俳句クリニック 2008年3月後半分(ドクター:朝倉晴美)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


ドクター朝倉の診断
2008年3月31日

(1)ほろ苦き故郷の味蕗のとう  浅葉洋(70才以上,男)
(2)念ずれば何処にも御座す仏の座
 朝倉先生お久振りです。また宜しくご指導お願い致します。田舎も待望の春がやって来ました。 蕗の薹や仏の座など野草たちも嬉々として喜んでいるようです。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそでございます。野山の植物の生命感はすばらしいですよね。私は特に、朝露に濡れている姿が好きです。
(1)「ほろ苦き」が言い過ぎていて当たり前ですね。残念。
(2)おもしろいです。それだけではなく、「御座す」がこの句に情緒を与えているでしょう。つまり、作者の思いが「御座す」という丁寧な言葉に反映されているように、読者は読めるからです。ウイットと情緒(情感)、ふたつそろった句こそ、素晴らしいと考えています。

(1)たんぽぽや岸辺の雑魚の息づかい  小口泰與(60代,男)
(2)さくさくと五家宝ふくむや百千鳥
(3)雄雉の鋭声発して駆けにけり

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)がとても良いです。五家宝という銘菓と百千鳥、大変良い取り合わせで、そこには楽しさ、幸せさ、そして色彩の豊かさがあります。おまけに音の楽しさも。口調も、やさしい音(発音)の言葉が多く、一句をより魅力的にしています。読者として、思わず微笑んでしますような句、それは理想の句のひとつですね。
(1)たんぽぽには雑魚でない言葉が良い気がいたしました。
(3)雉らしい一句です。

(1)人間をやめて日向の黄水仙  きなこ(50代,男)
(2)モルモットまるめて蛙の目借時
(3)三月やふぐりは無重力にあり
(4)小野さんの指先まろき冬木の芽
(5)右カレー左かば焼き鼻の穴

 よろしく御診断下さい。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 五句拝見。何やら作者の強い意図のようなものを感じました。そして川柳の様相も。
(1)ナルキッソスが背景にあるのでしょうか。ドキッとしますね。
(2)「まるめて」ですから、人為的な行為だと感じます。
(3)こちらもドキッとしますね。三月のあわただしさと寂しさの月には合っているでしょう。虚無感でしょうか。 (4)小野さん、この人物に対する好意を感じます。まろき指先にその力があるからです。季語はもう少し春の気配があるもの方が、より明るい句になり良いかもしれません。
(5)食堂でも一場面ですね。どちらのメニューも匂いが強いですから、「鼻の穴」でしょうが、そのウイットは少し微妙かもしれません。そこに面白さ意外の情緒があるかどうかにあるからです。思い切り面白さだけを追及した俳句も魅力的ですが、基本は一句に情緒がなければ読者の心に響くことは少ないでしょう。
 *俳句は、作者の意図も大事ですが、より情緒を欲する文芸と感じております。

ポチの治療費申告す四月馬鹿  山法師
ドクター朝倉の診断と処方箋
 なんともウイットにとんだ一句です。季語が少々きついですから、全ての読者がおもしろがるとはいえませんが。ポチという郷愁さえ感じさせる命名も笑いを誘いそうです。

(1)馬酔木咲く空青ければ月白し  豊田ささお(70才以上)
 蝌蚪と椿の句へのご教示有難うございました。まだまだ推敲が足りないですね。しかし、だんだん作れなくなってきています。そしてつい、見たまま俳句のようになってしまいます。
(2)菜の花や塀をとびだすものの居て
 やっと見た菜の花です。いわゆるナバナですから、昔の菜の花とは違いますが、これも時代ですね。ナバナ畑のそばに黒板塀の家がありました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)少々句材が多いようにも思えますが、色の対比が興味深い一句です。口調もおもしろく、少し楽しい気持ちにもさせられる句です。
(2)こちらもおもしろみが魅力ですね。ただ、具体的に、何が飛び出すのか読者には分かりにくい点が残念です。その意味でもご再考する価値がありそうです。何が出るのか、期待感もある句ですから。


2008年3月30日

(1)春いろり生木焚きゐるボランティア  涼(男)
(2)孫たちよ彼岸の入りは寒けくに
 いつも有難うございます。後五の「寒けくに」の用法は間違いでしょうか。ご教示宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)生木を焚くという表現に工夫を感じますが、情緒はいかがでしょうか。春いろりとボランティアも、無理な取り合わせではありませんが、伝わるものが少ないように思えました。
(2)「寒けくに」ですが、文法の用法としては、連用形「寒けく」+格助詞「に」で、目的を示すと考えられます。(基本的に格助詞は体言接続ですが、このような連用形接続の例外があります。)一方で、句意ですが、少々ありきたりでしょうか。特に孫俳句は難しいです。思った以上に感傷的になるからでしょうか。

(1)菜の花に埋め尽くさるる観覧車  しんい(女)
(2)野を焼きて横断幕のごと煙
 宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 二句とも良いですね。どちらも独創的な発想が、うまく俳句として表現されていると感じました。
(1)色と大きな風景を感じさせることも魅力です。上五を「菜の花や」としても句意はかわりません。
(2)横断幕という例えが、広大さを出しています。野焼きの持つ風情もあります。

(1)陽炎や鎌倉にりす越境し  勇平(70才以上,男)
(2)金管の音立ち上がり雪崩る
 陽炎は鮮度の落ちる季語ですが、季重なり(くさめ)だった「鎌倉の栗鼠のくさめも陽炎へり」を推敲しました。「や」切りにしないで「陽炎へる」とした方がいいのでしょうか?
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)「陽炎へり」ですが、「越境し」と動詞が下五に使われていますので、「や」切れの方をお勧めいたします。また、句意もりすの動きがあって良いですね。鎌倉の春の情景が楽しく読めました。
(2)良いです。<立ち上がる金管の音雪崩る>も考えましたが、投句の方が音の動きに勢いがありそうです。金管を具体的に楽器名にすることも考えましたが、あえて総称であることで、たくさんの楽器を想像できる強みがあります。また、音がしたから雪が崩れる、と因果関係が見えますが、そうはとらず、純粋に光景を楽しむべき句でしょう。

(1)明けの鐘招提寺かな弥生尽  山本葆博(70才以上,男)
(2)住み古りし草の戸明くる紅椿
(3)香に立ちぬ誰が屋敷かな夜の梅
(4)水仙の香に立つ今朝の敷居内
(5)千代八千代御宇が大和や内裏雛

 毎毎ご多用の折申し訳ありません。宜しくご指導願いあげます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)良いですね。実に三月の尽きる句です。固有名詞も実に的確な選択だと感じます。さりげなくも周知の寺ですから。一点、あえて申すならば、「かな」と「尽」がどちらも強い言い切りですので、ほんの少し推敲の余地があるかもしれません。
(2)少し付き過ぎましたでしょうか。どれも似合いすぎるほどよく合った言葉ですが。
(3)王朝絵巻の世界のようです。このような空想に近い情景も、まるで眼前に迫る勢いやムードがあると読者はひきつけられるのですが、投句、いかがでしょうか。私は、机上のイメージでした。
(4)同じ香りの句ですが、こちら、良いです。何かドラマが始まりそうな気配すらあります。ただ敷居内という言葉になれない読者もいるでしょう。
(5)こちらも、言葉同士が付き過ぎましたでしょうか。

(1)春の雲あなたの道はそちら側  茂(女)
(2)リハビリの紙風船やひーふーみー
(3)ランドセルかたかた背負い風光る
(4)風光る突っ張り立ちの三頭身
(5)バスの窓開けて輪唱風薫る

 春と夏の季語のごちゃ混ぜになりましたが宜しくご指導下さいませ。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)が良いです。春の雲の下、とても良い雰囲気、気分の二人が見えてきます。そして、そのさりげない日常の幸福感が漂います。それが俳句のひとつの魅力と考えています。
(2)「や」切れが少々安易でしょう。
(3)「背負い」という言葉を別の表現で。
(4)三頭身、という表現が良いです。このように、何かに言い換える、置き換える、ということは俳句の大きな方法であり効果です。
(5)情景がとても良いです。表現を少し整理されて口調がよくなるとなお良いです。


2008年3月29日

(1)花ぐもり薄く透けにしレジ袋  文の子(60代,男)
(2)青空といふ余白の美梅の花
 土曜日上村淳之展で余白の美を考えさせられ、日曜日湯河原の幕山公園で真盛りの梅を堪能しました。
(3)身辺(みほとり)にしがらみあらず梅の花
 3/17のご教示誠に有難うございました。質問の仕方が拙く、お忙しい中をお時間を取らせ申し訳なく存じます。「一塊の口四つ開けし燕の子」の「し」は徒然草などで「終止」として使い、俳句でもその用例が多いので、ドクターのお考えを伺いたかったのですが、その前に一塊に問題があるのはご指摘の通りと反省しております。掲句宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 まず、「し」の連体止めの用法ですが、おっしゃる通り、中世以降、詠嘆・余情の表現でなく、単に文を終止する用法もみられます。投句、どうしても、上五中七が燕の子にかかっていってしまう句意と思えてしまい、あまりにも基本的なことを述べてしまいました。こちらの説明足らず、言葉足らずで失礼致しました。
 三句拝見。(1)がとても良いです。半透明のレジ袋と花曇りが良く合っています。上五に季語をおいたことも句の姿をきれいにまとめています。春のなんとなくけだるい気配を、実に現代的に詠まれておられます。
(2)上五中七が説明しすぎてはいないでしょうか。句意は興味深いのですが。
(3)中七で切れて、梅の花、が効果的です。大変代表的な花である梅をもってこられたことも、句意の対象を広げています。

