自慢を展開中!

(1)送信をポコンと押して梅雨の入り  遊雲(70才以上,男)
(2)トンネルを抜けてトンネル谷若葉
(3)田を植えて村の日本は美しし

 今日の俳句教室の題は「オノマトペ」でした。いざとなるとなかなかいいのが浮かびません。土曜日は久しぶりに亀岡まで「嵯峨野線」に乗りました。前回の「水無月や月も星座も三角形」は生菓子の「水無月」とかけたんですが、ひとりよがりでした。
ドクター塩見の診断と処方箋
 オノマトペ、難しいですね。たとえば(1)の句、ポコンはとても間抜けた音。これが良く効いていて、梅雨の入り時のうっとうしさをしばし軽くしてくれている。そこで・・・。僕なら送信の時の同じ音は「ペコン」というかな・・・。とか、そういう議論は不毛。オノマトペを新しく開発すること自体がすでに個性的なので、議論の余地がない。よっぽどの齟齬がない限り、好きずきに任せる部分が多いのです。僕自身がオノマトペにあまり関心を働かせなくなった理由はそこで、面白い句ができても次への余力がない感じ。ただし「一発屋」としてのパワーは存分に秘めている魅力はありますが。
(2)はAを抜けてAの修辞としては平凡。でも嵯峨野線の亀岡までのトンネルの多さ、よく分かります!
(3)古き良き懐古的俳句。しかし、今「美しい日本」と標語化している時代では多分に政治的な感じも。


2007年6月19日

井戸近く哀しみ遠くゆすらうめ  玉白石(50代,男)
 諏訪ではいろいろお世話になりました。初参加でとても新鮮かつ刺激的でした。この句では、「哀しみ遠く」が気になります。考える方向を教えていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 諏訪ではほんとうによいひとときを持たせていただきました。ありがとうございました。(あら?俳号はまだ玉白石さんですか?)頂いた句、ユスラウメがとてもよく効いている感じ。とくにその色彩が。井戸端で、ふと幼少の原風景にであったような、そんな「哀しみ」その「遠さ」はノスタルディックな回想に繋がりそうで、これは佳句なのではないか、と思います。近く、遠くの対句的表現もいやみなく効いていますし、中七はかなり勇気を持った表現ではないでしょうか。

日焼けして胃カメラ検査勧めけり  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 おもわず、クスリ、と笑わされるアイロニー。精悍なお医者さん。すごい健康的なオーラを漂わせながら、患者さんに深刻な病気の発見に繋がるかもしれない胃カメラを勧めている。ほんとうに日常的によくある不思議な、不条理な光景ですが、こういうことにふと気付けるから、俳句は素敵ですね。眼鏡掛けて、青白い顔をしたインテリ研究者風のお医者さんに勧められる胃カメラならそんなに面白くはないし、深刻になりそうですが。このお医者さんの胃カメラ、ノリで即日に飲んでしまいそうなブラックユーモアが沈んでいます。

蜘蛛の糸少年は吊橋を架け  豊田ささお(70才以上,男)
 昨日雑木林クラブで子どもらと、ツリーハウスをつなぐ吊橋を架ける作業をしました。なかなかうまくいかず、蜘蛛がうらやましくなりました。
ドクター塩見の診断と処方箋
 なるほど。ご説明を頂いて「少年」と「吊り橋」の関係を理解。しかし、句だけを見た場合、必ずしもそう読まれるとは限らない。少年という多感な登場人物をとらえるための象徴的、あるいは比喩的に読まれそうな気がします。それにしても蜘蛛の糸と人がかける吊り橋との取り合わせは、いわゆるセオリーにはしても大小の意外で、かなり良い句を量産しそうな配合ですね!

