俳句クリニック 2007年8月後半分(ドクター:星野早苗)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


ドクター星野の診断
2007年9月3日

じゃんけんぽん髪に一本野菊挿す  多弁(60代,男)
 星野ドクターつたない俳句の診断ありがとうございました。またの機会をお待ちします。
ドクター星野の診断と処方箋
 勝ったからなのか負けたからなのか、またこういう遊びがあるのかどうかも分からないのですが、「じゃんけんぽん」で「髪に一本野菊挿す」のは面白いと思いました。

(1)御廟まで腰痛む日の蝉時雨  ひさがき
(2)ひぐらしを聞くや高野の二昔
ドクター星野の診断と処方箋
(2)がいいと思いました。カナカナの連続的な鳴き声でタイムスリップしてしまわれたのでしょう。

(1)処暑の朝あけるオオカワ小鳥店  ポリ(50代,女)
(2)帽子斜め連れられ歩く子も晩夏
 ていねいに教えていただきありがとうございました。今回もどうぞよろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)処暑が小鳥店に真っ先に来たようですね。
(2)半分引きずられているような子どもでしょうか。「帽子斜め」の写生がよく効いていると思いました。「子も晩夏」は「晩夏の子」でも。

(1)蜩の声高まりし雨上がり  三郎(70才以上,男)
(2)砂袋抱え球児の夏が行く
(3)帰省子やひと浦島の如くあり
(4)石畳登る坂道せみ時雨

 よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(3)がいいと思います。

くくざんひょうリュックに丸め夏の果つ  藤井茂子(60代,女)
ドクター星野の診断と処方箋
 くくざんひょう」は「九九の表」でいいと思います。夏休みの宿題も済ませ、帰り支度をおえた孫に「夏の果つ」のを感じられたのでしょう。小学生の孫の世話は気の張る部分もあったと思いますが、勉強もがんばっているんだなと頼もしさも感じられますね。きびきびした子どもの様子も伺え、いいと思いました。

(1)盆用意ポケモン百を暗記して  文の子(60代,男)
(2)描かされしポケモン幾つ盆休み
(3)向かふよりビルの影来し今朝の秋

 愈々本日が最後となりました。2ヶ月間ご懇篤なるご指導を賜り有難うございました。自選能力のない私ですが、判断基準が少し掴めた気がしております。星野ドクターのご健勝ご健吟を祈念致しております。宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)がユニークでいいと思います。「盆用意」は現代では先祖の魂迎えより帰省の子や孫の為に布団やパジャマを用意したり、西瓜や花火などを買って待っておられることの意味の方が大きいのかも知れませんね。それにしても「ポケモン百」の暗記まで、とは驚きました。

のうぜんの花咲のぼる美空かな  山本葆博(70才以上,男)
 星野先生7−8月のご担当お疲れ様で御座いました。毎回適切なご教示有難う存じました。最後に8・1投句の上記の下五の適切句、何卒ご教示下さいませんか。先生評にいわく肩透かしと云々と在りましたので小生愚考すれどもうまくいきません。よろしくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 不親切なコメントでご心労をおかけしました。
 私が「のうぜんの花」に対して持っているイメージは、栗林千津の「吾はのうぜんいかなる果てに死するとも」です。のうぜんは樹液が有毒でもあり、カンナや向日葵とはまた違った激しさ強さを感じる花だと思います。「咲きのぼる」のも他の植物を土台として、と読み取りましたので目線が上には向きませんでした。ずっとのうぜんだけを見ていた目が、ぱっと空にいくことに肩透かしを感じてしまったのです。けれども「美空かな」も今見ると、悪くありませんね。この句の場合「咲きのぼる」を介して「のうぜんの花」と「美空」がスムーズにつながっています。「のうぜんの花」を美空にのぼるものとして詠まれたのだと思います。私にはカルチャーショックですが、このようなのうぜんのイメージもとてもいいと思います。

(1)秋澄むや赤城の彫りの深まりし  小口泰與(60代,男)
(2)雨呼びし太き風あり残暑かな
(3)山風に落ちたる木槿和紙のやう

 よろしくご指導願います。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)「残暑かな」(3)「和紙のやう」を御一考ください。


2007年9月2日

(1)引っ張ってシーツを干せば夏ツバメ  穂波
(2)朝涼の森どこからかリコーダー
(3)自転車のかごにビールとウクレレと

ドクター星野の診断と処方箋
(3)がいいと思います。
(1)(2)も気分のいい句ですね。

(1)ささめきは星と小人と杜の木々  遊雲(70才以上,男)
(2)星一つ流れて一つ生まれけり
(3)どこまでも続く地下道外は星

 拙い句にお付き合いいただき有難うございました。勉強して納得できる句になるよう励みます。
ドクター星野の診断と処方箋
 3句とも星がキーワードとして用いられていますが、充分なイメージを喚起し得ていないように思いました。星の入る秋の季語をていねいにご検討ください。

まなこ見て手話伝われり秋は澄む   萬穂(男)
 まだまだ暑い!ご自愛を。
ドクター星野の診断と処方箋
 句意はよく分かりますが、「秋は澄む」が内容に関わりすぎて感じられます。もう少しさりげない季語をもってこられた方が句が生きると思いました。

(1)料理本すずきのポアレより始む   文の子(60代,男)
(2)秋灯や眼鏡かけずに児と絵本
(3)花薄子ら背伸びしつ手振りたる
(4)ゆったりと風車回りぬ花薄

 「ゆったりと風車回れり薄原」を推敲しました。
(5)絵日記に日輪雨の那須登山
 ご指摘頂き「絵日記に日輪雨の夏休み」を推敲しました。宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(3)(4)(5)いいと思いました。
(1)「料理本」が説明的に感じられます。
(2)報告にとどまっているのでは。

(1)引き潮に引かれてゆくや海くらげ  うさぎ
(2)夏の波シャボンのように足包む
(3)どこまでも鴎の足跡土用波
(4)海鳥の声飲み込みし土用波

 インディアナに海はありません。これは10年暮したフロリダの海を懐かしんで詠みました。宜しく、ご診断ください。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)(4)がいいと思いました。
 「シャボンのように」や「声飲み込みし」が日本の海ではないような気配をみせています。フロリダにも土用波はあるのかな?などと思いながらも楽しく拝見しました。
(3)は「土用波」が合わないように思います。海外詠に季語が必要かどうかは難しい問題ですね。

(1)鶏頭の燃ゆ色に似て落輝かな   山本葆博(70才以上,男)
(2)流灯会さかまき消ゆる下の闇
(3)詠みすてし句のなきがらや月冴ゆる
(4)ほうたるの消えてひろがる下の闇
(5)無惨やな磨文仁ケ谷に苔滴り

 毎毎恐縮ですが宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 どの句も意味を詰め込みすぎ、一句が重くなってしまいました。対象を意味付けず、在るがままに詠むところから始めてください。 俳句のスタート地点は単純平易なところにあると思います。

(1)夜明けには人の声する寒烏  未知(50代,男)
(2)車で胡桃つぶすつもりや寒烏
(3)人骨に鏃の痕や寒旱
(4)風花や星よりメールくる予感

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(4)やや甘い句ですがいいと思います。
(1)(2)(3)は報告にとどまっているような気がします。

(1)(1)亀の子のわれ先落ちる池もかな  山本葆博(70才以上,男)
(2)寂まくとあきつ飛び交う池之端
(3)山峡の郷の槿も咲いたるや
(4)山郷の大根撒く人にあらざるや
(5)日常底こころ新涼とあらざりき

 宜しくご指導賜りたく願いあげます。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「池も」は「池面」に。
(4)(5)「あらざるや」「あらざりき」が句を複雑にしています。


2007年9月1日

(1)弓なりを上るドライブ天高し  文の子(60代,男)
(2)天からの鳴き止み地より虫の声
(3)外人と児童竹下通り夏

 ドクターに診ていただくのも残り3日となりました。2ヶ月間総ての句をご診断くださり感謝しております。宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「弓なりを」は無理な表現ではないでしょうか。実際には急勾配で喘ぎながらのドライブだったかもしれませんが、やはり「に」の方が自然で伸びやかな気がします。
(3)目の付け所がいい句だと思いました。「児童」は俳句では一般的ではありませんが、他の言葉が見つかりませんね。

鬼灯や口で奏でし童の日  浅葉洋(70才以上,男)
 宜しくお願い致します。昔、女の子がよく鬼灯の実を、柔らかく揉んで、楊枝の先で丁寧に中身を取り出し、口に含み妙音を出して遊んでいました。さすがの悪童連もこの真似は出来ず脱帽でした。
ドクター星野の診断と処方箋
 「口で奏でし」は面白いと思いました。「童の日」を御一考ください。うらやましく見ていたのであれば「隣の子」などでもいいかもしれません。「や」で切れていますので、読者には昔のこととして伝わると思います。

(1)霧流れリフトの流れ仄かなり  小口泰與(60代,男)
(2)蜘蛛の糸ほつるるもなし花木槿
(3)秋の雲紫紺の浅間眼間に
(4)秋の野や我が影を持ち歩き
(5)中天に伸び行く蔓や秋の蝉

 星野早苗先生、二ヶ月間真摯なご指導深く感謝申し上げます。有難う御座いました。また、何時の日かご指導賜れますことを、願っております。時節柄、いっそうのご自愛をお祈り申し上げます。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「リフトの流れ」という把握はユニークです。霧の中、リフトも流れるように感じられたのでしょう。「仄かなり」は不要のように思いました。
(2)完璧な蜘蛛の囲を発見されたのでしょう。「ほつるるもなし」の完璧さが花木槿にも響き、いいと思いました。
(4)中七の字足らずが気になりました。「我が影ひとつ」「一人の影を」など考えて見てください。
(5)いいと思います。
 二ヶ月間お付き合いありがとうございました。ますますの御健吟をお祈り致します。

