俳句クリニック 2008年6月後半分(ドクター:中谷仁美)

「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


ドクター中谷の診断
2008年7月8日

(1)無重力船内全員浮いてこい  大川一馬(70才以上,男)
(2)大夕焼け仰ぐ四川の被災民
(3)夕焼けを背にしバス来る岐れ道
(4)無住寺や十薬の花縦横に

 最後の四句どうしてもドクターの診断を仰ぎたくて、申し訳ありません。(1)はスペースシャトルです。(3)「岐れ道」は鎌倉市内のバス停名です。 最後に改めて適切なご指導を数多く頂いたことに厚く感謝するとともにドクター中谷の益々のご活躍を陰乍ら祈っております。 多謝。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。そう言っていただけて光栄です。私のクリニック、大川さんで本当の本当に最終です。
(1)クルーがみんなぼーっと浮いている姿を想像して面白くなりました。ただ、「無重力船」と「浮いてこい」だと表現上どうしてもつきすぎてしまうのが気になります。どちらかの言葉を言い換えるなどの工夫をしてみてください。
(2)仰ぐ姿を想像すると、なんとも悲しげです。大きな夕焼けと被災された方との対比が余計にそうさせるのだなあと思いました。
(3)思い切ってもっとバスを擬人化してみてはいかがですか。一例ですが、夕焼けを背負う、運ぶ、ひっぱるなど、バスの存在をもっと大きくしてみてはいかがでしょうか。
(4)「じゅう」の音が3つあるとやや気になります。無住寺と十薬の花というのはイメージが合うなあと思ったのですが、「縦横に」が説明的になってしまうので表現を変えてみてください。「花」とせずに、「咲く」という語を使ってもいいかもしれませんね。
 新米ドクターの診断にお付き合いいただきありがとうございました。大川さん、これからもたくさんの句を作って言葉を楽しんでくださいね。

(1)ともがきの欠けてあさがほ垣を展ぶ  文の子(60代,男)
(2)余呉よりの風やあさがほ紺極め
(3)娘は寺の次男にとつぎ盆の月
(4)逆縁の伯母をおとなひ盆用意
(5)供物火にくべて岸辺の送り盆

 ドクターとは本日までと承りました。2ヶ月間1句毎に丁寧にご診断くださり心より御礼申しあげます。次は選者のお立場かと思いますが、1句でもお目にとまればと願っております。掲句宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。文の子さん、新米ドクターにお付き合いいただきましてありがとうございました。
 私の方こそ、色々勉強させていただきました。これからもたくさんの句を作ってくださいね。お待ちしています。
(1)せつなくなる句ですね。イメージと情景とがぴったり来て読者にうまく伝わります。
(2)涼しい感じがしますね。風から「あさがほ」へと句の情景が鮮明になるのがいいと思います。
(3)寺の次男と盆というのがややつきすぎかと思うので、違う表現で季節感を出してみてください。
(4)逆縁と盆用意というのがやはりつきすぎかと思うので、盆に関連する季語でもう少しぼやかした言葉を持ってきてはいかがでしょうか。
(5)岸辺の送り盆の様子ですが、文の子さん独自の視点で場面を切り取ってはいかがでしょうか。たとえば供物は何なのか、火の様子はどうなのかなど、細かい描写があるといいなと思いました。

(1)山寺の青葉に籠もる奥の院  三郎(70才以上,男)
(2)一輪の花に陽のさす梅雨最中
(3)あるがまま己を生かせ夏椿
(4)大蛍手から離れて別世界
(5)十薬の花咲く百段空の青

 よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)奥の院が人の姿のように感じらますね。ただ、山寺、青葉、籠もる、奥の院というのは固定されたイメージにつながってしまうので少し外してみてはいかがですか。
(2)やや説明的かなという気がしました。
(3)夏椿って確かにこんなことを言いたくなる相手かもしれませんね。「あるがまま」がやや抽象的なのでどんな己なのかもう少し具体的に言ってもいいかもしれません。表現を工夫してみてください。
(4)別世界という部分、具体的なイメージが浮かぶ手がかりがあるといいなと思いました。
(5)今回の5句の中では、この句がスケールが大きくて一気持ちいいなあと感じました。「百段」「空」というの続き方がいいですね。

(1)山百合の茎あはれに残りけり  小口泰與(60代,男)
(2)百合の香や百科事典と歳時記と
(3)猫車通りし跡の蛙かな

 中谷仁美先生、ニカ月間ご親切なご指導心から感謝申し上げます。また、ご指導いただける日を楽しみにしております。時節柄、いっそうのご自愛をお祈り申し上げます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。こちらこそ、新米ドクターにお付き合いいただきありがとうございました。
(1)「あはれ」というのはどうしても直接表現になってしまうので、句の広がりを持たせるためには比喩などを活用してみてはいかがでしょうか。
(2)句を作るときの机上の様子かなと思ったりしました。実物と、百科事典・歳時記が並んでいるというところが妙に生真面目な感じでおもしろいですね。
(3)猫車という名前が効いていますね。ただ、「通りし跡」という部分にもうひと工夫あると面白いかなと思いました。
 これからも、たくさん句を作って俳句を楽しんでくださいね。

テレビ聞く湯舟の外に雨蛙  豊田ささお(70才以上,男)
 中谷先生、いよいよ今日でクリニックも最後の日を迎えました。いつも同じところ で足踏みばかりのわたしのようなものに、気長くお付き合いくださり深謝申し上げま す。いちおう明日から5句にチャレンジしてみます。ほんとうにありがとうございま した。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。ささおさん、こちらこそありがとうございました。色々な世界を持っておられるのだなあといつも俳句を通して感じておりました。これからもがんばって素敵な俳句をたくさんつくってくださいね。
 今回の句は、蛙がその場に現れたのだろうなあと思うのですが、蛙の鳴き声を句の中に取り込んでも面白いかなと思いました。「テレビ聞く」ですが、具体的な番組名などをいれると具体的になるのでそれもひとつの方法かと思います。私の実家の風呂場にはトノサマガエルが出現していたので「あるある!」と納得の句でした。

朝には優しくなれる百合の花  麻女(60代,女)
 無人の田舎に来ています。庭に百合の花が綺麗に咲いています。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 確かに百合って優しいイメージですね。ただ、ここでは「優しくなれる」とストレートに言ってしまわない方がいいかと思います。百合を擬人化してみてはいかがでしょうか。

(1)平成は何年ですか蝉の声  遊雲(70才以上,男)
(2)ここ1年ご無沙汰ですね黴の花
(3)さよならはハシビロコウと水無月と

 7月は4日が「独立記念日」7日を「七夕」14日を「パリ際」と生きて72年。「七夕」だけは秋の季語。わかっているけど何とやら。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。私も、七夕が秋の季語ってなんだかなぁ・・・と思っております。
(1)蝉にもし人間的な感覚があったら本当にこんな感じでしょうね。
(2)ご無沙汰なんていいことですね。せりふ+季語というのは、取り合わせ次第で力を発揮できるつくり方ですね。ぜひ色々チャレンジしてみてください。
(3)素敵な句をありがとうございます。ハシビロコウを知ってくださってうれしいです!!水無月とハシビロコウって色彩感がぴったりですね。

網戸越し縁台犬の寝息かな  岡野 直樹(40代,男)
 もう診察を制限される、所謂後期高齢者の心境です。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。そんなことおっしゃらず、これからもいい俳句をたくさんつくって送ってくださいね。
 気持ちよさそうですね。表現が素直すぎるかと思います。寝息と言わずに様子を描写する、オノマトペを活用するなどの方法でよりいきいき表現できそうです。網戸と縁台はどちらかひとついいかなと思います。ご検討ください。

(1)風起こり家(や)を揺るがすや破れ傘  小口泰與(60代,男)
(2)夕焼の妙義の奇岩天(あめ)にあり
(3)まほろばの暑さ集むる上野(こうずけ)よ

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)家をやと読むと、「やをゆるがすや」とややくどい気がします。自然に「いえをゆるがす」でいいのではないかと思います。
(2)「の」が続くと説明的かなという印象です。「奇岩」がどんな奇岩なのか具体的にわかるとイメージが広がると思います。
(3)句がやや観念に傾いているかなと思います。暑さを集めているという理由などを句の中に盛り込んでみてはいかがですか。

(1)悲しきことあらば白百合かかえ買う  千鶴子(60代,女)
(2)梅雨空にマニキュアの色濃く変えん
(3)端居して心地よき間を保ちをり
(4)木漏れ日を独り占めして夏木立

 どうぞよろしくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「かかえ買う」は言わなくてもいいかもしれませんね。「悲しきことあらば白百合」でとめる方がかっこいいかと思います。後半は状況などを詠んでみてもいいのではないでしょうか。
(2)「濃く変えん」、具体的な色を句の中に入れるとイメージが鮮明になると思います。
(3)「心地よき間を保ちおり」というのが説明的かと思います。「端居」とはつきすぎかと思うので、この発想を生かして表現を工夫してみてください。
(4)木漏れ日を独り占めというのは夏木立とつきすぎかと思います。思い切って違うものを独り占めしている夏木立にしてみてはいかがでしょうか。

(1)朝顔や今日もまた来た貰ひ水  藤尾(50代,男)
(2)かまくらを作りすぎたる悪寒あり
(3)中年や遠く見掛ける夜の蝶
(4)あはれこの夜寒の床の踏めば鳴る
(5)滝の上に夜半現れ落ちにけり

 パロディを作ってみましたが、不謹慎ですよね。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 パロディは私自身はあまりしません。原作にどうしても勝てないなあと思うからです。難しいですよね。元の句が頭にあるとどうしてもそれに引きずられてしまって自分らしさを発揮するのが難しいのではないかなと思います。


2008年7月7日

星あまたきゅうりが育つ妻がいる  汽白(40代,男)
 こんばんは。まいどお世話になります。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんばんは。
 星が出ていて、きゅりがあって、奥さんがいて・・・何気ない日常の一こまですが、その瞬間をさりげなく切り取って句にしておられるところがすてきだなと思います。星ときゅうりの取り合わせの唐突さがおもしろいですね。そこにさらに妻。のんびりしたかんじがとても素敵です。

朝凪やぴくりともせぬ横隔膜  茂(女)
 今日で終りですがお世話さまになりました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 ありがとうござました。茂さん、これからもがんばってくださいね。
 切ない句ですね。うまくぼやかして詠んでおられるのですが、朝凪もぴたっととまるイメージなので「ぴくりともせぬ」はやや言い過ぎかなと思います。違う季語でもいいのではないかと思います。ご検討ください。

(1)よく笑う花火のようにはじける子  れい(70才以上)
(2)梅漬けて誰にも会わぬ日の過ぎぬ
 ご指導ありがとうございました、またいつの日にかお目にかかれますように・・・ご自愛下さい。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。れいさん、ありがとうございました。これからもぜひ「今週の十句」にお送りくださいね。
(1)「花火のようにはじける子」という表現で子どもの元気さが十分出ますね。「よく笑う」と言わないでも伝わると思います。上5は子どもの具体的な動作もしくは笑い声そのものなどを持ってきてはいかがでしょうか。
(2)ややさみしいですが、梅を漬けるという行動に意志があって落ち着いた雰囲気です。「会わぬ日の過ぎぬ」はぬが2回あると声に出して読む際ややもたつく感じがします。ご検討ください。

(1)つるバラのとうせんぼする小路かな  由利子(70才以上)
(2)五月雨や道の繕い黒々と
 ありがとうございました。ますますのご活躍をお祈りしております。お元気で。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。ありがとうございます。由利子さんもこれからもたくさん俳句を作って楽しんでくださいね!
(1)かわいい句です。とうせんぼは、「とおせんぼ」ですね。欲を言うと、「する」「かな」などをなるべく省いてみてはいかがでしょうか。体言止などを使うと句にリズムが生まれると思います。ご検討ください。
(2)「黒々と」ということで、五月雨の違った表情が見えてくる気がしました。ストレートな表現ですがいいなと思いました。

受け止めて理由(わけ)は問うなと額の花  郁子(60代)
 先生どうぞお元気で・・・ありがとうございました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。こちらこそありがとうございました。郁子さんもお元気でたくさんの俳句を作ってくださいね。わけありの雰囲気が額の花と合っていますね。ただ、やや抽象的なので読者が想像しにくい気がします。想像の手がかりを与えてみてください。

君影草うたう厳つい背や恋し  豊田ささお(70才以上,男)
 田植えの句へのご教示ありがとうございました。「早苗植え」は、いわずもがなでしたね。俳句という形の省略の凄さを思いました。掲句は、先日倒れたシンガーソングライター笠木透への見舞いのつもりです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 君影草はぴったりの名前ですね。切ない感じが出ています。ただ、「恋し」はいわなくてもいいのではないかと思いました。君影草で十分そのイメージが出ていると思います。背のほかにもうひとつ恋しいものを並べてみてもいいのではないでしょうか。


2008年7月6日

(1)斑猫に頼る気はなし喜寿の坂  戯心(70才以上,男)
(2)羅の襟のきりりと艶の風
(3)梅雨晴れ間赤白黄色園児帽

 宜しくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)「斑猫」としたことでつきすぎる感じを回避できていますね。きっぱりとしたところがいいと思いました。
(2)これは一句がひとつのイメージでかたまってしまっているのが残念な気がします。少し違うモチーフも付け足してみてはいかがでしょうか。
(3)園児のかわいらしさを色で表現できていますね。梅雨の晴れ間のうきうきした感じも伝わってきます。

(1)まだ醒めぬ町ひんやりと今日は夏至  れい(70才以上)
(2)水無月の語感がすきという少女
(3)短夜や著者紹介を先に読む

ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)夏至の朝、ちょっと特別な気分が出ています。「ひんやりと」、もう少し抒情的な語のほうがしっくりくるかなと思います。
(2)「水無月の語感」って、いいフレーズですね。この句、うまくまとまっていてとても素敵だなと思いました。

