俳句クリニック 2008年4月後半分(ドクター:朝倉晴美)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


ドクター朝倉の診断
2008年5月7日追加分

【ドクター朝倉からのメッセージ】
 投句ありがとうございました。皆様との春の宇宙旅行、とても楽しい旅でした。拙い処方箋をお詫びするとともに、得るものも多く、感謝いたしております。再会を心待ちに、ご健吟をお祈り申し上げます。

オオルリの恋のはじまり青まだ  豊田ささお(70才以上,男)
 この間偶然オオルリに出会いました。まだ若い♂で、「ちんふうりんギギツ」というのをくりかえすばかりで、芸がありません・・・よく見ると背中の瑠璃色がまだらです。いじらしいような気分になりました。がんばっている姿が・・・朝倉ドクターとも今日でお別れですね。いろいろ貴重なご指導を賜り深く感じいっております。またのご指導をお待ちいたします。有難うございました。(「宇宙の旅」書店へ注文していますがまだ入手できていません)
ドクター朝倉の診断と処方箋
 「青まだら」がオオルリの様子と作者の心情を表していて良いですね。コメントにあるような「いじらしさ」、そういう一瞬の気持ちのが俳句になったとき、うまく表現できたとき、句は読者に受け入れられるのではないでしょうか。
 *身に余るお言葉、ありがとうございます。こちらこそ、さまざまなことを気づかせていただきました。再会を楽しみにいたしております。また拙句集、恐縮でございます。ご期待に添える自信は正直ないのですが、私の学生時代からの歴史でもあり、自身にとっては愛しいような気分であります。しかしながら、お求め頂きうれしく思っております。

(1)なんとなく寄れば手が出る冷蔵庫  丸山俊郎(50代,男)
(2)だぼだぼの詰め襟歩く入学式
(3)鍬休め腰を伸ばせば夏の月

 初めまして、俳句にはまって5ヶ月目、厳しい評価をお願いします。この場をお借りしまして、朝倉先生28日までとは気が付きませず、大変勉強になる評価有難うございました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 コメントありがとうございます。残念ながら、今回の担当は今日で最後なのです。またの再会を楽しみに、今後のドクターとの楽しいひと時を期待しております。
 三句拝見、さまざまな対象を句にされようとする姿勢が伺われました。それぞれに心境、心情は伝わってくるのですが、少々言い過ぎているようです。俳句の微妙なところなのですが、読者の想像の余地を残すことが、魅力につながります。言い過ぎてしまうと、読者がつまらなくなってしまうのです。読者が楽しめませんから。
(1)「なんとなく」を、そんな気分を持つ季語にされると良いのではないでしょうか。例えば、「春昼」、「日永」など。
(2)「だぼだぼ」がなくとも「詰め襟歩く入学式」で、大きめの制服の様子は伝わりそうです。
(3)〈我ひとり鍬休むとき夏の月〉と考えてみました。畑には自分、空には月。夏の月との交流を感じさせたく思いましたので。夏という季節が、清々しさを出しているでしょう。

(1)里桜ピザ屋のいすはあとひとつ  仁(60代,男)
(2)春泥をころがして行く犬の舌
 朝倉先生、こんばんは。今、二句つくりました。今日が二ヶ月間の最後と言うことですのでぜひ最後の診断をお願いします。二ヶ月間ほんとうにごくろうさまでした。 いつも明解なご指導をいただきましてありがとうございました。感謝いたします。連休はゆっくりとお子さんともども楽しんでください。 では次の機会に又、よろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)里桜に、季語の選択の妙を感じました。ピザ屋という人里、桜からはちょっと意外な取り合わせ。そして、空席が少ないのですから、活気のある店。春の情景が、動きをもって表現されています。読者を楽しさによって魅了することでしょう。
(2)舌でころがす、つまり舐め、ほじる、といった光景と取りましたが、その「ころがして」が魅力ある表現かどうか、私自身迷うところでした。ひとつ、驚きましたことは、〈春泥はほら今ここ犬の鼻先〉。僭越ながら自句です。春泥にはやはり犬ですよね(笑)
 *コメント、お気遣いうれしく頂戴いたしました。明解かどうか、お恥ずかしい限りですが。こちらこそ、投句のおかげで知ることや学ぶことが多くありました。知ること、学ぶことは、人とのつながりがもたらすものでもあるのですね。再会とご健吟をお祈りいたします。

(1)病みぬけてけふ白藤の棚の下  草子(60代,女)
(2)風の歩で花盗人になり給ふ
(2)は無季になってしまうでしょうか?ご多忙の中拙い句を丁寧に診ていただきかんしゃしております。今度はドクターの句に出会い読ませていただくのを楽しみにしております。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)良いです。「病みぬけて」が説明しすぎているかとも感じましたか、白藤に助けられています。「けふ」という挿入の語も、大変効果的です。白が清浄さも出しており、病み上がりの美しさをも感じさせるのではないでしょうか。
(2)花盗人、狂言にも登場しますね。花は桜を言い表すことは当然のことですし、花人、花見人も季語ですので、私は許容範囲と判断いたします。一方で、「風の歩」が分かりにくい面を持っているかと。もちろん、風のごとく、花盗人になるという句意と「なり給ふ」はとても魅力的です。
 *ありがとう存じます。私も投句の数々に出会い、うれしいひと時でした。こちらこそでございます。再会とご健吟をお祈り申し上げます。

(1)連山に棚引く雲や水芭蕉  小口泰與(60代,男)
(2)雛菊や紙飛行機のただよへり
(3)呑竜の開きし寺や芝桜

 朝倉晴美先生、二ヶ月間真摯にご指導いただき有難う御座いました。また、朝倉先生からご指導賜ることを記念して感謝のしるしと致します。有難う御座いました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)(3)良いですね。
(2)雛菊、デージーが秀逸です。紙飛行機を飛ばす春の長閑さに似合うのです。特に、可愛さもあることが、紙飛行機を飛ばすという行為の人物に重ねて読めるからです。
(3)こちらも、呑竜の大光院とよく合った季語でしょう。寺の由来と季語だけの句ですが、呑竜という固有名詞が力を出しています。固有名詞は諸刃の剣なのですが、投句、成功でしょう。
(1)山の湿原に水芭蕉、常套ですね。
 *こちらこそでございます。毎年、担当の度に、お付き合い下さり光栄でございます。こちらこそ、感謝申し上げます。関西にはない土地の風情や名所を教えていただき楽しいひと時でした。ご健吟をお祈り申し上げます。

(1)蜆汁CO2は不味かりし  娯魔如(60代,男)
 奇をてらったつもりはありませんが…。
(2)たんぽぽのわたわがゆくへさだまらず
 仮名だけのほうがいいかと判断しました。
(3)親愛の情断ち切れるか躑躅の赤
 下五の字余りはいちおう意識しました。
(4)はる惜しむ大楠木の切られたり
 実写です。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)親愛の情と躑躅の赤、興味ひかれる取り合わせです。そして、「断ち切れるか」という問いかけ。新鮮に感じます。字余りの効果を判断するのは難しいですが、中七は「情断ち切るか」にしますと七音になります。
(2)たしかに仮名表記が効果的ですね。残念なのは、「ゆくへさだまらず」です。少しもったいない七音です。たんぽぽのわたは、そうものであるということは周知ですから。
(1)おもしろ味、と受け取るかどうかは、読者次第でしょうか。
(4)惜春と大楠木の伐採、よく合います。惜しむ気持ちが共通しているからです。表現の工夫を考えますと、「惜しむ」という言葉を使わず、「暮春」や「行く春」などをお勧めしたく思います。

(1)春の昼グァバの実切れば花模様  どんぐり(男)
 梅の花を変更して、花模様を使ってみました。
(2)雨上がりタイヤの下に散る桜
 春も終わりですね。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)良い着眼です。〈春昼やグアバを切れば花模様〉でも句意は伝わると思います。いかがでしょうか。
(2)春の終わりを、タイヤの下にある雨後の桜の花びらに託したことが秀逸です。難は「下に散る」です。文法にこだわり過ぎているかもしれませんが、少し違和感を感じます。散った後にタイヤが来るわけですから。せっかくの素晴らしい情景ですので、気になる点を申しました。

(1)朝掘りの筍届く勝手口  古河春雪(70才以上,男)
 朝倉先生、こんばんは。先日、京都船団の某女史と先生のお話をしていました。今年は筍が豊富みたいで、あちこちからお裾分けを頂きます。
(2)春炬燵足と足とのサイン来る
 ストーブをようやく片付けました。若き頃を思い出しての一句です。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 京都船団、学生時代、とてもお世話になりました。京都界隈の吟行も楽しい思い出です。どなたなのでしょうか。お恥ずかしい・・・。
(1)実景に情感を持たせると読者が楽しめます。中村汀女に〈筍を掟(おきて)のごとく届けもす〉があります。膝を打つような納得と、筍を贈答する喜びが感じられると思うのです。
(2)楽しい句です。春の炬燵なのでその楽しさが実に良い気分です。「足と足との」「来る」ですから、少しまどろっこしい説明になっていないでしょうか。「足にてサイン送られて」なども考えられます。よろしければ、ご推敲を。
 *我家の居間は炬燵です。三世代の足のサインもおもしろいと気づきました。

(1)雪原の如く雲あり春の山  小口泰與(60代,男)
(2)連山の横雲長き雲雀かな
(3)見下ろすと紅の海なり桃の花

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)連山の横雲と雲雀、どうでしょうか。少しそぐわない気がいたしました。
(1)「雪原の如く」が少し安易でしょうか。「如く」は便利なようで安易にも聞こえる損な表現でもあります。
(3)どこから見下ろすか、それが伝わりますと、大変魅力的な句になるでしょう。

(1)春山の股したたらす滝の水  きなこ(50代,男)
(2)風光るならば国宝犬山城
(3)花曇ああでもあればこうでもある

 よろしくご診断下さい。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)言葉のおもしろさを工夫された句ですね。「花曇」との取り合わせ、どうでしょうか。微妙なところで、そのおもしろさが伝わりにくい感を受けます。
(1)擬人法ですね。こちらも、そのおもしろさを感じるかどうかは読者次第ではないでしょうか。
(2)「ならば」が愉快ですね。国宝だから、といったとこでしょうか。「国宝犬山城」という旧跡が効果的でしょう。

産科院医務待機所の桜餅  角力(30代,男)
 宜しくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 良いですね。桜餅が大変効いています。昨今の病院事情、産科事情、人手不足と現場の混乱、と明るいニュースが少ないなか、ほっとさせられます。しかしながら、産科という場は、もともと喜びの多い現場ですから、やはり桜餅でしょう。生命誕生の春、明るい色彩、似合っていますね。

(1)亀鳴くや大和の国は謎だらけ  せいち(60代,男)
(2)(レプリカ)と括弧に記す花ぐもり
(3)山の辺の道菜の花や菜の花や
(4)春惜しむ一行の詩に寄り添うて

 ドクター朝倉に看てもらうのも、今回はこれが最後かと思います。そこで(4)は、一応ご挨拶のつもりです。ドクターの『宇宙の旅』、祈多幸。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)なんだか愉快な気分になりました。皮肉もある句なのでしょうが、こんな風にウイット(機知)にとむと実に有意義に感じました。
(2)こちらも、おもしろさのある句で、「(レプリカ)と括弧に記す」に独創的な発想を感じましたが、情景が少々見えづらいのが残念です。季語、花曇は合っているでしょう。
(3)「いちめんのなのはな/いちめんのなのはな(山村暮鳥「風景」)」を思い出しました。
 *コメント、うれしく頂戴いたしました。そして(4)の句も。句集を出して、よかったなと思えたり、うれしくなるときはこんな時なのです。心よりありがとう存じます。再会を楽しみに、ご健吟をお祈り申し上げます。

(1)のこったーのこーったーっー春のしり  汽白(40代,男)
(2)鳥雲にともかく情をゆるしあう
 いつも、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いです。季語「鳥雲に入る」が大変効果的な句です。「ともかく」という喋り言葉の挿入に、賛否はあるででしょうが、強調の意味も含めて私は賛同いたします。渡り鳥の句であることが成功しましたでしょう。
(1)ユーモア句ですね。今春場所は楽しめましたから。

(1)桜東風花散りゆきて海青し  どんぐり(男)
(2)光る海風に桜の舞い落ちる
(3)菜の花や川面きらめく音を聴く

 ご指導ありがとうございました。(1)(2)の2句とも、たいへん参考にさせていただきました。ありがとうございました。
(4)水仙や物言わぬ白あわれなり
 物言わぬ白水仙のあわれなり、いずれがわかりやすいでしょうか?
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)色彩の美しさも十分に伝わってきています。
(2)光る様子と桜、動きと美しさの両方ある情景がしっかりと描かれています。
(3)「川面きらめく音」、良いですね。大変魅力的です。そして分かりやすく、気分もよく伝わってきます。
(4)惜しいです。「あわれなり」が不要です。是非ご再考を。

(1)蜻蛉生れ田んぼに君の風が吹く  豊田ささお(70才以上,男)
 もう、サナエトンボとかシオヤトンボが、心なしか頼りなく飛んでいます。
(2)一山を燃やしてしまうオンツツジ
 朝倉ドクターのご診断もはや残り少なくなりました。よろしくお願いします。「一山を燃え上がらせるオンツツジ」を考えていましたが類句がありそうで・・きつい表現にしてみました。
(3)春昼や薬缶を焦がしをりにけり
 「句帖にも花びら散りて迷ひけり」・・・そうですね、「散りて」は、不要でした。指摘されないとわからぬことばかりですねえ〜・・・掲句は、去年の春のものですが、原句は「またも夜間を焦がしをり」でしたが、少し直してみたものです。いかがでしょう。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)君の風、良いですね。蜻蛉との取り合わせによってさらに良いものに。爽やかな一陣の風を感じます。
(2)大胆な表現の一句。印象的です。
(3)〈桜咲くそうだやかんを買いに行こ 中原幸子(船団)〉を思い出しました。焦がす薬缶も春昼には似合いますね。〈春昼や薬缶焦がしてばかりいゐる〉も考えられますが、「またも」「ばかり」は不要かもしれません。十分に情感はありますから。

(1)ふいに口つぐむ児暮るるチューリップ  文の子(60代,男)
(2)女子大と言へぬ教室春の風邪
(3)八重桜タレントの来て十重二十重
(4)路地裏の行止まりなる鯉幟

 中7を連体形にしてみました。切れが無いでしょうか。「路地裏は行止まりなり鯉 幟」と思ったりもしています。
(5)花のあさ道たがへども常の顔
(6)遠富士の襞の陰影卯浪たつ
(7)生れくる子の心音や繭白く

 明日以降パソコンに触る機会が減りますので、本日(4/28)ご挨拶させて頂きます。子育てと教職というお忙しい中を丁寧にご診断戴き心より御礼申しあげます。中々上達しませんが、お教え頂いたことを反芻しこれからの作句に活かしたく思っております。朝倉先生のご健勝とお子様のお健やかなご成長をお祈り致しております。掲句宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)が断然良いです。チューリップという花のもつ明るさと、「ふいに口つぐむ児」が大変良い取り合わせです。処々で引用されていますが、やはり〈チューリップ喜びだけを持つてゐる 細見綾子〉を彷彿とさせます。チューリップ独特の雰囲気を句に取り入れられたとき、俳句は魅力的になるのでしょう。
(4)〈路地裏は行止まりなり鯉幟〉を推します。切れが必要というよりも、鯉幟との対照を出すことによって、行き止まりであった心情と、空を泳ぐ鯉幟の爽快さが力強く伝わってきます。その落差の楽しさも俳句の魅力です。
(5)理(理屈)が勝ちすぎたでしょうか。
(6)句材が多いでしょう。
(7)まさに、生まれ来る子へのご挨拶ですね。蚕の繭という発想も素晴らしいです。
(2)(3)、おもしろさが伝わると良いのですが。
 *コメントまことにありがとう存じました。心温まるお言葉、確かに頂戴いたしました。至らぬことばかりの処方であったと思いますが、文の子さんとの一時によって、気づかされることも多々ありました。こちらこそ感謝申し上げます。娘ともども元気を頂き、再会の宇宙旅行を楽しみにしております。

(1)神代より咲きし桜や実相寺  小口泰與(60代,男)
(2)露天湯に桜ひとひら舞ひにけり
(3)火の山の土の胎動揚ひばり
(4)桃咲くや紅に包まる御坂町
(5)辛夷咲く割菱定か五龍岳
(6)わに塚の桜咲きけり八ヶ岳