(1)薬の日仲良く暮らそう続くまで  豊純(70才以上)
(2)山坊師茶苑の庭にさきほこり
(3)山坊師句会仲間と仰ぎ見る
(4)山坊師そば屋の卓に挿してあり
(5)孫達に今日も喜び貰いけり
(6)朝顔の花聞いている内緒ごと

 先生心温まるご批判有難う御座いました。俳句好きなほうかも。とても難しいです。でも詠い続けています叉お世話になりますご診断下さい。ご批判お待ちして居ります。宜しく。
ドクター塩見の診断と処方箋
(6)が良いですね。早朝の庭で、こそこそと話をする夫婦?もしくは父子?なんにしてもその内緒事は喜び事に繋がりそうで陰湿な感じがない。それは朝顔の力。
(1)は何だか標語みたいですね。
(2)(3)やや平凡。
(4)はちょっと意外な感じ。野趣もあって良い蕎麦屋ですが。「挿してあり」まで言わずとも、という感じです。
(5)は季節感が欲しいですね!

(1)ブランコにデジャブして聴く国ことば  北野元玄(60代,男)
 「初夏の集い」本当に楽しく感じました。いろいろとありがとうございました。個人的にお話をする機会を逸し、かえすがえすも残念です。イノベーション句を推敲して「イノベーション借金返す目途がつき」にやっとたどり着いたのでが、よく見ると季語がありません。イノベーション推敲の途中で、ひょいと上句の国ことばや国なまりに気がつきました。ただ「デジャブする」がまだまだ日本語になり切っていないような・・。
(2)イノヴェーション四十雀来て折り返す
(3)イノヴェーション上四半期の決済日

 イノヴェーションには苦労しています。とりあえず上の2句で、今回は打ち止めにさせてください。(3)はいわゆる季語がありませんが、上四半期が季語であると主張します・・・駄目かな?
ドクター塩見の診断と処方箋
 初夏の集いでは、こちらこそいろいろと楽しいお話ありがとうございました。こだわりのブランコとイノベーションの作品ですね!
(1)雰囲気はよく伝わるのです。ブランコでデジャブする感覚、よく分かります。国ことばも柔らかみがあって良い感じ。ただし「ブランコにデジャブして」の世界と「聴く国ことば」の間に飛躍が大きすぎるように思います。
(2)イノベーションの句としては、現状、これが一番「イノベーション」が取って付けたようになって無くて良いように思います。
(3)まで来ると、社会批評性が強すぎるのでちょっと俳句の大通りから逸れているところを歩く感じ、多くの読者が抵抗を感じるでしょう。


2007年6月18日

雷雨来てしづかなる時すごしけり  栗太郎(60代,男)
 ご指導宜しくお願いいたします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 雷雨と言えば、激しい雷の音、強い雨が地面を叩く音など音にあふれていそうなのに、そこで家の中に垂れ込めて、ひっそりと静かな時間を過ごしているよ、という逆説的な世界がこの句のひねり所(着眼点)とお見受けいたしました。ただ、そうなると狙いが読者に見えすぎてしまうので「しづかなる時」というのが説明しかされていないというのが気になるのです。こういう時こそ、もう一ひねり。そのしづかなる時、とはどういうことをしている時か、具体的に示す必要がありそう。しかしたとえば「読書」のような、静かな時間の定番をもってきてはいけません。こういうのがひねる腕の見せ所です。たとえば冷蔵庫に卵を並べる、たとえば、シャンプーを詰め替える、たとえば・・・・。といろいろ発想してみてください。

(1)夏座敷畳廊下に囲まれリ  藤井茂子(60代,女)
(2)夏座敷畳廊下に畳み椅子
(3)朝靄の背後に迫る夏の船

ドクター塩見の診断と処方箋
 夏座敷と、畳。かなり膠着しそうな危険なフレーズですが、(1)は「囲まれり」ではなく廊下の囲む畳かな、か、もしくは畳廊下に囲まるるか、ともかく座五がもう少し柔らかく着地したいところです。
(2)は若干くどい感じ。ここまでされると夏座敷と畳がうるさい。
(3)港湾からの眺め。沖からの船の知る干支が近づいてくる様子ですね。地味ですが、しみじみ、味わいはあります!