(1)雨上がり双蝶ちょ(二つ蝶ちょ)の円舞かな  郁子(60代)
(2)気配りの空回りする梅雨の夕
(3)聖堂の裏に十薬光さす
(4)カーテンを押して風来る梅雨晴れ間

 お世話になりました。これからもよろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
(1)「ふたつ蝶ちょ」としたほうがかわいらしさが出るかなと思いました。「円舞かな」というのはややかたい印象です。思い切って「○○ダンス」などちょっと軽い言葉を持ってきてもいいかと思いました。
(2)「空回りする」ですが、「また空回り」などちょっと大げさに言ってみてもいいかもしれませんね。
(3)聖堂と十薬、響きと表記から十字架をすぐに連想してしまうのでつきすぎかと思います。ほかの植物の方がいいかなと思います。
(4)気持ちのいい句ですね。素直な言い方がこの句の場合とても心地よくて爽やかな気分になります。

(1)つるバラの枝先よけて歩みかな  由利子(70才以上,女)
(2)青梅の道端に落つ二つ三つ
(3)これ見よと微動だにせず花しょうぶ

ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)素直すぎるかなと思いました。短文的ですので「歩みかな」とするよりも最後を体言止にしたほうがいいのではないでしょうか。
(2)「となりのトトロ」の世界を想像しました。擬音語などを使うともっといきいきした句になりそうです。
(3)「微動だにせず」が説明的なのでこの部分の表現をひと工夫してみてください。

(1)やっちゃ場の牛の尻打つ蚊遣草  学(50代,男)
(2)半分はなきながら立ってゐる秋
(3)太陽は海から上がり初松魚
(4)負けの込みたる人生に雁渡し

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)初めから終わりまで流れてしまう感じがします。句のどこかに切れるところがあってもいいのではないでしょうか。
(2)リズムの崩し方が内容とあっていていいのですが、抽象的すぎて言いたいことが伝わりにくいかと思います。
(3)やや理屈先行の句かと思います。太陽についての部分、違う発想で迫ってみてください。
(4)これもやや説明的かと思います。「に」とつないでしまうよりも句の間で切ってみてはいかがですか。

(1)赤ちゃんの尻の青いろ水羊羹  仁(60代,男)
(2)冷蔵庫ぴしぴしぴしとひとりごと
(3)脚光を浴びることなく毛虫焼く

 中谷先生、こんにちは。お久しぶりです。投句しようにも句が出来ませんので他の方の診断結果のみ毎日拝読させていただいていました。25日、26日と投句する予定ですので、よろしくお願いします。夏場所楽しみですね。一日行ってきま〜す。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。もう夏ですね!今場所は白星2桁を目指して欲しいところです。
(1)「尻の青いろ」がややもどかしい気がします。かわいらしく「おしり」といってしまってもいいかもしれませんね。
(2)これは面白いですね。瞬間をうまくとらえた俳句です。
(3)前半がやや説明的かなという印象です。表現をかえてみてはいかがでしょうか。


2008年7月5日

(1)郭公や牧場を囲むカメラマン  小口泰與(60代,男)
(2)連理草雨にうたれてあはあはし
(3)老鶯や水沢饂飩古きより

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)なぜカメラマンが囲んでいるのか、手がかりがあったらいいなと思います。
(2)「あはあはし」とするよりももっと具体的な描写のほうがドラマがあっていいのではないかと思います。
(3)「老鶯」と「古き」字面的につきすぎかなと思います。「古き」をややぼかして言ってみてはいかがでしょうか。

(1)カッコウや子はよじ登る丸ポスト  穂波(女)
 「カッコウやおさげの登る丸ポスト」の推敲です。
(2)ボサノバに二度寝の土曜若葉雨
 新しい句です。ドクター中谷、二ヶ月間ありがとうございました。足りないところ、言い過ぎのところを具体的に指摘していただいて、推敲の目安になりました。また、「今週の季語」の「翡翠」を読みながら、「私にとっての、国語の授業を通しての好きな作品ベスト5はなんだろう」と思い返してしまいました。クリニックという形ではないかもしれませんが、またご指導いただけるのを楽しみにしております。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。こちらこそ、ありがとうございました。「今週の季語」も読んでくださったのですね。うれしいです。これからもがんばってくださいね!
(1)ご推敲された句ですが、「よじ登る」という表現にやや違和感があります。ほかの表現が使えないか試してみてください。
(2)軽やかな雰囲気ですね。ボサノバというのが効いていてのんびり楽しい感じが伝わってきます。

(1)床涼し野菜ジュースや丑三つ  大川一馬(70才以上,男)
 「丑三つのジュース一口床涼し」の推敲です。
(2)半世紀前のマドンナ伊勢踊り
 伊勢は郷里です。
(3)美女柳押し葉となりて書に眠る
 美女柳は金糸桃の別名と聞いたのですが。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)野菜ジュースは朝食のイメージがどうしても強くて、丑三つだともうすこしさっぱりした飲み物の方が合う気がします。いかがでしょう。
(2)伊勢神宮に奉納相撲を見に行ったことがあります!半世紀前のマドンナは俳句にはあまり馴染まない感じがするので、切り口を変えてみてください。
(3)「書に眠る」の部分、具体的な書名などを出すと句の雰囲気づくりにもいいのではないかと思います。

(1)「スキヤキ」を異国で歌う天の川  茂(女)
(2)梔子の八重に雨垂れ打つばかり
 この二ヶ月間お忙しい中つたない句の添削をとても丁寧に見てくださり有り難う御座いました。夏休みはどうぞたっぷりとご自分のお時間をお祈りしてます。又のご指導もよろしくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。茂さん、ありがとうございました。茂さんも楽しい夏をお過ごしください。そして俳句もがんばってくださいね。
(1)「上を向いて歩こう」のことですね。「天の川」との取り合わせ、いいと思います。「異国で歌う」という部分がやや説明的かなと思いました。
(2)きれいな情景なのですが、表現が素直すぎるかなと思います。どこかにインパクトを持たせてみてください。

(1)麦秋やなほ丹念に歯を磨き  せいち(60代,男)
(2)麦の秋行かうエデンの東まで
(3)はいはいと手を挙ぐる子ら目高飼ふ

 中谷ドクター、お世話になりました。(2)の「行かう」は、文語はこれでいいんでしょうか? 最後の診断よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。こちらこそ、ありがとうございました。
(1)思わずくすっと笑ってしまいました。私自身歯磨きが大好きなので自分の姿を見ているような気分です。楽しい句ですね。
(2)行かうでいいと思います。ただ、「エデンの東」というのはやや平凡にまとまってしまうかなと思います。せいちさんならではの場所を探してみてください。
(3)子どもの姿がいきいきと描写されていますね。「はいはいはいと」とわざと字余りにして「はい」の多さ、元気よさをだしてもいいかなと思いました。

(1)タチアオイ源氏の君に会いました  kikumi(60代,女)
(2)風渡りカルガモ泳ぐ田の恵み
 お世話になります。俳句ウオークIN宇治〜ネンテン先生、マツ茶クリーム2個も?見ちゃいました(^○^) 楽しいウオ−ク、秋を楽しみにしています。故郷の後輩のご夫婦カルガモ農法で米作りです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 宇治に行かれたのですね。源氏物語気分盛り上がりましたか?
(1)タチアオイとカタカナ表記にしたことでやや軽さがでていいかと思います。結句の感じもかわいいですね。
(2)田、カルガモ、風というのはやや月並みになってしまうかと思います。風を外したほうがいいかなと思いました。

(1)アフロからタンポポ坊主に変身す  岡野 直樹(40代,男)
(2)池底に無言のセリフお玉杓子
(3)池底の黒い吹き出しお玉杓子

 タンポポもお玉杓子も春ですが、今日見たので作りました。「今週の十句」になると、つらいものがありますね。では、よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)春の軽やかな感じが出ていますね。アフロという言い方におもわずにやりでした。
(2)(3)ふきだしに見立てたこと、とても楽しい発想だと思います。私は(3)の方がいいなと思いました。ただ、池底にというのがストレートすぎることと、結句が「お玉杓子」で字余りというのが気になりましたのでもうひと工夫してみてください。

(1)紫陽花や樫の碁盤の筋黒し  茂(女)
(2)右頬に畳の跡や三尺寝
 筋の黒いのは当たり前でしょうがよく磨かれてはっきりしてましたので。ご指導お願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)この表現だと、磨かれて黒いという美しさがうまく伝わらないと思います。どうにか盛り込んでみてください。
(2)こんなこと、本当によくありますね。三尺寝と言ってしまうとややありきたりかと思うのですが、いかがでしょう。違う季語でもいいのではないかと思います。


2008年7月4日

(1)夏草や会話のはずむ家鴨たち  岬(60代,女)
(2)木下闇一匹の猫のっそりと
 宝ヶ池に散策に行き家鴨が長い時間草の上で話をしていました。又少し離れた木下闇ではメタボの猫がゆっくり歩いていました。添削よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)どんな話なのか、会話の内容を想像して具体的に句の中に盛り込んでみたら楽しくなりそうです。たとえば
(2)メタボ猫ちゃん、どんな姿の猫なのか具体的に描写したほうがおもしろいと思います。ご検討ください。

(1)梅雨の入り捨てゆくものに傘傾げ  えんや(70才以上,男)
(2)白南風や返す女波に寄す男波
(3)赤鬼と名づけし金魚の猛々し
(4)舌鳴らし守宮誘う媼かな

 二ヶ月間大変お世話になりました。心より厚く御礼申し上げます。健康で過ごされる事、お祈り致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。こちらこそ、ありがとうございました。えんやさんもお元気で素敵な句をたくさん詠んでくださいね。
(1)味のある光景ですね。ただ、「捨てゆくものに」、具体的に何なのかを表した方がわかりやすくていいと思います。
(2)風、波いうのはややつきすぎかと思います。女波、男波が逆の方がおもしろいかもしれませんね。
(3)どんな金魚だろうといろいろ想像しました。赤鬼という名前があれば、猛々しという部分はなくてもいいと思います。
(4)ご推敲をされた句ですね。やはり状況をそのまま詠んだ印象が強いので表現にもうひと工夫ほしいところです。

(1)蛍狩人波妻をさらひける  文の子(60代,男)
 「人波の妻とはぐれし蛍狩」を推敲しました。宜しくお願い致します。
(2)見ほれしも白日傘より吾娘の顔
 「淑女かとおもへば吾が娘春日傘」→「淑女とも言ひうる齢春日傘」を推敲し、夏になりましたので、掲句と致しました。宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「蛍狩」「さらひける」二つこの類の語があるとややぎょっとします。「さらひける」は強すぎるかなと思います。
(2)素敵なお父さんですね。ぜひこの句はお嬢さんにお贈りください!

(1)ありんこの列真っ直ぐや雨上がり  小口泰與(60代,男)
(2)ありんこの上下の列の寡黙なり
(3)上州は温泉(ゆ)の多き国はたた神

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)(2)ありの行列についての句ですが、(2)はやや理屈っぽいかと思います。(1)のほうがすっきりいいですね。
(3)句が説明になってしまっているのが惜しいかと思います。また私自身はできるだけ表記と読みをわかりやすくした方がいいと考えていますので、温泉と書いて「ゆ」と読む方法はできるだけ避けた方がいいのではないかと思っています。

(1)正論の四角四面や冷奴  匡(女)
(2)噛み合はぬ夫婦の会話冷奴
 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)正論が四角四面、そして冷奴というのは発想としていいと思うのですが、正論と行ってしまわずに、「発言の」などとしてみてもいいかもしれません。
(2)やや説明的かと思います。「噛み合はぬ」と言ってしまわない方が句の面白さがあると思います。

(1)甚平や難しきこと考えず  学(50代,男)
(2)聞き返しなほ聞き返す秋の暮れ
(3)秋空の落ちてくるなり賢治館
(4)白妙のやがて紅蓮の秋の風

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)確かに甚平ってそういう気持ちにさせるものですね。素直な句ですが心情とうまく結びついていますね。
(2)日常の一場面ですね。少し具体性がほしいところですが、季語と合っていると思います。
(3)うまい表現ですね。幻想的な雰囲気が出ています。
(4)やや固定化されたイメージでまとまってしまった印象です。

山茂るヤーコンうどん食べてみる  豊田ささお(70才以上,男)
 中谷ドクター今晩は・・・いきなりしくみが変わるんですねえ・・・いままで甘えていたのかもしれませんが・・27日までを大切にしたいです・・最後までよろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 私も今期が最初で最初のドクターです。しくみは変わりますがこれからもよろしくお願いします。ささおさん、これからもがんばってくださいね。
 ヤーコンうどんというものを初めて知りました。そんな根菜があるのですね。「食べてみる」という言い方に共感しました。おいしいのかなどうかな・・・。「山茂る」よりも、植物や自然そのものから少し離した季語の方がいいかなと思いました。

(1)あをあをと粟の葉戦ぐ一揆の地  学(50代,男)
(2)水馬上司と部下の間にて
(3)浄瑠璃のやがて心中秋の暮
(4)三太郎の日記を解く曝暑かな

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)葉が「戦ぐ」と一揆を上手く取り合わせましたね。
(2)これは板ばさみで揺れ動く立場を水馬で上手くあらわしていると思います。水馬のようにひょうひょうと行きたい気がしますね。
(3)「秋の暮」とおさまるとなんとも悲しくなります。もう少し淡い季語でもいいのではないでしょうか。
(4)リズムが少し気になりました。曝と「解く」のイメージがやや近いかもしれませんね。

せはしなや生れし目高の命千々  三宅 尚(60代,女)
ドクター中谷の診断と処方箋
 この句の様子が目に浮かんできました。「せはしなや」確かにその通りなのですが、素直すぎるので比喩などで表現してみてはいかがでしょうか。

