俳句クリニック 2007年10月前半分(ドクター:えなみしんさ)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


ドクターえなみの診断
2007年10月15日

(1)夕映えや桜もみづる遊歩道  しんい(女)
(2)木犀の一挙に開く通学路
 よろしくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(2)の句で診断すると「木犀が一挙に開いたな〜」と思い、そこが「通学路」だったので底5につけた句でしょう。ここんところからが俳句の難しくもあり面白くもある所なのですが、前回書いたようにもっと個人的なさりげない事、変だとおもったこと、またか〜と思ったこと、手にもっているもの、見かけたもの、過去の記憶、などと組み合わせてみてください。とりあえずは、通学路はいりません。そうしないと、全く個性のない俳句になってしまい、作っていても面白くないのではないですか。
(1)も全く同じです。

(1)静かなリ1人留守居の秋もらい  豊純(70才以上)
(2)報恩講お経のシャワー秋一日
(3)句作りで心の栄養貰う秋

 2ヶ月振りの句会、選句が少なく落ち込んでいますパソコンを開いて見ましたら、明るい若い先生変わっていらっしやったので早速投句させて頂きます。駄句ばかりなので恥ずかしくご診断下さい。宜しくお願いいたします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 見た目ほど若くはないのですが、たぶん明るいと思います。どうぞ、よろしく(^_^;)ゞ
(1)「留守居」はだいたいが静かなものなので、言葉がだぶってる感じがします。「秋もらい」は、伝えたいことがうまく言葉になっていないような印象を受けました。
(2)「報恩講/お経のシャワー/秋一日」。単語3つの羅列の句。「12文字+季語」または「季語+12文字」になるようにされるといいでしょう。この句では「お経のシャワー」が面白いのでこれは残し再考されると良い。たぶん、報恩講ははずすことになるでしょう。
(3)これは川柳の方向ですね〜。わたしは川柳もやってますから、川柳を下に見るつもりは全くないのですが。なぜかを話すと、「俳句と川柳の違い」を語ることになり、語りきれないので勘弁してください。

老犬に誕生日来て天高し  けいこ(50代,女)
 いつも有難うございます。先回の「夕映えの窓に人影鰯雲」の下五を”虫の秋”と推敲してみましたがどうでしょうか。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「夕映えの窓に人影/虫の秋」。季語が音になって、ずいぶん良くなりました。変わるものですね〜(^_^;)ゞ。
 さて、掲句、だらだらとして報告句です。この句材(俳句のテーマ)だけで句になるとしたら、ひとつは季語、このままでは、「誕生日がきて、天も高くめでたい」という事で、読む私にはどうでもいいこと。季語を変えて意味を変える。もうひとつは、言い回しで喜びが伝わるようにする。これもとても難しいです。「震度2ぐらいかしらと襖ごしに言う」池田澄子(たましいの話)のように、さりげない夫婦の会話で伝えるなどです。ここの所は研究すればキリがなく奥が深い。

(1)春暑しコリアン街の喫茶店  蓉子(50代,女)
(2)白粥の匙に一片花茗荷
 よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「コリアン街」にこめた思いが分からず、報告句としか読めず。
(2)この景は、とりたてて珍しいものではないのでは。従って報告句の域から出ていないと思います。

(1)四辻のシティホテルの秋御膳  藤井茂子(女)
(2)秋祭りもぐら叩きのスコアかな
(3)琴平の最下段に腰

ドクターえなみの診断と処方箋
(1)こんなとるに足りないものも、ちょっと変な俳句になるところに藤井さんの感覚の妙を感じました。
(2)「もぐら叩きのスコア」は面白い。秋祭りに近くのゲームセンターで遊ぶ風景か、それともゲームセンターが秋祭りか。季語のとりあわせが難しかった。
(3)藤井さんにして珍しい、定型はずし。それも562。定型のことよりも、「琴平の最下段」が分からない。金丸座の正面の席のことか、それとも回り舞台の底(奈落)にいるとか、別のことなんだろうか。

(1)するすると帯解くようにりんご剥く  うさぎ
(2) 爪あとを深く残して桃の皮
 秋の味覚特集! 宜しくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)言われてみればその通りなのですが、意外とびっくりしなかったのは何故だろう。その通りすぎるのかも知れない。この比喩は「〜のように」という直喩なのですが、「〜のように」を使わない隠喩にしたらいいかと思う。隠喩とは、「人生は冒険だ」「芸術はバクハツだ」「仕事の鬼」のような言い方。もうひとつは、取り合わせの句に持って行くやり方もあるでしょう。せっかっくの句材なので、トライしてみる価値はあるかも。
(2)発見の句で、良いと思います。もの足りなく思ってしまったのは「白桃に人刺すごとく刃を入れて/真砂女」を知ってしまっているからです。真砂女さんの生き方を考えると、人の心の底にあるものが怖くなる句です。

(1)黒姫の山のなぞへに秋桜  小口泰與(60代,男)
(2)秋の宵はたと争ふ鴉かな
(3)秋薔薇の瑞枝喰はれてありにけり

 よろしくご指導願います。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「なぞへ」は前にも出てきた、斜め。やや食い足りない気がしました。
(2)「はたと争ふ」がピンときませんでした。
(3)「瑞枝」は、あまり使わない言葉。「瑞」はめでたい。「瑞雲」は俳句で何回か見たことがある。「瑞枝喰はれてあり」の句意が不明でした。

三日月を三日月と見る陰陽師  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 奇妙な句ですね。この「見る」は、単に「見る」とも、「判断する」とも取れる。意味的には判断するかも知れないが、陰陽師が三日月と並んで三日月を見てる方が変でいいかも知れない。いずれにせよ、句意(作者の狙い)が不明。

(1)姉持ち来子に供へたる栗をこは  未知(50代,男)
(2)泣けてくることもありけり秋の暮
(3)菊の宴日の出とともに立ち上がる

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)この句は未知さんの句と分かって読んでいるからだと思うのですが、シーンに違和感を覚えてしまいます。「ドラマを作る」という作句法なのか、それとも本当のことか。もし、未知さんの句でないと思って読んでも、もって回った句だと思えてしまうのは、家族構成や何があって死んだかなどが分からないまま状況だけが提示されているからで、その提示された状況に自分を重ね合わせて共感することがないからでしょう。「をこは」は「おこは」では。
(2)一般的なこと+季語。句材を自分の意識で濾過して、出てきたものを詠まないと言葉だけで心に響かない。
(3)何のことだか、わかりませんでした。言葉が空回りしているのでは。

(1)金の玉離したくないホトトギス  裸時(30代,男)
(2)どっさりのアゲハチョウが光る店
(3)雲光るエナメルシューズに露の玉

 推敲してみました→「に」が入ると意味が解かりやすいですね→
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)(句のひっかっかり、その1)金色夜叉にダイヤモンドを取り囲みながら数人が印象をのべ合うシーンがあり、あれを思い出してしまった。(句のひっかっかり、その2)ホトトギスと言えば、日本を代表する結社だ。主宰はいつも高そうな着物を着ている女性だ。あの方のことかも。以上、面白い方向に行っていると思います。
(2)昔は、昆虫は夏休みなどに自由に捕ることができた。今は、デパートで買うものだ、などのイメージが広がる。「どっさりの」の語感。「光る」のシニカルな語用など、とてもいいんじゃないですか。
(3)露の玉がついたエナメルシューズに雲が映っていることになってしまう。もっと広げられると思うのですが、結論は急がず、宿題としたらどうですか、締め切りがあるわけじゃないので。


2007年10月14日

石仏の供へるごとく栗の落つ  さくら(女)
 宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「石仏に」ではなく、「石仏の」としている、つまり石の仏さんが、栗を供えたとしたのでしょう。そのつもりになればなるほどね〜とも思いますが、自然に共感できる句ではないでしょう。やはり、無理して作った感じがしてしまいます。

(1)もくせいの香に誘われて廻り道  悠(70才以上,女)
(2)手探りに鍵穴探す星月夜
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)木犀は、いい匂いがして、このようなことはわたしも体験があります。ただ、木犀の句は、この手が多く、曲がり角だったり、振り返るとか、見上げるとかです。また、木犀から猫がでてくるのも、良くあるパターンだと思います。ここから脱皮を!
(2)悪くはないのですが、鍵穴と星月夜の組み合わせはありがちで、オヤッと思ったり、なるほどと思ったりはしません。

(1)震災の神戸ラ・ビアン・ローズ咲き  蓉子(50代,女)
(2)人恋ひしことをわすれて障子貼る
 適切なご診断ありがとうございます。この句は今月の席題の句ですが、よろしくお 願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)ラ・ビアン・ローズと言えばエディットピアフ。映画が封切りになっていますね。神戸の応援の句に、ラ・ビアン・ローズを持ってこようという狙いがいいです。とても明るい気持ちになります。後は細かいこと。「咲き」が悩まれたと思いますが、これでいいいでしょう。ラ・ビアン・ローズが点だらけ。ラ(英語のザ)・ビアンローズ(うつくしい薔薇)で「ラ・ビアンローズ」の表記もあるかも。「震災の神戸」は、「震災の町」でもいいかも。でも、やはり神戸と入れたいでしょうね。薔薇が席題だとのことですが、ここに書いたら、誰かが見てしまうのでは?(^_^;)ゞ
(2)障子張るは、もう季語だけの世界ですが、何かに熱中してるときは、他の事を忘れる。それが障子を張るときというのが面白いです。そして、忘れることが「人恋ひし」ことというのも秋を感じさせて良いです。「人恋し」のルビでいいのでは。ついでにもうひとつ。「人恋ひしことをわすれし/障子貼」などと気取るよりも、この方がずーっといいと思いました。

(1)まっすぐな嫁より届く秋の茄子  藤井茂子(女)
(2)公孫樹葉に二三度転ぶ玉雫
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「まっすぐな少年」「まっすぐな苦学生」などは順当な言葉の組み合わせでしかないが、「まっすぐな嫁」が虚をつく。この言い回しだけで、思いはめぐり、イメージが膨らむ(これもポエジー)。秋の茄子も、さりげなく「嫁に食わすな」の格言を感じさせ、ユーモアもあり面白い。
(2)「公孫樹葉に二三度転ぶ」のは、わたしではなく「玉雫」なのでしょうか。「わたし」とも取れますが、そうなると「二三度転ぶ」が解せない。「玉雫」の名の酒、和菓子、お茶などがあるようですね。馴染みのない言葉でした。全体の設計が旨くいってないように感じました。

秋風や空似の人に話しかけ  えいこ(50代,女)
 俳句を始めて10ヶ月、読めない漢字、知らない言葉の多い事に驚きつつ、毎日の発見を楽しんでます。このコーナーを読んで参考にしてます。これからも宜しくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 日本語は言葉の数が多く、わたしたちは3万〜5万の言葉を知っているらしいのです。しかし、普通は1500〜3000くらいの言葉で済ましているらしい。知っているが使ったことがない言葉を開発すれば、もっと表現が豊かになるはずなのですが(^_^;)ゞ。掲句、「空似の人に話しかけ」るのが、暑さが遠のいてホッとしている秋風の頃。季語とのマッチングも良いと思いました。

(1)減反の隅に朽ちたる案山子かな  三郎(70才以上,男)
(2)吹く風と共にゆれてるそばの花
(3)連綿の歌や秋よぶ上野山

 よろしくおねがいします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)表現に面白みはありませんが、減反政策に対する嘆きが聞こえてくるような句で良いと思います。
(2)この風景は、良く見かけるものなので、言い回しに工夫が必要です。
(3)「連綿の歌」が工夫の表現でしょう。ただ、具体的な内容をかんじないのが不満でした。

(1)綿虫やゆらりと小さき丸木橋  しんい(女)
(2)綿虫のただよふ中や阿弥陀堂
 反省すべきことばかりですが、よろしくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)丸木橋は大体が「ゆらりと小さき」ものなのではないでしょうか(笑)。みんなが思っても、言葉にならなかったような何かを発見してください。
(2)綿虫と言えば漂っているのですから、「ただよふ中や」がいらないのだと思います。俳句と言えば、何か立派なことばかり考えがちですが、もっと個人的なさりげない事も俳句になると思います。探してみてください。「いつも来る綿虫のころ深大寺/石田波郷」この位さりげなく句が作れたらどんなにいいかと、いつも思っています。