(1)空の蒼池の碧とききょうのあお  豊田ささお(70才以上,男)
 「三日月とアオマツムシの散歩道」へのご診断ありがとうございました。アオマツ ムシを外来種として嫌う向きもありますが、今のところ被害や問題とかはないようで す(狭い情報の範囲ですが)。
(2)酔芙蓉垣根の角に顔を伏せ
 行きつけの自転車屋の向かい角に酔芙蓉がありました。去年まで・・・。
(3)酔芙蓉うなじに視線が刺さります
 芙蓉で10句ぐらい、作っては見たのですが、ほとんどが駄句でした。それにしてもあっというまの2ヶ月でした。ひとまず、お別れがちかいということで、・・・お名残惜しいです。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)がいいと思いました。「垣根の角に顔を伏せ」を子どもの風情として読みました。悪いことをして家に入りづらいのかなと。「酔芙蓉」に、子どもの表情の豊かだった懐かしい時代を思い出しました。
(1)作句の意図はよく分かるのですが、それが分かりすぎるところが難点です。俳句では三つの事物の比較は無理があるのかも知れませんね。
(3)擬人化には好みが分かれると思います。
 芙蓉で十句、いいと思います。(2)はヒットですね。ますますの御健吟をお祈り致します。

辻ごとに地蔵見守る秋の道  さくら(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。シンプルですが簡素な「秋の道」を作者といっしょに歩いているような気分になりました。

蝉生る闇に浮かんでうすみどり  桐子(60代,男)
 背が割れて先ず出てくる頭。胴と手足が出て、縮んでいた翅が徐々に伸び、暗闇にうすみどり色した翅が浮かび上がる。闇の中の蝉の羽化のシーンです。
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。「闇に浮かんで」は発見です。

節くれの千古の杉や秋の蝉  岬(女)
 高野山にお参りに行きまして立派な杉の大木が目に付きました。真直ぐな杉の木の中に節の多い木もあり目に付きました。奥の院では無人店で青蜜柑が吊るされていま した。「青蜜柑吊るす屋台や奥の院」
ドクター星野の診断と処方箋
 「秋の蝉」が「節くれの千古の杉」のユニークさに対して弱い気がします。「青蜜柑吊るす屋台や奥の院」には、高野山の聖俗入り混じった活気のようなものを感じることができました。

(1)胸元へ夏蝶仇を討ちに来る  まりあ(40代,女)
 ありがとうございました。「胸元へ夏蝶仇を討つごとく」を、「ごとく」を使わないよう改作しました。
(2)耳たぶの毛細血管夜の秋
(3)今朝の秋古新聞を括りをり

 よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。黒揚羽には確かにそんな気配がありますね。
(2)(3)そのまま、という印象です。ここをスタート地点として五句、六句と作ってみてください。

迷宮入り未然形の日雷  北野元玄(60代,男)
 ご無沙汰しております。奄美の方の仕事と後始末もほとんど済ませました。ハブの俳句も少しは作りましたが、来年夏まで熟させてください。もう、すでにさようならを言ってしまいましたが、もう一つだけ新作句を診ていただけたら嬉しいです。若い友人と推敲しあって出来上がった俳句です。元句は「まあだだよもういいだろう日雷」でした。
ドクター星野の診断と処方箋
 「未然形」にこのような使い方ができるのかどうか、多分できないのではないでしょうか。元句「まあだだよもういいだろう」の方が、雲の中で何となくゴロゴロ鳴っている日雷が突然落ちる様子のファンタジーとして分かりやすいと思います。


2007年8月31日

新しい朝とも思う盆休み  けいこ(50代,女)
 よろしくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 新涼を感じられたのでしょうか。遠くの子ども達が帰省して家族がまた元どおり揃ったのでしょうか。いいと思います。

(1)滝径の葉擦れのさやぎ魂洗ふ  しんい(女)
 「滝径の葉擦れのさやぎ冴え冴えと」の座五を変えてみたのですが・・・。
(2)山裾の紫煙湧き立つ蕎麦の花
(3)抜け殻となる反骨よ秋桜

 星野ドクター、お世話様になりまして、ご指導感謝申し上げます。有難うございました。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)作者の受けられた感銘は伝わりますが、「さやぎ」「魂洗ふ」にはまだ検討の余地がありそうです。
(2)「紫煙」か「湧き立つ」かどちらか一方でいいと思いました。
(3)「抜け殻となる反骨よ」とは言わずに、できるだけ具体物で読者に伝える工夫をしてください。作者に万感の思いはあっても直接には言わず、読者の能動的な読みを誘うところが俳句と散文との違いです。
 二ヶ月間お付き合いありがとうございました。ますますの御健吟を。

(1)八月や昭和歌謡が身ほとりに  せいち(60代,男)
(2)塩少々胡椒少々初秋かな
 前回、「暁秋に・・・」の句、確かに「船」の一言が抜けていました。今回の(2)はこれでは「単なる言葉遊び」程度でしょうか? 宜しくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「八月」には「昭和歌謡」が似合いますね。懐かしく思い出す曲が、気がつけば「身ほとりに」鳴っていたのでしょうか。海辺山辺の旅行先などで具体的な場面を思い出すこともできそうです。「が」を「の」にされても。
(2)雰囲気は分かるのですが「初秋」と「少々」は読者の想像の範囲内ではないでしょうか。句に詠むときは作者だけの新しい「初秋」を発見しなくてはなりません。その意味では「胡椒はぱっと」の方が共感できるように思いました。

(1)ソムリエの微かな笑窪十三夜  藤井茂子(60代,女)
(2)秋暑し藍染ふきん濯ぎけり
 星野先生 2ヶ月間お暑い中添削大変お世話になりました。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「微かな(かすかな)笑窪」いいと思います。
(2)「藍染めふきん」はいいのですが、「濯ぎけり」でやはり涼しく感じてしまいました。
 今年の夏は本当に暑かったですね。この二ヶ月でたくさんの句に出会えたことを喜んでいます。もうすぐ実りの秋。皆様のますますの御健吟をお祈りしています。

青春と一期一会と稲の花  多弁(60代,男)
 まだまだ暑い日が続きます。診断をよろしく。
ドクター星野の診断と処方箋
 「青春と」が分かりません。「青年と」ではいけませんか。

カブトムシ百戦錬磨の恋敵  岡野直樹(40代,男)
 オスメスセットにおまけ1匹で、オスを買ってしまいました。よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
 難しい状況ですね。百戦錬磨の恋敵」は強そうなオスが後から割りこんできたきた!ということなのでしょう。説明がないと、作者に恋敵が現れたようにも読める句です。

(1)折り紙を折り目正しく秋の空  センリ
(2)のびのびと手足伸ばして夜凉し
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)ともリフレインが面白く、素直に詠んでおられますが、思いつきを脱していないように思いました。座五「秋の空」「夜涼し」を考えてみるだけでも、新しい局面が開けてきそうです。粘り強く取り組んでみて下さい。

(1)夏痩せて葉書に無職と文字太く  えんや(70才以上,男)
(2)夏痩せて手首に余る指の先
(3)秋風や補聴器かしまし橋の上

 いつも適切な診断有難う御座います。大変嬉しく思っております。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(3)がいいと思います。
(3)は補聴器をつけた作者が橋の上にいるのですが、その橋の名前がかしまし橋とはおもしろいですね。はてさて実在なのでしょうか。
【星野ドクターから訂正とお詫び】
(3)の「秋風や補聴器かしまし橋の上」について、上記のコメントをしてしまいましたが、「かしまし橋」ではなく、「補聴器かしまし」と読むのだと気づきました。
 橋の上は秋風が強くて、補聴器に雑音が入るのですね。おかしなところで切って、おかしな読みをしてしまいました。お詫びして訂正します。

(1)シナプスに太古の指令清水飲む  萬穂(男)
 「シナプスに微かな指令星奔る」の句、ご指摘ありがとうございました。「具体物」…なるほど!と思いました。詠み直してみました。宜しくお願いします。
(2)秋をゆく翼のかたち干物の尾
 最近、肉より魚に箸が伸びるもので…。
(3)生命の進化の端に花火かな
 今年は、何度か花火を見ました。遠花火もいいですが、降りかかるほどの近さが良いなと。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「太古の指令」は大変よくなったと思います。季語はまだ考える余地があるように思います。時間をかけて取り組んでください。


2007年8月30日

(1)月明けや化粧を落とすころ無口  やすぼう
(2)赤肉をさばけば路地にたつ匂い
 よろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「月明け」(2)「赤肉」が難解です。

(1)日に灼ける世界の子らに目玉焼き  未知(50代,男)
(2)手ぶらにて見舞ひに来てや籾ひとつ
(3)山を見回す目の澄みて冬隣
(4)若き日の白から黒に変わる秋
(5)寒喰の骨の真赤ぞみちのくは
(6)君が代を立ちて唱ふや月しぐれ

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(3)がいいと思いました。

青柿を選択中の宇宙船  裸時(30代,男)
ドクター星野の診断と処方箋
 難解ですね。

(1)老いて母絵本に見入る秋灯下  文の子(60代,男)
(2)鱸焼く婿もやうやく課長職
(3)右腕に強き陽顔を秋の風

 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。ただ「秋灯下」はややくどく感じられます。「秋灯(あきともし)」に。

”よってちよ”の店で母と子サンマ食ぶ  さくら(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 報告にとどまっているような気がします。

少年の野太き返事葉月尽  藤井茂子(60代,女)
ドクター星野の診断と処方箋
 「少年の野太き返事」はいいと思うのですが、季語「葉月尽」はまだ考える余地がありそうに思いました。

(1)涼やかな坂東太郎荻の声  小口泰與(60代,男)
(2)遠山の仄かなりけり蛍草
(3)ほとほとと秋呼ぶ風や夕間暮れ

 よろしくご指導願います。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)いいと思います。
(3)「風」は秋の結果だと思うのですが。

