「e船団」のドクターがあなたの俳句を診断したものです。


2010年12月29日
南村健治ドクター : 今週の十句  (到着順)

【はじめに】

 少し前。駅前の商店街で買い物をした。「角のたばこ屋さんの跡地でガラガラをやってる」と言いながら店のおばさんがくじ引きの券を2枚くれた。ガラガラではいつもティッシュか飴を貰って帰る、、、、、はたして、ガラガラ、ポンッ。赤い玉が一つ出て、もう一度ガラガラポンッ。黄色い玉が転がり出て、係のお姉さんがカランカランとベルを鳴らし、「うわっ、4等です」といった。「4等は、鉢植えの花。どれでもどうぞ」と言われて紅紫の花を付けた鉢を選んだ。シネラリア。花には蕾が沢山あり、今も次々に花を咲かせている。どうやら年を越しそうな気配だ。

【十句選】

街路樹の切り口蒼し冬の街   涼
 何とは言えない句だが、「切り口蒼し」がいい。枝を払われた木々は寒々しいが冬という季節のなかではその切り口は生命力に溢れている。痛々しい傷口から瑞々しい木の香りが漂うようだ。

度忘れの名はそのままよ日向ぼこ   絵依子
 度忘れは思い出す努力をしなければ本当に「忘れ」状態になると聞く。この句、一緒に日向ぼっこをしている人の名なのか、お互いに話題にした人物の名なのか。ほれ、あの人、釣りが好きで、髭を生やした、眼鏡をかけた人、、、、などと言い、ついに名前が出てこなかったもかもしれない。後日の日向ぼっこにでも思い出すかも知れないな。「そのままよ」の「よ」がその状態を軽くいなしている。「に」では説明臭くなる。

日が差してやがて枯野を出むとす   俊
 たとえば、孤独を癒すにはより強い孤独に心身を浸すのがいい。枯野に浸す孤独。やがて一筋の日差し、一筋の明かりが見えてきた。

ジャズと謂ふ思ひ出ありぬ冬薔薇   豊秋
 かつてはジャズマンだったのか。引退して、それでも時にジャズに思いを馳せているのかもしれない。「と謂ふ思い出あり」は饒舌だが、「冬薔薇」を傍らに置き、それに託した主人公の想いは切なく美しいし、なにより格好がいい。ちなみに、冬薔薇そのものにジャズの思い出がある、そんな作りかたも面白いかも。

煤逃げやKの15のシネマ席   恥芽
 煤逃げに映画を見に来た。座った席が「Kの15」なのか前の席の背もたれに書かれたプレートの番号がそうなのか。ともあれ、煤逃げの後ろめたさが映画に集中出来なくさせ、暗がりに白く浮き上がるプレート番号が目にちらつく、、、、といったところかな。自業自得である。

冬の金魚来ないエレベーター見上げる   紅緒
 ロビーに金魚鉢が置いてあるのだろう。(冬の)金魚は底に沈んでほとんど動かない。句の主人公は少し苛立ちながら降りて来ないエレベーターを見上げ続ける。その少し軽めの心理的ともいえる対比が面白い。

数え日やへのへのもへじ父の背に   勇平
 父に甘えながら何かをねだっているのだろう。「数え日」だからお正月のお年玉アップか。しかし、いまの時代「へのへのもへじ」を書く子なんていない。それだけに素朴な時代感というか、のんびりとした懐かしさが漂っている。ちなみに「数え日は親のと子のは大違い」という川柳を見つけた。

めりめりとわたしみたいな薪くべる   あざみ
 「めりめり」が「薪」の太さやゴツゴツ感を際立たせ、同時に「めりめり」とした「わたし」、つまり「わたし」の業の強さや深さを燃やすに至る、、、、、、秀句です。

自転車の空気の減ってきた師走   せいち
 何かにつけて慌ただしい師走。なのに自転車の空気が減ってきた、、、、、難儀やなあと感じながらもそのまま乗りまわしているのだろう。どこかのんびりというか、流れに任せるというかそんな気分なのかもしれない。「空気の」ではなく「空気減ってきた」となると途端に気忙しくなる。

湯たんぽのあつき血汐にふれてみる   岡野直樹
 レトロ流行りとエコで湯たんぽも見直されたのか最近はあちこちで復権しているとか。それらの社会的現象に応えるべく湯たんぽが熱き血潮を滾らせているのだ、という見方が面白い。もちろん中身のお湯を血潮と読んでもよい。オーバーでマンガ的。かつてボクも「名古屋から口あけている湯たんぽ」という句を作った。

【次 点】

板チョコをかちりと割りて初冬かな   涼

枯葉舞ふ螺旋の風に抱かれて   涼

未来世へ持ち込む夢よ山眠る   たか子

枯蓮の落武者のごと崩れをり   洋平

僧という器を叩く十二月   遅足

極月の駱駝がくぐる穴ひとつ   遅足

骨肉の重みに耐えて山眠る   遅足

ひとところ深き淵なす枯野川   遅足

冬の月つくづく長し貨車の列   風来

十二月コントラバスが加速する   KQ

初冠雪明けの甲斐駒抜き出づる   山渓

ニ短調黒々続く冬木立   大川一馬

桶二つ石も置かれて冬菜畑   えんや

行き来する人に見られつ日向ぼこ   くまさん

サロンパス背中に負うて年の暮   くまさん

岸壁に小春の潮の丸く打ち   茂



2010年12月22日
星野早苗ドクター : 今週の十句  (到着順)

【はじめに】

 駅を出ると街路樹のイルミネーションがきれいです。数年前から私の住む町にも青色ダイオードのイルミネーションが施されるようになりました。この木は毎朝見馴れた楠、ということは分かっています。けれども、青く瞬く星をまとった夜の姿を目にすると、家路のはずなのに、どこか知らない外国の町に来たような気持ちになるのが不思議です。最近はツリーも出さなくなった我が家ですが、駅を出て数分間だけロマンティックな毎日です。クリスマスもお正月ももうすぐですね。皆さま、良いお年をお迎え下さい。
 さて、今回は129句の中から。

【十句選】

片方の耳の出てゐる冬帽子   涼
 毛糸のすっぽりとかぶる冬帽子でしょうか。冬帽子は、元々耳の防寒のためのものであったはず。耳当てという耳専用のものもあります。それなのに、片方の耳が出ているとなると、寒さがよけいに厳しく感じられます。

KAWAIIとハモる師走の女子高生   清坊
 KAWAIIは今や世界共通語になっているそうです。(「モッタイナイ」も。)師走の街中、「かわいい!」と声をそろえる女子高生。「かわいい」の基準は彼女たちの中には確かにあるのでしょう。グループ全員の意見が一致したうれしい瞬間です。

湯豆腐のことりことりと独り鍋   茂
 湯豆腐は究極といっていいほどにシンプルな食べものです。それを一人でいただく。ことりことりとゆっくり煮えていく土鍋の音が効いていると思いました。

初雪や天に慶事のあるらしい  せいち
 雪は大抵憂鬱で迷惑なものですが、初雪だけは別。「慶事」と感じてしまいます。この句によって私も始めてそのことに思い至ったのですが、初雪に自然の不思議を実感するからなのでしょうね。

氷よりはみ出て水にもどりける  遅足
 氷からはみ出るものは水なのですが、「水にもどりける」と言われると、何が?と問い返したくなりますね。トリックのようで面白いです。

雪の夜の雪のかおりとすれちがふ  遅足
 雪の夜に雪のかおり(歴史的仮名遣いでは「かをり」)がする。当たり前のことなのですが、すれちがう、の惜辞で物語性が生まれました。かおりの擬人化は初めて見ました。けれどもそれがさりげなく静かな句に仕立てられているところがいいですね。

農協にわづかばかりの懸大根   えんや
 丸ごと1本の大根を荒縄で梯子段のように吊り下げる懸大根。最近はほとんど見かけませんが、作者はそれを農協で見つけられました。「わづかばかりの」というのが発見ですが、滑稽なような、寂しいような情景です。

背もたれに着せる作業着冬日差す  コッポラ
 仕事から帰ってきた人たちが作業着を脱ぎ、椅子の背もたれに掛けたのですが、それを「着せる」としたことで、仕事は任せた、とでも言っているような解放感が生まれました。射しこむ冬日は、作業着を着た背もたれも暖めてくれているのでしょう。