(1)山の木の櫛目のやうや秋の山  小口泰與(60代,男)
(2)詣でるは一茶の墓や鬼芒
(3)ふうはりと湖に舞ひ落つ一葉かな

 よろしくご指導願います。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)直喩の句、ごとし俳句。例えるものに意外性が欲しい。
(2)内容(句材とも)が物足りない。
(3)これも句材が物足りない。句材が平凡なときは、言い回しの冴えがほしいところ。

秋草の植え込まれをる土鍋かな  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 少し考えて、分かりました(^_^;)ゞ。最初は火にかけてある土鍋に秋の野菜が入っていると思ってしまった。分かってなるほどと思った。素直でオヤッと思わすところもあり、良いのでは。

(1)俳人は無名がよろし翁の忌  未知(50代,男)
(2)翁の忌みんなで同じ舟に乗る
 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「戒名は真砂女でよろし紫木蓮/鈴木真砂女」があります。掲句は誰が誰の事を言っているのか不明。日本語は主語がないときは、「わたし」が隠れていると読むことになっているのですが、ほとんどの俳人は無名(有名にならないという意味)ですから。
(2)この句は、句意を言葉で言い当てていないと思う。

ふつふつとにこごりの中生まれます  裸時(30代,男)
 難解な頭をなるべく平明に表現するようチャレンジしています→もっと力が抜けると良いのかもしれません(^^;
ドクターえなみの診断と処方箋
 難解な頭をなるべく平明に表現するようチャレンジ←期待しています(^_^;)ゞ。掲句、ふたたび難解でした。全くわかりませ〜ん(^_^;)ゞ


2007年10月13日

蜻蛉来る残照淡き谷の底  豊田ささお(70才以上,男)
 今年は妙な年で彼岸花がまだ元気に咲いています。雑木林の暗い谷間にアオイトトンボが来ていました。若い人らと雑木林で間伐やツリーハウス作りをして、・・楽しく疲れました。
ドクターえなみの診断と処方箋
 楽しいイベントで良かったですね。句は、盛り込みすぎですよ。「谷の底」などでなくてもいいので、場所はいらない。「残照淡き」などの美文はやめ、どう思ったか、何があったか、具体的なことを表現した方がいいでしょう。

(1)空色の涙こぼれん蜻蛉の目  うさぎ(女)
(2)燃え尽かば刹那に解けし彼岸花
(3)スカーフを結びなおして今朝の秋

 蜻蛉の目は2度目です。宜しくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)発見があり、それを定着させる言い回しの工夫があり、いい句だと思います。「涙こぼれん」が少し叙情的で甘いかも、「涙がありぬ」とか、「空色の涙かな」のような、やや押さえた言い回しの方が感動的でしょう。
(2)目いっぱい、力いっぱいの言葉で、逆に意味が伝わらなくなっているのでは。
(3)なにげなさすぎて、その心(句意)がぼけてしまった。

見習いの手にプチナイフ栗三合  藤井茂子(女)
ドクターえなみの診断と処方箋
 しぼりこんだ風景で成功しています。以前、わたしの会社が築地に近かったので、料亭の裏で毎日毎日、里芋を向いている板前見習を見ました。光景がよみがえりました。プチナイフなので洋風レストランなのですね。栗三合が和風かな〜。3キロとか、そういうのもありかも。

舌もちて読みたる点字初ぎぐれ  未知(50代,男)
 「投げるたび帽子地に落つ竹に花」の句について、竹の花は季題は秋で、60年ぶり、120年ぶりともいわれているが、竹に花がつくとその竹林は枯れてしまう。本意として、華かであるがそのはかなさとさびしさ。投げるたび帽子地に落つほど力投する若い投手がデビューしたが肩をこわして、あっさり忘れ去られた。この取り合わせの句である。前書きで読ませる事を是としないので、句の周辺事情は説明なしでと思っている。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「投げるたび帽子地に落つ」は、子供が帽子を空に放りあげている景を思い浮かべたので、ワケが分からなかった。これは片山由美子さんの評論にあった話ですが、自分が作った句を人に見せたところ8割くらいの人は、思った通りに読んでくれた。しかし、2割の人は、全く逆の意味にとっていた。その2割の人は俳句経験の長い人だった。その事に彼女はショックを受けたとある。したがってわたしの読みが絶対ではないが、上の12文字で野球を連想するのは難しいと思う。また「竹に花」とも響かない。伝えるなら、せめて「野球帽」など句意がわかる言葉が欲しいところ。さて掲句。「初ぎぐれ」は「初しぐれ」のミスでは。「舌もちて読みたる」が大げさ。ここは逆にさらっと、なにげない言葉で伝えたいところ。句の周辺事情は説明なしで、は了解です。一ヶ月以上、ほぼ毎日未知さんの句を読んでいます。たまには、「ご教示を」以外の肉声もお願いします。

(1)ながらえて秋の金魚となりにけり  えんや(70才以上,男)
(2)迷い犬股間にすがる秋の寂び
 夏祭りに孫の買った金魚が一匹生き残っています。どうぞ宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)結果を詠んだ句ですが「ながらえて」が雄弁で良い。縁日で掬ってきて、暑い夏を乗り切ったのだな〜と想像が働く。「秋の金魚」も言 い得てます。
(2)ありがちな切り取り方だと思いました(たとえホントだったとしても)。「寂び」が説明しすぎ。

芸術祭フラダンスに熱中ばあば達  ねぎよしこ
 日増しに秋深まり、先生の指導もあと少し、寂しいです。
ドクターえなみの診断と処方箋
 わたしも体育の日に、フラダンスの発表会でした。200人くらいいて、男はわたし一人でした(^_^;)ゞ。確かにおばさんばかりで、情景は目に浮かびますが「フラダンスに熱中」では面白くない。みんなが思っても、言葉にならなかったような発見があるといいでしょう。ちなみにフラダンスは「フラ」で二文字になります。わたしは句にはできませんでした(^_^;)ゞ

(1)ふんわりと闇に雲浮く月夜かな  小口泰與(60代,男)
(2)鳩吹くやはたと羽音のすざまじき
(3)膝抱きて眺むる川や秋の暮

 よろしくご指導願います。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「闇に雲浮く月夜かな」は発見がある。上5のオノマトペ、もっといい言葉がみつけられるかも。
(2)「鳩吹く」「鳩笛」が秋の季語。ハタトハオトの語感は良いが、「すさまじき」の表現は物足りない。
(3)この句も、物足りない感じがします。抱くというと定番ですが、「んの字に膝抱く秋の女かな /小沢信男」を思い出します。

(1)うんうんと頷き続けて秋暑し  ポリ(50代,女)
(2)秋の夜ひとりカタカタゆで玉子
 ご指導ありがとうございます。前回の「暇な蝦日がな一日寝てる秋」は、ふたつの漢字が似ているのと「暇な」と「日がな」の音が似ているのが面白くそこから作った句なのですが、俳句はこのような言葉遊びから作ってもいいものなのでしょうか。基本的な事柄がわからないため、変な質問をすることをお許しください。よろしくお願いいたします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 俳句は言葉からできているので、言葉遊びで作るのも、当然OKです。ただ、俳句は短い詩でもありますから、単なるダジャレに終わらないように心がけることが大事だと思います。
(1)「うんうんと頷き続けて」の景が見えない。中八。
(2)確かにゆで卵はカタカタという。発見の句。季語もいいでしょう。

2007年10月12日

(1)もみじから木炭までも並んでる  裸時(30代,男)
(2)河骨が空から降りて骨格に
 河骨は明るい花ですね(^^;
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)個人的には、栃木の日光沢温泉の山小屋につまれた薪の山を連想したが、意外すぎてイメージがふくらまないのでは。
(2)河骨(こうほね)は睡蓮の仲間で、里芋によく似た葉をもち、 春から夏にかけて黄色い花を咲かせます。裸時さん指摘の通り、明るいしっかりした花なので「骨格に」という感じが分かります。河骨との漢字遊びですが、わたしは好きな句です。

(1)小さき手にどんぐり溢れ紺の空  さくら(女)
(2)秋澄むや城下でミニのコンサ−ト
 いつもご指導有難うございます。宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)目の前のものと、遠くの対比で、基本のしっかりした句です。目の前のものの描写が平凡な感じです。
(2)こういうものは句にするのがむつかしいのかも。俳句は短いポエムなのですが、この句は、そのままの報告。「城下でミニのコンサ−ト」と前書きに書いたつもりで句を作ったらいかがでしょう。

(1)蔵窓の分厚き扉秋日濃し  しんい(女)
(2)樋橋の吐く水澄めり蔵の町
 樋橋・・・通称ジャージャー橋と言われていますが(佐原)よろしくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
 佐原は、伊能忠敬の故郷。去年の祭りの日に行って、歴史のある町並みと山車を楽しみました。吟行句のつもりで読ませてもらいました。
(1)蔵窓は、大体が分厚き扉だと思うので、「蔵窓の分厚き扉」では発見になっていない。みんなで見ても、みつけたのは自分だけ、感じたのは自分だけというものを詠み込みたい。
(2)橋の裏側に水道が通っていて、橋から水がじゃーじゃー落ちるのです。これも「樋橋の吐く水澄めり」が一句目と同じ理由で物足りません。「樋橋」と「蔵の町」が盛り込みすぎ。どっちかだけにすべきでしょう。

(1)屋上へと朝顔咲かす小学校  岬(60代,女)
(2)朝顔の屋上までも咲き登り
 10月7日、「朝顔」3句の方向付けを有難う御座いました。俳句を始めて言葉の大切さを感じます。
ドクターえなみの診断と処方箋
(2)の「咲き登り」が、情景をほうふつとさせてくれました。屋根ではなく屋上ですから、ビルな感じも出ています。句の終わり方ですが、「朝顔の屋上までも咲き登る」と、言い切った方が気持良く感じます。また、「朝顔や/」と一度立ち止まらせる方法もあります。また、「朝顔や/咲き登りつつ屋上へ」など、語順を変えてみる方法もあるでしょう。どれがいいか、好みか、ご自分で考えてみてください。

(1)今年また金木犀に出会う幸  浅葉洋(70才以上,男)
(2)山里に夢追いし日や秋茜
(3)天高く里の申し子秋茜

 山郷にも、金木犀の芳香が漂い、秋の気配が感じられるこの頃です。自然環境に敏感と言われている赤蜻蛉も秋空に舞っています。そんな里の秋の佇まいを詠んでみました。ご高評を宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)きのうもわが家の近所に金木犀が匂っていました。この句、素直かつ真摯なものを感じます。しかし、このような感慨は、桜を見ても思うし、秋桜を見ても思うものです。その根底にある大きな気持ち(あるいは個人的な気持ちなど)が詠めると、もっと素晴らしいのですが。
(2)日本人の抒情の原点は、自然、四季、望郷、幼い日の想い出、そして旅情。泣くなら思いっきり泣きたい。この句では、まだまだでしょ う。
(3)「里の申し子」とは、里子にくれと申し出があったのでしょうか。もうひとつは、三段切れでは。ふたつの事からはイメージを膨らませられるが、3つになるとそれが難しくなる。

(1)天と地の果ては一つに鰯雲  せいち(60代,男)
(2)鰯雲角曲がるまで見送られ
(3)自転車をもつと漕げよと鰯雲

 宜しくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「果ては一つに鰯雲」に強いパースペクティブ(遠近感)を感じた。また、秋の季語がぽつんと入ったのも、人の命とか運命をさりげな く感じさせる。天と地の句は何度か見かけましたが、秀句と感じました。
(2)景が目に浮かび共感します。この句は、これでできていますが、季語に寄ってイメージがずいぶん変わりそう。「雲の峰角曲がるまで見送られ」なども句としては新鮮かも。
(3)子供が自転車に乗っていて、親が横から声をかけているのかも知れない。「春の山たたいてここに坐れよと/石田郷子」の作り方。まるで鰯雲に言われているように読めるところがミソ。この作り方も身につけたいもののひとつ。3句とも、いい勉強になりました(^_^;)ゞ