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)は21日に投句いただきました〈露天湯に落花ひとひら浮きにけり〉のご推敲句ですね。こちの方が、落花の風情があって良いでしょう。残り五句、土地を詠まれた句ですね。(1)が良いです。「神代より」が実相時の雰囲気を出しています。
(3)火の山と胎動が興味を引きます。
(4)少し平凡でしょうか。
(5)武田菱の割菱ですね。「割菱邸」でしょうか。五龍岳との取り合わせは、壮大さがあり良いのですが、「辛夷咲く」が安易ともうしますか、添わない、合わない気がいたしました。大きな景色として受け取りたい句であります。
(6)春の八ヶ岳への挨拶句ですね。

(1)花冷えやチョッキ着けたるコーギー犬  大川一馬(70才以上,男)
 これは先日「その衣装」なんぞと書きました分のリメイクです。
(2)真つさらのタオルおろすや新樹光
(3)到来のたかんな茹づる鍋の音

 この2つは「下手な鉄砲」の部類です。
(4)繭筵往時のままにたたまれし
 飛騨白川村にて
(5)卯波立つ野島の旧址松の風
 横浜金沢区野島の伊藤博文別荘跡にて
 ご教示の程を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)花冷えや再沸騰のポットの音  大川一馬(70才以上,男)
(2)流鏑馬や三的(みつまと)揺らす木の芽風
(3)瑞泉寺橋日永なる帰り道
(4)バス停は若葉の中に埋もれて
(5)風薫る神馬の白き上目蓋
(6)走り梅雨飛騨高山の軒濡らす
(7)走り梅雨病院に着くシャトルバス

「省みることを知らずに駄句重ね」ですね。ご教示の程お願い申し上げます。
(8)花冷えやチョッキ着けたるコーギー犬
 これは先日「その衣装」なんぞと書きました分のリメイクです。
(9)真つさらのタオルおろすや新樹光
(10)到来のたかんな茹づる鍋の音

 この2つは「下手な鉄砲」の部類です。
(11)繭筵往時のままにたたまれし
 飛騨白川村にて
(12)卯波立つ野島の旧址松の風
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)ポットの再沸騰の音、が良いです。花冷え、まさに真実味があり共感いたしますが、あまりにその通りかもしれません。いわゆる、ひねりが欲しいところなのです。表現の工夫や、ずれを楽しむ季語などです。
(5)馬の白き上目蓋が良い表現です。むしろ神馬でないほうが魅力的でしょう。
(8)愉快な句になっています。
(9)新樹光の季節らしい句です。「真つさら」か「おろす」、どちらかで十分つたわります。
(10)せッかくの「たかんな」という風情ある呼称の筍。当たり前すぎる情景に工夫を下さいませ。
(12)句材が多いようです。

(1)人間が人間になる昭和の日  学(50代,男)
(2)うすものや仏のかたちよく見へて
(3)りんごの花の雌しべこそ尊けれ
(4)春泥を了へてうしろに石の数
(5)こでまりや赤十字社の従軍歌
(6)美女の放屁に経唱ふ月夜かな

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)昭和天皇の人間宣言を思い出しました。歴史の知識としてしか知らないのですが、世代の方々には様々な思いがあることを感じます。
(2)薄物をまとっているのは、人物でしょうか。投句、仏様だとも思えてしまいます。それはそれで、良いと思いますが、どう薄物をまとっているのか、迷います。
(3)なるほど、ですね。りんごの花という句材も効果的です。しっかりとした実がなり、親しみのある果実ですから。
(4)中七の句意に迷いそうです。
(5)哀しみのある句ですね。もちろん、忘れてはならない事実です。こでまりという可憐な花が、より哀しみ、哀悼の意を強く表しているでしょう。
(6)ユーモア俳句ですね。上五は「美女放屁」でも可能です。そうしますと、中七に、二音余裕ができ、「僧」などを入れられます。もしくは、〈月夜かな美女の放屁に経唱ふ〉で整います。


2008年5月5日追加分

(1)片隅に勿忘草の犇めけり  はるを(60代,男)
(2)牡丹の花芽に色の浮かび来る
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)「片隅」と「犇めけり」、両方あると少々くどく、文字数ももったいないです。勿忘草ならではの群生が伝わると勿忘草の魅力も高まるでしょう。〈雨晴れて忘れな草に仲直り 杉田久女〉などあります。
(2)何の色でしょうか。色の種類がなくとも、その色に心境をかぶらせているのですから、具体的な何かがあると、牡丹もまたいきいきすることでしょう。上記の忘れな草の句が参考になるのではないでしょうか。

さえずりや天地自然に生かされし  山本葆博(70才以上,男)
 たまたま開いた頁の一首「倭大后、天智天皇臨終に臨みて。〈天の原ふりさけみれば大君のみ命は長く天足らしたり〉」 生身の命果つるとも、魂極わる命そのものは天地間に充々ちて、その天地自然に生かされし、此岸の我等ともに在るのだと。そう思ったら自然おのずから出た一句でした。。。。囀りを聴きいる我のさえずりて。ご多忙の折まことに恐惶謹言頓首敬白。。。一知半解。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 囀りによって、生命の誕生や、生かされていることの再認識。良い着眼ですし、共感も大いに得ることでしょう。「生かされし」、少し直接的すぎるでしょうか。推敲の余地がありそうです。「生かされし」と言わずして、生かされていることが伝わる表現がありましたら、素晴らしいですね。

(1)入院の支度鶯よく鳴く日  けいこ(女)
(2)ビターチョコ片手に両手には春愁
(3)沈丁花冷たき香りとも思ふ

 朝倉Dr2ヶ月間有難うございました。貴重なご教示をこれからの句作りに生かして行きたいと思います。最後にお聞きしたいのは、いくつか俳句を作っていると必ずこういったタイプの句が出来てしまいます。どうなのでしょう…よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 コメントうれしく頂戴いたしました。こちらこそでございます。ご質問ですが、「こういったタイプ」とおっしゃいますのは、感性に頼った句、という意味でしょうか。もし、見当違いでしたらお教えくださいませ。俳句を作り続けると、それは一日の中でも、一年の中でも、もっと長い間でも、必ず「なぜこんな句を?」という場面があるようです。それを認識し、改善してゆくことで、一つの成長があるように思っております。

豆の花帽子見へたり隠れたり  慈英(50代,男)
 ご指導よろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 楽しくてうれしくなるような句です。豆の花だからこそ、生きてくる句意ですね。高さや栽培されている様子が、帽子の見え隠れととても合っているのです。帽子は園児でも良いし、農作業中の人でも良い。そんな植物です。そこには、優しい日常が見え隠れしているのです。

(1)綿毛飛ばしタンポポ並べるはげ頭  岡野 直樹(40代,男)
 いつも暖かい診断、ありがとうございます。おかげで続けることができます。
(2)鳥交る自分で咬んだ舌が痛い
 褒めつつ改良点を指摘していただくと、やる気が出ます。ありがとうございます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 いえいえとんでもないです。しかしながら、うれしいお言葉です。俳句をしていて良かったなあ、なんて思ってくださることがあれば、それもまた大きな幸せです。
(1)はげ頭は人物、タンポポの綿毛が飛んだあとの形容でしょうか。後者ですと魅力を感じるのですが、表現上、そう読み取れないでしょう。
(2)ユーモアと皮肉、自虐めいたもあり、良いです。また、下五は「舌痛い」、中七は「我噛んだ(噛みし)舌」なども考えられます。

(1)あさまだき 燃えるつつじに 起こされる  浅葉洋(70才以上,男)
(2)草むしり 黒い大地と はる談義
 朝倉先生何時も適切なるご指導、肝に銘じています。桜去り、色とりどりの躑躅の季節になりました。また雑草も活きよく蔓延っています。しかしその下から土が顔を出し、その温もりが感じられるこの頃です。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 コメント、恐縮でございます。お力になれたかどうか、しかしながら、皆様が俳句を好きになって下さったらうれしいですね。
(1)「燃えるつつじ」と「あさまだき」が良い取り合わせです。「起こされる」がもったいないような気がいたします。ストレートな表現なのですが、情景に迷いもでます。具体的に「起こされる」とはどんなことなのか、ですね。
(2)良いです。春談義がすべて語ってくれていますね。草、黒、はる、とそれぞれのイメージもあいまって良いです。

(1)春深し背のふくよかな菩薩像  文の子(60代,男)
 週末に薬師寺展に行ってきました。
(2)温泉(ゆ)の色に染まりたる岩春ふかし
 これも週末です。先週は2日とも句が出来ました。
(3)楠わかば古葉の折れ口匂ひたつ
 「古葉折れば匂ひたちけり楠若葉」と作ってみて、2動詞を避け掲句にしたのですが、「折れ口」で良いでしょうか。
(4)古葉赤く染まりしゆふべ楠若葉
「古葉赤く渋く染まりて楠若葉」と作ってみて、渋いが主観と思い掲句にしました。如何でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 週末の二句、(1)がとても良いです。季語も初春、仲春ではなく晩春を選び、「深し」という優しい表現にされたことが、菩薩像のふくよかさを、より表しています。背中に注目された点も、菩薩像全体をふくよかにさせる効果があり、大成功の一句です。
 楠二句、「若葉」と「古葉」、良く分かる情景ですが、句にしますと視点が散漫な感を受けます。古葉の匂いや色に注目するのでしたら、時節を季語にされると良いでしょう。例えば、「夏きざす」や「夏の夕」などです。
(3)折れ口、良いと思います。
(4)そうですね、絞られた方が良いですね。

(1)炎昼の岩を舐めゐる孕み牛  学(50代,男)
(2)大仏に背中のありて養天花
(3)異腹の川に射りたる草矢かな
(4)春潮の匂ひを計る航海士
(5)楠の幹の水聴く朧かな
(6)時雨来て人生のこと京のこと

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)花曇の「養花天」と読みました。大仏という大きくも優しいもの、そしてなお大きさを感じさせる背中。良い取り合わせです。
(4)春潮だからこそ成り立つ情景でしょう。航海士という人物が大変生きています。
(5)魅力的な発想です。朧夜ならば、ありえても不思議ではない、という説得力もあります。多少、句材が多いような気もいたしますが。
(6)少々、分かりすぎやすいでしょう。分かりにくいのが良いわけではありませんが、あまりにもそうですと単純なだけな句という印象になってしまいます。「人生」を何かに置き換えられても良いでしょう。
(1)(3)悪くはないですが、読者の共感は微妙かもしれません。

(1)砕けずに戻りゆく波春の湖  文の子(60代,男)
(2)玻璃越しの児のハイタッチ守宮来る
(3)春風や吉祥天の裾揺るる
(4)渡り来し胡人の塑像つちふれり

 4/21のご診断有難うございました。育児の最中、丁寧に診て頂き恐縮しますとともに、お子様に叱られてしまうのではと思っております。「遠足の列伸びちぢみ手風琴」の下5は苦し紛れですが、更に考えることと致します。掲句、「渡り来し胡人の塑像霾曇(まいぐもり)」を考えたのですが、判り難いと思い2動詞にしました。如何でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 お気遣いありがとうございます。娘は園児なのですが、「俳句のお仕事」として、おぼろげながら納得している様子です。
 四句拝見、どれも情感豊かで良いと感じました。読者がその情景に気持ちをのせて読めます。ただ、表現の微妙さが句意を曖昧にして、読者が情景を読み取れにくくなってしまっている点があります。
(2)ですね。「児のハイタッチ」という新鮮な句材を生かすにも、ハイタッチは窓ガラス越しに守宮とするのか、そうではないのか、という点です。
(1)春の湖を、実に思いをのせて詠んでいると感じます。「砕けずに」がそうです。
(3)春風ならではの句ですね。
(4)四句中、一等良いです。胡人と「つちふれり」、付き過ぎの感があるものの、「塑像」がそれを払拭しているのではないでしょうか。

(1)さえずりや蒼色にじむ備前焼  小口泰與(60代,男)
(2)包丁の音の響きや豆の花
(3)谷川の韻の蛇行や初蕨
(4)露天湯に落花ひとひら浮きにけり
(5)山道を紅にそめたる落花かな
(6)菜の花や水面ゆつたり信濃川

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)(2)が良いです。
(1)備前焼というわりに庶民的な陶器、そして蒼色。囀りという季語といやみなく取り合わさっているでしょう。
(2)豆の花らしい句でほほえましさがあります。表現を推敲するならば、何かを「刻む音」なども可能でしょう。戸外の豆の花と、屋内の包丁、迷いがでますが、豆の花は裏庭などでも栽培が多い植物ですので、句の情景として可能と考えました。
(3)(4)、句材は良いのですが、表現が少し安易でしょうか。
(5)(6)、平凡な情景でしょう。


2008年5月4日

(1)三人で二百三十超昭和の日  遊雲(70才以上,男)
(2)夏近し焼き飯餃子二人前
(3)亀鳴くや第九十一代首相

 天長節が天皇誕生日になりみどりの日になりそして今昭和の日です。「日本はほんとに平和昭和の日」。平和の後に「?」を入れたいような「!」を入れたいような。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 (1)(3)とウイットにとんだ、そして皮肉もありそうな句で良いですね。そこに抒情、情緒がない、と評されることもあるでしょうが。(3)の「亀鳴くや」は効果的に働いていると思います。(1)は川柳に近いかもしれません。一方で、(2)には情緒が欲しいところです。なぜなら、皮肉や世情評もないからです。二人前食べる楽しさやおかしさも、伝わりにくいようです。

戸口開け 足元に舞ふ 花のひらひら  鈴木 隆(60代,男)
ドクター朝倉の診断と処方箋
 〈花ひらひら戸口の僕の足に舞う〉では、違うイメージでしょうか。桜の散る様子をより印象的にしたいと思いましたので。江戸時代の凡兆は〈はなちるや伽藍の枢(くるる)おとし行く〉と読み、落花という季語の持つ豊かさを感じました。

桜満ち音なき山にひとりかな  豊田ささお(70才以上,男)
 仮名遣いへのご教示ありがとうございました。でも当分は、(ずうっと?)迷うばかりのようです。なにしろ文法音痴ですから・・・
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそ、上手にお伝えできなくて恐縮です。
 投句、上五、中七、下五、と少しばらばらな感を受けました。桜が満開の静かな山に一人、という情景だと思いますが、焦点を絞られた表現が良いかもしれません。句意は伝わるのですが、印象も薄い気がいたします。

(1)老鶯や窓を半開山の道  茂(女)
(2)早蕨や白椅子点々別荘地
(3)クレソンの水車の傍に青々と
(4)街薄暑ジャングルジムをひとり占め

 何時もご丁寧な添削に有り難う御座います。今日は汗ばむほどの暑さでした。公園には誰も居ず何故か遊具がひんやりしてる感じでした。少し早い季語になりましたが宜しくお願い致します。
(5)五月晴れ転校生の渾名付く
(6)鯉のぼり洗濯物を叩く音

ドクター朝倉の診断と処方箋
 自然を敏感に感じられ、豊かな感性を思います。
 投句、(4)が良いです。コメントを拝読し、ジャングルジムの冷たさ、無機質さ、金属感を出すのも良いかな、と思いましたが、薄暑ですから、独り占めも楽しい光景かと判断いたしました。
(1)山の道ですと、半開きの窓が生きてこないようです。焦点を窓にしましょう。せっかく半開き、という行為のある窓ですから。
(2)「白椅子点々」が安易でしょうか。
(3)クレソン、水車、で十分にその青さは伝わるでしょう。あえて青さを強調するならば、「クレソンの青」とされる方が良いでしょう。(*クレソンは季語として扱われない場合があるでしょう。)
(5)〈転校生渾名貰いうけ五月晴れ〉。中八ではありますが、いかがでしょうか。
(6)爽快感ですね。それも、主婦業(もちろん、主夫でもこどもでも)の傍らにある鯉幟が良いですね。

革砥吊るバーバー某リラの花  慈英(50代,男)
ドクター朝倉の診断と処方箋
 とても良い情景です。そこに、情緒も感じられます。「革砥吊る」によって、散髪屋が現在進行形であることが強調されますし、季語「リラの花」によって、生活臭が強すぎない明るいイメージとなっています。「某」もご愛嬌です。なんでもない日常の一風景を、季語と表現の工夫によって、気持ちの良い気分が伝わる句となっています。