北風やつひ「頑張れ」と言ふてしまふ  伊丹余一
 稔典さんの句に「頑張るわなんて言うなよ草の花」がありますが、「頑張れ」は負担になる言葉、言わない方がいい言葉だとの認識が広まってきました。けれども、つい「頑張れ」と言ってしまう。北風に向かって歩いている人はもう充分に頑張っているのでしょうに。文語のかな使いが視覚的に柔らかく面白い効果をあげています。尚、「言ふてしまふ」は歴史的仮名遣いの音便形だと「言うてしまふ」になります。

冬銀河裏から入る友の家   あざみ
 裏口から入れるのは親しい間柄だからなのでしょう。昔は居間や台所に近い「裏から入って」というお家も多かったと思います。玄関を通さず直接に迎え入れられる方が仲良しな気がしていいものですね。だとは思うのですが、冬銀河が見えているので寒い冬の夜。少し、こっそり、といった気分が漂います。悩み事の相談、二人だけの酒盛り、などが思い浮かびました。


2010年12月15日
早瀬淳一ドクター : 今週の十句  (到着順)

【はじめに】

 皆さん、お元気ですか。今年も晩秋、義父の家で恒例の焼き芋・バーベキューを行いました。落ち葉が降り積もる中、丸ごとのサンマ、タレに漬け込んだチキン、ステーキ肉、と順番に焼き・食べていきます。その中で大人に一番評判だったのは・・・やはりサンマでした。炭の遠赤外線でゆっくりと炙ったサンマの身と脂は、赤ワインにとても合いました。
 さて、今回は160句。ありがとうございます。私好みの句が多く、選句にうれしい悲鳴を上げました。

【十句選】

冬麗そんなこんなのカレー盛る   茂
 普通俳句に使わないからこそ、「そんなこんなの」がおかしい。夫婦の間のややこしい言い争いがおさまってまあまあカレーにしようかというのか。お父さんががんばって作った蘊蓄たっぷりのカレーをよそっているのか。全然難しくない言葉だから、読者がその内容、状況をいろいろと想像して楽しめる。

マスクしてよそ者らしくなりにけり   たか子
 見つかったらあまり顔を合わせたくない人とも、会話をしなくてはいけないような場所にいるのだろうか。マスクは冬の季語だがこの場合は季語としては効いていない。が、いづらい場所でマスクを幅広にかぶってよそ者になりきり、澄ました顔の作者を想像すると、くすっとなる。

我が影の冬田一枚越えにけり   太郎
 2通りの景が考えられる。1つは自分の影が田んぼの端から端まで歩いて越えてきたという光景。もう1つは低い夕日に照らされてできた影が長く伸びて冬田の端を越えているという光景。私としては2つめの景が好きだが、いずれにしても冬の夕方の澄み切った光景が心に静かに染みこんでくる。平易な言葉で書かれた、しかも格調のある俳句。

身に入むや四角四面の女郎墓   洋平
 墓は四角四面だろう。いや、この墓はやや立方体に近い背の低い墓なのだろうか。女郎墓という言葉があるのかは知りませんが、女郎・・・遊女、江戸時代は湯女(ゆな)、飯盛女ともいい、いわば普通の庶民の女性のように無数に生きていたのだろう。その墓の周りの空気は身にひびくように寒々しい、というのは近い世界だが、四角四面というやや違和感のある言葉がおもしろい効果を出している。

師走くる俺も常用漢字だと   きしの
 年末になると常用漢字の改訂が発表されたりする。「俺」という字もその中に入ったのか。さらに読むと、俺(作者)も常用漢字の存在のように、そんなに特徴のない、可も不可もない人生を送っているのか、というやや自嘲気味のでも少しの安心がのぞく。俳諧味を感じさせる一句。

回覧板鵠の数を知らせけり   山内睦雄
 鵠はくぐい、白鳥のこと。回覧板白鳥の数知らせけり、ではだめでしょうか。俳句はなるたけ簡単な言葉の方が。読めないとパスされる恐れも。とまれ、回覧板で、その地域の池に昨日は白鳥が十羽ほど来ていましたよ、と手書きで添えられているのだろう。白鳥はたぶんそのあたりではそんなに特別な鳥ではないのだろう。さりげない日常のしみじみとしたよろしさを感じる。

妻の客京のひとらし冬紅葉   滝男
 玄関先か応接間に妻の客が来ているらしく、小さな声の京言葉が切れ切れに聞こえてくる。京都の女性と言うだけで男性としては、浅黒・小柄で細面、年の頃三十代前半、控えめだけど上品・芯の強そうな美人、龍馬の妻役の真木よう子のような人を想像してしまう。(私だけか)。冬紅葉が合いすぎるくらい合っている。

ハクセンノウチガワデマッテ冬銀河   紅緒
 忘年会の後だろうか、冬の夜、まだ雑踏のあるJRの駅のホームの白線の内側で電車を待っている。上空には見事な冬銀河。宴会の後ふと我に戻って来し方行く末を感慨しているよう。カタカナ表記が少しの緊張感、寂寞感を出して良い効果を発揮している。ただ中8というのは間延びした感じになるので、ウチガワデマツ、ウチガワデマチのどちらかか。

金色のイルカの根付冬日和   ポリ
 根付というのはもともと江戸時代、小物袋のひもを帯に引っかけるための留め具なので古風なイメージがある。でもこの根付はなにかヨーロッパの蚤の市で掘り出した、おしゃれな小物のよう。冬日を反射してきらきらしている光が冬の寒さも楽しいものにしてくれる。名詞だけで作られているのも、安定した感じを与えてくれる。

冬ざれや歯医者の熾す火の匂ひ    伍壱堂
 最近はもうないのだろうか、昔は歯医者の作業台の墨に、殺菌のための小さなガスの火が燃えていたような気がする。冬ざれて行く歯医者のただでさえ気が滅入るのに、あまり気分のよくない煤けたようなガスの火の匂い。だけど、あきらめて病を治すことに、毎日の庶民の営みを思う。熾す、に少しの詩情がにじむ。