森深しオオムラサキの閉ざす羽  豊田ささお(70才以上)
 いつも懇切なご指導有難うございます。「森静かオオムラサキの閉ざす羽」を直してみましたが・・。
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。

(1)それぞれの弁当持ちて秋日和  未知(50代,男)
(2)膝高く上げて歩けば猫じゃらし
(3)はたおりの声を背負ひてヨイトマケ
(4)天の道より吹き来たり秋の風
(5)傘掛に傘が見えずに秋の暮

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)素直に詠んでおられますが「秋日和」は平凡では。具体的で楽しい季語は他にもいろいろあると思います。
(2)「歩けば」が猫じゃらしにかかると分かりません。「歩きぬ」と切られた方がいいと思いました。
(4)実感ではありますが。

(1)一雨の上がりしよりの風は秋  悠(60代,女)
(2)大花火果てて傾く八日月
ドクター星野の診断と処方箋
(2)いいと思います。

(1)鈴虫や一語一語の間の長き  藤(10代,男)
 よろしくお願い致しますー。
(2)サングラスかけて母校に踏み入りし
 ややゴテゴテしていますが・・・。
(3)足裏に蚊の止まりたる畳かな
 散文で終わっているかもしれませんが、日常の景色を素直に切り取ってみました。「共感」と「平凡」との折り合いに苦しむ今日この頃です。まぁ、皆様に共通することでしょうが・・・(笑)
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)いいと思います。


2007年8月29日

(1)朝顔のよじのぼりゆく蒼き空  未知(50代,男)
(2)蜩や沸騰点のとふに過ぎ
(3)紅葉づれる蔦のからまる北冥寮
(4)設計の入力し了へ龍の玉
(5)あやとりの東京タワーしぐれけり

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(5)いいと思います。
(2)「とふに」は「疾くに」のう音便なので「とうに」となります。

(1)竹筒の置かる水鉢秋澄めり  しんい(女)
(2)色かへぬ松くつきりと水鏡
 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)いいと思います。秋は空気も水も澄んでいますね。

洞窟に石仏座して一葉落つ  岬(女)
 何時も有難う御座います。中々ひねった句が読めません。が 志明院でおおきな洞穴の中にいられる仏様に感激致しました。
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。

(1)敗戦日俄に降りて明けの雨  蓉子(50代,女)
(2)占いの良き色を着て雲は秋
 毎朝占いを見てその日のラッキーカラーを身に着けるようにしています。息子には笑われるのですが・・・。1日を振り返ってそれでどうと言うことはないのですが、よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。
(2)いいと思います。「雲は秋」も軽やかな気分です。

風鈴を降ろしてよりの風の音  藤井茂子(60代,女)
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。

(1)おぶわれた子とおそろいの夏帽子  ポリ(50代,女)
(2)あっぱっぱ着て初孫にあっぷっぷ
 いつもご指導ありがとうございます。今回も拙い句ですがどうぞよろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)とも、いいと思います。

(1)風の来て残暑増しけりビルの街  文の子(60代,男)
 昨日の東京は停電を心配するほどの暑さでした。
(2)地下道(みち)は近道ならず街残暑
 言葉遊びですが如何でしょうか。
(3)体温と競り合ふ気温秋暑し
 川柳でしょうか。
(4)炎昼や東京にある信濃町
 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(4)いいと思います。「東京にある信濃町」は涼しい発見ですね。
(1)(2)(3)はいずれもそのまますぎ、切れがありません。

(1)子育てを終えて見てゐる大向日葵  如月
 「向日葵や子を育てつつ育てられ」の推敲です。まだ報告の見きわめがよく分かりま せんがいかがでしょうか?
(2)殉職の御霊をまつる揚花火
 いつもご指導ありがとうございます。先日の「殉職のお堂に奉る揚花火」の推敲です。「殉職の御霊をまつる花火かな」ともしてみましたが。「揚花火」と「花火かな」の違いをお教えください。この句は、殉職者を祀った燻し金で円筒型のみころも堂の夏祭りの花火を詠みました。推敲句が良くなかった場合ヒントを頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。作者が「見てゐる大向日葵」に実感があります。
(2)「揚花火」…いいと思います。「花火かな」との違いは臨場感でしょうか。 2句とも、一般的概念的な表現から、より具体的な表現になったと思います。

仰向けに落ちて死を待つ蝉のゐて  桐子(60代,男)
 木の上では蝉の大合唱。その木の下で、仰向けになり仲間の鳴き声にじっと聞き入る死を間近にした蝉。真夏には気づかなかったこんな蝉の姿が目に付くようになりま した。
ドクター星野の診断と処方箋
 句意はよく分かるのですが、みんなが目にする光景なだけに独自の切り口が必要です。永田耕衣の句に「死螢に照らしをかける螢かな」「落蝉や誰かが先に落ちている」があります。

(1)老松の幹貫きし暑さかな  うさぎ
(2)星ひとつ箸でつまむや豆御飯
 宜しくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「幹貫きし」は言い過ぎではないでしょうか。
(2)「豆御飯」が答えになってしまっています。

(1)水澄みて赤城の嶺々の定かなり  小口泰與(60代,男)
(2)陶芸の土の音色や菊日和
(3)初風や香を満たしゐる百合の園

 よろしくご指導願います。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)が面白いと思いましたが、「土の音色」は難解です。

(1)うたかたの浮世の空へ咲く芙蓉  豊田ささお(70才以上,男)
 「芙蓉」は九月の兼題です。以前に郵便屋と芙蓉とか、いろいろ作ってみましたがいずれも空振りでした。今日、ふと小川の畔に咲いているのを見て作ってみました。今日の菊美さんの句で、終戦のビラが撒かれていたことをはじめて知りました。記憶がさだかでないのか、・・八月までにB29がときどき爆弾の代わりにビラを撒いていたのはおぼえていますが・・ありがたい話でした。
(2)芙蓉咲く水枯れ近き川岸に
 芙蓉でもうしばらく粘ってみようと思います・・。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)がいいと思いました。「水枯れ近き」に炎天続きの今年の夏が伺えます。


2007年8月28日

(1)沖遠く泳ぐ帽子の浮き沈み  未知(男)
(2)鰻屋の名入り鏡を見て帰る
(3)靡かない猫の目にある日永かな
(4)松島の女生き生き牡蠣を剥く
(5)神も仏も隔てなく雪囲

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)(4)いいと思いました。

ぼくとつにおしゃれに梅酒はのどあたり  裸時(30代,男)
ドクター星野の診断と処方箋
 「ぼくとつ」と「おしゃれ」はどちらか一つにしてほしいと思いました。

(1)アマリリス電話に出れば妻の声  汽白(40代,男)
(2)ペディキュアの妻をみている白熊と
(3)くまごろーほていあおいはいつも暮れ
(4)白熊のチャックを下げてなにもなし
(5)白熊と併走をして置いてかれ

 いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)アマリリス…いいと思います。
(2)白熊と…いいと思います。
(3)(4)(5)は少し投げやりな感じを受けました。

(1)遠足の平成生まれなる列よ  藤(10代,男)
切れが無い分、句の締まりが悪いことが否めないかもしれません。
(2)故里の月光に手を入れてをる
 なぜ、「故里」なのかという共有性に課題があるかもしれません・・・。あと、着地は「けり」にしようかと長々と迷ってしまいました(苦笑)。御診断、よろしくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「なる」は理屈っぽいです。もう遠足にいくのは平成生まればかりではないでしょうか。
(2)「月光に手を入れてをる」が具体的にイメージでき難く思います。全身ずぶ濡れではダメなのでしょうか。

(1)立秋の夕雲の帯幾重にも  蓉子(50代,女)
(2)コスモスに夕空たかくありにけり
 「とほく」と「たかく」で迷ったのですが・・・。講評のほどよろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。
(2)コスモスに高い空、青い空は、写真にもよくあります。「夕空」はちょっと違ったニュアンスですが、真上ではなく夕日の方向に目の行く所から「とほく」の方が合っているように思いました。

(1)炎帝や舗装路の犬靴履いて  文の子(60代,男)
(2)夏草やクローザーにて復活し
(3)絵日記に日輪雨の夏休み
(4)日陰とて熱風激しビルの裏
(5)雲ひとつ峰より千切れ秋立ちぬ

 8/23のご診断有難うございました。「雲峰の崩れて平ら今朝の秋」を推敲しました。これも想定内でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(5)いいと思います。
(2)「クローザー」は抑えの投手。草野球の一コマでしょうか。いいと思います。
(4)「ビルの裏」では説明になってしまいます。「御堂筋」など具体的な地名を入れられては。
(3)雨の日の絵日記にも子どもが元気なお日様を描き入れたのでしょう。その発見はよかったのですが、今年のように猛暑の「夏休み」では読者にその面白さが伝わりません。しかし、せっかくのお出かけや旅行の日ということであれば分かります。雨が降った場所を「いぶき山」や「イルカショー」「散歩道」など具体的に。お日様は楽しかったという印かもしれません。

(1)連れられて見れば燃え立つ稲の花  三郎(70才以上,男)
(2)向日葵やそろった帽子に笑い顔
 よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)ご自分の田を見に行かれたのでしょうか。「燃え立つ」に、美しさや満足感を感じての句か、極暑を案じられての句かと迷いました。前者なら「日に照る」「日に在り」など、後者なら「炎暑の」等とされた方が分かるように思います。
(2)「そろった帽子」は子ども達の顔ぶれが揃ったと言うことなのでしょう。いいと思います。

逆らはず風の吹くまま秋桜  しんい(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 「逆らはず風の吹くまま」は「秋桜」に含まれていますので、これだけでは句に成り難く思いました。