(1)猜疑心抱く蹉跌や夏至夕べ  北野元玄(60代,男)
(2)悖徳や夏至の夕日に懈怠あり
 高校時代を除いて漢文を専門的に習ったことはありませんが、漢文はとても好きでした。中谷さんは大学で学ばれたようで造詣が深いことに敬意を表したいと思います。このところ、ご無沙汰しておりましたので、夏至の挨拶ということで、以前の駄作を作りなおしてみました。コメントいただければと思います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。お久しぶりです。漢文は専門というほどではないのですが、リズムと言葉の力に魅力があるのでとても好きです。
(1)「猜疑心」「蹉跌」とくると、やや理屈先行になってしまって具体的な状況やドラマが見えないのが惜しいところかと思います。少しやわらかい表現にして具体性をだしてはいかがでしょうか。
(2)これも(1)と同様です。難しい言葉を多用してしまうと読み手にとっては受け取りにくい作品になってしまうので、バランスが大事ですね。


2008年7月3日

(1)利根川の瀬音荒ぶや行々子  小口泰與(60代,男)
 「新緑の子猿梢を揺らしをり」を上記のように推敲してみました。
(2)雷鳴や犬の白妙生まれけり
(3)浅間より水の清しや岩燕
(4)新緑の梢子猿は母を追ふ

 中谷仁美先生、よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「荒ぶや」というのは説明的なのでこの部分を工夫してみてはいかがでしょうか。
(2)犬の白妙というのがうまく読み取れませんでした。
(3)「水が清い」というのは平凡かと思います。ほかの表現を探してみてください。
(4)(1)の元になった句の推敲ですね。こちらの方が具体性があって読者が作品世界を想像しやすいと思います。

(1)まだまだやラーメン喰へば汗噴きて  学(50代,男)
(2)結界にわが阿修羅をり不如帰
(3)学年に早生まれをり胡瓜花
(4)銀シャリに山をいだきて面ぱかな

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「ラーメン」「汗」とあれば「噴く」は必要ないかと思います。
(2)これは比喩かと思うのですが、場面が分かりづらいのではないかと思います。
(3)「学年に」の代わりに「1組に」「F組に」などとした方が個性が出ます。早生まれがいるのは当たり前なので、何人など具体性がほしいところです。
(4)具体的な場面がすっとうかぶような表現の工夫が必要かと思います。

亀残りいるやも知れず沖縄忌  阿部やすし(70才以上,男)
 中谷先生、"墨噴いて蛸が逃げゆく磯の凪”の句へのご指導有難うございました。次の様に推敲してみましたが、感想をお願いします。"墨噴いて保身の蛸や磯の凪"残念ながら老いと共に記憶が萎えてゆきます。でもこれから迎える沖縄慰霊の日と原爆の日の記憶は次世代に伝える義務があると思い、機会ごとに子らに聞かせています。今年もまた沖縄慰霊の日が訪れます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 阿部さんの句、説得力と申しましょうか、取り合わせがとても上手で、おっしゃりたいことが説明がなくてもすっと心に入ってきました。私の世代は戦争の句を詠もうとするとというとどうしても知識先行で、私自身何度か試みましたが結局上手くできないというのが本音です。このような詠み方もあるのだなあと勉強させていただきました。ありがとうございました。

(1)朝顔の震災の焔の灯しかな  学(50代,男)
(2)星合に浚渫船の明りかな
(3)風雲来たりて鏡裏に夏の蝶
(4)明易し達磨の片目白きまま

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「の」が続くことが気になりました。句が流れてしまいますので表現に工夫をしてみてください。
(2)「明かりかな」と素直に表現してしまうよりも比喩的にしたほうが味が出るのではないでしょうか。
(3)具体的なストーリーが見えないので読み手にとっては難しい句かと思います。
(4)これはなんとなく背後に色々な心理ドラマが想像できそうです。おもしろいですね。

蝙蝠や農業高校の百年樹  豊田ささお(70才以上,男)
 この間、3階に蝙蝠を住まわせている農業高校でネイチャーゲームでした。農業がとんでもないピンチですが、生徒たちは元気でした。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。ささおさんてとても活動的で楽しそうですね。
 蝙蝠と百年樹・・・うーん、どうしても農業と組み合わさって発想が一方向にいく気がします。カタカナ言葉を入れる、最後にややイメージの違う言葉を持ってくるなどしてみてはいかがでしょう。農業高校の明るい雰囲気をぜひ出してみてください。

(1)宮守る泰山木の白の黙  匡(女)
(2)冷奴余生そろりと手繰りよせ
 中谷ドクター、二ヶ月間勉強させて頂き、ご丁寧な診断を有難うございました、厚く御礼申し上げます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)宮守る、泰山木というのはやや月並みかなと思います。ひと工夫してみてください。
(2)なんだかユーモラスな句です。「そろり」というところ、お茶目な気がします。匡さん、こちらこそ新米ドクターの診断にお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

白ワイン注ぐグラスや星涼し  涼
 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 なんだかロマンチックです。しかし、白ワイン、グラス、星と続くとややきれいにまとまりすぎかなという気がします。ここは白ワインと星だけで材料は十分かなという気がします。

(1)川べりに手櫛持て梳く夏の月  茂(女)
(2)泣く時はどっと涙す夏の川
 何時も丁寧な添削に感謝致しております。涙と川はつきすぎでしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)この句の情景、もし茂さんの実体験でしたら申し訳ないのですが、つくりすぎの感があります。夏、月、川というのはいかにも日本の夏という感じがしますので、どこかあえて外してみてください。
(2)涙と川はやはりつきすぎです。また、「泣く時はどっと涙す」というのは説明的です。なぜ泣くのか背景を匂わせる、泣くことを比喩的に最小限の説明で表せないか、表現を工夫してみてください。

(1)ブログ開くペットボトルもボクも梅雨  遊雲(70才以上,男)
(2)青梅雨のペットボトルの紅の跡
(3)夕蛍ペットボトルの水買いに

 今日の兼題は「ペットボトル」でした。こういう素材で句を作るのは難しい。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。ペットボトルって、身近なものなのに案外難しいですね。
(1)ペットボトルと自分を並べたところが面白いなと思います。素材を上手く生か せているのではないでしょうか。
(2)これはややよくある光景かなと思いました。
(3)蛍と、商品の水。ややちくりと問題点を抱えた句で、上手いと思いました。


2008年7月2日

逢いに行く白の夏シャツ深呼吸  あさ女(60代,女)
 こんばんは。色が黒いので白シャツを選びました。宜しくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「逢いに行く白シャツ○○○深呼吸」として○○○に季語を入れてはどうでしょうか。白シャツを選ぶってとてもおしゃれな感じがしますね。

(1)むらさきの花に添う影聖母月  穂波(女)
 「むらさきの花に和ぐ風聖母月」の推敲です。
(2)朝もやの苺畑の土を踏む
 「朝もやのいちご畑に下り立ちぬ」の推敲です。
(3)すずらんは庭にあふれて老夫婦
 「すずらんは裏の小川のほとりまで」の推敲です。
(4)君さきに来ていて桐の花の下
 これは新しい句です。どれも時期遅れで申し訳ありません。以上4句、よろしくお願いいたしします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「添う」の方が意味的にも様子を写したものになるのでやわらかさが出ますね。
(2)「土を踏む」の方がいいですね。しかし、朝もやの苺畑というのは、実景であってもやや甘すぎるのではないかという気がします。
(3)ドラマがある気がしていいと思います。
(4)恋の予感ですね。桐の花の下というのが、甘すぎずつきすぎず、いい取り合わせだと思います。

(1)人生に色もありけり日雷  学(50代,男)
(2)即興に落葉の語る白昼夢
(3)納屋にゐて小石飛び来る西瓜番
(4)孔雀絵に背もたれ禁ず芭蕉祭

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)人生に色というのが抽象的なので、もう少し場面を知る手がかりが読者は必要かと思います。
(2)これはおもしろい発想ですね。いいと思います。
(3)懐かしい雰囲気ですね。子どもの様子かと思うのですが、表現にひと工夫欲しいところです。「納屋」という語さえあればいいのではないでしょうか。説明的にならないようになるべく助詞などはなくしたいところです。
(4)絵に背もたれを禁ずというのは当たり前なのでやや理屈っぽくなってしまうのではないでしょうか。

(1)夏至の朝頭起こすはカプチーノ  増彦(男)
 おはようございます。よろしくご指導くださいませ。
(2)囲碁会にぐちも競うか夏至夕べ
 このたびは、駄作ばかりをならべまして失礼いたしました。お詫び方々お礼をもうしあげます。先生には、益々ご活躍のほどお祈りいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。あたたかいお言葉をありがとうございます。クリニックで私も勉強させていただいております。
(1)おしゃれな朝です。「カプチーノ」について、「頭起こすは」は説明になってしまいますのでここはさらっといってみてはいかがですか。朝の風景をもうひとつさりげなく入れるなど。(新聞というのは月並みですがそういう類のものでなにか面白いものをぜひ。)
(2)すみません、私は囲碁に詳しくないのですが、ここはせっかくですし「競う」ととれるような、囲碁にまつわる言葉を持ってきてはいかがでしょうか。

(1)添え乳の母と子の夢明け易し  草子(60代,女)
(2)蝉の殻置き去りのモノ触れ難し
(3)パラソルをさらに掲げむ二人傘
(4)抜歯日や泰山木の花しずか

 ドキドキの患者に比べ歯科医のカウンターに活けてあった一枝は一段と気品に満ちて見えました。
(5)紫陽花を傳ゐて聴こゆお題目
 6/11の「紫陽花を傳ゐて聴こゆ色即是空」の下5を”お経”で考え直してみました。「経の節」とも・・又よろしくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「添え乳」とあれば母と子というのは説明的かもしれませんね。また、「明け易し」はつきすぎかなと思います。このテーマで取り合わせなど試みられてはいかがでしょうか。
(2)「触れ難し」は理屈っぽいのでここははっきり言い切ってしまわない方がいい気がします。
(3)「さらに掲げむ」を高く上げる動作などより具体的に表現してみてはいかがでしょうか。
(4)これはいい取り合わせですね。嵐の前の静けさとでも申しましょうか・・・。
(5)「お題目」のほうがすっきりおさまる気がします。

(1)通し鴨終の楽園見つけたり  岡野 直樹(40代,男)
(2)青紫蘇を胃薬の如犬かじり
(3)我が庭で自給自足す紫蘇のみは

 食欲をなくした飼い犬が、紫蘇の葉をむしゃむしゃ食べました。漢方薬の知識でもあるのかなと思って、食べるがままにしたのですが。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「通し鴨」と「終の楽園」はつきすぎかと思います。
(2)やや説明的になってしまっていて、このままだと岡野さんが感じられた面白さが伝わりにくいかと思います。難しいかとは思うのですが、隠喩を使うなどしてみてはいかがですか。
(3)これも事実のままであることが惜しいかなと思います。


2008年7月1日

(1)ジパングーかかとの美しいあやめ  汽白(40代,男)
(2)流し目のかかとで立ったままあやめ
(3)ときどきはかかとをとめるあやめかな
(4)しろさいもあおさいもいつまでも雨
(5)しろさいはPKおおつぶの雨だ
(6)しろさい来る×××が声にならなくて

 こんにちは。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 汽白さんはチャレンジャーなのですね。
(1)(2)(3)あやめのかかとってどこかなと思うのですが、このフレーズ惹かれます。私は(2)が一番おもしろいなと思いました。色っぽいですね。
(4)「いつまでも雨」という唐突なまとめになぜか納得してしまいます。取り合わせの妙ですね。
(5)さいがのんきに雨を受け止めている感じがします。PKというのが新鮮でいいですね。
(6)ここまでくるとやややりすぎかなと思います。しかし肩の力が抜ける感じですね。

蚊遣火や夜なべの母の独り歌  戯心(70才以上,男)
 ご指導有難うございました。「若かりき」を「独り歌」に変えてみました。母は歌が好きでよく小声で歌っていました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 独り歌、場面にドラマが生まれていいと思います。お母さんの姿がしっかり読者に浮かぶと思います。

(1)麦秋に阿鼻叫喚の大地震  大川一馬(70才以上,男)
(2)麦秋や激戦の跡バス徐行
(3)麦秋や金の穂波の地平線

 6月19日のご診断有難うございました。推敲句ご再診お願いいたします。(3)の「金」は最近流行の「ブレドール」(パン屋)とか「金麦」(ビール)とかいった名前にヒントを得たものです。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)先日「起こす」が気になるとコメントさせていただきましたね。うーん。すっきりしましたが、「なゐ」の方がしっくり来る気はするのです。麦秋になゐ・・・・として阿鼻叫喚をつなげてはいかがでしょうか。
(2)「徐行」と言ってしまうよりも。たとえば「バスゆっくりと」など少しやさしい表現にしてみてはいかがですか。
(3)麦秋と「金」たしかに最近流行ですね。しかし、金の穂波というのは案外よくある発想かもしれません。「穂波」はなくてもいいかなと思います。前回は「空に接する」でしたね。麦秋・金・地平線で組み立ててみてはいかがでしょうか。

(1)川沿いの松並木より滴れリ  茂(女)
(2)火男のお面を捨てる夏至の夕
(3)願いましては新入りの油蝉

 公園の熊蝉は誰かが指揮を取ってるように同時に鳴きだします。しばらくすると油蝉。宜しくご指導お願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)涼しげですね。ただ、川沿いときて滴るは、ややつきすぎかと思います。思わぬところで滴るのもいいかなと思ったりします。私はこの「滴る」をいつも上手く俳句にできず困っています。茂さんの句、参考にさせていただきます。
(2)お祭でしょうか。「火男」と書くとやや激しいイメージになり印象が変わりますね。
(3)さらっとした句です。「願いましては」という入りがいいですね。


