俳句クリニック 2008年2月前半分(ドクター:早瀬淳一)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


ドクター早瀬の診断
2008年2月15日

藁屋根に木の芽雨染むくろぐろと  豊田ささお(70才以上,男)
 「正眼に構えし面に梅匂ふ」ありがとうございました。いただきです。構えし面・・でいいつくしていますね。今更ながら語彙の貧困を嘆く次第です・・。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 恐縮です。
 くろぐろと、がやや説明で、想像の余地を狭めた。でも、情景はよく見え、藁の匂いがしてきそうで、読後感はいいのでは。木の芽雨を下5にして、取り合わせで、いい句ができそう。

(1)がむしゃらに走って帰る冬の果て  うさぎ
(2)うとうととしているうちに日脚信ぶ
 宜しくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)報告。俳句は詩でもあるので、冬の果て、を間接的にしみじみと感じさせるいい「モノ」を探しましょう。
(2)「伸ぶ」ですね。これも同じ。直接早春に関係ない、なにかほっとするモノ、なつかしいモノを探しましょう。

(1)春一番乗り放題の乗車券  遊雲(70才以上,男)
(2)蝶番ギギィッと鳴って冴え返る
(3)憧れは背番号1春光る

 今「番」と聞いたら安易だけど「春一番」。3月は選抜、「春光る」は少し早いけど。ところで「アゴラ」が何か気になっているんですが。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 アゴラは、YahooかGoogleにいれてみてください。詳しくでると思います。
(1)春一番で温かい風が吹きすさぶ中、当てもなく電車に乗りたくなる気分をうまく言いとめた。叙情がある。
(2)よくできているが、過去にある世界。
(3)現役の王選手を知っている世代は少なくなっているでしょうね。でも、ひたすら背番号1にあこがれる少年の気持ちが伝わってくる。

(1)早春の七宝焼きのピアスかな  菜月子
(2)早番やうぐいす餅と文庫本
(3)中澤のヘディングシュート春の雪

 早瀬先生、こんにちは。(3)は止めておいた方がいいのかも、ですが、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)こんにちは。早春を反射している七宝焼き。目に見えるようで、とても気分のいい一句。
(2)早番の仕事を終わらせて、誰もいない職場で一人楽しむ時間。3句とも動詞が一つもないのが、とてもいい効果を出している。
(3)こういう句、大好きです。ぴたっと575に決まり、座布団一枚!と言いそうになる。俳句は、もともとこういう即興の遊びだった部分があるのでしょうね。気分がほぐれる。

ひと雫またひと雫軒氷柱  悠(70才以上,女)
 いつもありがとうございます。よろしくおねがいします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 類句あるも、リフレインが効いている。北陸あたりの、郊外のスーパーに客を奪われた、寂れた商店街の軒のような気がする。読みすぎか(笑)。

(1)いちめんの菜の花宇宙物理学  未知(50代,男)
(2)うすらひの光に孵る時間かな
(3)旅がらす古巣に上がる春の月
(4)雨垂れの幹下りけり桜の芽
(5)校門の駆け出しゆく子桜の芽
(6)春愁の犬の駆け出す堤かな

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)未知さんらしい取り合わせ。一面の黄色に気が遠くなる感じを、宇宙物理学と捉えたのは、非凡。おもしろい。
(2)うすらひの光に孵る、がうまい。光に孵った時間がまた薄氷に帰っていく。循環構造の俳句。
(3)旅がらすは、烏のようでもあり、旅芸人のようでも。古巣に上がる春の月、が古俳諧のよう。
(4)報告。

立春大吉舗装路を割る草の丈  吉井流水(60代,男)
 舗装路の割れ目に春の訪れを感じたのですが、つきすぎでしょうか。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 立春大吉の季節、つまり早春と舗装路を割る草は季重なりに近いのでは。立春大吉のあとは、季節の関係ない、ほっこりするものを持ってこられた方が。

(1)おもかげは薄氷ペキッペキペキ  汽白(40代,男)
(2)ヒヤシンス番が来るまで待っててネ
 いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
(1)おもかげ、は面の題でしょうか。面影が、ぺきっと割った薄氷である人とは?想像が広がる。
(2)番が来るまで待っててネ、がやや投げやりのような。ヒヤシンスとの関係もはなれすぎでは。

(1)ぱたぱたとパーマの睫毛針供養  茂(女)
(2)牡蠣舟のマスト斜めに香り満つ
 毎朝半分沈みそうに牡蠣舟が寄港します。「・・・香り乗せ」が良いのか迷いました。
(3)裏木戸の銅鑼に風花しきりなく
 何度もシンプルにとご教示いただいても尚たくさんの材料を盛り込んでしまいます。「雪山の麓に茶の湯銅鑼の音」を銅鑼に焦点を当ててみましたが。よろしくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)睫もパーマできるのですか。女性の世界は深いというか、わからない。前半の脳天気な様子と針供養は、よく合っている。
(2)牡蠣舟のマスト斜めに、まではうまい。いわゆる、「ものをよくみた句」。香り満つ、が蛇足。
(3)「しきりに」であって、「しきりなく」とはいわないのでは。下5に悩みますね。

(1)手で掬う立春の水吾が昭和  沖人(70才以上,男)
(2)斎場を出て風花の纏いつく
(3)春風邪に先ず鼻薬自身番

 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)手で掬う立春の水、まではよくあるパターン。吾が昭和、で境涯句っぽくなった。
(2)纏いつく、で葬式の後の雰囲気が出た。余韻が出たのでは。
(3)自身番、とはおもしろいものを見つけられた。春風邪に先ず鼻薬、はあたりまえでは。自身番を生かしたい。


2008年2月14日

交番にひなずし持っていそいそと  仁(60代,男)
 早瀬先生、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 いそいそと、が言い過ぎで、いらない。ひなずしが季節感もあって、いい斡旋。旧友か、お世話になった巡査がいるのだろうか。

(1)交番の巡査うたた寝寒明ける  栗太郎(60代,男)
(2)店番の老婆の背中春浅し
(3)立春やゴルフクラブを撫でてみる

 未熟な俳句にお付き合いいただきありがとうございます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 いえいえ。こちらこそ。
(1)寒明けのころは一年で一番寒い頃。そのなか、うたた寝する巡査。批判ではなく、平和へのありがたさが読める。
(2)時間が止まったかのような、乾物屋か、荒物屋。背中に焦点を当てたことで成功した。
(3)これだけでは、どうぞ、というしか。

(1)古民家に蛇皮線流れ島は春  文の子(60代,男)
(2)沖縄の色海にあり寒ざくら
 2週間空白の一因です。沖縄の寒と立春は本土とは違う風情があります。掲句宜しくお願い致します。
(3)旅人の面強張りし雪の報
 「面」にトライしました。東京が大雪で、那覇空港で2時間待たされた句です。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 今日(9日)の神戸も大雪。各地もでしょうね。
(1)沖縄の雰囲気が色濃くながれ、気分のいい一句。よろしいのでは。
(2)沖縄の色、といわれても、にわかには浮かんでこない。見ている人にしかわからないのでは。
(3)日記として。

(1)高窓の真中に留まる春の月  しんい(女)
(2)水温むさざ波裁ちて見馴れ棹
 宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)瑠璃色の、アンティークの窓ガラスに潤んでいる春月を思った。ノスタルジックで、まずまず。
(2)見馴れ棹、がわからない。

早春を 海呑みこみて 光る朝  浅葉洋(70才以上,男)
 穏やかな朝の海が、太陽に輝いています。ご高評をお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ふつうは、分かち書きにはしません。海が早春を呑みこむところが少し新しい。が、光る朝が平凡。同じ調子の言葉が続いて、平板になった。早春と海では、よほど何か違うものを入れないと、難しい。

(1)降る雨を囃してをりぬ寒牡丹  小口泰與(60代,男)
(2)どどどどと風の吠えるや頬凍てる
(3)上州の空っ風こそ浴びにこよ

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)雨は植物にとって嬉しいもの。寒牡丹の気持ちがわかる。いや、をりぬ、で切って読むと、作者の嬉しい気持ちか。
(2)吠える、凍てる、は言葉の重なり。
(3)自分の気持ちが出すぎた。

ピッと鳴く体温計や鳥雲に  くらら(60代,女)
 折り返し点を過ぎれば後は早い。出口の灯りが見えてきたところで、ご自愛ください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 暖かい慮り、ありがとうございます。
 「鳴く」と擬人化しない方が。「鳴る」とシンプルに。微熱を持ちながら、空の鳥を眺める。いい世界だが、類句はありそう。

(1)砂丘に来て私は誰かいつから春か  千坂希妙
(2)二十一世紀だ何が恵方巻きだ、のどが詰まるのだ
(3)草堂の屋根にタンポポが、じゃない千切れたポンポン

 敢えて破調に挑戦してみましたが・・・
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)自由律俳句として読めるのでは。砂丘にいるときの気持ちをうまく掬い取っている。哲学的な問いだが、砂丘でリアリティを勝ち取っている。
(2)(3)俳句は、思いを述べるものではなく、ものを言わない、モノを置くだけの文芸。短詩として、別の読みができるかもしれない。