(1)竜天に登る吊橋揺れやまず  はるを(60代,男)
(2)鳥雲に入る原子力発電所
(3)白魚の水のこころを知つてをり

 いつもご指導ありがとうございます。よろしくご診断下さい。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 三句拝見いたしまして、作者の深い心情を感じました。その心情が具体的に何であるかが、しっかりと読者に伝わると完璧です。
(1)吊橋揺れやまず、に何か思いがありそうに推測されましたが、逆にこちらの深読みでしょうか。季語との取り合わせが少々落ち着かない、しっくりこないような感じが致しますので、深く読んでしまったところもあります。
(2)シニカルな一句、社会を冷徹にみる姿勢を感じ、独創的で良いと感じました。季語があまりにも美しいので、余計にそのギャップが厳しい句意を呼んでいます。
(3)白魚に作者自身を投影させているのでしょうか。水のこころがどんなものであるか、具体的であるとなお良いでしょう。

(1)芽柳や銀座の空に飛行船  藤原有(女)
(2)鶯や忘れゐしことありありと
(3)指に付くネーブルの香を憂いとす

 はじめまして、どうぞよろしくご指導お願いいたします。このクリニックのことは、絵画サークルで一緒の、若い友人から聞きました。教室では今ミモザの花を描いています。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそはじめまして。近所にミモザのお庭が二軒あり、最近はとても楽しい散歩コースです。拙句ではありますが、〈春の宵ミモザサラダが主役です〉をもう10年ほど前に作りました。
(1)とても素敵な光景ですね。具体的に銀座の空、という言葉が効果的な一句です。注意したい点は助詞(ここでは、や、の、に)が強くて口調が良くないということです。その場合、上五を例えば「緑立つ」とされたり、また具体的な植物にこだわるならば「楓萌え」などが考えられます。実景と違ったとしても、一句の情景として読者に伝わることが大事です。俳句は日記ではなく作品ですから。もちろん、どうしても私は柳なのだ、という場合は中七下五の表現を推敲なさるとよいでしょう。
(3)とても良いです。柑橘類は、確かに指で剥くし、匂いがありありと残ります。その日常の事実を、ネーブルという雰囲気の良い果物にしたこと、そしてその香りを「良い香りだ」と済ませるのではなく、「憂い」とした点。これは意外であると同時に、誰もが気付く事実でしょう。ふとしたことで感じる憂いを実に生き生きと句にされています。
(2)多少、中七下五が説明、言い過ぎている感を受けますが、鶯という季語と「や」切れに救われているようです。鶯のあの声だからこそ、思い出すのですから。

(1)ひな祭り園児演ずや磴の道  小口泰與(60代,男)
(2)石段に集ひし園児雛衣装
(3)今朝もまた赤城は靄や麦青む
(4)啓蟄や水の出でたる利根河原
(5)利根川の流れ猛.や揚雲雀
(6)白梅や尋め行く友の古式家

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(5)が良いでしょう。流れの猛々しさと雲雀。その視線の差も春らしさも句の魅力です。
(1)磴の道に雰囲気があり、園児との対照も良いです。
(2)雛衣装は工夫が見られますが、上五中七は説明ですね。
(3)今朝もまた、という句意は魅力的な赤城山を感じさせるのですが、ことばそのままでは残念です。
(4)啓蟄と水が出る、狙いが見えてしまいます。たとえその意図がなくとも。
(6)こちらも良いですね。人物が作者本人ではなく友としたことで客観性がでますし、「や」も冷静な視点を感じさせるのに有効でしょう。

(1)竹の秋貸農園は賑はひて  しんい(女)
(2)奥津城の線香こぼれ芝火かな
 丁寧なご指導有難うございます。私も文法迷うのですが、「こぼれ」は連用形ですが、よろしかったでしょうか?別の句で、連用形による受けるべく用言がないとあったものですから、連体形にとも思いましたが「こぼるる」と中八となり・・・宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 まず連用形ですが、受ける用言がなくとも使用は可能です。連用形には、『文をいったん中止する中止法。文を中途で軽く切って、さらに言い続ける用法。』(新要説文語文法、日栄社)がしっかりとありますから。(2)の句意も、軽く中七で切れて、芝火という光景につながっていくと判断できます。一方で、線香の意味がはっきりできると良いでしょう。
(1)「賑はひて」が当たり前な表現ですね。貸農園という句材が良いので是非ご再考くださいませ。


2008年3月28日

啓蟄や郵便受けに朝日射す  どんぐり(男)
 「啓蟄や郵便受けの蓋を開け」をなおしてみました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 とても良いですね。朝日射すという生き生きとした光景が何より効いています。郵便物が持つ期待感、幸せ感をなんとも印象的に表現できていて、お見事です。

(1)冴え返るものの影みなかすかなり  鈴木信輔(男)
 「冴え返る影みな淡き空模様」の推敲です。
(2)いつになく饒舌な日の初音かな
 「血が巡り言葉が巡り初音かな」の推敲です。
(3)友の背が春田の畦を行きにけり
 「背負ふもの大きく春田の畦を行く」の推敲です。
 丁寧な御批評ありがとうございました。「言い過ぎ」にはいつも気をつけているのですが、自分ではなかなかそうなっていることに気がつきません。それぞれアドバイスに従って推敲してみました。まだまだ語りすぎのような気もするのですが……。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 三句拝見、どれも良いと判断いたします。すんなりと情景が伝わると同時に、口調が整っています。そして、句の情緒、気分がよく出ているでしょう。
(1)下五「幽かなり」「微かなり」ですと、字面の上では読みやすくなりますが、ひらがな表記も捨てがたいです。
(3)は〈げんげ田の畦を友の背行きにけり〉も可能です。

(1)見慣れたる遠き景色も春かすみ  悠(70才以上,女)
(2)葺き替えし黒き瓦にすずめの子
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)見慣れた景色がかすんで見える春。そこにある情緒は、少しありきたりかもしれません。
(2)良いですね。昨今、日本瓦の家がめっきり少なくなり残念です。その雰囲気は無くしたくないものです。投句、色とすずめのこどもがポイントになって、良い効果を出しています。実景は違うかもしれませんが、田舎の日本家屋、周囲の田畑、鳥たちの声、と読者に情緒ある風景を伝える力のある一句です。

藪の中鳥たち恋の奪い合い  ねぎよしこ
 夕方林野道を散歩したとき鳥のさわがしい声をきいて。いそがしい日々と思いますがよろしく。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 少し散文になりすぎているでしょうか。メルヘンの様相は一つの魅力ではありますが、散文の口調によって俳句から離れてしまいそうな気配です。わざとそうすることによって、効果を狙うこともありますが、投句の場合、推敲の余地があるでしょう。思い切って、鳥を擬人化するなども一案です。夕刻の林野道の良さが伝わると良いですね。

(1)陽炎の中二心ある君と  北野元玄(60代,男)
 陽炎は初夏〜盛夏のものとの思い込みがありましたが、最近暖かくなって春(仲春以降)にも陽炎が立つことを知りました。いまどきのやわらかい陽炎もよいものですね。上句、舌足らずの感がぬぐえません。
(2)風ぐるま落款は恐竜の歯で
 これも舌足らずのきらいが・・。風車と恐竜が離れすぎですね。よろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いですね。風ぐるまと恐竜は離れていますが、落款はそうではありません。春の季語ですから、季節や時の流れを感じさせる、という点でも恐竜は無理な取り合わせではないでしょう。読者は、そんな落款なんてあるの?と思いますが、季語に助けられて、あるかも、と思わせています。欲を言えば、春の季語の中で、風車よりも良いものがある可能性もありそうです。思い切って恐竜にした落款が成功です。もう一点、口調を整えるには、〈風ぐるま恐竜の歯の落款〉でしょう。
(1)二心が言い過ぎてしまっているでしょう。二心ある君の様子を、他の形容、動作などで表現していることも一法です。また、「陽炎や」や「かげろひて(かげろいて)」などともできます。


2008年3月27日

百千鳥脚下に聞きてリフト行く  雅(50代,男)
 松山城のリフトでの体験です。意味が分かるでしょうか。よろしくご指導ください。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 とても良く仕上がっています。意味も十分伝わり、広大な風景が迫ってくる優れた表現です。季語も抜群の選択眼です。お見事です。

(1)己が貌見れず生きるや春の宵  学(50代,男)
(2)わだつみのこゑがするなりかたつむり
(3)サクラサクボクニボクウツボクノユメ

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)深い句意があるようにも感じられますが。多くの読者にとっては少し難解でしょうか。
(2)わだつみとかたつむり、取り合わせとしては少々微妙でしょう。できれば、やはり海辺に近いものの方が無理がないのでは。あえて、取り合わせを外す、という方法もありますが、場合によります。投句は、是非、わだつみの声を生かしたいので、それに合う下五が良いと思われます。
(3)失礼ながら中七の解釈に迷いました。

(1)青き踏むコットンプリント七分袖  遊雲(70才以上,男)
(2)憧れのエースナンバー春一番
(3)脳みその皺消えていく弥生です

 毎月第3土曜日は「京都句会」。兼題は「青」。頭を鍛えにいっています。「下手の横好き」ですが。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)やはり、前回の<猫柳コットンプリント七分袖>が良いです。
(2)憧れ、エースナンバー、春一番、気分は良く出ていますが、つきすぎてしまったでしょう。
(3)なぜ、三月はそんな月なのでしょうか。三月とのつながりが少々厳しい気がいたします。意外な取り合わせであっても、読者がそれに「ああそういえばそうだ」などと共感を呼べなければ、それは独りよがりの俳句となってしまいますから。句会は読者と作者の距離を測るもってこいの場です。私自身、句会によって鍛えられてまいりました。

春の日の水より重きこころかな  遅足(60代,男)
 時計の句は、診断していただいた、見てをりぬ、がずっと良いと思います。ありがとうございます。春の日、春昼、など季語が動きそうです。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそでございます。
 季語は、「春の日の水」を「春の水」とすることも可能です。句意は何か憂いている気持ちなのでしょうか。春の水には明るさがあり暖かな気分を含みます。一方で春愁という春の愁いの気分も春にはあります。投句ですと、どっちつかずな印象を受けそうです。それは句として損をしますのでもったいないです。