2008年6月30日

(1)雷鳴や「眠り猫」覚め雀発つ  文の子(60代,男)
 関西の方にはどうでしょうか。日光東照宮です。
(2)孫二人うちわの風を等分に
(3)この歳で妻にときめきサングラス

 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)すみません、不勉強で、文の子さんの句を読んで調べるまで日光東照宮の眠り猫を知りませんでした。ものすごい雷鳴なのですね。
(2)かわいい様子が目に浮かびます。孫二人のところ、(確かに文の子さんから見ればお孫さんだと思うのですが)たとえば兄妹など違う言い方をしてみるとよりわかるやすくなるかもしれませんね。
(3) 素敵ですね。ぜひ奥様にお贈りください。

(1)おしゃべりの上手な小母さんアマリシス  学(50代,男)
(2)踊りゐし子が泣ひてゐる幕の内
(3)カンナ朱し仏蘭西デモに出ず久し
(4)秋の蝉猫の出入りの鯨幕

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)おしゃべりが上手というのはかわいらしいのですが、大人の女性に対して使うのはやや不自然な気もします。どんな話をしているのかと句に詠み込んだ方がリアリティが増すのではないかと思います。いかがでしょうか。
(2)「ゐし」「ゐる」で時の経過を表されたのだと思いますが、似たような語を17音の中に2度も使ってしまうと句に変化がなくなるので、他の方法を考えてみてください。
(3)最後に「久し」とつけてしまうと説明的かと思います。
(4)秋の蝉と鯨幕なんともどちらとも寂しくよく合う取り合わせです。

(1)朝焼けの靄につつまる牧場かな  小口泰與(60代,男)
(2)夕映えの協会映す植田かな
(3)薫風や見事大任果たしたり

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)中七・下五と字余りが続くと句が締まらない印象です。
(2)協会は「教会」でしょうか。(もし協会だったらすみません。その場合、何協 会かわかると面白いと思うのですが。)田に何かが映っているというのはやや月並み な発想かと思います。
(3)どんな大任を果たしたのか読者に分かるようにしてみてください。

図書館に花の歳時記美容柳  あさ女(60代,女)
 こんばんは。最近何処にも咲いて金色の目立つお花です。「末央柳」で呼ばれています。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。未央柳調べました。かわいいお花ですね。この句の場合、「花の歳時記」と「未央柳」がつきすぎなのであえて外した季語を持ってくる方がいいのではないでしょうか。

(1)風切ってお霊屋橋の金魚売り  学(50代,男)
(2)握りゐる封開けまへん鱧の皮
(3)首切りの沙汰を待つゐて花桔梗
(4)鳥たちの空に放りしウグイ釣り

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)風を切るというのは、自身が勢いよく進む様子ですので、金魚売りが風を切るというのはやや無理があるのではないかと思います。
(2)「開けまへん」という言い方がユーモラスですね。
(3)「待つゐて」は「待ちゐて」でしょうか。やや前半が説明的かと思います。
(4)表現が素直すぎる印象です。もう少し、学さんなりの表現をしてみてはいかがでしょうか。

(1)江戸の世の麗人とかや菖蒲園  文の子(60代,男)
(2)舟人と揃ふ高さに花菖蒲
(3)利根川は藍ふかめをり花菖蒲

 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。今回は菖蒲シリーズですね。
(1)前半部分が説明的かと思います。表現にひと工夫してみてください。
(2)やや素直すぎる表現が気になります。舟人の背丈と花菖蒲が同じであることを「揃う」といわなくても伝えられそうです。
(3)川が藍を深めているという発想いいと思います。

(1)山風にあだに落ちけり薔薇の花  小口泰與(60代,男)
(2)郭公の起きよ起きよと鳴きにけり
(3)里山のをちの汽笛や冷し酒

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)山風にあだにと「に」が続くと説明的かと思います。落ちる様子を比喩であらわしてはいかがでしょうか。
(2)「郭公」と「起きよ起きよ」があれば、鳴くとはいわなくてもいいのではないでしょうか。
(3)これは冷し酒ともってきていい取り合わせだと思います。


2008年6月29日

(1)夾竹桃匂ひ沈みて澄みにけり  学(50代,男)
(2)稲藁の炎が揺らぐ虫送り
(3)太陽に蝶の近づく原爆忌
(4)ふるさとの滝にた走る水しぶき

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)この句の場合、夾竹桃の匂いの説明になってしまっていること、何が澄んでいるのか具体的に分からないことがやや問題かと思います。
(2)素直すぎる気もしますが、情緒のある言葉を選んでおられるのでうまくまとまっていると思います。
(3)蝶が象徴的ですね。いいと思います。
(4)これは、「滝」「た走る」「水しぶき」がつきすぎかと思います。少し発想の転換をしてみてください。

(1)数匹は木に登るかに蛍狩り  吉井流水(60代,男)
 蛍は川辺にとの先入観がありましたが昨日絵を飛んだのは始めです。中七の表現が適切かどうか。
(2)蛍火の点となりゆく軌跡かな
 よく観察していると、長い軌跡がとぎれとぎれに描かれてやがて点となっていきました。そのままですが・・
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)吉井さんが気にされている中七、やや説明的になってしまっているので気になります。「木登り」と名詞をつかったらいいのではないかと思うのですがいかがでしょうか。
(2)点がどんな軌跡を描くのかというところを言うと具体性が出て、吉井さんの見方が句に反映されそうです。ご検討ください。

(1)誰にでも傷つく権利花石榴  ポリ(50代,女)
(2)ぬらりひょん消火器点検する真夏
 いつもご指導ありがとうございます。今回もよろしくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)やや理屈っぽいかなと思います。標語的になってしまうので、ここは表現を詩的に変えてみてください。
(2)なぜにぬらりひょんがここに?と意表をつかれた感じです。おもしろい!

(1)緑さすテーブルクロス チャイム鳴る  穂波(女)
(2)テーブルにクリームチーズ夏初め
 コメントをありがとうございました。「聖母月」の句、来年に持ち越しになるかもしれません。新しい句をお送りします。前に作った句ですが、特に(1)は、カタカナが続くので表記に迷い、投句できませんでした。分かち書きをしてしまいましたが、ほかの方法があったらお教えいただけませんか。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)カタカナが続くと確かにちょっと迷いますね。私でしたらこの場合は初句に「テーブルクロスは」と持ってくるかなと思います。実は私は案外初句の破調が好きだったりします。ぜひ一度お試しください。
(2)クリームチーズと夏って合いますね。(大好きです。)いい組み合わせだと思います。

落ちてゐる青春の色梅青し  ほし女(60代,女)
 朝の散歩道の梅が沢山落ちています。何となく青春…
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 おもしろい発想ですね。ただ、「青春の色」「青し」は同じことを2度繰り返していることになりますので、梅が落ちていることと青春の色ということで、十分伝わると思います。

(1)石ころに躓く父や父の日に  えんや(70才以上,男)
(2)扇風機箱に古びし説明書
(3)舌打ちて守宮誘う媼かな

 ご指導感謝いたします。三句、宜しくお願い申し上げます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「父の日」としてしまうとつくりすぎの感があります。ちょっと寂しい句だなと思いました。
(2)これはそのままなので古びた様子を細かく描写するなどの工夫があったらいいと思います。
(3)なにかドラマがありそうです。読者が共有できる、状況などの手がかりがあればいいなと思います。

(1)糠雨やほとり散りたる花薔薇  小口泰與(60代,男)
(2)野蒜咲く片隅にある詩集かな
(3)老鶯や棚田百選星峠
(4)夏雉の鋭声なに呼ぶ声なりや
(5)今年竹重たき風を支へけり

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)雨と薔薇はややよくある取り合わせではないかと思います。「ほとり散りたる」を少し変えてみてはいかがでしょうか。
(2)「片隅にある」が説明的かと思います。ひと工夫してみてください。
(3)これはきれいな取り合わせですね。遠近法が効いている感じです。
(4)後半がやや平凡かと思います。思い切った展開を期待します。呼んでいるものを勝手に予想してみてもいいのでは?
(5)竹が風を支えているという見方は新鮮ですね。


2008年6月28日

(1)ブロイラー天寿全う修司の忌  熱波(30代,男)
 イメージ先行の句ですが。
(2)早苗田や田植え機たちの格闘場
(3)親燕二回旋回給料日

 漢字だけになってしまいました。
(4)夜勤明け肩こりこりこり焼栄螺
(5)木の麒麟林檎めがけて来てをりぬ

 かなり抽象的な句ですがよろしくお願いします。
(6)天めざし伸びる青麦傘たたむ
 前回の「雨つぶに光る青麦傘たたむ」を直してみました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「天寿全う」と「修司の忌」がつきすぎです。離れた季語をもってきてみてください。
(2)説明になってしまっていると思います。田植え機の格闘と、田から離した季語を組み合わせてみてはいかがですか。
(3)これはおもしろい発想ですね。漢字だけですが、それもいい気がします。「二回旋回」がいいと思います。
(4)楽しくてくすっと笑ってしまいました。「こりこりこりこり」が栄螺にも係るのですね。
(5)説明になってしまっているので、表現に工夫が欲しいところです。
(6)麦の姿と傘のイメージが上手く重なる爽やかな句だと思います。

(1)百姓をめざす青年山茂る  豊田ささお(男)
(2)森茂り闇ふくれつつ迫るかな
 あんまり面白くありませんが、・・・
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。農業を俳句で詠むって案外難しいかもしれませんね。
(1)青年の説明で句の大部分が終わってしまう印象があります。「百姓をめざす」は省いてしまって、青年の農作業を描写してみてはいかがですか。
(2) この句は、リアリティに欠けることがやや問題かと思います。イメージは浮かぶのですが、どこかにインパクトが欲しいところです。

(1)夏草や審査の列に一人ぼち  茂(女)
(2)梔子や消灯の宿二千坪
(3)川床の砂利に素足の丸々と

 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)夏草とひとりぼっちが対照的でうまいと思いました。
(2)いったいどんな宿なんだろう、さぞかし豪華な宿なんだろうと想像しましたが、二千坪というのがどうも現実的すぎる気がします。梔子のイメージをこわさない結句を考えてみてください。
(3)丸々とというのが、何をさしているのかもう少し明確になると面白いのではないかと思います。

(1)天垂るる植田水平線となり  文の子(60代,男)
(2)薬の日ハーブ園とて和名なく
(3)白のまま変はらぬ一花濃紫陽花

 6/18のご診断有難うございました。擬音語、擬態語の効果は判りながらも、作るのは難しいという先入観がありあますが、これからもトライしてみます。掲句宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。オノマトペは上手く生かすと句がいきいきします。私もときどき上手くいくとうれしくなります。文の子さん、ぜひご活用くださいね。
(1)天垂るるというのがなんともスケールの大きさを感じます。ただ、最後の水平線となりというのがやや月並みな印象です。
(2)「薬の日」というのに対してハーブ、和名というのはややつきすぎかなと思います。どれも俳句におもしろい材料ですがここは離したものを持ってきてはいかがでしょう。
(3)色彩が鮮やかな句ですね。「白のまま変はらぬ」というところ、素直すぎますので表現にひと工夫あるといいかなと思います。

馥郁と 村里満たす 山の百合  浅葉洋(70才以上,男)
 芳香を放ちながら、山陰に山百合が咲いています。ご高評を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 初句を「馥郁と」としてしまうと、その語で百合を説明してしまうことになります。百合が香りでも色彩でも村を満たしているということを、もう少し比喩的な表現で語ってみてはいかがでしょうか。

(1)さかしまに新樹の移る水田かな  悠(70才以上,女)
(2)神木の樹齢千年新樹光
(3)紫陽花やペタル軽々川の土手

ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「さかしま」「新樹」「水田」とくれば、「移る」はなくてもいいのではないでしょうか。擬人的に「逆立ち」などというのもいいかもしれませんね。少し真面目すぎる一句かと思います。遊び心をぜひ。
(2)結句「新樹光」とせずに、少し離した季語をもってきたほうがいいと思います。
(3)楽しくなる一句ですね。梅雨の晴れ間のうきうき感が出ています。

(1)白南風や青磁の皿のちんと鳴り  せいち(60代,男)
(2)診察の予約きつちり梅雨に入る
(3)男また一人消えゆく緑雨かな

 (2)はもう一つ必然性が無いのかも?よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)白南風に青磁というのはやや爽やかすぎる気もしますが、「ちんと鳴り」のユーモアがいいですね。
(2)「きつちり」が効いています。必然性がないかもとおっしゃっていますが、読者の中で作品世界が広がりそうな一句です。私は今回の3句でいちばんこれがいいと思いました。
(3)ちょっとミステリー的ですね。しかし緑雨というのは案外健康的でそのようなイメージとは遠いのでやや平凡かなと思ったりします。


2008年6月27日

(1)夏蝶の忽と湧きたる棚田かな  小口泰與(60代,男)
(2)九十九折り孵化始まりて夏の蝶
(3)郭公や孵化始まりて蝶の群
(4)夏蝶の湧きて棚田はとの曇り

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。夏蝶でいろいろと試作なさっているようですね。
(1)「忽と」はかたい印象です。
(2)九十九折りとの取り合わせ、いいと思います。
(3)これは蝶と郭公、2つの生物が入っていて視線が分散してしまう気がします。
(4)夏蝶が湧くという表現はちょっとおもしろいなと思います。今回ではこの句が一番いいと思いました。

(1)消印の京都先斗丁鱧の皮  学(50代,男)
(2)郭公を背にして父母の墓があり
(3)短角の牛放たれて夏の空
(4)針刺して久遠の蝶になりにけり

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)鱧の季節ですね。先斗町という表記が正しいのではないかと思います。消印という発想は面白いのですが、後が説明になってしまっているのが残念です。
(2)情景がよくわかる句ですね。郭公との取り合わせはちょっと明るくなっていいのではないかと思います。
(3)草原(地上)からいっきに空へと視線がうつるのがいいと思いました。
(4)「なりにけり」という結句、もうひと工夫できるのではないでしょうか。

