俳句クリニック 2008年6月前半分(ドクター:中谷仁美)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


ドクター中谷の診断
2008年6月15日

補聴器に波の音色の走り梅雨  あさ女(60代,女)
 補聴器が出来てきました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 「波の音色」という表現、思いがこもっていていいですね。「走り梅雨」という季語を持ってこられたのも正解だと思います。

満緑の若狭に着けば五木節  kikumi(60代,女)
 お世話になります。ご診断、夏蝶の挨拶〈こんにちは〜〉、まさにその通りですね。爆走も先生お若い証拠ですね!(^_^)v。老体は のんびりチャリンコです。先日、無料招待バスツアー 三方五湖遊覧〜海の幸、若狭路満喫の旅でした。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 若狭の旅、いいですね!鯖鮨食べたいです!!(笑)五木節って五木ひろしですよね。最初、民謡か何かかなと思っていたのですが、福井は五木ひろしのふるさとでしたね。この句「に着けば」が説明的だと思います。「満緑の若狭」で一旦切れるつくりがいいかなと思いました。

(1)緑さす夜や玻璃戸に雨の音  更紗(女)
 「夜の秋の玻璃戸にかかる雨の音」の推敲です。
(2)飛行船ゆるりと生るる麦の秋
 「飛行船ゆるりとよぎる麦の秋」の推敲です。
(3)きっぱりと鳥鳴く雨後や夏の空
 「きっぱりと鳥鳴く雨後や夏暖簾」の推敲です。
(4)はつ夏の吊革ゆれる波模様
 「夏立つや吊革ゆれる波模様」の推敲です。  こんにちは。季語はどうでしょうか?添削よろしくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)これは私だけの感覚かもしれませんが、緑さすというのは鮮やかさが大事な季語なので「緑さす夜」、「雨の音」というのはどこか矛盾がないでしょうか。
(2)ゆるりの続きは難しいですね。「ゆるり」で飛行船の様子については表現できているのでここではほかの情報にしていいと思います。たとえば「ゆるりと西へ」など。
(3)先日夏暖簾が離れすぎていると申し上げましたが、雨に空は逆に近すぎると思います。植物など風景の中のなにげないものをとりあわせてみてください。 (4)はつ夏の方がいいですね。「の」とつながっていますので、「吊革ゆれて」としてもいいかなと思います。

(1)蓮の葉の打ち重なりぬ残暑かな  学(50代,男)
(2)紙屑の転がり来たり祭まへ
(3)鳶らの空に放りしウグイかな

 ご教示を
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 (1)「なりぬ」「かな」と続くことで一句の中が少し窮屈な感じです。「なりて」するとさらっといけるかなと思います。 (2)紙屑の動きを擬人的に捉えてみると面白いかなと思います。 (3)場面をそのまま句にした印象があります。なにか少しでもドラマ性が欲しいところです。

目覚ましや月下美人の終演に  茂(女)
 当たり前すぎますでしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 「終演に」が分かりやすすぎるのかなと思います。漢字の熟語にせず、やわらかい表現をつかってみてはいかがでしょうか。

(1)あめんぼうさびしいようなそのような  汽白(40代,男)
(2)あめんぼうべつにさびしくないけれど
(3)こんなにも水すきとおり夏鰈

 こんばんは。よろしくお願いします。 ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)と(2)雰囲気がよく似ていますね。この2つでは、(2)のほうが好きです。この作り方だと、言葉を少し変えるだけで色々なバージョンが考えられるので、色々と季語との取り合わせなどを試してみて「これだ!」と言える一句を追求してほしいです。
(3)「こんなにも」という唐突な始まり、おもしろいと思いました。


2008年6月14日

麦秋も敢へなくなゐに呑まれけり  大川一馬(70才以上,男)
 6月4日のご診断有難う御座いました。作り直して見ました。原句は「麦秋も一瞬にしてなゐ地獄」でした。よろしくお願い申し上げます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「なゐに呑まれけり」とてもよくなったと思います。麦秋が呑まれるというのがインパクト大です。ただ、「敢へなく」が少しかたいかなという印象です。ごj検討ください。

麦畑潜水艦で進みたし  熱波(ねっぱ)(30代,男)
 超が付く初心者です。この句は俳句といえるのでしょうか。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 麦秋と潜水艦、自由で面白い発想だと思います。麦畑の広さが伝わってきます。ばっちり俳句だと思います!

(1)紫陽花や一雨ごとに色ませリ  悠(70才以上,女)
(2)正座してねじ花残し草を引く
(3)五月雨や焼きたてパンに熱きTEA

ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)これは、紫陽花のことをそのままを詠んだ印象があります。ひと工夫ほしいところです。
(2)正座して草を引くという体験が日常的ではないので、何か意味がありそうなのですが、その部分がわかりにくいかと思います。
(3)「焼きたて」「熱き」直接表現を避けた方がおもしろいと思います。この場合、五月雨とパン、teaの取り合わせなのですが、その場面の背景を読み取るヒントがあると句に深みが出ますね。

(1)鍋持って豆腐一丁夏の朝  学(50代,男)
(2)雨蛙どっちつかずの耳順かな
(3)空蝉の囲碁を打つ手もなかりけり
(4)若葉風洗ひ晒しの靴ひとつ

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)ノスタルジックな感じです。ただ、素直すぎる一句になっていますのでひと工夫ほしいところです。この町の匂いが伝わるような言葉があるといいなと思います。
(2)雨蛙と耳順の取り合わせ、おもしろいですね。当然色々な悩みがこもっているはずなのですが、雨蛙があることでユーモラスに感じられます。
(3)これはちょっと説明的になってしまった気がします。私は囲碁に詳しくないのですが、「打つ手もなかりけり」の部分、ぜひ言い過ぎない表現を探してみてください。
(4)「若葉風」「洗ひ晒し」爽やかな流れです。「靴ひとつ」というよりもどんな靴かを詳しく言った方がいい気がします。色や形、種類などを言ってみてはいかがですか。

(1)部下ならば叱りしものを草むしる  文の子(60代,男)
 「円満になるべき齢草むしる」より直接的でしょうか。
(2)支柱など要らざる実り草引きぬ
 「菜園の実り少なし草引きぬ」を推敲しました。
(3)叔父の名のままの表札草引きぬ
 「草引くや叔母の独り居久しかる」を推敲したのですが、狙い通りに読めるのでしょうか。
(4)役所より届きし通知草むしる
 6/5のご診断有難うございました。「また一つ不快な通知草むしる」の不快はセーフとのことですが、私はお出しした後でアウトと思い掲句を準備していました。如何でしょうか。宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。文の子さんの草シリーズ、ひとつの季語の持ち味を追究するとなかなか面白いですね。
(1)「円満・・・」よりもこちらの方が具体的な場面がわかるのでいいと思います。
(2)「要らざる」は「要らぬ」の方が自然かなと思います。
(3)叔母さんのことであるという意味が出ないかもしれませんが、こちらのほうが味わいのある句かなとは思います。
(4)私は前回の不快の句の方がいいと思います。今回の句だと、何の通知かわからないので「草むしる」の持つイメージを引き出せないきがします。いかがでしょうか。

立札に猛犬注意ポピー揺る  阿部やすし(70才以上,男)
 "リラの花"の句へのご指導ありがとうございました。 「街騒の夜が離れゆくリラの花(推敲)」 "穏やかに"を"街騒の"に置き換えて推敲してみました。北国も今しばらくが短夜を実感できる季節です。取合わせの句が中々巧く詠めませんが、ご指導お願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。リラの花の句、推敲されてよくなりました。ちょっと渋めの外国の映画のイメージがします。猛犬注意といいながらのどかな感じです。この取り合わせはいいなと思います。破調になりますが、「猛犬注意」を初句に持ってくる方法もありかなと思います。

(1)野苺や雨粒竹をころころと  小口泰與(60代,男)
(2)蜘蛛の囲や雨後をにぎはす鳥の声
(3)茄子植ゆる老婦の指の太きかな

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)野苺と雨粒はイメージがついてしまうかなと思います。違う季語を持ってこられてはいかがでしょうか。
(2)蜘蛛の囲と鳥の声、句のポイントが一点に絞りきれていない印象があります。
(3)さらっと流れる句なのですが、どこかに切れをつくるなどのアクセントが合ってもいいような気がします。

(1)大池で亀の子寄りてダンスする  岬(60代,女)
(2)七変化写す老婦も顔変化
 何時も丁寧な添削有難う御座います。先日大阪長居公園で詠んだ句です。大きな池では亀の子が集まり一生懸命手を動かしていました。又 アジサイを写しているお年寄りが顔の表情を変えてカメラに向かっていました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)助詞が続くと短文的になります。「大池で」を固有名詞を使うなどして五音にして「で」を省いてみると印象が変わると思います。もしくは、「ダンスする」を「○○ダンス」とする方法もありますね。
(2)「顔変化」としてしまうと分かりやすすぎるかもしれませんね。顔変化を、直接的な表現を避けて表現してみてはいかがでしょうか。

どっかりと青富士座して甲斐明くる  戯心
 初めまして。ビシッと活を入れて頂ければと思います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 堂々とした印象です。夏と朝の清清しさがありますね。ただ、「どっかりと」とあれば「座して」はなくてもいいかなと思います。また、「甲斐明くる」という部分がわかりにくい気がします。ご検討ください。

(1)鮮らけしみつば躑躅や朝ぼらけ  小口泰與(60代,男)
(2)滝つ瀬に丸太の橋や桐の花
(3)桑の実や使ひ古せし文机

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 今回の3句の中では(3)がいいなと思いました。取り合わせがいいですね。ただ、使い古したことを、たとえば文机の色や傷などで間接的に表現できたらいいかなと思います。
(1)は鮮らけしが説明的かなと思います。
(2)は叙景の句ですが、滝と橋という組み合わせはありきたりかなと思います。


2008年6月13日

(1)五月雨に押さえ込まれる日曜日  岡野 直樹(40代,男)
 柔道の応援に行きました。あまり関係ないですね。
(2)白詰野原を殿上人歩む
 雲の上を歩むようなイメージが湧いたのですが・・・。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)柔道と五月雨を結びつけた発想、おもしろいと思います。「日曜日」とせずに思い切って柔道の試合だとわかるようにした方がいいと思います。
(2)確かにそんなイメージ湧きます。白詰草はやさしい雰囲気がありますしそこを歩くのは優雅なかんじですね。この場合、どうしてもリズムが整わないことが気になります。「白詰野原」を中7に持ってきてみてはいかがでしょうか。