春意ふと国芳えがく人面画  涼(男)
 宜しくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 なかなかきわどい取り合わせですね。「ふと」も微妙な魅力があり、ドクターとしては判断に悩むところです。しかしながら、涼さんならではの一句として、GOサインを出したい気持ちもあります。多少の非があったとしても、作者らしさが伝わるという魅力には勝てないでしょう。無理に奇をてらったりする意味ではなく、おのずから湧き出る作者の魅力は何より貴重です。


2008年3月26日

卒業式一人座りて都を思う  岡野直樹(40代,男)
 俳句ではないですかね。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 いえ俳句です。卒業式という季語を用い、五七五という音律にのっとっていますから。一方で、「都を思う」が抽象的過ぎて、読者が解釈することが難しいと思います。是非、岡野さんオリジナルな卒業式を詠んでくださいませ。

(1)春北風つんと奥歯の疼きたる  けいこ(60代,女)
(2)辛夷咲くほどに父の忌近づけり
 はじめまして。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。
(1)大変お上手に取り合わせていらっしゃいます。ただ、歯痛という句材はわりに使い勝手が良いのです。つまり季語と合いやすいのですね。投句、推敲するならば、「つんと」と「疼きたる」です。きれいに収まっている表現なのですが、作品として一歩前に出るならば、もっと大胆な表現をされても良いと思うからです。そうしますと、季語も歯痛もより生き生きとしてしてくるのではないでしょうか。
(2)こちらも、うつくしく整い、句意もきれいです。「ほどに」という表現もお見事です。あえて申すならば、「辛夷」と「父の忌」はついているかもしれません。代表的な早春の庭木で、特徴ある風情の花ですから。

幼さの残りし初音夢に聴き  どんぐり(男)
 夢に聴きというふうになおしてみました。ご指導を宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 良いと思います。鶯の声を夢で聴く、ということは、朝の夢うつつ、つまり現実にも鳴いていたであろうと考えられます。無理なく早春の朝の情景を思い起こせます。

(1)風鐸の鳴りやまざりし春嵐  山本葆博(70才以上,男)
(2)春雷の蒼き光を独坐かな
(3)啓蟄や棲み難き世を惑い出づ

 宜しくご指導賜りたくぞんじます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)風鐸が大変効果的ですね。春嵐だからこそだと思います。風鐸という言葉で、風情ある場所も想像できますし。「鳴りやまざりし」という古語文法も、実に的確かつ情緒があります。背筋の伸びるような一句でした。
(2)こちらも、「を」の使い方がお上手だと感じました。光の中で一人心静かに座っている様子が強調されています。
(3)おもしろく読みましたが、少々川柳の雰囲気でしょうか。

(1)ホワイトデー霧雨の中届く箱  茂(女)
 今朝はひどい霧で実景の句です。霧雨は秋の季語ですが、このような使い方は如何なのでしょうか?
(2)花好きの父の命日下駄を出す
 桜の開花予報を聞いて作りました。ご指導お願い致します。
(3)遠足や天国行きの青いバス
 雲一つ無い青空に出来ました。幼稚すぎますでしょうか?
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)とても良いです。花好きという客観的な父への視点が、読者をお父様へひきつけます。そして、落差が楽しくもある「下駄」。たぶんに父親のだろうけれども、単純に「下駄を出す」とされたことで、感傷的なものがなく、むしろユーモアさえ感じてしまいます。そのユーモアこそ、お父様の句の魅力となって読者に伝わるのです。感情を押し付けるのではなく、客観的に描くことによって、逆に読者が句に近づけるわけです。俳句の特徴でもあります。
(1)やはり、霧雨はあまりお勧めできません。霧雨でなければならいないホワイトデーであれば許容されると、私は判断しますが、投句、その必然性が弱いでしょう。「小雨の中」でも句意に大きな違いがありませんし。
(3)遠足と、天国行き、その取り合わせはどうでしょうか。遠足は若い人々を連想しますから。

(1)青麦やがうがうと吹く里嵐  小口泰與(60代,男)
(2)揚げ雲雀秩父連山もやひをり
(3)紅梅やころころころり茹で卵

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)色彩が豊かで楽しい気分になりました。どちらもコロコロっとした形容であることが成功していますね。多少、中七の擬態語が安易かもしれまんが、紅梅のめでたさや、茹で卵の幸せさに助けられ、気分の良い句になっています。
(1)こちらも、色彩の句ですね。ごうごうという擬音語によって、嵐に負けない青麦の逞しさが出ているようです。
(2)秩父連山へのご挨拶ですね。

(1)流れ行く水の途中や春の暮  学(50代,男)
(2)狼の狼になる寒暮かな
(3)悪霊を食ひ尽くしたる海鼠かな
(4)捨てし田の蓮華の咲きし田見てをり
(5)春愁のぎゅうぎゅう詰めの鶏舎かな
(6)春宵や光源氏の宮仕へ

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(5)が良いでしょう。ぎゅうぎゅう詰めとはまた大胆な表現ですが、なんとなくうっとうしいなような、けだるいようなそんな春の様子を感じます。
(6)こちらも興味深く読みました。光源氏の物語か、光君に誰かを投影しているのか、どちらでも春の宵の良さがあるように感じました。
(1)上五中七、もう一歩工夫できるように思えます。
(3)大変ユニークな発想と表現ですね。ナマコですからそんな気も致します。
(4)捨て田の蓮華、興味を引きます。表現がまとまっていない感を受けますので、ご推敲を。
(2)句意に迷いました。

(1)じゃれ合ひて初蝶現るるランラララ  山法師
(2)蟻穴を出づ連れ立ちて前後して
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)じゃれ合ひて、が良いです。まさにそんな光景ですもの。ほほえましく見る作者の視線も表現されているでしょう。「ランラララ」。オリジナリティがあって良いと思います。多少、安易とも感じられますが、初蝶ならば許されるような気がいたします。(中七は「初蝶現る」と終止形が良いのでは)
(2)連れ立ちて前後して、がおもしろく良いです。繰り返しに近い表現も効果的でしょう。「蟻穴を出づ」と切れている点も、句にリズムが出ていて良いです。どちらも、動詞の選び方が成功の要因ですね。


2008年3月25日

(1)手土産は黄のチューリップ上京す  草子(60代,女)
(2)恋猫に茜射したる夕焼けだんだん
(3)ロケ中の夕焼けだんだん暮遅し
(4)梅の香や卒塔婆戦らぐ谷中墓地

 上京ついでに谷中を吟行(?)墓地をはじめ名所の坂や階段を歩いてみました。朝倉先生、よろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)上京の手土産がチューリップというのは楽しい光景ですね。ではその光景を情感溢れる一句に致しましょう。例えば、手土産、というよりも、携えている姿を述べるほうが、読者の想像もふくらみやすく思うのです。<チューリップ十本抱え東京行き>など。
(2)恋猫へ夕焼け、という光景は情緒がありますね。ただ、夕焼けは夏の季語であるのです。夕日(夕陽)ですと無季でOKです。
(3)「だんだん」は、(3)の方が生きていますね。ロケ中という設定も独創的で良いです。こちらも夕焼けをご再考ください。
(4)梅、卒塔婆、谷中墓地とつきすぎました。谷中は文学好きには、実に人気の土地です。魅力的な分、扱いが難しいのも事実です。ひとつのコツとして、強い言葉の場合、(ここでは谷中ですね)それとは一見無関係なものと取り合わせてみるのも一法です。

(1)幾万のいのちの玉や木の芽雨  豊田ささお(70才以上,男)
 挨拶句へのご教示、有難うございました。初めにポエジーありき、でもそのための手段をみがくためのデッサンがたいせつなんですねえ〜・・「木の芽雨」の推敲です。よろしくお願いします。
(2)花馬酔木行くあてもなく昼の月
 今日アセビの真っ白い花とその上の半月を見て以来ずっと考えていて、結果がこれです。もう・・寝ます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)とても良いです。幾万という限りない数をもってこられたこと、玉という輝かしさ、尊さのある例え、そして木の芽の時期の雨であること。全てが句意の上でも、表現の上でも、うまく調和されています。口調も字面もきれいで、「や」切れも効果的です。
(2)馬酔木の花が大変生きている「行くあてもなく」です。馬酔木が持つ雰囲気をより魅力的に具体的に伝えることに成功しています。私は、このように、何かの魅力を改めて印象的に伝えることも俳句の文芸性だと思っています。投句、「昼の月」が気になります。花馬酔木に視点を集中させる方が良いと考えます。昼の月は秋の季語ですし、花馬酔木で春と判断できても、月は季語として強いのでお勧めできないのです。
*いつも夜に拝見してくださっているのでしょうか。ではおやすみなさい。

(1)陽炎の中「あ」に濁点つけてみる  北野元玄(60代,男)
 陽炎でよいかどうか、悩ましいところですが・・
(2)アザレア咲く僕が大人になった日の
 アザレア(アゼリア)が季語になるのかどうか心配でしたが、西洋つつじであると教えられて、安心しました。「宇宙の旅」の発刊、楽しみにしております。読ませていただきます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)おっしゃるとおり、「陽炎」に賛否があるかもしれませんが、中七下五の大胆な表現とは合っているように思えます。いっそその大胆さをとことん表現する意味でも、〈陽炎や「あ」に濁点をつけてみる〉と「や」切れの効果を用いてはいかがでしょうか。実際に「あ」に濁点をつける気分とは、と追求される読者もいると思いますが、何となくニュアンスは伝わりますね。
(2)中七下五が説明しすぎでしょう。句意は悪くないのですが、投句の場合、散文調の表現で損をしています。
*拙句ばかりの句集をそのようにおっしゃって下さって、恥ずかしくもとてもうれしく思います。一言申しますと、良い機会に恵まれたなあという思いで刷り上りを待っている状態です。ありがとうございます。