(1)堀辰雄読みしは遥か梨の花  藤原 有
(2)花の雨鎌倉大仏拝すあと
(3)芹摘めば母の一言蘇る

 野へ出ると、草いちごや草ボケが咲き盛り、隠れた溝には芹までが顔を出していました。3月の投句につきまして、ご丁寧なご診断を有難うございました。時節柄どうぞお身体に気をつけてお過ごしくださいませ。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 コメントありがとうございます。私はいつもこの季節に、うっかり風邪をひいてしまうのです。暖かくなって身も心も油断するのですね。
(1)が良いです。特に堀辰雄と梨の花、これ以上ないくらいの取り合わせではないでしょうか。サナトリウム文学、などと評される堀辰雄ですが、独特の世界は、梨の花のイメージと良く合うと感じます。残念なのは「遥か」。不要ではないでしょうか。堀辰雄と梨の花で、その気分は伝わるでしょうから。
(2)雰囲気のある情景ですが、常套でしょうか。表現にも工夫が欲しい気がいたします。
(3)発想が良いです。表現の工夫によって、読者の共感を得るでしょうから、〈摘みし芹草いちご母のひとこと〉など。季語がふたつですが、あえてもってきました。コメントにあるように、野の咲き盛る様子とお母様のイメージを大いに出したく思いましたので。

蜂蜜かバターか迷う春の雨  翡翠(30代,女)
 4月21日の診断ありがとうございます。朝桜という季語ですが、朝見た桜なので単純に使ってしまいました。季語は短くも、奥の深い言葉ですね。季語のイメージを正しく理解することが大切だと思いました。今後とも、宜しくご指導お願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 「蜂蜜かバターか迷う」、良いです。着眼が何より良いです。何でもない日常なのだけれども、そこにある幸せを感じさせます。多分にホットケーキ、もしくはトーストなど、焼き上げるものであるはず。そして、焼きたてに幸せな悩み。春の雨の優しさとも合っています。むしろ、雨であるから屋内での出来事が注目されるのですから。難を申せば「迷う」ななくとも迷っていることは伝わりますので不要な言葉ではないでしょうか。

知足かな背戸の囀り夢うつつ  山本葆博(70才以上,男)
 ご多忙中申し訳ありません、老人の繰言をご容赦。在るがまま自然法爾か諦めか。ありのままを観る心眼も開けず、疑団益々深まり両忘唯嫌揀もならず、大悲無倦のあんじんを信受もならず、徒に馬齢を重ねるばかりで誠に恥ずかしいことです。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 いえいえ、こちらも学ばせていただくことが多くあるのです。
 投句、「背戸の囀り」が良い表現でしょう。一方で下五に「夢うつつ」ときますと説明しすぎてしまって、「背戸の囀り」の魅力も半減してしまいそうでもったいないのです。是非、「知足」、「背戸の囀り」が生きてくる下五をご再考くださいませ。

(1)猫の子の畳打つ尾やたをやかに  えんや(70才以上,男)
(2)友去れば階を降り来る仔猫かな
(3)約束の外には出さぬ仔猫来る

 猫、三句宜しくお願い申し上げます。
(4)朧夜のメモするときも古語つかひ
(5)花粉症女医に鼻孔を覗かるる

 いつも丁寧適切なご診断有難う御座います。大変参考になり嬉しく思っております。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 (4)(5)が良いです。少しだけ触りますと、(4)「朧夜や」、(5)上五を「春の風邪」、ではいかがでしょうか。何にしましても、季語と、中七下五との取り合わせがとても良いです。表現も整っています。
 猫三句、眼前に仔猫の様子が浮かびます。あまりに可愛すぎると、句にしにくいのですね。家族を作品にするときと同じで、感情が必要以上に入ってしまうからです。一等楽しく読めましたのは、(1)です。猫の尻尾の量感が改めて魅力的です。

(1)石畳春のショールとして夜風  穂波(女)
 「夜の風はおって春のショールかな」を推敲しました。
(2)埋れ木に梟たちの瞑らぬ眼
 「梟の眼が埋れ木の亀裂から」を推敲しました。
(3)影を編みまた編みて水温みゆく
(4)ピッコロの風がおどるよ豆の花

 先日はご指導ありがとうございました。身内を題材にするのは難しいですね。当た り前のことでもうれしくて句にしてしまいますが、読んでくださる方のことまで考え る余裕がなくなってしまいます。(3)(4)は新しい句です。よろしくお願いいた します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)(2)とても良いです。(1)の石畳は、春の夜の冷たさを伝えていて大成功ですね。「夜風」という言葉も句が引き締まりました。
(2)口調も整い、情景がありありと見えてきます。また、主役が埋もれ木ではなく梟(の目)であることが大成功です。
(3)「影を編む」というのは、心象風景でしょうか。編む行為と「水温む」という季語は良い取り合わせでしょう。
(4)管楽器のピッコロと受け取りました。豆の花との取り合わせもとても良いですが、「ピッコロの風」に迷います。もちろん、音色であることは分かるのですが。無難な選択は、「風」を「音」にすることですが、風のような音色を表す言葉にも惹かれます。「ピッコロの歌」などと考えてはみたのですが。

(1)青嵐や異国のひとのタトウ美し  涼
(2)万緑や河馬はルビーの眼持つ
 宜しくお願いいたします。いつも暖かなご診断を頂き有難うございます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いです。万緑という中村草田男の〈万緑の中や吾子の歯生え初むる〉によって広く親しまれるようになった季語を、また新しく読者に訴えるような句です。河馬とルビーの眼。そしてシンプルな表現。確かな魅力ある一句です。
(1)「せいらん」という読みと異国のタトウ、「あおあらし」でないことが効果を出しています。気になるのは「美し」という表現です。ストレートに言い切る、というのもひとつの方法ですが、投句の場合、どうでしょうか。「青嵐」という季語によって、タトウの美しさは感じさせているようにも思えます。

(1)薔薇紅し旧軍港の逸見(へみ)営門  大川一馬(70才以上,男)
(2)海風や薔薇見晴るかす子規の句碑
(3)横須賀の海軍カレー風薫る
(4)わが鼻腔まだ明け切らぬ菜種梅雨
(5)紅枝垂れ白観音の目蓋かな
(6)平屋建蘇芳の花の下に声
(7)菩提樹の下のおときや春たけて

 (1)〜(3)は5月の横須賀ヴェルニー公園です。(4)以下は身辺(横浜金沢区)の4月に戻っての句です。多分酷評を頂くことを覚悟しています。それでも結構です。勉強になりますから。
(8)落ち椿形のままのいじらしさ
(9)鎌倉や桜見較べ寺社巡る
(10)富士の裾げんげ田のごとえび干され
(11)上潮や岩海苔掻きの膝濡らす
(12)春の猫喉震はせて相聞歌
(13)尻尾振り不思議の声や春の栗鼠
(14)花曇床屋のラジオ夢に融け

 長かった風邪がやっと治りかけたものですから、急にまとめてお出しして申し訳ありません。駄句ばかりですが一つぐらい拾っていただけるものがあれば、嬉しいのですが・・・。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 十四句拝見いたしました。やはり、練られていらっしゃる前半の句が、全般に良いと感じました。
(3)(4)(5)が良いです。
(3)海軍カレーの効果ですね。軍在留に関しては難しい問題であると思いますが、ここでは横須賀、横浜らしい初夏の風情が良いでしょう。カレーの味ももちろんですが、句材としてスパイスが効いています。
(4)発想と表現が秀逸です。膝をうつおもしろさもあります。
(5)白観音と紅の対比、目蓋への着眼、お見事です。
(6)も心惹かれる情景です。(7)は表現の巧みさが効果的です。(8)は「いじらしさ」が残念。(10)(11)は表現を工夫されると、魅力ある情景が伝わると感じます。
(1)ご挨拶の一句ですね。
(2)句材が多いでしょう。


2008年5月3日

雨粒のまろびて眩し水芭蕉  しんい(女)
 朝倉ドクター、お忙しい中を親身にご指導頂きまして、本当に有難うございました。心よりお礼申し上げます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 とんでもございません。みなさまの投句が、私の活力へとなっている二ヶ月です。投句、「まろびて眩し」が良いです。雨粒だからこその表現です。水芭蕉との取り合わせが、出来すぎているようにも感じなくもないのですが、その中七の表現力によって助けられているようです。自然の美しさを改めて感じさせます。

(1)ぺちゃんこの鞄取り出す春の朝  ポリ(50代,女)
(2)わらび餅にっちもさっちもいかないわ
 アドバイスありがとうございます。今回もどうぞよろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 どちらもユーモアがたっぷりと表現されていて、魅力を感じました。そして、その楽しさ。俳句の持つひとつの力だとも思います。
(1)春の朝という希望と新鮮さのある時節に、ぴったりのかばんです。まっさらの新品では当たり前すぎてつまらないのです。上手にしまっておけなかった鞄、でも春の朝に取り出すのだから、使いたい鞄なのでしょう。どんな鞄なのだろう、その鞄はどんな風に使われてしまわれたのだろう、ぺっちゃんこってどうぺっちゃんこなの?などと、どんどん想像が膨らみます。
(2)とても愉快なのですが、多少賛否はあることでしょう。しかしながら、蕨餅のあの独特の柔らかさ、掬いにくさ、楊枝の使いにくさは、まさに「にっちもさっちもいかないわ」の気分ですね。それが、作者や読者の何かの心境をも表していると受け取りました。蕨餅を食するたびに(実は好物!)笑ってしまいそうです。

麗らかや夕餉の仕度つい忘れ  岬(60代,女)
 20日の添削有難う御座いました。推敲して夕餉の仕度が遅くより忘れるところまで行ってしまいました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 良いですね。夕餉の支度という日常性、それを忘れるという非日常へのジャンプ(飛躍)、そしてそれを楽しむ気持ちがいやみなく表現されています。まさに、春の気分です。

桜咲く空に広がる地球の青  不二夫(50代,男)
 おすすめの俳句の本を教えて下さい。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 私が俳句に触れ始めたとき、恩師から「勉強するならこれだよ」といって渡されたのが、山本健吉の『現代俳句』(角川選書2520円、文庫版もあるそうです。)です。また、もっともっと気楽に読めて楽しいのは『風呂で読む俳句入門』(坪内稔典著、世界思想社999円)ではないでしょうか。それに、現代俳人の作品にじっくり向き合うには、ふらんす堂から出ています、作者別の「現代俳句文庫」シリーズがお勧めです。1200円という価格に、ハードカバーでないので持ち運びの利便。収録句の多さなど。私も気に入って、何人をも求めました。
 投句、桜と地球の青が良いですね。その反面「空に広がる」がもったいないでしょうか。気持ちの良さや雄大さをより感じさせる中七がベストと感じました。

(1)青蛙まひるの畦に銀の笛  豊田ささお(70才以上,男)
 「月夜の田んぼでころろ ころろ・・・」あの蛙はシュレーゲルアオガエルですが今日は真昼の谷津田に鳴いていました。姿は、土の中にもぐっているのか?いくら探してもみつかりませんでした。・・・心やすらぐひとときでした。
(2)桜密なめて口中花見かな
 餡蜜とキタテハへの句へのご診断有難うございました。恥ずかしながら餡蜜が夏の季語というのを知りませんでした。キタテハはそうですね。いま思えばむりですねえ・・桜の密というのもおかしいでしょうか?
ドクター朝倉の診断と処方箋
 どちらも発想とその表現、独創的で良いです。
(1)良いですね。「銀の笛」で一句が引き締まりました。〈銀の笛鳴らして真昼の青蛙〉も可能です。
(2)秘密をかけている、とは想像できますが、私としましては「蜜」がストレートで良いかと。「口中の花見」、大変おもしろく興味を惹かれます。*私は食いしん坊なので、食べ物の季語は得意かもしれません(笑)。

(1)タンポポにちょっと挨拶散歩道  遊雲(70才以上,男)
(2)7六歩開いて角筋風光る
(3)二次元を飛び出して行く紙風船

 1日に投句してしばらくご無沙汰しました。今日は「風のなぎさ」を祝う会でした。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 藪ノ内君代さんの『風のなぎさ』は、私にとって心がやさしくなる句集です。
(1)こちらもとてもやさしい句ですね。心が和みます。少しスパイスを効かす、特徴を出すならば、「散歩道」を何か個性的な道や固有名詞にされることも一案です。
(3)発想が優れています。二次元から飛び出す紙風船に、作者や読者の気持ちを乗せて読むことが可能です。豊かな明るい雰囲気のある句です。
(2)将棋ですね。確かに風光る季節によく似合っています。情景が気持ちよく伝わってきました。

(1)大夕焼空を重ねて生家あり  学(50代,男)
(2)文机の木目の通り夏燕
(3)陽炎の機缶車が追ひ越してゆく

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 三句拝見いたしました。どれも、句材の着眼、選択に優れてた感性を感じました。
(1)夕焼けの空を重ねるという表現に、多少揺れ、読みの迷いがあるように思えますが、「生家」が感傷的すぎず情緒をもって描かれています。
(2)文机と燕、それも木目と夏燕への注目がとても良いです。ただ、「通り」が曖昧ではないでしょうか。読者が迷うことは、せっかくの句が損をしてしまいます。
(3)山口誓子の〈夏草に汽罐車の車輪来て止る〉を彷彿とさせられました。

(1)古葉にある深みと渋み樫若葉  文の子(60代,男)
(2)花の海泳ぐは陸奥の鯉幟
(3)暮れて風強し守宮は常の玻璃

 宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)古葉と樫若葉、その対比が効果を出しているかどうか、迷うところであります。
(2)花の海、陸奥の鯉幟、表現の巧みさの効果です。東北地方独特の雄大さを感じさせます。
(3)句意に迷いました。風の強さと守宮は良い取り合わせです。

(1)ディレンマを抱いてダビデと花水木  北野元玄(60代,男)
 ダビデと花のパラドクスのリベンジです。
(2)ィッくしょん!これもっぱらの噂です
 くしゃみと噂ではしゃれにもなりませんが、擬音で季語のくしゃみ(冬)の代わりになりますか?
(3)ィッくしょん!あれは帝大式嚏
 この句、本当は京大式としたかったのですが・・。私の京大卒の友人のくしゃみが愉快です。この2ヶ月間ご指導ご鞭撻を頂き、心から感謝申し上げます。私も、ずいぶん冒険的な俳句を作っては送らせていただきました。パクリ俳句までお目にかけてしまい、申し訳なく思っております。句集も読ませていただきました。稔りの多い2ヶ月間でした。ありがとうございました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)(3)、断然、(3)ですね。季語も文句なしに入っていますし、帝大式、という時代がかった表現が、句を粋にさせているでしょう。過去の自慢というよりも、楽しい思い出といった感で、愉快に読めました。
(1)少し難解でしょうか。句材としては興味深いのですが。
*北野さま、こちらこそでございます。ご熱心でこだわりを追求される姿に感動を覚えております。また、若輩のわたくしの意見を、真摯に受け止めて下さり、わたくしもまた、がんばろうという気持ちにさせていただきました。拙句集の件も、改めて感謝申し上げます。

(1)雪消山とどのつまりは浅間かな  小口泰與(60代,男)
(2)たをやかな白磁の皿や雪柳
(3)上州の風の強さや桜狩

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いです。白磁と雪柳、同じ白色でもあり、その取り合わせの是非を考えました。雪柳にある確かな緑(葉)と、その形容が「たをやかな白磁」とあいまって、魅力的な情景、雰囲気を感じさせると判断いたしました。微妙な感性が生きていると思います。
(1)「とどのつまりは」、どうでしょうか。おもしろさと取れると成功なのですが。
(2)桜狩と上州の風、良い取りあわせです。上州の風が強いことは、分かるようですから、「強さや」を推敲できるとなお良いでしょう。

(1)肩越しの車窓の桜束の間に  由利子(70才以上)
(2)青空は花の間に細細と(こまごまと)
(3)酒の酔いほどほどにこそ花見かな
(4)瓶にさす桜ふれなば散りつくす
(5)思い切り枝を伸ばして桜咲く

 ご講評お待ちしております。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(4)の情景が良いです。表現を推敲しますと、「瓶の桜」でも可能でしょうし、「触れなば散るらん」も良いかもしれません。同じ情景で、いくつかの表現を試みることも、佳句のできる可能性があります。
(1)肩越しの車窓の桜、とても良いですね。「束の間に」が残念。
(2)こちらも、「青空は花の間に」が良いです。下五が余計でしょう。
(3)理屈が勝ってしまっている句です。
(5)「思い切り枝を伸ばして」が言い過ぎています。


2008年5月2日

朝ごとに若葉の増加二乗三乗  うき(女)
 よろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 とても良い発想です。表現も整っています。あえて難を申すならば、口調に一工夫欲しい気がいたします。切れ(切れ字を用いなくとも)を利用するのもひとつですね。

雨上がりデコパージュした春の山  茂(女)
 二日間の雨上がりの朝周りの景色がまるでペーパークラフトの額を眺めるようでした。山襞もくっきりビル群も迫ってくるようで。これで句になるのかしらと疑問に思いつつご指導お願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 発想、とても良いのですが、デコバージュという語の認知度に迷いがあります。雨上がり独特の景色、春の山、句材として最適でしょう。是非、読者がその情景に入ってこれるよう中七だとうれしいのです。