(1)瑠璃とかげ神話の国の在所かな  茂(女)
(2)宍道湖を見てナビをオフ夏の朝
(3)老鴬の間近のカフェ彩雲堂

 何時もご丁寧な添削に感謝致してます。 よろしくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「神話の国」とあれば、「在所」とまで説明しなくてもいいと思います。「神話の国は・・・」と少し具体的な風景などを述べてもいいのではないでしょうか。
(2)「ナビをオフ」というところ新鮮な感覚ですね。朝というのも爽やかです。
(3)カフェというところが字足らずで不安定な感じがします。「間近の」というところ少し俗すぎる表現かと思いますのでご検討ください。

不如帰追い追いかけて山の家  acacia(女)
 山に居を移して一年、今盛んにホトトギスが鳴いてます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 不如帰を追いかけるというところ、本当に追いかけているのか比喩的な表現なのか、読者の判断に任せられる部分が多すぎるなと思います。「追い追いかけて」の部分に他の情報を盛り込むといいかと思います。

(1)生きるって友達次第聖五月  岬(60代,女)
 「生きるのにふさわしい風聖五月」を推敲しました。
(2)田植機は近江平野のアクセント
 「田植機の近江平野の点となり」を推敲しました。「大麦秋近江の峰の裾野まで」は思い浮かびませんでした。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)やはり理屈っぽさが抜けないなと思います。標語のようになってしまうかなと思います。生きるって・・・・の続き、具体的な楽しみや身の回りのなんでもないことを持ってくることで。日常性が生まれる気がします。
(2)「〜は・・・の○○」と助詞でつなげて使ってしまうと、説明していることが強調されてしまいます。倒置にするなど単調にならない工夫が必要かと思います。

(1)囀りや峡に鎮もる薬師堂  悠(70才以上,女)
(2)囀りの川をへだてて移りいく
(3)思いきり髪を短く四葩咲く

ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)聴覚から視覚、さらに大きいところから小さいところへ、視点が上手く移っていく句だなと思います。
(2)細かいのですが、「移りいく」よりも「移りゆく」の方がやわらかい響きになると思います。
(3)「髪を」よりも「髪は」とした方が、意味に含みを持たせることができそうです。助詞ひとつで句の印象が大きく変わることがあります。「四葩咲く」、個人的に好きな表現です。

(1)茄子の花一日の善を良しとして  学(50代,男)
(2)父の日に父の話をする娘かな
(3)直球に大空振りや夏至の昼
(4)古書店を出でて踏みたる夏落葉

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「良しとして」と直接表現してしまうことが惜しいかなと思います。
(2)モチーフ、表現ともに素直すぎる印象があります。ただ「娘」というのではなくどんな子なのか、娘を具体的に描写するのもひとつの方法です。
(3)「大空振り」が気持ちいいですね。ただ、前半の勢いに対して、「昼」という締めはのどかすぎではないかと思います。結句、他の季語を検討してみてはいかがでしょうか。
(4)やや平凡かなと思います。「出でて踏みたる」と動詞が2つ続くと説明的かなと思います。

(1)緑さす晶子の歌碑を声合わせ  藤原 有
(2)えごの咲く湖畔に来たりメール打つ
 20年ぶりに一碧湖を訪ねました。思いがけなく、あちらこちらで鶯の声がして、呼ばれているような気がしました。
(3)カシ二ョール展出で老鶯の森へ入る (4)カシ二ョール展出で老鶯尋めゆけり
 一碧湖美術館で[カシ二ョール展」をみました。どうぞご指導よろしくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「緑さす」と与謝野晶子、イメージが合いますね。「声合わせ」ではありきたりかなと思うので、まったくちがうものを取り合わせるといいかなと思います。
(2)「メール打つ」という結句は、唐突な感じがします。「来たり」は違う言い方ができそうです。
(3)と(4)、カシニョール展の時ですね。ちょっとアンニュイな感じが漂うカシニョールの作品は森とよく合うなあと思うのですが、せっかくカシニョール展を詠まれるのでしたら、展覧会名を出すだけでなく、作品世界や、作品そのものを句にして表現してみてもいいのではないかと思います。

玉ねぎよ末案じしてどうなるの  北野元玄(60代,男)
 初夏の集いは楽しかったです。玉ねぎが季語であるということを初夏の集いの直前に知り、それから玉ねぎ俳句に凝っています。でも、玉葱は俳句になりにくいですね。上句、末案じか先案じか少し迷っています。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。私の出身地淡路島の名産がたまねぎです。たまねぎを詠むのは案外難しいですね。私個人の好みでは「先」の方が前向きなイメージが強くていいような気がします。


2008年6月12日

(1)緑さす大師の像の男前  せいち(60代,男)
(2)緑陰の不動明王黒光り
(3)蝸牛奥の院への九十九折り

 どれも少し平凡かとも思うのですが、見たまま、感じたままです。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「男前」というのは荒っぽくて語感がいいなと思います。直すとすれば「大師の像の」でしょうか。のをなくして「○○の像男前」としたほうがいいと思います。
(2)「緑陰」という季語、緑と黒の対比が分かりすぎるので平凡になってしまうと思います。全く違う季語を持ってきてみてください。
(3)蝸牛と九十九折りは面白いと思います。「奥の院への」というのがどうしても説明的かと思います。具体的な固有名詞をだいてもいいのではないでしょうか。

庭の草咲いた地獄の釜の蓋  あさ女(60代,女)
 前回に地獄の釜の蓋の季語のコメント読んで…。我が家草花の庭に今年も咲きました、「地獄の釜の蓋」(キランソウ)。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「庭の草咲いた」とすると、「草」と「地獄の釜の蓋」は同義となりますので一句が説明に終始してしまうかと思います。地獄の釜の蓋の具体的な様子などを入れてみてはどうでしょう。

友人はいつも友人柚子の花  涼
 宜しくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 なんとなく意味が深い気がします。「友人は友人」よくも悪くもその通りですね。恋の句とも読めますね。「ゆ」が続くのがやわらかく心地よい響きだと思います。

平仮名に優しさもあるらいらつく  春(60代,男)
 「わが貌の父に似てきし木瓜の花」は、なんとか具体的なイメージをと考えてますが、まだ直しきれません。(笑)ライラックは盛りは過ぎましたが、札幌の大通り公園には紫の花が残っております。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「木瓜の花」の句楽しみにしています。余談ですが私は父と顔がそっくりで、春さんのコメントを読みながらどこが取り立ててそっくりなのか自分で言うのはのはなかなか難しいなあと思いました。今回の句ですが、平仮名に○○○優しさらいらっく」のように、少しリズムに変化をつけるといいのではないかと思います。いかがでしょう。

月下美人シフォンケーキを切り分ける  茂(女)
 サボテンと言って頂いていた鉢からニョキニョキ茎が出てひょっとして月下美人かと検索の結果そのものと分かり大騒ぎ.夕べから寝不足になりやっと今日の夕方から開花が。今晩も寝ずの観察となりそうです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 そんなことってあるのですね!月下美人まだ見たことがありません。見てみたいです!シフォンケーキとの取り合わせがおしゃれですね。軽やかな気持ちが読み取れます。

ビール腹かばいきれない夏蒲団  岡野 直樹(40代,男)
 ビールがおいしい季節になりました。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 おもしろさみ走りすぎてしまっているかなと思います。「かばいきれない」とまで言ってしまうと想像の余地が残されないので、表現をぼやかすことも大事かと思います。

噴水の水なき空に夕ごころ  遅足(60代,男)
 なんとなく出来た句なので、どこが良くないのか?分かりません。イメージがぼやけているようにも思います。診断をよろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 確かに遅足さんのおっしゃるようにイメージ先行の句かなと思います。「噴水の水なき空」とわざわざ言う必要がないかなと思います。「夕ごころ」という結句も漠然としすぎて、読者がどう読んでいいのか難しいかなと思います。噴水の水に注目してもう少し具体的な句を詠まれてはいかがでしょうか。

(1)木簡の万葉仮名や梅雨晴れ間  学(50代,男)
(2)梅雨晴や源氏絵巻の美術館
(3)竹の子の伸び行く音を聞ひてゐる
(4)藤の花今日から後期高齢者
(5)少年老い易く海も暮れ易し

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)木簡のニュースにはロマンがありますね。「万葉仮名」とせず、「○の字並ぶ」もしくは文言そのものを句にいれるなどよりリアリティを求めるといいのではないかと思います。「梅雨晴れ間」ぴったりです。
(2)源氏絵巻の美術館がどうなのか、もう一歩読者が作品世界に踏み込める言葉が必要かと思います。
(3)モチーフはおもしろいのですが、短文になってしまっているんのが惜しいかなと思います。「聞いている」の表現を工夫してみてはいかがでしょうか。
(4)宣言するところに強さを感じる頼もしい句です。
(5)抽象的な概念が先行していて、説明になってしまっているかと思います。

梅雨入りや蝸牛這えいる台所  永田まさし(60代,男)
 梅雨入りの日にいつもの台所のテーブルに座っていたら、足下に何か這っているのがいた。よく見れば、カタツムリが角を出して真っ直ぐに這ってくるではないか。どこから来たのだろうと驚いたが、果たしてその驚きと面白さが表現できているか、よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 それは驚きですね。しかもそんなアクティブな蝸牛なんてめったにお目にかかれません。「這えいる」という語がもったいないと思います。もっと簡潔な語で表現できそうです。また、台所というとひと昔前のイメージなので「キッチン」を使ってみてはいかがでしょうか。

(1)端居して夫いつしか深ねむり  匡(女)
(2)こだはりもいつしか消えて星凉し
 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)(2)共に「いつしか」と入っているのですが、気をつけないと説明的になってしまう語かと思います。できれば違う言葉を入れた方が句に深みが出ます。
(2)「星涼し」この句に合っていますね。


2008年6月11日

白靴や励まし合いし万歩計  摯F(男)
 こんにちわ、ご教示頂きました季語「氷水励まし合いし万歩計」から、白靴やに訂正いたしました。御診断をお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。今回は「白靴」と「万歩計」がつきすぎてしまったかと思います。ここは歩くこと自体とは離した季語でプラスの意味を持つものを持ってきてみてください。植物や生活など何気ない季語でいいんじゃないかと思っています。