(1)川風や彩り競ふ花菖蒲  しんい(女)
(2)食べ頃のメモ添へられてマスクメロン
 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)花が彩りを競うのはやや月並みかと思います。発想を変えて花菖蒲を擬人化してみてください。
(2)いいですね。しかし、「マスクメロン」という結句、やはり字余りが気になってしまいます。マスクメロンってどこか流れてしまう音かと思います。語順もしくは果物をかえてみてください。

(1)白南風や今は男のギャランドゥー  きなこ(50代,男)
(2)白南風や昔はをんなギャランドゥー
 両句共、「白南風やをんな男のギャランドゥー」の推敲です。よろしくご診断下さい。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)今は男、ということは以前はなんだったんだろうとちょっと混乱してしまいました。
(2)うーん、私はこういう類の句はただごとになってしまうので難しいような気がします。深く考えすぎなのかもしれませんが、俳句で扱うにはやや重い内容なのではないでしょうか。

(1)青苔の石段の先秘境めく  大川一馬(70才以上,男)
(2)万緑に天王謡の余韻かな
(3)八百年新樹光浴ぶ頼朝像

 今回は全部鎌倉の寺社巡りです。(1)は大町の妙法寺 (2)は五所神社 (3)は補駝洛寺 です。 ご教示の程を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。吟行に行ってつくられた句なのだなあという感じです。私自身は吟行句があまり得意ではないのでうらやましいです。3句ともうまくまとめておられるのですが、固有名詞もはいっているためか、ややかたい印象です。寺社巡りはどうしても漢字が多くなってしまうかと思いますが、景色を全部読み込まずに、感覚的な言葉の部分も残してはいかがでしょうか。
(1)「秘境めく」といってしまうよりもなぜ秘境めいているのか、そのものを表現してみてはいかがですか。
(2)風景そのものが共鳴しているような感覚ですね。「余韻かな」をやわらかい表現にできたらもっといいなと思います。
(3)「新樹」は余計かもしれません。「八百年」「光」「頼朝像」で句の材料としてはばっちりではないでしょうか。

(1)半日をかけてプラハのポピーかな  茂(女)
(2)ブラジルへ発つとメールや七変化
 よろしくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)これは、プラハでポピーを見たということでしょうか。この場合はもう少し具体的に状況を語る必要があると思います。
(2)メールと七変化って案外いい取り合わせかもと思いました。欲を言えば上がもう少し説明的でなければいいのではないかと思います。ご検討ください。

陽を受けてタイサンボクの開きけり  どんぐり(男)
 よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 泰山木の花って大胆ですがどこかかわいらしいですよね。この句、「開きけり」の表現にひと工夫あるといいかと思います。

(1)子は叫ぶいやだこわいと泥田植え  豊田ささお(70才以上,男)
 田植えでもう一句お願いします。
(2)ひしひしと闇の迫れる茂りかな
 「茂る」2句へのご診断ありがとうございました。下5できっちり収めるリズムというように受け取らせていただきました。「船団」77号での坪内先生の芭蕉論・・大変感銘を受けると同時に少し気楽に作れるような気分になりました。でも過激な暇つぶしというのは、一所懸命面白く・・ということでもあるんでしょうね・・・。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。私も6月初旬実家で田植えでした。といってもほとんど機械による作業でしたが。俳句ってどんどん作れば作るほど難しいー> と思ってしまいますね。私は今まさしくその状態で、以前はすぐに俳句ができてしか も推敲なんて全然しなかったのに今では頭をひねっひねってようやく一句・・・という感じです。ここはひとつ、欲を捨てて楽しい暇つぶしにできたらいいなーなんて思 います。
(1)様子が目に浮かびました。「田植え」ですが、たとえば、これは月並みですが 「早苗にぎりしめ」など、動作に絡めて田植えだと表現してみてもいいかもしれませんね。また、「子は叫ぶ」がなくても、せりふをたくさん入れてそれが子どものものだと分かればいいかと思います。
(2)「ひしひしと」があれば、「迫る」はなくてもよいかもしれませんね。この句の場合、具体的な場所や場面がわかる言葉が必要かなと思います。ご検討ください。


2008年6月26日

(1)走り梅雨そのまま走りついりせり  大川一馬(70才以上,男)
(2)草むしり関東ローム軍手染む
(3)千社札万緑の風くぐらせて

 いつもご指導有難うございます。相変わらずの下手な俳句ですがご指導の程を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)結句がしっくりこなかったのですが、やや説明的でわかりにくいかと思います。季語から少し離れた方がいいかなと思います。
(2)スケールが大きいですね。こういう発想大好きです。地球相手にがんばっている楽しさがありますね。
(3)千社札が風をくぐらせているという発想、面白いと思います。

(1)ロボットの身のふり方や薔薇の花  学(50代,男)
(2)中年の天動説や百日紅
(3)夾竹桃お手打の沙汰待ちにけり
(4)恍惚と不安を持ちて初しぐれ

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「ロボットの身のふり方」なんておもしろい発想ですね。いいと思います。
(2)なぜに中年と天動説なのだろうと思いつつ、ロマンを感じます。
(3)「待ちにけり」がやや説明的かもしれません。下5を工夫してみてください。
(4)「恍惚と不安」が観念的ですので、具体性が欲しいところです。

(1)ぼうたんや四囲の花花目を伏せむ  娯魔如(60代,男)
(2)はつ夏や若き農夫のうで太し
(3)遮断機の上がりて閑か夏帽子
(4)ぬいぐるみ抱く老女や梅雨に入る

 実景です。
(5)業平忌業平橋を渡り来し
 生まれ故郷の橋です。5句それぞればらばらですが。実景、写生を旨としています。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)下が理屈っぽいかと思います。表現をひと工夫してみてください。
(2)やや平凡ではないかと思います。
(3)情景がよくわかる句ですね。「夏帽子」としたことでうまくまとまっています。
(4)なんとなく翳があるような一句です。正直あまり気持ちよくないなあと思ってしまうのですが・・・。
(5)おっしゃりたいことはわかるのですが、事実の報告だけになってしまうかと思います。単に「渡り来し」でなく様子がよくわかる語にしてみてはいかがしょう。

(1)川風を受け流しをり花菖蒲  匡(女)
(2)人恋ふやかなぶん飛び交ふ交閃灯
 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)川風を受け流すとするより、何か比喩的に他のものも受け流しているように表現できたら面白いのではないかと思います。
(2)「人恋ふ」とした発想が面白いと思います。ただ、飛び交うだと平凡なので、私でしたら「かなぶんぶんぶん」などオノマトペで押し切るかなと思います。

(1)梅雨晴や風水に凝る模様替へ  更紗(女)
 梅雨と風水はつきすぎでしょうか?
(2)梅雨晴や木のてつぺんに勇む鳥
(3)あつあつのパンちぎり食む緑雨かな
(4)窓ごしの緑雨しやらしやらキーボード

 キーボードを打ちながら窓ごしの雨を見てる景ですが、「しゃらしゃら」が「緑雨」か「キーボード」に付くか分からないので「窓ごしの緑雨にしゃらしゃらキーボード」ともしましたが中八になってしまうのですが、ご指導お願い致します。
(5)雨の音眠り誘へる緑夜かな
 こんにちは。「緑さす夜や玻璃戸に雨の音」の推敲です。度々の推敲ですが、夜、窓に当たる雨音が眠りを誘う事を詠いたいのですが分からなくなっています。添削よろしくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)説明的ですので、具体的にどう凝ったのか、たとえば窓際に黄色い何か、などのリアリティがあればいいと思います。
(2)後半が説明的な印象です。語順をかえるなどしてみてはいかがでしょう。
(3)「ちぎり食む」が説明的かと思います。動詞が続くと短文的になるので注意が必要かと思います。
(4)このままで十分わかると思います。ただ、「しやらしやら」よりも「しゃらしゃら」の方がすっと読み取れる気がします。更紗さんは旧仮名遣いなのは分かっているのですが。
(5)こう詠まれると、よくわかりますね。「眠り誘へる緑夜かな」を大胆に変えてもいいかなと思います。たとえば、夜に引きずり込まれるようなイメージなど・・・。


2008年6月25日

(1)ジューンドロップ第九十一代首相  遊雲(70才以上,男)
(2)もう一度口説いてみたいジューンドロップ
(3)人はみな好いて好かれてジューンドロップ

 「今週のねんてん」の「ジューンドロップきっとなにかの勘違い」を見て、私も「ジューンドロップ」という季語を使ってみたくて。いかがでしょうか。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。ジューンドロップ確かに魅力的な季語ですね。
 しかし長いためにリズムが難しいですね。私自身は下5はぴったり合わせたい派なので、上か中に持って来たいところです。 (1)やや皮肉っぽい句ですね。ちょっと笑ってしまいました。
(2)と(3)は、どうしても結句のリズム感が気になってしまいます。取り合わせとしてはおもしろいと思うのですが。語順を変えてみてはいかがでしょうか。

(1)へしこあり満緑の若狭歌いたい  kikumi
(2)蔦若葉つるを伸ばして夢をのせ
 お世話になります。五木茶屋なるものがある、土産物店の入り口にマイク持つお地蔵さんが(五木ひろし)あり、笑いでした。ふざけてる?なんて五木さん、文句言わないんでしょうか?細雪♪好きです。他事ながらm(__)m。甲子園の蔦も植え替えが始まりまして、他府県で育てた蔦が戻りだそうですね。宜しくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 若狭やるなって感じです。きっとみんな大真面目なんですね。若狭に行ってみたくなりました。
(1)「若狭」とだしてしまわないで、へしこともうひとつ若狭だと分かるものを句に入れてみてはいかがでしょうか。
(2)これは、せっかくですし甲子園だと句の中で分かった方がいいと思います。「夢」だけでは伝わりにくそうなのでもう少しヒントを入れてみてください。

噴水の洗いあげたる夕月夜筆  遅足(60代,男)
 「噴水の水なき空に夕ごころ」を直してみました。これで自分の心も洗われたという感じも含むことが出来るでしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 遅足さんのおっしゃる、自分の心もという含みまでは難しいかもしれません。私は月がきれいに洗われるんだなあと読みました。表現が美しいので素敵だなあと思いましたが、自分の心を含むとなるとやや難しいかもしれません。読み手の心は間違いなく洗われる気がしますが。

(1)遠花火枕濡れゆく病床  丸山俊郎(50代,男)
 「遠花火涙で幕の病床」の推敲です。
(2)「サクラサク」届いて現つの教育ローン
 「「サクラサク」届いて教育ローン組み」の推敲です。
(3)ウルトラマン団扇すし飯かすめ飛び
 「すし飯を扇ぐ団扇にウルトラマン」の推敲です。
(4)原付の僧侶風切るサングラス
 「見たことも無しや僧侶のサングラス」の推敲です。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 (1)切なくなってしまいます。病床をどうしても入れたいのかなと思いますが、「枕」とあれば、寝床にいて花火が見られないのだと分かると思います。「ただ遠花火」など、遠花でしか楽しめないのだということを強調する方向ではいかがでしょうか。
(2)「届いて」を省いてしまって教育ローンを中7に持ってきてはいかがでしょうか。
(3)かすめ飛びというのがいいですね。前回よりも勢いが出ました。
(4)思わず想像して笑ってしまいます。うまく描写されましたね。

(1)かわせみの魚を岩に叩くかな  学(50代,男)
(2)道に這ふ南瓜の蔦の暑さかな
(3)縁日の香具師の口上夏蓬
(4)妻昼寝桜の幹に蝉鳴きて

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 今回の5句は、説明的であることが気になりました。
(1)(2)「〜かな」という終わり方は便利なのですが、できれば避けて終わり方を工夫した方が句に個性が出るかと思います。
(3)は風情があっていいかなと思います。「夏蓬」がいいですね。
(4)昼寝、桜、蝉と句の材料が盛りだくさんで、句の中心が定まらない感じがします。

(1)内陣に鎮座す仏額の花  勇平(70才以上,男)
(2)幕引かる黒子の二人浮いて来い
(3)ででむしや前座を務める馬鹿噺

 診断よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)紫陽花のでんとしたイメージがあるので、鎮座とまで言わなくてもイメージがつながるかもしれませんね。
(2)黒子と人形というのはややイメージが近いかなという印象です。浮いて来いって使い方が難しい季語ですね。
(3)ででむしと馬鹿噺、韻を踏んでいて、イメージもあっていて面白いと思います。

(1)手をつなぎ早苗植うるや兄妹  豊田ささお(70才以上,男)
 今日、里山教室での田植えの一こまです。「植うる」は植える、植えしなども試みましたが・・・ご教示を・・・
(2)田を植えて子らと眺める銀の雨
 自然生態園で募集したファミリーとの田植えが終わり、さて一句と思いましたが、こんなものしかできませんでした。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 (1)かわいい様子ですね。豊田さん、色々な先生をしておられるのですね。「植うる」と言ってしまわなくても、子ども達が早苗を持っていれば、田植えにチャレンジしていることはわかるのではないかと思います。手をつないでいることにプラスして早苗を持って楽しそうな様子が描写できたらいいのではないかと思います。
(2)銀の雨とまとめて正解だと思います。ただ、やはりやや説明的でかたさがあります。
「子らと眺める」、たとえばあまり上手くない例かなとは思うのですが、「十四の瞳」のように表現をひと工夫してみてはいかがでしょうか。

草ひいて 石の下には アリの国  ワンダーチャッピー(40代,女)
 生まれて、初めての、俳句です。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 生まれて初めての俳句を診断させていただくなんて光栄です。草を除けるとアリの国にたどり着くなんて楽しい発想ですね。「石の下には」という部分、やや説明的かと思います。もう少し具体性を持たせてはいかがでしょう。たとえば「小石の・・・」など。童話的に仕上げてみてもいいかなと思います。
 ワンダーチャッピーさん、俳句ライフをエンジョイしてくださいね!!

