この欄へのお便りをお待ちしています
言葉を探る−バックナンバー
月刊「e船団」 「香りとことば」2019年4月号

 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

ピンク(ぴんく)

 ピンクが流行ってるなあ、と思われたこと、おありですよね?  電車の中の広告が、やたらとピンクになった、と気になって、身の回りを見回すと、ピンクを着ているオジさんまでいる! 「あれ、ピンクですね」と声をかけると、うれしそうに、「ウン」と答える。私などは、この間買ったピンクのセーターを、気恥ずかしくて着そびれているというのに。

  駅に置かれている冊子ももピンク満開。左がJR茨木駅でみつけた茨木市の「市民さくらまつり」、右がJR大阪駅で見つけたもので、列車などの予約のガイドブックです。

 桜祭りや行楽の案内に限らず、防災(左)やハローワークのチラシ(右)までピンクだ!



 佛教大学の紫野キャンパスでもあちこちにピンクがいっぱい。


 左の書道博物館のチラシも私から見れば思い切った配色だけれど、もっとビックリしたのは、右の芭蕉の像に添えられた「片雲の風に……」の文字。このピンク、芭蕉さんも目を回しそうな感じ。あ、意外とよろこんでる?

 でも、このピンクの洪水よりも、もっと驚いたのが、皇后陛下 美智子さまのご本『降りつむ』。帯、表紙、付録のDVD、と全部ピンク。


 (実物はもっと美しいんです、ごめんなさい。)
 これで、私は、もう、こんなにピンクがあふれてるのには何かワケがある、としか思えなくなりました。
 で、ひょいと思い出したのですが、流行色って、自然発生的に流行り出すのではなく、どこかの団体が決めてる、とか何とか聞いた覚えが。
 それで、ネットで検索してみたら、すぐに、一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)のホームページ(1)に行き当たりました。JAFCAはこんな団体だそうです。
JAFCAでは、独自に実施する国内生活者の志向やマーケットの動向調査と、グローバルなカラートレンドを選定している「インターカラー」(国際流行色委員会)情報をもとに、各分野の動向に精通したカラースペシャリストで構成される専門員会によって、日本の産業に向けた最先端のカラートレンド「JAFCAファッションカラー」を選定、発信しています。
 また、部会・分科会活動においては、会員相互の交流の場の提供、新たなテーマによる共同研究などを行っています。


 で、そのトレンドカラーはと言えば、こんな感じで、この数年、ピンクっ気はないのです。


 ピンクはJAFCAが発表した流行色ではないことはこれで分かりましたが、じゃ、なんでこんなにピンクなの、というところが、残念ながらわからない。きっと何かちゃんとしたワケがあるんだろうと思うのですが、私の手には負えない。どなたかご存知の方、教えてください。
 もっとも、ピンクはときにブームを来たし、「ピンクブーム」とか「ピンク男子」なんて言葉まで生まれたと、『日本のファッションカラー100』(3)という本に出ています。

 で、そもそも、わたしがなぜピンクに興味をそそられたかと言えば、こんなにもてはやされているピンクって、香りで言えば何だろう? と思ったからです。
 いつも愚痴っていますので、皆さん耳にタコ(目にタコ?)かと思いますが、香りって言葉で表すのがとても難しいのです。それでも何とかして香りを表現したい、という願望に駆られて、というか、必要に迫られてやってみているのが、色の名前を借りて表現する方法との取り組みです。
 調べてみましたら、たくさん文献があって、中でも「香りイメージの色表現による伝達」(2)という、株式会社コーセー研究所の方たちの研究は詳細を極めたもの。延べ200人ものパネリストを動員して、香りから連想される色を統計的にまとめあげられています。
 そして、いろいろなことがわかったものの、結局、香りと色を1:1で関連付けることはできない、という結論に至ったようです。

 私が知りたいことも、こうなると前途真っ暗な感じなんですが、ひとつヒントを得ました。それは、友人たちとの雑談の中から出て来た、ピンクは癒しの色だ、という説です。「2018年って、天災やら不穏なことやら、ようさん起こったやろ?」というのです。
 ここから攻めたらどうでしょうか!?
 癒し系の香りならたくさんあります。アロマテラピーの世界では、「癒す」は重要なテーマですから。
 と、思いついたところで、紙数が尽きました。例によって、とりとめない終わり方になってしまいましたが、来月は、果たして「ピンクの香り」ってどんな香り? というところを、癒しの側面から眺めてみたいと思います。では、また、来月。(中原幸子)

【参考文献】

(1)一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)(https://www.jafca.org/)
(2)妹尾正巳、元永千穂著「香りイメージの色表現による伝達」(日本感性工学会研究論文集Vol.7 No3 P497-503、2008年)
(3)一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)著『日本のファッションカラー100 流行色とファッショントレンド 1945−2013』(ビー・エス・エス新社、2014年)


トップへ戻る