(1)冴え返る鉄像にスピーカー音  未知(50代,男)
(2)ラガーらの氷河の山に生き残る
(3)蒼穹のジンギスカーン狼来
(4)正面に松を据へてや舞始め

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)鉄塔ではなく、鉄像。つまり鉄のオブジェだろうか。不思議な感じはするが、状況が少しつかみにくい。
(2)氷河に挑み、生き残っているのは、元ラガーの猛者ばかりだ。男のロマン、壮大な一句。
(3)蒼穹、ジンギスカーン、狼、と同じ色の言葉ばかりが並んだ。

(1)紅梅の順には咲かぬ蕾たち  山法師
(2)立春の文字見てうれし便り書く
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)順番ではなく、バラバラに咲いていく蕾、ということか。少し、理がはいっているかに。
(2)うれし、は言わない方が。「立春の文字を見ながら認める(したためる)」


2008年2月13日

(1)一番風呂抜け出してきた土筆かな  仁(60代,男)
(2)春いちご一番白き手すき和紙
 早瀬先生、きょうもよろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)土筆を湯がきたてですね。土筆のかわいらしさが出ている。字余りがやや気になる。「さっきから一番風呂にいる土筆」くらいでは。
(2)いちごは夏の季語だが、春いちごと和紙もいい感じ。兼題だが、一番白き、はいらない。

(1)春立てりちょっとまばたきしてるまに  sa(60代,女)
(2)化粧水の滴きらりと春めけり
(3)裸時さんはどこに消えたか春の風

 投句されていた、裸時さんどうされてますか?裸時さんの行方知りたい句です。宜しくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)誰しもそう思うのでは。
(2)しずくきらり、と春めくは平凡だが、化粧水がおもしろいかもしれない。字余りを解消して、化粧水を生かして作られては。
(3)挨拶句としておもしろい。(知っている人だけだが)。私も知りません。お元気ですか?裸時さん。

野芝居の面々来るや春立ちぬ  豊田ささお(70才以上,男)
 「面」でもうひとつですが・・
ドクター早瀬の診断と処方箋
 今でも、野芝居や万歳や門付け、など残る地方があるのでしょうね。のんびりそういう地方を旅行したい。立春のころで、少し寒そうだが、いい野の風景。好きな句。

(1)番犬が手を挙ぐ招き猫の如  岡野直樹(40代,男)
(2)一番風呂父と入る子いなくなり
(3)番傘にちょろり守宮が乗りにけり

 無理やりかな、やはり。とにかく「番」でした。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)招き猫の如、が説明。ごとく、は意外な比喩に使わないと詩にならない。
(2)うちもこうなりかけ。一番風呂は気持ちいいものだが、父が少し哀しい。川柳によくあるパターン。
(3)番傘と守宮は時代がかっていて、おもしろいかもしれない。ちょろり、がいまいち。

スイートピー咲いて番犬の欠伸かな  杏里(50代,女)
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 なるほど、番犬ときましたか。中8で字余り。スイートピーは春から初夏でしょうか。咲く暖かな日だから欠伸、とつながってしまうので、句の余韻が出なくなった。

番外の迷い鳥かな冬麗  茂(女)
 何時も丁寧な添削有り難う御座います。又季語以外の兼題をした事がなくとても勉強になります。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。恐縮です。
 なるほど、この番の使い方もありますね。予定しなかったときに、鳥が唐突に現れた。静かな冬麗とも合っているのでは。

(1)挿木さす明日に世界の終はろふと  未知(50代,男)
(2)蔦の芽の白し身体は現役
(3)うすらひに歩みより身をかためたる
(4)春寒や土手にあまたの穴のある

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)未知さん独特の文体ですね。わざと大げさなことを言いながら、挿木、というものを持ってきたところがにくい。
(2)微妙な取り合わせ。蔦の芽もまた実った。私の身体もまだ健在。
(3)どこの作者の意図、伝えたいものがあるか、わかりにくい。

(1)紅梅や天然ボケに癒されて  文の子(60代,男)
(2)風花と決めたり傘をたたみたる
(3)悠然とせるやせ我慢水鳥は

 折角早瀬ドクターに診て頂くのに2週間も空けてしまいました。これからスパートしますので宜しくお願い致します。掲句「悠然と見せるが美学水鳥も」を推敲しました。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 あと、三週間ですね。
(1)紅梅のぽっとした赤さと、てんねんの人との対照が楽しい。癒されて、まで言わなくとも。「紅梅やテンネンさんと歩く道」
(2)説明になっている。自分で勝手に「風花と決めたり」はおもしろい。
(3)悠然とせるやせ我慢、が水鳥の解釈になり、読者の想像の余地がなくなる。

雪かきの力萎えなば雪に死なん。  ねぎよしこ
 いそがしい初稽古ひょっとこ、おかめを踊りぬく。二つ面です。有難う御座いました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 俳句は、あまり深刻だったり、まじめだったら、ほぐれない。この句、わざと大げさに言って、雪かきのしんどさを笑い飛ばそうと言うのだろうか。

(1)キャンパスに百周年旗落椿  菜月子
 「キャンパスに百周年旗寄付ですね」の推敲です。
(2)漢の倭の国王の印冬波涛
 「金印の金の輝き冬波涛」の推敲です。
(3)手つかずのコーヒー辞意を告ぐ余寒
 早瀬先生、いつもコメントをありがとうございます。とても励みになっています。
(3)は気持ちが強く出すぎているかと自問するところですが、よろしくお願いしま す。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。ありがとうございます。
(1)百年の大学はとても古い。そのたたずまいに落ち椿は、静かにとてもよく合っている。
(2)漢の倭の国王の印、までが長すぎて、句の印象の鮮やかさが出なくなった。
(3)辞意と予感がつきすぎ。辞意、という強い言葉は、俳句ではとても難しい。

がたいよし面構えよし飛べ!ラガー  北野元玄(60代,男)
 新聞の一面や三面記事についての俳句をいろいろ作っていたのですが、皆さんも楽しい俳句を作っていらっしゃるご様子で、私の出番はないようです。上句、ラグビーのビラの宣伝コピーになってしまいました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 面でいろいろ考えくださって、ありがとうございます。おっしゃるとおり、神鋼かどこかに送られたら、採用されるかも。ラグビー、ラガーもよく詠まれた素材だが、まだまだおもしろい俳句がつくれそうな気が。

月面に春の地球ののぼりけり  遅足(60代,男)
 日本は春でも、南半球は逆。こういう句は、事実とは違うわけですが、成立するのでしょうか?句は全然よくありません。考え方を教えて下さい。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 あまり難しいことはよろしいのでは。オーストラリアでは、今詠むと夏の句になると思います。「水の地球すこしはなれて春の月」(正木ゆう子)に少し似ている。でも、この視点の逆転は、とても好き。スケールの大きな1句になった。

(1)春一番丸顔の僧スクーター  千坂希妙(50代,男)
(2)白梅やすってんてんで帰る朝
(3)水仙は水仙でいたいバレリーナ
(4)白菜の黄芯ほどに恋心
(5)椿落つ丹下左膳の右肩に

 いつも有難うございます。たぶん春愁のタネを送っているのでしょうが、これからもよろしく。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いします。
(1)見たものを伝えようという意図が現れすぎ。「丸顔の坊さん走る春一番」くらいでは。
(2)近頃見なくなった徹マンだろうか。白梅が少しおもしろい。
(3)なぜバレリーナかがよくわからない。
(4)字足らず?「白菜の黄の芯ほどに恋心」なかなかおもしろい。
(5)思いっきり劇画に行った俳句。全体におもしろく読みました。

一番に白湯を飲みし光る春  kikumi
 有難うございます。 鬼の面いつもありますものねm(__)m。添削ばかりですが宜し くお願いします。説明ですね?キリバン100万今日なるかな?楽しみでーす。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
 さゆ、なら字足らず。いっそ、「一番に白湯(ぱいたん)を飲み春光る」とすると、競争してぱいたんを飲んでいる、ユーモラスな図になる。


2008年2月12日

森光子仔猫している宙返り  えんや(70才以上,男)
 二月七日の句評、なるほどと痛感致しました。よき参考となります、誠に有難う御座いました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 恐縮です。
 季語がない。が、唐突に森光子が少し可笑しい。子猫がしている宙返りなので、が、か、の、はいる。

(1)初雪や瀬尻の岩に禽の居り  小口泰與(60代,男)
(2)とだえたる鉄路のはてや枯木立
(3)風花や利根の川瀬の波尖り

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)報告。
(2)とだえたる鉄路のはて、がいい風景。鉄路のさきには、枯木立があるのみ。心象風景としてしみじみと読める。
(3)冬に波尖り、は予定調和。

(1)水温む鏡のごとき川の果て  しんい(女)
(2)遠富士やにはかに匂ふ梅の坂
 兼題で句作することも大変勉強になります、すぐ出来ないのが悩みですが、いつも本当にありがとうございます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 兼題で作ると、思わぬ句が立ち現れることがありますね。
(1)水温む鏡のごとき川、までは平凡だが、視線が一気に川の果てに飛んだことで、句に広がりができた。まずまずでは。
(2)一幅の掛け軸のようで、できすぎ。