(1)小流れにしだれ柳の影法師  悠(70才以上,女)
(2)唐松の新緑分かちケーブルカー
 何時もありがとうございます。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「・・・に〜の」と助詞が続いてしまうとやや説明的で句がすっと流れてしまう印象です。ひと工夫してみてください。
(2)わかりやすい情景ですね。ケーブルカー、リズムを考えると初句に持ってきた方がうまくおさまる気がします。語順をご検討ください。


2008年6月24日

(1)筆記体たどたどしくて柿若葉  穂波(女)
(2)カッターで押えたページ青嵐
(3)ケンケンで登る石段楠若葉
(4)カッコウやおさげの登る丸ポスト

 4句お送りいたします。よろしくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。今回は初々しい雰囲気の句が多いですね。
(1)中学生の書く文字でしょうか。「柿若葉」が合っていると思います。
(2)カッターで押さえるという表現、ちょっと理由や状況を想像しにくいかなという気もします。
(3)神社の石段でしょうか。子どものかわいい様子が思い浮かびます。ただ、「石段」と「楠若葉」は少々つきすぎかもしれません。季語を変えてもいいかもしれませんね。ご検討ください。
(4)おさげの「登る」と「ポスト」が上手くつながらないのですが、もう少し情景を補う言葉があった方がいいかと思います。

青葉照る蹴球の子らの声吸って  熱波(30代,男)
 青葉照るは下五のほうがいいでしょうか。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 私は上5にある今のかたちのままでいいと思います。「声吸って」という発想がいいですね。元気が出る一句です。

(1)夕顔や煙突の炎もさかりあり  学(50代,男)
(2)船の灯の突堤かはす半夏雨
(3)洞窟の光は祈り夏至の朝

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「さかりあり」がやや説明的かと思います。炎の勢いを比喩的にしてみてはいかがでしょうか。
(2)大きな一枚の絵を見ている気分です。いい風景ですね。
(3)幻想的ですが、夏至の朝ときちっと限定したことで句に締りが出たと思います。


2008年6月23日

平仮名のらの字の優しらいらっく  春(60代,男)
 「平仮名に優しさもあるらいらつく」を添削してみました。らの字の丸みがどことなく艶かしく感じておりましたので・・(笑)
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「ら」の字を焦点化しようと試みられているのですね。「の」が続くとどうしても句が説明的になってしまいます。のが続かない方法を、工夫してみてください。

若葉風いのちゆらゆら揺れており  ねぎよしこ(70才以上,女)
 2ヶ月休んでました。若い先生のご指導嬉しく思います。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。こちらこそよろしくお願いいたします。
 「ゆらゆら」があれば「揺れて」はなくてもいいと思います。「若葉風いのちゆらゆら・・・・・」下5が難しいのですが、何かを取り合わせてみてはいかがでしょうか。若葉風の吹く情景の中の一部分を詠み込んでみてもいいと思います。

墨噴いて蛸が逃げゆく磯の凪  阿部やすし(70才以上,男)
 中谷先生、前回の「立札に猛犬注意ポピ−揺る」へのご指導有難うございました。今回も宜しくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 漫画の一場面のような句ですね。「逃げゆく」とはっきり詠んでしまうとユーモアが前面に出すぎて読者の想像する余地がなくなってしまうかと思います。あと、一句がひとつの情景の説明になってしまっているので、中7と下5の間でいったん切れた方がいいかなと思いました。ご検討ください。

(1)万緑の溢れて光こぼさざる  戯心(70才以上,男)
(2)草の葉の揺れ行く下の夏雀
(3)時の鐘鳴る川越の走り梅雨
(4)満々と駿河の海の旱かな

 初めまして。句作り2年、先の見えない暗闇の中であがいています。小さなものでいい、光が欲しいの一心です。宜しくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)きれいな情景ですね。やや抽象的になってしまっていますので、具体的な描写がひとつほしいところです。
(2)(3)に共通して感じることは、一句の中に情景をたくさん詠み込みすぎではないかなということです。助詞、動詞がたくさん入っているので句が始めから終わりまでずーっと流れる感じがします。句の中心がどこなのか読者の立場から読み取りにくくなってしまうおそれがあります。一句の中で力を入れる部分と脱力する部分を作ることが大事かと思います。
(4)「満々と」というのが、やや平凡になってしまうかなと思います。戯心さんならではの表現を探してみてください。

(1)夏の草手折りて畳む指の先  えんや(70才以上,男)
(2)夏の草手折りて川へ放りけり
(3)マネキンのウエスト余る更衣

 夕方老妻と散歩に出ました。遠くに満緑の山、川には残り鴨も泳いでいました。どうか宜しくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。ご夫婦でお散歩なんて素敵ですね。えんやさんはご夫妻で俳句をつくられているのでしょうか。
(1)どんな指なのか、またその指先に対する思いを少し匂わせると恋の句に発展しそうな予感がします。「手折りて」「畳む」はどちらかひとつでもいいかもしれませんね。
(2)これも(2)同様に、その動作の裏にある気持ちをどこか匂わせることができたらいいかと思います。ご検討ください。
(3)おもわずくすっと笑ってしまいました。私もマネキンのようになりたいです。ユーモラスな句ですね。

(1)お立ち台選手の顔の今涼し  大川一馬(70才以上,男)
(2)丑みつのジュースひと口床涼し
(3)拝借の谷崎源氏灯の涼し

 「涼し」が兼題になっての3句です。ご指導の程を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「涼し」って案外難しい季語かもしれませんね。今回の大川さんはすべて結句に持ってこられていますが、思い切って上に持ってくると雰囲気が変わりそうですね。
(1)様子がよくわかる句です。ただ、「涼し」は上にあった方がインパクトが出るかと思います。もうすぐ北京オリンピックだなーと思いました。
(2)「ジュースひと口」ですが、ジュースを具体的な名前にしたらいかがでしょう。(「コーラ」など)具体性が出るかと思います。字数によっては、「ひと口」はなくてもいいかもしれませんね。
(3)谷崎源氏を拝借というのが、なんとなくくだけた軽やかな雰囲気(上手くいえずすみません)でいいと思います。

(1)木洩れ日のリュックに揺れるブナ若葉  せいち(60代,男)
(2)たまさかに揺れるカーテン青葉照り
(3)アカシアの花散る明治モダン街

 (3)は季語と「モダン街」は付きすぎとも思いますがよろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)どの語がどの語に係るのかが分かりづらいと思います。語順等、ご検討ください。
(2)「たまさかに」とカーテンとの組み合わせはおもしろいと思います。ちょっとだけ古めかしい感じがしていいと思います。
(3)確かにアカシアと明治モダン街はつきすぎかと思います。新しいイメージを探すためにもアカシアをやめて違うものとの取り合わせにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


2008年6月22日

(1)人波の妻とはぐれし蛍狩  文の子(60代,男)
(2)東京は手づくりの闇蛍狩
(3)「オレオレ」をもしやと思ふ旱梅雨

 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「人波の」が必要かどうか迷うところです。「妻とはぐれし」だけで十分伝わる気がします。しかしそうなると上5に何を持ってくるかが難しいかもしれません・・・。あいまいな診断ですみません。
(2)この句、色んな背景を含んでいる感じがして、ひとことでは説明できませんがいい雰囲気だと思いました。
(3)リアリティがあっていいと思います。「旱梅雨」となんとなく不安な感じがする季語がよく合っています。

(1)早晨の星影映す植田かな  小口泰與(60代,男)
(2)熊除けの鈴と歩めり岩清水
(3)みず咲くや光徳沼の波しずか

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)きれいにまとまっていますが、語も情景もロマンチックすぎて、ちょっと場面を作りすぎではないかという印象を持ってしまいます(実景でしたら申し訳ないのですが)。星影というのが若干感傷的なのかもしれませんね。どこかに具体性のある語を入れるとよいのではないでしょうか。たとえば、ちょっとした地名など。
(2)「熊除けの鈴」リアリティがあっていいと思います。
(3)「みず」の語感と波がどうしてもついてしまう印象です。ここは他の植物でもいいのではないでしょうか。

(1)此処が山門未だ夏の寺見えず  茂(女)
(2)六月の女房漬物樽覗く
(3)擬宝珠や半月窓の嵌め殺し
(4)ネクタイの水玉揺れる父の日や

 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)前半部分思い切った破調ですね。お寺はまだかーという気持ちが出ています。ただ、「未だ」がかたく、全体的に説明的なので表現を変えてみてはいかがでしょうか。
(2)そのままになってしまう印象です。たとえば○○漬の樽とするとか、もうすこしリアルに糠床とするなどの工夫が必要かと思います。
(3)擬宝珠と嵌め殺しの字面から受けるイメージが明快で、取り合わせの妙があります。俳句に「嵌め殺し」って斬新な感じです。
(4)(3)とうって変わって優しい雰囲気ですね。何気ない感じなのですが、水玉が涼しげで、効いています。

(1)泉汲む子は歌の道ひとすじに  更紗(女)
(2)はつ夏の身を乗り出して聞く講義
(3)はつ夏の寄つて退りて観る名画
(4)元気めくワインの深紅梅雨湿り
(5)一つ根に別れ咲く花虎が雨
(6)客足の途絶えぬパン屋夕薄暑

 こんにちは。(1)親子で泉を汲んでいるとしたいのですが。「泉汲む」で切れずに「泉汲む子」と捉えられる感じがするので「歌の道ひとすじの子と汲む泉」ともしてみましたがリズムがない気がします。アドバイスお願いします。(5)「虎が雨」という季語をみつけて初めて使いましたが適切でしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)更紗さんの意図からすると、「歌の道・・・」のほうがいいかと思います。ただ、歌の道、これは声楽でしょうか、短歌でしょうか。泉汲むも古風な感じがしますし、少々概念的になってしまっている点が気になります。
(2)と(3)は句の作り方が同じですが、間の部分、動詞が続くところが説明的かと思います。このパターンでいくとなんでも当てはまって句になってしまうということが言えます。どうせならとことん突き詰めてこれはという自分の一句を探してみてはいかがでしょう。正岡子規が短歌で「足立たば」「われは」と同じ語を使って何首も作ったことを思い出しました。
(4)元気めくと深紅というのがどうもしっくりこない印象です。
(5)虎が雨との相性がいいと思います。
(6)「客足が途絶えぬ」という部分がmよくある表現なのでこの部分に工夫があってもいいのではないかと思いました。

紫陽花の色をあつめて午後のお茶  あさ女(60代,女)
 いつもありがとうございます。散歩道で紫陽花の写真を撮っていましたら、お茶と紫陽花を頂きました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 そんな午後のお茶、とってもおいしそうだなと思いました。雨の季節も楽しくなる一句ですね。

(1)これからは二人きりだね梅雨に入る  学(50代,男)
(2)奥入瀬のガクアジサイの青さかな
(3)十薬や母の転生確信す
(4)日焼けする鉄筋工の肩の瘤

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)なんだかロマンチックな雰囲気のある句ですね。季語がぴったりあっていますね。
(2)結句を「青さかな」としてしまうとそのままになってしまうのでここにひと工夫欲しいところです。
(3)なぜ確信したのかというところはなぞですが面白い視点かと思います。
(4)ただごとになってしまっているかと思います。どこかにアクセントが必要かと思います。


2008年6月21日

(1)若者の還らぬ村やジューンドロップ  草子(60代,女)
(2)柿の木のジューンドロップあら「満車」
 この時季、蔕の落ちる様子をジューンドロップというのですね(今週のねんてん)。(1)限界集落を訪れたときのことを思い出しました。(2)旧家のバラ園が公開され訪れましたが、たくさんの人が見に来ていました。「柿の木や」とも考えましたが・・迷っています。今日も診断の程よろしくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)私自身は結句はなるべく5音できっちり終わった方がリズムがいいと考えています。思い切って上5の部分にジューンドロップを持ってこられてはいかがでしょうか。
(2)何のジューンドロップ(この場合柿)としてしまうと説明的になるかと思います。(1)のようにジューンドロップとだけ句に入れた方が詩的かなと思います。また、この句だけだと情報が少なすぎてなぜどこが満車なのかわからないので読者にとっては難しいかと思います。

(1)夏靄にバス諸共に呑み込まれ  小口泰與(60代,男)
(2)新緑の梢を揺らす子猿かな
(3)新緑に映し出されし淡き靄

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)靄に呑み込まれるというのはやや月並みな表現ではないかと思います。
(2)「揺らす」はなくてもいいのではないかと思います。「新緑の梢小猿は・・・・」として取り合わせを試みてはいかがでしょうか。
(3)きれいな情景ですが、情景の説明のみになってしまっている気がします。少し外した語句を持ってきて欲しいところです。

(1)むかし手を温めしこともこの泉  文の子(60代,男)
(2)糟糠の妻との間合夕涼し
(3)淑女とも言ひうる齢春日傘

 6/11のご診断有難うございました。一部の句を推敲しました。掲句は「淑女かとおもへば吾が娘春日傘」が元句です。
(4)垂直の蜘蛛水平の糸電話
 元句は「蜘蛛の垂れきてひとすぢの糸電話」です。「糸電話とあれば、蜘蛛がおしりから一本糸を出して垂れているというのは想像できる、「・・・蜘蛛・・・糸電話」など、ぴったりと音を合わせた方がいい」と伺い掲句にしました。又「オノマトペ」ともご教示いただいたのですが、「ピンと糸電話スーッと蜘蛛の糸」程度で、蜘蛛の「糸」が省けません。宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)まったく文の子さんの意図と違う気がしますが、なぜか「おしん」を思い出してしまいました。すみません。「むかし」というのが漠然としていてどんなドラマがあるのかやや考えにくいので、背景を少し匂わせてみてはいかがでしょうか。
(2)「糟糠の妻」というのは慣用的なので、後の部分は思いきり離して取り合わせを楽しんでみてはいかがですか。
(3)「おもへば」についてご意見を述べさせていただいた句ですね。むむむ。「娘」というのは残しておいて頂きたい気がします。「淑女」と言い切ってしまわずに、その淑女らしさを表現してみてはいかがでしょうか。
(4)私はてっきり蜘蛛の糸を糸電話と見立てて詠まれたのかと思ったのですが、文の子さんは、蜘蛛の糸と糸電話を取り合わせておられたのですね。私は蜘蛛を糸電話と見立てた方がおもしろいかと思います。ご推敲された句ですが、垂直、水平としてしまうと意図が明らかに見えすぎてしまうかと思います。あまり説明的ではない方が想像の余地があって楽しいかと思います。たとえば、あまりいい例かもしれませんが私なら「朝の糸電話」などさらっと流すかなと思いました。