【予 選】

丸石の土間にありけり一葉忌   涼
 丸石と一葉、何かを考えさせてくれる。

嬰児の夜泣き朝泣き冬晴るる   吉井流水
 若いお母さん、虐待にいかないで、とエールを送りたくなる。

なまめかし脱衣の如き落葉かな   蘆人
 落ち葉の小山をなまめかしと見たところがおもしろい。

みほとけに身をしゃがむれば息白し   たか子
 しゃがむだから、小さなお地蔵様だろうか。多くを言わないところが良い。

冬晴れやロッキングチェア南むく   津久見未完
 少し暖かい冬日、縁側にロッキングチェアを出したのだろうか。

教会へ黒きセーター消えてゆき   津久見未完
 黒きセーター、の表現が省略が効いていてイメージがくっきりする。

おくられしセーターしばし顔埋めて   津久見未完
 送ってくれた人の胸に顔を埋めてみたくなる。

さざなみの大津の寺の冬紅葉   太郎
 琵琶湖のほとりの大津をさざ波の大津、といったところがおもしろい。

散紅葉海に散りしは平家かな   洋平
 海に散った真っ赤な紅葉を平家に見立てところは説得力がある。

冬の雲ころんで瘤がうまれたの   ロミ
 転んで瘤ができるのは当たり前。それをあえて言った俳句はなぜかおかしい。

百歳の手はつるつるで冬の蠅   ロミ
 とてもリアル。お元気な百歳がよく見える。

冬の山直に太陽抱へたり   ロミ
 冬山の雪に反射する太陽を大胆に表現した。

マフラーを頑なに巻く女学生   伊丹余一
 そう言われれば、女学生はマフラーをよくきゅっと締めて巻いていますね。

おとうとに任せし故郷鰤起し   伊丹余一
 鰤起しの厳しい寒さに、両親を任せてしまった弟への後ろめたさがにじむ。

ブラジャーに火薬をつめて雪女   遅足
 自爆テロのような雪女がいたら怖いというよりマンガ的。

星の混むあたりに兄を探しける   遅足
 兄恋いの句。少し甘いかな。

採りたての大根並ぶ菊花展   すずすみ
 華麗な菊花展に大根が並んでいるのは庶民的でおかしい。

短日や書くこと多きカレンダー   綏子
 用事の多い歳末の様子がよくでている。

説明書見ないで作る雪だるま   紅緒
 これも、当たり前のことをわざわざいうことでおかしさを出す俳句の手口。

国境を越すやコマンド鍋奉行   L特急
 よくわからないが、ハチャメチャのおかしさを感じる。

オバマの歯冬の鎌倉蘇る   大川一馬
 オバマから冬の鎌倉につながるのも唐突で、よくわからないおかしさがある。

凍星や基地へ行く人帰る人   ポリ
 都会の近くの厚木基地などの日常なのだろう。基地といえども、働く人にとっては日常。

宣教の信者立ちをり時雨橋   戯心
 宣教というと西洋っぽく、ものみの塔などを連想する。歳末の一場面。

銀杏散るシルクロードの終点に   岡野直樹
 銀杏が散っているこの場所は実はシルクロードの終点なんだ、という発想が良い。

凩や十人程の山頭火   岡野直樹
 十句に入れても良いかなと迷った句。凩のなか、誰も山頭火になりたくなる気持ちはよくわかる。

暑がりの君と知りつつ毛糸編む   遠野あきこ
 少しの意地悪が却ってささやかな愛情を感じる。

寒晴れや地上出口にドンと富士   草子
 静岡県などではこんな光景がありそう。おもしろい構図。

【ひとこと】

★報告★
・橋凍てて遠回りする遅刻かな
・順路まづ落葉を踏めり陶芸館
・岩間より噴く越前の冬の濤
・よくまはる水車の音や山眠る
・なほ三年俳句は書くと日記買ふ


★類想★
・また今日も喪中のはがき十一月
・陽のあたる庭木に残る枯葉かな
・冬晴の朝日が伸びる厨窓
・年忘手帳の余白埋らざる


★説明★
・還暦へ記念に買った新日記
・装へる山に行き来のケーブルカー
・指の無き手袋で編む手袋を
・言葉なく老老介護日向ぼこ


★言い過ぎ★
・裸木の天に気を吐く上枝かな
・枯枝に自我あり天を突きにけり
・晩秋の今やしあわせ醸しゐる
・全山の紅葉に鳶の影うねる


★近い★
・青空に銀糸舞ひ舞ふ木の葉髪
・冬空に白き水紋龍翔る
・腕を組む猟師の顔に山眠る
・開戦日生まれる命と死ぬいのち


★言葉足らず★
・木枯らしの一際強し歩車分離
・サスペンス木枯来るな終へるまで


★あたりまえ★
・冬晴やスーツ着こなす二十代
・囲炉裏端兄弟集ひ父母偲ぶ


★主観的★
・枯菊のためらひがちに燃えにけり
・寒鴉おなかすかせてけんけんぱ


木枯しのエチュードですよ今はまだ
・・「今はまだ」が説明。

ポケットにまだ暖かき十一月
・・下6が残念。

手袋をきゅきゅっと嵌める細き指
・・きゅきゅっと、をきりり、としては。

冬の窓施設に行かれたお隣さん
・・お隣さんを隣人(となりびと)としては。

ご予算はにらみ鯛の初日かな
・・中6はリズム悪し。意味取りにくい。

延坪島悲惨わが家は葱鮪鍋
・・悲惨が言い過ぎ。

伍阡圓しげしげながむ一葉忌
・・5千円札と一葉がつきすぎ。

大地凍つまた廃校の噂かな
・・マイナスの要因が多すぎ。

日に日に模様あらわるセーターかな
・・リズムが悪い。

忠魂碑銘文欠けて冬すすき
・・寂しすぎ。

SLの汽笛を背に紅葉狩
・・平凡。

散紅葉千代紙と化す水面かな
・・想定内。

十二月破顔のおさな自己主張
・・言いたいことが多すぎ。

藁をなう男の自身十二月
・・自身は自信?ややわかりにくい。

雪女郎そこにあらはる雪男
・・漫画的でおもしろい。

火事跡の周りを猫の歩みをり
・・悲惨な火事。でものほほんとしたネコに少し救われる。

潰されて残る厚みやクリスマス
・・潰されて残る厚みや、がわからない。

木枯しのここは端っこ猫溜まる
・・木枯らしに猫は溜まりますか?

薄野に取り囲まれてがらんどう
・・がらんどうが抽象的。

空青し牝はいずくぞ牡蠣フライ
・・・牝はいずくぞ、がわからない。

爪切る音にあきらめて去る片時雨
・・片時雨爪切る音にあきらめて、では。

枯れ菊は包まれたまま憂国忌
・・意味深でむずかしい。

コーヒーにジヤガバタおやき会津麓
・・多くを詰め込みすぎ。

鐘楼に燃へうつるかに照紅葉
・・たとえが近い。

鮟鱇はスウェットスーツよく伸びる
・・見立てが成功していない。

ブログする体の中を秋の風
・・すこしおもしろい。

冬菫アッピバッデー囁けり
・・ハッピーバースデー?

小春日の回想跳んで草と蛇
・・構造が複雑。

残る実はニヒルに笑ふ花梨かな
・・やや重い感じ。

惑星の土持ち帰り年うつる
・・時事の説明。

暇な蝦日がな一日日向ぼこ
・・暇な蝦とは?

枕木を歩く鴉の息しろき
・・鴉の吐く息は見える?

風の路地に草書の舞や銀杏黄葉
・・言いたいこと多すぎ。

声聞かな小さく冷たき野の小石
・・形容詞多すぎ。

木枯に背中押されて歯科通ひ
・・つきすぎ。

毒吐いて腸寒き海鼠かな
・・海鼠に毒がある?

夜半の雨 黒が黒々 点が点々
・・抽象的。

豊麗線刹那を運び去年今年
・・抽象的。

十二月八日あの日生れし命愛で
・・抽象的。

これ全部モミジの仕業真っ赤っ赤
・・全部言った。

偽りの毛皮たじろぐ動物園
・・よくわからない。

船やぶれデータ流るる冬の海
・・尖閣諸島のこと?

冬空の裾ひるがえす朝霞
・・イメージが結びにくい。

漣となる冬の日矢駐輪場
・・日矢が漣となる、が繊細な描写。

がやがやとをみな三人囲炉裏端
・・楽しそう。

新雪に巌聳えたり八ヶ岳
・・そのまま。

猪肉を薔薇にたとえて男来る
・・たとえが新しくない。

極月の溜息ばかり受止めよ
・・状況がわかりにくい。

狐火や髭の在るモノみな動く
・・確かにそういわれるとなるほど。

山茶花やそこだけ白き暮の街
・・言い留めてはいるが・・

水晶の色に沿ひけり憂国忌
・・むずかしい。

木枯らしの谷戸田の底や蛍の子
・・木枯らしの頃に蛍の子を想像するのは難しい。

落ち葉踏む集団で泣く落葉踏む
・・わかりにくい。

笹鳴きや鍬を持つ手の忙しくて
・・「て」はいらない。いいですが類想。


2010年12月8日
中谷仁美ドクター : 今週の十句  (到着順)

【はじめに】

 いよいよ師走となりました。寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか。
 この季節手軽においしいのは、なんといっても鍋料理。寄せ鍋や水炊き、湯豆腐といった定番のものに加えて、最近ではカレー鍋やトマト鍋、ラー油鍋など新しいものが続々とできていますね。先日テレビを観ていたら、さつまいもがどーんと1本入ったスイートポテト鍋なるものまで登場していました。これを俳句に詠んだらどんな句になるかしらと、しばし考えてしまいました。ちなみに私のお気に入りは豆乳鍋。皆様はいかがでしょう?それぞれ好きな鍋料理を句にしてみる、なんていうのも楽しいかもしれませんね。
 なんだかいつも食べ物の話題ばかりしているような気もしますがお許しを。今回もよろしくお願いします。

【十句選】

時雨るるや傘からひらとラブレター   涼
 こういう、青春の匂いがする句に弱いのです、私。小田和正の透き通った声が聞こえてきそうな世界。読者の想像に委ねられる部分が大きい句ですが、時雨とラブレターという設定はとてもよく、十人十色の素敵なストーリーが生まれそうな気がします。「ひらと」とされていますが、「ひらり」と完全にオノマトペにしてもいいかなと思いながら読みました。