草むしり集めし庭に鳥の声  あさ女(60代,女)
 お願いします。草取りをするとミミズがいるので鳥が来ます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。青草が勢いよく生い茂る季節がやってきましたね。草むしりをするとたしかにミミズが来ますが、そのまま詠んでしまうと説明になってしまいます。「集めし庭」といわなくても分かるのではないかと思います。鳥に焦点をあてて詠んでみてはいかがですか。

(1)公園に毛物のにほひ梅雨兆す  文の子(60代,男)
(2)淑女かとおもへば吾が娘春日傘
(3)ビルまるく四角四面の花さつき

 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)雨の前のむっとした雰囲気ですね。「公園に」とあると、なんだか本当に獣が潜んでいるような気になります。
(2)「おもへば」はなくてもいいと思います。ご検討ください。なんだかあったかい気持ちになる句です。
(3)丸いビルなのだろうと思うのですが、やはり少々特殊なので、もっと自然に四角以外の形を連想できるものをもってきたほうがいいかなと思います。「四角四面の花さつき」は真面目な感じがしておもしろいですね。

(1)かたつむり子供は口を尖らせて  吉井流水(60代,男)
 「蝸牛己が歩みを振り返る」を推敲してみました。よろしくおねがいします。つきすぎでしょうか。
(2)けんかしてすぐなかなおりかたつむり
 「蝸牛己が歩みを振り返る」の推敲一句です。
(3)ややありてまた傾ぎをり葉睡蓮
 雨滴が溜まっては傾ぐのを繰り返す様を書いたつもりですが、「葉睡蓮」とすると花が咲いていないと、とられかねないと思ったりです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)と(2)のかたつむりの句、私は(2)のほうがいいなと思いました。(1)は助詞がきっちり入りすぎて短文的になっています。「子供」は「子」とした方が近い存在のように思えるかなと感じました。
(3)葉に焦点が当たるので葉睡蓮でいいのではないかと思います。なんだか葉睡蓮がこっくりこっくり居眠りをしているみたいです。このように言わずに想像させる句もいいかなと思いました。

紫陽花や君の後ろに水平線  豊田ささお(70才以上,男)
 こんばんは、今日の句会に「紫陽花やひとり窓べにアイスティー」でだしました。カプチーノはウソでしたから・・季重なりを忘れていて指摘されてしまいました・・。ヤッパリカプチーノがいいかと思ったりしました。だめですねえ・・。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。時にはうそをついてもいいと思いますよ。私も俳句では時々うそをついています。一枚の写真のような句ですね。この句、結句が「水平線」6音で終わっていることが気になります。やはり結句はリズムを合わせた方がいいかなと思います。語順を変えるなどひと工夫してみてください。

梅雨晴れ間笑い転げて椅子転げ  茂(女)
 小学校時代の恩師の所でミニクラス会を致しました。思い出話に爆笑に次ぐ爆笑で、本当に椅子を壊してしまいました。これで句になってますでしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 椅子が壊れるなんてきっとすごい盛り上がりぶりだったのでしょうね。びっくりです。しかし、これをそのまま詠んでしまうとわかりやすすぎて句としては面白味がなくなってしまいます。「笑い転げ」を違う語で表現してみてはいかがでしょうか。

(1)白壁や虚空を蜘蛛の昇降機  文の子(60代,男)
 6/3のご診断有難うございました。「白壁や虚空を蜘蛛の上がり下り」を推敲しま した。
(2)独り居を窓ノックせるひとりむし
 「独り居の窓たたく音灯取虫」を推敲しました。
(3)新聞はアラビア文字に蟻の列
 「蟻の列アラビヤ文字を記すかに」を推敲しました。散文でしょうか。
(4)蜘蛛の垂れきてひとすぢの糸電話
 「ひとすぢの蜘蛛のいと垂れ糸電話」を推敲しました。宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)昇降機とされたのですね。この方がユーモアがあります。
(2)「独り居の」の方が自然かなと思います。ノックとされたのですね。まるで訪問者みたいです。ひらがな表記もいいなと思います。「コンコン」などのオノマトペにしてもいいかもしれません。
(3)私は前回の方がいいなと思います。上手く説明できていなくてすみませんでした。前回、たとえば、「蟻の列アラビア文字でこんにちは」など、具体的な言葉にしてしまったら面白いかなと考えていました。アラビア文字という発想がいいですね。
(4)「糸電話」とあれば、蜘蛛がおしりから一本糸を出して垂れているというのは想像できそうです。省略することで句の中の言葉がさらに引き立つと思います。この場合、「○○の蜘蛛・・・・・・・糸電話」など、ぴったりと音を合わせた方がいいと思います。垂れる様子を(2)同様にオノマトペを使ってはいかがでしょう。

(1)水張田の水鏡なりわが住処  草子(60代,女)
 「水張田の月眺む候わが住処」を比喩で推敲してみましたが中七の切れの入れ方、迷う所です。
(2)紫陽花を傳ゐて聴こゆ色即是空
 裏のお宅との境界に紫陽花がたくさん咲きました。「を」とすると説明っぽく??「や」とすると景が動きそう・・??
(3)寝返りのみどり児にぎる夏の翳
(4)食い初めやおでこの飯粒風光る

 おまじないの飯粒です。出来上がる頃は「当季」に置いてきぼりされています。拙句、今回もよろしくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「水張田」「水鏡」だと水が重なってしまってくどい印象になります。また、この場合「わが住処」が水鏡だと言っているように読めてしまうのが問題かなと思います。
(2)「色即是空」が8音なので下の句が崩れることが気になりました。やはり下はぴったり入れたいところかと思います。違うものが聴こえてもいいかもしれませんね。それと、私は「を」とされて正解かなと思います。気になるようでしたら、「七変化」としてしまうのもひとつの方法かと思います。
(3)夏の翳を握るなんてとても素敵な発想です。
(4)かわいいですね。「風光る」明るくて希望がある感じがしてぴったりだと思います。


2008年6月10日

(1)山藤の其処のみ朝日当たりをり  小口泰與(60代,男)
(2)卓上の薔薇一輪の夕餉かな
(3)五分咲きの白のルピナスあきらけし

 中谷先生、毎回、ご親切なご指導感謝申し上げます。早速、「城跡に立てば湖見ゆ燕かな」を「城跡に立てば諏訪湖の燕かな」と推敲いたしました。よろしくお願い申し上げます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「其処のみ朝日」とあれば、「当たりおり」はなくてもいいかなと思いました。当たっている部分の光りの形を描写してもいいかもしれませんね。
(2)おしゃれな食卓ですね。最初の「の」、「卓上に」とした方が自然かなと思いました。
(3)「あきらけし」と言わずにルピナスの様子を言えたらいいのではないかと思いました。

(1)新緑の香に誘はれて足湯かな  匡(女)
 「足湯して新緑の香に浸りけり」、入れ替えてみましたが・・・。
(2)道をしへ選びゆく道思案中
(3)進むべき道の多難や道をしへ

 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)香に誘われるという発想はよくあると思います。 「新緑」「香」というのも、そう言いたくなるところですが、あえて外すことで個性が出るかと思います。ここは、新緑と足湯を残して全然違うものと取り合わせてみてはいかがでしょう。色々言ってすみませんがぜひご検討ください。
(2)無季であること、句が抽象的な語のみで終わっているのが問題かと思います。
(3)これも(2)と同様です。理屈で固めてしまうと標語のようになってしまいますね。

(1)夕暮れをしばし憩へリ鉄線花  悠(70才以上,女)
(2)留学の孫よりメール梅雨寒し
(3)万緑や顔彩の色とき混ぜる
(4)清流に大きな泳ぎアメンボウ

ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「しばし憩へり」がやや説明的かと思います。「憩へり」を別の表現にできたらいいかなと思います。
(2)「梅雨寒し」だとメールが届いた時の気持ちが沈んだものに思えてしまうので、明るいイメージの季語を持ってこられてはいかがでしょうか。
(3)「顔彩」と言えば、「色」という語は必要ないかと思います。具体的に何色かを言う方法が考えられます。「とき混ぜる」というのも、2つの動詞が入ると少し説明的になってしまうので「とく」だけでもいいかなと思いました。
(4)「大きな泳ぎ」と言ってしまうよりも、ここはアメンボウの様子を何かに見立てた方が句に深みがでるかと思います。

(1)飛び石を伝ひ来たりて蓮浮葉  文の子(60代,男)
(2)蓮の音明星強く瞬きて
(3)人波に首伸ばしけり花蓮

 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「伝ひ来たりて」、たとえばオノマトペを使う(ポン、トン、ぴょんなど)、 もしくはひとつとばしなど伝い来る様子を具体的に言うなどするとより読者の想像が広がる気がします。
(2)蓮の咲く音、聞いてみたいです。「強く」という直接表現は避けた方がいいかなと思いました。
(3)何があったんだろうと気になる一句です。花蓮も気になるなんてかわいい見立てですね。

(1)腹立ちもいつしかあはれ茄子焼く  娯魔如(60代,男)
(2)野仏やテニスコートの初夏の風
(3)猫五匹同じ眼をせし夏に入る

 馴致されてしまった猫。
(4)畑の辺の若き墓標や梅雨に入る
 まだ入梅ではありませんが…。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「茄子を焼く」という結末がいいですね。「茄子」というのは日常の感じがしますので、「いつしか」が生きます。ただ、「あはれ」と直接的な表現はしなくても十分伝わるかなと思いました。
(2)野仏とテニスコートの取り合わせは渋い感じがします。「の」が続くと間延びした印象になるので「テニスコートは(に)」とされてはいかがでしょう。
(3)「せし」は次の「夏」に続くかたちですので、このままでは意味が「同じ眼をした夏」となってしまうかと思います。夏の前で切れるように工夫してみてください。
(4)ちょっと切なくなる句ですが、いいと思います。

(1)夏帽子父も昭和も遠くなり  藤尾(男)
(2)憤りわが踏む雪に雪明り
 この句の雪と雪明りは季重なりと考えてよいのでしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)ノスタルジックな句ですね。懐かしい、麦藁帽子の少年とちょっと頑固で黒ぶち眼鏡のお父さんが思い浮かびます。
(2)そうですね。雪明りは、雪が光を反射するために夜も周りが薄明るく見えるということなので、「踏む雪に雪明り」というのは表現に少し無理がある気がします。最初の「雪」を違う語にしてみてはいかがでしょう。