(1)雛の間に座って三毛も雛の客  穂波(女)
(2)水仙花猫のぬくみの残る膝
(3)木蓮のつぼみの中に母のさと
(4)大潮に白木蓮のひらくかな

 (1)(2)はドクター岡野に、(3)(4)はドクター小倉に、去年見ていただいた句の作りなおしです。言いたいことはそれほど変わっていないのに、一つ二つ同じ言葉が残っているだけになってしまいました。よろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 推敲、再考を重ねるくちに、「ありゃっ全然違う句になっちゃった!」ということはままあることです。そして、そこから評判の良い句が生まれたりするのです。俳句の意外な力が出てくるのですね。十七文字の文芸だからこそのおもしろさです。
(1)三毛猫を雛の客とすることのおもしろさがとても良いです。幼い子では当たり前、人形を並べるのも常套、そこで猫。ユーモアも付随している点も良いですね。投句、少しだけ一句の流れ、口調が気になりました。
(2)水仙が存在の強い花ですから、猫、膝、ぬくみ、と続くと少ししんどい気がいたします。水仙のある場所も揺れますでしょうか。
(3)「つぼみの中に」がとても良いですね。心象風景として表現されていると受け取りました。多くの読者が無理なく受け取れる良い表現でしょう。表記ですが、〈もくれんのつぼみのなかに母の里〉という工夫もできます。好みにもよりますが、木蓮の花の様子を意識でき、お母様のやさしさを伝えることもできるのでは。
(4)大潮との取り合わせ、興味深く読みました。「ひらくかな」の切れが私は気になります。推敲の余地がありそうです。

(1)比良八荒くの字がならぶビル工事  岡野直樹(40代,男)
(2)物干し場初音を隣家の人と聞く
 「初音」と言う言葉を、洗濯物をお互いに干しながら、隣家のご婦人に教わりました。もちろん、知っていたようなふりをしながら。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)比良八荒の荒々しさが出ているように感じましたが、「くの字」に迷いました。ビル工事との取り合わせもよくできています。
(2)物干し場と隣家の人が、意味の上で重なっているでしょう。初音を隣人と聞く、ということを中心に表現を工夫されると良いでしょう。
 2句拝見しまして、感動のとらえどころが良いと感じました。

(1)さへづりや幹に黄色の縞模様  せいち(60代,男)
(2)春の野に坐して隈なく空を見ん
(3)蕗の薹玉子を掴むやうに摘む

 宜しくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 3句拝見、どれも春の気分の良さが伝わってくる点が良いです。
(1)春の囀る鳥の形容が良いのですね。欲を言えば、もう少し、中七下五は語順などに工夫できるでしょう。
(2)少々散文詩のようではありますが、例えば、旧制高校の学生、古き良き時代の面影も感じました。散文調で中七下五が丁寧すぎるほどの描写であることが、逆に魅力になっているようです。全ての俳句にその方法が当てはまるわけではありませんが。
(3)発想はとてもおもしろいのですが、この句の場合は、中七下五の説明が助長でしょう。


2008年3月24日

(1)梅一樹思ひのままに咲き分ける  けんじ(男)
(2)腕を組み沈思黙考植木市
(3)侘助の一輪咲いてまた一輪

ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)の「沈思黙考植木市」がとても良いです。気の利いた表現でインパクトもあります。惜しむらくは「腕を組み」です。この言葉は「沈思黙考」で表されていますから。是非、上五を十二分に使ってみて下さいませ。
(1)思いのままに咲き分けているのは、梅でしょうか。梅の意志を詠まれたのでしょうか。伝わりにくく感じました。
(3)「一輪咲いてまた一輪」、情景と気持ちは大変よくわかるのですが、表現が常套でしょう。

(1)黄砂降る列島形を崩しけり  仁(60代,男)
(2)「エンデバー」の打ち上げ見てる卒業子
 いつもご講評ありがとうございます。「梅林のデスク」の診断、結局はこれ以上の表現も出来ずに、どこかで響きあうものがあるか?どう想像していただけるか、講評を伺えばなるほど、なるほどです。こりもせず、今日もよろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 どちらも壮大な句で良いです。時事を詠むことは難しいのですが、雰囲気良く詠まれていると感じました。(1)はちょっとだけ皮肉もこめ、(2)はまさにこれからの未来への旅立ちを掛けて。それぞれに良いです。口調、言葉の遣い方も適切だと思います。(2)の「の」はなくてもかまわないでしょう。

菜の花やふわりふわりとランドセル  豊田ささお(70才以上,男)
 菜の花にまだ少し間がありますが、実は4月句会の兼題が菜の花ですので、無理や り作ってみました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 菜の花はとても情感ある花です。唱歌の『朧月夜』は、まさに菜の花畑だからこそ、ですね。投句、「ふわりふわり」はランドセルを背負う子の形容ですね。もちろん、菜の花にも掛けて詠むことは可能ですが、「や」切れですし、第一義としてはランドセルと取りました。ランドセル、最近は軽量化も進んでいますが、私にはやはり重くて新一年生には厳しいだろうなあという印象です。真新しいランドセルを背負う子の、ウキウキとした何とも言えない心境を「ふわりふわり」と表現しているとも取れますが、少しだけ違和感があるように感じます。
 擬音語擬態語は、個人のニュアンスの差異がありますので微妙な言葉ですが、朝倉の処方、一般読者を意識したときを念頭に置いて述べています。また、菜の花畑の向こうから、ランドセルが見える光景も考えました。それならば、それを明確に表現されるとより魅力が伝わるでしょう。

あをあをと根付きの竹やお水取り  山法師
ドクター朝倉の診断と処方箋
 お水取りの景ですね。上五中七でその力強さや壮大さを出していると思われますが、少し弱いでしょうか。お水取りを詠んだ句に〈振りこぼす火の粉抱くべしお水取り高松文月〉があります。

(1)混声の発声練習春霞  茂(女)
 絃の本調子にあわせて発声練習を致しましたがまるで怒涛のような有様でした。
(2)連名の招待状に春の風
(3)誘い合い町内会へ春朧

 何時も丁寧な添削有り難う御座います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 季語と情景の取り合わせがお上手です。季語と情景がお互いを刺激し合って、句の持つ情緒がふくらみます。
(1)混声合唱のことですよね。春に合唱とはとても気分の良いことが伺えますし、霞、というところで男女混声の雰囲気が表現されているように感じました。
(2)多分に結婚式の招待状と推測されます。少し、春風とはつきすぎ、似合いすぎではあるのですが、表現の巧みさに救われています。「連名」ということば、「招待状に」の「に」。つまり、人物や動作が出てこず、無生物のものばかりである事実のみだからです。
(3)町内会、昨今は以前ほど活発でないものの、地元活性化、地域パトロールなどによって再び、と聞いています。私も子供の頃には祖母や母のそういう姿を良く見ました。非常に、その雰囲気は読者を引きつけると思いますが、「誘い合い」が安易でしょうか。春の優しい夜を季語にされたことは正解だと思いますが、思い切って別の季語を当てはめてみても意外な楽しさの句になるかもしれません。

朝風や軒ばの梅に夢覚めて  ともかず(男)
ドクター朝倉の診断と処方箋
 〈朝風の軒端(のきば)の梅や夢覚めて〉ではいかがでしょうか。夢を見ている人物と、朝風に吹かれている軒端の梅、その二つを明確に描いてみました。情景がはっきりしますし、情緒のありどころも伝わりやすいのではないでしょうか。


2008年3月23日

(1)春曉や始発電車を遠く聞き  文の子(60代,男)
(2)朧夜のどこかで妻と行き違ふ
(3)春宵や眉月の陰真ん丸に

 3/12のご診断有難うございました。「料峭や二川に分かつ丘なりし」は下5の「なりし」が不安でしたが、確信を持つことが出来ました。掲句宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)春の朝というものは、聴覚を刺激するようです。『春暁』(孟浩然)のくだりを思い出しました。投句、良い情景だと思います。まさに春の明け方のあるべき姿のようであります。
(2)なんだか、とても不思議でロマンティックで良いですね。読者がこんなご夫婦に憧れてしまうような、それが大成功なのです。上五で切れる方が、助詞も少なくなり、口調もすっきりすると思います。「や」切れの使用ほ他に、「朧月」なども候補ですね。
(3)中七下五、情景の解釈に迷います。

(1)あけぼのの紅雲一朶春暖炉  小口泰與(60代,男)
(2)雪解けや浅間をけづる風の音
(3)啓蟄やサッカー少年次々と
(4)蘆の芽や坂東太郎白き波
(5)うららかや跳ねたる音の五色豆
(6)一山の湧き水清し蝶の昼

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(5)が格別に良いです。音と色が大変たのしい句です。春のうららかさを十分に伝え、その春を満喫しているさまが見えます。「や」切れも中七下五を生き生きとさせていて成功です。
(4)坂東太郎が効果的でしょう。こちらも春の楽しい句です。
(2)「や」切れが気にはなりますが、早春の山を美しく感じさせます。
(1)風景と春暖炉のつながりが少し厳しいでしょうか。
(3)気分は伝わりますが、「次々と」が安易です。
(6)句材が多すぎるようです。

(1)鐘の音の近くに聞こゆ朧月  学(50代,男)
(2)出征の日に雪掻くとある日記
(3)寒ブリのまなこに値打ちを問はれけり

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)鐘の音と朧月夜、少しつきすぎでしょうか。「近くに聞こゆ」という中七の表現は優れていますが。
(2)戦争をモチーフにした句は、さまざまな意味で評価、ましてや意見は難しく感じております。個人的な評になってしまうかもしれませんが、投句、心情吐露にならず客観的事実である点が良いと思います。厳密に言えば、日記に書かれているのだから季語ではない、という場合もありますが、状況を考えました時、この今も冬なんだな、と判断できました。
(3)ユニークとは感じましたが、読者は「寒ブリのなまこ」の意味に迷いがちでしょう。