枯れ葉舞ふテニスラリーの乾く音   まゆみ
 枯れ葉舞う季節は乾燥の季節ですが、冬の嫌な乾燥と、このテニスラリーの乾いた音とは無縁。パコーンとコートに響く鮮やかな音!寒さに負けずテニスに打ち込んでいるのは学生か、はたまた大人のテニス愛好家か。いずれにせよ、「乾く音」が冬の欝陶しさも一掃してくれそうで爽快です。

晩秋やたんたんと幕下ろす母   茂
 何の幕を下ろしているのかということは具体的にはわかりませんが、何かを断ち切る、もしくは決別といったところでしょうか。冬を前にして決断を下す、凛とした母の姿が見えます。「たんたんと」をひらがなにしたことでそんな母の持つあたたかさや母を見つめる視線のあたたかさが出ていると思います。

もう一本落ちてきさうな干大根   えんや
 立派な干大根なのでしょうね。「もう一本」ということは、すでに一本落ちてきてしまって直したところなのでしょう。落ちて来たら困りますが、この句からはあんまり困らなさそうな呑気な感じが漂います。ぶらんと釣られた干大根が並ぶのどかな風景が目に浮かんで楽しい句です。

生卵片手でポンと割って冬   万季
 何に使う生卵でしょう。冬だからすき焼きかな、なんて思ってしまいました。これ、試しに季節を置き換えてみたのですが、やはり冬がピッタリ。冬が来るというのは、寒いし暗いしとややマイナスイメージがありますが、こんな明るい冬の句、元気が出ていいですね。「ポンと」が躍動感があって効いています。

枯れ葉舞う別れはいつもまた明日   えいこ
 枯れ葉舞う季節にお別れというのは歌謡曲等でよくある展開な気もするのですが、この句のいいところは結句の明るさだなと思います。いつも「また明日」があるというのは、枯れ葉舞う季節を楽しいものにしてくれます。

カタカナの神は誘はず神の旅   くまさん
 発想が楽しい句ですね。そうか、神の旅は日本の神様限定の一大イベントなのかあとなぜか納得してしまいました。でも、カタカナのお名前の神様を誘うのも楽しそうだなと思ってみたりして。

茶の花や夫の秘密を知っている   あざみ
 にやりと笑う妻の姿が思い浮かんできます。妻が知っている夫の秘密はきっとそんな深刻なものではなくて本当にちょっとしたことなのでしょう。そう思わせるのは季語が「茶の花」だから。これがもっと仰々しい季語だと少し重い秘密になってしまうはず。うまい取り合わせです。

優勝の牛はさちひさ冬夕焼   無三
 牛の品評会か何かでしょうか。夕焼けの中に立つ牛のシルエット、きりりと勇ましいだろうなあと思います。情景が鮮やかに見える句ですね。さちひさは雄の名前かな。漢字があるのかなと思います。漢字表記にした方がよりリアリティが増す気がします。

山装ふ琵琶湖はヘソの水たまり   岡野直樹
 琵琶湖といえば、歌人の河野裕子さんの「たっぷりと真水を抱きてしづもれる昏き器を近江と言へり」が思い浮かびますが、同じ対象を詠んでこんなにも違うものができるのかと、思わず選びました。見立てがユーモラスでいいですね。

【次 点】

氷柱折りしゃぶりしことも昭和かな   涼
 確かにこれは昭和だ!と納得してしまいました。私も子どもの頃無邪気に氷柱や雪を食べていました。現代だと、酸性雨だなんだと言ってこんなことしなさそう。何号か前の「船団」で、会員みんなで昭和を詠む特集がありおもしろかったのですが、これもその中に加えたいですね。

エベレスト鎮座す風邪の枕元   コッポラ
 風邪で寝込んでいつまで経っても治らない、絶対枕元にエベレストが座って冷やしてやがるんだ!漫画っぽいイメージで、やや強引な展開ながら、想像してくすりと笑ってしまいました。

宇宙への夢持つ児等の冬休み   大川一馬
 冬は星の輝く季節。「冬銀河」「凍星」「星冴ゆ」など宇宙を連想させる美しい季語がありますね。季節とよく合っていて素敵な句です。

言えぬことばかり増えて冬の鷺   茂
言えないことが増えていくもやもやした気持ちとぽつんと佇む鷺の姿が対比的であると見ることも、ひとりで抱え込んでしまう内面の孤独の象徴と見立てているととることも可能でうまい取り合わせ。ただ、この句の場合字足らずは合わないのでそこが惜しいと感じました。

電車待つみな雪雲に背を向けて   せいち
 決してみんな意識して雪雲に背を向けているわけではないけれど、ホームの構造上電車を待つ人はそちらを向いて立っているのでしょう。それに気付いた発見の句ですね。もしかしたら、逆に、「立ち向かう」としても面白いのでは・・・などと考えました。

ほめられて抜く大根の寸足らず   くまさん
 畑でどの大根を抜こうかと葉を見ながら物色していたら相棒からこれいいねえと言われた。いざ抜いてみると、葉の立派さとはうらはらに、あらら寸足らずの大根だった。家庭菜園での一幕でしょうか。一連のストーリーが簡潔な中に思い浮かんで楽しいですね。

どの人も大事な仲間おでんの具   紅緒
 素直でわかりやす過ぎる感もあるのですが、確かに!と思いました。おでん鍋の中身も、それを囲む人たちもどれもだれも大事な仲間。学生時代おでんパーティーをしたなあと懐かしくなってしまいました。

【気になった句】

★勝名乗り受けて手刀木の葉髪

★透明の傘の内より冬時雨

★紅葉もまだ夜の色午前四時

★鍋焼きやただひたすらにひたすらに

★セーターに満天の星隠し持つ

★筒状に布織られゆき冬菫

★少しだけリクライニング冬三日月



2010年12月1日
小西雅子ドクター : 今週の十句  (到着順)

【はじめに】

  牡蠣殻のまじりたる飯軟し   阿波野青畝

 牡蠣の季節になりました。牡蠣飯、酢牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣鍋。赤穂駅近くの店で食べた「牡蠣うどん」は絶品でした。ここの牡蠣は、坂越漁港に上がる牡蠣です。牡蠣で有名な坂越(さごし)は、観光客に媚びない、自然の恵みにあふれた漁港です。ここに来る度、歳時記を捨てて外に出ようと思います。五感による体内歳時記を信じるのもいいかもしれません。今回もたくさんの俳句ありがたく拝見しました。

【十句選】

銀行で花紙貰ふ今朝の冬   葦人
 「花紙」、なんて綺麗な言葉だったのでしょう。銀行でポケットティッシュもらったよ、ただそれだけのことですが、「今朝の冬」「銀行」みんなキラキラしています。「花紙」の効果です。

望まれて湯たんぽつやつや出てきたり   滝男
 「望まれて赤ちゃんつやつや出てきたり」ならわかりますが、「湯たんぽ」とは驚きました。楽しい俳句です。湯たんぽが勝手に歩いて出てきたみたいです。しかも「つやつや」。道具を愛おしむ気持ちもよく表れていますが、それにもましてただただ可笑しい句です。

マタニティードレス三着お正月   コッポラ
 妊婦さんが3人そろったのでしょうか。こんなにおめでたいお正月はありません。単純に事実を並べただけの句ですが、未来への展望が開けたような明るい気分にしてくれます。おそらく人物は6人以上いるはずなのにひとりも現れない秀句。

雲が冷たい雑踏の街角は   涼
 7・5・5の破調です。「雲が冷たい」というのは作者独自の感覚で魅力的です。「そんなことあるかもしれない」としんみりしました。破調は成功しています。ただ「雑踏の街角」は安易すぎるのではないでしょうか。ここも自分の言葉で表現できればより詩的になるでしょう。

晩秋や父の体温森の中   ふうろ
 父の「体温」が森の中にある。奇妙な、不思議な句です。読み返すと、父の体温が晩秋の森全体を温めてゆくような気がしていいなあと思いました。感性の光る句です。