(1)砂利の道小雀十羽翔びたたせ  草子(60代,女)
(2)紫陽花や施設帰りの姑を待つ
 ショートスティ(介護施設)のことですが”施設”だけでは省略し過ぎでしょうか?
(3)大夕焼けやさしい言葉をねえポプラ
 大好きな大きなポプラがありまして なが〜い付き合いです。
(4)あっぱれな蜘蛛大空に銀糸張り
 又ご診断をお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)様子がよくわかるくだなと思うのですが、表現が素直すぎる気もします。「十羽」と限定する必要はない気がします。もっとたくさん翔びたたせたほうがいいと思います。擬態語をつかってはいかがでしょうか。
(2)「姑」とあるので、わかるのではないかなと思います。紫陽花と取り合わせると、お姑さんがすごく涼しげな方のように思えて、いい取り合わせだなと思います。
(3)「ねえ」と話しかける句、新鮮な感じだなと思います。ポプラに対する思いがよく伝わってきます。
(4)豪快な句ですね。ただ、「あっぱれ」と最初に来ると、作者の判断がそのまま読者にぶつけられてしまうので、語順を工夫するといいかなと思います。


2008年6月9日

生涯を無音の世界梅雨の入り  あさ女(60代,女)
 突発性難聴原因不明で解らないそうです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。突発性難聴、治療をなさっているのでしょうか。
 あさ女さんの実感のこもった句なのだろうと思うのですが、クリニックですのでひとつの作品としてコメントさせていただきます。「生涯」、「無音」、「世界」と重い言葉が続いて、「梅雨の入り」とまとまると、読者にとってはわかりすぎてしまうかと思いました。この場合、「生涯」の語を避けて少しぼやかした表現にしたほうがいいかなと思いました。季語は、心情がよくつたわる選択だと思いました。

キスしましょ ポストに春を 入れたから  ぽぽくらぶ(50代,男)
 元は「雪柳ポストへ春を入れに来る」です。4/20にドクター朝倉に上五を変えて、とご指導いただきました。いろいろ考えた末に上のようにしました。ご指導をお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。元の句から大胆に直されたのですね。春らしい陽気な句ですね。キス、というのもいいですが、素敵なフレーズ「ポストに春を入れたから」を生かすためには、手紙の内容を連想させることが初句にくるといいかも、と思います。私は「もういいよ」など許すことなどを勝手に連想してみました。ぜひご検討ください。

陵の砂の筋目や青葉風  吉井流水(60代,男)
 先日、神武天皇陵を見てきました。宮内庁の職員が剪定や敷地などをきれいに整えられている光景を目にしました。この句はありのままを書きましたが報告的なような気がいたします。アドバイスをお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 「の」が続くと説明的に感じるのかなと思いました。筋目と直接言わず、「幾筋も青葉風」などとするのはいかがでしょう。

(1)スヌーピーノートの上でのびてる夏  ポリ(50代,女)
(2)梅雨曇りくじらを食べてもう寝よう
 いつもアドバイスありがとうございます。今回もどうぞよろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。今回の二句は口語的ですね。肩の力が抜けたような感じがしておもしろいと思いました。
(1)かわいらしいなと思います。「のびてる夏」とすると句の上の部分が全部夏にかかるのですが、「のびて夏」として少し切れをつくることも可能かなと思いました。
(2)素直なのですが、この「くじらを食べて」というのが実際のくじらなのか何かの比喩なのか不思議で、そこが魅力である気がします。「もう寝よう」勢いがあっていいと思います。

亀の鳴く瓦礫琥珀の万華鏡  角力(30代,男)
 こんばんは。宜しくご教授下さい。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 幻想的な言葉が続くので、ふんわりした雰囲気が漂います。ただ、意味を読者が掴みにくいという面もあるかと思います。現実との接点を持つ語(瓦礫はもちろんそうなのですが)、具体的に想像できる語がほしいなと思いました。

(1)「サクラサク」届いて教育ローン組み  丸山俊郎(50代,男)
(2)帯に団扇手に子と金魚の夜市かな
(3)すし飯の上飛ぶ団扇のウルトラマン
(4)鈴の音に残暑消え行く奥座敷

 「りんのねにざんしょきえゆくおくざしき」お参りをしている時です。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「届いて教育ローン組み」がどうしても短文になってしまうのでここは最後に「教育ローン」ともってこられてはいかがでしょうか。ご検討ください。
(2)団扇、金魚、夜市がどれも季語になるので盛りだくさんになってしまっています。夜市の一場面を切り取ったようなつくりにしてみてはいかがでしょうか。
(3)おもしろい場面ですね。ただ、ちょっと説明的なのが気になります。ウルトラマン団扇を擬人的に扱ってみてはどうかと思います。
(4)説明なしに考えてみると、風鈴の音で暑さを忘れることができるのだということかなと読めます。奥座敷という締めでしっとりした印象の句ですね。

(1)下駄音に草中跳ぬる青蛙  匡(女)
(2)竹林の宿の夏炉に憩ひけり
(3)みちのくの卯の花腐し仕込味噌
(4)仮免の試験卯の花腐しかな

 いつもご指導有難うございます、5/31付の「夏炉」仰るとおりで・・・直したのですが座五の置き方に迷います。「・・・近江の人と惜しみける」連体形なので、「憩ひける」とすべきなのでしょうか?宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)情景はよくわかるのですが、素直すぎる表現なのでひと工夫してみてください。
(2)「の」が続いて「けり」と用言で終わるとこの場合、句が間延びした印象になるかと思います。上手く区切りを作ったり体言を活用するなどしてリズムを作ってみてください。
(3)「仕込味噌」と終わってしまうと、読者にとっては作品世界の手がかりが少ないと思います。この場合はもう少し作者の意図を匂わせるしかけが必要かと思います。
(4)「仮免許試験」としたほうがすっきりするかと思います。いい取り合わせですね。


2008年6月8日

姉は女医妹午後から水中花  北野元玄(60代,男)
 『そこんとこ、「西日のせい」は詭弁です』の流れで『だからそれ、「ゴッホのよう」が妥協なの』を投稿してしまいました。2番煎じで、パンチも効いてない、おまけに季語がない(!)。ゴッホの句は少し考えて見ます。上句、また別の挑戦です。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。対句的なつくりですね。姉は「女医」というよりも、「○○科」(皮膚科、歯科)などと具体的に言った方がいいと思います。リズムの問題を解決するとしたら、「妹午後は」でいいかなと思います。

(1)逆光を求めし吾や昇り藤  小口泰與(60代,男)
(2)雨後の朝薔薇の雨粒まるまると
(3)畦道に袈裟懸けに飛ぶつばめかな

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)「吾や」は言わなくても分かると思います。代わりに「求めて・・・」と、求めている時の動作などを詳しく言う方がいいと思います。
(2)「薔薇の雨粒」とあるので、「雨後」はなくてもいいですね。「まるまると」ちょっとユーモラスな雨粒でおもしろいと思います。
(3)「袈裟懸け」、斜めに飛ぶイメージはもちろん湧くのですが、飛び方を説明する語として適切かどうか判断が分かれるところかと思います。「に」が一句の中で2つ続くのは、避けた方がリズムよくなると思います。ご検討ください。

遠花火涙で幕の病床  丸山俊郎(50代,男)
 病気の時はどこへも行けない。音に敏感になります。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 「涙」「病床」とそのものを出してしまうと、直接的すぎて読者にとっては気分的に重過ぎる気がします。正岡子規は「痰一斗」と言っていましたが、このように病気の断片的な症状などを加えて臥せっていることを匂わせた方がいいかなと思います。

雨注ぐ棚田の際の田植え花  どんぐり(男)
 遠景と近景になおしてみました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。先日の句を推敲されたのですね。私は先日の「さみだれの注ぐ」という表現が好きでした。確かに遠景と近景ですが、雨・棚田・田植え花とくると、風景がそのまま詠まれていて、説明的かと思います。表現にひと工夫あればいいなと思います。

(1)蛍狩り薄暗がりに人ばかり  豊田ささお(70才以上,男)
 いつも有難うございます。久しぶりに蛍の名所といわれる所へいってきました。蛍 よりはるかに多い人々の人ごみに恐れをなして帰ってきてしまいました。
(2)五月雨や膝にきりきり猫の爪
 「五月雨や膝に立つ猫の爪」を直しました。中7が5字になっていましたね・・
(3)紫陽花や水玉に笑う君と空
 紫陽花でもう一句おねがいします。明日が句会なので、間に合いません が、・・・。一日100句も作る人がいるのに一句も出来ない日が多いです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)蛍、久しく見ていません。幼い頃は実家のまわりを飛んでいたのですが。「薄暗がり」がやや平凡かと思います。蛍といえば暗闇なのでここは違う言葉で状況を描写したらいいのではと思います。
(2)「きりきり」、よくわかるオノマトペでとてもいいと思います。
(3)個人的な好みかもしれませんが、「君と空」よりも「空と君」の方が、最後に「君」ときて君が焦点化されることで、言いたいことが強く伝わる気がします。うまく説明できていなかったらすみません。私も一句もできない日ばかりです。「今日こそは」と自分を追い込んで作っています。

(1)麦飯や脱メタボリック症候群  遊雲(70才以上,男)
(2)早苗束放物線の伸びる先
(3)二十歳より只の人なり麦の秋

 in京都、お疲れさんでした。非日常の2日間でした。また明日から「日常」に。(1)は「麦飯をほうばって食う贅沢」を少しいじりました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。話題になった「メタボリック」を早速取り入れられていますね。
(1)ここはあえて、メタボリックとあまり関係ない季語を取り合わせた方が面白いのではないかと思います。麦飯とメタボだと現実的すぎるので、想像の余地があるといいなと思います。
(2)「放物線」、俳句の中で出会うと新鮮です。気持ちのよい句です。
(3)なるほど、となんとなく納得してしまう取り合わせですね。