ひげ面の言葉のぬくしロビーかな  仁(60代,男)
 なんか投句しにくくなりましたねー。(^o^)高いレベルを望んでる方は、「船団の会」の句会にでも参加して若手のばりばりの俳人たちと議論しあったらきっと上達しますよー(^^)。 ところで早瀬先生今回もよろしくご指導お願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 気軽にご投句ください。句会も気軽に。(真剣勝負ですが)。
 「ぬくし」はたしかに春の季語だが、この句では季語にはならない。無季の句としては苦しい。もちろん、「冬ぬくし」となると、季語の働きがある。「ひげ面の言葉のぬくし」はすこしおもしろい。

(1)面割れているぞと刑事冴え返る  沖人(70才以上,男)
(2)チンドンのトランペットや冴え返る
(3)失くしたるがらがら玩具雪間草

 暫らくご無沙汰でした。ドクターの診断がとても楽しみです。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。
(1)おもしろい!テレビの一場面かもしれない。冴え返る、もよく効いている。久しぶりに笑えた。
(2)チンドンは、チンドン屋の楽器だけを言うのだろうか。チンドン屋と冴え返る、春浅し、はよく作られる。(私も昔)
(3)ベビー用の中でがらがら鳴るぬいぐるみですね。もう赤ちゃんは少し大きくなって、なくしてしまった玩具。かすかな胸の痛み。

(1)春近し神戸駅まで乗り越して  
杏里(50代,女) (2)貨物ぞろぞろ駅裏のねこやなぎ
 貨物は鉄道コンテナなのですが、この省略は無理でしょうか。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)春と神戸駅はいい感じ。乗り越して、だけでは詩としての力に欠ける。
(2)575にはなっている。駅裏でかろうじてわかるが、やはり貨物だけでは少し無理。いっそ、「コンテナがぞろぞろ駅のねこやなぎ」

(1)結晶の花を潰して雪祭り  きんぎょ(女)
(2)結晶の花を閉じこめ雪祭り
 こちらは雪祭りが始まりました。雪像より雪の結晶が好きです。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 結晶も雪なので、雪祭りには、別のもを付けた方がよろしいのでは。札幌ですか。北海道のカニ、ラーメン、寿司が食べたい!

(1)面を打つ母娘二代や春浅し  せいち(60代,男)
(2)一人乗るシースルーエレベーター寒の夜
 字余り過ぎるでしょうか?
(3)猫どもに睨まれ冬の露地抜ける
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)女系家族の、面打ち師の家か。春寒の中、黙々と作業する母娘の姿が端正だ。
(2)字余り過ぎる。「シースルーエレベーターに寒の夜」シースルーエレベーターはややなじみのない言葉で、伝わりにくいのでは。
(3)そろそろ恋猫の季節。恋のじゃまをするなとにらまれたか。クスリとさせる。

(1)廃校の庭片栗の花盛り  はるを(70才以上,男)
(2)残雪のがんばり通すひとところ
(3)仲見世の路地裏暗し猫の恋

 大変、勉強させていただいております。よろしく、ご診断ください。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 恐縮です。
(1)片栗は好きな花。光景がとても浮かんでくるが、廃校と片栗はやはり、つきすぎか。
(2)残雪のがんばり通す、はとてもいい。言われてみればそうだけど、なかなかいえないフレーズでは。ひとところ、がもうひとつ。
(3)路地裏が暗しは当たり前。路地裏に猫の恋も想定通り。仲見世はおもしろいが。

(1)雪ふりて顔を出したる城下町  未知(50代,男)
(2)雪の宿大いなる下駄に面あげぬ
(3)スフィンクスの目に付ゐてゐる冬の蝿
(4)逆上がりできて見上げし黄水仙

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)顔を出したる、がいまいちわからない。作者の意図が十分言葉になっていないのでは。
(2)たかが下駄に、大いなる下駄、はおもしろい。上5がとってつけたようなのと、中8が気になる。
(3)スフィンクスの目は過去の千年、未来の千年を見ている。そこにとまっている冬の蝿はまさに俳諧。

父の面母の面しんしんと雪  遅足(60代,男)
 しんしんと、という言い方が余りにありふれて、考えなおした方が良いでしょうか?またモチーフそのものがよくあるものでしょうか?診断をよろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 この面は、つら、と読んで顔のことか、めん、と読んでお面のことか。それによって読みが大きく変わる。読者にはわかる方がいいでしょう。しんしん、はやはり、常套でしょうね。

(1)大泣きの子の面相や鬼やらい  草子(60代,女)
(2)B面に針を落として春を待つ
 季語以外の兼題は初めてなので”面”くらっていますがこんな使い方でもいいのでしょうか?(2)還暦を過ぎ人生もB面?でも針を落とすときのワクワクは変わりませんよ!
ドクター早瀬の診断と処方箋
 面、はどんな言葉にしてもいいですよ。針を落とすときのワクワク、いいですね。いつまでもそういたい!
(1)弟と姉がふざけて投げ合ううちに、本気になり、大泣きしているのか。類句はあると思うが、いい世界。
(2)一度は消えたLP番。また、ブームになっているのかも。前半が叙述なので、季語は、名詞のものがぴたりときまる。


2008年2月11日

久方の冬の日分けてイタリアン  茂(女)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 久方の、がやや説明になっている。いっそ、「冬の日をマフラーにしてイタリアン」

(1)瀬頭に風の育む氷柱かな  小口泰與(60代,男)
(2)北颪欅の古木とつと揺れ
(3)木守や鳴き声あらぶ群雀

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)風の育む氷柱、はありそうでないような気がする。まずまずの把握では。
(2)とつと揺れ、が響いてこない。
(3)鳴き声あらぶ、にかわいい雀の隠された一面を見たようで、少しおもしろかった。今回は、類型から離れられたのでは。

(1)薄氷道化の仮面はがれない  山法師
(2)面白いことなどなくて春来る
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)薄氷も顔についたらはがれなさそう。それからはがれない道化の仮面に飛んだ。すごい発想力。道化は、仮面のつもりでも、次第にそれが哀しいさがになっていく。普通の人間の比喩としても読める。佳句。
(2)(1)との落差がすごい。

椿落つ二河白道の真ん中に  豊田ささお(70才以上,男)
 こういう方向はだめでしょうか・・?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 「にがびゃくどう」...調べないとわからなかった。ということは、句会では取りようがないですね。でも意味がわかると、永田耕衣のようで、おもしろい。おおいにありでは。

(1)去勢する猫見送りぬマスクして  えんや(70才以上,男)
(2)独り居の鰤の煮付けの皿洗う
 どうか宜しくお願い申し上げます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)去勢、が俳句、詩にあっては少しナマすぎて使いにくい。ポエジーを出すには、かなり難しいのでは。
(2)静かな日常。まずまず。

(1)臥龍梅般若の面を透かし見ゆ  勇平(70才以上,男)
(2)春尭や小型戦艦島影に
 「一つ一つ実作するのが一番」とのご教導。有難うございます。(2)は中学生俳句のごときで赤面です。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)臥龍梅というのは、日本各地にあるのですね。知らなかった。般若の面が透けるとは?そんなに薄い木の面はあるのか?紙、プラスティック?少し、難しく作りすぎでは。
(2)小型戦艦が島影に見えたのか。小型戦艦が実際にあって、島影近くに見えたのか。これもやや句意がとりにくい。でも、春尭から小型戦艦への展開は意外性があり、ややおもしろい。

(1)寒明けの真夜中に『エデンの東』  菜月子
(2)立春の空に流れる飛行線
 (1)の固有名詞はありでしょうか。(2)はつきすぎになっているかもしれません。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)成功したら、何でもありです。が、「エデンの東」の内容をよく知らない人にとっては、読みにくいのでは。何となく、雰囲気はわかるが。固有名詞、作品名、画家の名前、などを使うと、どうしてもそのイメージを借用するだけで、借景になってしまうので、成功はとても難しい。
(2)つきすぎではないが、この線はよくある風景。

広告でエコ箱を折る置き炬燵  茂(女)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 エコ箱とは、リサイクルの箱と思った。紙で作るくずかごですか?もう一つよくわからなかった。誰もが、すぐにわかる言葉で作られた方が。

立春の豆もころころひろいつつ  kikumi(60代,女)
 有難うございます。面の、、添削 有難うございます。素晴らしい句になりました。どうしても説明になりがちで宜しくお願いしますm(__)m
 それから、HPのキリバンですか?もう直ぐ100万突パ、あと2日後かな?\(^o^)/
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
 立春の豆は、昨晩の豆の残り。ころころひろいつつ、もすべて節分、立春、豆まきの範囲内で、変化がない。つまり、同じことを言っていることになる。取り合わせとか、何とか、変化を付けましょう。

(1)一冬に海峡の町固まれり  未知(50代,男)
(2)オルガンの蓋の木目や春は来ぬ
(3)散るはくれん空の碧さに耐へきれず

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)海峡の町固まれり、はおもしろい。一冬に、がどうだろうか。意味がもう一つとりにくい。一冬経ったら、ではあまりおもしろくないし。
(2)微妙な、何でもない風景を一瞬でとらえられるのは、未知さんの真骨頂。取り合わせも決まっている。
(3)この大げささは、好みの分かれるところ。すごい、という人、くさー、という人もいるかもしれない。

ヒトはみな飛ぶことをやめ大根蒔く  北野元玄(60代,男)
 「万物の霊長たるが・・・」のリベンジです。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 リベンジとは、ブッソウな。
 人は、元々飛んでいた、という発想は、平凡を離れていて、少しおもしろい。詩では、このくらい、思い切ってもいいのでは。