(1)春愁はそうさいつかのふるえかな  汽白(40代,男)
(2)まっいいかそんな妻ですさくらんぼ
(3)クレマチスころころおうどいろころころ

 いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いです。楽しさが十分にあります。「まっいいか」が妻のセリフなのか、夫のつぶやきなのか、どちらにしろ「さくらんぼ」なのですから、本当に「まあいいのでしょう」と思わせる楽しさです。いろいろな読みが可能ですが、どれにしましても、きっと妻への賛歌となり、気持ちよく共感できる句です。
(1)「ふるえ」が迷います。
(3)俳句の表現への挑戦ですね。賛否はありそうです。

(1)絶え間なき落花の中にたたずめり  千鶴子(60代,女)
(2)坂道を下りつつじの海に入る
(3)帰り手もなおまなうらに桜満つ

 またどうぞよろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)とても良いです。「つつじの海」秀逸です。まさに、つつじがどこもかしこも花開いている様子です。海という形容が、そのつつじの多さと気分の良さを十二分に伝えています。つつじの海に浸っている作者と読者。双方が一体となって感じる句です。
(1)落花の中にいるという情景は美しいのですが、説明しすぎているようです。
(2)少し、句意が分かりづらいかもしれません。

(1)赤ちゃんの泣く声春の風にのり  れい(70才以上)
(2)舌鋒をするりとかわし春うらら
(3)夏みかん夜気に香りの溶けいりて
(4)夕桜一機小さくなりにけり
(5)春うらら口角上げるストレッチ

ドクター朝倉の診断と処方箋
 五句拝見いたしました。どれも取り合わせが優れています。発想、着眼、良いものばかりですが、残念な点も。どれも、丁寧に説明しすぎているようです。むしろ言葉足らずくらいの方が良いかもしれません。その中で、(5)は秀逸です。表現も無駄がありません。季語が効果的な取り合わせです。ストレッチを真剣にする人物(本人であったとしても)を、客観的にみている句で、ユーモアさえあります。
(1)「泣く」「のり」が不要でしょう。
(2)舌鋒、春うらら、とても良い取り合わせです。特に舌鋒という言葉も印象的です。
(3)夜気に香りが溶ける、その情景を説明でなくて表現したいものです。
(4)平凡になってしまいました。


2008年5月1日

(1)濡れてなお白さ増したる花みずき  郁子(60代)
(2)桜貝小筥に入れし日は遥か
(3)テーブルに黄花一輪春の風
(4)SLの汽笛が聞こゆ花吹雪
(5)夫憶う友は語りて明け易し

 よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(5)良いです。シニカル、皮肉が少々内在しているように受け取りました。それは「明け易し」という季語にそのニュアンスがあるように思えるのです。季語を上手に使われた句と思われます。先人にも、〈短夜の櫛一枚や旅衣 中村汀女〉〈妻と浅蜊は厨に泣きぬ明けやすし 石原八束〉などがあります。
(4)花吹雪とSLの汽笛、良い情景ですね。少々出来すぎている感もありますので、「聞こゆ」を推敲されると良いでしょう。
(2)「小筥」という表記が桜貝とよく合って効果的です。多少「遥か」が言いすぎの感があります。
(1)(3)、色への注目が良いのですが、どちらも少々、情景を説明しすぎていて残念です。着眼を生かすにも表現力です。言いすぎないで伝える、簡単なようで難しいですね。私もいつも悩んでしまいます。

(1)どこからかふわりと来るシャボン玉  芳江(70才以上)
(2)歩き初む子どもと母や夕燕
(3)夜桜やほっても見たし樹の根かな
(4)春の雨降り止んでなお香が残り
(5)いつ咲くや夜通し見たし桜かな

 よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いです。私自身が子育て中なので共感した、ということでもないのですが、季語「夕燕」との取り合わせ、距離感が良いのです。他の句は、季語そのものを詠まれていて、それもそれで佳句になりえるのですが、季語の説明のようになってしまうと俳句としては残念な結果なのです。季語と、言おうとする情緒、情景との距離が、俳句としての技でもあるでしょう。また、説明しすぎても損です。読者が句の中で遊ぶ隙間がなくなるからです。
(1)〈シャボン玉ふうわりと来てふいと去る〉、例えば、です。説明にはなっていて良い例とは言えないのですが、擬態語のおもしろさを狙ってみた例句です。
(3)切れを生かします。〈夜桜やその樹の根っこにある想い〉。夜桜と掘るという行為を離してみました。
(4)春の雨の匂い、嗅覚への注目がとても良いです。中七「降り止んでなお」が説明しすぎていてもったいないです。
(5)「いつ咲くや」がなくとも、夜通し見たい桜の蕾、一分咲き、などで伝わるものは十分あるように思えます。是非ご再考なさってくださいませ。

(1)その一言が陽炎を尖らせて  北野元玄(60代,男)
(2)一言が春を痺らせ通り過ぎ
 たった一言で場がしらけたり凍ったりしてしまいます。それをうまく表現したいなと思っています。上2句はまだ習作レベルですが・・。(1)は7−5−5の変調だと思います。パラドクスの語は他のネット句会からのパクリだと言われても仕方がないのですが、あまり魅力的な表現なので、使わせていただきました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 二句拝見いたしました。どちらも句意がよく伝わります。むしろ、季語で切れをつくるとその句意にふくらみがでそうです。〈陽炎やその一言が余計なる〉〈行く春や一言多い我である〉などを考えてみました。一句の口調もよくなりますし、読者も句の中の季感を大きく受け取ることが可能になるでしょう。

(1)大喇叭頬ふくらます植樹祭  勇平(70才以上,男)
(2)三線の音の飛沫を剪定す
 当診断室を覗くのは楽しい日課となっています。多忙なドクターのご健康を祈っています。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 コメントありがとうございます。こちらもみなさまとのひと時、夜の宇宙旅行、早朝の宇宙旅行を楽しむ気分です。
(1)楽しく生き生きした句です。植樹祭が魅力的に伝わってきます。「大喇叭」も楽しい表現でよいですが、一風雰囲気を変えて、「トロンボーン」などもおもしろいかもしれません。これは私の個人的な好みかも知れませんので、お耳汚しまで。
(2)「飛沫を剪定」、表現力ですね。その表現に読者の賛否はあるでしょう。句意は伝わるようですが。

(1)をちこちに雉の鳴きをり靄の朝  小口泰與(60代,男)
(2)老木の花のわなわな山に雪
(3)たんぽぽや牧を揺るがす牛の声
(4)花時の風の強さや洗ひ髪
(5)がうがうと山風吹くや揚雲雀
(6)春の暮捨てかねてゐる花瓶かな

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(4)(6)とても良いです。
(4)「洗い髪」、情緒のありすぎる言葉で句にするには案外難しい面があったりするのですが、投句、ストレートに「花時の風の強さや」としたことが成功でしょう。「や」切れにによって「洗い髪」に負けていません。また、花時という美しくおおらかな季語も効果的に働いています。
(6)「捨てかねてゐる」、句意は良いのですが、表現に工夫かできるかもしれません。しかしながら、春の暮らしい句です。花瓶、確かに捨てたくなる場合のあるものですよね。句材、句意、季語とうまく調和した句です。
(1)雉の声と靄の朝、取り合わせとしては優れています。「をちこち」「鳴きをり」があたりまえ過ぎて残念です。
(2)老木、花、山、雪、句材が多いようです。
(3)こちらも、たんぽぽ、牧、牛の声。情景を絞られると良いと感じます。
(5)平凡でしょう。

(1)春駒の川よりあがる雫かな  学(50代,男)
(2)白梅やまぼろしのごと六十年
(3)羽化したるさくらのはなのささやける
(4)千年の風のまつはる土筆かな
(5)夕べの電話ボックスにゐる狐
(6)つちふるや己があゆみの遅々として

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(4)が良いですね。「千年の風」に悠久の流れを感じ、土筆ですからごく日常もそこにあるという情景。「まつわる」という表現も風のやさしさをかもし出しているようです。
(1)春駒の滴という着眼が良いです。中七、少し説明しすぎているでしょうか。
(2)こちらも中七をそこまで言わずして伝えることができたならば、白梅と六十年が大変良い取り合わせになるでしょう。そして読者の共感も得ることでしょう。
(3)「羽化」という発想が独創的です。
(4)狐、実景かどうか迷いますね。もちろん実景でなくとも句は成り立つのですが、句材として狐に価値があるかどうかが決め手でしょうか。
(5)季語と良く合っている句意です。


2008年4月30日

花曇PCプリンターの紙づまり  豊田ささお(70才以上,男)
 辛夷の2句へのご診断ありがとうございました。ちょっと頭でっかちの句になったようです。掲句は、少し冒険したつもりです。が・・70を過ぎますと、頭が固くなるのが自分でも恐ろしいぐらいすすみます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 いえいえ、「紙づまり」を句材にできるのでいらっしゃいますから、固くなったなどとは、思いませんが。投句、「花曇」が少々付きすぎているでしょうか。紙詰まりですから、どちらもすっきりしないもの同士です。もちろん、よく仕上がっている句ではあるのですが。

(1)春憂い理不尽なこと多くして  徳山開作(70才以上,男)
(2)捨てられし傘あちこちに春嵐
 初心者です。独学ではなかなか上達しません。ご指導宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 二句拝見いたしました。独学とお伺いしておりますが、発想、表現ともに整っておられます。句意も機知にとんだもので良いと思います。あえて申しますなら、(1)は上五「春愁や」としますと、強い切れと季語の語調の強さも出て、句にアクセントがつきます。
(2)、上五に「春嵐」をもってまいりましょう。または、嵐が分かりすぎるようでしたら、「春疾風(はるはやて)」という季語もあります。この二点によって、理屈の説明になりませんから。

(1)卵焼き一つあげましょ花の宴  岡野直樹(40代,男)
(2)ままごとのテーブル囲む花の宴
(3)花筵一番乗りの足跡が

 満開を迎えてからも長い間咲き続けてくれて、なんとか花見ができました。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 三句拝見いたしました。どれも、春の幸せ感、そして桜への思慕が十分に伝わってきました。一点、どれも一言ずつ説明しすぎているでしょう。
(1)「あげましょ」、喋り言葉なので、あえてそれを使う魅力を採るならば、「卵焼き一つ」を工夫する必要がありそうです。
(2)ままごとのテーブル、句材として魅力的です。「囲む」が少々もったいないでしょうか。宴ですから囲むことは伝わりでそうです。
(3)情景、とても美しく伝わってきます。難をいえば、表現もきれいにまとまっていて印象が薄いかもしれません。下五など思い切った言葉を使われてもおもしろいかもしれません。

(1)外つ国の言葉飛び交ふ花見かな  文の子(60代,男)
(2)天井に守宮ぞ大の字になれば
(3)風除けの夫ゐるベンチ桜冷え

 妻の側から詠みました。宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)楽しさ倍増の花見の句ですね。上五、中七と印象強いですから、下五も少し強い季語にしても良いでしょう。例えば「花の宴」、「桜狩」などです。
(2)やもりらしい句です。季語としても、句材としても十分に使われているでしょう。中七の切れ、「ぞ」も句にアクセントがでていますし、単調になりがちな、「〜なれば」という原因理由の表現を上手に仕上げておられます。
(3)発想、良いです。表現は、〈:桜冷え風除けの夫ゐるベンチ〉も可能です。「桜冷え」という季語が句末であるよりも、私は推します。なぜなら、「冷え」という理屈になってしまう可能性のある語だからです。理屈よりも印象付けたい句であると思いますので、上五に置きたいと考えます。

(1)黒百合や噂のままの片思い  茂(女)
(2)蒲公英の風に乗り切り浮雲へ
 40数年前に北海道で黒百合を道端で発見しましたがとても歌のイメージとちがって ました。少しがっかりしたのですが何時も思い出すので宜しくご指導下さいませ。
(3)早蕨のどっしり大地を踏ん張りぬ
 見たままですがご指導お願い致します。
(4)春の鳥蜜から蜜へせわしなき
(5)薫風や封筒の中ルームキー

 アクロバットのように身体を曲げて蜜を吸っている鳥を句にしました。集会所の鍵を借りに行った時、封筒に入れて手渡され何だか嬉しくなりました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)(4)が良いです。特に(4)が優れています。封筒に入れられているルームキー、それは集会場かもしれないし、ホテルかもしれない、またどこかの空家かもしれない、読者に想像を膨らませる力のある句材です。語らずにして言外に抒情があります。
(3)早蕨、大地踏ん張る、この二つで作られてはいかがでしょうか。「どっしり」が言いすぎていて逆にもったいないのです。春の力強さが魅力の句です。是非ご再考くださいませ。
(5)こちらも「せわしなき」が言い過ぎていますね。
(1)発足、着眼と良いのですが、投句ですと、「片思い」の読みに揺れがでて読者が句意に迷います。
(2)タンポポと浮雲、良い取り合わせだと思います。「の風に乗り切り〜へ」が散漫な表現に感じますので、推敲いたします。また、風に乗る綿毛と限定しても良いでしょう。情景がはっきりします。〈風に乗る蒲公英の絮(わた)浮雲へ〉などが考えられました。

兄の忌の春風の訪ふ座敷かな  さくら(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 良いです。忌日を詠む、特に身近な者の忌日はとても難しいとされています。いやみなく句に仕上げられていると感じました。さりげなく、兄に対する心情が添えられており、それが読者の感動へと繋がっているように思えます。一点、「の」の連続は価値がないでしょう。〈春風の訪ふ座敷兄の忌や〉としてみました。


2008年4月29日

(1)畦道に異人の屈む土筆かな  小口泰與(60代,男)
(2)山独活やランプの宿の露天風呂
(3)花冷えや利根を彩る緑化フェア
(4)榛名峰を雲離れ行く土筆かな
(5)山風の和らぐ校舎春休
(6)花冷えや緑化祭り厩橋

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)良いです。異人という人物がいやみなく描かれていることでしょう。
(2)こちらは、情景の良さが十分に描かれています。句材が多くはありますが、バランスが取れていてそれぞれが生きているでしょう。「や」切れも効果があります。
(3)花冷えと緑化フェアの取り合わせを楽しめました。中七、説明だけでしょうか。
(4)空と土筆、二つの視点にするならば、雲(峰)と土筆をはっきり切れた方が読みやすいでしょう。
(5)山風の吹く春休みの校舎、良い情景です。和らぐ、を読者の読みに任せるほうが広がりが出るかもしれません。例えば〈山風や校舎一棟春休み〉など。
(6)厩橋という地名が効果的でしょう。全て名詞の句ですから、「や」切れは強すぎてしまうかもしれません。「花の冷え」「花冷えの」とすることも可能です。

(1)春霞誰でもいえる台詞吐く  北野元玄(60代,男)
 ヒトの言えないような気の利いた台詞がいえないものかといつも感じます。「3月のホップステップパプアニューギニア」はすごい俳句ですね。3月と3段跳びの数字をあわせて、パプアニューギニアまで跳んでいったとは・・。
(2)我輩の5分の1は朧です
 陽炎を朧に見立てて作句していましたところ、こんな俳句ができました。原句は「我輩の五分の1が陽炎える」です。
(3)花むしろ介護福祉士じゃんけんぽん
 おどろおどろした句を作りたいと思っているのですが、上句のようなごくおとなしい句になってしまいます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)春霞という季語から、中七下五への展開が楽しい句です。それにちょっと考えさせられるような意味深さもありそうですし。拙句を挙げて下さり、ありがとう存じます。自句自解になりますが、そうなのです。春の気分をうんと楽しく思い切り、それも行動で示したかった句なのであります。
(2)僭越ながら、(2)の原句「我輩の五分の1が陽炎える」を頂きたいと思うのです。ウイット、機知にとんだ句で魅力的ですから。自分の一部、それはきっと内面性でしょう、が陽炎になる気分、それがとても印象的です。それに、そんな気持ちに大方の人が経験していそうです。つまり、自分自身があやふやになる瞬間など、、、、。「我輩」という表現も効果的でしょう。
(3)少し平凡でしょうか。

(1)公民館ゴキブリ団子講習会  えんや(60代,男)
(2)翅ひらくごと著莪の花咲き初むる
(3)師病みておらが癒えつつ四月来る
(4)大枝の伐らる老木花万朶

 御多忙のこととは存じますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 毎日が自転車操業かもしれませんが、元気にやっております。特に、4月は初夏の兆しもみえて心が躍ります。
(1)の着眼がとても良いですね。上五に初夏か晩春の季語を入れても良いかもしれません。確かにゴキブリは夏の季語ですが、団子ですし、句をこれから暑くなる季節として強調するのも悪くないと思います。
(2)表現の妙ですね。情景がはっきりと描かれてあります。読者を引き込む表現です。下五の「初むる」が少し気になりました。上五の「ごと」と対応しづらい感を受けましたので。よろしければ、下五の推敲も有効でしょう。
(3)「おらが」に興味を惹かれましたが、上五中七、少々俳句としてはいい過ぎでしょうか。季語「四月来る」はよく合っていると感じました。
(4)大枝、老木、花万朶、句材が重なっているように感じます。少しもったいないですね。