2008年6月7日

(1)塔頭の連なる坂の薄暑かな  大川一馬(70才以上,男)
(2)方丈の奥処の窓に新樹光
(3)老鶯に案内されたる五輪塔
(4)露座佛の背なの丸さや五月空

 先日鎌倉へ参りました。(1)は円覚寺、(2)は明月院(3)は東慶寺(3)は高徳院。ご指導の程よろしくお願い申し上げます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。私も昨年末鎌倉の大仏様を見に行きました。
(1)「連なる坂の薄暑かな」だと少々間延びしている印象があります。「連なる薄暑○○坂」のように少し切れるようにしてはいかがでしょう。
(2)「の」「の」「に」助詞が続くとどうしても短文のようになります。ここは助詞を減らす方向で考えてみてください。
(3)案内役が「老鶯」というのがいいですね。
(4)大仏様が本当に唐突に登場といった感じがしたことを鮮明に覚えています。「五月空」ですが、「露座佛」と「空」はつきすぎかなと思うので、風など少しずらしたものを季語に持ってこられた方がいいかなと思います。

(1)教会と賭博のマカオ大夕立  茂(女)
(2)朝涼や峠の茶屋にウエスタン
(3)六月朔日朝日一気に宍道湖へ

 県境の大衆食堂(ドライブイン)で場違いなウエスタンが流れていてちょっと意外でした。梅雨の時期とは思えない朝日を見ましたので。  よろしくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「大夕立」、大胆な感じがしてマカオに合っていると思います。
(2)なんでそんな曲が流れていたのでしょうね。確かに気になります。ただ、「峠の茶屋」というのはやや作りすぎの印象があります。もう少し洗練された語を選んでみてください。
(3)「一気に」が俗な表現になりすぎているかと思います。ご検討ください。

(1)朱の阿行黒の吽行青葉風  せいち(60代,男)
(2)蝮草女人高野の木下闇
(3)万緑や背筋伸ばして誰も行く

 (1)は、最初「万緑や黒の吽行朱の阿行」としていたのですが、阿行・吽行と順序を入れ替えたのですがどうか?よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)最初の句だと、色の対比がわかりすぎるので、この句の方がいいと思います。結句に季語がきてうまく収まった感じがします。
(2)調べてみましたところ、蝮草は春の季語になるようです。「木下闇」もあるのでここは上をかえてはいかがでしょうか。
(3)漠然としているので、ひとりの人に絞って、背筋を伸ばしている様子を詠んではいかがでしょう。

(1)鯉のぼり威風堂々この一家  高雪(40代,男)
 仕事中の出先で見た鯉のぼりの堂々たる姿に感動して作りました。
(2)アスパラや脚がすらりと聖五月
 会社の昼休み中の作です。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「鯉のぼり一家」とつなげた方がわかりやすくおもしろいかなと思いました。「威風堂々」はちょっと直接的すぎるかもしれませんね。
(2)「アスパラ」とあれば、特に言わなくても「すらり」のイメージは読者が想像できそうです。「アスパラガス」は春の季語なのでこの場合季重ねになるかと思います。きっとスラリと伸びた脚を「聖五月」のイメージと重ね合わせているのだろうなと思うのですが、ここはどちらの季語を生かすかご検討ください。

流星とみせて蛍のやぶにそれ  山本葆博(70才以上,男)
 ご多忙の折毎毎ご教示有難う存じます。。背戸の池の蛍、その儚きもの。源氏物語千年展。紫の上、御法の巻、病んでも出家も許されず、夏の盛りに遂に、はかなくなりぬ。彼の夕霧、垣間見より幾星霜、ふたたびまみゆるは、其の想い人の事後を託さるるとは、心中如何許りぞ。中宮の御歌に。秋風にしばしとまらぬつゆの世をたれか草葉のうへとのみ見む。。。その草葉の露のはかなきが如き身の、嗚呼、諸行無常たり、生死事大たり、吾もこの世の、まぼろしが如き始中終詠まむ。。たまきはる命にもあるか露とあれつゆときへゆく行方しらなく。。まこと、まこと、無常迅速なる。。。0nly good things, l hope.!!
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。山本さん、実は私も今、源氏物語に関する本で、学生時代に読んだものをもう一度読み返しているところです。この句ですが、「流星」は秋の季語、「蛍」は夏の季語なので、一句中の共存は避けたほうがいいかと思います。蛍をほかのものに見立ててみてはいかがでしょう。また、「・・・とみせて」「やぶにそれ」ここまで丁寧に言ってしまうと読者の想像する余地が少なくなります。少しぼやかした表現を用いた方がいいかと思いました。ぜひご検討ください。

(1)青嵐や牧草にをる番鳥  小口泰與(60代,男)
(2)見破りし毛鉤放心山女かな
(3)毛鉤追ふ魚の影や栗の花

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)風景のよく見える句ですが、やや平凡かと思います。後半部分、「牧草に番鳥」で意味は分かると思います。
(2)「見破りし」「放心」、説明的な言葉が続いているのでどこかはぼやかした表現にした方がいいと思います。
(3)きれいな情景ですね。「魚」、(2)山女のように具体的な種を言う方がリアリティが増します。

(1)三度打ちあはれ出初の蚊をしとめ  岡野 直樹(40代,男)
 やっつけておいて、なんだかかわいそうな気も少し。そこを句にしようとしたのですが。よろしくお願いします。
(2)我こそと先陣切ったる蚊を討てり
 蚊にこだわっています。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)確かにこんなことってありますね。「あはれ」は合の手のようなものかと思いますが、「御免」などもいいかなと考えてみました。
(2)「我こそ」「先陣」この2つは意味が重複します。残すのは「先陣」のほうが句の雰囲気作りにいいかと思います。ご検討ください。

ラムネ玉確かに動く観覧車  学(50代,男)
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 「確かに動く」というところが説明的かなと思います。ラムネ玉と観覧車、なんとなくノスタルジックなイメージですね。この取り合わせはいいと思いますので、もうひと工夫してみてください。

(1)初夏の風を織り込む機の音  学(50代,男)
(2)若葉風まづは一気に鉋かけ
(3)糸口を掴んでをるやかはほりは
(4)蝙蝠や夕闇にゐる異邦人
(5)夏落葉どこにも行ける縄電車

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 一句の中にイメージの近い言葉が並んでいることが気になりました。少しずらした言葉を使うことで句のイメージがひろがるといいなと思います。
(1)「織り込む」と「機の音」がつきすぎかと思います。
(2)これは若葉風のさやわかさと鉋掛けの潔い感じが合っていますね。
(3)なぜこのような状況なのかが分かりにくかなと思います。なぜ糸口なんだろう・・・というところが気になります。
(4)蝙蝠と夕闇の取り合わせはつきすぎかと思います。
(5)「どこにも行ける」、たとえば、安直かもしれませんが「東へ西へ」などちょっと表現を変えるとかたさがとれる気がします。

(1)菜園の土友となりラムネ抜く  勇平(70才以上,男)
(2)アカペラの和音届かず浮いて来い
 こんな句で句意が届くのでしょうか。診断して下さい。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)一生懸命農作業をして休憩時間に飲む冷たいラムネ!おいしいですね。「友となり」とすると短文的かと思います。「土は友だち」など、体言で切れるようなかたちのほうがいいかなと思いました。
(2)この句は、おっしゃりたいことはなんとなく分かるのですが、季語と上の部分の意味が結びつきにくいかなと思います。ご検討ください。


2008年6月6日

逃げもせずウインクかえす黒つぐみ  ほし女(60代,女)
 お世話になります。最近のつぐみは近づいても餌を食べています。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 「逃げもせず」が直接表現なので、説明的かなと感じます。しかし、これ以外にいい言い方を思いつきませんでした。ほし女さん、いい表現がないか探してみてください。「逃げもせず」をこのままにする場合は、動詞「かえす」はやめて「ウインクウインク黒つぐみ」などちょっとぼやかした言い方がいいかなと思いました。

穏やかに夜が離れゆくリラの花  阿部 やすし(70才以上,男)
 満開のリラの花に集まる人が夜更けと共になくなり、明易く最近は直ぐ朝を迎えます。今が盛りのリラの花を詠んでみましたが、何か物足りぬように感じますので、ポイントをご指導願えれば幸いです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「夜が離れゆくリラの花」、この表現とてもロマンチックで素敵です。気になる点は「穏やかに」。ここが直接的な表現すぎて後半部分の詩的な世界と上手く結びついない印象があります。この部分の表現を工夫してみてください。

(1)夜の秋の玻璃戸にかかる雨の音  更紗(女)
(2)飛行船ゆるりとよぎる麦の秋
(3)きっぱりと鳥鳴く雨後や夏暖簾

 こんにちは。ドクターのアドバイスを受けて「はつ夏や玻璃戸にかかる雨の音」「飛行船のゆるりとよぎる新樹かな」「きっぱりと鳥鳴く雨後や青嵐」の推敲です。季語はどうでしょうか?(1)は「夜の秋」で季節の先取りになってしまいましたが。「の」が多い事と切れがないようにも思えます。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「かかる」はなくても「玻璃戸に雨の音」とすることで伝ると思います。その分言葉の選択肢が広がります。「夜の秋」は表現に無理があると思いますので、ここはもう少し検討してみてください。
(2)麦の秋に変えられたのですね。広い空間のイメージがわきます。欲を言えば「よぎる」はなくても「ゆるり」で分かるかなと思います。
(3)うーん。説明が難しいのですが、夏暖簾では雨後の情景と離れすぎている気がします・・・。ここは「や」ではなくて「の」としてみて合う季語を探してみてはいかがでしょうか。

(1)盆提灯消えて母の一人座し  丸山俊郎(50代,男)
(2)盆提灯消えて旧家の広さ知り
 「盆」を詠みました。よろしくお願いします。
(3)灯いて語り照らして偲ぶ故郷の盆
 「ついてかたりてらしてしのぶさとのぼん」です。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)リズムが気になります。また、「消えて」とあるので最後は体言で終わった方がバランスがいいのではないでしょうか。
(2)「旧家の広さ」は具体的な部屋や場所の名前にしてみてはいかがですか。よりリアリティが増します。
(3)対句的なつくりですね。ただ、どうしても動詞が多くなってしまって一句が窮屈な感じがします。動詞をどこか名詞に変えられてはいかがですか。