(1)ばらの芽のほつほつと出で冴ゆるかな  小口泰與(60代,男)
(2)ろうばいや妙義はなるる雲一朶
(3)雨降りて土の休まる冬菜かな

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)ばらの芽がほつほつと出るのは、よくある形容。類型になった。
(2)妙義山になじみがないので、イメージがわきにくい。六甲山、といわれても関東の方は、どんな感じを受けられるのかな。
(3)主観だが、これくらいなら心休まる感じで、いいのでは。冬菜もよく効いている。


2008年2月10日

(1)水鳥をともに眺めるだけの岸  穂波(女)
(2)初日まつオパール色の水面かな
(3)国道を越えれば春の海の匂い

 時季外れの句ですみません。(1)は今になって形になった「水鳥」の句です。(2)は「オパールの水面に初日さしにけり」と迷って、投句のタイミングを逃していた句です。今回の兼題が「面」とのこと、ひと月以上前のことで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 時期はずれても結構ですよ。
(1)水鳥を眺めるだけで、何も言葉が出てこない二人。着地を岸としたところが、ややおもしろい。
(2)まだくらい水面。オパール色がもう一つ色がわいてこなかった。
(3)国道が、田舎の狭い未舗装道のようで、好きな世界。早春には毎年家族で、日生や室津にクルマで出かけて、海の匂いを吸いに行きます。ついでに、おいしい魚介類を満喫。その景色を思い出した。
  「国道を越えれば春の海匂う」

(1)山泉や宇治の川面に冴え返る  遊雲(70才以上,男)
(2)不真面目に正直に生きムツゴロウ
(3)手話の子の指先にある梅一輪

 今日はもう立春。年をとると日がたつのが早いです。大阪市・府に次いで京都では雨の中「市長選挙」が始まりました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)やで切っているので、後半の主語がないことになっている。
(2)ムツゴロウ、春の季語。不真面目に、がよくわからない。どちらも、ムツゴロウの形容としては、苦しい。
(3)指先に張り付いていたのだろうか。あまり見たことがない俳句。まずまずでは。

スーパーに露西亜の蕨春立つ日  茂(女)
 ロシア産の蕨を販売してました。太くて買ってみようかと迷いましたが矢張り本格的な春まで待つ事に致しました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ロシア産の蕨はおもしろい。いつもアンテナを張っていらっしゃる姿に好感。おもしろい句になる予感がします。季重なり。

(1)面を伏せて咲くクリスマスローズ  菜月子
(2)東京は大雪か帰ってないな
 ありがとうございました。気持ちを入れすぎぬようにとのご指導ですが、(2)も感情が入りすぎたでしょうか。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)筆者が、花を知らないのが情けない。でも、寒さに強い花の感じはよく出ているのでは。淡々と詠んでいる。
(2)帰ってないな、がもう少し手がかりがほしい。二句とも破調なので、定型で、がんばってください。

(1)川波の緩ぶ墨堤春めけり  しんい(女)
(2)薄氷をつつき学童はしゃぎたり
 宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)川波の緩ぶさまが、春めけり、と同じことを言っているのでは。墨提をよく知らないので、イメージがわかなかった。
(2)学童が少し古くさいようで、懐かしい感じが出た。

片面は寒暮のなかへハンバーガー  仁(60代,男)
 早瀬先生こんにちは、4日の掲載句「ジューサーより香りとどきて風花す」の表現がごたごたしているとのご指摘ありがとうございます。一応推敲はしましたけれど、あまり変りばえしませんがよろしくご診断ください。「ジューサーより香りほのかに風花す」「ジューサーより香りほのかや風花す」。また「月は遠くえ」の「え」についてはまったく作句意図とは関係なく私のミステークでした。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 推敲句のほうがよろしいのではと。
 「片面は・・・」、おもしろい。ハンバーガーの意外な一面、もの悲しい一面の発見では。好きな句。

(1)雪見旅煮方焼方女旅  草子(60代,女)
(2)十年はひとつかみほど米寿春
 句作の師はDr.だけですので、診断して頂けるのはとてもあり難いです、不肖の・・・だと思いますが(笑)。よろしくお願いいたします。(1)「日々のこと時々雪の女旅」から掲句に。漢字で遊びすぎでしょうか?(2)米寿が硬いでしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそよろしく。
(1)煮方焼方、がおもしろい。女の人しか思いつかない語の斡旋のように。三段切れの感じはさけた方が。「雪見旅煮方焼方ひとりでに」
(2)「十年はひとつかみほど」が米寿の答え。作者の感慨は、俳句に入れない方が。

(1)蝋梅や噴煙南へ流れをり  小口泰與(60代,男)
(2)たたなはる山に残照風冴ゆる
(3)うずたかく新刊積まれ春近し

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)いい風景。どこの噴煙なのかなと、想像が広がる。中八が残念。
(3)新刊書のインクの匂いがしてきそう。春近し、もぴたり。いい世界を作っているが、類句はありそう。

包丁を研ぐ手に注ぐ寒の水  けいこ(60代,女)
 いつも有難うございます。1句づつおねがいします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
 包丁を研ぐと、さびや汚れがつくのだろう。それを流す寒の水。特に何も言っていないが、とても静かな気持ちになる。まずまずでは。

(1)冬の朝猫面構え不敵なり  ポリ(50代,女)
(2)プリムラの黄色窓辺に午後の風
 アドバイスありがとうございます。今回もよろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
(1)意味はわかるが、「猫面構え」が言葉として苦しい。野良猫の顔は不適なものでは。
(2)サクラソウの一種ですか。姿を知らないので、イメージがわかなかった。ごめんなさい。

(1)初心には野望がありて告天子  未知(50代,男)
(2)打水を了へて子どもにかけてやる
(3)蜂ぶんぶん尻の大きな蜂ぶんぶん

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)「初心には野望がありて」の断定は、少し俳句からは遠いかと。告天子、ひばりとの取り合わせも、どうか。
(3)リフレイン。南村健二がよく試みた。この場合は、成功しているとは、言い難いような。


2008年2月9日

(1)面かぶり竹刀青眼梅匂ふ  豊田ささお(70才以上,男)
 兼題の「面」ですが、「面構え」「断面」「紙面」などもありでしょうか?迷いまくりです。
(2)紅梅やドングリ山の暮れなずみ
 梅でもう一回だけお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 兼題の場合は、何でもありです。自分の使いたい言葉を探してみてください。
(1)少しごたごたした感。正眼はは竹刀に決まっているので、「正眼に構えし面に梅匂ふ」では。
(2)紅梅とドングリ山、やや同じような景になった。変化がほしい。

(1)早梅の道にスタートラインかな  はるを(60代,男)
(2)花びらの窮屈さうに八重椿
(3)黄水仙咲くや農業試験場

 いつも、感謝してます。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)戸外の道だから、地域の自治会の小マラソン大会だろうか。梅から、いい展開。
(2)八重桜の説明。
(3)取り合わせとしては上の部に入る。が、花と農業試験場はやや近い。もう少しだけ離していい場所、施設を発見できたらベストだが。

能面に余臭ありけり浅き春  メトロノーム(60代,女)
 以前作った1句ですが、未発表です。「面」のお題にあいました。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 「余臭」が悩ましい。杉の香ばしいにおいなのか、つけていた人のさわやかやなフラグランス?生臭い匂い?あくまでも、解釈が定まった後の鑑賞。

風花や白き器にカレー盛る  どんぐり(男)
 まえのよりもましでしょうか?風花や白磁の皿にカレー盛るのほうがいいでしょうか?悩ましいですね。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 白き、が風花と重なってしまう。いっそ、「風花や真っ赤な皿にカレー盛る」とか、すこし飛んだほうが。

雪山の麓に茶の湯銅鑼の音  茂(女)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 雪山、茶の湯、銅鑼。要素が多すぎてしまった。像が収斂していかない。季語以外では、ひとつのものにスポットを当てられては。

拾っては豆投げ返す鬼面かな  千坂希妙(50代,男)
 いつもご指導有難うございます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 指導というほどのものでもありません。最初は投げられるだけのはずが、ついついちょっと腹が立ってくるのが人情。大人気ないと思いながらも、むきに投げ返す。書かれそうで書かれなかった。佳句。

亀鳴いておまけの人生歩きをり  山法師
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はまりすぎるくらい、ぴたっとはまった感じ。でも、余裕でおまけの人生と言える姿からは、もうひとつなんかやってやろうという気持ちが読み取れるような。

節分にひょいと手渡す面ひとつ  あかね(50代,女)
 よろしくおねがいします。鬼の面ではまたいいすぎかなと省略してみました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 鬼の役お願いね、と若いお父さんに渡されたのか、私達二人ねと、老夫に渡されたのか、少し考えさせられる。さりげないが、まずまずでは。

正面のロダンの像に雪しまく  仁(60代,男)
 よろしくお願いします。2月3日掲載句のアドバイスありがとうございました。まさにおっしゃるとおりです。これからもよろしくご教示をお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いします。
 ロダンは、考える人以外にも、意外とたくさん各地におかれている。人の知らないロダンの像のような気がして、情趣がでた。