九頭竜の枯野つらぬく自転車道   えんや
 「九頭竜」「枯野」「つらぬく」、ダイナミックな句です。そこに登場したのが「自転車道」。自転車道によってますます九頭竜の枯野の大きさが際立ちます。道を進む小さな自転車が枯野を切り開いていく様子も目に浮かびます。

いまあいしあいたい冬のはなみずき   汽白
 平仮名ばかりの句。漢字は「冬」のみ。「い」が4つも入って視覚的にも楽しめます。しかし私が採ったのはなんといってもこの内容です。冬のハナミズキはさびしそうです。抱きしめたい、抱いてほしい、木だってそう思っているかもしれません。もちろん作者自身のことかもしれませんが。一青窈の歌「ハナミズキ」の歌詞「君と好きな人が百年続きますように」を思い出しました。ハナミズキの花言葉は「私の思いを受けてください」。

鴨来る先着四名様の席   岡野直樹
 鴨料理店でもその他の料理店でも、もちろん渡ってくる「鴨」の席でも良いのです。どのようにでも解釈できるのがこの句の強みでしょう。上手くまとまっていると思います。
 鴨の句に、
  抜け目なささうな鴨の目目目目目目   川崎展宏
  鴨沢山呼んであります来ませんか   ふけとしこ

熊野にて風邪を引きおり神の留守   遠野あきこ
 熊野といえば霊場や参詣道として世界遺産に登録されている場所。そこで風邪をひいた、というユニークな話。「神様のいない寒々しいところだったので風邪を引いた」という因果関係を微妙に隠した俳諧味あふれる句です。「風邪」は冬の季語ですが、この場合「神の留守」の季語のほうが強いので問題はないと思われます。

冬霧の吟詠会場龍馬の詩   豊田ささお
 男句・女句という分類があるとすればこれは間違いなく男句です。冬霧は重くて冷たくてドーンとした感じです。そして龍馬も登場します。これだけ材料があればごちゃごちゃしそうですが、この句はとてもシンプル。吟詠の始まる前の無音が読み手を圧倒します。

【次 点】※印の2句は最後まで十句と争いました。

新米やつくづく母の声となり   茂
 新米のころになると思い出す母の声。今、自分もその母の年になりあのころの母の声と似てきた。ということでしょうか。訛も口調も笑い方もという「つくづく」がこの句を引っ張っています。

歯磨きのコップに落ちし木の葉髪   石川順一
 歯磨きのコップと木の葉髪、この取り合わせにびっくりしました。考えれば日常のことなのですが。おそらくこんな小さな範囲で「木の葉髪」を句にした人はいないでしょう。それがとても個性的でした。

散歩圏縮めし落葉しきりなり   太郎
 「散歩圏」がいいですね。作者の一つの世界です。「縮めし」という答えが先にでたのでもったいないと思いました。「散歩圏」で良い句が作れそうです。

オバマの歯冬の鎌倉潤せり   大川一馬
 オバマ大統領の真っ白な歯と冬の鎌倉。きりっとした取り合わせだと思います。「潤せり」という作者の思いを出してしまったのが残念。

少年の眼差しと居る冬夕焼   せいち
 冬の夕焼がくっきり浮かぶ句です。そして、少年の眼差しに夕焼が映っているかのようで美しく少しさびしい光景です。ただ少年の情報が少なく、やや甘くなりました。

母に似た肩に初雪来たりけり   たか子
 「初雪が来る」という言い方はどうでしょう。個性と独善は紙一重ですのでもしかしたら良いという人がいるかもしれません。「母に似た肩」というフレーズが大好きです。「来りけり」を改良し、どこかで「切れ」を作ればきっと素晴らしい句になるでしょう。

ボールペン秋思の先にありにけり   遅足
 オシャレでペーソスのある句です。「愁思の先にボールペン」として上5を工夫されたらいかがでしょう。これも工夫次第で名句です。

大方は顎に手をあて菊花展   恥芽
 これぞ俳句。そうそうと相槌を打ちたくなる句です。そういえば、菊をじっくり見ている人はなぜか顎に手をあてています。菊花展という主役をうまくずらした句です。

ゆるゆると小芋皮むく昼下がり   幸子
 小芋がおいしそうです。晩ごはんのメニューのひとつである小芋の皮をゆっくりむく昼下がり。「ゆるゆる」ということばがなおいっそう小芋をやわらかく煮てくれます。

暖房車あと一頁を読み残し   勇平
 レベルの高い句ですが、「暖房車」では電車かバスかわかりません。例えば、「暖房車両あと一頁読み残す」なら電車です。うまくまとまった句なので、イメージを鮮明にし、どうにか改良してほしいです。

キヲクレテミセナイココロハナヒイラギ   紅緒
 意欲的な句。どんどん挑戦してほしいです。柊の花は地味な花です。「気後れて」や「見せない心」は、あまりに柊の花に近いので、どちらか片方で良いと思われます。そこからはなれた何かが必要です。

夜泣き子を抱いてゆらゆら冬ともし   草
 思い出します。夜泣きの子を「よしよし」とあやしながら揺らした日。「冬ともし」は窓から見える灯りでしょうか。切なくて寒くてこちらが泣きたいような時間に「灯」はひとつの希望です。よくわかりすぎたかもしれません。

冬菫写生写生といわれても   無三
 「写生」が俳句のことか絵のことかわかりませんが、とにかく笑ってしまいました。困った作者の顔が目に浮かびます。「冬菫」が恐縮しているようです。やや一本調子なので川柳的になってしまいましたが好感がもてる句です。

トーストをこがしすぎたり今朝の冬   清坊
 トーストをこがしたというだけのことですが「今朝の冬」でぐっと趣のある句になりました。ただ「すぎたり」まで必要かなあと長い時間考えましたがまだ答えはでていません。他にこがしたことを強調する方法がきっとあるはずです。

【気になった句】

筑波嶺の女体山より散る落ち葉
 「落ち葉」はすでに散ったあとの葉ですので、「散る落ち葉」を推敲してください。「散る木の葉」や「舞う落ち葉」など。真ん中まではとてもスケールの大きい句ですので後半をお考えになると良い句になると思います。

放映の終了画面冬に入る
 とても気持ちがよくわかる句です。今はもうほとんどのテレビが24時間休みなく放送していて夜中に休止するところはわずかです。私はそのわずかな放送局の終了画面を想像しましたが、例えば映画のEND画面でもいいのかもしれません。そのあたりがあいまいで惜しい表現でした。

文学部讃美歌流れ卒業す
 雰囲気は充分伝わりますし、気分もよくわかります。しかし材料が多すぎました。「文学部」「讃美歌」「卒業」この中のひとつを削るか、または「文学部卒業生に讃美歌を」などとすればシンプルになります。

時雨るるや葉先に重さ集めつつ
 よく観察された句です。ただ時雨は降ったりやんだりの雨ですから「重さ」となると少し違和感があります。気分は確かに重いのですが。少し目線をずらしてみてはいかがでしょう。

凍鶴は己が宇宙を立ち尽す
 「己が宇宙を立ち尽す」は凍鶴の説明になってしまいました。凍鶴はそういうものですから。 ただ「凍鶴」と「宇宙」はもしかしたらとても良い化学反応を起こすかも知れません。「己が」と「立ち尽くす」をやめて再挑戦をおすすめします。

落ち葉焚き空気パープル猫グレー
 楽しい俳句です。「空気パープル猫グレー」はリズムもよくもう覚えてしまいました。このままではぷつぷつ切れた感じになるのでもう少し滑らかになればいいなあと思います。


2010年11月24日
小枝恵美子ドクター : 今週の十句  (到着順)

【はじめに】
 秋が短くていきなり冬がやって来ましたが、黄砂が降ったりして戸惑いますね。
 俳句を作る時は、やはり何かを見て作るという方が多いのでしょうか。私はどちらかというと兼題をもらって考えることのほうが多いです。たまに吟行にいくと新鮮な気分になりますが、普段自分が使わない言葉をもらうと結構面白い句が出来たりします。

【十句選】

金剛を吹きし木枯し吾を吹く   たか子
 金剛は大阪府と奈良県の境にある金剛山のことですね。その金剛を吹く木枯しが私を吹くという大きな山と小さな人とを並べているところが面白い。どちらにも同じように吹いて来るところに滑稽感があります。K音のリズムも良く効いています。「金剛」といえば、阿波野青畝の「金剛の滝ならび落つ雲の間」などありました。