干蛸の八方破れ秋暑し  慈英(50代,男)
 ご指導宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 面白いと思いましたが、「干蛸の八方破れ」に読者の共感がえられるかどうか。吟行などで実際に見た人達との句会なら、人気句になると思います。

釣果なほ夕立来そうな空模様  ショウゴ(70才以上,男)
 句会に持っていってアッと言わせるために特訓をお願いしたいのです。いつも報告と か作者が見えないとか言われっぱなしなんです。
ドクター星野の診断と処方箋
 一つの事柄や事物について一つの見方しかしていないのが私達の普通の生活です。それは生活のためには仕方のないことなのですが、せっかく俳句を始められたのですから、多様なものの見方をご自分で楽しんでください。特訓方法としてはやはり多作多捨でしょうか。一句作られたら、同じテーマで十句作られることをお勧めします。
 さて、御句、内容は分かるのですが、「なほ」にも「来そうな」にも「空模様」にも実は実体がありません。ここを洗いなおすのが俳句ではないでしょうか。例えば「釣果なほ」を「ヘラ二匹」などとするだけで、作者の心もとなさも共感されます。「来そうな」は「の来る」、「空模様」は「西の空」或いは「いぶき山」などに。できるだけ「具体物でそっけなく伝える」のが俳句の技法だと思います。

(1)田舎子と喧嘩した道墓参り  延也(70才以上,男)
(2)しげさ節流して秋の遊覧船
 どうぞ宜しくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)報告のような気がします。
(2)いいと思います。のんびりした風情が感じられます。「しげさ節」を聞いてみたいと思いました。

いにしへの横地ずれ跡芙蓉咲く  さくら(女)
 明治時代の地震で地ずれがあり跡地に白芙蓉がさいていました。下5白芙蓉としたほうがいいか迷いました。宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 座五「白芙蓉」も、全体を包みこむ感じでいいと思いますが、「横地ずれ跡」がやや難解です。「地ずれの跡や」でも。また、白芙蓉を上五に、「白芙蓉明治時代の地震(なゐ)の跡」などとされても。いずれにしても、地震の跡と芙蓉の取り合わせがいい句です。幻想的にも写実的にもいろいろな表現ができますね。

(1)線香花火だけ咲かす二人かな  藤井茂子(60代,女)
(2)夕月や黒衣を掛けるお下げ髪
(3)タクシーの列に割り込む大夕立

ドクター星野の診断と処方箋
(1)どういう二人なのかの説明に中7までを使ってしまい、余韻がありません。「だけを咲かせて」とされると、例えば大勢で花火をしていても、線香花火が特に気に入って見詰め合う二人…、などと読めるのではないでしょうか。
(2)具体的にイメージできませんでした。
(3)いいと思います。大夕立がダイナミックかつユーモラスですね。

(1)帰省の子三日目からはただの人  岡野直樹(40代,男)
(2)そうめんを流す竹割く翁かな
(3)娘六つ河童の如く胡瓜食む

 帰省して作ったものの続きです。よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「ただの人」の中身を提示してほしいと思いました。
(2)いいと思います。「割く」は「割る」でも。「竹割り翁」とすると遊びすぎでしょうか。
(3)報告にとどまっているような気がします。「河童の如く」も分かるようで分かりません。

空蝉の夢は大樹の上はるか  豊田ささお(70才以上,男)
 蝉の抜け殻調べをしてみるといろいろ思い浮かぶことが錯綜してきます。結局こんなところですが・・・
ドクター星野の診断と処方箋
 「空蝉の夢」は面白いと思うのですが、「大樹の上はるか」が具体的にイメージできませんでした。

(1)花蓮の群れてあはうみ覆ひけり  文の子(60代,男)
(2)群生の花蓮丈を葉に揃へ
 琵琶湖の蓮は未だ咲いていました。
(3)とびとびの大津京跡秋の風
(4)ベランダに藍色の花今朝の秋
(5)マネキンの服に袖あり秋立つ日

 暑い日が続きますが、掲句は涼しくなるでしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(5)がいいと思います。「服に袖あり」は当たり前のことなのですが、ノースリーブのマネキンを見慣れると、袖のある秋服が新鮮に感じられますね。秋立つ日、「服に袖あり」は大発見です。


2007年8月27日

(1)向日葵のわが腹にある死者の死か  未知(50代,男)
(2)飛鳥以後いくつ詠まるる秋の暮
(3)灯を落とし蝶は月へと帰るかな
(4)炊き出しの女生き生き大根煮
(5)蚕しぐれや生飯の饐へたる板の間に

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「死者の死」に興味を持ちましたが、句意が掴めませんでした。
(2)(3)知識だけで詠まれた句のような気がします。
(4)「炊き出し」は不要。「大根煮」で分かります。
(5)報告にとどまっているような気がします。

(1)春の日の下敷きで髪たてる子ら  藤(10代,男)
 やや迫力がない気が致します・・・。
(2)知らぬ間に隣の町や夜の秋
 やや説明的で平凡な発想なのが、否めないかもしれません・・・。
(3)天高し少年の靴ちらばつて
 やはり、「天高し」と「少年」は付き過ぎでしょうか?
(4)風鈴の音をいくたび通りけり
 やはり、甘いでしょうか?
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「春の日の」が懐古的なのかも。でも、これはこれでいいと思います。
(2)考え事をして歩いているうちに…ということでしょうか。
(3)いいと思います。秋空の運動場に「少年の靴がちらばつて」いる様子が目に浮かびました。そう言えば子どもはよく、靴を脱いで走りますね。
(4)風鈴を吊った軒を何回もくぐったということでしょうか。これだけでは句に成り難いように思いました。

(1)露草の青ひそとして芭蕉句碑  しんい(女)
(2)朝もぎのいちじく露をこぼしけり
 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「ひそとして」はやや言いすぎでしょうか。「露草の青」で充分です。
(2)いいと思います。

(1)かなかなや一本締めのお開きに  藤井茂子(60代,女)
(2)参道を目線が先に秋祭り
ドクター星野の診断と処方箋
(1)イメージがうまく結べませんでした。
(2)「目線が先に」行くのは当たり前ではないでしょうか。

朝焼けはいつか小雨に昇天す  穂波
 無宗教の私が「昇天」という言葉を使っていいのか、迷いました。ただ、朝焼けを見て「今あの世に喜んで迎え入れてもらっている」と思ったのは実感です。よろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
 このままでは、「朝焼けが小雨に変わる頃、誰かが死んでしまった」と読めてしまいます。「昇天す」はやはり言い過ぎではないでしょうか。

(1)うつせみの容器の衝撃バリバリ君  裸時(30代,男)
(2)暗室の赤富士燃える御美なくて
(3)車からミラー合わせて白夜めくる

ドクター星野の診断と処方箋
(1)「バリバリ君」はアイスキャンディの名前ですね。
(2)「御美なくて」が分かりませんでした。
(3)「白夜めくる」が具体的にイメージできませんでした。

(1)飛魚の眼にありし宙の闇  蓉子(50代,女)
 「飛魚の眼とらえし空のはて」、前回講評していただいたので作り直しました。群青の目の表現むずかしいです・・・
(2)冷房の中われも受験生なり
 秋の受験を控えて図書館へ通っています。高校生の中に混じって勉強するのが良い刺激になります。よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。「宙」はそらと読むのでしょうね。
(2)いいと思います。句またがりで全体を二つに分けておられるのも、きっぱりとした印象です。

(1)送り火や灯り落して京の町  文の子(60代,男)
(2)人の文字火の文字見せて大文字
(3)灯籠のたゆたふ水面五山の火
(4)ゆったりと風車回れり薄原

 記録的な酷暑が続いていますが、ドクターはお健やかにお過ごしのことと存じます。先週後半は暑い関西に行っておりました。掲句宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 やっと一雨二雨、関西も生き返った思いです。
(1)(2)いいと思います。
(4)「ゆったりと」と言われると「風車」がとても大きいものに思われるのですが、それが薄原にある場面がぴんときませんでした。


2007年8月26日

鳴きやめて飛び去る蝉のしと光る  桐子(60代,男)
 そっと伸ばす捕虫網。ぱっと飛び立つ蝉。その瞬間蝉の放つ尿。悔しくもあり、木漏れ日に光る尿のきれいでもあり。子供のころの思い出です。
ドクター星野の診断と処方箋
 「鳴きやめて」がいいですね。蝉にも思惑があるかに思えます。蝉捕りの面白さは、子どもにとっては知恵比べの面白さでしょう。網が近づくとぴたっと鳴きやみ、……。「飛び去る」で、逃げられた悔しさもよく分かります。蝉のおしっこは身軽に逃げようとして放出する吸ったばかりの木の汁だそうです。そういえば透明がありました。

駅までの一歩一歩の残暑かな  悶朗(50代,男)
 8月からお世話になっております。俳句のことを考えると楽しくてしようがないこのごろです。先日、古本屋にて「右脳俳句」なる本を購入。曰く「俳句は推敲してはいけない。推敲したいときはもう一句つくればよい。どんどんつくってみればいい。」これって推敲しているのと同じことですよね。
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。ただ「駅までの」というと朝の通勤を思うのですが、「家までの」ではいけませんか。「右脳俳句」、面白そうですね。私も大まかに言えば「もう一句作る」方に賛成です。

(1)初鯊やビビツと手に来る致福かな  森田光子(60代,女)
(2)念仏を唱えはぜ焼く薄煙
(3)迎え火や千の風なる父母成し
(4)山津波そびらに咲きし百合の花

 ご無沙汰しております。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「致福かな」は言い過ぎではないでしょうか。
(2)「念仏を唱え」ることと「はぜ焼く」ことが切れていれば面白いのですが、この句では付きすぎのようです。
(3)「父母成し」が難解です。
(4)「山津波」が大胆で分かりません。山津波の後ろには百合の花が咲いている、或いは山津波は背中に咲いた百合の花のようだ、と言っているのでしょうか。