(1)場が痩せて鋭角の槍箱庭に  裸時(30代,男)
(2)場が痩せて花粉に戻る牡丹か
(3)場が痩せて川の内面虹色に
(4)場が痩せて氷の結晶雲円く
(5)場が痩せて万緑のドア開きだす

 5句つくってみました→なかなか難しいものですね→
ドクター塩見の診断と処方箋
 頂いた中では(5)が一番素直に読めそう。(1)も雰囲気ありますが「鋭角の」が言い過ぎた感じ。
(2)も自然だが、牡丹の豪華なイメージからすると、ちょっと寂しすぎる感じ。
(3)は「内面」でなく表面でいきたい。
(4)は3段切れ、という感じ。しかし、同じフレーズで5句作られると、裸時さんもいろいろな表情がありますね。

傘の波くの字への字や花菖蒲  しんい(女)
 上五も切れてしまいますか、三段切れ?宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 なるほどなるほど。傘の波で、すごい人出。さした傘をまっすぐもてず横に倒す人もある。そのさしている傘の形を「へ」の字、横向きに倒した傘を「く」の字に見立てているのですね。ちょっと花菖蒲の優美さとはつかない気もしますが、見立の面白さを買います!推敲するとすれば今度は季語でしょうね。

夏草のなかに内緒の話かな  遅足(60代,男)
 泉よりあふれて別の水になり、の診断、ありがとうございます。納得!です。夏草が、句として生きているでしょうか?夏草の中なる内緒話かな、の方が良いでしょうか?診断よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 夏草はむわっと生い茂る勢いがあるので、正直内緒話には向かないかな、とも。場所的なことではないですよ。場所としては身を潜めるのに最高ですからね。そういう意味ではなくて表現として言葉にしたときに、この生命感あふれる勢いづいた夏草の中で内緒話はちょっと場違いじゃないか、ということです。まわりでは虫もピョンピョン跳んでそうですしね。

(1)夏の夜や正論ばかりの人といて  れい(70才以上)
(2)蚊柱の日にきらきらと夕餉どき
 よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)、ズバリ「夏の夜」の季語の効きが薄いです。「夏の夜」といわれるとどうしても日中の暑さから逃れて凌ぎやすくくつろいだイメージですが、そこに「正論ばかりの人がいる」と暑苦しいです。「夏の夜や」と切れ字を使われていますが、こういった取り合わせ(二句一章)の句は、相互に句の雰囲気を作り上げる力の拮抗が欲しい。たとえば、「古池や蛙飛び込む水の音」という超有名句を例にしますが、読者は並んでいる字の順通り、上から下へ読み下します(古池→蛙飛び込む水の音)がもう一度読み返し(蛙飛び込む水の音→古池)、古池や、と詠嘆された古池を蛙の水の音を手がかりにイメージを作っていきます。それがいわゆる「余韻」という感じになっていくのです。頂いた句は、夏の夜→正論ばかりの人といて、とまず作品そのものの流れで詠みますが、そのあとには(暑苦しい人やなあ)という気分だけがのこり、正論ばかりの人がいて→(しのぎやすくくつろいだ)夏の夜、の方向にもう一度戻ってこないのです。かえってこないブーメランみたいな感じの句です。
(2)蚊柱は普通は鬱陶しいのですが、それが夕餉時の気分と相まって「きらきら」と表現されたことに新鮮さを覚えます。ただし、これは、突飛として理解して貰えない読者に出逢う可能性の方が高そうです。


2007年6月17日

プラチナの四角いピアス驟雨去る  穂波
 6/4と今日(6/9)付けのコメント、ありがとうございました。「豆ごはん」の句、私が見たもの、したことを、先生に感じ取っていただけて、とてもうれしく思いました。新しい句をお送りします。よろしくお願いいたします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 四角いピアス、ピアスをしたことのない僕は、立体系のキューブの形をイメージしましたが、違う違う正方形の銀色のピアスですね。驟雨の激しい雨音が去って、静かで平穏な夕方、すうっと聴覚が戻ってきて、街の真ん中にたつ、そんな現代的な空気を感じ取ります。ピアスをした女性の横顔がクローズアップされ、後方に雑踏の交差点、ぬれた横断報道がピントを甘くして映されている、そんな白黒かセピアの色をした写真をイメージする佳句。