上段の構えの背筋虎落笛   茂
 剣道の練習風景を想い浮べました。木刀を頭上に高く振りかざして構えたときのきりっとした背筋が美しい。外では虎落笛が吹いていても、跳ね返すような勢いが感じられる背筋ですね。

ジェネレーションギャップかたかた木枯一号   きしの
 いきなり、「ジェネレーションギャップ」ときて、最後に「木枯らし一号」と分かれば、なるほどと思いました。世代間のギャップはいつの世も言われることですが、つなぎの「かたかた」がユニークで面白いオノマトペでした。

階を下りて枯野の人となり   えんや
 「階」はきざはしと読みますが、郊外の駅の階段を降りて行くと、枯野が広がっていて、自分自身が都会の人から枯野の人に変身したと読みました。そのシーンの移り変わりに「階」が巧く使われている句ですね。シンプルに階段と枯野が目に浮かびました。

大きさの揃わぬ海鼠貰いけり   コッポラ
 今回の投句に「海鼠」の句が数句ありましたが、この句はいたってシンプルで「大きさの揃わぬ海鼠」と実景を描写しただけです。「貰いけり」が効いています。買う場合はきっと大きさが揃っているのを選ぶでしょうし、揃っていない海鼠の動きなどを想像するだけで楽しくなります。

木の葉落ちテーブルクロス変えました   万季
 木の葉が落ちることとテーブルクロスを変えることに、因果関係がないところが良かったです。自然界の変化に自分自身の身の回りも少し変えてみたいときがあります。きっと明るい色を選んだのではと想像しました。

軽トラにゆられて集う菊花展   すずすみ
 豪華な菊花展に、軽トラにゆられて行くのが面白いです。どこか郊外の菊花展の様子でしょうか。菊花展を詠んだ句は、菊の花の様子などが多いですが、行くまでのことを詠んだ句は珍しいしですし、「軽トラ」が良かったと思います。

鴨来る通勤自転車ラッシュ中   岡野直樹
 中七の「通勤自転車」が良かったです。列車ではありふれていますし、自転車の車輪が動く様子と水の中で鴨が水掻きしている様子が響き合うと思います。鴨をちらっと見ながらも、自転車での様子がいきいきと表現されているのは、下五の「ラッシュ中」が効いているからでしょう。

恋愛に法則のあり冬の蠅   あざみ
 冬の蠅は、暖かい日向に出てきたりするけど、動きのにぶい目立たない存在です。恋愛は元気なうちにするものですよ、というのが法則なのでしょうか。何かもののあわれが、そこはかとなく感じられる句です。

蚯蚓鳴くメソポタミアの陶片に   涼
 世界最古の文明のひとつであったメソポタミアの残された陶片と「蚯蚓鳴く」との取り合わせです。「蚯蚓鳴く」は、秋の夜、ジーッと切れ目なく長く、なにものとも分かちがたく鳴く音ですが、この「陶片」は日本の博物館か、美術館の陳列ケースの中にあるものと解釈しました。ジーッと切れ目なく、時間を遡って古代までいけそうな句です。

【予選句】

枯野ほど真面目な影を並ばせて   滝男
 中七の「真面目な影」という言葉ですが、そう言われてみると面白いですね。

種茄子や雨に沈みし猫車   太郎
 雨に沈んだ猫車から、少し寂れた山村の畑の様子が伝わってきました。

冬支度上から下までユニクロよ   万季
 「上から下まで」というよりも、下着とかの衣類の具体的な名称のほうが面白くなりそうです。

人待ちのモデルハウスと泡立ち草   草子
 モデルハウスと「泡立ち草」の取り合わせが新鮮です。中七の「と」をやめて切れをいれるといいと思います。「人待ち」はモデルハウスの説明になっているので、そのハウスの特徴などを考えて下さい。

高射砲陣地ありけり石蕗の花   戯心
 高射砲は、低空から高空までの侵入機を迎撃するための対空火砲とのことですね。その陣地があった場所に今は石蕗の花が静かに咲いている。石蕗の花の黄色が火砲の色と重なって見えてきます。

風に乗りカートの下に枯葉来る   石川順一
 カートを詠んだ句は珍しく新鮮でした。上五の「風に乗り」が言わなくてもいいことなので、他の言葉を考えてみてはどうでしょうか。

夕闇は革ジャン似合う牛天神   L特急
 「牛天神」では付きすぎですね。中七までのフレーズがいいので、季語を変えてみて下さい。

怒ってるの私の顔はかりんの実   紅緒
 かりんの実が怒ってる顔と言われれば、なるほどふくれている顔ですね。私はかりんといえば、とぼけた顔のイメージでした。


2010年11月17日
岡野泰輔ドクター : 今週の十句  (到着順)

【はじめに】

 先月、リメイクされた日本版『死刑台のエレベーター』を観ましたが、主演女優の吉瀬美智子が私には発見でした。映画の最後、(オリジナルに忠実ですが)暗室で印画紙に像が立ちあがってくるシーンのために登場人物の若い女性に銀塩カメラを持たせたのがいかにも苦しい、そういう時代になっているんですね、とかいっているうちに、街中ではクリスマスはどうするか?年賀状はどうするか?と、うるさくなってきました。皆さまの句はまだたっぷり秋を味わっているように思いましたが、、では。

【十句選】

みちのくに豊穣の籾焼かれをり   まゆみ
 句としては古い、ただ声調がゆったりとおおらかで、句の姿が大きくきまっています。古代の王の国見のような雰囲気さえあります。「豊穣」なんて言葉、ふつう俳句には使いずらいですが、ここでは違和感ありません。「みちのく」と大きくでたせいでしょうか。籾焼きというのは、あれは炭化させて肥料になるのですか?

行く秋や豊旗雲の鬼無里村   太郎
 古語と言ってもいい豊旗雲と鬼無里村(きなさむら)という固有名詞、この二つの名詞の勝利です。句としてとりたてて、どうってことないのですが(スイマセン)イメージ喚起力の強い名詞は力を発揮しますね、短詩の俳句だからこそか。鬼無里村、行ったことありませんが、いいところらしい。調べたら謡曲『紅葉狩り』の鬼女伝説のふる里なんですね。

型落ちの靴の硬さよ雪ぼたる   たか子
 型落ち、新製品が出たため相対的に古くなってしまった製品、つまり流行遅れですね。型落ちだからといって硬いとは限らないのですが、この硬さは流行遅れの靴を履いていることからくる、心理的な硬さではないかと想像できます。まあ、たまたま硬かったということでもいいんですけど。そのワンクッションある硬さの感覚と雪ぼたるの取り合わせが何とも微妙な距離でいいと思います。

朝寒やクリームチーズの箔剥がす   茂
 もうすぐ本格的な冬が来てしまうんだなあ、という今頃の朝の寒さの感覚。この句も季語が効いていると思います。クリームチーズにぴったりくっついた箔を剥がすには、結構繊細な指の運びが要求される。柔らかく、滑らかなチーズの表面を傷つけたくない(べつに傷つけても問題ないのですが)心理が働くからでしょうか。俳句の中の、こんな小さな行為、微妙な行為がいきいきと場面を立ち上げてくれるのは、朝寒という温度管理あってのことです。

玉砂利をずるずる進む千歳飴   津久見未完
 言葉の上で見えてくるのは、玉砂利と千歳飴(の入った袋)だけ。この二つの言葉は単純な写生の言葉でありながら、それが換喩的に働いて、七五三の人と場の賑わいが見えてくるようです。クロース・アップの手法の成功例。ずるずるというだらしない語感も三歳児(五歳児?)の姿態を見事に表現して間然する所がない。

人一人豆腐のごとく沈みをり   遅足
 えー!この人死んでますよね?いいのかな、こんな句を採ってしまって。それに無季だし・・・無季はいいんです、自分でもごくまれに出来ちゃうときあるし。「豆腐のごとく」がなんとも見事に死体を表現している、と読みました。古いですが、一瞬、大江健三郎の『死者の奢り』を連想してしまいました。アルコール槽の死体処理のアルバイトの話でした。〜のごとくはぴたっと決まると「一枚の餅のごとくに雪残る」川端茅舎 「てぬぐひの如く大きく花菖蒲」岸本尚毅 など傑作になりますが。