涼風や俎板たわし干されおり  藤井茂子(女)
ドクターえなみの診断と処方箋
 「俎板たわし」は、まな板とたわしなのでしょう、たぶん。見過ごされてしまいそうなモノに目をつけ、それが生活の断片を想像させる所が面白い。涼風リョウフウが、寒々としていると感じたが、調べてみるとスズカゼで、夏の終わりの涼しい風を言うようだ。だとしたら適切。わたしのようなもののためにすずかぜや、あるいはルビを振るなどの救済処置があってもいいか(笑)
 「 涼風(すずかぜ)の 曲がりくねって 来たりけり/小林一茶」

(1)象潟の秋の入日のシュルエット  未知(50代,男)
(2)八九六三尾花の海の数へ唄
(3)みんみんと仙人澤の荒法師

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)予定調和でしかない。
(2)意味不明、調べれば分かると思うが、ほとんどの人が理解できないような言葉を選ぶのはなぜか、理解に苦しむ。
(3)面白さが分からない。未知さんから、ここまで毎日3句診断依頼がありますが、出来不出来の巾が大きすぎるように思います。つまらない句をつまらないと切り捨てるように言うわたしも辛いが、それを読む未知さんはもっと辛いのでは。未知さんのレベルなら、自選もできるとおもうので、毎日3句にこだわらなくていいのでは。残り3週間を切ってきましたが、よろしくお願いします。


2007年10月11日

(1)味がするゆずはどれかな魚の目  裸時(30代,男)
(2)国木さん食べる栗飯見ているよ
 ドクターに診てもらっていろいろ句が変わったような気がします→3すくみは自然になったものですが切れについては無自覚なのかもしれません→
ドクターえなみの診断と処方箋
 裸時さんの診断は、思いっきり書いてますので、腹が立つこともあると思いますが、少しでもお役にたてば、こんなにうれしいことはありません。
(1)「味がするゆずはどれかな」は、それだけで楽しくなるような言い方ですが、考えてみると意味が変です。その後に「魚の目」ですから、分かりやすい句のようにみせて、なかなかにしたたかです。いろんな読みがあると思いますが、焼き魚を食べようとしている情景が浮かびました。魚の目がこちらを見ている前で、添えてある柚子でおいしそうなのを選んでいる図。手がかりはたくさんある。分かる分からないは、読み手にまかせようという句だが、許せてしまうのは、言い回しにアイキョウがあるからでしょう。
(2)まるで回文のようだと思った。ヨルイテミシメリクルベタンサキニクなのでそうはなってない。回文では、回文にするための文字あわせが優先するので意味が後から生まれてくる。普通に読むと、固有名詞も効いておらず、つまらない句(失礼)だと思うが、国木さんが栗飯を食べているのを私がみてる、とも、誰かが栗飯を食べているのを国木さんが見ているとも読める。つまり主体と客体が逆転する実験句のようにも思え結構楽しめました。

満月や誤解がとけぬ角の犬  多弁(60代,男)
 診断よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「満月や/誤解がとけぬ/角の犬」。「誤解がとけぬ」は、「とけた」とも「とけない」とも読めるな〜。久々に文法が気になったので考えてみた。完了の「ぬ」は動詞の連用形に接続、否定のなら動詞の未然形に接続。「解く」は四段活用だが、「解ける」は下二段活用のため未然形と連用計が同じで、文法だけでは判断がつきにくいためと思われる。しかし俳句なので、ふたつに切れていると考え「満月や/誤解がとけぬ角の犬」と切れ通りによむと名詞の前は連体形のはずなので、「ぬ」は「ず」の連体形とよむべきだろうな〜(もし、完了なら、とけぬるとなるはず)。で、「誤解が解けない角の犬」という事になるのだろう。しかし、意味は不明。(ここまで読んでいる人はいないだろうな〜、指摘があったら、どなたか教えてください)。

(1)両岸はそろい踏みして曼寿沙華  悠(70才以上,女)
(2)流れいく雲を追う雲良夜かな
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)素直な表現ですが、大きな風景が目に浮かびます。「そろい踏み」がさりげなく効いています。曼寿沙華が相撲のようにそろい踏みと考えるとユーモラスですよね〜。
(2)「流れいく雲を追う雲」、動くものをもう一つの動くものとの対比でとらえた、お手本になる文脈だと思います。行く舟を舟から見ているとか、去る人を電車の中から見ているとか、いろいろあるでしょう。掲句は、底5との取り合わせも良く、ゆったりとした気持ちになりました。

秋水を割る音かろし川下り  しんい(女)
 よろしくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「秋水を割る音かろし」と来たので、ウヰスキーの水割りかと思ったら「川下り」で収まって、ナンダ〜という事になってしまったと思います。言い尽くしてしまっては、読む人が楽しくない。読む楽しさを残しておき、そこにポエジーが生まれるのが俳句だと言われています。「秋水を割る」の言い方は面白いと思うし、ここまでで季語も入っているのだから、少し分からなくても、川くだりにまつわる風景や行動などで、伝える内容の巾を広げた方がいいでしょう。

ケーブルの線路に沿ひて白槿  岬(女)
 急勾配・・・でいろいろ考える方向付けを教えて頂いて「ケーブルカー両脇に咲く白槿」を推敲しました。
ドクターえなみの診断と処方箋
 う〜ん、まだまだ(笑)。この句では、ケーブルカーという高いところから見る素材の面白い所が描かれていません。別の考え方ですが、白槿の方から、ケーブルカーを詠む方法もあるかも。「白むくげケーブルカーは空を飛び」のような。

(1)満月や切絵のやふな男ゐて  蓉子(50代,女)
(2)空に孔あいていそうな秋夕べ
 錆鮎のご診断ありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「切絵のやふな男」が面白い見方だが、記憶を呼び覚ます符牒になっていない。多分に個人的な例だが、上5が「阿波踊り」だったら、その切り絵を見たことがあるので景が浮かぶだろう。
(2)面白いです。「孔」は突き抜けたあな。「穴」は、くぼんでいるあな。「孔穴/コウケツ」という熟語があることも知りました。季語は天高しからの連想でしょう、が「秋夕べ」はやや説明的な感じがします。普通ですが「秋の空」「秋の天」などででスッキリした方がいいのでは。と、思ったら、上5の空と重なるんですね、曼珠沙華などの植物も検討されたらどうでしょう。

(1)中列のあたり乱れる渡り鳥  藤井茂子(女)
(2)ともかくも松茸飯のお仏飯
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「見てきたような嘘」という言い方があるが、嘘が真よりも本当に感じることがある。嘘かどうかは知らねど、「中列のあたり」という具体性がすごい。前列や後列はいうが中列は辞書にもない。普通は、「まんなかの」だろうが、これでは伝わらない。藤井さんの創作単語だろうが、言い当てていて感心。
(2)たった17文字の俳句に「ともかくも」というようなムダとも思える言葉(副詞)を入れるのは難しい。ここでは、この「ともかくも」が、原稿用紙字5枚分くらいの働きをしている。わたしも「ともかくも」俳句作ってみたくなった。

(1)短日は踏切音の鳴りにけり  未知(50代,男)
(2)一巻と一顆で過ごす秋の夜
(3)猪鍋を見知らぬ人と囲みけり

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「短日は踏切/音の鳴りにけり」の前半「短日は踏切」の断定は面白いと思う。後半は、「踏切音」のように続いて読めないもので距離を取ると面白くなる可能性があるかも。
(2)顆粒の「顆」は、円いものを数える単位。「一巻と一顆」のような作り方はあると思いますが、ここではヒント不足。一巻は、巻きずしか(今頃、巻物など読む人はいない)、一顆は地球儀か、まさか〜(笑)
(3)結果だけを言っていて、その前が想像できない作り。


2007年10月10日

コツンツンエナメルシューズ露の玉  裸時(30代,男)
 「静寂にエナメルシューズ露の玉」を推敲してみました→静寂とどちらが良いでしょうか→
ドクターえなみの診断と処方箋
 裸時さんの句は、ほとんど3段切れなので、まずどこで切るか考えてみたらどうでしょう。「コツンツン/エナメルシューズ露の玉」と切るなら、中8になっても、「エナメルシューズに玉の露」とひとかたまりにしてから上5を考えるといいと思います。そのバアイですが、コツンツンのようなニュアンスはすでにエナメルシューズの中に含まれているのではないかと思います。また「静寂に」のニュアンスは、「露の玉」に含まれていると感じるので、わたしなら他のイメージをさぐると思います。また、「〜なメルシューズ/露の玉」と切る方法もあります。この場合は、当然ですが、エナメルシューズを修飾する言葉を中心に考えることになります。

上を向く踏まれても尚秋桜  豊田ささお(70才以上,男)
 いつも有難うございます。「俳句」10月号が「危険な勘違い」特集でした。拙句「赤蜻蛉・・・」は、まさしくそれだなぁと感じました。詩心いまださだまらずですが・・
ドクターえなみの診断と処方箋
 「俳句」はたちまち本箱を占領してしまうので、図書館で借りることにしています。今日あたり行ってみようかな〜。さて、コスモスの立ち上がる様を描いた句で、殊に台風の後などは感心するほどの生命力です。ただ、コスモスに「踏まれる」という言葉はぴったりこないと思います。もしも、取り合わせで作っているのなら、「上を向く踏まれても尚/秋桜」の「尚」よりもはっきりりと切れる言葉でまとめ、コスモスをぶつける手でしょう。

(1)嶺々浮かす長き横雲稲の波  小口泰與(60代,男)
(2)蜩や山のなぞへに夕日落つ
(3)山道を蔑(なみ)す吾あり吾亦紅

 よろしくご指導願います。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)頭はレイレイウカスと読むのでしょう。声に出して見ましたが、謡曲のように響きました。「嶺々浮かす」の風景がむつかしいのと、「長き横雲」の長きが説明的。更に「稲の波」とあって盛り沢山。遠近の対比の風景句なら、遠景となるもののポイントを絞り込む必要があるのでは。
(2)「なぞへ」は、ななめ。蜩が鳴いているから、夕日が斜めに落ちるんだな〜と思わせて、蜩との取り合わせも良いと思います。
(3)「蔑する」は「無みする」とも書くそうで、いないように振る舞うこと、ながしろにすること、軽んずることなどの意味。ここでは、山道を甘く見ている事なのでしょうか。サ変なので連体形は、「なみする吾」では。山道をなみする吾と吾亦紅の関係が不明です。たとえば「山路きて なにやらゆかしすみれくさ」などをご参考に。

もの憂げな犬の目線に秋の蝶  藤井茂子(女)
ドクターえなみの診断と処方箋
 腹ばいの犬の目の前に秋の蝶がいるという情景は、良く分かります。出来ている句(これはこれで完成した句)だと思いますが、類想句はありそう。「〜な犬の目線に〜」の文型もありそうなので、このカタチから新鮮な句をつくるにはよほどの「〜」の組み合わせが必要かも。

(1)名月や詠まれてゆかし名取川  未知(50代,男)
(2)津軽には仏が多し鯔叩く
(3)骨までもしゃぶる漢や山鯨

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)は、前回診断ずみ。
(2)一読、興味深い句でした。「鯔叩く」は、調べても分からず。たぶん、ボラが尾びれで海面を叩く事でしょう。だとしたら、仏を迎えるようにボラが海面を叩いている風景で、津軽の一面を巧みに表現していると思った。
(3)山鯨は、イノシシ。男たちがよってたかって収穫物をたいらげている様が上手く表現できていると思う。今日の2句は、よかったですね〜。


2007年10月9日

物差しや海豚に鯨鷹に鷲  きんぎょ(女)
 上五を、大差無し→物差しやに変えてみました。海豚・鯨・鷹・鷲が大きさで名前が変わるのが不思議に思って詠んだ句です。
ドクターえなみの診断と処方箋
 前回が誤診だったようです。根本的な事ですが、この句を理解するには、海豚・鯨がどう違うか。また鷹・鷲がどう違うかを理解していないとならない。そういう意味では、まだ上5が「大差なし」という方がよかったのでしょう。比較的大きいものをワシ、小さめのものをタカと呼ぶ不思議や、出世魚と名付けて、人間の勝手で名前が変わるサカナなど、どれかに絞ってユーモラスあるいはシニカルに作ってみるといいかも知れません。いずれにせよ、2ペア、4つの動物を出して理解させるのは、ムリだと思います。