三日月とアオマツムシの散歩道  豊田ささお(70才以上, 男)
 「ザリガニを釣る少年の原爆忌」へのご診断有難うございました。やはりひとりよがりになってしまいましたなぁ・・アオマツムシは最近ふえてきた外来種で今頃の夜大きい声で鳴いています。
ドクター星野の診断と処方箋
 私も三年ほど前から街路樹の中で鳴いているアオマツムシが気にかかっています。草の中にいるのではなく、木の枝にいるようですね。確かに大きな声ですが、鉦を叩いているような声で害虫とも思えません。まだ姿を見つけられず残念です。
 さて御句、三日月とアオマツムシのアオが散歩道を幻想的にしています。街路樹沿いにずっと鳴いているアオマツムシが、作者についてきているように読めると面白いですね。

(1)道のべの風の中なる女郎花  小口泰與(60代,男)
(2)リフト揺れ小鳥の声の薄れけり
(3)溝蕎麦や米爆ゼ口にやはらかし
(4)せせらぎに添ひて香れり藤袴

 よろしくご指導願います。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)いいと思いました。
(3)「溝蕎麦」と「米爆ゼ口」との関係が遠すぎて分かりませんでした。「米爆」もこなれない表現ではないでしょうか。
(1)自然のスケッチとしていいと思います。
(4)「香れり」がおざなりです。

31度汗かくことの婆は好き  ねぎよしこ(70才以上)
 残暑お見舞い致します。お元気に暑さをのりきる事お祈りしてます。
ドクター星野の診断と処方箋
 ありがとうございます。やっと関西にも雷雨がきて、暑さもピークを過ぎたようです。
 「汗かくことの婆は好き」の健康さ、大変うらやましく思いました。「31度」と詠み始められたのもおもしろいです。ここはやや読みが難しいのですが、朝早い時間にもう「31度」あったのだと思います。はりきって夏の一日を迎えようとしている作者の気持ちが伝わってきて、いいと思いました。

夕焼けやあだ名で呼んでいる恩師  藤(10代,男)
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。「恩師」がやや固いと思ったのですが、「先生」だと今の担任のようで味わいに欠けますね。「夕焼け」もそのなつかしさとよく合っていて、友達同士で語り合っている場面が鮮明です。

(1)しがみつくのうぜんかずらの一途かな  うさぎ
(2)ネクタイを緩めながら青葉闇
(3)風の来た道を辿れば泉あり

 インデアナは少し涼しくなりました。早くも、楓のてっぺんがほんのり色付いてきた木もあります。俳句をはじめなければ、そんな季節の先駆けにも、気付かずにいたと思います。よろしくご指導ください。
ドクター星野の診断と処方箋
(3)がいいと思います。「泉あり」までが無理なく詠まれており、作者と一緒に歩いて泉を見つけたような楽しさを味わえました。インディアナ州もいいところなのですね。
(1)「しがみつく」「一途かな」ののうぜんかずらの擬人化が成功しているとは思えませんでした。
(2)これだけでは句になり難いように思いました。中七の字足らずも気になります。


2007年8月25日

すれ違うメロディーバスや花野道  岬(女)
 見た通りですが普段町の中で生活している私には手を上げたところで止まるメロディーバスを始めてみました。そして広くない道では草の花が咲いていました。
ドクター星野の診断と処方箋
 「メロディーバス」名前だけでも懐かしく、いいと思いました。(「花野道」は付きすぎのような気もしますが)。

(1)深々とさなぎは眠る夏まひる  センリ
(2)餌(え)をくはふ夏の鴉はつややかに
ドクター星野の診断と処方箋
(1)今年のような酷暑の夏には「夏まひる」に共感が得にくいように思います。
(2)「つややかに」いいと思いましたが、「餌」が具体的になれば尚いいと思います。

(1)壕の絵のあな幼けなし曼珠紗華  未知(50代,男)
(2)蝦夷世の大和世となり曼珠紗華
(3)六十余年外に向かひて鉄線花
(4)向日葵やわが腹にある死者の死
(5)髪梳きてじゃがたら文の流離かな

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
 今回の句はどれも作者の顔が見え難く思いました。

ひぐらしや象施され賽銭箱  しんい(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
 「象施され」が具体的にイメージできませんでした。

木の上できゃんぷふぁいやー見てをりぬ  豊田ささお(男)
 「花サビタ・・」へのご診断有難うございました。四苦八苦のその先へちょっとだけすすめた思いです。が、また今回のように逆戻りしたりです。
ドクター星野の診断と処方箋
 このままでは散文ですね。「きゃんぷふぁいやー」も片かなでよいのでは。

(1)八月や戦を知らぬ子供たち  遊雲(70才以上,男)
(2)甲子園球児八月十五日
 「送り火」勉強になりました。私としては、原爆で亡くなった人、戦火に倒れた人の霊も含めての「送り火」と言いたかったのですが。この前は「ひと夏を山小屋にいて山となる」で「山となる」の意が伝えられませんでした。難しいです。8月は重い月です。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)残念ながら通り一遍のものしか読者には伝わらないのではないかと思います。
 「ひと夏を山小屋にいて」の句は面白くなりそうですね。

蜥蜴出づ囚徒の服を着せられて  iti(40代,男)
 ある句会で賛否わかれました。いかがでしょう。
ドクター星野の診断と処方箋
 蜥蜴はわりと自由にしていますので「囚徒」とも「着せられて」とも結びつきにくいですね。同じ内容で八月の船団北摂句会では「青いシャツひっかけている瑠璃蜥蜴」(中林明美)が二点句でした。

(1)白萩や築地の土の崩るまま  遊雲(70才以上,男)
(2)夕顔や明日の朝刊休みです
(3)空想から科学へ鵲の橋

 暑い秋レールも旋毛も曲がります。8月もあと少し。本当に秋が来るのかしらという毎日です。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)あっさりと、これはこれでいいかもしれません。
(3)いいと思います。大きな鵲の橋を連想しました。

(1)秋暁に帆を揚げし瓶の中  せいち(60代,男)
(2)芝漬の茶漬けさらりと秋に入る
 宜しくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)ボトルシップでしょうか。字足らずが気になります。「船」を入れてもいいのでは。
(2)「さらりと」が安易かもしれません。

吊革に夏風邪らしき男かな  藤(10代,男)
 よろしくお願い致しますー。
ドクター星野の診断と処方箋
 残念ながらこのままでは散文です。特徴をつかんで「男」を何かに変身させるといいのではないでしょうか。


2007年8月24日

(1)麦藁の綻びぬけて夕日かな  うさぎ
(2)灰色の電柱抱(いだ)きし油蝉
(3)油蝉足踏ん張ってビルの壁
(4)空蝉や下駄にうっすら指の跡

 「麦わらのつばの綻び蝉時雨」は季語が2つでした。直しました。今回は蝉がインスピレーションです。日本にいた頃のように、まじかに蝉を見ることはないのですが、子供の頃の思い出をもとに作りました。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「麦藁の」だけでは通じ難いと思います。「麦藁帽子の」に。「ぬけて」は「ぬける」でも。
(2)(3)よく見ようとする意欲は感じられますが、報告に終わっているような気がします。
(4)いいと思います。

(1)夏の峰地球一周の途中  まりあ(40代,女)
 ありがとうございました。「夏の山地球一周の途中」の位置を明快にしたいと思い、改作しました。
(2)胸元へ夏蝶仇を討つごとく
(3)茅輪くぐりぬあまたの欲を思ひ出し

 よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)作者は「夏の峰」に立っているのですね。しかもそれが「地球一周の途中」!峰によって視界が開け、事実としても空想としても、納得のいく一句になったと思います。
(2)「胸元へ夏蝶」はいいと思います。「仇を討つ」も独自な把握ですが、「ごとく」を御一考ください。
(3)いいと思います。

(1)じっとしてゐて音をあげる暑さかな  未知(50代,男)
(2)大陸に長江ありて荻のこゑ
(3)藤袴娘の居し頃の長鏡
(4)紅葉づれる蔦忘れちまった日記
(5)松島のしぐれきて人恋しかな

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)このままでは散文です。「暑さかな」に思いきった具体物をもって来て取り合わせの句にされるか、「じっとしてゐて」面白いものを上五に置くといいのではないでしょうか。句意とは少し外れるのですが、風鈴、炎帝、などと考えてみました。
(2)(3)いいと思いました。
(4)「忘れちまった日記」が読みきれませんでした。

煩悩は気化するものぞ西瓜切る  多弁(60代,男)
 よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
 「煩悩は気化するものぞ」は一人よがりな表現ではないでしょうか。

(1)熱帯夜ひよこの影の伸び縮み  うさぎ
 「夜店の灯ひよこの影の伸び縮み」の推敲です。夜店の灯が種明しとのご指摘でした。
(2)一滴の光り絞りてアンタレス
(3)木下闇小道の先で風に会う
(4)麦わらのつばの綻び蝉時雨
(5)蝉時雨絶えて募りし胸騒ぎ

 宜しくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)困りましたね。これは「夜店の灯」のほうがいいです。「ひよこの影」に哀れさがあり普遍性があります。「夜店の灯」を決定板としておいてください。
(4)「蝉時雨」はおざなりです。
(5)内容はよく分かります。「絶えて」は「途絶え」でしょうか。

(1)突っ走る神話街道今朝の秋  藤井茂子(60代,女)
(2)宍道湖に秋の日上るサイドミラー
(3)Tの字を右折の宍道八月尽
(4)鉛筆でカップを叩く夜の秋

ドクター星野の診断と処方箋
(2)がいいと思いました。「サイドミラー」は「ミラーかな」でも。

(1)山々は入道支え静まれり  三郎(70才以上,男)
(2)赤とんぼ見送る列車風の木樹
(3)山間の緑の里や百日紅
(4)夕風にゆれる庭木やアマリリス

 よろしくおねがいします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)に個性的な把握を感じました。「入道」は入道雲のことだと思いますが、このままで通じるかどうか心配ですね。「入道」と擬人化しておられるのかもしれませんが、それでは逆もどりでつまりません。「山静か入道雲を支えけり」「入道雲支え山々静まれり」などいくつも作り、検討してみてください。
(2)(4)は下五に魅力を感じませんでした。