(1)とことっととっととことこ歩き初む春  うき(女)
(2)園うららライオン夫婦餅のやう
(3)きじ鳩と同居するきじ園うらら
(4)見えますか背伸びしてゐる野の菫
(5)魔法解け春の三日月はらはらり

 丁寧な診断ありがとうございます。自分の句がどんな句なのかよくわからなかったのですが...。よろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)擬態語の効果ですね。幼子の歩き初めを詠むのは難しいと思います。それが微笑ましいことはおおいに周知であるのですから。それを、思い切った擬態語で上五中七を占める、大成功です。擬態語も楽しいリズム、音です。
(2)園、ライオン夫婦、餅、と少し句材が散漫でしょうか。
(3)おもしろさは伝わってきましたが、きじ(雉)とうらら、どちらも春の季語ですので推敲の余地があるでしょう。
(4)「背伸びしてゐる野の菫」がとても魅力的です。ですので、上五はそれを生かすような、邪魔しない言葉が良いでしょう。「見えますか」ですと、それ自体も特徴ある表現ですから、読者の印象がまばらになってしまうのではないでしょうか。
(5)こちらも上五中七が印象的で良いです。下五で情景の読みが揺れてしまいそうでもったいない気がいたします。魔法が解けてどうなったか、という結果を想像させる言葉でも良いかと思います。月が昇りきったのでもよいし、雲にかかり出したことでも良いと思います。月がどうなったかで、心情を表すことも可能でしょう。

(1)まだ碇を打たぬ舟を流星に  学(50代,男)
(2)自然薯のこゑをとじこめるさに雲に
(3)千年の一指ししだれ桜かな
(4)涅槃より炎をくわへたる春の夕
(5)きてもみよ大路の空の花霞

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)〈流星や舟まだ碇を打たぬ夜〉などを考えてみました。夜と流星が重なっていはいるのですが、投句、「〜を〜を〜に」と表現が少々くどくなっているようでしたので。流星に舟を、という句意も分かるのですが、流星で切ってしまってもその心情は伝わるように思えましたので。
(2)自然薯の声を閉じ込める、良いです。自然薯という句材ならではでしょう。中七は「こゑとじこめる」で良いでしょう。ただ、自然薯が秋の季語ですので、秋として詠まれることをお勧めいたします。季重なりを許容するには少し難しいかもしれませんから。
(3)千年と桜、常套でしょうか。「一指」という表現は興味を感じました。
(4)句意が少し難しく思えます。涅槃という句材は興味深いのですが、句意の読み取りに差がでそうです。
(5)「きてもみよ」が大成功ですね。せっかくの力強く言葉、漢字表記が良いでしょう。「大路の空」という表現も秀逸です。たっぷりとしたゆたかな土地の春の気配が気持ち良い句です。

(1)うつし世の外になほ降る花の雨  学(50代,男)
(2)大空に馬の尿する野焼かな
(3)楽琵琶の首の木目や鳥雲に
(4)異腹の手を取り合ひて春の泥
(5)さくらちる僧の黒衣にちるぞへな

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)が良いです。琵琶という句材がとても光っています。木目という細やかな視点から、一転、大空。それも雲間に入る鳥。そこに抒情を感じます。ストーリーも感じます。悠久の流れや郷愁、そして個人個人のそれぞれの思い。それらが、春の静かな愁いとともに表されているのではないでしょうか。
(1)表現は美しいですが、句意は少し理屈かもしれません。
(2)おもしろさ、でしょうか。
(4)季語「春の泥」、春泥に救われている句意でしょうか。そうでしたら、「取り合ひて」がなくとも、春泥という季語の持つ本意によって伝わるでしょう。〈異腹の人とそこまで春の土〉などを考えてみました。
(5)墨染めの僧と桜、似合いすぎている光景ですが、平仮名表記や下五など表現の工夫が良さを出しているでしょう。


2008年4月28日

杖振りて闊歩の異人遍路かな  雅(50代,男)
 的確なご診断、いつも勉強させていただいています。「杖振りて」は説明的でしょうか。「小さき杖」に置き換えたほうがよろしいでしょうか。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 いえいえ恐縮でございます。
 投句、そうですね、「振る」という行為に意味を持たせたり、強調させるならば「振りて」でしょう。言外に想像の余地やふくらみをもたせるには「小さき杖」と考えられます。句意は、外人が遍路道を行くのですよね。そうしますと、わざわざ「振る」のもおもしろいかもしれません。闊歩とよく合う気も致しますし。また、〈遍路道闊歩の異人杖短か〉とも考えましたが、少し句材が多くなってしまう感がありますから、杖といく句材を捨て、遍路、異人、闊歩で、異人の様子を思い切り表現されると良いと思えました。

間知(けんち)を積んで残される桜かな  角力(30代,男)
 来年は40歳になります、今よりも一歩踏み込んだ俳句が出来たらいいなぁ(^^)ご教授下さい。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 間知石、石垣などに使われる石のことと解釈しました。せっかくですから、〈間知石積んで残さる桜かな〉ではいかがでしょうか。「残さる」としますと古語文法ではあるのですが。「積んで残れる」ともできます。俳句を始められていかがくらいかは存じ上げませんが、俳句を深めるには、やはり句会や句作を増やすことでしょう。そして、私個人的な経験としては、吟行(一人であっても)が修行になりました。あるとき、突然、自分の句の世界が人々に開けていくことが訪れるようです。自分の構築した句の世界が、読者へと迫っていくのです。抽象的な言い方ですが、きっとそれは、作品が作者の手を離れて、読者のもとへ行ってくれるのではないでしょうか。作品のひとり立ち、ともいえるかも知れません。

(1)春深し絵入りでしるす農日誌  吉井流水(60代,男)
 春爛漫も終って農事が忙しくなる感じが出ていればいいですが・・
(2)池の面のどこまで淡し山躑躅
 山躑躅が淡く映っている光景を詠んだのですが、中七がいまひとつの感じがします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)私も、田圃や畑を身近かに育ちました。春、本当に忙しくなる時期ですよね。水を張り始めた田、早苗の束、そして初夏の陽射しと、一年の恵みが始まる気配があります。投句、季語が効果的でしょう。そこに人間の深い思いも感じられます。中七も楽しいのですが、「しるす」を推敲できるかもしれません。
(2)池の水面につつじが映っている景でしょうか。少々迷いました。

(1)春うららバケツ五杯で犬洗う  岡野直樹(40代,男)
(2)春うららアユという名の犬洗う
 貰いたての犬を洗いました。俳句にできないかなと、思いました。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 着眼の良い句です。春うららという季語も生きています。せっかくですから、「貰いたて」という微笑ましさを出す言葉を使いましょう。〈春うらら洗いやる犬貰いたて〉などではいかがでしょうか。説明しすぎてもつまらなくなるのが俳句ですが、この場合、「貰いたての犬」が「春うらら」とい合わさって、とても幸せで楽しい気分を出すことに成功していますから。

(1)北総や眼下一面梨の花  しんい(女)
(2)弾痕の残る黒門若櫻
 (2)は戊辰戦争で彰義隊が戦った「黒門」、移築され指定文化財に。宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)良いです。下総の別称でもある「北総」を使われたことで雰囲気を出すことに成功しているでしょう。中七、下五と漢字を名詞でまとめたことは、梨の花の広がりを感じさせます。表現の工夫、妙によって句がいきいきとしています。読者はその情景に酔うことでしょう。
(2)「残る」が不要です。「黒門」の周知が少し難しいでしょうか。私としましては、若桜よりも若葉、葉桜が合う気がいたします。


2008年4月27日

(1)郷ちゃんの草餅来る愛媛より  翡翠(かわせみ)(30代,女)
(2)草の餅郷ちゃん愛媛より来る
 父の友人が手作り草餅を持って来てくれました。お母さんが作ったそうです。市販とは違う素朴な味です。そのまんま俳句にしてしまいましたが、こんな感じでもよろしいのでしょうか。(2)は(1)を少し変えてみました。
(3)宮島に神の恵みの汐干貝
(4)厳島神の恵みの潮干貝

 安芸の宮島の、厳島神社周辺は、赤い鳥居の外でないと、潮干狩りが出来ないそうです。神域のものは、採ってはいけないのだとか。歳時記には、汐干貝とありますが、潮干貝は間違いなのでしょうか?足早に過ぎ行く日常に、栞を挟む感覚で俳句を作っていきたいです。皆様の作品と、朝倉先生の御説明は大変勉強になります。ビギナーですが、よろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 『足早に過ぎ行く日常に、栞を挟む感覚で俳句を作っていきたいです。』なんて素敵な表現なのでしょう。是非、その表現力で過ぎ去る一瞬ととどめてくださいませ。コメント、ありがとうございます。お恥ずかしいかぎりです。
(1)(2)、翡翠さんの視点をいかして、〈郷ちゃんは草もちと来る愛媛より〉ではいかがでしょうか。郷ちゃんを知らなくとも、きっといつも草餅をもってきてくれているのだな、その草餅はきっと郷ちゃんらしい(手作りか土地のもの)ものであって、、、と想像が膨らみ、そしておいしそう!そんな気分を読者にあますことなく伝わるのではないでしょうか。偶然でしょうが、「郷ちゃん」という名前も効果を出していますよ。図らずも、郷ちゃん、草餅、愛媛、がぴったり合った取り合わせになっているのです。
(3)(4)、汐干狩りですが、確かに歳時記は「汐」表記で、広辞苑など辞書は「潮」表記です。言葉として間違ってはいないのですが、慣例といったものが季語にはままあります。そのひとつとして解釈されると良いでしょう。例えば、「蝉(せみ)」ですが、俳句の世界では、虫篇に「單」と表記することもそのひとつです。私自身もまだまだ不勉強なのですが、句会や先人の句を読むことによって学んでおります。投句、宮島の汐干狩りという発想に読者は興味をひくでしょう。ただし、神域で鳥居内は採れない、などはきっと知らないでしょうから、少し説明にはなりますが、〈厳島鳥居の外の汐干狩り〉ともできますし、もちろん、〈厳島神の恵みや潮干貝〉でも良いでしょう。

(1)若き日の父母居ます花の下  せいち(60代,男)
(2)歩かせてみたきは枝垂桜かな
(3)余生などない果つるまで花吹雪

 宜しくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)魅力的な句でしょう。若き日の自分ではなく父母、が大変印象的です。中七を整えるならば、「父母おわします(御座します、おはします)」を考えてみました。季語の「花の下」もベストな選択でしょう。
(2)枝垂桜を歩かせてみたいのでしょうか。句意に入り込めないきらいがあるのではないかと感じました。もちろん、発想は独創的で良いのですが。
(3)クールな句ですね。自身をいたぶるような句もひとつの魅力があると思いますが、「果つるまで花吹雪」が少々強すぎるでしょうか。しかしながら、一部ファンのつきそうな句と感じました。

(1)若草や土竜の道のとほまはり  小口泰與(60代,男)
(2)電線に一羽の烏春の雷
(3)牙を剥くチワワの威嚇山笑ふ

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)が昨今の情景らしくおかしみもありよいです。チワワ、確かにそんな犬種のようですし、小さい体と山の対比も効果的です。
(1)とてもあたたかな句です。遠回り、という表現も句に楽しさを出しています。読みやすくまとまっていて伝わる句でよいです。
(2)電線、烏、春雷、と少し句材が多く散漫な感じを受けます。整理されるとよくなるでしょう。

グアバの実や切れば現る梅の花  どんぐり(男)
 季語がなくて、俳句とは呼べないかもしれませんが、よろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 梅の花が季語でしょう。グアバの実が印象的なので、それを生かすことにしますと、季語を差し替えたほうが良いです。例えば、植物ではないものに。おもしろい句材ですので是非ご再考なさって下さいませ。〈グアバの実切れば〜〉と続けてはいかがでしょうか。

(1)種浸け花この家のあるじ帰らざる  豊田ささお(70才以上,男)
 タネツケバナは、この字でよかったでしょうか?標準和名は、カタカナですが俳句の場合、現代俳句でもわざわざ漢字にしているようですが・・・帰らざる、帰らざり、も迷うところです・・ご教示を。
(2)句帖にも花びら散りて迷ひけり
 菜の花2句へのご診断有難うございました。結局椎茸菌の句のほうがましだったようで・・さて、今回もよろしく・・・
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)講談社の日本大歳時記と広辞苑では「種漬(け)花」となっておりますね。投句、良いです。中七は「屋敷のあるじ」もしくは「この家の主(ぬし)」としますと収まりは良くなります。「帰らざり」ですと終止形で、言葉のとおり、帰っていない状態そのものです。連体形「帰らざる」ですと、少し余韻を持たせることができるようです。あとに、文が続いていくという解釈ですね。選択は個人の好みや、その句の調子、口調にもよるでしょう。投句、私は「帰らざる」です。句意も少し和らぐからです。
(2)句帖に花びら、でいかがでしょうか。「散りて」と「も」が不用でしょう。


2008年4月26日

(1)新緑やドーナツの穴大き目に  茂(女)
(2)お揃いのエプロン講師花みずき
(3)花筵にきびの跡に紅をさす

 桜も散り始めました。宜しくご指導下さいませ。
(4)砂山のとんねる崩れふらここへ
 公園は夕方まで子供の歓声が聞こえるようになりました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)(2)、とても良いですね。新緑や花みずきの、初夏の空気が大変よく伝わってきます。また、発想も優れていますし、オリジナルなものでしょう。
(1)何かの穴、という句材は決して例句がないわけではありませんが、大きめに作るという作為は独創的です。
(2)エプロンまでが花みずき模様、と思わせる表現のおもしろさがあります。気になることは、講師同士がおそろいのエプロンでしょうか。ふと、生徒(作者)と講師がおそろいなのかとも。その点だけ推敲できると良いでしょう。
(3)花筏と、中七下五の情景、無理はないでしょうか。
(4)良い情景ですが、少々句材が多いでしょうか。砂山、トンネル、ふらここ、一つ減らしてみても良いでしょう。

久々に打つ銭太鼓春惜しむ  悠(70才以上,女)
 何時もありがとうございます。よろしくおねがいします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 銭太鼓と惜春、とても良い取り合わせです。残念なのは、「久々に打つ」です。句の背景はよく伝わるのですが、説明が明らか過ぎて、句意の魅力を半減させてしまいます。せっかくの取り合わせ、句意を生かすのは、表現力、表現の工夫でしょう。もし、私であれば、銭太鼓自身が久しぶりに打たれて、使われてうれしい、といったような様を描きたいと感じました。

(1)行く春や鍬の握りの艶としみ  だい(60代,男)
(2)春の虹警笛長く棺の出づ
(3)山門を一直線のつばめかな

 先般は、励ましの診断ありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)山門とつばめが良いです。勢いのある様がより出ている感じがいたします。山門のもつ大きさゆえでしょう。あえていうならば、中七がやや当たり前すぎるでしょうか。もちろん勢いはある言葉なのですが、推敲の余地があるかもしれません。
(1)〈行く春や鍬の柄にある艶と染み〉ではいかがでしょうか。歴史の中の慕情や愛惜の情を感じます。
(2)季語が効果的な句です。

(1)残雪のひかる安達太良青き襞  しんい(女)
(2)残雪や安達太良青き襞を見せ
 宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 私の勉強不足かもしれないのですが、「青き襞」とは春の緑の山肌のことでよろしいのでしょうか。もし、そうであるならば、緑、もしくは蒼、碧、といった漢字が良いように思えます。植物の色を彷彿とさせますから。それにしましても、二句とも安達太良山らしい句です。福島県民も、安達太良山も、うれしくなることでしょう。

(1)大試験子等それぞれの春を待つ  山本葆博(70才以上,男)
(2)長閑なる佐保の川辺をあゆみかな
(3)春鹿や若草山を逍遥す
(4)糟糠の妻在りてまた桜かな
(5)明けの鐘花散りそむる招提寺

ドクター朝倉の診断と処方箋
(4)(5)が良いです。
(4)「また」がこの句を成功ささせていることでしょう。これまで、何年、いえ年十年と桜の季節をともに過ごしてきたことが、ごく日常的なレベルで伝わってくるからです。一方では、「糟糠」という古風な堅い言葉、そのバランスも楽しく読めました。
(5)鐘の音を合図に散り始める桜、なんて情緒的なのでしょう。そこに、桜の感情を、つまりは作者や読者の感情も含まれているでしょう。
(1)当たり前の句意になってしまったでしょうか。
(2)「あゆみかな」が平凡でしょう。
(3)春鹿の逍遥はとても良いのですが、若草山が付きすぎました。