ねじ花に曲がらんとする意志ありて  浅葉洋
 芝生の中に今年初めての捻子花を見つけました。可憐な花です。ご高評を宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
 小さな花ですね。ねじ花。「ねじ花」ですから「曲がろう」とするのがその本意。人間はまっすぐ生きよう!と生きるのですが、それと同じぐらいねじ花は、曲がって生きよう!としている。そのような着眼は素敵。ただし、これでは着眼そのままでして、狙いがダイレクトに表出しすぎている。いい着想ですから、これをどう処理するか、そこがこの句のポイントです。推敲のポイントとしてはまず、「ねじ花に」は以下に繋がってしまうので「ねじ花や」と切る。次に「意志ありて」は「曲がらんと」という「ん」にすでに「意志」としての意味があるので、間延びするだけの語なので捨てる。この2点です。

(1)夏の山神様になる百済仏  未知(50代,男)
(2)目をみれば生きておをるなり秋日和
(3)浮いて来いガキ大将の菩薩像
(4)定年は海も暮れるや花胡桃

 ご教示を。
ドクター塩見の診断と処方箋
 寸評でお許し下さい。
(4)が素敵。定年という自分の状況から(定年や、と詠嘆されていますから、自己の感慨と読みました)、海の色をその心象を投影して詠み、花ぐるみのやさしさで受け止めている句の全体的な柔らかさが、何も言わずして、その複雑な気分を見せていて素敵なのです。「定年」という言葉は時代のキーワード。先んじていっぱい作られると、素敵な句集になるかも。最近はあちこちで少しずつ散見するフレーズにはなってきていますが。
(1)百済仏が神様に?さすが神仏習合の国、日本!夏の山と百済仏はなんとなく響きあって良いのですが、神様になる、という特殊な状況はこの句の評価を、読者の好きずきにさせてしまいそう。
(2)ちょっと景が見えにくい。何の目なのか、そこに手がかりがない。それに、対象が「瀕死」の状況をイメージさせるので、秋日和の気分の良さと齟齬。
(3)なぜガキ大将が菩薩像を持っているのか、突飛すぎます。「浮いてこい」というオモチャの人形なのですが、ガキ大将が菩薩像を選ぶのかなあ・・・。

(1)在りし日よ友よ小さなケルン積む  せいち(60代,男)
(2)岳友の古希祝ひをり夏の月
(3)耳たぶに塗り忘れしよ日焼止め

 6月の初め、剣岳(立山の奥)へ登ってきました。残雪が多く、この時季下界とは風景がかけ離れていて、誰にでも解る内容の素材で詠んでみました。宜しくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)の句、青春回想抒情編、といった感じの句。「ケルン積む」って、とても青春臭くて良い。しかし連発される「よ」の叙事でやや、自己陶酔的なフレーズになっている、上が問題。
(2)登山仲間ですかね、古希のお仲間がいるのは素敵ですね。「祝いをり」がやや平凡な説明なので、「古希の岳友」と「山のてっぺんの(夏の)月」とそれだけで充分、言祝ぎになりそうなさやけさ。
(3)現代版、耳無し芳一のようでな句。すこしクスリと笑えます。

(1)雷雨明けきらきら乙女の森となる  豊田ささお(70才以上,男)
(2)雷雨明け失禁のごと畦崩る
 昨夕はひどく荒れたお天気でした.旱の後の洪水、典型的な異常気象?です。
ドクター塩見の診断と処方箋
 ほんとうに今年は異常気象ですね。なんだか、熱帯化してきているような感じです。
(1)はなんだか少女趣味的。しかしさて「乙女の森」とは?リスとかが、団栗かかえて走っているのかな?ぐらいにしか、読めないのが悲しい。
(2)うーん、これは見立の句ですが「失禁」ですか。どうかなあ。僕は採らないです。