(1)木犀が歌えばムーンライト・セレナーデ  穂波(女)
(2)木犀の夜ふけのグレン・ミラーかな
(3)木犀に声あればメゾ・ソプラノか

 先日は「隣からクラリネットと木犀と」へのコメント、ありがとうございました。「句意を整理するように」とのこと、言いたいことに一番近いのは(1)です。しかし字余りです。五七五に乗せたのが(2)、固有名詞をとったのが (3)です。納得いかない句をお送りするのはどうかとも思いましたが、そういうときこそアドバイスを頂いたほうがいいと考え直して、投句することにしました。ご指導よろしお願いいたします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 伝えたいことがあるが字余りになってしまうとき、定型にこだわるか、内容にこだかるか俳句をやっている人なら悩む所です。ただ。名詞が長いために字余りになってしまうのは、しかたがないと判断する時が多いと思います。わたしも(1)が気分の良い句だとおもいました。ただ、「木犀がもし歌を歌ったとすれば、それはグレンミラーのムーンライト・セレナーデを歌うだろうな〜」という擬人法にムリがあると思います。ここは「木犀や/夜空のムーンライト・セレナーデ」などと、ふたつの事をぶつけるカタチ(取り合わせ句)に持って行った方がいいでしょう、たぶん。それにしても、木犀のあでやかさはムーンライト・セレナーデみたいだな〜というのが共感があるかどうか。根本の問題ですが。

久々にふるえる絵筆草の花  れい(70才以上,女)
 よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 久々に筆を取ったので、緊張して絵筆が震えるのでしょう。「久々にふるえる絵筆」の言い方が不安定、「久々のふるえる絵筆」とするか、「久々に絵筆ふるえる」としたらいかがでしょうか。

(1)来し方を思ふまなざしや雪蛍  しんい(女)
(2)凩や河豚提灯の古びたる
 冬の季語、気が早くてすみません。11月はもう、えなみドクター代わられてしまうので、是非ご診断頂きたく、辛口でお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
 そう構えられると、力が入ってしまいそうです。冬の季語でも問題ありませんので、どうぞ。
(1)中8です。「来し方を思ふまなざし/雪蛍」。この底5に来るのは、動物でも、植物でも、やや愁いを秘めたものなら何でも良く、一句のまとまりが弱いと思います。また「来し方を思ふまなざし」という自己陶酔型の言葉は一見かっこいいが、実は何もないというフレーズの代表のようなものでしょう。
(2)河豚提灯とは、河豚屋の店先にぶら下がっている大きな提灯のことでしょう。これが新品ということは滅多になく、古びているのが普通ですので、驚きはありません。河豚は冬の季語、これに冬の季語、凩がぶつけてあるが、季語が近いのもよろしくないでしょう。すいません、辛口というオーダーなので余計な事も言ってます(^_^;)ゞ

秋の昼うどんの動き煙なり  裸時(30代,男)
 よろしくお願いします→
ドクターえなみの診断と処方箋
 裸時さんの句は、いつも分からない〜と書き続けているので、分かりやすい句だと、つい褒めてしまいそうになる。これは、裸時さんの句でないと思って診断すべきなのでしょう。とは言っても、「うどんの動き煙なり」は、面白い言い方です。きのうは、讃岐うどんの丸亀というのを食べたのですが、うどんをゆでる釜の中のうどんのようでもあるし、製麺機からたちまちできるうどんのようでもある。かなりいいと思いました。「ところてん煙の如く沈み居り/日野草城」が頭の中にあって、そのイメージもプラスしているようです。

秋雷の軒借る古都のゆうべかな  山本葆博(70才以上,男)
 超ご多忙にも拘りませず、先生の真摯にして懇切丁寧なるコメントに低頭です。9・30・掲句、住み古りし寺は碑のみや。。実は其の後、疎開先の寺に18年間居たのです。言葉足らずでした。
ドクターえなみの診断と処方箋
 あと3週間あまりですが、先生はご勘弁ください。俳句は17文字ですから、細かい説明はできません。読む人がそれぞれに解釈すれば良いのです。前回の「難解でした」は余計でした。掲句は、古都の突然の春雷の景が浮かび、よろしいのではないですか。ノキカルコトノユウベカナ、調べもいいですね〜。

(1)直会や庭の鈴虫かしましく  小口泰與(60代,男)
(2)芙蓉咲く宿の女将のなまめかし
(3)はらからの集ふ湯の中星月夜

 よろしくご指導願います。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)直会(なおらい)とは、神社で神事をやった後にお供えを神酒でいただくことらしい。きょうは、知らないことばかり出てきてうれしい〜(^_^;)ゞ。記録の句でしょう。
(2)なまめかし、がナマでしょう。俳句的に指摘すると、芙蓉咲くと近いとも。
(3)これもそのままの句です。小口さん、実際に、追悼のような集まりがあったのでしょう。句としては、どれもいまいちだと思いますが、記録として日記などに保存されるといいでしょう。

(1)白萩や伽藍石置く庭に風  藤井茂子(女)
(2)秋気満つ豪華船の灯あさぼらけ
 伽藍石を初めて見ました。秋の灯のご教示有り難う御座います。季語を変えてみました。宜しく添削お願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)知らない言葉が次々に登場して勉強になります。覚えていられるといいんですけど(笑)。伽藍石(がらんせき)は、廃寺の基石を移して、飛び石や、靴脱ぎにしたものだそうです。さっそく詠み込んだというわけですね〜。上手に詠み込まれたと思います。
(2)なかなかむつかしい、初めて見る人は、「豪華客船に灯がともっているのに、なぜ朝なのだ〜」と疑問に思ってしまう人がいるでしょうね。また、前回は気がつかなかったのですが、上5、底5が交換可です。ハナシが戻りますが、「あけぼらけ未だ豪華船に秋の灯が」(字余り)のようなまとめかたでしょうか。あんまり面白くないですけど〜(^_^;)ゞ

(1)名月や詠まれてゆかし名取川  未知(50代,男)
(2)俤を湯殿に語る尾花かな
(3)石積み船に灯の点り秋驟雨

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)名取川沿いに「秋保の里」があり、古今和歌集」や「新古今和歌集」に詠まれたらしい。新鮮さは感じませんが、「詠まれてゆかし」の言い回しは上手。挨拶句向けの定番にできそうな句。
(2)奥の細道のルートなので、「かたられぬ湯殿に濡らす 袂かな」を思ってしまった。
(3)「石積み船」は、建築用の石材を運ぶ舟のようです。それについてのイメージがなく、珍しい風景としか言いようがない。


2007年10月8日

庵にぬし居らず画帳に秋の風  きなこ(50代,男)
 よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 たとえば落柿舎に画帳が置いてあったとか、そういう事かも知れません。あるいは友人のアトリエなどを訪ねたのかも、知れません。置いてあった画帳をこう詠んだ。面白いところに意識が行ったな〜と思いました。

(1)理不尽な今夜は律義な半月よ  ポリ(50代,女)
(2)暇な蝦日がな一日寝てる秋
 いつもご指導ありがとうございます。句を作り始めてまだ日が浅くわからない事ばかりですが、句を考えていると楽しい気持ちになります。今回も拙い句ですがよろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 俳句を考えていると楽しい気持ちになる、これが一番いいですよね〜!
(1)「理不尽な今夜」とは何か。なんだかうまく行かなかった日の夜なんでしょう。そんな日にも正確な半月が出ていて、それを関連づけて考えているのが、とても変わっている。普通の人は、誰もそんな事は思わない。妙な理屈だとも言えるが、気持ちが明るくなるのは、ポリさんがそういう気持ちで作っているからでしょう。
(2)泳ぐタイプのエビが「蝦」で、 歩くタイプのエビが「海老」という書き方をするそうです。人間には意識があって、同じモノを見てもそれぞれに見るところが違う。蝦を暇だ〜と見たのがかわってますが、「暇」と「蝦」の字が似てるのも面白がっているのでしょうか。たぶん、そうじゃないと思いますが。

(1)どこからか現れ来る赤とんぼ  未知(50代,男)
(2)常夜灯馬追ひのきてめぐるかな
(3)投げるたび帽子地に落つ竹に花

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)思ったまんまでしょう。
(2)馬追ひは、すいっちょ、すいと。キリギリス科。馬追の習性などについて知識がないので、正しく診断できないかも。読む限りにおいては感銘なし。
(3)理解できないが、面白そうな句。「投げるたび帽子地に落つ/竹に花」。「竹に花」は調べて分かった。ことしの6月頭に京都府立植物園で咲いている。園長の話では、毎年咲くが、知られてないので見に来てくださいとの事。となると、その前は、取り合わせとしてあるだけなのだろう。未知さん、よければひと言解説を。

かのパイプふとよみがへり栗のつや  しんい(女)
 よろしくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
 志の輔さんの落語で「バールのようなもの」というのがあります。新聞に「バールのようなもの」と書いてあるが、あれは何か?をテーマにした落語。あれに似た気持ちで、「かのパイプ」と「栗のつや」の関係やいかに〜(^_^;)ゞ。非常に興味が沸く詠みっぷりなんですが、分からずに残念。

(1)からっぽの郵便受けと秋の風  蓉子(50代,女)
(2)野分あと朝の厨の水遣う
 「係累のなき身よしろきまんじゅさげ」、最近亡くなった方のことだったのですが、追悼句としてはどうかと思い・・・ご教示ありがとうございました。よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 そうでしたか。たった17文字を頼りの診断ですので、勘違い、読み違いなどあると思いますが、あまりにひどい時は、教えていただいた方が後学のためになると思いますので、よろしくお願いします。
(1)秋らしい風景です。ありがちかな〜とも思いますが。
(2)台風が行った翌朝に、台風がもたらした水を使う思いは、さまざまなものがあるのでしょう。わたしが男なので、そういう事に疎いという事もあるのかも知れませんが、う〜ん、どうなんでしょう。あまりピンときませんでした。

(1)魚沼の棚田の美しき稲の色  小口泰與(60代,男)
(2)鈍いろの秋の浅間や明日は雨
(3)浅間より恵みの日なり蕎麦の花

 よろしくご指導願います。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)8月に魚沼に行って棚田を見てきました。句は手堅いが、平凡でしょう。
(2)たくさんの事を上手にまとめています。地名と季節、天気を変えれば記録として、このカタチは有効です。
(3)「浅間より恵みの日なり」は、蕎麦に取って何か好ましい事が起きるということでしょうか。

秋夕焼けミッキー一つ置き土産  れい(70才以上,女)
 説明はいけないと思いますが、預かっていた孫が帰りました。よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 やはり女性でしたか〜。さて、ディズニーランドに行ったんでしょうね。孫が去って、土産のミッキーマウスの人形が残った。秋の夕焼けを見て、懐かしいが寂しい。こういう事を全部言おうとすると17文字では難しい。どっかに絞る必要がある。たとえばミッキーマウスは言わないとかですが、けっこう難しい句材。まず日記でこれらの事実関係を書いて、その後に一句と考えるとうまくいくかも知れませんね〜。

(1)首傾ぐ野仏二体あきうらら  藤井茂子(女)
(2)鰯雲ふくれきったるスコーンかな
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)17文字しかないので、「首傾ぐ野仏」と入れたら、あと8文字、季語に5文字使ったら残りは3文字ですね〜(^_^;)ゞ。「二 体」は、「あきうらら」の方をメインに詠む方法もあるか「あきうらら野仏二体首かしぐ」のように。これも平凡の域から出ないが。
(2)スコーンに見立てたのは、面白い。が、句としてはさほどおもしろくないです。


2007年10月7日

(1)星月夜割とガリ勉毛が生える  裸時(30代,男)
(2)塩こんぶ意味をワカメにしましょうよ
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「割とガリ勉毛が生える」がダイレクトすぎるのでは。
(2)妙なおもしろさがあるが、取っかかりが少なすぎる。(スポーツクラブでロッククライミングをやるときに、壁のどこかに取っかかりがあって、そこに指先をひっかけて登ってゆくが、この句は、とっかかりが小さすぎる/再掲)(^_^;)ゞ

名月やビルの灯りと競いおり  由利子(70才以上)
 よろしくご指導のほどをお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 名月とビルの灯りとは、面白いものとの比較だと思います。ただ「ビルの灯り」が、どの位にぎやかな町の、どの位の大きさのビルなのかが想像がつかず、景色が浮かばない。ここから先、どうやって一歩すすんで作句するかが俳句の面白くも難しいところでしょう(^_^;)ゞ

