この欄へのお便りをお待ちしています
言葉を探る−バックナンバー
月刊「e船団」 「香りとことば」2018年1月号

 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

黒パン(くろぱん)

 明けましておめでとうございます。
 ことしも、どうぞよろしくお願いします。

 黒パンって、どんなパンだろう、と、ずっと思いつつ、思ってるだけでした。
 『ハイジ』に出てくる、アレです。
 私がハイジを大好きになったのは、大人になってからでした。子供用にリライトされたものではなく、全文逐語訳版の『ハイジ』に出会ったのがきっかけでした。ところが、先月、パンのことを書いていて、ハイジのパンを思い出し、読み直そうと思ったのですが、出てこない。たしか、タイトルがただの「ハイジ」で、そうか、原作には「アルプスの少女……」とか、ついてないんだ、と思ったのまで、はっきりと覚えているのに。
 仕方なく、アマゾンで買いなおしたのがこの『アルプスの少女ハイジ』(2)です。

 昭和27(1952)年6月15日初版で、私が買ったのは昭和46(1971)年1月30日発行の改版五版です。わたしが読んだのもこの頃のだったかな、と思ってこれにしました。

 表紙のハイジペーターは、1967年にドイツで映画化され、日本でも「アルプスの少女ハイジ」のタイトルで公開されたときの映像で、ハイジはエバ・マリア・ジングハンマー、公募で選ばれたとのこと。
 ハイジはこの羊飼いの少年ペーターの盲目のおばあさんの生きがいのような存在です。が、ある日、そのおばあさんと引き離される事態になります。ハイジが両親に死に別れたあと、アルムおじいさんのところに押しつけに来たデーテおばさんが、いいクチがあったから、といって連れ戻しに来たのです。渋るハイジを、デーテは「帰りたければいつでも帰れるし、おみやげも持って帰れるよ」といって説得します。

 ハイジ「何をおみやげに持ってきてあげるの」
 デーテ「何かすてきなものを考えようね。――やわらかい白パンがいいかしら。おばあさんは固い黒パンは食べられないから、きっと喜ぶことよ」


 ここは原作のドイツ語版(3)では、
 "Was kann ich der Großmutter heimbringen?", fragte es nach einer Welle.
 "Etwas Gutes", sagte die Base," so schöne, weiche Weißbrötchen, da wird sie Freud haben daran, sie kann ja doch das harte, schwarze Brot fast nicht mehr essen."

 ドイツ語はさっぱりなので、辞書でたしかめたのですが、「so schöne, weiche Weißbrötchen」は「とってもきれいな、やわらかい、白い小さなパン」で、「harte, schwarze Brot」は「固い黒いパン」です。
 そして、角川文庫の翻訳者・阿部賀隆が翻訳の参考にしたという英訳版(4)では、

 Heidi liked this prospect and followed Deta without more ado. After a while she asked: "What shall I bring to the grandmother?"
 "You might bring her some soft white rolls, Heidi. I think the black bread is too hard for poor grandmother to eat."


 なんか、よけいなことを並べたててるみたいですが、黒パンとか白パンとかいうパンがドイツ語や英語でどう書かれているかを確かめたかったのです。黒パンはドイツ語はBrot、英語がbreadですから、日本語ではパンになるでしょうが、白パンはドイツ語がBrötchen、英語がrollですから、日本語は、正確にいえば、ロールパンとかになるでしょうか。目に見えるように翻訳するって、ホント、難しいですね。

 ハイジはデーテおばさんの言葉に飛びつきました。ペーターのおばあさんが、固い黒パンを持て余して、おなかがいっぱいになってないのに、ペーターにあげてしまうのを知っていたからです。
 ハイジが連れていかれたのはフランクフルトの大邸宅、車椅子生活のクララの家で、ハイジの役割はそのお相手役でした。
 デーテおばさんの方便はすぐにバレて、ハイジはお土産の白パンを持っておばあさんのところに帰ることは、すぐには許されませんでした。でも、クララもそのおばあさまも、更にお父さまも、とても温かい、いい人たちでした。
 ハイジはここで、神を知り、文字を読むことを習います。ずっとあとで、「すぐに帰してもらえなかったのは、神さまの大きなみこころだった」と思えるような年月を過ごすのです。ここらに、スピリがとても敬虔なキリスト教信者だったことが現れている、と思います。