(1)苺あめヤブからポンと浅い夜  裸時(30代,男)
(2)指人形が入ったカバン青すすき
 青すすきが入ったカバンとも考えましたが(・・
ドクター塩見の診断と処方箋
 より面白くなりそうなのは(2)のほうですね。鞄、という題は、私が通う句会でも良く出されるのですが、「さて、鞄に何を入れるか、何を取り出すか」という発想から入りますね。「指人形」はすてき。青すすきの中で指人形の鞄も素敵。つまり、作句時の発想としては、良い狙い目、モチーフを獲得しています。さて作句するには、あとは、それをどう処理するか(フレーズとして成立させるか)にうつりますが、この句は「入った」と言ったことが説明的でマイナス。これを何とかしたい。僕ならここを徹底的に考えたい。「入った」では発想そのままなので、もう一回ひねる。「取り出す」も良くある手。「はみ出す」あたりでおさめようか、という感じです。青すすきがこの世から穂先を少しはみだす空気と響きそうだな、と、狙いを付けています。
(1)苺あめ、がおもしろい。浅い夜、おもしろい。「藪から」もいい。「ポン」が安易。

(1)グラジオラス狙うは天の大敵か  岡野直樹(40代,男)
(2)グラジオラス我にも剣を貸し給へ
(3)グラジオラス剣呑剣呑巷風

 庭に出て、グラジオラスで作ってみました。一つの気分から離れることができませんでした。よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(2)が現代的。テレビゲームの中の主人公のようなそんなフレーズですね。グラジオラス、という派手な季語も、まるで騎士のような雰囲気を句の背後に感じさせる。
(1)は天の大敵が見えにくい。
(3)言葉遊び的ですがやや読者には世界が伝わりにくい感じ。言葉遊び的にするのは、独善なフレーズと紙一重。上手くいくとリズムがあってインパクトは抜群なのですが。

画用紙を前に辣韮やひとり酒  多弁(60代,男)
 中7にやをいれようかどうか迷いました。お酒を飲みながら描きたいもんですから。この「や」は「切れ」にならないでしょうか。よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 うーん。俳句の中で「四畳半」とか「独酌」とか、よく見るんですが、あまりよい句に出逢わないんですよね。そういうのはなんだか自己陶酔の方向に句が走る。独居独楽の句は画用紙を前にしてモデルの辣韮としばらく話をしている、ぐらいでいきたい。せっかくモデルさんとして辣韮がいてくれるのに、作者が「ひとり酒」と「ひとり」を意識していたのでは、酔ってもいないし面白くならないですよね。意識がクリアなのです。辣韮と話をするぐらい、酩酊してみてください。

(1)海原へハネムーン最中の水衣  藤井茂子(60代,女)
(2)大皿のスローフードと雲の峰
(3)天に向けアイコンタクト夏太鼓

ドクター塩見の診断と処方箋
(3)がおもしろい。太鼓の川の部分を顔と見立て、空とアイコンタクトをしていると見るのは新鮮。ドンドコ、元気に空に響かせている太鼓の勢いを感じます。
(1)はちょっとわかりにくいです。新婚の二人が海水浴?
(2)スローフード、は当世流行の言葉なのですが、こういう形で句にされると、あまり効き目がない。何を盛っているのか、わかりにくい。むしろ、雲の峰を料理と見立てて、雲の峰はスローフードだ、と言われたほうが読者はスカッと説得されそう。

ワンダフル!飆とたわむる 散歩道  京雅(30代,女)
 季語とかも分からず、初めて遊び心で作ってみました・・すいません。
ドクター塩見の診断と処方箋
 「初めて遊び心で作られた」とか。謙そんとかでおっしゃる方が多い中で、京雅さんはきっとほんとうにそうなんだろうな、と思います。こういった句は俳句を少しやってしまうと絶対できない大胆さなのです。「ワンダフル!」といきなりはっきり気持ちを出すこと、「飆」(=「ヒョウ」、つむじかぜのこと)という難読漢字、たわむれる、というような変哲のない言葉。散歩道、の前の一字開け。こういったことはちょっと俳句をやったことがある人にかかったら「明らかに損」と言われてしまうものなのです。でもそんなことはお構いなし!「俳句ってどんなのかな、自分も創ってみよう!」と楽しもうとする気持ち、好奇心が全面に出ている。全てが破天荒で、奔放なこういう句は不思議と「天衣無縫」といいますか、素敵に見えてくる。もっとも専門的に言えば、疵をいくらでも言われてしまうのかもしれませんが、一番最初に作られたこの句は、京雅さんの原点で。「天衣無縫」を大事にどんどん、世の中を新しい見方で切り取った句を作ってみてください!そして俳句ぶる俳句が多い俳壇に驚きを与えてください。