(1)点々と牧草ロール雲の峰  小口泰與(60代,男)
(2)天つ日の命ずるままや夏蜜柑
(3)渓間より嗚呼といふ声大岩魚

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)のどかな雰囲気でまとめられましたね。この場合、牧草と雲というのがよくある風景なので、雲以外の風景を詠み込んだ方がいいかと思います。
(2)スケールの大きい感じがして、おいしそうに実る、ちょっと不恰好でおいしそうな夏蜜柑が目に浮かびました。大げさな表現で夏蜜柑。このギャップが面白いと思います。
(3)上が説明的になってしまっているのが惜しいと思います。「渓間より」は具体的な地名等にしたほうが面白そうです。


2008年6月5日

(1)また一つ不快な通知草むしる  文の子(60代,男)
 「年金に医療保険ぞ草むしる」を推敲しました。
(2)円満になるべき齢草むしる
(3)菜園の実り少なし草引きぬ

 草毟りと違えたつもりですが如何でしょうか。
(4)草引くや叔母の独り居久しかる
 同じく草引くを意識しました。宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)推敲されて、読者の想像できる余地が広がったのでいいなと思います。ここは「不快」といってしまってもいい気がします。
(2)これもなんだか攻撃的な句ですね。草むしりしているなんとも渋い表情を想像しました。
(3)確かに「むしる」と「引く」の語感の違いを上手く使っておられますね。しかし、きちんと活用されているだけに、ここは「少なし」とまでは言わずにぼやかしてしまったほうがいいような気がします。
(4)この句の場合、「叔母の独り居久しかる」は説明的なので、独り居の叔母さんが日常している、独り居ならではの行動や状況を詠んで独り居を表すべきかと思います。

(1)篝火に映ゆる秋保の夜の緑  えんや(70才以上,男)
(2)公園のベンチ空席青嵐
(3)この辺り蛍ゐたよと夜の散歩

 難聴ですが思い切って24〜5人の句会に入りました。(1)どうしても「の」を続 けて使ってしまいます、この場合どうしたら良いのでしょうか?ご指導下さい。
ドクター中谷の診断と処方箋
 えんやさん、こんにちは。新しいところに参加するってちょっとドキドキしますよね。いかがでしたか。
(1)秋保と具体的な地名を入れると特別な意味が出ていいですね。旅の句でしょうか。
(2)爽やかな感じの句です。人が見えてこない句というのもいいですね。「空席」というところが説明的なので、ここはぼやかした表現にした方がいいと思います。オノマトペを活用してはいかがでしょうか。
(3)きりだし方が、いいなと思います。「蛍いたよ」とした方が会話調であることが活きますね。夜の散歩とせず、たとえば「夜の坂」のように、散歩を匂わせるキーワードを用いたほうが読者の想像の幅が広がるかなと思います。

(1)空びんの蓋しめなおす木下闇  遅足(60代,男)
 緑陰の句の診断ありがとうございます。確かに意味が強く出すぎますね。
(2)空びんの木下闇を詰めなおす
 類想句があって、ダメでしょうか?よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)空びんと木下闇との取り合わせに可能性を感じます。ただ、実際こんな行動するかなというのが気になります。俳句は、言葉が現実を超える面白さもありますが、やはりリアリティも求めたいものかと思います。そう考えると、空びんに木下闇を詰めなおすという発想の(2)のほうが突き抜けた感じがしておもしろいですね。ただ、このままですと、意味が取りにくいので、助詞を工夫してみてはいかがでしょうか。

紫陽花や一人窓辺にカプチーノ  豊田ささお(70才以上,男)
 いつも有難うございます。「紫陽花や一人来てみる喫茶店」を『喫茶店」のところをカプチーノにしてみましたがいかがでしょう?(実はカプチーノは自販機でしか飲んだことがありません)
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。いっきにおしゃれな雰囲気アップですね。よくなりました。これはぜひ、喫茶店でカプチーノを飲んでみてください。

坪ばたけ 花それぞれの 初夏の味  浅葉洋(70才以上,男)
 中谷先生宜しくお願いいたします。小さな家庭菜園ですが、元気よくなす、トマト、きゅうり等の花が咲いています。収穫が楽しみです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。夏野菜って花の段階から勢いがあっていいですね。「花それぞれの」ですが、ここはこのように直接言うのではなく、たとえば色を並べるなどの工夫で花を表現できそうです。たとえば「赤白黄色」のような感じです。また、今は花なので「味」と言ってしまうと意図が伝わらないおそれがあるかと思います。「初夏の」と初句に持ってきてもいいかもしれませんね。ご検討ください。

麦秋やロングハットの料理長  涼
 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「ロングハットの料理長」ユーモラスですね。ただ、「麦秋」はどうしても容易に食べ物と発想が近くなってしまうので、その点が気になりました。食と離した季語と取り合わせてはいかがでしょうか。

(1)万緑や団地に響く警報器  更紗(女)
(2)夏立つや吊革ゆれる波模様
 こんにちは。5/29の「シャドウボクシング」の句ですが、初めのアドバイスで「後に続く」という意味を下五ととってしまいました。大変失礼しました。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。私のほうこそ、誤解をしてしまう書き方でした。すみません。気をつけます。
(1)何かあったのでしょうか。万緑という安定したイメージの季語とあわせることで危うい感じが引き立ちます。
(2)吊革を波模様とするのは面白いですね。この句では、「立つ」「ゆれる」2つの動詞が気になります。初句に体言の季語を持ってこられた方がすっきりしてよくなるような気がします。いかがでしょう。

(1)夏の空いまだ還らぬ少年兵  学(50代,男)
(2)花氷少女の恋のありどころ
(3)茄子の花なほも齢を重ねても
(4)煙るかな桐は子供を生んでから

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)重くなるテーマをさらっと詠んでおられてうまいなと思います。ただ、どうしても、「夏の空」「還らぬ」「少年兵」というのはよくある言葉かとも思います。語の選び方をご検討ください。
(2)ロマンチックな感じですね。安定感はありますが、「花氷」「少女」「恋」、これも(1)同様によくあるかなという印象です。
(3)具体的なことはよくわからないのですが、なんとなく色っぽさがただよう句です。もう少し状況がわかるともっといいかと思います。
(4)女の子が生まれたら桐を植えるなんていう習慣がむかしはあったようですね。そんな含みを感じさせる句です。

(1)本家へと香水一滴訪問す  茂(女)
(2)ぺロ吉の怪訝な顔や梅雨の入り
(3)罰則の廊下に立つや雲の峰
(4)雲泳ぐホテルのプールひさご形

ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)状況がうまく読み取れませんでした。もう少し情報を出してみてください。香水をつけて行ったとのことなのかなと考えたのですが。
(2)犬でしょうか猫でしょうか。ペットの怪訝な顔というのは面白いですが、ペロ吉がよくわからないのが気になります。
(3)罰則の廊下・・・立たされてるのかなと思いましたが、読み手が状況を把握しにくいかと思います。
(4)ひさご形はよくある発想かと思います。ひさご自体は秋の季語でもあるので、ここは思い切って違う形にしてみてください。


2008年6月4日

そのへんのなまあしぼくの妻の足  汽白(40代,男)
 いつもありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 汽白さんって柔軟な発想をされますね。この、ちょっと力の抜けた感じがなんとも言えずおもしろいと思います。ひらがなのこのたどたどしさもいいですね。

氷水励まし合いし万歩計  摯F(男)
 メタポの戦い中ですが、よろしくご指導くださいませ。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「氷水」という季語、この句の場合ちょっとマイナスなイメージを強めてしまうかと思います。もっとぴったりくる季語がありそうです。季語を一度ご検討されてはいかがでしょうか。後半はこのままでいいかなと思います。

麦秋も一瞬にしてなゐ地獄  大川一馬(70才以上,男)
 5月24日のご診断で「なえ」とは「なゐ」のことかとご質問があったのですが、その通りです。同時に少し直して見ました。 原句は、「麦秋や一瞬のうちなえ地獄」です。再診をお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。直接的すぎるかなと思います。せっかく「なゐ」というちょっと和らげる表現をお使いになっていることですし、「一瞬」「地獄」という強いはっきりした表現は避けた方がここはいいかなと思います。他の語を探してみてください。なゐを擬人的に扱ってみてもいいかもしれませんね。

夏蝶や前かごふれてごあいさつ  kikumi(60代,女)
 ご診断ありがとうございます。お大師さんのきなこもち<大好きです。チャリンコで良く走りますが、アゲハ蝶がふあふあ前籠に止まりそうな?なんだか嬉しいのです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。かわいい句ですね。「ごあいさつ」を具体的な挨拶にして「こんにちは」としてしまってもいいかなと思いました。私はいつも自転車猛ダッシュなのでこんなかわいい出来事もなく・・・。うらやましく思います。

(1)見たことの無しや僧侶のサングラス  丸山俊郎(50代,男)
(2)瀬に迫る船の切っ先サングラス
(3)裕次郎の仕草真似してサングラス

 日に日に暑くなります。サングラスを詠みました。よろしくお願いします。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)確かに私も見たことがないのですが、こう言ってしまうより、見たつもりで「サングラスの僧侶」について詠んだ方が面白そうです。ぜひ!
(2)これは裕次郎ワールドそのままなので、少し離れてみてください。
(3)「仕草真似して」、具体的にどんな仕草か句の中に出したほうが句が具体的になります。ぜひご検討ください。

(1)折り紙のコップをほして風薫る  学(50代,男)
(2)雨空やぼうたんの実の持ちし刻
(3)牡丹とは空に咲きたる花のこと
(4)花氷唇薄し麗人よ
(5)闇の中赤い紐ある蛍籠

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「干して」が気になります。「コップさかさに」ぐらいではいかがでしょうか。
(2)牡丹の実のイメージを上手く生かしていてとても素敵な句です。こんな発想だと雨空も楽しくなりますね。
(3)これは説明的かと思います。牡丹を全く違うものに見立ててみてください。
(4)「麗人」まで言ってしまうと、読者の想像の余地が残されないのでもったいないかと思います。情報は「花氷」「唇薄し」までに留めておきましょう。
(5)色彩の対比がこの場合うまく出ていていいかな思います。ちょっと懐かしい感じがしますね、赤い紐。