コスモスや波のさやさや寄るばかり  豊田ささお(70才以上,男)
 「今朝の胃の少し軽くて小鳥来る」を句会に出しましたら、主宰が一重丸をくれました。(秀句は二重丸)「小鳥来る森のはずれの三角田」は「イメージが湧かない」といわれ、誰も採ってくれません。なるほど、えなみドクターのおっしゃるとおりだ・・と・・改めてわが会に満足したりしています。で〜「コスモスの波はよせよせ寄せてくる」少し直してみましたが・・・。
ドクターえなみの診断と処方箋
 その句会、わたしと波長が近いのかも知れませんね〜(笑)。掲句ですが、口当たりのいい擬音語が入っていますが、実感がありません。コスモスの句はもう何万句もあり、ほとんど詠みつくされてしまったと思う(見たことはないが)のが普通で、別の何かを配する取り合わせの方向にしか活路がないのかも。(いや、まだあるという声も)(^_^;)ゞ

(1)朝顔の花咲く地から屋上へ  岬(女)
(2)地上より屋上までも牽牛花
(3)朝顔や屋上までも蔦伸びて

 町の中の小学校の道路沿いに見事に沢山の朝顔が3階の教室を超え屋上まで延びていて生徒の丹精込めた手入れかと感心しました。その感動の伝わる1句をどう表現したら良いのか?わかりません。
ドクターえなみの診断と処方箋
〇朝顔が3階まで伸びている、という景にこだわると、頭がその事ばかりになってしまいます。その事を離れ、花を育てた生徒の気持ち、ここまで育てた努力、今の子も捨てたモノじゃないな〜など、別の所に句材を見つける方法もあると思います。キーワードに、小学校、教室、生徒、先生など、学校とわかるものを残した方がいいと思います(残せるかどうかは分かりませんが)。
〇朝顔が3階まで伸びているという事実にこだわるなら、「低く垂れその上に垂れ萩の花」「朝顔の双葉のどこか濡れゐたる」高野素十(すじゅう)のように、感動は全く言わずある事実だけを伝える方法があるが、17文字しかないので、すごく難しいでしょう。トンチ!かも知れません。
(1)わたしが、地から屋上に行った、出たと読めてしまう。(2)と(3)は、事実に近いが、言い方が平凡なので通り過ぎてしまうでしょう、たぶん。思えば、わたしも俳句を詠むにあたり、同じような体験がしょっちゅうあります(つまり、思っても詠めない)。何か結果が出たら教えてください。

(1)萩覆ひけり七草の案内板  文の子(60代,男)
(2)内定の眩しき瞳今年米
(3)十月のついたち上着手に持って

 宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)秋の七草の案内板に萩が伸びておおいかさなっていた。775の写生句。いいと思います。
(2)今年米と、めでたい内定の取り合わせ。「眩しき瞳」が言い過ぎの言葉かも。
(3)変な句ですね〜(笑)。すぐに想像するのは、お出かけ風景。考えている内に、だんだん良い句に思えてきました。十月が微妙な月かも、春の初め、あるいは夏の初め。陰から段々と陽になってゆく月の方が分かりやすいかも、です。「上着を」と入れたくなるが、8文字、迷うところです。

(1)耕して生身の男臭さかな  蓉子(50代,女)
(2)金雀枝に呼び覚まされしをんなの身
 氷川きよし、ありがとうございました。季語を直して面白い句になりそうです。よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「氷川きよしのアドバルーン」楽しみにしています(笑)。
(1)どうやって褒めるかに困るほど、いい句です。「生身の」が効いています。
(2)金雀枝は、たぶん漢検2級の読み、エニシダ。自己陶酔の句で感心しません。

(1)夕焼けの色を重ねて生家あり  未知(50代,男)
(2)菊の香の匂ひはじめし神社かな
(3)胡麻干して母の教へてくれた唄

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)今までの中で一番いいと思いました。わたしが、この手の句材に弱いこともあるのかも(笑)
(2)菊の展示がはじまったのか、言葉だけで、気持ちが動かない。
(3)美文であるが、どんな唄なのか想像がつかず心が動かない。

(1)床の間のデジタル時計菊の宿  藤井茂子(女)
(2)首かしぐ野仏二体秋麗
 デジタル時計に再挑戦です。宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)妙なもんで、こんどは大変に自然なのですが、全く面白くなくなりました。(そっけない言い方でごめんさない)
(2)首かしぐのが、元々、そういう野仏なのか、首が壊れているからなのか、相対道祖神なのか気になりました。このままでは平凡でしょう。季語も。


2007年10月6日

にがうりをさっと炒めてぼくの父  仁(60代,男)
 ドクターえなみ よろしくお願いします。いろいろご指摘ありがとうございます。にも、かかわらず句のほうはさっぱりです。ご指摘の「秋なすび」の下五についても言われる通り納得です。納得してたらなぜ出句するのかと言われそうですけれど、ついつい自分の限界で出句してしまいます。「ロックの酒」について一寸だけ、この酒はいわゆる雑酒でしょうね。某、企業の者が外国出張(ドイツ)の折りに、向こうのメーカーに手みやげにしております。度数は30度です製法が違うようですね、搾ったままの酒を霧状にして一粒一粒を集めてそこで超音波で熟成した酒なんです。そのためラベルには「ロックで召し上がると存分に堪能していただけます」とあります。酒談議になりましたけれど、ちなみに私は焼酎いっぽん晩酌程度です。 「いいちこ」失礼しました。
ドクターえなみの診断と処方箋
 俳句は、そうそう上手くはいかないのですよ〜、あせらずに行きましょう。時々、言い方も無愛想になりますが、ご勘弁のほど。俳句で新酒というと日本酒の事だと思うのですが〜、その他の酒だったのですね。晩酌に焼酎一本はお強いですね〜。わたしは医者に止められ週に2回、日本酒かワイン、醸造酒が多い。あれば何でも呑みますが〜。おっと、ここはそういうコーナーではなかった〜(^_^;)ゞ
 さて掲句、吾子俳句とか、ワン句とか、ニャン句というのはありますが、「ぼくの父俳句」は虚を突かれました。吾子俳句などの欠点は、子やペットなどのかわいさを伝えるのが主な目的になってしまい、つい句が甘くなることにある。しかるに、この句は、夏休みの家庭の雰囲気を暖かく描いていて、よろしいのではないかと思いました。にがうり(たぶんゴーヤ)がいいですね。

(1)新蕎麦の辛し奥飛騨道の駅  えんや(70才以上,男)
(2)助手席に舟漕ぐ妻や奥飛騨路
 いつも丁寧なる句評有難う御座います。往復約5時間奥飛騨へ妻とドライブしました。
ドクターえなみの診断と処方箋
 えんやさんが、日記帳に書き留めておくにはいい句だと思いますが、人に聞かせる句としは、物足りなさを感じます。ドライブしながらの句は、運転に頭がいってしまうので、なかなかに難しいのかも知れませんが、新蕎麦が辛かった、妻が寝てしまった、などのおおずかみの事実ではなく、オヤッと思った気持ちの動きをつかまえる事が大事だと思います。こういう事は、言葉にしにくい事が多いのです。それを言葉に定着させると句になることがある(言葉にならなかったらメモしておき、後で考える)。また、もう一人の自分が、自分を見ているつもりになって、もう一人の自分が自分を詠むというのもある(ややこしい)(^_^;)ゞ

(1)リハビリやコスモス街道めざしゆく  ねぎよしこ
(2)人殺し死語となるよう十五夜さん
 よろしく。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「リハビリや/コスモス街道めざしゆく」。わが身の境涯と、今が盛りの季節のコスモスとが接点を持って、良い句になっています。「リハビリや」で始まる俳句を見るのも初めてで、身近なことを句にできるというのが素晴らしい。「めざしゆく」も悪くないのですが、とおりゆくなど、まさにコスモス街道の中にいる方がもっといいかも。この場合の中8は、名詞なので気になりません。
(2)これは、十五夜に向かって話しかけている句。話しかけるなら、何でも話しかけられてしまうので、十五夜である必要がなく、若々しさの反対の句ですよ。

(1)柿日和玄孫もをると笑ひをり  せいち(50代,男)
(2)生みたての卵をすする柿日和
(3)柿照るや下校子の声弾み行く

 宜しくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)玄孫は、やしゃご。お年寄りの家に家族が集まったのでしょう。誰かが玄孫がいると言ったので、みんなが笑った。柿日和が効いてい て、いい句です。
(2)「生みたての卵をすする」に季語を配して、句になるかどうか疑問ですが、とりあえず「柿日和」は両方食べ物なので、気が散ります。
(3)句材が平凡でしょう。そこを何とか表現で面白くするのも俳句なのですが、ゲコウコノコエが非常に言いにくい。一工夫、二工夫でしょう。

(1)樵よりもらひし鮎の錆び色に  蓉子(50代,女)
(2)樵より今年の終の子持ち鮎
 錆鮎をはじめていただきました。卵、白子を抱いていて雌雄共ふっくらとしていました。よろしくおねがいします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)錆鮎とは、落鮎の事。錆色とは、錆びた鉄皿のような色なので、美しいとは言いかねるが、このように言われると、なんとも美しく感じる。 また、木こりからもらったというのが、天然の鮎の上質感を高めています。
(2)は、盛り込みすぎ。なんと言っても(1)がすばらしいです。声にだして読んでみればわかります。秋がカラダ一杯に広がる気がします。

(1)白混じりけり群落の曼珠沙華  文の子(60代,男)
(2)露寒や目覚しのまだ鳴らずして
(3)露草や兄ふたりとも著名なる

 宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)白い曼珠沙華を見ると、作ってみたくなります。意欲は買いますが、この句は平凡でしょう。
(2)そうですかとしか、言いようがないです(^_^;)ゞ
(3)そういう個人的な事を言われても、わたしには全く関心がないです(^_^;)ゞ

(1)稲光障子に穴のありにけり  未知(50代,男)
(2)時に追ひ時に追はるる蜻蛉かな
(3)踏切に馬の糞するいわし雲

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)あまりピンと来ませんでした。たぶん、取り合わせがワザとらしいからでしょう。
(2)こういう情景は思い当たることがあります。でも、こういう言い回しの気分ではなかったような気がします。特に「追はるる」が変なのかも。「おはれて見たのはいつの日か〜」は、「負はれる」ですし〜。
(3)「踏切に馬の糞する」が実感がない。馬といわし雲のいわしが近い。

十五夜さん汚れた地球笑ってるの  ねぎよしこ(70才以上,女)
 今月もよろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 十五夜に「汚れた地球笑ってるの?」と呼びかけているという事でしょう。関西では、油揚げをおあげさんと呼ぶくらいなので、十五夜をさん付けで呼ぶのは普通なのでしょうが、その後まで人間のように呼びかけるのは、ちょっと擬人化が過ぎるように思いました。

(1)サーカスの象の鎖や秋陰り  小口泰與(60代,男)
(2)走り根の山道塞ぎ沢桔梗
(3)秩父嶺へ靄立ちのぼり芋の露

 よろしくご指導願います。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)9月の小口さんの句に「愛犬と泊まりし宿の秋陰り」がありました。「愛犬と泊まりし宿」は単なる情景で、「秋陰り」に秋の持つひっそりとした寂しさを託しています。それと比べると、「サーカスの象の鎖」は、それだけですでにもの悲しいので、底5は他の季節の季語でも良く、いろいろ動くような気がします。と言っても、この季語がダメというわけではなく、レベル以上であるという前提ですが。
(2)「走り根の山道」という舞台と、それを塞ぐ「沢桔梗」。舞台設定が豪華で、見せ場を作っていますが、出来すぎかも知れません。
(3)秩父嶺と芋、靄と露。2と比べると、さらに舞台が込み入ってるように思います。特に、靄だから露が生まれるというのが語るに落ちる感じです。

十月や筏曳く船あそこにも  藤井茂子(女)
 今月も宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
 こちらこそよろしく、いろいろ教えてください。
 「あそこにも」と言われると、そちらを見てしまいたくなる。会話調の言葉が効果的だと思います。季語は、あまりあっていないような気がします。