(1)桜餅江戸のかほりや長命寺  栗太郎(60代,男)
(2)灘酒を酌みて神戸の花見かな
 今年の桜はとても勢いがあるように見えますね。昔東京の隅田川でした花見を思い出します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)挨拶句として良いですね。神戸、灘は、特に銘酒の地ですから。
(1)関西は道明寺の桜餅、関東は長命寺で売り出した薄焼き地の巻きタイプですよね。(昨今はクレープタイプなどというようですが、やはり長命寺型といいたいものですよね。)楽しく読ませていただきました。欲を言えば、もう一歩、ウイット、おかしみがあると良いな、と感じました。

(1)風光る少年立ちこぎふくらはぎ  うき(女)
(2)ほおづえといふ春愁のかたちかな
 よろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)〈風光る少年立ちこぐふくらはぎ〉でいかがでしょうか。初夏に近い春の日、風と少年と自転車。最高ですね。また、「少女」であったらでどうかしら、などとも考えたり致しました。何にいたしましても、「ふくらはぎ」とはっきりと視点を置き、思い切って身体の一部分にしたことが大成功です。
(2)気分は大変伝わります。しかしながら、ちょっと説明しすぎた句になっているでそう。例えば、〈ほほづゑは何かのかたち春うれひ〉などとも可能です。少しだけぼかす、つまり読者に預ける、読者の想像に任せる部分を作ることも、魅力的な俳句になる要素です。読者が想像で楽しむことができ、世界が広がる句なのですから。


2008年4月25日

(1)岩の上のケータイ二つ磯遊び  文の子(60代,男)
(2)尺開けて座れるふたりリラの花
(3)クラシック聞こえくる街バラの花

 宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)が良いです。現代という時代と、時代を超えても変わらない「磯遊び」。その取り合わせがとても自然でいて気分を明るくさせる力をもっています。それがこの句の魅力であります。上五「岩上の」でも可能ではあります。
(2)上五の表現がおもしろく感じました。リラの花とのバランスも良いですね。表現によって句意が引き立つ句です。
(3)少し説明になっているでしょうか。表現にもう一歩工夫があると雰囲気の良い句になるでしょう。

4Bのデッサン花の吉野山  涼(男)
 宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 少々、付きすぎましたでしょうか。4B、デッサンの王道ですね。「花の吉野山」、画材の王道ですね。

(1)午前2時厠から見し雪柳  さくら(女)
(2)花筏わらべ心が捨てきれず
 宜しく御願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)、「厠」、いかがでしょうか。読者の好みの分かれるところかもしれません。午前二時の雪柳は文句なしに素晴らしいです。本当の夜、真夜中の暗さと静けさ、そこに真っ白な雪柳、そして震えるように何か気配があるような雪柳、絶妙です。「厠」という古風な表現は良い工夫と感じますが、厠のほかに何かあるかもしれません。
(2)中七下五、少々言い過ぎてしまったでしょうか。残念。花筏をみて思い出す心境の着眼は良いです。

(1)登り来て土筆の村に着きにけり  岡野直樹(40代,男)
 小人の村のように感じたのですが。よろしくお願いします。
(2)春の湖角をまわれば外輪船
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)「土筆の村」、素敵な(あまり「素敵」という語を使わないようにはしているのですが)表現ですね。そこに着いた、という具体的な行為も句意を伝えやすくしているでしょう。「登り来て」は、「着きにけり」と合わさりますと、説明しすぎてしまうので、再考されても良いでしょう。
(2)とても良い雰囲気、情景の句と受け取りました。しかしながら、表現に迷いがでてしまう点があります。「角をまわれば」は何なのでしょうか。湖周りを車で?それとも船に?外輪船をどこから見ている作者なのでしょう。せっかくの句材、外輪船です。是非、湖の光景を明確に伝え、多くの読者に、その雰囲気の良さをお伝え下さいませ。

(1)緑立つ富士をそびらに木遣唄  しんい(女)
 季語「若緑」ですと上と下が名詞になるので、傍題から「緑立つ」としましたが、富士にかかってしまいますか?
(2)真向ひに日の沈みゆく春の海
(3)げんげ田やむらさきの風ふかかりし

 いつもお世話様になりまして有難うございます。ご指導頂いた二句ですが、「じんわりと日の沈みゆく春の海」→「真向ひ・・・」、「げんげ田やむらさきの風あふれゐて」→「・・・ふかかりし」と少し変えてみたのですが・・・。宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)おっしゃるとおり、上五は「緑立つ」がベストだと考えます。「富士をそびらに」も良い表現です。広大に広がる大自然を感じさせます。「木遣唄」という土着のものを実にお上手に使われておられます。「緑立つ」という季語も、若緑よりもより力強く、今、今日、という日を感じさせ、大成功です。
(2)「真向ひ」が効果的ですね。ただ、「沈みゆく」が少しだけ蛇足な感じを与えるでしょうか。
(3)「ふかかりし」も良いですね。色とその春風の暖かさを感じさせます。

(1)信号の赤際立てり夏に入る  文の子(60代,男)
(2)魁夷展出でて立夏の白き道
(3)花空をうづめつ路を人うづめ
(4)卓の薔薇漢字連なる訓示にて
(5)とりどりのカクテル酌める春灯

 中7を連体形にしました。酌みし、酌むや、酌めりのどれも今一つと思え、掲句になりました。如何でしょうか。
(6)老木の花は新し入社式
 4/9のご診断有難うございました。「春暁や桜島なほ闇の中」を心象句と読んで頂き満足です。今篤姫が放送されていますが、明治維新前を夜明け前として詠みました。掲句は如何でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)(5)(6)が良いです。
(2)立夏らしい一日が大変気持ちよく、また分かりやすく伝わってきます。魁夷展という固有名詞、その選択が大成功です。姓名の名だけで通じる著名性、そしてその画風。句のなかで立夏とともに良いバランスで生きています。「立夏の白き道」ではなく「立夏の道をゆく(行く)」で良いかもしれません。
(5)カクテルと春灯がぴったりですね。どちらも少しロマンテイックな風情がありますし、楽しさもあります。「とりどり」の評価は迷いましたが、カクテルを飲む春灯なら許される気がいたしました。どちらかといいますと、「酌める」は推敲の余地があるようにも思えます。
(6)句材と発想が良いのですが、表現が少し散漫な点が残念でした。
(1)整った句でよいと思うのですが、信号機の色と夏は時々見かける句材なのです。少々類句の感がぬぐえなかもしれません。
(3)桜と人と道も、句材としてはよくあるパターンでしょう。
(4)興味ひかれる句でしたが、訓示などの句意に迷いました。


2008年4月24日

(1)亡き西施がためのしだれ桜かな  学(50代,男)
(2)一門を巡りし堀や花いかだ
(3)地車を曳ひて手打ちや初鰹

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いです。桜のお城(城跡)、ゆったりとしたお堀の光景が目に浮かびます。巡る花筏、というところので情緒がよく出ているでしょう。
(1)言葉の表現を美しく感じました。古語文法の整い方も優れています。
(3)「手打ち」の解釈に迷いました。初鰹ですから、生き生きとした情景を思うのですが。

(1)海青く桜の花の風に舞う  どんぐり(男)
(2)花吹雪青き海へと舞い落ちる
(1)は、海青く桜の花が風に舞う、のほうがいいのか迷います。ご指導を宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)そうですね、「が」という助詞は、濁音ですしあまり好まれない風潮もあります。「の」にしますと連続しますね。あえて連続を狙う句もありますが。 投句、「花の」をとってしまう、という方法もあります。〈海青し風に桜の舞い落ちる〉。または、「桜東風(さくらこち)」という季語も使えそうです。海が青いことと、桜の花びらとを対比させるため、「海青し」と切ってみました。
(2)こちらも、海の青さと桜吹雪の様との対比ですね。せっかくですから、思い切り対比させて、お互いの魅力を十二分に出し、印象強くいたしましょう。〈青き海桜吹雪を待っており〉、海までが桜を待つ気持ちと、色の対比をはっきりさせる意図ですが、いかがでしょうか。

(1)春霞帯引きしよう何処9までも  豊純(70才以上,女)
(2)そよ風と楽しげにいる菫草
(3)今日こそはパット開いたチユリップ
(4)客を呼ぶ茶屋の店先桜餅
(5)春の空入れ歯はずして飴舐める

 五句送ります。宜しくご診断ください。お願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(5)をおもしろく読みました。「入れ歯」ですから、少々強烈な句材で読者の好みはあるでしょうが、「春の空」「飴舐める」ですから、楽しく読めるのではないでしょうか。下五を飴の固有名詞などにしても良いかもしれません。楽しさに具体性がでて、愉快さ倍増でしょう。
(4)良い情景です。客を呼ぶ様子をもう少し、具体的だとより、春の魅力ある風景が伝わるでしょう。
(1)帯引き、古風な遊びをいきいきと描くには、季語「春霞」でない方が良いかもしれません。春霞でも似合うってはいるのですが、意外性や、帯引きのあたらしい魅力はでてきませんね。
(2)(3)、季節感は伝わってくるのですが、説明しすぎているようです。


2008年4月23日

錆付いて空き缶一つ春を待つ  えいこ(女)
 丁寧なクリニック診断、楽しみに読ませて頂いてます。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 良いです。春というものは、もちろん希望にみちた季節であるのですが、掘り下げていくと、希望とともに、哀しみも内在されている季節です。出会いと別れの季節であることももちろんですが、だれもが満ち満ちた心持ちであるわけではない、という人生の苦味でしょう。(弱冠三十代のたわごとですが)その、憂いというものが、投句、素晴らしく表現されていると思えます。しかしながら、やはり「春を待つ」のだ、という前向きな姿勢も忘れてはいません。春そのものの深みを感じる一句でした。 (上五「錆付いた」ではいかがでしょうか。どちらでも、空き缶への作者、読者の投影は可能だと思えます。)

(1)強東風やダイヤ乱るる路線あり  岬(60代,女)
(2)強東風や徐行運転続きをり
 気候のいい4月にも突然強風が吹きダイヤの乱れを句にしました。添削お願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 二句拝見いたしました。春東風、ですね。「強」をいわずしてダイヤの乱れる様を詠めると、魅力がいっそう膨らみます。言外の魅力です。「春疾風」なども使える季語でしょう。 春の強風ならではの句で、季節感がおおいに感じられます。

彼方此方の桜に出会うタウンバス  草子(60代,女)
 花びらが土に還りV字の蕊だけがしばらく残っていますが何か心惹かれます。ご教示をよろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 何か具体的なバスの名前はどうでしょう。路線名でも良いですよね。 固有名詞が、句の世界を具体的にし、現実感を与え、読者が世界へ入る手助けになるでしょう。市内の循環バスらしい楽しさが出ています。

(1)初つばめよくぞ来日こんにちは  春雪(70才以上,男)
 一昨日、淡路島で今年初めての燕をみました。渡り鳥の壮大な映画を思い出し、歓迎の一句です。
(2)むくむくと睡蓮目覚む池の中
 我が家の池の睡蓮が新しく芽吹き出し、水面をめざして成長しています。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)気分のよくなる楽しい句です。「よくぞ」と「こんにちは」、どちらも口語の勢いが魅力になっています。ただ、読者の好みはありますね。
(2)ご自宅に睡蓮のお池、なんて素敵なのでしょう。私は個人的にとても睡蓮が好きで、船団代表の坪内稔典氏の〈睡蓮にちょっと寄りましょキスしましょ〉が愛唱句のひとつです。投句、「むくむくと」が少々微妙ですね。あえて、わかりやすく様態を形容する魅力か、睡蓮の目覚める様子を暗に表す表現にするか。例えば〈音もなく睡蓮たちの目覚む池〉とも考えてみました。

(1)白兎跳ねるがごとく卯浪立ち  丸山俊郎(50代,男)
(2)しずしずと蝶の亡骸蟻運ぶ
(3)十薬のクルスの墓に添いて咲き

 散歩道にて。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)(3)、ともに比喩が非常に優れています。また(1)は「ごとく」と直喩ですが、(3)は「クルス」と花弁そのものが言い換えられています。その表現の技法にも優れたものをかんじました。
(1)動詞を減らして、下五を「大卯浪」、「皐月浪」また「卯浪さ浪」という表現も可能です。
(3)こちらは助詞が大めでしょう。「の」「の」「に」「(添い)て」、再考の余地がありそうです。
(2)「しずしずと」が難しいところでしょうか。あえて言うことの魅力と蛇足。読者の判断に差が出そうですが、「しずしず」という言葉の持つ語感に救われているでしょう。

(1)長閑けしや赤子の足のよく喋る  草子(60代,女)
(2)花曇揃はぬ歩み階下より
(3)散る梅に又一陣の風過ぎぬ

 足音の主は高齢の姑です。句にのせる作業をしているうちに心は開放的になっていきます。また、Dr.の丁寧なご診断が私の健康?に欠かせません。今日もよろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 いえいえもったいないお言葉、でも、確かに俳句が自分や誰かを元気にするということは、私の望みでもあり目標でもあります。
(2)下五、「聞いてをり」ではいかがでしょうか。聞くということで、姿ではなく音を感じさせます。また、花曇が大変似合っております。実景がもとであることの強みが、うまく句として成り立った句です。
(1)赤ちゃんの足が元気であり、まるで意志を伝えているようである、ということでしょうか。感覚的にそう読めました。「長閑けし」と「喋る」、どうでしょうか。「や」切れの強さもあわせて、少々アンバランスな感を受けました。
(3)「散る梅に又一陣の風」、良いです。情景がありありと見え、勢いも感じさせます。それゆえに、「過ぎぬ」がもったいないです。中七の「又」も取り除きますと五文字余裕ができます。是非、ご推敲をお勧めいたします。


2008年4月22日

(1)北窓をあけて恐竜友の会  北野元玄(60代,男)
 北窓をあけて(閉めて)はとても便利な季語ですが、上句もう一ひねり欲しいところだと感じています。
(2)たんぽぽが書いた判読不能の字
 作者の私の感性の若さが問われる・・・?つくづくしの読み、有難うございました。案山子はかかし、土筆はつくつくし、etc. と、にごりたくないというつまらぬこだわりがあるようです。 (3)積薪の嘆聞けわれも樟落ち葉
 定年等で職を離れる方々に贈らせていただきたいような句ができました。普段と違って文語調ですが。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)大変良いです。恐竜友の会、句材としてとても魅力的です。「北窓をあけて」、言われてみれば何かひねりがあっても良いとは思われますが、あえて、素直な季語であるほど、「恐竜友の会」が大きく生きてきます。まさに、北窓から恐竜が顔を出しそうな、北窓を開けると恐竜がいそうな、そんなありえないけれども、壮大でユニークな想像さえふくらみます。私はこのような俳句も、ひとつの世界を魅力的に伝える句として評価したいのです。春という季節と恐竜も、よく似合っています。
(2)濁音ではなく清音にこだわる、よくわかります。また、古典の時代には清音であった可能性もありますから。投句、たんぽぽの擬人化、もしくはたんぽぽへの例え、どうでしょうか。読者がその感覚に付いていければ共感を得ることでしょう。「たんぽぽが」は「たんぽぽの」も可能です。「の」が連続しますが。
(3)王積薪(と受け取りました)と樟落ち葉、合っているのではないでしょうか。「われも」と書かれているわりには暗さを感じません。樟の持つイメージでしょうか。豊かな樹木ですから。

(1)花曇り大師池さへ眠そうな  豊田ささお(70才以上,男)
 「さへ」「さえ」どちらがいいのでしょう?
(2)白象の児らに曳かるる花祭り
 「花馬酔木・・」へのご診断有難うございました。少し判ったような気になりました。今日が花祭りですが、曇り空です。昔の花祭り風景を、思い出しそのまんまですが、その子らが、今親世代で、花祭りの世話もできないほど忙しいのですね。
(3)千年の池千年の花の雨
 どこかで聞いたような句かもしれませんが、思い当たりませんので、ま、いいかと・・エイヤ・・で出します。実景から思いつくまま・・おゆるしください。(前に一回類句でしっぱいしていますのに)懲りない私です。 ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)「さへ」の表記は、現代では古語文法に則った仮名遣いの場合に書きます。そうなさいますと、一句すべてを統一しないといけませんので、下五は「眠さうな」となります。現代の俳句界では、古語文法(歴史的仮名遣い)か口語文法(現代仮名遣い)のどちらかにご自分の立場を決めてそれを通すことが通例です。中には文語文法で表記だけは現代的仮名遣い、という場合もあります。(例えば、「草もち食べており」の「をり」ですね。)しかしながら、口語文法でも、「私は」や「学校へ」の助詞「は」「へ」は古典から変わりませんから、混乱しそうですな現状ですね。投句、大師池の擬人化が、ゆったりとした鷹揚なさまをかもしだしていることでしょう。 実在の池が、読者にいきいきと伝わるでしょう。
(2)まさに、花祭り、お釈迦様のお祝いらしい句です。健康的でもあります。
(3)そうですね、「千年の〜」というフレーズ、リフレイン(繰り返し)はままありそうです。千年の池という形容は、(1)と同じく悠久の流れを感じさせ魅力的ですが。