(1)見下ろすや三十万の柳蘭  小口泰與(60代,男)
(2)頂上や飛び交ふ鳶秋の空
(3)朝顔や今朝の赤城の真清けし

 よろしくご指導願います。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)がいいと思いました。「見下ろすや」は「見下ろして」などとされても。

(1)天心に夏暁の月命終す  穂波
(2)梅雨闇を渡れる鷺の白さかな
 大変遅くなりましたが「古椅子」の句へのコメント、ありがとうございました。先日、身近なお年寄りを見送りました。ご指導よろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)がいいと思いました。梅雨闇のモノトーンの色彩から「鷺の白さ」がくっきりと目に浮かび、亡き人の清浄さをイメージさせます。

(1)森静かオオムラサキの閉ざす羽  豊田ささお(70才以上,男)
 以前に疑問を提された「サビタ」のご説明をしますと、「ノリウツギ」の「別名」で、主に北海道でよく使われていて原田康子の小説「挽歌」で一躍広がったそうです。ですから、私も正しくは「糊空木」とするべきだったかも・・・でも「サビタ」という呼び方にロマンを感じていたものですから・・すみません。
(2)草を刈る水平線に陽が沈む
 先日の句会への疑問についてたいへん暖かいお言葉を頂き主宰が聞いたら喜ぶと思います。(言うつもりはありませんが)とにかく、「もっとうまくなれば何をやってもいいが・・今は眼前の感動を射止めよ」が口癖です。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「森静か」と作者の主観を述べてしまうと、「閉ざす羽」がその説明的になってしまいます。
(2)いいと思います。水平線の見えるところで草を刈る生活もあるのですね。「挽歌」は私も夢中で読んだ記憶があります。「花サビタ」で結構です。北の大地を思わせます。


2007年8月23日

(1)山車引きしあとを振舞ふお赤飯  如月
(2)カーテンの張り付いてゐる西日かな
(3)殉職のお堂に奉る揚花火
(4)友いつも変はらぬ距離で花芙蓉

 (4)は説明句になりますか?説明句の見きわめをご指導お願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(4)いいと思います。
(4)は「友」が一般的な友でなく、かけがえのない一人の「友」と思われます。それは「花芙蓉のような」という作者の思いが言外に効いているからではないでしょうか。「いつも変はらぬ距離で」が「花芙蓉」にも響いているところが、友の説明だけに終わらない余韻を残すのだと思います。

(1)コオロギの気持ちが熱い風呂浮かぶ  裸時(30代,男)
(2)避暑の子は白い光線つらぬいて
 暑い日が続きますね→
(3)不器用に容器の衝撃夏至夏至と
 よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「浮かぶ」が答えになってしまっています。「である」に。
(2)「つらぬいて」は不要。
(3)「夏至夏至と」には広がりが感じられません。言いたいことは極力言わないのが俳句の極意です。

炎天よわが眼突き刺す蝉の声  悶朗(50代,男)
 暑くてたまりません。よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
 残念ながら「わが眼突き刺す」も「炎天」の想定内です。具体物で詠んでほしいと思いました。

吊革に頬叩かれて秋暑し  鷹(60代,男)
 よろしくお願い申し上げます。
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。なんとも不愉快ですが。

味噌仕込みおなごの仕事母の言う  菊美(60代,女)
 ありがとうございます。今朝の秋?言葉の使い方で、こんなにも名句ですね。暑くてなかなか句が浮かばない!と、言い訳です。言葉遊びが出来ないだけでした。
ドクター星野の診断と処方箋
 少し舌足らずな印象をうけました。「おなごの仕事」の後に「と」を入れられる方が分かりやすいと思います。しかしながら、少々分かり難くてもここは「おなご脅しと」とされる方が句の魅力は増すかもしれません。「おなご脅し」という風の名前が親から子へ伝わるのはこのような仕事の場面からだろうな、と文化の豊かさをうらやましく感じました。

シナプスに微かな指令星奔る  萬穂(男)
 初めまして。宜しくご指導お願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
 どんな場面で「シナプスに微かな指令」が下ったのか、具体物で詠んでほしいと思いました。

酷暑の日こそ訪れるべし無言館  なお(40代,女)
 ご教示願います。
ドクター星野の診断と処方箋
 「こそ」「べし」がややくどい印象です。酷暑の日に無言館を訪れた、という事実だけで充分です。その日の印象を何句も作って、会心の作にしていただきたいと思いました。

(1)炎天にぺコチャンが出す赤い舌  えんや(70才以上,男)
(2)帰省子の無くて聞きゐるラッシュかな
(3)背中の子の届かぬ風鈴鳴りやまず

 いつもお世話になります。お盆は休まれるのでしょうね・・・・と云いな がら又も 駄作を提出御免なさい。宜しくお願い申しあげます。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。「や」で切られても。
(2)「帰省子の無くて」にいろいろな状況が考えられ、いいと思いました。子どもがいないのか、休みなど取れない状況で働いているいるのか、等など。
(3)「届かぬ」が言いすぎです。作者が「届かぬ」と決めつける前に、手を伸ばして風鈴を触ろうとする幼児の様子を詠んでいただくと、読者にも入る余地ができます。

(1)鮎の川『大橋』ありて巾七尺  岡野直樹(40代,男)
(2)一人増え一族そろう帰省かな
(3)帰省の子関西弁をまねており
(4)金魚すくい好きな従兄は帰省せず
(5)帰省の子すぐに通じる仮面ライダー

 帰省シリーズになりました。よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)いいと思います。どちらもどういう状況なのかといろいろ考える楽しみがありますね。

終戦のビラ落ちる村母がいて  菊美(60代,女)
 私ごとながら。終戦の日も熱く、6歳ではっきり覚えてます。熊本の山村、ラジオがなくひらひら空から舞い落ちたビラが湯殿の屋根に落ちたのを母が拾い。「アーこれで安心して眠れる」といったの思い出します。長兄戦病死、父も早く病死。今の平和に感謝です!
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。この句の中では「母がいて」が生きています。終戦の日にビラが撒かれていたことを初めて知りました。八月の緑濃い山の村に舞い落ちるビラ、苦しい時代とはいえ絵のような風景ですね。


2007年8月22日

(1)青田風入れて写経の大広間  悠(70才以上,女)
(2)終戦日あの日と同じ蝉時雨 (季重ねでしょうね)
(3)目のうらに星きらめけり終戦忌

ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。
(2)(3)一般的な終戦忌という印象を受けました。ささやかでも独自のもの、具体物で作句していただきたいと思います。

(1)終戦日電池切れにし腕時計  文の子(60代,男)
(2)雲峰の崩れて平ら今朝の秋
(3)残暑かな車のタイヤ空気抜く

 8/15の推敲句のご診断有難うございました。的確なご指摘ご指導のお蔭と感謝しております。掲句宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)どちらも季語の想定内の句ではないでしょうか。新鮮な切り口がほしいと思いました。
(3)「残暑かな」が答えになってしまっています。

(1)少年の夏立て札の向かふかな  未知(50代,男)
(2)巫女かざす鈴穂の空や蝉しぐれ
(3)針千本飲ます算段赤のまま
(4)松島の吹雪の闇に聞こゆこゑ
(5)雪解水落ち来る地上へ地上へかな

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「立て札」が抽象的で、頭の中で考えて作ったような弱さがあります。
(2)「鈴穂の空」に新鮮さを感じました。
(3)(4)(5)イメージが具体的に結び難いように思います。

(1)ろうかんや打坐即刻は波郷の忌  山本葆博(60代,男)
(2)斎の座の有縁も老ひし晩夏かな
(3)秋光に天目蒼きひかりかな
(4)寂光の雁がね渡る月の形
(5)山峡の郷のこいしや天の川
(6)僧堂も塀も朽ちたり彼岸花

 よろしくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「ろうかん」は竹のことでしょうか。
(2)(3)(4)がいいと思いました。

(1)滴りや奇岩切り立つ峡谷の  しんい(女)
 8/15にご診断頂いた「谷深く奇岩切り立ち滴れり」の推敲です。
(2)饒舌の勧誘逃れ祭笛
 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「峡谷の」が不安定です。しっかりした名詞を持ってこられては。
(2)「饒舌の」が言い過ぎです。

(1)廃校に良き声流る露葎  小口泰與(60代,男)
(2)庭の木の樫鳥鳴くや手水鉢
(3)蜩やひととこのみの日の光
(4)木道の続く限りや秋の空
(5)青空に馬棚あるかぎり柳蘭

 よろしくご指導願います。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)良き声の主が具体的に分かりませんでしたが、全体の雰囲気が「露葎」とよく合っており、いいと思いました。
(3)「ひととこ」は一所のことでしょう。漢字にして読みを読者に任せるか、振り仮名を入れられるか、悩ましいところですね。
(4)いいと思います。

帰省時の第一声を考えん  藤(10代,男)
 素直な俳句を創りたい今日この頃です(笑)。
ドクター星野の診断と処方箋
 いいと思います。帰省子も「帰省子たらん」としているのですね。