(1)満月やアンリ・ルソーに逢いに行く  きなこ(50代,男)
(2)満月のアンリ・ルソーや薄眠り
 えなみドクター、いつもありがとうございます。
ドクターえなみの診断と処方箋
 あ〜、あの絵ですね。満月の下にライオンがいて椰子の木があって〜(うろおぼえ)。ルソーという人は不思議な人で、夢に出てきた風景をそのまま書いたんだそうです、しかも画家になったのは、50才すぎ。不思議な魅力は、ちゃんと絵を勉強してない、つまり自己流だからだと聞いたことがあります。
 さて、作家の名前だけで絵まで想像させた「満月やアンリ・ルソー」には恐れ入りました。この手法はまだまだ研究の余地あり、速い物勝ちか。「残りの5文字、両方とも悪くはないのですが物足りなさを感じてしまいます。薄眠り、もイマイチだな〜、う〜ん。きっと、きなこさんも同じ思いなのでは。もう少し考えたらいかがでしょう。


2007年10月5日

「千分」の「七年」過ぎた盆の月  仁(60代,男)
 ドクターえなみ よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 2000年も7年たちました、という事だろうが、こんな言い方してもわからないし、分かっても面白くないし、それだけの事ですよ(^_^;)ゞ

(1)新米で埋まってしまえばうなずいた  裸時(30代,男)
(2)静寂にエナメルシューズ露の玉
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)文脈のずらしが激しすぎる。ずらすなら、どきっとするとか、笑えるようにずらしてみたら。このままでは、はずしてます。
(2)夜になってエナメルの靴に露が玉となってついている、というのはアベドンか誰かの写真のようで、サマになる。「静寂に」がゆるいのではないか。

(1)追うてすぐ一団となる稲すずめ  悠(70才以上,女)
(2)一人居に長き間おいてちちろ鳴く
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)観察して、発見して、定着した。非常にすぐれた句だと思います。
(2)ちちろが鳴くまでの、長い間に注目した句でしょう。となれば「一人居に」は余計だと感じます。単に間が長いというだけでなく、どの位長いのかとか、なぜそうなのかという説明というか解釈があるといいのかも知れません。「しずかなる力満ちゆき蹊蚪(バッタ)とぶ/加藤楸邨」。例えがすごすぎますけど。

高速道時速100キロ秋高し  はるみ(50代,女)
 いつも拝見させていただき楽しんでいます。句を作るのはたまに。よろしくお願いします。ドライブが好きです。それも一人で。気持ちいいですよ。
ドクターえなみの診断と処方箋
 初めまして、わたしの免許証は、ずいぶん前から身分証明書オンリーになっています(笑)。掲句ですが、「秋たかし」なので気分がいいのだろうな〜という事は伝わりますが、前半があたりまえの名詞の連続です。たぶん「時速100キロ」だけでは新幹線かもしれず、「高速道」が入って満員になってしまったのだと思います。句の前に「某月某日高速道路をぶっとばす」などと書いてから作ると、表現の巾が広がるのではないでしょうか。

(1)降らぬ日も降りすぎた日も九月なり  遊雲(70才以上,男)
(2)おいと呼びはいと答えて九月尽
(3)読みかけのエスエフ小説九月尽

 今日で9月も終わり。昨日今日、厳しい残暑が嘘のように肌寒いくらい。今日は雨です。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)がいいですね。自然と共に生きていく気持ちが伝わってきます。と言っても、この夏の気象は、悠々と構えていられないほど切迫したものがありますが。
(2)(3)は、よくある句という気がします。

コスモスの波さやさやと寄せるのみ  豊田ささお(70才以上,男)
 お世話になります。「コスモスの波はよせよせ・・」を直しました。
ドクターえなみの診断と処方箋
 これで安定したのではないでしょうか。

(1)だばだばだ秋のスイッチやっと入る  藤井茂子(女)
(2)腹式のエクササイズも秋の朝
 9月も終わろうとする頃になってやっと昼間も涼風が。頭の中に何故かダバダバダの歌?がひっかかったままでしたのでふざけた句になりました。宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)だばだばというと、大橋巨泉か(古い!)。スイッチをいれないといけないのは夏前だと思うが、ここでは夏が終わって気が抜けてしまっていたという事でしょう。非常に個人的な句ですが、わたしは好きです。
(2)俳句的な説明では、思いがけない取り合わせという事になるのだろう。要は、朝、腹筋をやったということか。当たり前すぎる指摘だが「も」がよくない。

(1)いわし雲雀ちりぢり岩木川  未知(50代,男)
(2)学校がなくなってをり猫じゃらし
(3)木の香るアイヌの熊やいわし雲

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)いろいろな素材がばらばらのままのように思います。要素の絞り込みを。
(2)実感があります。季語は動くかもしれませんが、猫じゃらしもよいとおもいます。
(3)いわし雲というと、魚のイメージがついていますから、アイヌの熊とぶつかってうるさい(最初の句も同じ)。この句では、熊が香ることが一番伝えたいことになるのでは。つまり「アイヌの熊の香りけり」のような方向です。

(1)とんぼうの行くべき先を当て合へり  藤(10代,男)
(2)とんぼうや友と進路を考へる
(3)とんぼうに行くべき道を尋ねけり

ドクターえなみの診断と処方箋
 気がついたら、いつの間にか10月になっていた。残り1ヶ月、頑張ります〜!
 さて、3句とも、とんぼの行き先に、わが身を重ね合わせている。その構造がうまくいってないように思う。とんぼはそのような存在ではないのかも。しかし、今の十代は、資源の枯渇、年金の不安、高度化しすぎた文明など、われわれの時よりも、もっともっと深刻だろうな〜。

台風は地球のエクボ月うさぎ  多弁(60代,男)
 よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「台風=地球のエクボ」と断定してしまう。これも俳句の作り方のひとつですが、台風は季語でもありますし、「月うさぎ」がいらないのではないでしょうか。入れるなら、もっと遠いものの方がいいでしょう。ちなみに、断定の句は蓉子さんがお上手で、「思い切ることとは/萩の月明かり」「葛の風/波涛は胸の響きなる」があります。

(1)どんぐりのあおのころころこのあたり  仁(60代,男)
(2)布教師の苦み走った良夜かな
 ドクターえなみ よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)調子のいい句だが、「どんぐりのあお」とは何ですか?
(2)布教師は普通、苦み走ったりしないものなので、わざとはずした文脈は面白いな〜と思いました。しかし、良夜がその後にでてきて、全体でバラバラになっているのでは。

急勾配ケーブルカーの秋涼し  岬(女)
 こんにちは。まだ俳句を始めて1年余りで見たままの景しか読めないのですが、この間乗ったケーブルカーが斜面が急で怖いぐらいでした。お寺が好きでよくお参りしますが、急な階段も結構あり歳と共に怖さを感じます。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「急勾配/ケーブルカーの秋涼し」単語の羅列です、残念ながら。ケーブルカー俳句は、みな同じような所に関心がいき、あとは表現の差となり、なかななに難しい。ロープがたわむ、ゴンドラが揺れつつすれ違う、動き出すとき一瞬の静寂が、たちまち麓が豆粒に、降りるときの最初の一歩が宙に浮いたような気がする、ここで停まったらどうしよう、どれも常套句かもな〜。きっとまだあります。あれこれ考えてみてください。


2007年10月4日

(1)旅立ちに耳ふさぎたき蝉の声  郁子(60代)
(2)美のフォルム届く長夜のヴァイオリン
 よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「耳ふさぎたき」が生です。確かにうるさいと感じる時もあるが、それも自然の営み。なにしろ、何年も土の中にいて、地上で交わって1週間で死んでいく。暖かい気持ちが裏にあれば、別の表現がうまれると思います。
(2)宅急便でバイオリンが届いたのか、「美のフォルム届く」というのが全くわかりません。「美のフォルム」というような、意味のわからない言葉は自分の気持ちを表現するのにふさわしくないでしょう。

(1)ペディキュアや浴衣の裾の気にかかり  芳江(70才以上)
(2)老犬の遥を見たりうろこ雲
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)色っぽい句で、ついそっちを見てしまいそうになります。色っぽいついでに言うと、「裾の気にかかり」まで言わない方がいい。せめて「裾がみだれる」程度におさえた方が俳句に近づくように思います。
(2)老犬の目線を追うと、うろこ雲がある。流れのきれいな句です。「遥を見たり」が上手な言い回し。「遙かをみたり」と送ると読み違いがない。

金の海漕ぎ出す我はコンバイン  岡野直樹(40代,男)
 私も「コンバイン」で作ってみました。稲刈りの主役だとは思います。よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 上5のコンバインは暴力的で、困憊(コンバインの駄洒落)してしまうが、その他の場所なら少しはいいでしょうね。名調子で高揚した気分が伝わり、いいんじゃないでしょうか。と思ったがひとつ疑問が。「我はコンバイン」ですが、コンバイン君を詠んだと思う人もいるかも。いてもいいか〜、ちょっと判断に迷います。

(1)長袖も心地よきまで秋の風  由利子(70才以上)
(2)天高し窓の雨あと拭き終えて
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「長袖も心地よきまで」というのは、長袖を着ていてもうっとうしくないまで涼しくなった、という事でしょうか。ちょっと難しい言い方で、頭に入って来ませんでした。
(2)日常を575にするのは、とても良いことです。「窓の雨あと」とあるので、雨が上がったばかりなのか、それとも秋の長雨が去ってしばらくしてからなのかとか、もう少し状況がわかるといいと思いました。「天たかし」で大きな風景があるので、あとは窓ガラスの小さな風景に絞り込んでください。

(1)稲の香や雲に隠るる那須五峰  しんい(女)
(2)飯盒のふつくら香る今年米
(3)足早に雲流れゆき今日の月

 よろしくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)立派な句ですが、パターンかなと思います。話し変わりますが、「稲の香」というのが実際にあるらしいことが、調べて分かりました。それほどわたしは農作と離れたところにいるのだと感じました。
(2)おいしそうな句。忘れていたものを思い出せせてくれます。余談ですが、飯盒は、難しい漢字。飯ごうの方がご飯がおいしそうだと思いました。
(3)自然の移り変わりに自分の気持ちを託す主観写生の作り方。「雲流れ」は時の流れでもあり、共感しました。「足早に」の上5が素晴らしい。「足早に雲流れゆく/今日の月」と一度切りたいところ。

団栗が頭に落ちる空は青  雀子(60代,男)
 はじめまして。しばらく休んでいました。つたない句ですがよろしくご指導の程 を。
ドクターえなみの診断と処方箋
 はじめまして、どうぞよろしく。この句は、句会で高得点が取れるという句ではないが、とても素直で少しユーモラスで、気持ちのいい句です。変にいじらない方がいいと思い、直すところはありません。また別の句をお待ちしています。

(1)椋鳥の楡の森から湧き上がり  うさぎ(女)
(2)ひとつずつ違う宙(そら)見る蜻蛉の目
 椋鳥(と思います)の群れを見かけるようになりました。ウワーと言う感じで、飛んでます。宜しくお願いします!
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)気持ちのいい風景ですが、「楡の森から湧き上がり」だけでは物足りない。何か、もうひとつ詠み込んでください。
(2)このままでは、トンボの解説文でしょう。複眼を詠むのはむつかしそうですが、やってみる価値はありそうです。

秋の灯に満つ豪華船あさぼらけ  藤井茂子(女)
 今朝の観たままの景ですが余り綺麗でしたので。よろしくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
 すごい風景の所にいらっしゃるんですね〜。見たままのやさしそうな句だが、実はとてもとても難解。それは「秋の灯」で夜だと思うと、底5に「あさぼらけ」が出てくること。解釈1は、豪華船「あさぼらけ号」の秋の灯がきれいだ〜。解釈2は、終夜、灯が明々と灯っていて、それを朝早くに見たら綺麗だった〜という読みです。たぶん解釈2でしょうね、それなら「秋の早朝、豪華船の灯が美しかった」として、「秋の灯」を季語にするのはあきらめた方がいいのじゃないでしょうか。

(1)月待てば汐もかなひぬ曼珠沙華  未知(50代,男)
(2)月鈴児一匹あとは余白かな
(3)ひとひねりふたひねりして返り花

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)宵待草という唄の文句を思い出した。美文だが実感のわかない句。
(2)前回診断ずみ。
(3)赤児の手を「ひとひねり」のひとひねり。面白い言葉だが、句にうまく活かされていないらしく、イメージがわかない。