(1)風船に夢をいっぱい詰めこんで  遊雲(70才以上,男)
(2)紙風船ナルニア国へ行きました
(3)シャボン玉私の夢はいつも夢

 いよいよ今週末は「初夏の集いIN京都」。楽しみです。勿論投句は本名です。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。お返事が遅くなりました。初夏の集いではお会いできてうれしかったです。
(1)風船に夢を詰め込むというのはわりとよくある発想でこのままだと抽象的なので、ここは「○○の夢」とつめこむ夢の内容を具体的に言うと遊雲さんの個性が出るかと思います。
(2)映画の宣伝に使えそうな感じがします。紙風船とナルニア、意外な取り合わせですね。かわいい感じにまとまっています。
(3)シャボン玉のはかなさと夢というのはイメージがつき過ぎかと思います。ここは現実的なものと取り合わせた方がいいかなと思います。

まだ知らぬ地獄の釜の蓋探す  翡翠(30代,女)
 こんにちは。25日の診断ありがとうございました。漢字にするか、カタカナにするか、判断が難しいです。ふた通り作って比べてみようと思いました。先日、地獄の釜の蓋を探しに行きました。見つけたときは感激です。知らないものを知るって楽しいですね。季語の冒険にはまっています。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。私も「地獄の釜の蓋」知りませんでした。教えてくださってありがとうございます。季語ってほんと知れば知るほど面白いですね。(私が驚いた季語は、「龍天に昇る」でした。)
 しかし、そうなるとこの句、季語の力だけに頼ってしまうことになると思います。「まだ知らぬ」が説明的なので、ここはさらっといきたいところ。極端に言えば「こんな日は」などでもいいかもしれません。また、この季語は取り合わせにすると詠みやすいかもしれませんね。ぜひ色々チャレンジしてみてください。


2008年6月3日

(1)生きるのにふさわしい風聖五月  岬(女)
(2)田植機の近江平野の点となり
(3)大麦秋近江の峰の裾野まで

 バスの中から近江平野の黄金に輝いた刈り取り前の麦畑を始めて見ました。普段街の中で生活している私には、本当に雄大な景色で感激致しました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。私も昨年のこの時期滋賀で一面の麦畑を見ました。
(1)おっしゃりたいことはよくわかるのですが、このままでは理屈だけになってしまっているかなと思います。しかし、ここから変えるのも難しい・・・・。うーん。思い切って、「風」とせずに「生きるって○○○○○○○聖五月」など具体的な事柄を言ってみてはいかがでしょう。
(2)面白い発想ですね!「点となり」ですが、「近江平野の○○点」としたらもっと面白そうです。「句読点」などいかがでしょう。他にもありそうです。ぜひ考えて見てください。
(3)「近江の峰の裾野まで」という表現が説明的かと思います。ここは何かに見立てるべきかと思います。

(1)バイキング小皿連なる冷奴  えんや(70才以上,男)
(2)優勝の女子プロ涙風薫る
(3)我が庭に夢は蛍が飛んでゐた

 いつも誠に適切なアドバイス感謝致します。「の」使い方注意いたします。女子プロの涙の優勝ほととぎすを推敲しました、宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「小皿連なる」が気になります。何かに見立ててみてはいかがでしょう。
(2)前回と比べますと、推敲された方が句に軽快さが出ました。
(3)これは、えんやさんちの庭に蛍が飛んでいるという夢をみた、ということでしょうか。語順のせいか意味がとりにくいと思います。「我が庭に蛍飛ぶ夢」などのまとめ方が考えられます。簡潔に表現してみてください。

蝸牛己が歩みを振り返る  吉井流水(60代,男)
 今日の一句を見て蝸牛の句がふっとできましたが、いかがでしょうか。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 「蝸牛」と「歩み」というのはどうしてもつき過ぎになってしまう傾向にあります。ここは、漠然と「歩み」とするのではなく、具体的な出来事を句に出してしまう方がいいかと思います。たとえば、私でしたら「昨日の喧嘩」などと取り合わせるかなと思います。自分の身に起こったこと+蝸牛とすることで、「己が歩み」という部分を言わなくても読者が吉井さんのおっしゃりたいことを読み取ってくれると思います。

(1)水張田の月眺む候わが住処  草子(60代,女)
(2)白木蓮咲く家離れ余生かな
(3)クチナシのまったき白や言葉揺れ
(4)梅の実のコツンと落ちる真昼かな
(5)椎落ち葉400文字に収まらず

 25日の句に合点がいく診断をありがとうございます。(1)”月”がつき過ぎで しょうか??毎年の事ながら美しい景です。(5)ケータイメールは500文字制限です・・どうぞよろしくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)田に月というのはどうしても、草子さんがおっしゃるようにつき過ぎかなと思います。「月眺む」のところ少し比喩的するといいかなと思います。
(2)「白木蓮咲く」は説明的かと思います。参考までにですが、私なら「白木蓮の家」とするかなと思います。
(3)白の潔さと「揺れ」の対比が生きている一句だと思います。なんだかせつなくなります。
(4)「落ちる」と言わないほうがよりいいかと思います。「コツンコツンと」としてはいかがでしょうか。
(5)句だけを見ると携帯のメールの制限だと思いつくよりも、原稿用紙を想像する人の方が多いかもしれませんね。でも、それでもうまく読めますし、伝えたい気持ちがあふれるというのがよくわかるのでいい句だなと思いました。

(1)コッヘルや八海山の清水満ち  茂(女)
(2)ボサノバと夏の波の音たぐり寄せ
(3)宣教師のブレイクタイム心太

 100年前夢を持ってブラジルに渡った方達は呑気にボサノバを聞いてる時間は無 かったのでは。
(4)尻尾振る犬にウインク夏帽子
(5)カルガリノ裾野にホテル百夜かな
(6)モナリザの微笑み真似て夏の夕
(7)落とし文近道の無き屋敷町

 梅雨の前にもう夏が来たような暑さでした。ご指導お願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 今回はカタカナがたくさんですね。ちょっと新鮮です。
(1)コッヘルと冒頭に来るとなんだかいい雰囲気です。ただ結句の「清水満ち」というところが平凡になってしまったかなと思います。
(2)俳句に「ボサノバ」と入れるところがおしゃれですね。ただし、ボサノバのイメージとこの句のイメージがつきすぎかなと思います。ここは思い切って離してください。
(3)「心太」を休憩に食べてるんじゃないかと思うとちょっと宣教師が俗なものに思えてしまって滑稽です。そこがいいのかなとも思うのですが、ここは食べ物じゃない方がいい気がします。
(4)ただ「犬」といわずに「チワワ」など、固有名詞の方がイメージが沸きます。「尻尾振る」は、違うことをしている方が面白そうです。
(5)これは31日に診断済みのものですね。
(6)「夏の夕」ではインパクトが足りない気がします。「梅雨に入る」などもう少し強い印象の季語ではいかがでしょうか。
(7)近道がないという発想が面白いと思います。「屋敷町」というのもいいですね。

(1)麦秋や黄なるクレヨン一つ持ち  文の子(60代,男)
 「クレヨンの一本あれば麦の秋」を推敲しました。宜しくお願い致します。
(2)スーパーの値札替はりぬ麦の秋
 「なぜパンの値段あがるの」麦の秋」を推敲しました。宜しくお願い致します。
(3)独り居の窓たたく音灯取虫
(4)白壁や虚空を蜘蛛の上がり下り
(5)ひとすぢの蜘蛛のいと垂れ糸電話
(6)蜘蛛の囲にかかれり孫と鬼ごっこ

 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 今回の句の中では、(6)が一番好きです。かわいらしいかんじがして、思わず笑ってしまいました。蜘蛛の囲にかかったと言いつつも楽しそうです。
(1)28日のクリニックで申しましたが、私はやっぱり最初のものがいいなと思います。(最初の誤診、本当にすみません)
(2)まったく、私もスーパーでパンの値上がりに愕然(笑)としております。先日はパンと麦が近いと申しましたので「値札替はりぬ」とされたのだと思いますが、これだとどう替わったのかが分からないので文の子さんのモチーフが生かされないのでは・・・と思います。パン、などの商品名はあった方が分かりやすいですし、高くなったというのがきちんとわかるほうがいいですね。
(3)私の実家はかなり山にあったので、夜ひとりで部屋にいるといろんな虫が窓にぶつかってきました。この句の状況よくわかります。「たたく音」というのが直接的なので、ここを比喩的にしてみてはいかがでしょうか。
(4)これも思わず「あるある」と言いたくなります。「上がり下り」というところひと工夫してみてはいかがですか。これも(3)同様に、蜘蛛のこんな様子を何かに見立てたらいいのではないかなと思います。
(5)これは面白い発想ですね。遊び心があります。「糸電話」と言うのであれば、「いと垂れ」というのはない方がすっきりしますね。「蜘蛛」「糸電話」この2つで十分かと思います。ぜひご検討ください。ユーモアあふれる句になりそうです。

(1)山つつじ映せる瀞の真くれなゐ  小口泰與(60代,男)
(2)城跡に立てば湖見ゆ燕かな
(3)牧草の刈り取られしや蟇蛙
(4)麦の波数多の小鳥鳴きてをり
(5)風ゆるぐ先手ガ浜の九輪草
(6)畦道の猫とのあはひ蜥蜴かな

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「映せる」によって説明的になってしまいますのでこの語は省いてみてください。
(2)「立つ」「見る」動詞が続くと、短文のようになってしまいます。どこかに体言でぱっと切れるところを作るといいですね。
(3)「牧草」が「刈り取られし」というのは平凡なので、表現に工夫が必要かと思います。思い切って蛙の視点で詠んでみると面白そうです。
(4)「麦の波」という表現がいいと思います。ただ、麦畑に小鳥の鳴き声というのはよくある展開なのでまったく違うものを登場させてみてください。
(5)先ほど(2)で体言をと言いましたが、この句の場合は「ゆるぐ」の動詞に対して最後が「九輪草」と体言止で終わるのでリズムがいいですね。
(6)ちょっと想像して笑ってしまいました。実景でしょうか。これは思い切って猫と蜥蜴のやり取り(追っかけ合い)などの状況を作ってみるべきかと思います。

(1)木苺やいまも残りし幼な顔  学(50代,男)
(2)草笛やもんじゃもんじゃで日が暮れて
(3)紫陽花や人の目のある通ひ道
(4)ぜんまいに巻かれてをりし白亜紀よ
(5)毛虫焼く老医の目立て際立ちて
(6)学舎を出でて頭上の藤棚は
(7)虻の来てあぶと応へて動かざり