(1)豚さんに面と向かって貯金する  岡野直樹(40代,男)
 なんだかナゾナゾみたいになってしまいました。
(2)雪礫この時とばかりぶつけ合い
 妻や子にぶつけてしまう僕がいて。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)豚さんは、貯金箱とすぐわかる。中7がいらないように。「豚さんに貯金している春隣」
(2)ぶつけ合う相手が、わざと意地悪する片思いの相手のような感じが。


2008年2月8日

外向けの声の小さく追儺豆  吉井流水(60代,男)
 今日は節分ですので一句作ってみましたが説明的になったような気がします。よろしくおねがいします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ぎりぎり、いい世界では。軒の接する建て込んだ路地では、大きな声は憚れる。ささやかな庶民の生活こそ、俳句。

(1)池の面みりみり鳴りて寒明くる  しんい(女)
(2)スパイクの春泥重し空の藍
 よろしくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)写生句。とすれば、リアルな発見があるべく。みりみり鳴りて、は割れるときの音か。寒明けですぐに溶けるとは思われず、やや説得性がなかった。
(2)選抜大会には選ばれない高校が大部分だろう。それでも、報われずとも毎日遅くまで練習する。空の藍に、球児の思いが読めるような。

(1)セーターの黒の魔法の解けるまで  未知(50代,男)
(2)口車に乗ってしまひし亀が鳴く
(3)老いもまた鬼のかたちや豆を打つ
(4)母強しほうれん草の根は赤し

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)なるほど。黒のセーターを着ている人の言うことは魅入られたようになんでも聞いてしまいそう。解けるまで、がやや難しいが、その一瞬に身を任せてもいい、ということか。
(2)おもしろいが、その姿を亀が笑っているようで、はまりすぎた。
(3)う〜ん。意味深が多いですね。鬼の姿のなかによろこびも悲しみもあるという事か。余韻、強し。

当面は落ち着き払う雪崩かな  仁(60代)
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 雪が崩れ落ちている最中が雪崩なので、少し意味が通らないような気が。でも、あまり投句がこない「面」での挑戦、ありがとうございます。

梅の花かすかに釣瓶置く音す  豊田ささお(70才以上,男)
 「寒晴れ」へのご診断有難うございました。やはり、音が乾くは、理屈つながりでしたか・・失敗しました。次の兼題が「面」ですね・・・面白そうですが、今のところ手も足もでません。人様のを参考にさしていただいてと思います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 自分で出しておいて、難しい題と思います。譜面台、正面、面談室、面々、顔面、面打ち、など、自分の得意な言葉に持ち込むのが常套手段です。
 釣瓶、も近頃目にしませんね。普通は井戸の上にかかっている。それを、もう使わないのでどこかにそっと置いたのか。まずまず。

(1)小面の野太き声や薪能  北野元玄(男)
 類想感が高く、内容的にはつまらないかも。
(2)氷雨降る小洒落たバーの鬼女の面
 「小洒落た」が発見でしたが、たぶんそれだけ・・。早瀬さんの出題の本意に沿っていると思われる2句ですが、コメントをお願いいたします。次回からもっと飛んでみましょう。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)能はまったく不案内なので、自信を持った読みができない。小面は若い女性の役だが、男性がやり、声も出すのですか。
(2)氷雨降るバーに鬼女の面があるのは少しおもしろいが、バーはだいたい小洒落ているのでは。

(1)山に雪都てふ落人の里  未知(50代,男)
(2)山郷やどれだけ雪の降るならむ
(3)鍬始め三日遅れとなりにけり
(4)山下りず四軒の家春を待つ
(5)家向き合ひたて相照らす雪の山

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)「都てふ落人の里」がよくわからない。
(2)文語の格調ある言い方だが、内容はどうということもないような。
(3)農村ではこの格調ある行事が執り行われているのだろう。雪などで、3日遅れてしまった。それだけのことだが、やはり、季語の力が強いときは、このくらいのさりげない句が生きる。佳句。
(4)好きな句。四軒の家が、山を降りない。俳諧みがある。

(1)一瞬の面一本や寒日和  茂(女)
(2)面食いの従兄の背なに冬の雨
 面で作ったのは初めてです。寒稽古にすべきか迷いました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)残念ながら、面一本の中に一瞬の、は含まれている。
(2)面食いなのに(のせいで)、いつもふられている従兄の姿が浮かんでくる。くすりとした。

(1)雪道を譲るればをみな面あげ  えんや(70才以上,男)
(2)禿頭の笑顔よろしき冬帽子
 笑顔のよき、親友はいつも帽子を被り訪れます。宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)「譲れば」でいいのでは。古風な「をみな」の効果はどうか。大時代的になるので、女、ぐらいのほうが余韻があるかも。雪道は、皆下を見てある句。ふと上げた顔のうつくしさ。まずまず。
(2)帽子姿では、禿頭は知人だけしかわからないのでは。と突っ込みたくなる。誰が見てもわかるつくりのほうがいいのでは。「笑顔よろしき冬帽子」はあったかく、よろしいのでは。

(1)澹々と友禅流し風花す  しんい(女)
 2/1付ご診断頂いた「風花や友禅染の疑似体験」です。
(2)春立つや日矢跳ね返す厨水
(3)潮の香や白雲縷々と薄氷に

 いつもありがとうございます。宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)「たんたんと」が説明。字も難しすぎるのでは。
(2)よくできている。少しあったかい感じがする立春。何か、懐かしい感じもする。厨水がいいなあ。
(3)「縷々と」が既成のたとえで、おもしろくない。


2008年2月7日

(1)白菜を三面記事に巻かれ来る  仁(60代,男)
(2)やがて来る顔面あがくような冬
 早瀬ドクター、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)白菜と新聞なら平凡だが、三面記事で少し面白くなった。「白菜の三面記事に巻かれ来る」
(2)冬の説明になった。でも、面に挑戦して下さり、ありがとうございます。

(1)豆まきや赤鬼黄鬼転げ鬼  玉白石(50代,男)
(2)書き込みの残る五線譜フリージア
 よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)豆まきで鬼が出てくるのは、多少鬼を動かしてみても予定調和してしまう。豆まきで、少し違う出来事、ものを、読まれた方が。
(2)書き込みの残る五線譜はいい感じ。が、五線譜とフリージアはどちらも、さわやかなイメージで、近い気がする。

カステラの恋人をおすちょっとだけ  汽白(40代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 カステラは季語でないですね、まさか。カステラを、現在の自分の恋人として、押しているのか。カステラを持っている恋人を押しているのか。もう少し手がかりが欲しい。

寒紅をうすく備前の抹茶碗  けいこ(60代,女)
 寒中でしか作れない季語で作ってみましたが。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 焼き物を知らないもので。寒紅とは、紅花から抽出した一種の食べ物ですね。それを備前に薄く塗ったのだろうか。わからないので、鑑賞できなかった。すみません。

(1)如月の水にスポンジふくれおり  茂(女)
(2)折り鶴の飛び立ちそうに二月入る
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)うまい。二月の水だからよけいに膨れるはずはないのだが、なぜかそう捉えるところに俳句の世界が広がる。
(2)う〜ん。これもうまいが、ひょっとしたら、過去に作られた世界かもしれない。好きではあるが。

(1)二つ面瞬時に変えて新年会  ねぎよしこ
(2)かたまりて黄金を放つ福寿草
 少し休みました、又よろしく頼みます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
(1)二つ面がよくわからない。ものを知らないもので。
(2)福寿草そのものでは?福寿草の形容は難しいので、取り合わせ(あまり近くないもの)で挑戦されたら。

(1)猫よけの猫の面あり寒の星  菜月子
(2)金印の金の輝き冬波涛
(3)ファックスで二校送稿暮れ易し

 ありがとうございました。甘すぎ、つきすぎに気をつけたいです。「神渡りの宿に流れるフォークかな」を「湖氷る宿に流れるフォークかな」とすると平凡すぎるような気がしますが。掲句、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)くすりとなった。そうなったら俳句は成功。寒の星がいいのかなあ。
(2)倭国王の金印?それとも、普通の金の印鑑か。とするとものすごい高価なものですね。メッキか。よくわからなくなってきた。
(3)二校、が芸が細かい。うまい。

(1)風花の溶けゆく石を眺めゐる  えんや(70才以上,男)
(2)対岸の杭打つ音や枯葎
(3)塩鮭に塩ふりかけて独りの餉

 いつも適切な句評有難う御座います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
(1)静かな景できれいだが、ものたらない。
(2)これも安定しているが、前半がよくあるパターン。枯葎もやや寂し過ぎか。
(3)塩鮭に塩ふりかけて、はリフレインは面白いが、塩分のとりすぎが気になる。独りの餉が音的に響きがよくない。

鬼の面裏を返せば笑い顔  kikumi(60代,女)
 いつも有難うございます。顔で判断しない方が良い方も有りますね。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
 この時期なので豆まきとわかるが、季語がないのでは?裏を返せば、は面の裏のことなのか?作者の意図がうまく伝わっていないように。

(1)丑三つにチワワ吠えたり虎落笛  小口泰與(60代,男)
(2)真向ひに浅間榛名や風冴ゆる
(3)たたなはる山は近きや川涸るる

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)あまり、ポエジーを感じない。
(3)たたなはる、は「畳なはる」。少し難しい言葉だが、山が近い、というところに、リアリティーはある。室内ではなく、戸外の寒さも感じる。