(1)猫柳滴の数だけ花の数  遊雲(70才以上,男)
(2)猫柳利休鼠の雨の中
(3)猫柳コットンプリント七分袖

 「猫柳」3句です。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)良いですね。猫柳という古風な植物とコットンプリントというミスマッチが効いています。七分袖も早春を如実に表現していてとても良いです。それでいて、さりげない一句です。
(2)こちらも、雰囲気があって良いです。利休鼠という色名が春浅い気候と気色を物語ってくれています。猫柳とつきすぎているかな、という気持ちはありますが、一句としてほどよく仕上がっていると判断します。
(1)表現の技巧が冴えすぎましたでしょうか。

(1)春深む父の一期にとどきけり  学(50代,男)
(2)春耕やまずは地べたに荷を解く
(3)蝌蚪生るる水辺に入るに空を飼ふ
(4)光源氏の口塞ぐ指狐
(5)悠久の古墳の空や揚ひばり
(6)螺子巻ひて振り子時計や春の音

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)一期という事実に、春深むという季語が優しく添っていると感じます。よくを言えば、『何が』「とどきけり」なのか明確になると、句の伝える力が大きくなると思います。もちろん、春が届いたという解釈も可能ですが、そうしますと「深む」がしっくりきません。春の状態が進行形ですから。その点が少し気になりました。
(2)とても季語が生きていると思います。地べたという表現も春らしく思います。寒い冬や暑い夏では合いません。そして、荷を解くという昂揚感。春の気分によく合います。上五の「や」切れも、「まずは」という動作に勢いをつけ効果的に働いています。
(3)、(4)少し難解でしょうか。
(5)古墳とひばり、似合いすぎですね。悠久という言葉も良いのですが、すべてがほどほどに似合ってしまっていて、パンチに欠けるのです。同じ句材、同じ句意でしたら、思い切り印象強い方が読者は楽しいでしょう。
(6)良い雰囲気で、優しい心情の句です。「春の音」も良いのですが、「や」切れの必要性が疑問です。それも合わせて表現を推敲されるとより良いでしょう。


2008年3月22日

(1)春来る指揮棒踊るアルファー(α)線  勇平(70才以上,男)
(2)大口を開けし乙女の桜餅
(3)学童の「ケンケン遊び」青き踏む

 俳句の道に入り3年目。一向に上達の気配なしです。診断して下さい。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こんにちは、朝倉です。私ってうまくなったなあ、なんて思うことが一番危険で上達しないのです。俳句は客観の文芸でもありますから、常に読者ありきです。読者が、駄句と思っていた自句を引き立ててくれることもあり、逆に諫めてくれることもあるのです。それが、また、句作の魅力なのです。
 三句拝見いたしまして、どうやら句材が多いようです。一句は十七文字しかありませんから、いろいろ込めるよりも、絞る方が何かを伝える力は大きくなるのです。
(1)春と指揮棒に絞られるか、〈春来る音楽会のアルファー波〉でしょうか。
(2)大口、乙女、桜餅、場面も定番ですね。とことん大口を強調するか、意外な女性像にするか、ですね。
(3)ケンケン遊びと踏青が良い取り合わせです。ケンケン遊びで子供であることはわかりますから、学童は省けますでしょう。また、大人のケンケン遊びにすることも一案です。奇をてらうのではなく、意外性が、春の喜びをより大きく伝えることができるからです。

(1)春めくや空の彼方のヘリの音  栗太郎(60代,男)
(2)春めきて猫もぎゅうっと伸びをせり
 大分春めいてきましたね。外を歩くのが楽しくなります。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)春めいた空にヘリコプター、とても良いです。できれば、空が春めいていることを強調させて印象強くすると句が引き立つと思います。中七下五を「空春めいてヘリコプター」とすることも可能です。もしくは、ヘリコプターの音だけがどこかでする、という聴覚の句も魅力的です。
(2)少々平凡でしょうか。春と猫、そして猫の伸びは、詠まれがちでありますから。

(1)紙雛白き手のをりあげしまま  涼(男)
(2)一日をもの言はずして山笑ふ
 先日はご批評有難うございました。今日も宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)紙雛の折られている手でしょうか。色白の方が折り終わった紙雛でしょうか。表記と表現で迷いました。
(2)良いですね。言はずと笑ふ、の対比も嫌みなくさりげなく効果的です。「一日を」を助詞を使わず表現できるといっそう良いかもしれません。動詞、助詞、それぞれ多くなると口調が整いにくくなりますので。しかしながら、「一日中」では少し安易ですね。

(1)その話いくたび聞くや春うれひ  えんや(70才以上,男)
(2)春愁や不理尽にもの申すひと
(3)春場所や背広の似合ふ舞の海

 越の国にもどうやら春が来ました。今日はスノータイヤを普通タイヤに交換します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 東京より北は日光と北海道くらいしか良く知りません。雪国の春はすばらしいのでしょう。
(2)がとても良いです。口調も整っていることが、句意と季語を生かしています。「や」切れも口調と句意に効果を出しています。
(3)挨拶句として楽しくて良いです。舞の海は確かに似合っていますし。
(1)少し理屈でしょうか。こちらの「や」切れはどうでしょうか。強い必要性がないように思えます。私個人としては、切れ字は強い意図や必要性がある場合に推すことにしています。自らも多用を戒めるつもりで。

(1)携帯のミッキーゆれる梅日和  ポリ(50代,女)
(2)花菜漬風に揺れてるひもの端
 アドバイスありがとうございます。「ビニール傘の干しており」納得です。今回もどうぞよろしく。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)少々平凡でしょうか。句作としてもよく目にします。
(2)ひもの端、が効果を出しそうです。何の紐であるかはっきり情景がみえると完璧です。花菜漬も合ってますから、あとは紐ですね。良い雰囲気もありますから。

水温む白髪になれる鼻毛かな  岡野直樹(40代,男)
 実話だ、と言うだけです。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 季語とよく合っていますし、自らを茶化す句意が愉快で春らしくもあります。上五は「温む水」でも良いですね。もちろん、「水温む」でも切れてはいますが、白髪に続くようにもとれる活用なので。よりはっきりと切るという意味で「温む水」を考えました。

(1)春昼やブルーシートを掃う音  茂(女)
(2)陽春に足巾大きく近づきぬ
ドクター朝倉の診断と処方箋
 どちらも春の気配を感じさせる句なのですが、伝わってくるものが少し弱いようです。句材も悪くありませんから、表現の工夫が効果的ではないでしょうか。
(1)〈春昼やブルーシートのはためきぬ〉では、茂さんの意図とは違ってきますでしょうか。
(2)足巾も良いですが、歩幅でも可能ですね。陽春を大きく闊歩する様子が良いです。

(1)携帯に照らさる少女ひな祭  山法師
(2)春塵や手抜きを知らぬ夫の家事
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)携帯に照らされているのですから、夜と判断しました。そうしますと、雛祭りよりも、たとえば「雛の夜」が合う気がいたします。一瞬をとらえている句であることを印象づけるためです。
(2)春塵という季語が合っていますね。「手抜きを知らぬ」が散文調なので、中七を「真面目生真面目」など言葉を工夫されると、愉快な句がより生き生きとしてくることでしょう。


2008年3月21日

(1)指笛や春の嵐の跡もなく  鈴木信輔(男)
(2)指にこぼるひと日ひと日よ薺咲く
(3)牛乳が数滴白梅の花数輪

 診断ありがとうございました。温かい言葉を掛けて頂けて、大いに慰められました。これからもよろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそでございます。コメントうれしく頂戴いたしました。
(1)指笛と春の嵐、独創的で魅力的な取り合わせです。ただ「跡もなく」が気になりました。もう少し単純明解な表現の方が、指笛と春嵐が生き生きと強調されるのではないでしょうか。
(2)ひと日ひと日が指からこぼれていくのですよね。「日」ですから陽ではなく一日と判断しました。過ぎゆく日々を詠まれた句だと思いますが、その思いが弱いでしょうか。
(3)牛乳と白梅、どうでしょうか。数滴と数輪も狙いがみえて、読者にとっては退屈かもしれません。

(1)ベル2回 鳴りて静もる 余寒かな  大熊猫(60代,女)
(2)棘あるも はるはやさしく やわらかく
 はじめまして。思い切って、かいてみました。よろしくお願いします。今日プールへいってきました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそよろしくお願いいたします。二句拝見しました。どちらも優しい雰囲気が魅力の句です。
(1)良いと思います。上五と下五を入れ替えた表現も可能で、切れの魅力が出ますが、投句ですと余寒に余韻があるでしょう。
(2)少し、象徴的で伝わりにくでしょうか。概念だけの句も良いのですが、実景を伴わないならば、その分、情緒や感情はしっかり表現し伝えなくてはなりません。

(1)残雪を所どころに通夜の家  はるを(60代,男)
(2)山国の女は強し桃の花
(3)亀鳴くと文豪髭を怒らせて

 前回のクリニックで「言い過ぎ」と診断され、本当に言い過ぎていると納得いたしました。ありがとうございました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 三句拝見。どれも、それぞれに雰囲気と情緒があり良いと思います。
(1)通夜は易しくない句材ですが、残雪という季語、「所どころに」という絶妙な表現によって、句の中で生きています。適切な感想ではないかもしれませんが、美しい悲しみを感じました。
(2)「強し」が言い過ぎだという評価もあるでしょうが、桃の花との対比がおもしろく、それによって助けられているでしょう。山国も正解です。
(3)「と」が曖昧でしょうか。愉快な句なので是非ご再考を。

(1)徒をもて島に渉りぬ磯遊び  文の子(60代,男)
(2)開拓の過酷な歴史ライラック
(3)挙式後も別なる住まひ二輪草
(4)対向車来て裏道のおぼろ月
(5)ケータイに没する二人リラの花
(6)岩場はや海に囲まる磯遊び

 宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(4)(5)が良いです。
(4)対向するのがギリギリの裏道でしょう。そんな夜道を春の月が照らしている。春の夜の風情を感じます。ただ、視点が対向車ですから、月へと移動するのは少々難があるかもしれません。たとえば、車中からでも目につきやすい花、連翹や雪柳なども一案です。
(5)ウイットにとんだ句ですね。リラの花が効果的でしょう。
(3)二輪草が狙いすぎかもしれません。
(1)(6)情緒が少し足りない気がいたしました。
(2)史実が句材、モチーフは難しいのですが、冷静に客観的に句作することが良いようです。