(1)夏草と綱引きごっこ負けにけり  えんや(70才以上,男)
(2)初物の二つ焼く茄子ひとつ漬け
 句会に大いに役立たせていただいております。有難う御座います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「負けにけり」と素直に言ってしまうよりも、○勝○敗、○敗など、表現に工夫をした方が面白さが出るかと思います。
(2)語順がやや不自然なのでわかりにくいかと思います。初物の茄子、と焼く、漬けという部分を少し整理した方がいいかと思います。

(1)入梅や乗り出して見る大師池  豊田ささお(70才以上,男)
 他人様の句からなんとなく連想してできてしまったものですが、よろしくお願いします。
(2)紫陽花や水平線に消えし人
 「紫陽花や君の後ろに水平線」の推敲です。よろしくお願いします。紫陽花の必然がなくなったでしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「乗り出して見る」がやや説明的ではないかと思います。乗り出した心境など少しでも匂わせることができたらいいのではないかと思います。
(2)推敲されてわかりやすくなりました。「消えし人」の「人」を「きみ」などとすると感情が出てくる気がします。いかがでしょう。

(1)老犬の上目づかひや梅雨に入る  きなこ(50代,男)
(2)六月の赤福もちの透き通る
(3)宗匠の鼻の下より夏めけり

 この季節、俳句を始めてから好きになりました。よろしくご診断下さい。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 むし暑い日が続きますね。素敵な季語を探して乗り切りたいものです。
(1)犬の様子で梅雨のうっとおしさを表現するなんておもしろいですね。老犬というのがまたいいと思います。
(2)「透き通る」の表現をひと工夫してみてはいかがでしょうか。また、六月を、六月とよくわかる別の言葉にしてみてもいいかもしれません。
(3)きっと玉のような汗が浮かんでいたのでしょうね。「宗匠の鼻の下」というのがややユーモアがあっていいと思います。

(1)食卓のゴーヤサラダにメール来る  学(50代,男)
(2)サファイアな刻が流るゝ五月晴
(3)広重の五十三次夕立ちて
(4)古書店に少し長居や旅烏

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「ゴーヤサラダ」が新鮮ですね。しかし、サラダにメール来るという表現はやはり飛躍がある気がします。取り合わせに持っていく方がいいと思います。
(2)「サファイアな刻」という表現、現代的な表現ですね。爽やかにまとまった一句ですね。
(3)これは絵の説明になってしまっているかと思います。
(4)「旅烏」という比喩ですがやや月並みかと思います。ここに上手く、上と少し離した季語を持ってきてはいかがでしょうか。

(1)緑雨打つ民宿の先信濃川  茂(女)
(2)大夕焼け筏の修理終えてより
(3)夏館出入り中の雀かな
(4)囲碁を打つ小さき膝や夏座敷
(5)夜の雷鼓の調べ締め直す
(6)松並木ぴくりともせず七月に

 今日も宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 6句、色々な場面を詠まれていますね。今回いいなと思ったのは、情景が鮮明に思い浮かんだ(2)と、見方がおもしろい(6)です。
(1)一句が情景の説明になってしまっているかと思います。
(3)これも(1)同様、もうひとこと何か思いや茂さんならではの見方が出る言葉がほしいところです。
(4)これはよくある場面なのでやや平凡かと思います。
(5)雷と鼓は近いので雨ぐらいのほうが言葉の距離感が保てそうです。ご検討ください。

(1)じやが芋の花や鳥達にぎはしき  小口泰與(60代,男)
(2)郭公や二人揃ひて野良仕事
(3)夕映えの棚田震わす蛙かな

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 今回の3句は説明的な語が気になりました。
(1)の「にぎはしき」、(2)の「揃ひて」、(3)「震わす」です。(2)の場合は、二人とあれば、揃うという語は余分かと思います。説明的にならない語選びを工夫してみてください。句の印象が変わると思います。

(1)蛍とぶボアノの音は風になる  学(50代,男)
(2)菜の花の風にたたづむ母の声
(3)嫁ぎ行く娘と旅に濃紫陽花
(4)川上に泣けとごとくに流れ星

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「とぶ」「なる」とどちらも用言で終わっていて、短文的ですのでどこかで体言を使ってメリハリをつけるといいのではないでしょうか。車の音が風というのはやや月並みかもしれません。
(2)「母」にかかる部分が多すぎて一句が説明で終わってしまう気がします。語順等工夫してみてはいかがですか。
(3)濃紫陽花が感傷な気持ちを引き立たせる句ですね。「旅は」でもいいかもしれません。
(4)「泣けとごとくに流れ星」がややきれいすぎる印象です。どうしても石川啄木のイメージが抜けないので泣くところの表現をご検討ください。


2008年6月20日

(1)鳩の群れ中に子雀餌を取り  岬(60代,女)
(2)群れ鳩に混じり餌取る雀の子
 何時もわかりやすい添削有難う御座います。先日鳩が餌をつついている中で、体の小さい子雀が負けじと頑張って餌をつついている姿を詠みました。リズムを整えたつもりですが・・・よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)(2)ともにこのままでは混ざっているということが中心となってしまっています。岬さんの受けた「負けじと頑張って」という感じを上手く句の中に匂わせることができたらと思います。少し難しいかもしれませんがご検討ください。

流星や尽十方界無為自然  山本葆博(70才以上,男)
 毎毎ご多用の折申し訳ありません。過日、「流星と見せて蛍の藪にそれ」、季重なりご教示有難う存じました(6/7)。小生まことに無知蒙昧。ご教示のごとく蛍を改めてはみたものの、是また観念の域を出でず、うまくいきません。よって拙き三首に句意を補足せしむも是また邪道なるか。。。知らずして生かされ居るを感謝して自然法爾と有難きかな。。。たまほこの道し往きつつ越し方の遥けくもあるかながらう命。。。在るものは在るべきように在りにけり光は充つる天上天下。。。云々。。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。実は私は漢文が大好きでして、この漢語のリズムを心地よく感じます。ただ、リズムはいいのですが、耳で聞いただけではなかなか字が思い浮かばないのではないか、ということが気になりました。また、仏教に関わることばかと思うのですが、一般的ではないので意味がとりにくいのではないかと思います。作品世界はそのままに、表現を工夫されてはいかがでしょう。

(1)竹秋や星になりたるシーズ犬  小口泰與(60代,男)
(2)ただ一度尾っぽ振りけり五月尽
(3)雨受けて薔薇の容を変へけるも
(4)走り梅雨長き廊下を素足かな

 よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「シーズ犬」と種類を明らかにしたことがいいと思います。
(2)切ない句ですね。(1)がなかったとしても、「尾っぽ振りけり」で犬と分かりますのでいいと思います。
(3)これは説明になってしまっているのではないかと思います。
(4)走り梅雨、廊下、素足、語感が似ているので少し外した語を持ってきた方がいいかと思います。

(1)道をしへ結界までで帰りけり  山田の案山子(女)
(2)五月晴河馬の口など見に行こか
(3)人の句を俎に乗せ鰻割く

 道おしえは夏の季語です。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)虫の様子をよくあらわしているのではないかと思います。「結界」という語に少し含みがありそうでいいと思います。
(2)五月と河馬は合いますね。
(3)料理をしながら俳句の話などしている様子を想像しました。ただ、上が少し理屈っぽいかなという気もします。ご検討ください。

(1)皐月の君、婦警になり、われ革命の意志揺らぐ  吾輩はアカである(60代,男)
(2)コミュニストはよきチェキストと制服姿の君は言う
(3)同志夢見て愛の火炎瓶君に投げにけり
(4)君にならパクられてもいいかな、十月革命記念日

 吾輩の青春時代のおもひで。幼馴染のあこがれの君が婦人警官になり、そのころ学生運動していた自分の片思いの気持ちを俳句にしました。あの娘どないしてるのやら。婦警退職して、どこぞでミドリのおばあちゃんでもしてるのかも。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 私自身有季定型を基本と考えて俳句に関わっていますので、吾輩はアカさんの作品については大変実験的ですし、なかなか診断しづらいのが正直なところです。ただ、私は俳句を詠む前に短歌を詠んでいまして、吾輩はアカであるさんの作品を読みますと、内容が叙情的なのでどちらかというと短歌的なのかなと思いました。婦人警官になっていたなんてびっくりですね。


2008年6月19日

梅雨晴れ間どこにいたのよ蝸牛  春雪(70才以上,男)
 はじめまして。ご指導をお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 「梅雨晴れ間」「蝸牛」ともに夏の季語になります。この句の、「どこにいたのよ蝸牛」というフレーズがとても楽しいので、上5を思い切って全然違うものに変えてみてはいかがでしょう。ご検討ください。

(1)麦秋に阿鼻叫喚を起こすなゐ  大川一馬(70才以上,男)
 「一瞬」とか「地獄」とかでモタついておりましたので、出直して見ました。
(2)麦秋のノルマンデイをバスの旅
 昔、巴里からシテイラマに乗って一泊旅行したのが矢張り6月でした。
(3)麦秋の空に接する地平線
 新聞でヴラマンクの絵「雷雨の日の収穫」の写真を見て。ご教示の程を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。 (1)確かに、「阿鼻叫喚」と言い切ってしまったほうがすっきりしますね。「起こす」がやや説明的です。ここは漢語を使って雰囲気を統一するなどもひとつの方法かなと思いました。
(2)このままだと事実のみに終わってしまってやや平凡かなと思います。字数の問題もありますが、もう少し深みがでるといいなと思います。
(3)私もネットで「雷雨の日の収穫」探して見ました。とても素敵な作品なのですね。「接する」が説明的なのでこの部分ひと工夫してみてください。

(1)山の道下り下りて朴の花  草子(60代,女)
 5月29日の「幾重にも曲がり下りて朴の花」の説明的な部分、推敲してみました。ひたすら下り、下り終えたとき下に朴の花見えました。「降りて」天国に辿り着いた気分でした。
(2)砂利の道小雀サッと翔び立たせ
 「砂利の道小雀十羽翔びたたせ」の推敲です。良くある景ですが、小雀を驚かせてしまった罪滅ぼし?の句です。7文字に収まる擬態語、難しかったです。
(3)卯浪寄す間合いJazzるや番鳥
 私も”現代語を用いた句”を作ってみました。再度推敲のヒント、よろしくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「下り下りて」に気持ちが出ていますね。ご推敲されてよくなったと思います。
(2)十羽よりもよくなりました。ただ、「翔び立たせ」だと、罪滅ぼしの気持ちは読者にとっては読み取りにくいかなとは思います。
(3)「Jazzる」と「寄す」「や」が一句の中に共存しているのはやや不自然かと思いました。こんな場合は口語にされた方がいいと思います。また、「Jazzる」という言い方はあまり一般的ではないので、現代語を取り入れるにもある程度普遍的なものの方がいいと思います。

(1)百足出で毒毒しいとは俺のこと  岡野 直樹(40代,男)
(2)木下闇犬の恋文見つからず
 あの嫌悪を誘うムカデのデザインは、誰が考えたのでしょうか、とか、考えてしまいました。よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)ムカデ私も大きらいです。以前部屋の中に出現して死闘(笑)を繰り広げました。この句の気持ちよくわかります。欲を言えば「出で」はない方が勢いが出るのではないかと思いました。
(2)犬の恋文ってなんだろうと気になる一句です。面白いですね。

(1)大池に亀の子群れてダンスする  岬(60代,女)
(2)浮島の子亀や同じポーズして
(3)飴ねぶる園児の集ふバラの園

 先日大阪の長居公園に行ったときの句です。亀の泳ぎぶりを始めてゆっくり見ました。ダンスするのところを「舞踏会」「立ち泳ぎ」いずれにしようかと迷いました。飴を舐める園児は文字通り飴を与えて静かに先生方が園児を導いていられました。何時も丁寧な添削有難う御座います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)先日添削した「大池で亀の子寄りてダンスする」と「群れて」の部分が変わっていますが、やはり短文的なので助詞の使い方をご検討ください。
(2)「同じポーズ」の部分、具体的にどんなポーズなのかを句の中に詠み込むと句の情景が鮮明になります。
(3)「ねぶる」と入るとやや説明的かと思います。句のどこかに具体的なイメージを引き出す語があるといいと思います。たとえば園児の帽子の色だとか、人数などをいれるといいと思います。ご検討ください。

(1)時の日の夕日が沈むまた昇る  遊雲(70才以上,男)
(2)玉虫とコラボレーションしてみたい
(3)蝸牛柳田国男と旅に出る

 6月10日火曜日、今日は時の記念日。暦では「入梅」。今年は閏年だから八十八夜も立夏も入梅も平年より1日早い。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)ちょっと理屈っぽいかなと思います。どこかに具体的な言葉があると情景がよく思い浮かんでいいなと思います。
(2)発想はおもしろいのですが、このままだと短文になってしまいます。切れをつくる、体言止で終わるなどの変化が必要かと思います。
(3)「蝸牛」をうまく使われていますね。「旅に出る」の部分、地名などを入れて「○○の旅」としてもいいのではないかと思います。