2008年2月6日

(1)春泥を面までとばし三輪車  しんい(女)
(2)春寒しビル解体の容赦なく
 宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)三輪車が効いている。子供の元気さがよくわかり、ほのぼのとしたいい景になった。
(2)容赦なく、に作者の意図が少しですぎた。「春寒しビルの解体途切れなく」くらいでは。

(1)地下街のヒールの音や春隣  未知(50代,男)
(2)まひるまに揺るる吊り輪や春隣
(3)玄関の樋の鉄鎖や日脚伸ぶ
(4)春隣胸に挿したるボールペン

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)地下街に響く音は、やはり春隣とは少し遠すぎでは。響くものがない。
(2)吊り輪が、どこのものなのか、手がかりが欲しい。まひるま、もいるのかどうか?
(3)鉄鎖のさびの茶色が浮かんできて、日脚とでいい世界を作っている。

水の春仮面に穴の三つあり  くらら(60代,女)
 私を含めて投句者は60代70代が多いですね、あまり上達の期待できない?面々に若い方の時間を使ってしまい、すみませんね〜(詫)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 そんなおそろしいことを(笑)。「やはり俳句は努力」、というのはだれかのお言葉です。仮面に穴の三つあり、はいい発見。目と口と、たいていそうなのかもしれないが、言われないとなかなかそう書けないのが、俳句での発見。個人的には水の春、よりいい季語がありそう。佳句。

(1)学食の唐揚げランチ野水仙  菜月子
(2)キャンパスに百周年旗寄付ですね
(3)大試験ねばった彼はキレてます

 (1)「学食のハンバーグカレー野水仙」、ありがとうございました。再考の結果、このメニューに変えます。(2)は無季でした。意図したわけではなく、そうなりました。(2)(3)とも変わりばえしませんが、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)この方がいいと思います。いかにも、油分の多い学食らしい。
(2)キャンパスに百周年旗、はあおもしろい。寄付ですね、はいらないのでは。いい季語を考えられたら。
(3)まあ、そうでしょうね、としか言いようがない。

(1)袢纏ぶらり高架下の衣料店  杏里(50代,女)
(2)水洟や一面トップの食偽装
 「面」でまず浮かんだのが去年の暮れの老舗の偽装。時事はタブーといわれますが・・・。 また今まで使ったことの無い季語ですが、どうでしょうか。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)情景は良く見えるが、なにか物足らない。破調の効果も、それほど出ていないのでは。
(2)「面」での1句目。ありがとうございます。自分で出していながら、「面」はつくってみると難しい兼題ですね。時事はタブーではないですが、難しい。この場合も、成功は季語の斡旋にかかかっている。食偽装への気持ちは伝わってくるが、後半が、当たり前になった。

(1)風花の朱に交はりて少女かな  仁(60代,男)
(2)風花を見失ったり読経なか
(3)風花が地下道を行くその行為

 「風花」は、これで終わりにします。親切なご指導ほんとうにありがとうございました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)風花の朱、がわからなかった。朱に交わりて、も既成の言葉なのであまり使わない方が。
(2)たしかに風花はすぐに見失うもの。そこに読経が聞こえてきた。意外な展開に、クスッとなる。おもしろい。
(3)その行為が不要。短い地下道なら、風花も地面を這っているかもしれない。風景としては、おもしろい。ちょっとした、町外れの、さびしいところを想像した。

(1)風花や少女は父の生き写し  未知(50代,男)
(2)真円きひとつひとつや水馬
(3)打水を了へて子どもにかけてやる

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)風花との関係がやや遠すぎ。後半も、意外性はない。
(2)や、で切っているので円いひとつはみずすましではない?では、何か分からなくなる。もしみずすましなら、円いかなあ…
(3)真夏に飛びましたね。子どもの、きゃーきゃー言う声が聞こえてきそう。まずまず。

(1)風花の風つかまえてくる子かな  遅足(60代,男)
(2)風花に静かな窓をあけておく
(3)風花の落ちてたちまち河馬の水

 と、3句つくってみました。どれが良いでしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)(2)ともに、味がある。(1)雪ではなく、風のほうに注目した句はあまりなかったのでは。こどもの感じを上手く出して、不思議な感じもする。
(2)静かに、ではなく、静かな、の方が確かにありきたりでない、ある効果が出ているよう。風花を室内に入れようというところがみそ。
(3)河馬がつかっているプールの中に落ちてしまった、ということか。意外な着地で、少しおもしろい。

(1)春近し机にありしにぎり飯  小口泰與(60代,男)
(2)曙の凍てつく道や星ひとつ
(3)残照を浴びて紅さす雪浅間

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)「ありし」だから、いまはもうない。あの握り飯はどこに行ったんだろう。少しさびしげに、春を待つ気持ちが出ている。まずまず。
(2)安定した構図だが、やや変化に乏しいような気が。
(3)赤と白の色の対比が鮮やかだが、残照を浴びて紅さす、のは当たり前。

藁薦に朝日のほそし寒牡丹  しんい(女)
 寛永寺の寒牡丹を観に行ったのですが、句が作れずに・・・。宜しくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 「わらごも」の読みが難しい。「藁ごも」でいいのでは。藁のむしろに霜がかかっているのが見えるような。「ほそし」があまりない、少しおもしろい把握。


2008年2月5日

バイク便風花ともに来るなり  豊田ささお(70才以上,男)
 「風花の真ん中を行くバイク便」を変えました。これで風花はかんべんしてもらいたいです。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 次の題が出ていますので、チャレンジしてください。いっそ、「風花になってしまったバイク便」では。

(1)お遊戯会十時かいえん風花す  仁(60代,男)
(2)風花がむてっぽうに入りこんでくる
 いつもご指導ありがとうございます。本日もよろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
(1)「かいえん」は幼稚園の感じを出そうとしてか。としたら、遊戯会の字は難しすぎる。でも、幼稚園に風花は、少し芽がありそう。
(2)風花の中に織り込み済みのような気が。

風花や近道通る小学生  さくら(女)
 いつもお世話になります。この句も類似句がありそうな予感が-----
ドクター早瀬の診断と処方箋
 うーん。おっしゃるとおりかも。小学生とか少年は甘くなりがちなので、かえって俳句では難しい気がする。

節分のお面も頂き嬉しさよ  kikumi(60代,女)
 有難うございます。説明の句になるのですが? 鬼の面、誰がつけるのか?夫入院中。一人で二役しますね。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。中8なので、「お」はいらない。「嬉しさ」も言わない。「節分の面を貰いて帰りけり」くらいでは。

(1)外に出づと榛名も雪を賜りし  小口泰與(60代,男)
(2)北風に雲呑みこまれ山定か
(3)真夜中に忽と目覚めし虎落笛

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(2)北風の荒れ狂う中でも、山はじっとしている。一つの発見ではあるが、そう新しくはない。
(3)虎落笛なので目覚めた、というような因果になってしまったのでは。

(1)童心に返る日のあり雪降る日  山法師
(2)裸木や全身くまなく雨光る
(3)ショーのごと田鳧25羽旋回す

ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)誰しも、思うことでは。
(2)何も言っていないが、裸木をよく物語っている気がする。ただ、やで切ると意味が通じなくなってしまう。
(3)「たげり」。なじみのない鳥なので、イメージがわきにくかった。ショーのごと、もよくある形容で苦しい。

(1)児のこゑの耳に残りて福は内  未知(50代,男)
(2)鬼の棲むわが身にあれど福は内
(3)風花や欅並木の切らるる夜
(4)人恋ふる狐のをりて雪催
(5)暖鳥雪に咲きたる削り花
(6)底本の仮名の表記や琵琶の花

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)日記として。
(2)凄みのある1句。福は内、と合わされるとよけいに。佳句のような気がしてきた。
(4)季重なり。狐だけで詠みたい。
(6)上5中7が渋い目付。季語も渋い。どちらも結構こっているので、季語はもっとなじみのある植物のほうが。

(1)風花や原子力発電所無音  くるみ(60代,女)
(2)風花や競りの終わりし魚市場
 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)こういう句材で私も詠みたいときがあります。無音、である効果が出たように。ありきたりの取り合わせとを脱しようとする意図、いいのでは。
(2)類句はあるかもしれないが、安心して読める。季語がよく効いているように思う。

梅の花叫びたいほど青い空  豊田ささお(70才以上,男)
 え〜実は2月句会の兼題が「梅の花」なのです。何を読んでも類句がありそうで、弱っています。ご教示を・・。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 そうですね。梅は類句類想を破るいい訓練ですね。叫びたいほど、はやはり俳句では言ってはいけない。類句でもいいので、身近なものを違う視点から取り合わされたら。


2008年2月4日

(1)風花や水玉模様の箸二膳  ポリ(50代,女)
(2)葛根湯ぞくぞく山から来客中
 いつも句をみていただきありがとうございます。いつも楽しみに診断をうかがい励みにしております。今回もどうぞよろしく。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)水玉模様の箸とは変わっている。新婚さんだろうか。風花でもほんわかあったかそう。省略の効いて印象鮮明で、よろしいのでは。
(2)風邪を引いたかな、というときに、山から枯れ葉やら、匂いやら鳥やらがやってきたと言うことか。少しおもしろいが、手がかりがちょっとほしい。