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 今回の句の中では、(4)がおもしろいなと思いました。「ぜんまいに巻かれる」という発想が新鮮です。メルヘンチックな感じがするのですが、実は立派なシダ植物ですから科学にも正しい。奥が深い一句ですね!今回の句は、作り方がよく似ているなという印象があります。
(1)(2)(3)は取り合わせを試みられていますが、後半部分が説明的であること、季語と後半部分が離れすぎていることが気になります。取り合わせに大切なことは季語の雰囲気を上手く狙って生かすことかと思います。そういう意味では「木苺」と「幼な顔」が一番可能性のある取り合わせです。「今も」とあれば「残りし」は余分かと思いますので、たとえばどのあたりに幼さが残っているのかなどを加えるといいと思います。
(5)(6)は読者に任せられる部分が大きすぎて想像の収拾がつかない気がします。もうすこし作者の思いを込めるべきだと思います。
(7)は理屈先行かと思います。場面の広がりが欲しいところです。ご検討ください。


2008年6月2日

(1)足湯して新緑の香に浸りけり  匡(女)
(2)新樹濃し足湯にしばし眼閉づ
 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「足湯」とあるので、「浸る」はいらないかなと思います。ここはこの語に代わる、「足湯」「香」にかかる語を検討してみてください。
(2)「しばし」が説明的かと思います。「足湯に眼閉じ・・・」として最後にもうひとこと。体言止で終わるといいんじゃないかなと思います。

(1)人生は虹色それはシャボン玉  藤尾(男)
(2)若き日の自由の味するラムネかな
(3)さくらんぼ食べて私は鳥になる

 【質問】
 当季というのはたとえば梅雨入りしていないのに梅雨のことを句にしてかまわないのでしょうか?季重なりとは基本的に季語は一つということでよいのでしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。ご質問の件ですが、早春に梅雨というのは当季ではありませんが、もうすぐ梅雨がくるというのでしたら、少しぐらい早くてもかまわないと思います。ほんの少しなら季節先取りもいいのではないでしょうか。季語は基本的にひとつですね。
(1)「それは」が入ると説明的になってしまいます。おっしゃりたいことはよく出ていますので、ここはシャボン玉の描写をしたほうがいいと思います。
(2)これも「自由の味するラムネかな」が説明的です。「自由」で切って、「ラムネ」に関わる動作、飲み干す、ふたを開けるなどとすると広がりが出ます。
(3)短文のようになっているので「さくらんぼ食べて私は○○鳥」のように、体言止にしたほうがいいと思います。

五月雨や膝に立つ猫の爪  豊田ささお(70才以上,男)
 中谷ドクター、いつも的確なご診断を有難うございます。五月雨というものの怖さを感じましたものでこんな句になりました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。発想がおもしろいですね。ただ、単純に秘膝に猫の爪が立つと言ってしまうともったいない感じです。爪が「立つ」のところ、擬音語や擬態語を使うなどの工夫をしてはいかがでしょうか。

水に花疲れを癒す青さかな  別珍(70才以上,男)
 「疲れ」が課題でした。我流なので、厳しいご批評をお願いしたいと思います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「疲れを癒す青さ」という部分が説明的なのではないかと思いました。確かに句の意味やおっしゃりたいことはすんなりわかるのですが、「疲れを癒す」直接表現を避けて違う言い方にぼやかしたほうが「青さ」の持つ力のイメージが広がる気がします。


2008年6月1日

さみだれの注ぐ棚田に月の照る  どんぐり(男)
 季重ねをなおしてみました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。風景に変化が出ました。ただ、気になるのは「月」。本来秋の季語なのでちょっとひっかかります。さみだれとあるので、当然季節は分かるのですが。結句、難しいところですが、もうひとひねりしてみてください。

(1)飛び起きてごきぶりホイホイ買いに行く  ポリ(50代,女)
(2)青葉闇クロールのまねちょっとする
 ご指導ありがとうございます。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)ごきぶりが出たのですね。でも、これは直接的すぎて日記調になってしまっています。表現にひと工夫必要かと思います。
(2)青葉闇のこっそりした感じとクロールをちょっとするというのは合っていると思います。面白い場面ですね。

(1)うすものや風呼ぶ雨後の石畳  更紗(女)
(2)風涼しなすび象る京干菓子
 5/26の診断有難うございました。「新緑や風呼ぶ雨後の石畳」「風涼し四季を型どる京干菓子」を推敲してみました。(2)「なすび」は夏の季語ですが「京なすび」もあるので。また「風涼しなすを象る京干菓子」と助詞「を」を入れた方がリズムが良いですか?「風涼し家紋かたどる京干菓子」や「枯山水かたどる干菓子風涼し」ともしてみましたが、どうでしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。2句ともご推敲されてぐっとよくなりました。
(1)美しい和服美人がすらっと涼しげに立っている様子が目に浮かびました。
(2)「なすび象る京干菓子」というフレーズに一目惚れです。しかしながら更紗さんもおっしゃっているところ、「風涼し」「なすび」の季重ねがやはり気になります。季語にならないような「風」の描写をぜひ探してみてください。

(1)三役に琴が三人青葉光  遊雲(70才以上,男)
(2)最後までやきもきさせて夏料理
(3)麦飯をほうばって食う贅沢

 何はとも勝ち越せてよかった琴光喜。今場所の琴欧州のあの笑顔は本当にほほえましい。2人の横綱に爪の垢でも煎じて飲ませたい。この間、親方貴乃花が、横綱たるもの勝って当たり前だから「ガッツポーズ」なんかどうかといってたがホント。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。夏場所は波瀾万丈でしたね。琴欧洲優勝うれしかったです。琴光喜が白鵬に勝ったのも、さすが兄弟子!と思いました。
(1)佐渡ヶ嶽部屋に贈りたい一句ですね。「三役」と「三人」2回同じ数が出てくるのも面白いかとおもったのですが、「並んで」とさらっといってもいいかと思いました。
(2)どんな場面なのか具体的にはよくわかりませんが、おもしろい句です。私は、料理も2人の関係もやきもきと読んで恋の句かなと思いました。
(3)これは、ストレートすぎるかと思います。字足らずも気になりますので、表現にひと工夫をしてみてください。

(1)朽ち舟に余花の雨降るインクライン  岬(60代,女)
(2)廃線のなぞへにぽつり夏あざみ
 何時も丁寧な添削有難う御座います。言葉の一つ一つで句が生き生きとしてくるのがわかります。まだ季語を入れて5-7-5にすることで気持が回りませんが少しずつ適切な言葉を使いたいと思っています。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。あたたかいお言葉をありがとうございます。
(1)「雨」とくるとよっぽどでない限り「降る」と続くことが予想できますので、「降る」は言わなくてもいいと思います。勝手に変えてみたのですが、「朽ち舟にインクラインに余花の雨」などとすればすっきり整うかなと思いました。ご参考までに。いかがでしょうか。
(2)趣のある景色ですね。「夏あざみ」がきいていると思います。ただ、「なぞへに」がどうしても説明的なので、ここは景色をより鮮明にするために廃線の様子をまっすぐだ、カーブしているなど具体的に加えてはいかがでしょうか。

夏来る少し男のギャランドゥー  きなこ(50代,男)
 よろしくご診断下さい。
ドクター中谷の診断と処方箋
 ギャランドゥーを俳句にしてしまうなんて、きなこさん大胆ですね。私はちょっと赤面です。(笑)「少し男」というところ、「少し」のかかり方が気になります。また、「夏来る」という季語も分かりやすすぎるかなと思いました。ギャランドゥー、ぜひご推敲ください。

(1)手をかざし指間に立夏の空を見る  丸山俊郎(50代,男)
 「手をかざし」と「かざす手の」で迷いました。前者は動詞が重なり、後者は「の」「に」「の」と助詞の連打、難しいです。
(2)アイロンの線くっきりと更衣
(3)樟脳の匂いまとうや更衣
(4)制服の眩しく歩く更衣

 「更衣」を詠みました。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)私は「かざす手の」派です。「かざす手の指間立夏の空を見る」と「に」を省くことは可能ですね。さらにいえば、この場合「見る」はいわなくても分かりますので省きましょう。その代わり「立夏の○○○空」「立夏の空は○○」などとまとめればいいかなと思います。
(2)(3)(4)更衣シリーズなのですが、どうしても更衣って衣更えそのものと結びついてしまいがちになります。アイロン、樟脳、制服、「更衣」との距離の近さが気になりました。ここは、思い切って衣更えや服関連のものから離れる方ほうがいいと思います。取り合わせにチャレンジしてみてください。

(1)ついばんで地球をはらむ雀かな  穂波(女)
(2)むらさきの花そよぎおり聖母月
 ドクター中谷、初めまして。穂波と申します。句歴はほぼ一年半、十七音に詰め込みすぎたり、逆に削りすぎて間延びしたりと、程よい具合にいきません。どうぞよろしくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。よろしくお願いいたします。
(1)スケールの大きい句ですね。おもしろい発想でいいなと思います。どの世界も母は強し!ですね。
(2)「聖母月」という季語を結句に持ってくることでちょっとぼやけた印象が締まる気がします。このままでもいいかなとも思うのですが、もう少し、情報量があってもいい気がします。「そよぎおり」が気になります。

(1)妙手受け棋士持つ扇子の動き止み  丸山俊郎(50代,男)
 「難局に棋士持つ扇子の動き止み」の推敲です。兼題が「難」だったのでご指摘のように無理がありました。よろしくお願いします。
(2)初手の石響く座敷に百合の香
(3)目を閉じて棋士対座する夏羽織
(4)ぼさぼさの頭棋士かく夏座敷

 「棋士シリーズ」でよろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)直接表現を避けられてよくなりました。ただ、後半がかたい印象があります。「持つ」「動き止み」とまでも言わなくても、棋士の扇子が止まると言えば分かりますね。要らない語は省いてみてください。
(2)これは雰囲気が出ていていいと思います。私は将棋は余り詳しくないのですが、それでも場の雰囲気が伝わりますね。
(3)棋士と羽織がどうしてもつきすぎかと思います。
(4)時々寝癖の棋士がいますね。しかしながら、この句はそのままを詠んだだけになってしまう危険があります。ぼさぼさ頭の棋士にもうひと動作加えて欲しいところです。