天の川ジョッキの数だけ遊泳す  熱波(ねっぱ)(30代,男)
 「川」と「泳」がつきすぎでしょうか。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。この句の場合は、言葉の世界に遊んでいる感じなので、いいかなと思います。ふらふらした感じがよく出ていますね。

春祭り神輿押し行く若い衆  藤尾(50代,男)
 「紫陽花に秋冷いたる信濃かな」は久女の句ですが、季語は秋冷、紫陽花は物体ということで季重なりではないということなのでしょうか?それともやはり季重なりなのでしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 春祭り、御輿、若い衆、と続くと言いすぎかなと思います。少し祭りそのものからずらした語句を入れた方が広がりが出ます。
 「紫陽花に秋冷いたる信濃かな」は紫陽花がある以上、紫陽花の季節を表すことになるので秋冷との共存は矛盾があるのではないかと私自身は思います。


2008年6月18日

土砂ダムの奥に土砂湖やさみだるる  角力(30代,男)
 診断有難うございます。共に四川地震の句です。「亀の鳴く瓦礫余震の万華鏡」琥珀を余震にしてみましたが如何でしょうか?
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
「土砂ダムの奥に土砂湖」ちょっと理屈っぽくなってしまうかと思います。どちらかにポイントを絞って詠んでみてはいかがでしょう。「亀の鳴く・・・」は「余震」の方が意図がよく出ていいと思います。

(1)蓮の音いま明星の瞬ける  文の子(60代,男)
 元句は「蓮の音明星強く瞬きて」です。
(2)人波に首伸ばしたる花蓮
 元句「人波に首伸ばしけり花蓮」をドクターに読んでいただいたように改めました。元句は中7で切って作者の首でした。
(3)飛び石をけんけんぱっと蓮浮葉
 元句は「飛び石を伝ひ来たりて蓮浮葉」です。6/10のご診断有難うございました。夫々推敲しましたので宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「いま」という語にぱっとひきつけられますね。「強く」よりも迫ってくる感じがしていいと思います。
(2)先日確かにかわいい見立てと読みましたが、確かに人の首としてもいいですね。せっかく推敲されたのですが、元句の方が多様性があっていいのではないかと思います。
(3)この句、推敲されてとてもよくなったと思います。「けんけんぱっと」元気がよくてとても楽しい句です!

(1)夏少女小麦の肌に白いシャツ  栗太郎(50代,男)
(2)初夏の風を愉しむヨットかな
 中谷先生始めまして。ご指導よろしくお願いします。このところ心身ともに不調で、なかなか俳句モードに入れないでいました。やっと、少し戻りましたのでこれからがんばります。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。私も心身ともにコンディションがよくないとなかなか俳句ができません。
 栗太郎さん、これから暑い季節がやってきますが無理なさらずに俳句を楽しんでくださいね。
(1)CMで出てきそうな少女です。ただ、「夏」「小麦の肌」「白いシャツ」はイメージが出来上がってしまっている気がします。ここは、既成のイメージを一歩踏み出して見てください。夏少女のちょっと違う側面を詠まれてはいかがでしょうか。
(2)「風を愉しむ」は素直すぎる表現なので、ここにひと工夫必要かなと思います。ご検討ください。

(1)涼しさの真直ぐに伸びて竹の寺  戯心
(2)蚊遣火や夜なべの母の若かりき
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)涼しさもまっすぐ伸びているような気がして気持ちのよい句です。
(2)「若かりき」をストレートに言わずに表現できるといいのではないかと思います。ご検討ください。

(1)白南風やをんな男のギャランドゥー  きなこ(50代,男)
 「夏来る少し男のギャランドゥー」を推敲してみました。
(2)夏帽子かぶる深さに唇光る
 「夏帽子かぶる深さに艶めけり」を推敲してみました。よろしくご診断下さい。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)中性的な男性のギャランドゥーが気になったのかなと読んだのですが、「をんな男」という表現にややひかっかります。
(2)「艶めけり」よりもぼやかした表現にされたのですね。「唇光る」ちょっとドキッとします。

(1)茂りいて山人動かぬ露天風呂  豊田ささお(70才以上,男)
 7月の兼題が「茂る」で何にも浮かばず困ったもんです。
(2)山茂る自販機のゼリーとろり出る
 紫陽花の句、「水平線」が6音というのは自分の中ではセンッとちじめていましたもんで気付きませんでした。ご指摘有難うございました。上5については、6音になるのはゆるされるときいたことがありますが・・・といいつつ今回も中8音になってしまいました・・・よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 字余りの件なのですが、私は個人的には初句に関しては7音でも構わないと思っています。中7も8音であっても響きが合っていれば問題ないと思います。ただ、自分で色々試行錯誤してみて結句だけは5音でぴったり収めた方がリズムがいいと感じましたので、そうするよう心がけています。ささおさんもぜひ色々試してみてください。言葉の響きにもよるなとは思います。
「茂る」ってなかなか難しい題ですね。
(1)「動かぬ」が説明的なので、違う表現にしてみてはいかがでしょう。
(2)「山茂る」と「ゼリー」は意外な組み合わせですね。面白いと思います。ただ、「茂る」と「出る」は響きが重なるので、「出る」はやめて体言止に持っていった方がいいかなと思います。

(1)雲の峰田の青々と佐久平  小口泰與(60代,男)
(2)ライズせり水面に映す青葉かな
(3)松籟に岩魚のライズ駒出池

 八千穂高原駒出池にて。よろしくご指導願います。
ドクター中谷の診断と処方箋
(1)地名の力って、一句の中で大きいものですね。上手に取り入れられています。ただ、「雲の峰」と「青田」はつきすぎかなと思います。ご検討ください。
(2)(3)「ライズ」が上手く読み取れませんでした。英語の「rise」かなと思ったのですが、唐突すぎて難しいのではないかと思いました。


2008年6月17日

水芭蕉セーラー服のりぼん紺  茂(女)
 今晩は。今日も宜しくご指導お願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 「水芭蕉」と「セーラー服」合っていますね。「りぼん紺」は若干強引な持って行きかたかなと思います。結句は少し少女の気持ちを匂わせるなど叙情的に終わった方がいいような気がします。

(1)吸い殻に埋もれる天使冬銀河  熱波(ねっぱ)(30代,男)
(2)天の川吸い殻二つ秘密あり
(3)青蛙俺も一個の生命体
(4)橋脚に錆広がりて更衣
(5)雨つぶに光る青麦傘たたむ

 よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。熱波さんの今回の句、取り合わせの妙があるなと思いました。
(1)ちらかった机上を想像しました。天使は写真でしょうか。「吸い殻」と「冬銀河」の取り合わせが新鮮です。
(2)「秘密あり」はストレートな表現なので、この秘密について少し工夫してみてください。
(3)この場合、生き物以外の季語の方がいいのではないかと思います。いかがでしょう。
(4)橋脚の錆びと「更衣」の取り合わせが、上手くいえないのですが面白いなと思いました。
(5)この句はちょっと月並みかなと思います。「雨粒に光る」というところひと工夫してみてください。

(1)松の針の雫としてソーダ水  学(50代,男)
(2)グミを噛む少女かすかに目の濁り
(3)胡瓜花早生まれてふ数へ年
(4)いわし雲みちのく恋し戻り松

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)リズムがよくないことが気になりました。
(2)「グミを噛む」と後半との結びつきがあまりないのではないかと思います。逆に言うと、想像してもあまりドラマがない場面なので違う動作と組み合わせた方がいいかなと思います。
(3)「早生まれ」「数へ年」だと句の意味が限定されてしまい読者の想像の余地があまりないかと思います。句の世界が広がる言葉をどこかにしかけてみてはいかがでしょう。
(4)「いわし雲」ってどこかなにか恋しいという気持ちを引き立てますね。よく合っていると思います。

幸せを 四葉にこめて つゆ便り  浅葉洋(70才以上,男)
 何時も適切なるご高評有難う御座います。裏山で四葉のクローバーを見つけ詠みました。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。「つゆ便り」のネーミングいいですね。ただ、四葉のクローバーは「幸せ」とずばりいわなくても十分伝わると思います。

八橋や距離保ちたる白日傘  匡(女)
 宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
 なんだか初々しい恋人ですね。ちょっとだけ昭和の香りがするような気がします。

五月雨の注ぐ棚田や日の暮れて  どんぐり(男)
 あらためて推敲してみました。しばらくはこの句を最終バージョンにしたいと思います。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。結句が上手く離れてよくなったと思います。

(1)あちゃーパンすっかり焦げて夏に入る  ポリ(50代,女)
(2)原っぱは死語となりけり夏薊
 いつもご指導感謝しています。「スヌーピー」の句は「のびて夏」だと大人っぽい洗練された感じがします。ありがとうございます。今回もよろしくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「あちゃー」に対して、「すっかり」は説明的すぎるかなと思います。アンバランスを解消してみてください。
(2)「原っぱは死語となりけり」いいですね。ただ、「夏薊」と原っぱに近い季語を持ってくるか少し離した季語を持ってくるか迷うところです。植物と離れた季語でもいいかなと思います。

(1)かもじ草刈られて高き古墳かな  けんじ(70才以上,男)
(2)一杯の冷や汁うどん古墳茶屋
(3)浮き城を語る櫓や竹落葉

 以上3句、「さきたま古墳群」吟行時の作品です。よろしく、お願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。古墳に吟行、楽しそうですね。
(1)「高き」が少しあいまいかと思います。他の語で古墳を修飾してみてください。
(2)「冷や汁うどん」と「古墳茶屋」がなんとものどかでいいですね。
(3)今回の3句の中でいちばん味があっていいなと思いました。「浮き城」「櫓」、ロマンがありますね。

(1)むらさきの花に和ぐ風聖母月  穂波(女)
 「むらさきの花そよぎおり聖母月」の推敲句です。
(2)朝もやのいちご畑に下り立ちぬ
(3)すずらんは裏の小川のほとりまで

 先日はコメントありがとうございました。よろしくお願いいたします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「花」と「風」「聖五月」はちょっと爽やかすぎるかなと思います。ちょっとはずしてみてもいいかもしれませんね。
(2)と(3)は雰囲気が似ていますね。ふんわかとしているのですが、一句の中で少しはっきりインパクトのある語を持ってきてもいいかなと思います。


2008年6月16日

(1)我執捨て先陣切ったる蚊を討てり  岡野 直樹(40代,男)
 「我こそと先陣切ったる蚊を討てり」の推敲です。
(2)夏めきて二百馬力の犬洗う
 よろしくお願いします。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「蚊」に係る部分が長すぎるので、我執捨て」は蚊なのか、討った本人なのか分かりにくいのではないかと思います。読者にはっきりわかるほうがいいと思うので、前半の表現をご検討ください。
(2)二百馬力という大げさな表現が、とっても好きです。おもしろいですね。

(1)蔓ゆるむ子の遺愛のサングラス  えんや(70才以上,男)
(2)石ころにつまずく齢青嵐
(3)開店の客に先んじ青嵐
(4)工事夫のずぼんだぶだぶ青嵐

 3日のご診断有難う御座いました。「公園のベンチ空席青嵐」の句、オノマトベの活用をとご指導を受けましたが、ピカピカ・テカテカ・どっか・等の活用で良いのでしょうか。未熟な質問にて大変失礼と存じますが。どうか宜しくお願い致します。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。まず、ベンチの句の件ですが、私は空席を「からっぽ」「ぽっかり」などとしたらいいかなと漠然と考えていました。参考になりますでしょうか。
(1)字足らずが気になりました。「遺愛の」とずばっと言ってしまうのもひとつの方法かと思いますが、過去に愛していたことを婉曲表現にしてもいいかもしれないなと思います。
(2)「齢」とまとめてしまうよりも、ここは「石ころにつまづく」ことと「青嵐」の取り合わせにしておいた方が想像がふくらむ句になるのではないかと思います。
(3)「青嵐」を上手く句の中に活かされています。ただ、「先んじ」がややかたい表現かもしれません。ご検討ください。
(4)「ずぼん」の平仮名表記と「だぶだぶ」という語感がかわいらしくていいですね。

(1)夏帽子健康歩道足温し  摯F(男)
 ウォーキングコースのなかに石を並べたうえを素足で歩いて鍛える場所があります。その道を健康道路となずけてあります。なれるまでは痛くてきびしいです。
(2)風涼しいホットコーヒー老舗の香
 田辺聖子先生の小説にもあります浪花の老舗の喫茶店ですが、先日いってまいりました。つたのからまる大正モダンの建物です。かくれや的です。 ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「健康歩道」楽しいネーミングですね。いいと思います。ただ、「足温し」だと素直すぎるので、結句は少し離したものをもってきてはいかがでしょうか。
(2)せっかくですし、「隠れ家的」というのを句の中に匂わせてみてはいかがでしょうか。コーヒーも「ホットコーヒー」よりも具体的に豆やコーヒーの種類の名称(すみません、あまり詳しくないのですが)を出してみてもいいかもしれませんね。

(1)かえる語の口づさみつつ青葉山  学(50代,男)
(2)桜桃の露一滴の純真さ
(3)夏草や井戸ありしはこの辺り
(4)三太郎の日記も今は黴の書に

 ご教示を。
ドクター中谷の診断と処方箋
 こんにちは。
(1)「かえる語」面白いですね。ただ、青葉山に行くよりも、かえるが普段いなさそうな意外な場所に行く方がいいと思います。
(2)桜桃と純真さというのは、月並みな発想かと思います。一句としてはまとまっていますが、冒険心が欲しいところです。
(3)字足らずが気になります。また、「夏草」と漠然としているよりも具体的な植物名を挙げた方が分かりやすいかと思います。
(4)短文的になっているところが惜しいかと思います。句の中に切れを作ってみはいかがですか。