天上へ頭突き出す貝割菜   遅足
 土の中から芽を出したばかりの双葉、小さく可憐なものとしての印象がありますが、この貝割菜は力強いのではないでしょうか。貝割菜の生態そのものを詠んだともとれ、当たり前とも言えるのですが、芽が突き出したところが単なる地上ではなく、一気に天上まで行ってしまった飛躍がいいと思います。

洗濯物燃え上がっている月光に   岡野直樹
 燃え上がっているのは洗濯物か月光か?どちらともとれます。これは問題だという人もいます。(多くの人)私は逆におもしろいと思っています。読むたびに洗濯物と月、どちらかが燃え、まったく違う景が交互にあらわれます。地と図というのでしょうか、視覚心理テストの老婆と娘の図のようです。月光が燃えれば、それはゴッホのようであるし、洗濯物が燃えれば、それはそれで青白い炎が見えてきて魅力的な景です。

鯊日和ガードレールにつなぐ犬   くまさん
 一転してすべて世はこともなしの平穏な風景。大げさないでたちでなく、いかにも近所から釣りに来ましたという、ポピュラーな鯊釣りならではの景です。やはりうまいのは、ガードレールをもってきたところ、これでいっぺんにリアリティーが生まれました。

すき焼きの作れぬ人と冬座敷   無三
 うーん、この場の空気がなんとなくわかるような気がします。不器用?無口?正直?すき焼きの作れぬ人がいろいろ想像できて楽しい。この人は男で、作中の語り手は女、冬座敷に二人だけ、そう読めてしまいます。語り手が気詰りかというと、そんなこともないような。人を描写するに、何かができないと書くことは、できると書くことより、よほど雄弁なことがあります。

【予選句】

北を向く空の如雨露や神渡し   えんや
 神渡しは西風なので「北を向く」でつまづいてしまいました。北になにか意味があったのでしょうか。

鮭を割く三島由紀夫のやうに割く   伍壱堂
 怖い!ふつうそんなこと考えませんて。

モミ、イヌモミ、カヤはカヤの葉冬に入る   ふうろ
 この句は迷いました。魅力がある、十句に入れてもよかった。俳句としてどうなのか?この欄を担当しているうちにだんだん保守的になってきたのかもしれない。俳句、発句以前の古代の歌謡のようなおおどかな韻律が魅力。内容なんてカヤの葉冬に入る―それだけですが、そこに至るまでの悠揚迫らぬ詠みぶりが貴重。モミ、イヌモミと列挙しつつもブレイクダウンし、カヤと転換して、カヤの葉と特定する。句頭から句末「冬に入る」までの淀まない流動感、すてきです。読点は片仮名にしたので必要、漢字にしたらまた違った印象になる。

Uターンの標識を過ぎ冬に入る   ポリ
 Uターンが半端に意味をもち過ぎたように思います。

天高しエレベーターを乗継ぎて   戯心
 外壁がガラスで覆われている高層ビルだろうか、天高しで視点が分散した。

試歩の足踏み出す冬の虹の端   藤原 有

コスモスが十町ばかり揺れている   岡野直樹

潮騒はとぎれとぎれに新松子   津久見未完

秋の真夜麹の声を聞きながら   無三
 これは味噌作り?酒ではないですよね。「聞く」は「聴く」もありかと。

七五三いや五七三五七五   せいち
 木の根踏み木の根をまたぎ冬に入る   せいち

【ひと言】

古伝なる殉教絵画落葉期
 平山画伯の玄奘三蔵壁画を見て、との前書きがありましたが、この前書きのほうに句材があります。「玄奘三蔵壁画」の具体性のほうが「古伝なる殉教絵画」より読者の想像力を刺激します。

五時前に次々灯る暮の秋
 説明文です、この内容なら「短日」という季語で足ります。

眠るまえ今日の感謝と俳句よみ
 「眠るまえ」は秋の夜の季語に置き換わります。立体的になりますよ。

秋の雨佇む農夫の深きしわ
 農夫が佇んだり、深きしわがあったりというのは固定的な見方です。既に詠み尽くされました。同じような例に「母の背が丸い」というのがあります。


2010年11月10日
えなみしんさドクター : 今週の十句  (到着順)

【はじめに】

 この一ヶ月、ある趣味の検定にはまって勉強ばかりしていました。俳句はほとんど考えも、作りもしませんでした(俳句モードになるには時間がかかる事もあって)。数日前に句会があって、久しぶりに句を作り、選をして、発言したりして、なんかふわふわした気持ちでした。まだ、そんな感じがどこかに続いているような気がします。

【今週の十句】

ぼんやりとセーターのなかにいて一人   遅足
 「セーターの中にいる」という表現が面白かったです。しかも、ぼんやりして一人。きっと手編みのプルオーバーに違いない。英語だと、You look lonely in your sweater みたいに言ったと思いますが、そんな感覚でした。

北国の引っ越して来し冬隣   大川一馬
 これもアレッと思う、ひっかかる言い方でした。北国の人が引っ越してきたのではなく、たぶん、北国のような寒さが接近したきた感じを表現しているのでしょう。「北国」「冬隣」が近い。時候や天文でない季語から選ばれたらいかが。

揺るる木を登りつめたる蔦紅葉   くまさん
 なんか不思議な気持ちになる句でした。なぜか考えてみたら、蔦紅葉が登っていくのではなく、すでに登っている蔦が紅葉してるだけの事だからかも。また、紅葉は山の上から麓に降りてくる。色づく秋の大きなうねりのようなモノを感じました(なんか、ワケの分からない鑑賞と思われることでしょう)。

秋の宿時計それぞれ時を告ぐ   くまさん
 宿のロビーの椅子。いくつかある時計が、それぞれに正時を告げる。そのズレが気になるほど客もまばらで裏さびしい。そんな風景が伝わってきます。秋の季語も動かないと思います。

盆栽の小さき大樹紅葉す   くまさん
 「小さき大樹」が面白い言い方です。しかも、盆栽の中なんだからなおさら面白い。と最初は思ったのですが、盆栽なので木が小さいのは当たり前。言葉がダブっているので、他の視点もあるかも。分かりやすさを取るか、新しい何かが見つかるか、さて。

待ちながら待つ人眺め文化の日   草子
 待つ人を眺めているのは、それぞれにドラマがあって、わたしも好きです。それを、自分も待ちながら見ているというのが、面白い。「文化の日」も、さりげなく効いていて良いと思います。たとえば、一葉忌、夢二の忌、のようなチョイスもありますが、らしすぎるかも。

木枯らしに唇かまれてしまいけり   あざみ
 もう昔の事です。わたしは酒ばかり飲んでいました。栄養のバランスが悪かったり、ストレスがたまっていたんでしょう。よく脣が割れて出血していました。特に木枯らしに当たるとピリッと割れて、鉄臭い血の味を感じた。そんな、ヒジョーに個人的な事を思い出しました。

密偵の合図となりし霧笛かな   豊秋
 なぜか分からないのですが、とても懐かしい気持ちになりました。なぜかと考えてみると、もしかしたらつげ義春の初期の漫画に、トレンチコートを着た探偵のハナシがあって、その探偵が夜霧の中で待ち伏せをしている。そんな事を感じたのかも。個人的な鑑賞ですが、それぞれに感じる事がある句だと思います。

菊人形よるはおうちへ帰ります   紅緒
 山岸凉子さんの作品に「わたしの人形は良い人形」という、ヒジョーに恐い、恐い漫画があります。この句の感じも、菊人形が良くできていればいるほど、誰もが思うイマジネーションではないでしょうか。表記むつかしいですね。「菊人形 夜はおうちに帰ります」と半角あけもあるか、これでいいのか、分かりません。

山道のきのこ画鋲になりすます   紅緒
 きのこが画鋲に変装するというイマジネーションが、とても豊かで、楽しい。特に「なりすます」の言い方が良いと思う。理屈で考えると、「どんぐり」とか「しいの実」もあるが、8文字でゴロが悪くなってしまうこともある。きのこでいいと思う。(句会だったら、出席者と意見交換できるんですけどね〜)。