(1)敗戦の夜はこうこうと灯を点し  豊田ささお(70才以上,男)
 いっぱしの軍国少年だった私は鬼畜米英に陵辱される恐怖におびえていましたが、母は、「今夜から電球丸出しでええんじじゃ」と・・煌々といっても、裸電球一個きりでした・・。
(2)夕焼けのただ美しき敗戦忌
 「長崎の空へ顔向け・・」へのご教示有難うございました。つくづく言葉が足りない焦燥感にさいなまれます。一日一句を最低ノルマとしていますが、怠慢な日々が過 ぎてきました。今日も苦材は(句材にあらず)たくさん見つかりましたが・・こんなところです。季重なりでしょうか?
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「灯の点り」とされた方が客観的写生的ではないでしょうか。「煌煌と」は外から見た景色だと思うので。ただ、少年の心情に即して主観的に「点し」と詠むなら「こわごわと」になるかもしれません。いずれにしましても、お母様の言葉からは庶民のしなやかな強さが伺え、「敗戦の夜」の体験は貴重だと思いました。
(2)これはこれで「ただ美しき」も含めていいと思います。

(1)妻の球探す炎暑のゴルフかな  文の子(60代,男)
(2)ゴルフもて妻に尽くしぬ大夕焼
 8/13のご指摘を踏まえ「妻の球探すゴルフや夏休み」を推敲しました。掲句は如 何でしょうか。
(3)終戦日語り部の父白寿なる
 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「炎暑のゴルフ」で報告に流れてしまいました。
(2)読者に入る余地がありません。
(3)いいと思います。「白寿」が効いています。

白判事白いレースのあいの風  裸時(30代,男)
ドクター星野の診断と処方箋
 雰囲気はいいのですが…。

(1)おにやんま倒立のまま引かれをり  山法師(女)
(2)指先に子かまきりゐてガリバーぞ
(3)大物を引きずってをり蟻の列

ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。
(2)「ガリバーぞ」は答えを言ってしまっているように思いました。
(3)報告にとどまっています。「大物」は具体的な方がいいのでは。


2007年8月21日

(1)著しく足を投げ出す夏の床  ポリ(50代,女)
(2)レジを待つ子のサンダルに夏の花
 いつも教えていただきありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「著しく」なら、「投げ出す」ではなく、「はみ出す」ではないでしょうか。
(2)「サンダル」と「夏の花」は季重なりですが、これはこれでいいと思います。「レジを待つ」も正しい日本語かどうか分かりませんが、大人に交じって神妙に待っている子どもに、損なわれない良さを感じました。夏休みの日常スケッチとしてよくできていると思います。

(1)土用波一気にさらふ砂の山  悠(70才以上,女)
(2)山のごと積まれし廃車雲のみね
(3)雲のみね逆転負けの涙かな
(4)敗戦を涙で仰ぐ雲のみね

 テレビの高校野球を見てよみました如何でしょうか。
(5)預かりし犬と留守番日永かな
(6)残鶯や雄滝雌滝のひびきあう

 よろしくおねがいします。
ドクター星野の診断と処方箋
(5)いいと思います。
(1)(2)(6)素直に詠んでおられますが、取り合わせの近さが気になります。
(3)(4)報告にとどまっているような気がします。

(1)七夕竹しなるロビーや秋保の湯  しんい(女)
(2)滝径の葉擦れのさやぎ冴え冴えと
(3)山頂は雲に隠れて大花野

 宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(3)がいいと思います。
(1)(2)は共に座五に魅力が感じられませんでした。

(1)木道を呑み込む霧や鳥の声  小口泰與(60代,男)
(2)湖畔より九十九折りなり蘆の花
(3)百合咲くや噴煙の山まばゆかり
(4)沈黙破る百合園の香赤白黄

 よろしくご指導願います。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)いいと思います。
(1)は「呑み込む」の擬人法で評価が分かれるかも知れません。
(4)「沈黙破る」は言いすぎではないでしょうか。

(1)薔薇戦争ホームページに書き込みて  未知(50代,男)
(2)抵当の出入り激しや瑠璃蜥蜴
(3)鉄鈴の魂を飼ひたりみちのくは
(4)みちのくの闇より生るる海月かな
(5)夜汽車来て出稼ぎの荷と林檎の香

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(4)がいいと思います。読者に想像の余地があり、「みちのくの闇」に「海月」は合っていると思いました。

新涼や振袖畳み嫁がせり  藤井茂子(60代,女)
ドクター星野の診断と処方箋
 「振袖畳み」がやや古風かもしれませんが、娘時代にしか着られない着物を畳む、ということにいろいろな事を考えさせられました。畳むと新涼も響き合っていると思います。


2007年8月20日

秋立ちぬ17文字がわたし好き  さくら(女)
 いつもお世話になります。
ドクター星野の診断と処方箋
 「秋立ちぬ」と詠み始めたところ、17をアラビア数字に、「わたし」をひらがなにしたところなど、若々しくていいですね。しかしながら、内容は、17文字がわたしを好き、という大胆な断定なのか、17文字がわたしは好き、と素直に言っているだけなのか、読みかねました。前者なら、田中裕明 の「爽やかや俳句の神に愛されて」が先行するのでは、と思いますが、後者なら「は」を入れられた方が分かりやすいと思います。

捕虫網からひとすじの飛行機雲  多弁(60代,男)
 残暑お見舞い申し上げます。よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
 捕虫網と飛行機雲は魅力的な取り合わせですね。しかし、「から」というと疑う向きも出てきそうな内容です。「捕虫網飛行機雲のひとすじに」または「伸びていく」で充分ではないでしょうか。或いは、「捕虫網振るひとすじの飛行機雲」 など。

ブラインドカーテン下ろす猛暑かな  岬(女)
 昨日、今日と暑い日が続いていて、ブラインドもカーテンも下ろしてクーラーを入れないと効き目がないように、それぐらい暑い日です。
ドクター星野の診断と処方箋
 ストレートに詠んでおられますが、それだけでは報告です。

(1)めぐみさんに似て悲しくも浴衣の子  えんや(70才以上,男)
(2)猛暑や突然の闇喫茶店
(3)監督も全員プール陸上部

 夏祭り浴衣を着た中二の孫が余りにめぐみさんに似て悲しみをおぼえました。宜しくご診断の程お願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「悲しくも」は読者の読みに任せ、言わない覚悟が必要です。
(2)状況がよく分かりませんでした。
(3)いいと思います。夏休みですから。

(1)翳す手や如何なる地上花茗荷  北児(70才以上,男)
(2)立つ雲と香や波や四十九里
 よろしくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「如何なる地上」がやや難解。意味的には「如何や地上」でしょうか。
(2)全体が「四十九里」の説明に終わっているような気がします。

ザリガニを釣る少年の原爆忌  豊田ささお(70才以上,男)
 このところの猛暑に冷房のない家のパソコンが火を噴きそうです。で、猛暑日の・・・なんたらかんたらと作ってみるのですが頭がまわりません。
ドクター星野の診断と処方箋
 少年と原爆忌との間に何か深い関係があるのかも知れませんが、読みきれませんでした。


2007年8月19日

(1)擲って心もかろし夏衣  山本葆博(60代,男)
(2)触れし子の腕やわらかき夏衣
(3)木津川のゆるき曲がりや朝焼けし
(4)滴りの利休茶杓は泪かな
(5)不如帰目は半眼に床の中
(6)蜩の啼くや連山あかね染む

 ご多忙の折、毎々恐れ入ります。よろしくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)いいと思います。
(3)は下五をご検討ください。

(1)夏草に座りてをりて水の音  未知(50代,男)
(2)鳥の声水汲みあぐるぶなの幹
(3)夏蝶や花狩りて花尽きるまで
(4)海林の風通りよき捕虫網
(5)夏霧や葡萄の蔦の葉の茂り

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(3)がいいと思いました。「花狩りて花尽きるまで」は作者の思いでもあります。
(4)いいと思います。
(5)「蔦」は「蔓」では。

(1)かなかなの深山に鈴のひびきかな  センリ
(2)蛍火の3ミリにして輝けり
ドクター星野の診断と処方箋
(1)素直に詠んでおられいいと思います。深山はみやまと読むのですね。
(2)「3ミリにして」が理屈っぽいです。報告にすぎないのでは。

(1)送り火や六日九日十五日  遊雲(70才以上,男)
(2)大文字を映して鴨川流れけり
(3)国破れ大文字の火の煌々と

 今年も早や盆の入り。8月はいろいろと思い出のこもる月です。今日は、大文字を3句。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)冒険句ですが、六日九日の原子爆弾の業火を送り火とは言えないのではないでしょうか。口調の良さも、疵になると思います。
(2)報告にとどまっているように思います。
(3)作者の思いが出すぎ、読者に入る隙がありません。

(1)カーテンをまつすぐ開ける原爆忌  藤(10代,男)
(2)たんぽぽの綿の乗りたる荷台かな
 時季外れで、平凡かもしれませんが宜しくお願いしますー。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)できているとは言い難いのですが、「原爆忌」をまっすぐ受けとめようとする姿勢は感じられました。
(2)報告にとどまっているような気がします。「綿」は「絮」に。

(1)いかにせん背きたる身の向日葵を  未知(50代,男)
(2)まどろ寝の幾日にならむ蟇
(3)白露の夢まぼろしの逢瀬かな
(4)惜しまるる影に涙や秋の道
(5)埋火をおこすことなく明かすかな

 ご教示を。
ドクター星野の診断と処方箋
(5)いいと思いました。
(2)「まどろ寝」はこなれない表現です。「まどろみ(微睡)」に。


2007年8月18日

(1)山門に来て蜩に迎へられ  悠(70才以上,女)
(2)帰国子の大の字になる夏座敷
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。
(2)「大の字になる」がやや手垢の付いた表現です。

(1)夏休み午後の校庭無音なり  ねぎよしこ(70才以上,女)
(2)まあなんと番で咲くよ野の鷺草
 忘却の彼方の句、適切な御教示有難う御座います。あれこれ考えてます。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。
(2)いいと思います。「まあなんと」で読者は以下のフレーズを疑う余地がありませんね。