(1)卒業子へ太宰も入れて図書リスト  菜月子
(2)レポートにコーヒーの浸み大試験
 俳句は省略だといいますが、(1)の意味が通じているといいんですが。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)言葉はあるのだろうが、「卒業子」は個人的にはあまりなじまない。「卒業生」としたいが。言いたい思いが前面に出すぎのような。
(2)「染み」。勉強したときのコーヒーの染み。受験生の気持ちが想像できる。これはこれで。

(1)爺よりも婆は生き生き風花す  せいち(60代,男)
(2)風花の村を巡りて福祉バス
(3)寒灯や酔うて手相を観て貰う

 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)あたりまえでは。
(2)中7をもう少しすっきりさせたい。「風花を巡回中の福祉バス」くらいのほうが想像が広がるのでは。
(3)日記として。

(1)黄水仙五十肩などとうに過ぎ  沖人(70才以上,男)
(2)隙間風ティッシュペーパーシラソファミ
(3)風花や栗どら焼きの厚さかな

 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)ややおもしろいが、この感懐はよくあるのかも。
(2)シラソファミ、がよくわからない。あまりにも、投げやりでは。
(3)ぴたっと決まった感。とても俳句的把握。厚さかな、がうまい。

(1)ジューサーより香りとどきて風花す  仁(60代,男)
(2)風花だっ月は遠くえ行ったきり
 早瀬ドクター、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)ジューサーと風花は、いい感じ。ちょっと表現が、ごたごたした感じがする。
(2)「え」はわざと?意図がよくわからない。でも、「月は遠くへ行ったきり」の感じ方はおもしろい。

(1)山並みを二つに分けて寒霞  岬(女)
(2)凍て雲や白き化粧の愛宕山
 大寒の毎日。果てには朝から雨後曇り、うっとおしい空模様を詠み気分を変えました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)霞は春の季語。寒霞という言い方は知らなかった。霞の雄大なとらえ方。新しいのでは。
(2)凍て雲と雪は季重なり。白き化粧も、常套。

(1)万蕾の山茶花擽り神過ぎぬ  草子(60代,女)
(2)朽ちてなほ寒月に侍す佐渡の松
(3)雪吹くやちっちぷっぷとランドセル
(4)風花や何れ又ねと言い置きて

 白骨化したような松はまさに「松柏の操」というべき姿でした。兼題の風花はちょうど一年前に旅立った知人のことですが、取り合わせに跳べませんでした。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)ひらかなで、くすぐり、でいいのでは。「万蕾の」も言いたいことが出すぎのよう。ややつくりが、もったいぶった感じがする。
(2)「侍す」が大げさな気がする。もう少し易しい言葉で詠まれた方が。
(4)「いずれまたね」と書いた方が、会話の効果が出る。さりげない一場面で好感が持てる。

(1)待春のポストに鳥の糞りにけり  茂(女)
 俳句用語で糞の事をまりと読む事を教えてもらい作ってみました。
(2)桜貝かかあ天下に持ち帰る
(3)丸み終え砥石日向に睦月果つ

ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)芭蕉に「鶯や餅に糞する縁の先」がありますね。待春のポスト、がいい。「糞のあと」くらいでおさめられたら。
(2)かかあ天下を楽しんでいる様子がわかる。
(3)丸み終え、がやや説明。ちょっといろいろありすぎて、イメージを結びにくい。シンプルに。

(1)風花や母の手首にゴムバンド  千坂希妙(50代,男)
(2)風花やタグ付けた蟹仰向けに
(3)風花や破れ太鼓に吸われたり

 よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)少し視点をずらしたところはよいが、何でゴムバンドがあるのか、もう少し手がかりがほしい。
(2)蟹は夏の季語。が、この場合は明らかに冬の松葉蟹とわかるのでいいのか。タグ付けた、がリアル。
(3)これも目付がいい。「吹き出して」のほうがおもしろいような気が。

(1)空風の吹かなき日々や池の鯉  小口泰與(60代,男)
(2)群雀赤城颪にさらはるる
(3)たをやかな裾野従ふ冬赤城

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)吹かなき、の否定が割と効いているのでは。逆に空風の厳しさが忍ばれる。
(2)さらわるる、がうまい。常套の表現から少しずれている。
(3)従う、もいい把握であり、なじんでいる。俳句的風景に見える。


2008年2月3日

梅の花里山の景はじまりぬ  豊田ささお(70才以上,男)
 ちょっといっぱいいっぱいですが・・・風花は早くも品切れです・・・。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 中7下5が、梅の風景の説明。次の題を出しました。チャレンジしてください。

貰い湯のころ懐かしき寒昴  悠(女)
ドクター早瀬の診断と処方箋
 「懐かしき」は言わずとも、懐かしい感じは十分。「貰い湯のころ思い出す寒昴」

(1)寒林に入り損ねし夕日かな  沖人(70才以上,男)
(2)軍服のままの遺影や寒の雷
(3)文法はよう分らんと梅探る

 いつもご指導有り難う御座います。益々楽しくなってまいりました。今回も宜しくご指導を願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 楽しくなられて、とてもうれしいです。
(1)とても俳句的なとらえ方。寒林に入るつもりが、ずるっと滑っている夕日、くすっと笑える。
(2)前半がとてもいい風景の発見。遺影と寒の雷はイメージが重なる。もう少し軽い取り合わせでもいいのでは。
(3)これもうまい。この手のぼやきは、俳句では笑いを自然に誘い、成功。好調ですね。

(1)雪娘楽屋の花に埋まれおり  茂(女)
(2)小指より拳広げる春の朝
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)雪娘がわからない。民話の劇の中の役だろうか。
(2)こういう風に広げることはあるのだろうか。何か特別の時だろうか。自分がしない分、不思議な気持ちが残った。

(1)風花や肩触れ歩く高架下  杏里(50代,女)
(2)街頭で珈琲ルンバ細雪
 はじめまして。よろしくお願いします。駅前の路上ライブでラテン系の演奏者が歌っていました。寒い最中立ち止まって聞いている人が数人いました。17文字でどこまで言い表したらよいのか難しいです。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 はじめまして。
(1)高架下、が気取らない、俳句的な場所。中7でちょっとした恋句になった。ただ、高架下は屋内のような気がするので、風花の位置関係に迷った。
(2)「で」は「の」。残念ながら報告に止まった。路上ライブ、は脈がありそう。

(1)氷壁の崩るる夜や駱駝来る  未知(50代,男)
(2)掃き了へて落葉ひとつや瑞巌寺
(3)紫の東風吹き渡る光かな

 ご教示を。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)氷壁に駱駝は意表をつかれた。そうか、中央アジアの山岳地帯に、駱駝がいるのか。想像だろうが、とてもリアルに感じる。よろしいのでは。
(2)よくできた句。とても静かな世界。
(3)はっきりした風景が見えてこない。抽象画のよう。

(1)風に鳴る絵馬の孤独よ風花す  仁(60代,男)
(2)意味もなく頭ゆらして風花と
 早瀬ドクター、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)風花と絵馬はいい景。孤独よ、を言ってしまうと読みの強制になる。絵馬と風花だけで。
(2)意味もなく、はなぜか頭を揺らしてしまうという、説明になっている。俳句ではいらないのでは。

(1)風花を愛しと想ふ能登の旅  栗太郎(60代,男)
(2)能登の木や重たき雪を背負いてをり
(3)奥能登のらんぷの宿の虎落笛

 ドクター早瀬いつも適切なご指導ありがとうございます。先週末に奥能登の旅を楽しんできました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
(1)愛しと想ふ、というと、そこで終わってしまう。読者の想像するところを残されるように。
(2)下6がリズムが悪い。風景に新しみがほしい。
(3)らんぷの宿は先日テレビで見ました。知っていても知らなくても、ほんわかした感じがして、まずまずでは。

風花や一歩一歩もうやめて  kikumi(60代,女)
 お世話になります。昨日のマラソン見ながら、公園の外周でも大変なハードに感じましたが?なぜあそこまで走るの?止める勇気も思いました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 1句だけの人は好きです(笑)。この俳句だけではわからない。下5の気持ちも入れない方が。「マラソンの前後がおらず風花す」

(1)湯豆腐や明日は子供等帰り来る  小口泰與(60代,男)
(2)寒梅の離れて匂ひ流れきし
(3)旅宿の湯船にひとつ冬林檎

 よろしくご指導願います。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)中7下5がやや平凡。子供がいないときの日常がいつも湯豆腐みたいで少しは笑える。
(2)梅とはそういうものでは。
(3)湯船に林檎、やや意外で、いい匂いも思想で、好きな句。よろしいのでは。

(1)風花よ・・・そう母さんに教わった  北野元玄(60代,男)
(2)ああ、そう、雪、そっと小声で母さんが
 このところ飛んでる俳句も面白いのですが、しっとりとした叙情的な俳句が好ましいと感じるようになりました。まあ、いろいろ挑戦してみましょう。上2句は船団誌に投稿する予定です。(2)については、「ああ、そう、雪、抑揚押さえ妻が言う」をはじめは考えていたのですが・・。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)中点の意味が伝わりにくい。そう、の中身は、晴れた日の飛んできた雪片を風花というのよ、ということか。ややわかりにくい。
(2)素っ気ない物言いが、いい効果を生んでいる。何も語っていないが、とてもいい情景。