【候補句など】

救出劇地球の裏も十三夜   まゆみ
 目にとまる句でした。が、旬の時事問題は、1年もたないでしょうね。上5を変える手があるかも。

天高し少女背びれを立てている   遅足
  ユニークな表現ですが、具体的なイメージがわきませんでした。

ふり返りまたふり返る十三夜   きしの
 思わせぶりです。リフレインはやめて、なにかひとつ具体的なものが欲しい所では。

源義忌の朝のぎんなん怖れ踏む   たか子
 「ぎんなん」が分かりませんでした。源義さんの代表句にあるか〜?それともエピソードでも。

島が透くビニール傘や秋時雨   えんや
 せっかくの風景を、ビニール傘がつまらなくしたように思います。けぶっていればビニール傘でなくとも、透けて見えるのでは。

同化して秋の金魚となりにけり   豊秋
 「同化して」が面白くもあり、分からなくもありでした。

鶏頭花訛りある身を疑わず   豊秋
 「訛りある身を疑わず」は「バスを待ち大路の春をうたがはず」を連想するからか、魅力的におもう。上5との関係が不明。

タンスより覗いてをりぬ秋の風   豊秋
 面白いなと思いつつ、現実的なイメージが湧かず。タンスや抽斗ヒキダシの句は、類型になりやすいかも。

透明の郵便受けと秋の風   紅緒
 「郵便受けと」の「と」が伝えようとしている事を曖昧にしているように思いました。


2010年11月3日
朝倉晴美ドクター : 今週の十句  (到着順)

【はじめに】

 みなさま、秋を満喫していらっしゃいますでしょうか。空気が澄んできますと、なんだか、文学的な気分になり、良い俳句ができた気分、、、あくまで気分ですが。
 ある投句者の「秋らしくて困ってしまいます。俳句にとっては御馳走が並びすぎているようで。」というコメントが、まさに!と膝を打つ思いです。でも、その『秋』にどっぷりと身と任せてしまう恍惚感も抗いがたいものがあります。この、一瞬の季節を楽しみたいものです。
 此度も沢山の句を本当にありがとうございました。
 先ほど申しましたような時候のせいか、シンプルな秋の情景を、丁寧に詠まれた御句に魅力を感じました。

【十句選】

受賞者は全員女性秋高し   茂
 機知が効いている一句です。上五中七が、少し散文的な感じが否めませんが、(冗長でしょうか)「秋高し」という「爽やかさ、ここに極まれり」という季語に助けられていることでしょう。
 また、語音として気になりますのが、「受」「賞」「者」「女」と拗音(俗にいう小さい、や、ゆ、よ)が多いのです。それを考慮しますと、「受賞者はみんなおんなや秋高し」、「受賞者はおんなばかりや秋高し」とも考えられます。
 中高年は言うもがな、青少年もまた、女子が肉食系という日本。しかしながら、農耕時代の太古より、女子が強かったのではないでしょうか。それも、また良し、と思えるのは、「秋高し」という空のせいです。
 〈鼻すこし天向く少女秋高し 細川加賀〉

藷菓子を売る店先に藷を積み   せいち
 句、そのままの景ですが、藷菓子と藷という句材に抒情を感じます。素朴、というだけではない、藷菓子に藷という、ちょっとしたユーモア。多分に、栗菓子に栗、ましてや松茸料理に松茸などでは、この抒情を感じさせないでしょう。「藷」という、なんだか安心できる食物の良さではないでしょうか。(ただ、食糧難の時代を体験なされている方は、また違う思いとは存じます。)
 下五の「積み」も、句の情景をはっきりさせて効果的です。
 〈唐芋の抜け荷のごとく積まれをり 猪口節子〉

引き抜くやくつとひと鳴きねこじゃらし   えんや
 「引き抜くや」の「や」切れに難があるように思えましたが、ねこじゃらしを美化することなく、その特性を句にされていることに魅力を感じました。
 ねこじゃらし、意外に根が張っていて、まさに、根ごと引っこ抜けた、という場面もしばしば。
 〈行きさきはあの道ばたのねこじゃらし 坪内稔典〉

荷を下ろし蜻蛉の群れの中にゐる   俊
 この「荷」はリュックサックでしょうか。山登り、もしやお遍路、などと楽しく想像できる句です。それは、「蜻蛉の群れの中」だからでしょう。「ゐる」という現在進行形も、秋の情景をまざまざと見せてくれます。助詞(を、の、に)の多用が少し残念かもしれません。
 〈とゞまればあたりにふゆる蜻蛉かな 中村汀女〉

水引の花押し分けて帰りけり   俊
 水引らしい句で一票投じました。水引、二十代の時は、華道の花材で「これって水引だったのね!」と気づくありさまでしたが、今ではその花の良さも分かるような気がいたします。それに、もちろん、寿ぎのニュアンスに、少し皮肉を込められていることも魅力でしょう。
 〈こもれ日は移りやすけれ水引草 渡辺水巴〉

山ぶだうテニスボールも二個からみ   ふうろ
 山ぶどうらしい景が、とても良く伝わってきており、秋の野生植物の力強さ、野趣までも感じさせます。「ぶだう」「からみ」とひらがな表記も、「テニスボール」とあいまって効果的です。
 〈山葡萄熟れてこぼるゝばかりなり 大瀬雁来紅〉

金柑のひかり全てをはね返す   山渓
 そうなのだ!金柑は光っているのだ!と気づかせていただきました。その、すべてをはね返す輝き、まさに秋の恵みの持つ強さなのです。たわわに実る金柑。はちきれんばかりの球体。何か、力強い思いまでも伝わってきそうです。
 〈金柑や夢のひとつにこだはりぬ 鈴木多江子〉

ねこじゃらし通学途中に摘ままれて   岡野直樹
 平凡な景かもしれませんが、ねこじゃらしらしさ、ねこじゃらしの良さが、とても感じられると思うのです。通学途中という、ちょっとだるく、おっくうな時間。摘んだねこじゃらしも、きっと途中で反故にしてしまうでしょう。でも、それが、ねこじゃらしも本望では。ほんのちょっと、気分を癒す存在。決して仰々しくなく、押しつけがましくなく、でもって常にある存在。
 ねこじゃらしを好きな人に、嫌な人はいないような・・・。
 〈がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典〉

階のてっぺんに座す秋の蜘蛛   勇平
 「階(きざはし)のてっぺんに座す」が秀逸です。蜘蛛は夏の季語ですから、「秋の蜘蛛」がどのあたりまで、季語として効果を発揮するかは、少し難しいところですが。私自身は、朝蜘蛛が吉兆の印であるように、蜘蛛は家の守るものの一つのように思えます。そこから、掲句が表現しようとする世界が、良く伝わってくるのですが。
 〈蜘蛛の子のはじめたのしき風の中 長谷川久々子〉

コスモスの撫でるにまかす猫のヒゲ   豊田ささお
 情景句ですが、秋の穏やかさが楽しく感じられます。猫は本来、鋭敏ですが、年寄り猫や本当にリラックスして眠い時などは、コスモスと仲良くしていそうです。秋ならではの、一景ではないでしょうか。
 〈コスモスをコスモスらしくするは風 蔦三郎〉

【次 点】

給油所で門茶呼ばるる老遍路   葦人
 表現に推敲の余地がありそうです。

粛々と時代祭りのバイトかな   涼
 こちらも、推敲できそうです。

缶蹴りの缶のころがる萩の道   遅足
 上五中七が整理できそうです。

新米は五代つらなり手のひらに   津久見未完
 「手のひらに」が少し分かりにくいのではないでしょうか。

育休をとる知事のあり神無月   戯心
 少し川柳の気配です。

遠吠えのたどりつく先の月光   岡野直樹
 破調がどうでしょうか。

【予 選】

羽衣の裾から秋の脛のぞく   遅足

いざ出陣かかって来いと栗の毬   紅緒
落花生定数制のタイムカプセル   同

信濃より三河へ流る鰯雲   山渓
榠樝の香まとひ足湯の諏訪湖畔   同

洗濯物月光色にときめいて   岡野直樹

秋袷ジャズセッションに裾乱る   勇平