(1)狭くとも一緒が好きよ春の宵  春雪(70才以上,男)
(2)起き抜けに大嘘一発四月馬鹿
ドクター朝倉の診断と処方箋
 (2)愉快です。愉快さやおもしろさを詠む句は、徹底してそれを押し出す表現が効果的と考えております。例えば、大嘘一発をいう人物像にもおもしろさを具体的に描くなど、です。確かに起き抜けも楽しいですが、一案として「好々爺大嘘一発」。ちょっとふざけていると感じられるかもしれませんが、私は、洒落た素敵なおじいさん像を思います。大嘘をいうその場面が、力強く迫ってくると、句の魅力が倍増するでしょう。
(1)こちらも、上記で述べたことと重なります。どこでどんな風に狭さを楽しんでいるのか、人物でしょうが、猫に置き換えても微笑ましく読ませていただきました。もう少々、具体的にすることで、句の情景、場面がよく見えてきます。これもまた、私の一例ですが、下五を「春の箱」としますと猫の連想、「春の家」としますと、新居の若夫婦かな、とも。
 二句とも、たいへん明るく、若々しさを感じました。

(1)連翹に色戻り来る風の止み  草子(60代,女)
(2)春ナノニ有刺鉄線メク公孫樹
(3)幹からめ紅白とけあふしだれ桃

 3)の中八を修正できず悩みました。目に焼きついた美しさに心が執着し過ぎているのですね。(1)(2)は稚拙ながら推敲しましたが(3)はここでフリーズ状態です。アドバイスのほどよろしくお願いいたします。 ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)そうですね、おっしゃるとおり、対象を一度離してみる、日を改めて推敲する、などが効果的なことがあります。もしくは、比喩表現、何かのようだと例えてみることも一法です。〈枝垂れ桃〜〉と上五を季語にしてはいかがでしょうか。 (2)おもしろく読みました。漢字とカナカタの持つ硬い雰囲気が伝わってきて、皮肉が利いているでしょう。読者に好みはあるでしょうが。
(1)中七は「色」で切れるかどうかが揺れています。「連翹の色」と「風」という二つに、焦点をはっきりと絞った表現をしますと、連翹も風もいきてきて、読者も迷いません。ちょうど七音ですので「連翹の色」は中七に使えそうです。まさに、連翹満開のころは、春風が豊かですもの。

(1)三角のボールペン選る春麗  茂(女)
(2)花蕊や三角屋根の家ばかり 
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)ボールペンを選る、という行為がとても良いです。日常の本当になんでもない楽しみ、決してわびしさを伴うものではなく、心がうきうきするような喜びさえあるようです。私としましては、「三色の」でも心躍るような雰囲気が出そうです。うららかな春をよりうららかにする句です。
(2)こちらは取り合わせの楽しさでしょう。どちらも鋭角にちかい形容、それが楽しさでしょう。

(1)漢来る花屑一つ頂いて  せいち(60代,男)
(2)花筵そんはに飲んだ覚えなし
(3)花筵隣にサザエさん一家

 どの句も平凡な気もしますが、宜しくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 (1)が良いですね。出来すぎた風景のようですはありますが、桜なので許されるのではないでしょうか。「漢」の表記もおもしろいですね。
(2)遅れてきた客への挨拶句になりますね。
(3)いったいどんな一家なのでしょうか。楽しそうでもありますが、疑問も残ります。想像だけで楽しむ方法もありますが、もう少々、具体性がある方が、読者の想像の手助けになるでしょう。


2008年4月21日

(1)願立ての友とゆくなり薬狩  しんい(女)
(2)雉鳩や片栗の咲く山斜面
(3)げんげ田やむらさきの風ふかかりき

 (3)は4/6のご指導で、下五「あふれゐて」が安易だと・・・。「ふかかりき」としても大差ないでしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)とても良いですね。「深い」という言葉のもつ、豊かさが効果を出しました。「ふかかりし」と体言止で余情をもたせても良いかとも思いますが、個人の好みによるでしょう。昨今、めっきり減ったげんげ田、このように句になるといっそう思いが募ります。
(1)「薬狩」という古風な季語。情景はよく見えてきますが、もうひとつ何かが欲しく感じました。
(2)片栗と山斜面、雉鳩との取り合わせに特徴がないようです。

雲と来て遊ばないかと言うてをる  遅足(60代,男)
 診断ありがとうございます。これは、空を見ていたら、ふっと浮かんだフレーズです。自分では分からない句です。伝わるものがあるでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 「雲と」ですから、雲と誰かの問いかけでしょうか。それはそれで楽しい句でしょう。「雲の来て」ですと雲だけが誘う句意になります。下五が少々冗長な感じをも与えそうですが、あえて言う、という効果もあるでしょう。無季ですから、季語とともに再考してもよいかもしれません。伝わるものはおおいにありました。それほどに、春の空は魅力的ですね。

(1)ゆるやかな見通し春の坂がすき  うき(女)
(2)犬ひいてくちぶえかなで春の月
(3)春うれひ顔あらふとき袖ぬれる
(4)行き先は大宮公園花の待つ

 よろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)ゆるやかな見通しの春の坂、とても良いです。それだけで、十分その坂が好ましいことが伝わります。あとは読者にゆだねましょう。「好き」を除き、<ゆるやかに見通せる坂春の雲>など。下五はお好みのものを。春の雲ですと、司馬遼太郎の『坂の上の雲』を連想してしまいますね。
(2)こちらも、「ひいて」という説明を除き、〈飼い犬と口笛吹いて春の月〉ではいかがでしょうか。
(3)袖が濡れても、冬ほどはうっとおしくないという春の季節感が感じられ、その点が良いです。表現に散漫さがあるようなので、推敲の余地があるでしょう。
(4)平凡になってしまったでしょうか。

遠山に綿毛のごとし朝桜  翡翠(かわせみ)(30代,女)
 はじめまして、俳句初心者です。季語の本を買い、ちょっとずつ季語を勉強しています。電車の車窓から眺めた歌です。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 是非、すばらしい翡翠さんらしい世界を築いていってくださいませ。
 投句、朝桜という季語に揺れを感じます。基本としましては、朝、露をのびて咲いた桜を指します。もちろん、季語の解釈も何通りかありますので、投句の使い方を否定するのではありませんが、「霞桜」や「花の雲」といった季語もあります。せっかくの投句に、楽しくない話題で恐縮ですが、豊かな世界を句作し、読者に伝えるには、共通通念を無視すると不利になるのです。俳句の通念は、季語ですよね。電車から遠景の桜に惹かれる感性、俳句としてお待ちしております。

(1) 笑う山 供に登りて 夢を見ん  浅葉洋(70才以上,男)
(2) 桜満ち あとの命は 風まかせ
 朝倉先生何時も愚作で申し訳ありません。今年の春は、桜初め春の花が一段と美しく感じます。そんな情景を詠んだ積りですが、ご高評をお願いです。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 本当におっしゃるとおりです。花、花、花、どの花も春の陽射し、暖かさ、風の柔らかさを待っていたようです。
(1)(2)ともに前向きな心情が伝わってきました。こんなに気持ちの良い春ならば、このような句もありえるのだ、と思えました。
(1)は「山笑う」が切れ方も良いですし、句意も変わりません。
(2)は、逆に「桜満開」など、名詞で切れるか終止形が良いでしょう。あとの命がより生きてきます。

(1)三寸の芽生えにも花満開す  文の子(60代,男)
(2)船べりを白波陸(おか)の花揺るる
(3)けさよりは経路変更はなの道

 3/29もご診断有難うございました。中7を「し」で切ることについてよく判りました。桜は先週一気に満開になり、週末を楽しむことが出来ました。
(4)人みちを埋めし花の空うづめ
(5)古木とて花新しく人もまた

 今日入社式を行いました。
(6)遠足の列伸びちぢみ手風琴
 宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 今年の桜は本当に見事でしたね。色もさることながら、そのふんわりとした量感もまた。
 投句、六句拝見いたしました。(6)に魅力を感じました。遠足ですから、きっと小学生か幼稚園児。その子たちの列が広がったり詰まったり、と、なんて楽しい光景なのでしょう。お喋りに夢中になる子、一心不乱に歩く子、一人道草をしてしまう子、などなど、春の遠足らしい、こどもらしい明るさに溢れています。下五の手風琴、工夫なさったとは存知ますが、他のものでもあっさりと仕上がってよいかもしれません。何しろ遠足の光景が素晴らしいのですから。
(5)こちらは、古木と新人との取り合わせに妙があります。表現も「新しく」が古木にも人にもかかり効いています。
(4)こちらの対比の表現、よく仕上がっていると思いますが、少々整いすぎたかもしれません。つまり、理屈っぽくなってしまってはいなしでしょうか。俗にいう、理が勝つ、という場合です。
(3)とても気持ちの良い句です。こんな風に経路、道行を変更したいものです。
(2)色と動き(波と花)をおおいに感じさせる句です。
(1)理屈と説明の句になっているでしょうか。


2008年4月20日

雪柳 ポストへ春を 入れに来る  ぽぽくらぶ(男)
 季語と季節そのものが重なっては駄目ですか?
ドクター朝倉の診断と処方箋
 そうですね。全てがだめというわけではありませんが、もったいない場合が多いのです。例えば、投句、せっかく春を投函するという優れた発想が、弱くなってしまいます。上五、季をもたない植物、または地名、人物などで補ってみてはいかがでしょうか。もうひとつ魅力溢れる可能性もあります。ポストへ入れた春は全国に届けられているのでしょうか。楽しみな春ですよね。

のんびりと夕餉の仕度暮遅し  岬(60代,女)
 日が長くなって余り早く夕食の仕度をすることもなく気持が楽になりました。歓声の響く広場や春休み 近くの公園では日が暮れるまで子供達が遊んでいます。のんびりした春の一日を詠みました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 春の日永のふとした日常の感性が大変生きています。「のんびり」と「暮遅し」、「のどけしや」で賄えないでしょうか。<のどけしや夕餉の支度手付かずに>など。是非、ご推敲下さいませ。日麗ら、うらうら、なども良いかもしれません。

(1)花の下餡蜜のみつうすかりき  豊田ささお(70才以上,男)
 ソメイヨシノが満開です。山桜は早いのが咲き初めました。昨今花見で大騒ぎというのが減ってきたようですね。いいことだとは思いますが、あんみつはどうでしょう?
(2)キタテハや、金比羅山に日が沈む
 冬を乗り切ったタテハでしょうが、不意に現れては消えて、なかなか追っかけにくいものでした。そのうち日が暮れたというお話です。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)とても良いです。表記は好みもありますが、「あんみつの蜜うすかりき」ではいかがでしょうか。餡蜜の蜜の薄さへの着眼、秀逸です。「花の下」には何でも合うようで、実は大変難しいのです。常套、当たり前、平凡となってしまいがちですから。厳密にいえば、餡蜜は夏の季語なのですが、花の下で、実際に食すであろうと考えられますので、許容としました。桜満開の日中は、汗ばむくらいの陽気でもありますから。
(2)キタテハ蝶である必然はどうでしょうか。中七下五への転換は優れていますが。上五、推敲の余地がありそうです。

(1)春の朝時計の針が止まりそう  ポリ(50代,女)
(2)クロッカス空の青さを眺めてる
 「春彼岸」納得です。アドバイスありがとうございます。〈クロッカス空全体を眺めてる〉は少し直してみました。どうぞよろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)良いです。クロッカスもまた色のはっきりした花。花も何かしら思考しているような気配もあります。青を眺めて何を思うのか、と読者に想像を働かせる魅力があります。それでいて、気分は良い句なのです。
(1)春の朝、時計の電池切れか、という情景、良いです。春の朝だからこそ、という気がいたします。夏ですとうっとうしいですし、秋も悪くないですが、やはり春の明るさがある方が良いでしょう、冬は寒くてそれどころじゃありませんよね。中七の「が」が気になります。「の」にしますと「の」の連続になりますから、考えどころですね。拙句で恐縮ですが、〈良夜かな換え時の掛け時計〉を句集に収めました。

(1)意味のない会議は辞めて四月馬鹿  高雪(40代,男)
 最近転職しました。
(2)囀りやトレーラーにて出荷せり
 働いていて浮かんだ一句です。よろしくおねがいします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いです。トレーラーという句材が大変生きていますし、俳句では目新しい言葉でしょう。囀りという空や空間いっぱいに広がっているであろう景とトレーラーの大きさ、なんとも雄大な広がりや春の力強さを感じます。出荷という生産性のあるプラスの行為もよいですね。
(1)四月馬鹿、やはり世間や社会、職場批判の句が多くなるようです。分かる気はいたしますが。〈転職は本当の話四月馬鹿〉と思い切り素直に詠むのもひとつです。


2008年4月19日

(1)地震ありしテレビの字幕春の宵  悠(70才以上,女)
(2)花吹雪シルバーバスも途中下車
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)春の宵のあやうさが伝わってきます。(ただ、地震は読者によってはナイーブな問題を含んでいます。)テレビの字幕という着眼も効いているでしょう。
(2)バスの中の乗客が途中下車をするのか、バス自身、一時停車をして楽しむのか、迷わない表現がベターでしょう。それとも、パスのパは『ぱぴぷぺぽ』のパでしょうか。それならば、「シルバーパスにて」をお勧めいたします。

(1)桜さくらこれ私の顔なのよ  涼(男)
(2)散りぎわを囁き会ふて桜蘂
 宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いです。涼さんの本領発揮、という感を受けました。桜蘂でなければこの句は成り立たなかったでしょうし、魅力も半減したことでしょう。(下五は「囁き合う」が良いのではないでしょうか。)
(1)試みは評価できると思います。しかしながら、読者の共感とは別のことで。句意が受け取りにくいという点も弱点でしょう。

(1)初夢や萎えし妻の右手に愛の文字  ねぎよしこ
(2)渇水期トイレの水の行方かな
 すいません、2句お願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)せつなさいっぱいの句ですね。投句の初夢は立春前日の夢を指していると受け取りました。どこかはかないイメージもある季語だからこその句と思えます。
(2)一転、風刺のような句です。近年、渇水対策が話題です。時事句ともいえるでしょう。

(1)近道の馬酔木や花の溢れをり  草子(60代,女)
(2)花馬酔木溢れてをりぬ黒き塀
(3)花馬酔木呼び止められし坂の道

 いつも丁寧な診断をありがとうございます。「近道は馬酔木溢るる板の塀」を推敲してみました。大きな馬酔木の花と古い黒塀に心惹かれたので分けて(1)(2)としてみましたが平凡に??近道が坂道になりましたが(3)は如何でしょうか?
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)坂道、とても良いですね。春は坂道が似合う季節という気がいたしますし、呼び止められている光景も大変魅力的です。なぜなら、私だって、読者だって、馬酔木の花咲く坂道で呼び止められたいですもの。光景と情緒、どちらも十二分に豊かな一句です。中七の「し」がきつければ、「て」でも可能だと思います。
(1)(2)どちらもそれぞれに良いです。ただ、(1)の「や」切れの位置は適当ではないかもしれません。あとに続く「花」も馬酔木ですから。近道、馬酔木の花、溢れる、はベストの選択です。
(2)言葉も表現も美しく整っています。花の色は、赤紫と白と両方ありますが、どちらにしても、黒との対比、コントラストもお見事です。

(1)袖に落つ花びらそっと掌  茂(女)
(2)又溜まる修了証書花落輝
(3)かたかごやサタンもそばにいる気配
(4)口ずさむユーモレスクに土手の春

 春になると必ずユーモレスクを思い出します。付き過ぎかも知れませんが宜しくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(4)ユーモレスク、春の土手と大変良い取り合わせです。土手、ですから、口ずさむの方が余計かと思われます。<ユモレスク歌って走って春の土手>ではイメージが違いますでしょうか。春の心弾む様子を思い切って描いてみたのですが。
(1)「袖に花びら」という表現を使われると、残りの文字数を有意義に使えそうです。
(2)花落輝(落暉でしょうか)と修了証書は興味をひかれましたが、「又溜まる」が独白だけの句にしてしまい残念です。
(3)片栗の花とサタン、どうでしょうか。