赤蜻蛉開いたページに止まりけり  豊田ささお(70才以上,男)
 「赤蜻蛉句集開いて止まらせる」の直しです。止まるというのをどういいまわすか、ずいぶん悩みました。「・・句集開けば来るなり」も考えましたが・・・。
ドクターえなみの診断と処方箋
 前回引用した「描けぬ日の画架に天道虫ふたつ/今井聖」では、「描けぬ日に天道虫に心をいやされた」様を描いている。豊田さんの句は、ただトンボが止まっただけになってしまった。そこに、何かをプラスしないと、何の面白みもないでしょう。まだ句帳(俳句ノートの言い方もあるか)の方がよく、ハッパの栞とか、あるいは句集で寺山修司のページだとか、そういうものに止まったというような事です。「とんぼ来る」のような短い言い方もあるのでは。

(1)コスモスに綿雲白きまひるかな  蓉子(50代,女)
(2)九頭竜に沿ふ一村や春動く
 九頭竜川のことですが、この省略はどうでしょうか。前から気になっています。ご教示ください。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)ゆったりした気持ちのいい句です。
(2)固有名詞は、他の人が知らないと独りよがりになってしまうので、要注意です。どうしても、そこでなければならない場合、たとえば吟行の場における吟行句、挨拶句などをのぞき、句意を高める効果を優先して他の地名を使った方がいいのでは。わたしは地理は悲しいほど無知で、九頭竜川がどこにあるかも知らない。まして九頭竜などは、中国の地名かと思ってしまうオロカモノです。ただし、こだわりがあって、読めなくても分からなくても、絶対にその地名でなくてはダメということもあると思いますので、その都度判断されたらいいでしょう。「木曽川の今こそ光れ渡り鳥 /虚子」


2007年10月3日

(1)小鳥来て勝手気ままに朝青龍  仁(60代,男)
(2)秋の雲飛行機二つ虜にす
 ドクターえなみ よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)句材として、あまりにも短い命。また「勝手気ままに朝青龍」というのが批判なのか、うらやましいという事(季語からはこちらか)か、つまり句意がわかりませんでした。
(2)これは何のことでしたっけ(笑)、とりあえず思い当たらない。俳句のテーマとしては、数年たっても普遍的に意味が分かるというのがメインストリームでしょう。ただし、よっぽど面白ければ普遍性を持つかも知れないという事でかも。

(1)新しきローションあけて虫の秋  芳江(70才以上)
(2)ゆらぎつつ垣越えゆける黒揚羽
 はじめまして、よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「新しきローションあけて/虫の秋」とふたつの部分になりますが、前半と後半の意味のつながりがよく分かりませんでした。
(2)これは悪くないと思いますが、こういう風景はよくあるので「ゆらぎつつ」程度の言い方では、平凡でしょう。

語らいを記してはさむ水引草  れい(70才以上)
 はじめまして、よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 れいさん、初めまして。わたしのファイルの整理の都合がありますので、男性か女性かを教えてください。とりあえず、女性と考えておきます。
 俳句は、動詞はひとつまでという原則があります。実際はそうでない句もありますが、確かに2つ以上の動詞があると、文脈が複雑になったり、こうなって〜あ〜なったという説明になりがちです。この句では「記してはさむ」というのが分からないので、全体の意味がわからなくなっています。

(1)老犬をいたわり見上ぐ金木犀  由利子(70才以上)
(2)幾度も立ち止まり見る今日の月
 えなみ先生,はじめまして、よろしくご指導下さい。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)説明のしすぎでしょう。的がしぼられていません。12文字で老犬のことを詠 み、「12文字+金木犀」のように構成するといいでしょう。
(2)これも説明のしすぎ、とくに「見る」がいらない。たとえば、「幾度も立ち止 まりたる今日の月」でも充分わかる。

(1)りんどう花つぼみほどかぬ侘び住居  郁子(60代,女)
(2)新涼や青きサリーの女(ひと)の待つ
 はじめまして、お世話になります。どうぞよろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 はじめまして、こちらこそよろしく。
(1)りんどうは、そのままで季語。「りんどう花」は不自然に感じました。「侘び住居」というのは風流だという事になっていますが、なにやら昔の人の俳句のようなので別の呼び方とか、別の事を入れる手もあると思います。
(2)駅などで、青いサリーの女性を見かけた、どうやら人待ちのようだという事でしょう。句のテーマとしては面白いと感じます。「待つ」が余計かも。また、「女」と書いて「ひと」と読ますのが自然ではない。「新涼に青きサリーの女かな」でもいいし、「新涼に人待ち顔のサリーかな」のような方向にもっていくのもあるでしょう。これが良い句かどうかは置いておきますが、焦点をしぼることが大事でしょう。

(1)秋の蝉力限りの一声か  悠(70才以上,女)
(2)灯を消して膝にのり来る秋の月
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)句材は平凡ですが、「力限りの一声か」の切実な詠み方が胸に響きます。文字面がごちょごちょなので「秋の蝉力かぎりの一声か」などはいかが。
(2)正座をしている事や、縁先であろうことや、あれこれ情景がうかび、上手すぎるくらいに上手です。

(1)係累のなき身よしろきまんじゅさげ  蓉子(50代,女)
 白きの表記に迷います。
(2)初夏のわれ七彩の魚となり
 感覚的な句ですが、沖縄で初めてシュノーケリングを体験したときの感じたままです。よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)人はそれぞれになんかしらの悲しさを背負っているものですから、この句のように、わが身のあわれを押しつけられるのは、あまり気 持ちのいいものではないと思います。
(2)「われ七彩の魚となり」というのが、すこし大げさに感じてしまいました。コメントを読みシュノーケリング体験の句と分かっているからそう感じたのかも知れませんが。

(1)山に入る松茸犬に嗅がしめて  文の子(60代,男)
(2)玉(ぎょく)の無き結婚指輪露光る
(3)虫集(すだ)く灯を飛ぶ虫の二つ三つ

 宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)情景はわかりますし、句材も面白いと思います。松茸犬に匂いをかがせるというのでは観察が足りないかも。そもそも「松茸犬」というのが面白いので、「山に入る松茸犬をつれてをり」のようなのでも興味をそそるかも知れません。
(2)これは何のことでしょうか。個人的な苦労話を聞かされてしまうような予感がします。
(3)これは平凡でしょう。

(1)蟷螂に身を細うせるチワワかな  小口泰與(60代,男)
(2)荻の声一群の禽西方へ
(3)霧立ちて高嶺ルビーの咲きにけり

 よろしくご指導願います。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)チワワがでてくるので、こういう情景はカワイイナと思ってしまうので、句としてどうだか判断がつきません(わたしも犬好き)。たぶん、そのまま報告俳句なのだと思います。
(2)禽はトリで、猛禽類の禽です。禽の声を、萩の声と置き換えたということでしょうか。すっきりしない気持ちになりました。
(3)高嶺ルビーは、日本で初めて赤い花を咲かせるそばの品種です、とありましたので、以前の「みすずかる信濃の空の赤き蕎麦」の事もわかりました。前回の句も前付けに「高嶺ルビーという赤き蕎麦あり」などと書いてから詠む類の句材ではないでしょうか。これがあれば、前回の句などは新鮮な感覚でうけとめることができたと感じます。

(1)地を揺らす馬の尿なりいわし雲  未知(50代,男)
(2)どれとなく花切りにゆく秋彼岸
(3)月鈴児一匹あとは余白かな

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)尿は、イバと読むのでしょう。短詩形らしい誇張です。地をゆらすが言い得て妙かどうかで評価がわかれるところ。わたしは、5段階評価で4かな。
(2)「どれとなく」がいい感じです。季語がまだ動くような気がしますが、これはこれで出来ている句。
(3)小口泰與さんの句で見た、月鈴子(げつれいし)と同じ、鈴虫の異名です。上手に詠んだと思います。

返り花付録の月があるような  浅葉洋(70才以上,男)
 毎度弊へぼ句に懇切なるご高批評感謝しています。今年は気候の故か、返り花が多く見られ眼を愉しませてくれています。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「付録の月」が虚をつかれた感じの面白い言い方。江戸時代は、太陽暦とあわせるために、一年が13ヶ月ある年があったそうなので、あながち嘘ではない。感心です。

秋晴れやフィッシュバーガー注文す  藤井茂子(女)
 28日のご診断に納得致しました。秋澄むや〜の下五はいつのまにか探し折り(居りを間違えてました。)にしていたのも驚きましたが。10月までは何卒宜しくご指導くださいませ。
ドクターえなみの診断と処方箋
 やはり間違いでしたか〜。掲句、ハンバーガーでは句にならないが、フィッシュバーガーでかろうじて句になっていると感じる。季語のおさまりも良い。ちょっと違うが「満月やマクドナルドに入りゆく/角川春樹」がある。この満月はハンバーガーの丸でもあったか〜。

しらぬいがストンと列車空間に  裸時(30代,男)
 理屈っぽいでしょうか?
ドクターえなみの診断と処方箋
 裸時さんなので、しらぬいは「SNKの対戦型格闘ゲーム『餓狼伝説』シリーズ及び『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズに登場する架空の人物」かとも思うが、普通に不知火なのでしょう。わたし全く知りませんでした。沖のイカ釣り船のイザリビが冷気でさまざまに変化して見えるという事のようです。秋の季語。夜行列車に乗って不知火をみていたら、こんな気持ちになったという事で、理窟っぽくなどありません。


2007年10月2日

稲ひと穂岳父に倣い拾い歩く  岡野直樹(40代,男)
 前回の「刈残し二人を離つ天の川」は、田を一文字に分離して刈り残された稲の帯を、恋人を離れさせる天の川に見立てたつもりでした。無理があったでしょうか。今回も稲刈りシリーズです。よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 「刈残し二人を離つ天の川」、稲の帯を擬人化するのはムリがあると、わたしは思います。掲句は、「岳父に倣い/拾い歩く」がごちゃごちゃしています。声に出して読んでみれば分かります。前半が大事なのか、後半が大事なのか、句意(伝えたい内容、句の狙い)を整理する必要がありそうです。

(1)恐竜を作って見せて今年藁  仁(60代,男)
(2)坂道の自転車の先は秋だった
 ドクターえなみ、よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)恐竜だけでは、まだまだ世界が出来ていないように思います。
(2)トンネルを抜けると雪国だった、と同じレトリック。句材なのか、言い方なのか。取り合わせなのか。この方法は絶対あると思います。

(1)セックスの土手青っぽいシャツ南瓜  汽白(40代,男)
(2)いただきの図鑑でも見た赤まんま
 ありがとうございます。よろしくお願いいたします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)強烈パンチから入ってますね〜。汽白さんを知ってるから笑えましたが、知らなかったら怒るかも(笑)。上手じゃなくて土手なんですね、言葉はオゲレツだが、ちっとも下品に感じないのは、「青っぽいシャツ」にあるのかも。それよりも、三段切れの最後をしめくくる南瓜は何なのだ〜。
(2)「いただきの図鑑」は、たぶん造語。フリーペーパーを連想するが、ちょっとHな響きのある、面白い言葉。「でも見た」と、俳句の禁止助詞といわれている「も」も、変な効果をあげていると思う。こっちは新鮮。
 汽白さんが前回参加の「船団東京句会」の第二回が、11月1日に東京銀座で行われます。「e船団」のお知らせ欄にもありますが、http://9105.teacup.com/haiku555/bbsにもあります。ただし、人数制限があるので、早い順。汽白さん、参加できそうならお早めに〜。

(1)朝寒や鳥海望む橋に立つ  けんじ(70才以上,男)
(2)栗駒のあの日あの時星月夜
(3)彼岸花白く咲くある古刹かな

ドクターえなみの診断と処方箋
 けんじさん、はじめまして。
(1)気持ちよさそうな風景ですが、橋の上に立つだけでは物足りない気がしました。
(2)もうちょっと具体性がないと、思わせぶりなだけだと感じます。
(3)「白く咲くある」は「白く咲いてる」「白く咲きたる」などでしょうか。この句もそうですが、思っていたが言葉にならなかった事や、人とは違うう見方、感じ方の発見が必要なのでは、と思いました。