 さて、黒パンです。
 いつものジャパンナレッジにアクセスしてみると、「日本大百科全書(ニッポニカ)」(2)に痒いところに手の届く解説がありました。

黒パン(くろぱん)
 本来の黒パンは、ライムギ粉に野生酵母を働かせて、ライムギのおいしさを酸味で生かして発酵させたライムギパンであるが、日本では、糖蜜(とうみつ)やカラメルで着色したパン、またはふすま(麬)を加えたものなども含めて、色の黒いパンの総称である。イギリスのライ・ブレッド、ドイツのシュワルツブロート、フランスのパン・ドゥ・セーグル、イタリアのパーネ・ディ・セガーレが本格的な黒パンで、ライムギの種類の違いにより、また発酵法によって生成する有機酸が異なるため、酸味とその強さにそれぞれ特徴がある。[阿久津正蔵]
(以下、略。続きもお読みになりたい方はこちらをどうぞ)。

 つまり、ひと口に黒パンといっても、原料そのものの違いからくる黒パンと外から加えた糖蜜などによって色が濃くなる場合とがあるのですね。

 ともかく、食べてみないことには……。

 アマゾンで「黒パン」と入力して、一番先に出て来たのを買ってみました。
 メステマッハー(Mestemacher)フォルコンブロート 500g、890円。ドイツからの輸入品です。結構高いですね。

 ほんとに歯が立たないほど固いんだろうか。
 原材料は、有機全粒ライ麦、海塩、イースト。ホントにライ麦だけでできてるんですね。香料は入っていません。
 ちゃんとスライスされています。こんな感じ(↓)、厚さは7ミリです。


 なんで、こんなに薄く? という謎は、割ってひと口食べたら、すぐに納得でした。 はい、「割る」っていう表現がぴったりの脆さなんです。そして、ホント、固いんです。というよりか、噛みごたえが、というか、2段がまえの歯ごたえというか、最初、やわらかい部分が喉を通っていった後に、なんだか噛みごたえのあるものがしこしこと残るんですね。

 それから、ニオイですが、これまた「日本大百科全書(ニッポニカ)」に書かれている通り、酸っぱ〜い香りが強烈です。うーん、食べ慣れたらこれなしでは済まないのかも知れませんが、私には、ちょっと……。ペーターのおばあさんに近い年齢のせい?
 トーストしてもおいしい、と書かれていたので、トーストもしてみました。うん! 酸っぱい香りが飛んで、これなら抵抗ない、と思いましたが、噛んでいると酸っぱさがどんどん強くなってきます。

 「わっ!! おいしい!!」 と書きたかったのになあ。
 もうひとつの黒パンは近所のスーパーですぐに見つかりました。これについては、また来月。
 では、皆さまに今年もよいお年でありますように。(中原幸子)

【参考文献】
(1)ヨハンナ・スピリ著 関泰祐・阿部賀隆訳『アルプスの少女ハイジ』(1971年、角川文庫、改版五版)
(2)黒パン(くろぱん):こちらをどうぞ。(ジャパンナレッジ「日本大百科全書〔ニッポニカ〕」
(3)原作:Johanna Spyri 「Heidis Lehr- und Wanderjahre」(http://www.gutenberg.org/files/7511/7511-h/7511-h.htm)
(4)英訳版「ハイジ」:「HEIDI」 BY JOHANNA SPYRI TRANSLATED BY ELISABETH P. STORK(http://www.gutenberg.org/files/20781/20781-h/20781-h.htm#III)


トップへ戻る