俳句 船団の会 e船団 船団フォーラム 口語の時代の俳句・池田澄子・坪内稔典


第13回 船団フォーラム 
  
不器男・鷹女・草城―評伝の試み
鼎談とディスカッション


日 時 : 10月21日(土)14:00〜17:00 (開場 13:30)
会 場 : 柿衞文庫 (アクセス
会 費 : 1000円(船団会員・一般とも)
総合司会 : 村上栄子



鼎 談 評伝に挑む 
谷さやん × 三宅やよい × 木村和也
谷さんの『芝不器男への旅』、三宅さんの『鷹女への旅』は俳人の評伝として高く評価されています。「船団」に「日野草城ノート」を連載中の木村さんの司会により、俳人の評伝の意義、評伝によって見えてくるもの、書く上での苦労など、存分に語り合ってもらいます。



俳人の評伝をめぐるディスカッション 
鼎談者会場の人たちによるディスカッション―
         司会: 坪内稔典



問い合わせ(申し込みは不要 
         電話:090−9118−1437(村上栄子)


トップへ戻る