夏空や微動だにせぬ青さかな  悶朗(50代,男)
 俳句という文芸の敷居は低くても奥はとてつもなく深いのでしょうね。
ドクター星野の診断と処方箋
 「や」で切る必要を感じませんでした。「の」でいいのでは。
 俳句形式は不自由なようで自由、難しいようで子どもでも作れる、面白い形式だと思います。深いか浅いかは作品によりますね。深そうに見えるのは案外そうでもなく、ということもあり、できてみないと分からない面白さもあります。

(1)船名の白文字白し今朝の秋  藤井茂子(60代,女)
(2)小走りに葡萄棚抜け大和川
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「白文字」と「白し」のどちらか一方で。
(2)報告にとどまっているような気がします。

(1)一つ浮き一つ沈むや金魚の死  えんや(70才以上,男)
(2)わが庭に生れし蝉かや石の上
(3)校舎より繋がる提灯夏祭り

 どうか宜しくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)(2)こういうものだ、と作者が決めつけてしまっているようで、読者の入る余地がありません。
(3)「校舎より」が、いいと思います。

(1)爽やかや信濃の真洞高き空  小口泰與(60代,男)
(2)みすずかる信濃の空や青林檎
(3)水分りやゲレンデ分ける柳蘭

 よろしくご指導願います。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)がいいと思いました。

海へ出る崖に一本小鬼百合  豊田ささお(70才以上,男)
 「目覚めても追いかけにけり黄揚羽」へのご指導有難うございました。私方では「きいあげは」と黄を延ばして使いますんで下五を何の疑問も持ちえませんでした。お恥ずかしい次第です。
ドクター星野の診断と処方箋
 「海へ出る崖」、いいと思います。
 先日の、「夕闇を押し戻してや花サビタ」も、サピタはノリウツギと分かりました。「夕闇を押し戻してや」の雰囲気とよく合っており、とてもいいと思います。


2007年8月17日

(1)浜にゐて爪ほどの蟹ふみ殺す  やすぼう
(2)窪み踏み茂み踏み征く泥戦車
 夏は戦場の映像を、よく見ます。わたしは、戦争が終わってから、生まれました。
(3)きらきらとB‐29は空爆す
 半世紀以上前から、空爆だったのだと、遅まきながら、思い至りました。よろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
 戦後生まれの私達が戦争を詠むのは、本質的には無理なことのような気がします。映像も写真も二次情報であり、どんなに良くできていたとしても、二次情報に頼った句はどこか嘘臭くひ弱です。それでもというなら個人的な強い動機と、表現にも独自の切り口が必要だと思います。
(2)(3)見たままの句ではないでしょうか。
(1)「爪ほどの蟹ふみ殺す」はいいと思います。作者の焦燥感が伝わります。「浜にゐて」は説明的。御一考下さい。

ダマリンが白服脱いで問題集  裸時(30代,男)
ドクター星野の診断と処方箋
 「ダマリン」の擬人化が成功しているとは思えませんでした。

(1)失せし子の声と思ほゆ薄原  文の子(60代,男)
(2)片陰や対向の人右側に
(3)ブレーカー落ちて八月十五日
(4)スタンドに飛沫や夏のイルカショー

 「夏しぶきイルカ胴体着水し」を推敲しました。宜しくお願い致します。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)あまりに個人的な体験は評も難しいですが、「失せし子」という表現に、「薄原」の季語は概念的です。
(3)「ブレーカー落ちて」が本当なら成り立つかもしれませんが。
(2)(4)報告にとどまっているような気がします。

(1)還暦をみな越えしとや滝行者  せいち(60代,男)
(2)打水の風もいただく夕餉かな
 宜しくお願いします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。読者も作者と驚きを共有でき、滝に打たれたような感慨が残ります。
(2)いいと思います。涼風ですね。

(1)流灯会さかまき消ゆる下の闇  山本葆博(60代,男)
(2)炎天やカッと見据える仁王の眼
(3)鶏頭の燃ゆ色に似て落きかな
(4)竹の杖岩場にしなる夏の山
(5)虫の音に蟇も和するか深き闇
(6)飄々乎水を味わう夏のはじめ
(7)蟇啼くや念念無間矢の如し
(8)落蝉の身を震わする路上かな

 毎々お世話に相成ります。勉強になります。漢語多用慎むべしと。
ドクター星野の診断と処方箋
(4)「竹の杖岩場にしなる」に発見があり、いいと思いました。山であることはここまでで充分わかりますので、「夏の山」は「夏の雲」、或いは別の季語に。

(1)峰雲やソロ抜擢のアップ髪  如月
 季語が合っているでしょうか。
(2)参道に座す柴犬や星祭
 季語「星祭」は「七夕」より夜のイメージが強くなってしまいますか。
(3)蝉の夜となりたる鬼平犯科帳 (4)向日葵や子を育てつつ育てられ
 よろしくお願いいたします。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「峰雲」は内容とよく合っていると思いましたが、「アップ髪」がこなれません。「髪を結う」など工夫してみてください。
(2)いいと思います。昼のイメージでも伝わります。
(3)(4)報告にとどまっているように思いました。

(1)出てゆきし学生寮や蝉時雨  藤(10代,男)
(2)わたしだけ昭和生まれの夏座敷
(3)夕涼や99ショップまで用事
(4)蝉しぐれ留学生と語りをり

 よろしくお願いしますー。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)(3)いいと思います。「夏座敷」「夕涼」がそれぞれよく合っていると思いました。

(1)夏の山地球一周の途中  まりあ(40代,女)
(2)兜虫口答へしてうなだるる
(3)時間割一枚裂ひて蝉時雨

 始めまして。よろしくお願いいたします。2番夏休みの子供のイメージなのですが、この季語いかがでしょうか?
ドクター星野の診断と処方箋
(1)「地球一周の途中」にあるものが何なのか迷います。普通に読めば作者なのですが…。
(2)いいと思います。夏休み、日焼けした三年生くらいの子どもでしょうね。
(3)「裂ひて」は「裂いて」または「裂きて」に。い音便は歴史的仮名遣いでも「い」と記します。


2007年8月16日

目で追うは里の音かな蝿来る  えぐちかずき(20代,男)
 幼い頃、夏になれば部屋に数匹は蝿がいたように思いますが、今はほとんどいません。漁村のある田舎から街中に引っ越したせいでしょうか。久しぶりに見た蝿でつくってみました。
ドクター星野の診断と処方箋
 「蝿」を「音」として捉えるのは面白いのですが、「里の音」は事情を知らない読者には分かり難いと思いました。

(1)その人の面照らさるる花火の夜  蓉子(50代,女)
 当地は陸揚げ花火の索ですがで、間近に揚がりその迫力に魅了されます。句は数年前のですが、人影の少ない裏手から降り注ぐような花火を二人で見ていた幸せな頃を思い出します。
(2)蝙蝠は何処の空へ暮るる浜
 夕暮れ時たくさんの小動物が蛇行して飛んでいるのを防波堤から見ていました。それが蝙蝠であると友人から聞きました。
ドクター星野の診断と処方箋
(1)いいと思います。花火には「照らす」という一面もあるということを教えていただきました。
(2)いいと思います。

長崎の空へ顔向け鉄砲百合  豊田ささお(70才以上,男)
 ふらんす堂のホームページで池田澄子さんの「月に二度原爆忌ありアカトンボ」を拝見・・がーんと打たれた気分でした。とてもざっくりと、でも的確に詠まれているのに今更ながら感じ入りました。今日は八月九日です。
ドクター星野の診断と処方箋
 百合の花を持った作者が、長崎の空の方にふと顔を上げた、と読みました。「鉄砲百合」は「百合の花」に。「顔向け」も「顔上ぐ」とされた方が自然です。

避暑の子は白い光線霊体線  裸時(30代,男)
 「避暑の子の白い光線倒れる木」を推敲してみました→
ドクター星野の診断と処方箋
 「霊体線」がよく分かりませんでした。「白い光線」で充分不思議なので、座五はあっさりと。

(1)紫蘇の葉をもぎとる老いの力こぶ  えんや(70才以上,男)
(2)紫蘇の葉のもぎるに余る力なり
 どうか宜しくお願い申しあげます。
ドクター星野の診断と処方箋
 【「もぐ」は漢字で投句されましたが、インターネットでは使えませんのでカナにさせて頂きました。悪しからずご了承ください。】
(1)「老いの」は言いすぎでしょうか。
(2)「紫蘇の葉の」に迷います。「紫蘇の葉」に力があるのでしょうか。「紫蘇の葉を」なら分かります。

左利き女三代心太  三郎(70才以上,男)
 よろしくおねがいします。
ドクター星野の診断と処方箋
 祖母、母、娘が揃って心太を食べているのでしょうか。「左利き」に俳味もあり、とてもいいと思います。三代も続くと、何でもめでたい感じがしますね。

吹き出したおなご脅しの今朝の秋  菊美(60代,女)
 残暑お見舞い申し上げます。故郷熊本の、草枕俳句イベント、投句目指してますが?この頃から、布団綿の手入れ、味噌の仕込み、昔母がしてたの思い出します。押入れの掃除、しました。
ドクター星野の診断と処方箋
 まだまだ暑さ真っ盛り、押入れの掃除は御立派です。「おなご脅し」を初めて知りましたが、音的にも「今朝の秋」には強すぎませ んか。冬支度を促す風なのだそうですが、地方特有のニュアンスが楽しいですね。せっかくのお国言葉ですので「今朝の秋」は不要、「味噌仕込み」など具体的な家事を持ってこられた方がいいのではないでしょうか。

(1)三寸の御所人形や花葵  小口泰與(60代,男)
(2)見晴るかす嬬恋の朝球菜かな
(3)みすずかる信濃の百合や千曲川
(4)道のべに鬼百合咲きて蜘蛛の糸

 よろしくご指導願います。
ドクター星野の診断と処方箋
(2)がいいと思いました。
(4)鬼百合と蜘蛛の糸との関係がよく分かりません。