のどけしや鞍のずれゐる牧の昼  しんい(女)
 宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 魅力ある発想だと思います。「のどけし」にすでに春の昼の雰囲気は含まれていますので、下五を牧場の固有名詞や人物などにすると効果倍増の可能性が大いにあります。

(1)下校生群れそれぞれに春の川  吉井流水(60代,男)
 下校生を見ていると、一人で帰る生徒もいれば、群れを成して帰る子もいます。当 たり前のことを詩にすると面白くないなあと思いつつ。
(2)自転車の腰高くあげ椿坂
 春らしさが出ていればいいのですが。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)がとても良いです。しっかりと春らしさがでていて、万人の共感するところです。「桜坂」ではなく「椿坂」にすることによって、春の浅いことを感じさせますし、坂道であることが自転車の人物の元気良さを感じさせます。これから春本番へ向かう何ともいえない高揚感がすばらしい一句です。
(1)説明の句になっているでしょうか。春の川と学生は良い句材だと思いますので、再考の価値があると考えます。

(1)ひたすらに雪を掻きゐて月の山  学(50代,男)
(2)春の季語私は持たぬ電子辞書
(3)葦原をひねもす揺らす鳥の声
(4)春の季語雲居の雁の電子辞書
(5)ほころぶや君の名付けし桜坂
(6)鶯や谷に目を置く青葉山

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)(4)が良いでしょう。
(3)ひねもす、おもしろく表現されています。葦原の風情があるでしょう。
(4)「雲居の雁は電子辞書」ではいかがでしょうか。雲居の雁は電子辞書の中にいるのだ、いう句意にしてユーモアの句にしてみました。
(1)「月の山」が気になります。「月」は秋の強い(重要な位置を占める)季語なので。
(2)、(3)の方が優れています。
(5)桜坂が平凡でしょうか。
(6)谷と山で、視点に迷いました。

(1)目覚めけり上巳の八つの鶏の声  小口泰與(60代,男)
(2)余生とは水の如くか霞とか
(3)山風に薄氷起ちし朝ぼらけ
(4)辛夷咲く榛名の嶺々の靄ひけり
(5)帰り来て仔犬とゐるや春炬燵
(6)風吹きて赤城南麓雪消かな

 朝倉先生、 ご親切なご指導有難う御座います。早速ですが、「かさかさと五色ラムネや風光る」を「含みたる五色ラムネや風光る」に推敲いたしました。よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 まず、〈含みたる五色ラムネや風光る〉ですが、とても良いと思います。口に含むという動作が加わり、「や」切れの効果が出、「風光る」が大変生きてきています。口内から全身、身の回り、そして全世界が、風光る季節なのです。そんな広がりのある句です。小さく身近なものを基点とすることによって、大きなものの広がりが実感できるのです。もちろん、五色という色、ラムネという懐かしくも、現代の子供達にも人気のお菓子。時代を超えたやさしい味、色。それら全ては、句の中で十二分に生かされているでしょう。
 六句拝見(4)(5)が良いです。
(1)は雰囲気は良いですが、口調がスムーズでないのです。
(2)心情吐露のみでしょうか。
(3)情景の説明ですね。
(6)赤城南麓雪消かな、の口調、字面が良いです。「風吹きて」を推敲したいです。


2008年3月20日

(1)フキノトウ押し寄せてくるサヌカイト  豊田ささお(男)
「メダカの子睨みてをりぬ薄氷」、有難うございました。このほうがさすがしっくりきますねえ・・さて今回は今日雑木林クラブでの山菜汁つくりで、どういうわけかここの岩が全部サヌカイトなんです(純度は低い)で、できましたけど、いかがでしょう?
(2)木の芽雨無数のいのちどよめきぬ
 今日は3月10日です。東京大空襲ですね。子どもの頃の悪夢は、校庭の芋畑と防空壕に象徴されています。いま俳句をつくることは、いのちの最後をかざる華かなと思ったりします。それにしては納得の句ができません。これも最初は違う発想で取り合わせようとしたんですが、結局理でつながったかな?と思いますが、限界でなげだしました。よろしく・・・
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)良いですね。私は個人的にサヌカイトをよく知っているのですが、讃岐岩は一般的にもそれなりに認知されていると判断し、投句も評価したいと思います。春の芽吹きの象徴ともいえる蕗の薹、それに、悠久の時の流れを感じさせる火山岩。妙なる取り合わせと、そこに明るい雰囲気も漂っています。私は蕗の薹は漢字表記でも良いのではないかと思う点と、〈サヌカイト押し寄せてきて蕗の薹〉とする案を付け加えておきます。
(2)3月10日や終戦に関する句はとても難しく思います。だからといって避けることが得策ではありませんが。〈木の芽雨三月十日にあるいのち〉などが考えられます。木の芽雨が生命を潤す慈雨であることを、前向きに表現することによって、命の尊さが伝わるのではないかと推察しています。

芽吹き山あたりほんわかなりにけり  山法師
ドクター朝倉の診断と処方箋
 あたりほんわかなりにけり、賛否が分かれる表現でしょうが、山法師さんのオリジナルな一句として持たれても良いかと思います。定説通り申しますと、中七下五再考の余地あり、ですが。

(1)春陽に石仏の顔ほほ笑める  悠(70才以上,女)
(2)菜の花や川面に残る夕べの日
(3)水行灯豊かにともり春の池

ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)「春陽や」はいかがでしょうか。春の光が、あたり一面に広く輝いているように感じさせることもできると思いますし、切れがることで、石仏に焦点もあたりやすくなると考えるからです。
(2)中七下五の表現に情緒が薄い気がいたします。
(3)「豊かにともり」は「豊かにありて」ではいかがでしょう。上五で「灯」ですから、繰り返しを避けました。(もちろん、あえて繰り返しを狙いとすることもあります。)
 3句拝見しまして、どれも作者の優しく暖かい視点を感じます。是非、それらを句で十二分に伝えて下さいませ。悠さんの特徴ですから。

(1)老木の白梅かすかに咲くいのち  ねぎよしこ(70才以上,女)
(2)春一番外に出るなと千の風
 大変なお仕事の中からご教示有難う御座いました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 コメントありがとうございます。毎日が自転車操業かもしれません。お恥ずかしい限りです。
(1)老木と、いのちが少々つきすぎでしょうか。白梅も季語として強い(意味が重い)ので、すっきりと詠むほうが効果が出ます。
(2)「千の風」、難しい言葉ですね。周知の言葉は便利であったり印象的であったりしますが、反面イメージが固定されてしまいます。

(1)春光や烏の首のうつくしい  えんや(70才以上,男)
(2)春の田にわが影ながく鴉翔つ
 どうぞ宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)烏を持ってこられたことが成功でしょう。元来、鳥の中では雅のものとはされにくく、憂き目をみてきたような烏ですが、昨今の烏の様子はなかなか見ごたえのあるものだと感じています。下五の「うつくしい」、あえて単純に言い切ってしまうことの効果を評価しました。
(2)中七下五が少々作為的に感じます。鴉の持つイメージが強いですから、そちらに主眼をおかれると、パワーある句、印象強いができるのではないでしょうか。

(1)のどけしやさざ波裁ちて水馴れ棹  しんい(女)
(2)小波のひかり纏ひぬ猫柳
 「纏ひぬ」と切らずに「纏ひて」と迷いましたが宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)良いと思います。「のどけしや」と上五に季語をもってきて切れにしたこと、中七の光景と効果的に響き合っているでしょう。
(2)「纏ひて」ですと、そこに進行形のような連続感が出てきます。その点の差異と、上五との兼ね合いが選択の決め手になるでしょう。句意としては、猫柳にまさに今光が纏っているのですから、「纏ひて」としたいところです。そうしますと、上五から文章が切れなく続くので、句にしまりがなくなる恐れがあります。必ず切れがなければならないわけではありませんが、だらだらとした印象を与える句は不利ですね。一案として、「小波や」とする方法もありますが、「小波のひかり」という意味が薄れそうです。もう一案は、猫柳を上五に持ってきて、推敲することです。「小波のひかり」は海辺の光景か比喩か迷うので、あわせて再考されると効果的でしょう。猫柳の雰囲気がとてもよくでている句ですから。

(1)朝の陽を引っぱり上げて百千鳥  穂波(女)
 先日はご指導ありがとうございました。「囀りが引っぱり上げる朝日かな」をアドバイスいただいたように「朝の陽」という言葉を使って作りなおしてみました。
(2)お地蔵のそばにキューピー春まぢか
 近くのお地蔵さんの祠に、小さな人形(実際はベビー服を着たミッキーマウス)も置かれていたのを見つけて作った句です。気がついたのは秋だったので、季語は「野分あと」、その後は「冬ざくら」「冬日向」「冬日さす」などと迷いました。よろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)視点が上へ上へと向く、良い句だと思います。その視点により、句に表わされた心情が大きく未来に向かっている気配を感じさせます。百千鳥という季語も、春の賑わいを添えていて、句意に添っているでしょう。
(2)「そばに」を「横に」にいたしましょう。私は秋よりも春を推します。もちろん、秋、冬、それぞれに良さのある句ができるとは思いますが、キューピーの持つ幸せ感と春は合っているのではないでしょうか。お地蔵さんのある一角に春が来た、という情景に魅力があると思うからです。

(1)白バイの前を縦横つばくらめ  文の子(60代,男)
(2)燕(つばくらめ)ここ通し矢の堂ありし
(3)花曇けさより粥をゆるされし
(4)進路なき卒業法科大学院
(5)いよよ背の届く高さに官女雛
(6)料峭のそら青竹の掃きにけり

ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)が良いです。白バイとつばめの取り合わせが、とても良いです。「縦横」という表現にも、つばめの勢い、シャープさが出ています。
(2)この取り合わせも良いですが、中七下五を推敲できるかと思います。
(3)(4)、それぞれ、説明で終わってしまい、抒情が弱いでしょう。
(5)幼子から少女への成長をみてとりました。発想が優れている句です。
(6)料峭の空と青竹のすがすがしさが合っています。「掃きにけり」という表現の必然性が弱い気がいたします。「けり」という過去も気になりました。


2008年3月19日

春雷やこの決断は吉か凶  岡野直樹(40代,男)
 近すぎですね。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 近すぎではないでしょう。むしろ、「この決断は」が説明しすぎている点が気になりました。春雷と吉凶、とても良い取り合わせで、力強さも感じさせ、春にぴったりでしょう。是非ご推敲をお勧めいたします。

(1)おくれ毛を春の指もて揃えおり  茂(女)
(2)早春の客にカステラ白磁皿
(3)春の日や名前大きく裏表紙

ドクター朝倉の診断と処方箋
 三句拝見。どれも、雰囲気を大切にし、それが読者に伝わっているようです。それぞれの取り合わせによって、春独特の気分が表現されているでしょう。少しだけ申しますと、表現の技巧が上達しますと、より印象深い句になったりして、読者の心に留まることになります。つまり、技ばかりが先走ってもだめですが、技巧、技も、何かを伝えるために必要なのだと考えています。
(1)「おくれ毛や」と切れを用いると良いでしょう。
(2)〈白磁器にカステーラ早春の客〉なども一案です。
(3)上五の季語を再考できるでしょう。いろんな春の季語を試して当てはめて試してください。

ショベルカーの爪の動きや春の風  Q(60代,男)
 朝倉先生始めまして二度めの投句です。俳句を始めてもう少しで一年です。工事中のショベルカーの爪先の繊細な動きに春を感じました。ご指導よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 視点がとてもおもしろく良いです。投句のままでも良いですが、一点、「や」切れが気になります。検討できる箇所でしょう。季語を上五に持ってくるなど、語順を入れ替えてみることも一法です。

(1)外科医にて花粉症と言ふ名を貰い  仁(60代)
(2)コーヒーの香りのように三月来
(3)仮通夜のバケツに活けて春大根
(4)月光にほくほくとして浅蜊かな

 朝倉先生、こんばんは。今年は例年になく寒い日が続きますね。でも今日は天気予報があたりまして、豊川のほうはなんとなく暖かいですよ。おっしゃるとおり毎回「取り合わせ」には苦労してます。そのわりには楽しみながらやっておりますけど、何かいい虎の巻はないものでしょうかねー。いろいろな句を詠んで、作って会得していくしかないでしょうか・・・。毎日お忙しいなか恐縮です。きょうもよろしくお願 いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 豊川にお住まいなのですね。私も親族が岡崎にいます。関西とは違う空気を感じました。楽しみながらの句作とのこと、それが良いのではないでしょうか。虎の巻、私は、好きな俳人の句集や論集を座右にしています。それが、ダイレクトに句に反映されるわけではないでしょうが、自分の中の句作の道しるべになっているように思えます。
 四句拝見。どれも、ハッとするような言葉を選んできているように感じました。その言葉に伴う発想の妙でしょうか。
(1)外科医にて、がおもしろいですね。少々当たり前でもあるのですが、「にて・・・・・・言ふ名を貰い(ひ)」という言い回しに助けられています。
(2)こちらも「三月来」が効果的です。コーヒーの香りに賛否はあっても。(旧仮名遣い表記でしたら、「ように→やうに」。)
(3)仮通夜、難しい句材です。法事の方が使いやすくはあります。春大根はウイットにとんでいます。
(4)ほくほく、少し微妙ですね。浅蜊の形容としておもしろくはありますが。月光が秋の季語であることは再考の必要があるでしょう。

(1)川波のゆるぶ墨堤梅若忌  しんい(女)
(2)囀や伏流水の湧き出づる
(2)の座五「ささやける」とも思いましたが、擬人化を避けて「湧き出づる」にしたのですが・・・宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)隅田川と虚子忌は良い雰囲気ですね。川波のゆるぶ、が惜しいです。春らしさは感じるのですが、平凡な印象を与えています。
(2)良いと思います。囀りと、伏流水、どちらもあふれるものです。それが春の活気とよく合っています。そういう意味でも、座五は「湧き出づる」で良いでしょう。「や」切れの効果もあり、連体止めが適切です。

(1)病棟の窓に菜の花ロバのパン  きなこ(50代,男)
(2)ピーちゃんのおはか原っぱ春の色
(3)春の雲入れ歯外してグリコ舐め

 朝倉ドクター、はじめまして。ご診断よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそはじめまして。お願いいたします。三句とも、厳しい現実とパルテルカラーの風景を感じました。その取り合わせをおもしろく感じるかどうかは、好みかもしれません。読者任せにしているのではありませんが。
(1)ロバのパンと菜の花色の明るさに、希望を感じました。
(2)小鳥であろうピーちゃんの死を受け入れている様子を受け取りしました。
(3)春の雲とグリコ、ぴったりですね。入れ歯は強烈な句材であります。


2008年3月18日

(1)廃村の瞼の中の雛の家  遊雲(70才以上,男)
(2)白梅や爺と婆との影一つ
(3)春一番青巻紙黄巻紙
(4)東京の三月十日のビルの窓

ドクター朝倉の診断と処方箋
(4)東京大空襲でしょうか。それを伝えるためであるならば、読者層は限られます。それが良くないわけではありません。ビルの窓を視点としたことは、時代の流れや無機質さを感じさせ良いです。
(1)「の」が整理できるのではないでしょうか。「の」の連続の効果をねらうこともありますが、投句の場合には、効果が薄いでしょう。また、「の」を整理することによって、情景がはっきり伝わる利点もあります。
(2)寄り添うご夫婦像が見えます。高砂の人形のように。
(3)滑舌の練習をする春の一日ですね。

(1)ゼリー状卵塊さらば蝌蚪の旅  豊田ささお(70才以上,男)
 ちょっと説明的になってしまいました。もう一息かと思いますが、どうすればよい かご教示を・・。
(2)椿落つ天麩羅鍋のまんなかに
 これは妄想です。椿の花の天麩羅のあのとろうっとした食感はたまりません。が・・膵臓炎で目下油分禁止令が出ています。ゆえに妄想ばかりです。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)そうですね、言い回しのリズムなど良いのですが、理屈がまさっているようで、「もう一息」と感じられるのではないでしょうか。「ゼリー状卵」「塊」、両方あるのでしんどい気がいたします。また、「さらば」と「旅」もどちらかでも句作は可能でしょう。
(2)椿の花の天ぷら、食したことはありません!昔、植物図鑑の椿の説明で、「食用にも」と書いてあるのに驚愕した覚えがあります。桜の塩漬け、すみれの砂糖漬けは身近ですのに。美味とはこれまた以外です。油分解禁になられますように。投句、イメージが少々浮かびづらいかもしれません。「落つ」と「鍋のまんなかに」が揺れる原因でしょう。

ふんどしのおすもうさんの粉チーズ  汽白(40代,男)
 早瀬ドクター、ありがとうございました。朝倉ドクター、また、よろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそ、久方ぶりですが、お願いいたします。
 投句、何の粉チーズなのでしょうか。いろいろ想像を巡らせてはみたのですが。もう少しだけ情景が見える方が、読者も喜ぶのではないでしょうか。

(1)思はざる東にありし春の月  小口泰與(60代,男)
(2)地吹雪に忽と起こさる春の朝
(3)ひと声の如き風音冴返る
(4)夕映えの榛名の嶺々や春苺
(5)年古てあるがままなり夜半の春
(6)葉を打ちて落ちし椿や雨滴

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 六句拝見いたしました。どれも、豊かな情景描写であり、それは俳句にとても大切なのですが、少し言葉や句材が多いようです。言葉や句材が多いと、読者の感動が弱くなるのです。気持ちの行きどころが、多くの句材によって、まばらになってしまうからです。少し整理をしてみることにします。
(1)「思はざる」という感情を直接あらわした表現を、再考しても良い気はいたしますが、中七下五の語調に助けられています。古風な、与謝蕪村を思い起こすような句です。〈菜の花や月は東に日は西に 蕪村〉
(2)「忽と起こさる」が冗長です。
(3)「冴え返る」という季語と上五中七の光景が、つながりにくいのでは、という感を受けました。
(4)榛名の峰と春苺の景が見事です。飯田蛇笏の<芋の露連山影を正しうす>の遠近の光景の妙と同じです。「や」切れも効果的です。
(5)上五中七下五、それぞれお互いが近くて、いわゆる付きすぎではないでしょうか。
(6)椿と雨滴、どちらかに視点や感情の主を絞られると、感動がより伝わるでしょう。

公園に5%の春があり  涼(男)
 よろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 「5%」、微妙です。このような表現をよしとするか否かは評価の分かれるところでしょう。私は、作者ご本人が強い意志をもって、使いたい場合は良いのではないかと考えています。効果的かどうかはまた別ですが。投句、効果はあると思いますが、「5%」でなければならない強い必然性も微妙かと判断しました。つまり、読者に、その5%の春という情感が伝わるかどうか、その表現を絶妙と感じるかどうか、です。それが読者あっての俳句の評価であり、醍醐味でもあると思うからです。

(1)朧夜や四隅仄めく工事灯  しんい(女)
(2)澹澹と切岸打つや波おぼろ
 「朧夜や光ゆらめく工事燈」「切岸を打つ波おぼろ茜空」を少し手直ししてみたのですが・・・宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)「四隅仄めく」が、独創的な表現ですし、良い一句だと思います。春の温くなってきた夜の一場面。工事灯によってその独得な雰囲気が伝わってきます。朧夜だからこそ、成功しています。
(2)「澹澹と」が言い過ぎかどうか、迷ったのですが、作者の意図が強ければかまわないのではないかと判断しました。