(1)風花の中へと母は帰りけり  けいこ(60代,女)
 「風花の中へと母を見送れり」を推敲してみましたが…
(2)嫁ぐ娘に母の帯留め梅の花
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)母への気持ちは読み取れるが、類句が多そう。
(2)嫁ぐ娘に母の帯留め、は昔からの風景。贈る意外なものがほしい。


2008年2月2日

(1)風花が縄跳びの子に触れている  仁(60代,男)
(2)商談の整わずして風花す
 早瀬ドクター、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)一生懸命縄跳びをしていると、雪片がついたくらいでは、気づかない。子供がキラキラしているようで、気持ちのいい句。ただ、縄跳びは冬の季語なので、季重なり。
(2)商談の失敗が深刻でなさそう。少しほっとする。

(1)寒晴れや太鼓のひびき乾くなり  豊田ささお(70才以上,男)
 今日創作太鼓の公開練習を見てきました。(ほんのちょっとこば)
(2)紅梅や手押しポンプの人だかり
 はなれぐあいは、どうでしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)晴れているので、太鼓の鳴りが乾くのは、理屈でつながってしまう。苦しいのでは。
(2)ん?何をしているところかな、という想像が楽しい。動詞もないし、一生懸命伝えていないところがいいのでは。

着せ替えの舞妓姿に風花す  岬(女)
 お昼前旅行者の嬉しそうな舞妓姿を目にしました。祇園町では夕方からが本当の舞妓さんが見られます。私たちの若い頃には変身出来なくて残念です。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 観光客の舞子姿を知っている人はわかるだろうが、知らない人にはやや伝わりにくい。「素人の舞子姿に風花す」くらいか。苦しい。

風花や霧立ちこめし松林  どんぐり
 霧はいつの季節に使用してもいい語句でしょうか?
ドクター早瀬の診断と処方箋
 霧は、秋の季語ですね。冬の霧、などの使い方はできる。この場合、風花は晴れた日に何片かの雪片が飛んできたものだから、やはり無理があるでしょう。

(1)早春の風と戯る地曳網  しんい(女)
(2)早春や青綯ひ交ぜにパステル画
(3)風呂吹や長考の背なひとり膳

 1/26付、「風呂吹や言葉少なに男主」にご診断頂き反省です、自分勝手な造語みたいで・・・。推敲になっておりますかどうか、再度のお願いで恐縮ですが、宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)早春の地引き網がいいな〜。風と戯る、もこの場合、気分がよくよろしいのでは。
(2)綯い交ぜ、が少し難しい。もう少しシンプルな言い方のほうが。
(3)長考の背中が何か困っているようだが、風呂吹きが慰めているかのよう。

(1)最新の恐竜図鑑日脚伸ぶ  くるみ(60代,女)
(2)キリストは痩せっぽっちよ風花す
 このところ寒さひとしお、、、私の住んでいる所でも風花舞うことしきりです。早瀬先生、お風邪にご用心くださいませ。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ありがとうございます。どちらにお住まいですか。句の想像が広がるときがあります。
(1)最新の、が少しおもしろいが、恐竜図鑑と日脚伸ぶ、はありそうな取り合わせ。
(2)キリストと風花に、可能性あり。いっそ、「キリストの最期のときに風花す」ありえないが、そこに詩のたねがあるかも。

合格者番号見上げふと風花  穂波(女)
 先日はご指導ありがとうございました。一字・一音の手直しをしていただいただけ で、ずいぶんすっきりするのですね。独学・自己流で、ご指導を受ける場はこのクリ ニックだけなので、アドバイスをいただけてありがたいです。新しい兼題「風花」の 句、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ、ありがとうございます。
 気持ちの言葉が入っていないところはいい。ふと、は風花の中に織り込み済み。「合格者発表見上げ風花も」

(1)風花やジャズとセッション大太鼓  鈴木勇平(70才以上,男)
(2)風花の「序破急」のごと舞ひにけり
(3)風花や果つることなき溶鉱炉

 私の欠点はポエムに欠く、ワンパターン化。脱皮する方法は?(写生句が苦手です)。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)大太鼓がジャズとセッションしている。伝えたい、伝えたい、が前面に出ている。もっと放り出して、読者にゆだねては。
(2)序破急、が観念。つまり、理屈。
(3)風花と、溶鉱炉は誓子を髣髴させ、とてもいい取り合わせ。中7を工夫したら佳句の予感が。脱皮する方法は、私も知りたいところ。一つ一つ、実作で考えるしか。


2008年2月1日

ドーナツの穴の確かさ去年今年  玉白石(50代,男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ドーナツの穴の位置を真剣に考えている姿が、とても俳句的。おかしい。佳句。

(1)初亥みな顎突き出してピカソ展  草子(60代,女)
(2)神木の古りにし瘤や冬日向
 Dr.の診断は いつも”なるほどぉ”と腑に落ちます。「初御空顎突き出してピカソ展」「神木の古りにし瘤や寒に吼え」を推敲してみました。
(3)手も顔も飯粒うれし睦月の子
 孫俳句・・笑われそうですが離乳期の子の明るさをついつい詠みたくなりました。
(4)靴跡のシンコペーション明けの雪
(5)明けの雪歩み曲がるな曲がるなよ

 厳かさから亥の日の滑稽さを含む季語にしてみました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ、ありがとうございます。自分では、かなりいい加減な診断のような気がしています。
(1)すみません。初句のほうがよい。
(2)2句目、よくなった。瘤と、冬の日がよく響いている。
(3)孫俳句結構。誰憚らずとも。うれし、はいい過ぎ。「手も顔も飯粒あまた睦月の子」
(4)常に俳句を考えている姿勢が伝わる。

(1)風花とばったり出会った駅西口  仁(60代,男)
(2)風花をさよならの手で払いけり
 よろしく、お願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)風花と出会う、はいいフレーズ。詩がある。「風花とばったり出会う駅西口」
(2)これも、さよならの手、が俳句的省略が効いている。湿っぽくないさよなら。 読後感よし。

屋上に物干しをれば風花す  岬(女)
 風花や清水寺の大舞台  何時もアドバイスを有難う御座います。昨日 今日と風花もどきが吹いています。丁度いいタイミングに・・よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 こちらこそ。
(1)物干しと風花はありそう。意外な場所での風花を。
(2)清水寺、なかなかいいところを思いつかれた。大舞台まで言わなくても。

風花をおでこで融かし走り抜く  岡野直樹(40代,男)
 ふっと虚をつく面白いものができないかと、思ってはいるのですが。よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 風花をおでこで融かし、までは俳句的世界でよろしいのでは。下5が切れもなく、ただ続けた感。季語は置けないが、ぽんと視点を移動されたら。

(1)メロンパン焼きあがる香も春を待つ  菜月子
(2)冬の虹君忘れぬというメール
(3)神渡りの宿に流れるフォークかな

 (1)と(2)はいわゆる甘い句になっているのかと自問するところですが、よろしくお願いします。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)そうですね。メロンパンと春はいわゆるつきすぎ。同じ色で変化がない。
(2)冬の虹の情緒と君という恋人も、近いイメージ。読んで照れくさくなる。
(3)厳寒の宿に流れるフォークが少し郷愁を誘い、少し間が抜けていて、おもしろい。神渡り、がマニアックな言葉で、伝わりにくいのでは。

(1)雨晴るる笑み返すごと寒牡丹  沖人(70才以上,男)
(2)大師過ぎ天神を終え春隣
(3)冬の鳥「私は何も知りません」

 どうぞ宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)笑み返すごと、が普通の形容で、平凡。
(2)大師は、いろいろの意味があり、知っている人でないと意味がとりにくい。
(3)冬の鳥がしらばっくれている。少しおもしろい。

(1)透明の傘にはんなり春の雨  茂(女)
(2)バカと書く茶の間の玻璃戸春隣
(3)偏頭痛不意にノックの雪女
(4)号令の笛に乗りたる春の風
(5)名園の池に浮雲惑わせリ

 余りの寒さに毎日春の夢ばかり見てます。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)はんなり、が既成の形容でおもしろくない。
(2)ガラス戸にバカと書く、がいい風景。茶の間の、が少しうるさい感じ。もう少しシンプルなほうがイメージが膨らむ。
(4)偏頭痛の気分はよく出ている。まずまず。
(5)季語がないのでは。浮雲惑わせリ、の意味がとりづらい。

(1)風花や友禅染の疑似体験  しんい(女)
(2)ひこばえや伝統の灯守り継ぐ
 宜しくお願い致します。
ドクター早瀬の診断と処方箋
(1)疑似体験が文字通り擬似的で、あまりおもしろくない。友禅染をもう少しふくらませては。
(2)伝統の灯守り継ぐ、がややありきたり。ひこばえが再生のイメージなので、意味的にも近い。でも、ひこばえの季節に早くなってほしい。

風花や カレー片手に 窓をみる  どんぐり(50代,男)
 窓を見るか外をみるか迷いました。
ドクター早瀬の診断と処方箋
 ふつう分かち書きはしません。
 風花とカレーはとても好きな取り合わせ。片手に窓を見る、は自分の動作の説明(こうしましたよという)。この取り合わせで、カレーをもう少し肉付けしてみては。