2008年4月18日

エルメスもサンローランも花衣  慈英(50代,男)
 初めまして。ご指導宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 こちらこそでございます。
 おもしろい句です。誰もが知る海外ブランドが良いですね。<花衣エルメスサンローランニナリッチ>と破調にはなりますが、うるさいほどの羅列も愉快かもしれません。これは賛否、好みがありますでしょうから、参考までです。

(1)猫の子抱き回されくたびれる  えんや(70才以上,男)
(2)子雀の庭をきょろきょろ降りて来ず
 どうぞ宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)<猫の子(仔)や抱き回されてくたびれぬ>でいかがでしょうか。実に仔猫らしい句で、共感を呼びます。
(2)きょろきょろして、どこにいるのでしょうか。庭におりてこないのですから、高みの見物といった風情でしょうか。その視点がはっきりするほうが、読者が迷わないでしょう。

(1)白梅や小雨にけぶる榛名富士  小口泰與(60代,男)
(2)一片の梅の落花やにはたづみ
(3)水草生ふ秩父連山けぶりをり
(4)紅梅や十万石の城下町
(5)榛名去る雲いさぎよし柳絮飛ぶ

 よろしくご指導願います。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)が良いです。「にはたづみ」という古風な言葉が効果的でしょう。梅の落花や一片という表現にも合っていす。
(4)「十万石の城下町」が良いです。具体的であることが、句の情景を伝えやすくしています。「や」切れも適切です。
(1)白梅、小雨、榛名富士、句材が重たすぎるようです。
(3)「生う」「けぶりをり」、どちらかで良い気がいたします。
(5)雲、柳絮、どちらも飛び、流れ去るものとしてよいでしょう。動詞を減らして表現を整理できる余地がありそうです。

(1)けぶり立つ五浦の海や鳥帰る  しんい(女)
(2)暮れ残る百選の道花吹雪
(3)リラ咲くや思ひ出刻む時計台
(4)一対の葉は迷彩にかたくりの

 切れが無く言いさしなのですが(省略の意こめて)許されますか?花も可憐ですが、葉っぱの迷彩模様を詠みたくて・・・。宜しくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(4)そうですね、春の季語としては、やはり「片栗の花」なのですね。たとえば、先人には〈日あまねし片栗の葉に花に葉に 石井露月〉〈片栗やおのづとひらく空の青 加藤知世子〉などがあり、しんいさんの片栗の句の参考になればと思いあげました。〈花可憐葉は迷彩のかたくりや〉とも考えてみました。
(3)中七下五、言い過ぎてしまいました。
(1)固有名詞が効果的に働きました。情景がありありと眼前に迫ってきます。「や」切れの力強さも効いています。
(2)少々、ありきたりな春の風景でしょうか。百選の道は句材として良いのですが、どうしてもどの句もにたような感じになってしまうようです。思い切った表現が良いでしょう。

四月馬鹿千代田区永田町一丁目  遊雲(70才以上,男)
 睦月如月弥生卯月、歳時記では卯月は夏の季語だなんてね。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 なかなか風刺にとんだ一句ですね。名詞のみ、漢字表記もおもしろく感じました。卯月は四月ですが、旧暦と新暦のひずみが出ているのですね。昨今、俳句にかぎらず旧暦の生活を見直そうとする傾向があり、期待しているわたくしです。

(1)ひなの間の猫はひいなの客として  穂波(女)
 「雛の間に座って三毛も雛の客」の推敲です。下五は「客になる」も考えました。
(2)大潮の白木蓮に眠りたる
 「大潮に白木蓮のひらくかな」の推敲です。「〜のひらきたる」「〜を仰ぎたり」も考えました。
(3)桜東風坂の上には中学校
(4)朝桜'Lesson 1'と子のラジオ

 先日はご指導ありがとうございました。ちぐはぐだった表記が、「もくれんのつぼみのなかに母の里」と直していただいたおかげで、すっきりしました。絞り切れなかったり、考える時間が足りない句ばかりですが、時期遅れになってしまいそうなので、急ぎ投句させていただきます。よろしくお願いいたします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)良いですね、情景はっきり、句意の持つ楽しさも十二分に伝わってきます。助詞「の」を少し整理しますと<雛(ひいな)の間猫はひいなの客として>ともできます。ひいなの連続を漢字と仮名で表現してみました。また「客として」ですと、今現在、お客として猫が座っているさまが彷彿とされ、句が豊かになることでしょう。
(2)「眠りたる」、良いですね。特に「大潮」とあいまって秀逸です。「に」の使い方が少し気になります。白木蓮の動作を主におくならば、「大潮に白木蓮の眠りたる」ですね。大潮、白木蓮、眠る、とても魅力的な世界です。
(3)少々、常套でしょうか。坂の上の学校とは。桜もですね。
(4)朝桜を、無理に朝のラジオにもってきた感を受けてしまいそうです。句材は悪くないと思いますので、ご再考くださいませ。
 *コメントありがとうございました。おっしゃってくださるほどのことができていますかどうか・・・・。穂波さんらしい世界を、読者がおおいに感じてほしいと思っています。

(1)きのふけふ野にたんぽぽは過半数  うき(女)
(2)つくしんぼあるだけ摘んでしまひけり
 よろしくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(2)つくしをとり尽くす景が、欲張りでいて気持ちは分かるような、昨今はあまり群生していませんものね。おもしろさを前面に出すほうが、ユーモラスな一句として読者に受け入れられやすいのではないでしょうか。〈つくしんぼあるだけあるだけ摘んでをり〉。リフレインは常套手段ではありますが、つくしがこっちにもあっちにも、といいながらせわしなく摘む情景を感じさせるのも楽しいかと、一例ですが。
(1)過半数、が秀逸です。どんどんたんぽぽに占拠されていく様子が、楽しく読めます。<昨日今日野にたんぽぽの過半数>という表記と、中七は助詞「の」が良いではないでしょうか。たんぽぽという言葉を浮き上がらせるためにも。


2008年4月17日

(1)菜の花や塀の下から白兎  豊田ささお(70才以上,男)
 「菜の花や塀を飛び出すものの居て」を直しました。無理があるようですが・・・
(2)春光や明日の精がホバリング
 昨日の句会に「幾万のいのちの玉や木の芽雨」を出しましたら三点句でした。主宰は「いのちということばを使わずにいのちを表しなさい」というのです。つくづく難しいと思いました。(因みに現代俳句の系ですが、有季定型です)瞬間をいいとめること、ものに語らせること・・この二つを金科玉条としているので、それはそれは、しつこくいわれます。初心のうちは、写生に徹しなさいというのも口癖ですねえ・・・。で、いつもアウトローみたいな私なんです。
(3)シベリアへ首伸ばしゐる鶫かな
 いつも暖かいご指導有難く感謝申し上げます。掲句は、季語が働いていないような気もしますが、いかがでしょう・・
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)色のコントラストも効果的で良いですね。ただ惜しむらく、兎は冬の季語なので、この場合の季重なりは厳しいかもしれません。
(2)ホバリング、おもしろく興味引く言葉です。「明日の精」が少し抽象的でしょうか。ホバリングの効果をより多くの読者に伝えるならば、中七は具体的で分かりやすいものが良いでしょう。季語が春光ならではの、ホバリングです。
(3)シベリア、とても良いですね。鶫の様子も、まさに「ものに語らせて」いるのではないでしょうか。季語としては秋の鳥なので、秋に出されますと共感を呼びやすいでしょう。

(1)花冷えや海賊掬び売り切れる  茂(女)
(2)万愚節思考回路渋滞中
(3)遠足やアップに束ね引率す

 山賊掬びは良く知ってましたが海賊むすびは始めてみました。残念ながら売り切れで食い意地の張ってる私は残念でこのような句ができました。
(4)花の雨バンクーバーに入りてより
 カナダに旅行した折に桜並木や公園に沢山の桜の種類があるのに驚いたのを思い出しました。雨の道中でしたが桜にとても救われました。
(5)奥の間の仏間を開けて春や春
(6)むらさきの小皿の脇に花一輪

 お鮨屋のカウンターにお醤油さしの小皿の脇に桜の花が一輪さしてありとても印象的でした。むらさきでお醤油と解りますでしょうか?
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)花冷えの中、楽しさが十分伝わってきました。海賊掬びに読者がついてこれるかどうかは、微妙ではありますが、挨拶句とされても良いででしょう。また、下五は「食べ損ね」もおもしろいと思います。
(2)こちらも楽しい句ですが、句意と漢字表記、少々狙いすぎましたでしょうか。
(3)良い情景ですね。ありありとその生き生きした引率者が目に浮かびます。
(4)秀逸です。桜の雨、バンク―バ―に似合いすぎて妙です。下五の表現も美しく効いています。
(5)助詞(の、の、を、て、や)を整理しますと、一段と良くなるでしょう。古い広い家(実景はそうでなくとも)を想像させ、日本の良き家屋の持つ雰囲気を感じさせる、日本人らしい魅力のある句です。
(6)具体的な情景にさせる方が良いでしょう。寿司屋、カウンター、醤油差し、と良い句材はそろっていますし。

(1)石見なる世界遺産の山笑う  栗太郎(60代,男)
(2)春寒の石見の山に銀の雨
(3)三椏や雨の石見の遊歩道

 先週末に石見銀山に行ってきました。初日は上天気、二日目は終日雨。石見は雨の似合う場所のように思いました。
(4)どろんこのちびっこぴょこぴょこ風光る
 「公園のちびっこぴょこぴょこ風光る」を推敲してみました。
(5)ゆきやなぎ雪より白く咲きにけり
 お世話になります。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 石見銀山三句拝見。旬の句材ですね。(1)が良いです。中七は「世界の遺産」で句がしまるでしょう。
(2)銀の雨、なるほどなのですが、少々つきすぎますでしょうか。
(3)三椏という季語が雨の石見にとても合っているでしょう。渋くも存在感があり、独特のムードをもつ植物ですから。〈伝道はきびし三椏花明り 野見山ひふみ〉という印象的な句があります。投句、遊歩道は不要でしょう。「三椏咲く」や「三椏の花」も使えますし、「石見銀山」という固有名詞も効果的でしょう。
(4)とても楽しくなり、動き、情景が思い切り表現されていて良いです。こどもたちが生き生きとしてきました。
(5)「雪より白く」、どうでしょうか。平凡な表現となってはいないでしょうか。いっそ、雪と見間違うような句意が良いかもしれません。

(1)エッシヤーの騙し絵めくり蛇出づる  涼(男)
(2)春風や黄泉平坂見透かせり
 宜しくお願い致します。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)エッシャーと「蛇出づる」、大変魅力的な取り合わせです。一点気になりますのは、絵をめくるのは往々にして室内、蛇は屋外、という場の差です。蛇穴出づるの例句では、やはり屋外での視点が多いようですが。
(2)春風と黄泉平坂、そして見透かす、難解なようでよく分かるような、、、そんな不思議な雰囲気はあります。

(1)あさぼらけ浅葱の森の囀れり  うさぎ
(2)宵闇の森は囀り飲み込みし
(3)アルバムに収めをりけり春の塵

 インディアナはまだ寒いけど、小鳥のさえずりが賑やかになりました。宜しくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)浅葱の森、(2)囀りを飲み込む、という表現が良いです。(3)は春の塵との取り合わせ(写真を収めるという行為との組み合わせのこと)が良いです。魅力的な箇所がひとつづつありますので、表現を少し整理されるとなお良いでしょう。
(1)あさぼらけ、が句を平凡に。囀りは朝に盛んであることは周知でもありますし、五文字がもったいないです。
(2)一句を通して説明しすぎてはいないでしょうか。もしくは、「宵闇の森」で一度切ってみる(切れを用いる)か、ですね。
(3)「をりけり」、悪くはないのですが、〈アルバムにみな収めけり春の塵〉とも可能です。いかがでしょうか。断定を強く表現するほうが口調も句意もしまる気がいたしました。

(1)春夕べぽん菓子打ちとなりにけり  学(50代,男)
(2)いぬふぐり供へて小さき目高塚
(3)春嵐重さをひねる牛車来る
(4)菜の花や貧しき村の夜を灯す
(5)みたらしの団子の串や山法師
(6)春雨や大路過ぎ行く市女笠

 ご教示を。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)(2)が良いですね。どちらも春の情緒ととても合っています。句材としても目新しい感のある、ぽん菓子打ち、目高塚が成功しているでしょう。また、「なりにけり」、「供えて小さき」と文法的な表現も整っていて、口調もよく仕上がっています。
(3)〜(6)、少し前時代的(否定的な意味ではありません)な情景でしょうか。そのような情景を魅力的に伝える句も可能ですが、やはり難しくはあると思います。また、時代祭りなどの景とはっきり分からせるという方法もあります。この中でおもしろみがあるのは、「団子の串」という着眼でした。「重さをひねる」という表現も印象的です。

(1)水温む梢の影のありありと  吉井流水(60代,男)
 水面の明るさを通じて春の訪れが書けていますでしょうか。
(2)雨なれば身をふるわせる春の鹿
 冷たい雨のなかで孕み鹿が佇んでいる様子を書きたいと思いましたが・・・
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)良いですね。「ありありと」が言い過ぎている感もありますが、温む水と梢の影、とても良い情景です。読者の心に響いてくる情感があります。そして、春本番前の静けさをも感じさせます。
(2)「身をふるわせる」が、やはり説明でしょうか。〈春の鹿冷たい雨の降る真中〉も考えてみました。


2008年4月16日

(1)雁帰る牧水館に世界地図  はるを(60代,男)
(2)蝌蚪の紐静かに水の流れけり
(3)道の上にまた道のあり花の山
(4)チューリップゆつくり回る縄電車
(5)花筵立つも座るもゆつくりと

 前回の診断「その心情が具体的に何であるかが、しっかりと読者に伝わると完璧です」という診断、こころに刻みました。ありがとうございました。
ドクター朝倉の診断と処方箋
 いえいえ恐縮でございます。皆様の句が、読者の心に響くとうれしく思います。
(4)とても良いです。「ゆつくり回る縄電車」が秀逸です。季節、季語の持つ独特の明るさ(薔薇とは違うような)と、とても合っています。春の一風景が、意味をもって読者に迫ってきます。
(1)発想の機知にとんでいる句で良いでしょう。渡り鳥と世界地図で世界が広がります。
(2)静かな水の流れを持ってこられたことが、しみじみとした情感を伝えています。
(3)(5)どちらも、共感を得るであろう句です。言葉の使い方(反復)も句にリズムと、改めて反復するという心情があるように思えます。

(1)さくら咲くダビデと花のパラドクス  北野元玄(60代,男)
 さくらと花が重複していますが・・?
(2)ロボコンの発想春を裏返す
 ロボコンよりもっと厳しく機械的なものを持ってきたかったのですが。
(3)坊や、ほら、あんなところに春の月
 メルヘンチックに。春は句作に向いてませんね。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(1)桜と花、確かに重複しています。しかしながら、「ダビデと花のパラドクス」がどうしても外せないならば、許容されるとは思います。ただ、「ダビデと花のパラドクス」がうまく読者に伝わらないときに、季語の重複も指摘されるでしょう。取り合わせとしてはおもしろいと感じますが。
(2)ロボットコンテスト、なるほどですね。「春を裏返す」に共感を得られるかどうか、微妙な表現です。おおいに興味はひかれますが。
(3)春は苦手でいらっしゃるのでしょうか。好きな季節のほうが、句作数、佳作が多いという法則があるようです。喋り言葉を句中で生かせると、とても魅力的になるのですが。中七に推敲の余地がありそうです。

(1)ほら聞こえた芽吹きの音がと母の云う  丸山俊郎(50代,男)
(2)ミシン踏む母の背中に雪明り
(3)手櫛する母の指間に春の風
(4)吾亦紅髪挿し母の仕草まね

 俳句を始めたばかりです。亡き母を偲んで詠みました。よろしくお願いします。
ドクター朝倉の診断と処方箋
(3)が断然良いです。手櫛という日常のさりげなさから、お母様像が浮かび、そこに春風という暖かでいて特別なものではない季語。お母様やお母様との関係の想像が広がります。指の間という感性も良いです。気になる点は助詞(ここでは、「の」「に」「の」)が多いことでしょう。表現の推敲の意味がそこにあります。
(2)雪明りらしい句ですね。逆にそれが常套かもしれません。
(4)母の行為をしてみる、ということは読者の共感を得るでしょうが、「吾亦紅髪挿し」という行為はどうでしょうか。少々感傷的過ぎるかもしれません。
(1)喋り言葉をそのまま句にする魅力も、確かにあるのですが、投句、散漫になってはいないでしょうか。例えば、<芽吹く音ほら聞こえたと母の云う>ですと、少し収まりが良くなると思います。