2008年3月17日

(1)植木市見頃ばかりの木々集め  岬(60代,女)
(2)城門に歓声ひびく遠足児
 先日小雨の中大阪城に行ってきました。そこでみた風景です。庭園での植木市はほぼ満開の梅香りもよくお天気がよければ買って帰りたいほどでした。又門のところでは子供たちの歓声が・・寒い雨でも元気な者です。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 大阪城の植木市は盛大ですよね。雨もまた似合うものです。遠足の定番地でもあるようです。
(1)「見頃ばかり」が当たり前過ぎるでしょうか。当たり前が悪いのではありませんが、そこに感動がなければ、普通の日記になってしまいます。
(2)もそういう意味で、表現の工夫が可能です。たとえば、―朝倉流ではありますが―〈城門は声声声の遠足児〉がとしますと、子供の元気な様子がより伝わらないでしょうか。

丹念に春風通すコスチューム  茂(女)
 きっとお忙しい毎日とお察しますが、とても丁寧に添削して頂いて感謝致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 うれしいお言葉、ありがとうございます。こちらこそ拙い処方ではありますが、努力させていただきます。
 投句、新しい感じも受ける、雰囲気の大変良い句です。コスチュームがもう少し具体的でも良いかな、とは思いますが、春風をこのように詠まれたことが秀逸です。

(1)木の芽風みんな違ってみんないい  学(50代,男)
(2)蛇穴を蛇出る自由出ぬ自由
(3)ぐぐぐゐと空に顎張り亀鳴けり
(4)花咲ひて弘前の野のとの曇る
(5)久闊のまずは手袋脱ぎにけり

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」の一節ですね。私自身も、何かの一節や題名を句に用いることはありますが、諸刃の剣でもあることを意識しています。上手に取り入れられた場合は、印象深くなり良いのですが、あまりに有名だったり、方々で使われているものは、難しいと感じております。投句、いかがでしょうか。もちろん、そのリスクを承知で自分の一句になさることはかまわないと思います。
(2)蛇の連続、自由の連続、出る、出ない、おもしろさが出ているようにも思いますが、工夫の割りにはそのおもしろさが弱いように感じます。言葉の連続を厳選されても良いかもしれません。
(3)擬態語は「ぐぐぐゐと」の方が良いですね。
(4)弘前の街であるならば、そこを特徴にした句も魅力的でしょう。
(5)D良いです。久闊と手袋、この取り合わせによって、レトロな雰囲気が良い感じて伝わってきます。

(1)鳥雲に第二タワーの槌音し  文の子(60代,男)
 上5の切れを強調するため下5を連用形にしました。「槌音す」との是非が判りま せん。宜しくお願い致します。
(2)一塊の口四つ開けし燕の子
 中7で切ったつもりです。燕の子の可愛らしさにそぐわないようにも思います。「一塊の口四つ開けて燕の子」でしょうか。
(3)薄紙の塗椀つつむ花ぐもり
 ドクターのお写真を拝見しました。すっかりお母さんのお顔ですね。3/5のご診断有難うございました。「デゴイチの蹌踉ふ走り陽炎へる」「鳥帰る店にレトロの羅針盤」のどちらも定番の情景とのご指摘、本人は「やった」と自己満足していた句でした。不勉強を反省しています。本日は動詞、助動詞の活用形についても併せてご教示頂きたく存じます。教職、育児のお忙しい中申し訳ありませんが宜しくお願い致します。掲句は、終止形のつもりですが、はっきり切るには連用形でしょうか。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 コメントうれしく頂戴いたしました。
 はじめに、動詞、助動詞の活用ですが、文の子さんは旧かな遣いの旧かな表記と思われますので、古語文法に則してお話いたします。「槌音し」は「槌音する」という動詞ですが、古語文法では「せ・し・す・する・すれ・せよ」と活用します。句末などではっきりと切りたいときは、終止形「す」が一般的です。ただし、連体形「する」を用いて強調させる手法もあります。また、連用形「し」は、切れるよりも後に続く活用です。それぞれの活用形の持つ特徴、効果は、助動詞も動詞も同じです。「開けし」の「し」は過去助動詞「き」の連体形ですね。ここでは「燕の子」という名詞(体言)に繋がっていくので連体形が適切なのです。あえて、終止形を用い、中句切れにする場合もありますが。(「開けし」=「開く」の連用形+「き」の連体形)「つつむ」は終止形と連体形が同型なのですが、文脈より連体形ですね。「花ぐもり」は名詞と判断しますが、「花ぐもる」となりますと動詞です。なんだか、古文の授業なような解説で、分かりにくい文章でしたら申し訳ないのですが、基本ラインとしてはこのようなことになります。また、具体的にご質問ございましたら、ひとつひとつお答えしようと思っています。
(1)下五を「槌の音」とすることもできます。動詞が減って語感が変わります。
(2)一塊が読みを難しくしているでしょうか。
(3)薄紙の存在を際だたせるために、「塗椀を包む薄紙花曇り」ではいかがでしょうか。塗椀という質感の良いものとそれを包む薄紙、それと花曇り。とても絶妙な取り合わせです。質感に合わせて、色も感じさせ、春の一日が大変豊かに表現されています。

(1)鷹鳩と化す恐竜の歯の化石  北野元玄(60代,男)
 ご無沙汰しておりました。船団誌上でのご活躍は拝見しておりましたが、今度は句集を出される由おめでとうございます。上句、鷹と鳩と恐竜と、鬱陶しいくらいに並べております。恐竜の歯の化石を生かしたいと思っております。
(2)啓蟄の水晶玉の恋占い
 占いなどを信じているわけではないのですが、なんとなくこんな俳句ができてしまいました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 コメントありがとうございます。句集のことを人からおっしゃっていただくと喜びもひとしお、という気持ちです。ほんに拙句ばかりの句集なのではありますが。誌上でも目にしていただいてうれしく思います。
(1)恐竜の歯の化石と最大限に生かすならば、やはり「鷹鳩と化す」はのぞきましょう。季節を春にこだわるならば、(朝倉としては化石と春はどちらも時の流れを感じさせるもので効果的だと思います。)生物に関係しない季語を持ってこられてはいかがでしょうか。せっかくの恐竜ですから。
(2)「啓蟄や」でいかがでしょうか。水晶玉と良い感じに仕上がっていると思います。「恋」が甘いようでしたら、何か別の占いに差し替えても良いでしょう。


2008年3月16日

(1)ひと言で足るありがとう暖かし  山法師
(2)蟻穴を出づ急用のあるらしい
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)良いです。「あるらしい」という擬人化がとても効果的です。第三者として見ている作者に趣きが感じられます。
(1)内容は皆が納得するものですが、説明の俳句になってしまっているでしょう。

まーだだよ穴を出る蛇身づくろい  北野元玄(60代,男)
 啓蟄だと言うのに、加えて朝倉さんとお話をしたいと思っているのですが、一向に俳句が出来上がりません。上句は何ともピシッとしない句ですが、コメントいただければ幸いです。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 コメントありがとう存じます。是非ご遠慮なさらず、どしどし投句下さいませ。投句、ユーモアの一句で良いと思います。口調の不調子さも、蛇の用意ができていないところを感じさせ面白く仕上がってています。面白さをとことん出す句も俳句として有意義だと考えています。

(1)春の夕ふはりと飯の炊けにけり  栗太郎(60代,男)
(2)剪りこまれ全裸の薔薇の棘猛し
(3)黒猫もパンジーの香り嗅いで行き

 朝倉先生のご講評にはとても親近感を抱いています。もっともっと俳句を作ろうという勇気を与えられます。ありがとうございます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 もったいないお言葉、うれしく頂戴いたしました。こちらこそ、まさに、明日への活力です。三句とも、それぞれに良い雰囲気と、情感ある風景があり、良いです。同作者でこのようにさまざまに詠めることも魅力です。難を申せば、三句とも、きれいにまとまっていて良いと思うのですが、少々説明臭さを感じる点です。(1)ふはりと、炊けにけり(2)剪りこまれ(3)嗅いで行き、でしょうか。ただ、差し替えがうまくいかなければ、このままで十二分に結構でしょう。

(1)冴え返る影みな淡き空模様  鈴木信輔(男)
(2)血が巡り言葉が巡り初音かな
(3)背負ふもの大きく春田の畦を行く

 軽くてキュートな句を作りたいのですが、性格どおりいびつで重い失敗作の湯飲みのような句しかできません。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こういう句が作りたい!という思いは上達や新しい句の世界を開くに有意義です。三句拝見、鈴木さんの強く熱い思いが伝わってきます。その分、言葉を取り込みすぎてはいないでしょうか。 できるだけ、不必要な言葉を削っていくことも、俳句には必要なのです。必要最低限 の表現をすることによって、句に含みがで、読者の読みに深みが出、豊かな句になる からです。
(1)句材が多く、「空模様」は削れるでしょう。
(2)血も言葉も巡る気持ちはわかりますが、それを直接、句の中で言うのではなく、置き換えて表現することも句を魅力的にする方法です。
(3)やはり「背負ふもの大きく」が説明しすぎているでしょう。作者が語りすぎますと、読者は疲れてしまいますから。是非、いろんなお湯飲みをつくってくださいませ。意外な湯飲みが飲みやすかったり、人に評判が良かったりするのも、俳句のおもしろさです。

(1)鈴の音の重なり合ひて春つらら  学(50代,男)
(2)宵闇に罰在る如く豆を打つ
(3)ぐぐいと空に顎張りて亀鳴けり

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)春つらら、失礼ながら、「春うらら」かとも思いましたが、「つらら(列)」でならびつらなる様かとも受け取りました。鈴の音と春のうららかな様子は似合っていて良いです。
(2)「罰在る如く」がいかめしい雰囲気を出していて、「豆を撒く」ではなく「打つ」という表現とも合っています。中七は、意味を持たせすぎているきらいはありますが、学さんらしい一句として良いと感じます。
(3)顎を張るのは亀ですよね、そうしますと、常識的な説明の句でおわってしまいそうです。むしろ、自分や誰かが亀のように、首を空に向けて伸ばす様を、亀と取り合わせて詠む方が楽しい気がいたします。