2007年6月16日

(1)神の声かくのごとしと時鳥  一(40代,男)
(2)短足の犬の早足炎天下
(3)累々と蚯蚓干涸らぶ原爆忌
(4)砂丘とは大きな女体浜豌豆
(5)読み差しの本の散らかる春炬燵
(6)蝉穴といふ産道を出て来たる

 いつもありがとうございます。今回もスバッとお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
 たくさんですので例の如く、目を引いた順に寸評でお許し下さい。
(4)が秀逸。岸田今日子主演「砂の女」という感じ。
(2)もミニチュアダックスフンドの様なちょこまかした犬を連想。しかし(4)の破壊力に比べて若干既視感があるのが劣る。
(6)蝉穴=蝉の幼虫が地表へ這い出た穴を産道といった点が大胆で面白い!
(5)平凡。
(2)蚯蚓、原爆忌いずれも季語。ひからびる蚯蚓から原爆への発想に難あり。累々と、も説明的。「原爆忌」の句は僕にとっては年々、安易に詠めなくなる(読めなくなる)テーマ。
(1)時鳥が神である、というのは漢文に典拠がありそう。したがって、説明的。

(1)早春の山重なりて水あさぎ  未知(50代,男)
(2)木漏れ日の滝の八方美人かな
(3)噴水の頭あたりは踊りゐる
(4)はつなつや身のうちに未来を乗せて

 ご教示を。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)が印象画ふうできれいな色彩。早春の霞かすかな山あい。そこにながれる小川の水が浅黄色。水を浅黄色と表現するのはあまり見ない色彩なので新鮮でした。
(2)木漏れ日に乱反射する滝を「八方美人」ととらえるのはやや、きれいな滝のイメージを損なう感じ。損な方向。
(3)噴水が踊る、というふうに見立てるのは、月並。
(4)「身のうちに未来を」という「未来」がやや観念的。抽象的なので読者があまり感興を催さない感じです。

(1)橋脚のペンキ塗りたて風薫る  悠(70才以上,女)
(2)万緑や名水を汲む人の列
 何時もありがとうございます。ご指導よろしくおねがいします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)「ペンキ塗りたて」勇気あるフレーズですね!どうしても芥川龍之介の句「青蛙おのれもペンキぬりたてか」を思い出すのですが、全然違う世界。スカッと事物でまとめられましたね。「薫風」がよくきいていて、この風にペンキ臭をあまり感じないのが不思議。佳句。
(2)これもおもしろい。青々とした茂りの中で泉を前にタンクを持った人の列。知らぬ同士の水を通した会話の列に思わず僕も加わりたくなる句。行列は苦手なのですが、苦にならなさそうな順番待ちですね。

今を今見つめていても霧の中  ねぎよしこ(70才以上,女)
 ご指導有難うございます。「草取りぬ飢えてしまうぞ草の声」如何でしょうか?丁寧で的確な評示色々読み学ばせて頂き感謝しています。
ドクター塩見の診断と処方箋
 頂いた句、「今を今見つめて」というところが抽象的で分かりません。そこから逆接で「霧の中」に展開されても、その屈折度が見えない。こういう心境の吐露する俳句はとてもむずかしい。「寄物陳思」(物に仮託して思いを陳べる)のが短詩形式の強さを最も発揮するなかで、実験的ではありますが、すこし思いが上滑りした感じです。「草取り」の句も言いたいことがあふれていそう。「飢えてしまうぞ」が少し何事かを言いたげな物欲しげなフレーズです。