(1)アドバルーンに演歌歌手の名素堂の日  蓉子(50代,女)
 この地にめずらしくアドバルーンが揚がっていました。○○ショー。またも底5に迷ってしまいました。甘藷の秋では・・・・
(2)栗おこわ四日続きの雨上がる
 梅酒の句ご教示ありがとうございます。今までは句会の直前にあわててひねり出していたのですが、今は簡単に俳句モードになれ、クリニックのおかげです。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)忌日俳句は、亡くなった方との接点の探り方がポイントでしょう。素堂とは「目には青葉山ほとゝぎす初がつほ」の素堂だと思いますが、どこに接点があるのか分からなかった。「アドバルーンに演歌歌手の名」を句にするのは難しそう。矛盾するアドバイスだが「氷川きよしのアドバルーン」など、実名で行く手もあるかも。
(2)四日続き、の具体性をすっきり詠んで、季語とのとりあわせもいい句だと思います。

(1)先になり後になりして花野道  千鶴子(60代,女)
(2)新涼にまな板の音今朝たかく
 はじめまして。よろしくお願いいたします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 千鶴子さん、こちらこそよろしく。初めてなので、どのレベルで診断すればいいいか迷いつつ。
(1)「先になり後になりして」というのは、まんまで、興味がわかない。それは誰なのか、何故なのかなどを思い出しつつ、言葉を見つけてください。
(2)こちらもそうですが、まな板の音が高いだけでは良くあることなので句にならない。みんなが思っていたが、言葉にしていないような何かを見つけてください。

(1)屏風絵の異国の戦士秋深む  文の子(60代,男)
(2)太閤を祀り露けき社かな
(3)またメール子離れ難き夜長妻

 9/23-25のご診断有難うございました。3連休と期末(私自身がバタバタしても しょうがないのですが)のため、お礼が遅くなり申し訳ありません。ご教示頂いた点は良く考えます。掲句宜しくお願い致します。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「屏風絵の異国の戦士」では、絵の把握ができていないと思います。「屏風」は冬の季語なので、それを上手に活かしては。
(2)京都正面通り、豊国神社でしょうか。「太閤を祀り→露けき」が強引なような気がしました。
(3)いろいろ事情がおありのようですが、盛り込みすぎではないでしょうか(笑)

(1)つんつるてんのシルクのブラウス小鳥来る  ポリ(50代,女)
(2)マンモスも先祖も眠る良夜かな
 いつもご指導ありがとうございます。拙い句ですがよろしくお願いいたします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 前も書いたが、ポリさんは言葉の倉庫がユニークですね。面白い言葉が出てきて楽しい句ができそう。この調子でやってください。
(1)575にはめる方が、口調がいい。つんつるてんの、シルクの、が欲張りすぎ。「小鳥来るつんつるてんのブラウスに」など、どっちかにした方がいいでしょう。
(2)う〜ん、こういう事を考えたのは、ポリさんが初めてかも知れません。とてもいいと思う。

(1)髪型を店主にまかせ外は秋  えんや(60代,男)
(2)妻の背の蟷螂はらふ永平寺
(3)ひとり居の録画見る兼題は「芋」

 駄作、推敲が足らないのか?四方が壁、ぶち当たっています。どうか宜しくご指導のほどを。
ドクターえなみの診断と処方箋
 わたしも、数回のスランプを経て、今日に至っています(と言うほど、えらそ〜なものではありません)。俳句は何を詠むかが一番むつかしいと思う。日記だと思って素直に作って句会の点が入ればいいが、どうも上手くいかなくなってくる。この辺からもがき始めて、思っても俳句にならなくなってくる。解決法は、とにかく俳句を作りたい気持ちになることです。そのためには、初心の頃に影響を受けた入門書を読み返す、好きな作家の句を読む、面白いと思った単語をメモしておく、句会や投句の機会をつくり、俳句モードに自分を追い込む事などか。人にほめてもらおうとか、句会で点を取ろうと思ってガラにもない句を作ってしまい、それが選にも入らず、落ち込む事も。ガラにもない句が選に入るのも恥ずかしい。それじゃ、自分のガラに合う句とはなんなんだ、も、未だ分からず。いっそ俳句をやめるかと粋がっても、誰も止めてはくれない(自分で始めた事なのであたりまえだ)し、やめてしまったら終わりでしょう(笑)
(1)「髪型を店主にまかせ」は、男なら当たり前でしょう。どうしたらいいでしょうかね〜。「店主」が良くない「床屋」の方が良くはないか。「髪型」も良くない、まさか丸坊主にするとか、パンチパーマをかけるわけではないだろう。でも、ヘアースタイルでもない。「外は秋」が説明的で良くない。以上から、「もみあげは床屋まかせの秋の風」などは、どうか〜(う〜ん、ダメか〜)
(2)永平寺で起きた事なので入れたくなるが、唐突。いらないでしょう。
(3)説明しすぎ、文章が整理されていない。考えてみてください。

(1)みすずかる信濃の空の赤き蕎麦  小口泰與(60代,男)
(2)秋風を乗せて湖面の音もなく
(3)初栗に東に向かひ笑みしかな

 よろしくご指導願います。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「みすずかる」は信濃の枕詞。「赤き」が、空なのか蕎麦なのか。このままでは文脈から蕎麦が赤いと読めてしまうが、いいのだろう か。
(2)言葉が上滑りしているようです。
(3)掲句の、その心は?句意(伝えたいこと、句の狙い)が理解できませんでした。


2007年10月1日

(1)いろは坂のぼり切ったる秋の霧  藤井茂子(女)
(2)つい一枚買ってしまった秋の旅
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)素直な句。が、類句はたくさんありそう。
(2)これも素直な句だが、句材は珍しいのではと思う。吟行などでは点があつまりそうな、実感のある句(ほめているのです)(^_^;)ゞ

(1)こゆるりと道草なども里の秋  未知(50代,男)
(2)言ふべきか君の歯に付く海苔のこと
(3)岩木山宮の下にはゆきのした

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)「道草なども=里の秋」、定義するという作り方でしょう。「こゆるり」の接頭詞もいいと思う。
(2)面白い句材です。ダイレクトすぎるかな〜と思うが、ちょっとした言い方か。「君の歯に海苔あることを言ふべきか」「言ふべきか海苔あることを君の歯に」などは、どうでしょう。これ以上変えると別の句になる。稔典先生なら、もっと暖かく言えるのかもな〜。
(3)大きい風景から、だんだん小さい風景になってゆく作り方。「みちのくの 淋代(サビシロ)の浜 若布寄す/山口青邨」。地名がはまってないと思いました。

大差無し海豚に鯨鷲に鷹  きんぎょ(女)
 よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 きんぎょさん、はじめまして。面白そうなことを考えているな〜と思いました。しかし、「大差なし」がいけません。こう言ってしまったら、読む方はそこからイメージが膨らまない。きんぎょさんの断定的な見解を拝聴してしまうだけになってしまう。手広くやらず例えば「海豚に鯨」だけで、どう大差がないのか、何でこのような事を考えるに至ったかなどを句にしてみたらどうでしょう。

棒切れがのの字になって小鳥来る  裸時(30代,男)
 ホームページ観てもらって嬉しいです→あれもしたいこれもしたいといろんなジャンルに挑戦してるので忙しいです(^^;
ドクターえなみの診断と処方箋
 忙しくなっても、やりたいことは、思った時にやった方がいいです。この年になると、やろうと思っても出来ない事も出てくるので。掲句は、「棒切れがのの字になって」が分からない。

(1)この酒はロックで飲もう秋なすび  仁(60代,男)
(2)この新酒ロックがいいと言うラベル
 ドクターえなみ よろしくお願いします。26日掲載分の「こだはる」の旧かなについては特にこだわっている訳ではありません。文語体で俳句に手をそめた関係で、どうしても偶にはというようないいかげんな気持ちで使っております。NHKの俳句の通信教育に、おだてられて入ったのがうんのつき、もっともサラリーマンでは俳句どころではありませんでしたが・・・実際のところ現代口語の響きの良さ、おもしろさ、難解な句も多々ありますが、何か魅せられております。ネンテン先生の知名度もあったのかな〜。まあ、そんなことですので、これからも厳しい診断をお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
 口語俳句が中心のようなので、基本が文語で旧カナとは意外でした。「はみがきはきらいです」などは新カナですから、両刀使いになっているようですが、句集などで表記を統一する必要があるわけではないので、それでいいと思います。答えていただき、ありがとうございました。
(1)「この酒はロックで飲もう」は、会話でも普通に言うこと、秋なすびとの距離も非常に近いわけですから、ごく日常会話俳句で、詩的感興などは生まれない。
(2)もしかしたら、仁さんはお酒をあまり呑まない方なのでしょうか。日本酒なら「冷やでどうぞ」などということはあるが(大吟醸などの高い酒で、やや甘めの酒の事が多い)、ロックにすると水っぽくなるので、普通の度数15%ではやりませんよ(妙なことにこだわる)。仮に日本酒でないとして、この句の内容などは、別に普通のことなので、驚くにはあたらない。句の評価のひとつに「腑に落ちる」というのがあります。言われてみれば、なるほどな〜という箇所が両句にないという事でしょう。

ふるさとの狩場の峰や櫨紅葉  日地秋(50代,男)
ドクターえなみの診断と処方箋
 日地さん、初めまして。櫨は、ハゼ。昔は、これから蝋燭を作りました。松山の近くに内子という町がありますが、この町は蝋燭で栄え、今も櫨の木があちこちにあります。揚句、狩場というものが目に浮かびませんが、句材にも工夫があり、安定した写生句であると思います。

ゆるゆるとデジタル時計望の月  藤井茂子(女)
ドクターえなみの診断と処方箋
 ゆるゆるとデジタル、が近い(やや説明か)。時計と望の月、が近い。結果として予定調和の中に収まってしまったと感じます。

(1)掌に種プツプツと葡萄食む  えんや(70才以上,男)
(2)野の花を手折りて動物霊園に
(3)自転車の開錠の音爽やかに

 いつも適切なるご指導有り難く存じます。ご診断戴きました句、1ヶ月纏めて推敲したいと存じます。駄作宜しくお願い申しあげます。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)素直な句で良いと思います。「プツプツと」ですが、音は「プップッ」でしょう。「掌に種プップップッと葡萄食む」では音がはまらないから、掲句 でいいんでしょうね〜、やっぱり。
(2)こういう事もあるでしょうが、この手の句は「わたしは心優しき人間です」という押しつけがましさを感じてしまい、あまりよろしくないと、私は思います。
(3)う〜ん、これだけでは報告。これをどう表現するかでしょう。

(1)掌におもそでかるきけふの月  蓉子(50代,女)
(2)頭上を列車神戸元町花曇
 憤怒の句のご診断ありがとうございます。すこしほっとしました。 よろしくお願いします。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)ひらかなの句で、美しい調べだと思いました。反面、ひらかなの連続はよみにくく「おも袖」というのがあるのかと調べてしまい、「重そうで」のことだとやっとわかった。「てのひらに重そで軽きけふの月」程度でしょうか。ご自身で判断なさってください。
(2)これも読みにくかった。「頭上を列車/神戸元町花曇」。上が7文字なのはかまわないのですが、どうしても「頭上を/列車」と切りたくなる。詠みだしのズジョウがきたない言葉なので検討ではないでしょうか。轟音と都会の花曇りの取り合わせは、とても良いと思います。

(1)秋の日の雲たなびけり敗者にも  未知(50代,男)
(2)海原を鹿が泳ぎし月夜かな
(3)みどり児のツリーの星の下にあり

 ご教示を。
ドクターえなみの診断と処方箋
(1)この句の敗者というのは作者の事と思える。未知さんの今までの句の中では、身の程の詠み方で、良い方向だと思う。
(2)不思議な美しさの風景です。美しさを読み取るときは、既成のイメージが下地にあり、そこに新しいイメージが加わると新鮮に感じるのではないかと思う。そういう点では、安定感のない世界かも。人によって感想が大きく分かれるでしょう。
(3)イエスキリストの生誕を背景に、ツリーの下の子の眠りを詠んで、気持ちのいい句。この句も一句目と同じ身の程の詠み方。この程度の現実感を残すのが良い、と私は思います。