(1)さざれ石鹿島の森は茂りけり  小口泰與(60代,男)
(2)園児らとペンギン歩む初夏の園
 よろしくご指導願います。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)「さざれ石」「森の茂り」、取り合わせとしては「地味+地味」、なにか読者に引っかかるところがあればいいのですが、全体的にぼやけた景になっています。
(2)この句は「初夏のペンギン」にバシッと焦点が合っています。ただし、園児とペンギン、「よちよち歩き」というイメージのつながりが、意味に膠着をもたらしています。このあたりが取り合わせの難しいところですが。

(1)刺虫の勇んでどこへおでかけか  満山(60代,男)
(2)年寄りがまた怒っている茄子の花
 よろしくお願いします。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)ユニークです。「刺虫(いらむし)の勇んで」は「い」で快い韻を踏んでいて句にリズムをもたらしています。「どこにおでかけか」は、話し言葉で落としどころとして良い方向のようですが、若干、句の勢いをそいでいる感あり。こういった形で転換して口語(独言的話し言葉)を使用する場合は、前半(あるいは後半)の見合いの言葉の勢いの中で使いたいところ。前半の勢いはかなり強いので、刺虫が言いそうな、その気分を生かした言葉を探したい。
(2)おもしろい、あの紫色の花弁、これから生るであろう茄子の形、そういえば、茄子って怒っている形、そして花の色も。不思議な説得力にあふれています。その怒り方も「プンプン」という感じでなく、じわっと怒っている感じですね。派手さはないですが眼付けの素敵な佳句!

(1)耐へることできぬ若者蕗の薹  文の子(60代,男)
 6/8のご診断有難うございました。「孫を詠んだ名句なし」と言われる中で、これまでは、私もご教示頂いたように「大人の価値観とは違う世界に子を置く」ことをポイントに作句し、結構成功してきましたが、孫の成長(今年から小学1年です)とともに価値観が重なってきたことに、ご指摘頂き気付きました。掲句は「耐へること覚えし幼蕗の薹」が元句ですが、ドクターのご診断を踏まえ改めました。
(2)五月かな絵文字失せにし娘(こ)のメール
 「麦秋の悩みあるらし女子社員」を推敲しました。
(3)自己管理できぬ新人柿の花
 宜しくお願い致します。
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)絶えることを覚えるにしても覚えないにしても、幼子と取り合わすと「蕗の薹」が単なる「幼子」の比喩、として取られてしまうのが難。「覚えし」のほうがまだ屈折はありますが、やはり川柳的な要素が濃い句になっています。
(2)ああ、気持ち良い句になりました!「悩みある女子社員」のメールなのかもしれませんが、五月、新しい生活にも慣れて、すっかり大人の女性に成長した娘さんの、品あるお手紙になったメール、と解釈しました。推敲前の句とは全く別物の句になりました!
(3)自己管理できない若者にたいしての揶揄だけに終わっているのが難。柿の花のしとやかさとは少し齟齬もあり、この句は思いがダイレクトすぎるように思います。

(1)待ち合わせお田植神事の舞台裏  菊美(60代,女)
(2)銀の道ナメコロジーの行く先は
 お世話になります。昨日待ち合わせ何処にしょう?お互いがお田植のとこ一番わかりやすくでした。12日かな?と思いますが(お田植神事)見学のところとか、いろいろ準備がなされてます。ナメクジも好きにならないとよい句ができませんと稔典先生。すっかりはまり、拡大鏡でナメクジなが見られるようになりました。この年にはじめて経験、俳句ていいですね。川柳ですねといわれそう?
ドクター塩見の診断と処方箋
(1)はご説明いただいて、なんとなくおっしゃりたいことが分かりましたが、句だけで見ると、ちょっとごたごたして分かりづらい。言いたいことがあふれている、という感じです。「御田植えの田に待ち合わす」ぐらいのフレーズを元に、推敲されては如何でしょうか。
(2)おもしろいですね。季語は「ナメコロジー」ですかね。「行く先はナメコロジーの」として座五で飛躍してみるのも手ですね。「銀の道」はナメクジの這い跡と読めますが、あまり効きが薄い気がしますから、これを外すところから推敲をはじめたい感じです。