月刊:ことばを探る 最近のバックナンバー

月刊「e船団」 「香りと言葉」2007年7月号

歳時記のかおり 七月

 7月は「汗の香」と思っていましたら、ある日、耳寄りな会話が聞こえてきました。
 「清少納言ってね、自分の汗のニオイが好きだったんだって!」
 「うん、わかるなー。脱いだTシャツや自分の足のニオイ、わざと嗅いでみたりするよね」

 で、清少納言の汗の話の出所を聞いてみると、『枕草子REMIX』(1)だという。近頃の若者は面白いモノをよく知っていて頼もしい、です。
 早速買ってみてみると、こうです。
 七月ばかりに、風いたう吹きて、雨など騒がしき日、おほかたいと涼しければ、扇もうち忘れたるに、汗の香すこしかかへたる綿衣(わたぎぬ)の薄きを、いとよくひき着て、昼寝したるこそ、をかしけれ。(第四十一段)

   「汗の香すこしかかへたる綿衣」は汗のニオイがちょっと染み込んだ綿入れ、つまりこの時代の夜着のこと。それをひっかぶって昼寝をするのっていいわよ、ということのようです。この本、清少納言と著者の酒井順子の架空対話が挿入されていて、それが抜群に面白いのだが、著者は自分にこう言わせている。
 酒「自分の汗の匂いに陶然とするって、よくわかるー。私もね、すごく汗をかいた日に自分が脱いだTシャツを嗅いでみたりするの、大好き」
 そして更に、口に出すのはためらうが、としつつ、
 酒「好きな人だと、靴下でも嗅げる」
 清「私も、好もしい人の場合は、自分の汗の匂いを嗅ぐようにして、相手の汗の匂いを嗅いでしまうこともあるわねー」
 酒「あら、ちょっとエッチ」


という具合。好きな人のなら足の臭いでも好き、という件には後でまた触れることにして、ここで面白いと思うのは、「酒」さんがあせを「かく」と言っていること。だって、枕草子には、「七月ばかりに・・・」の段以外にも汗が4回出て来るのに、1度も「(汗を)かく」とは書かれていないから。「清涼殿の丑寅のすみの・・・」の段の冷や汗も含めて、どれも汗は「あえる」ものだ(2)(3)。「あえる」(文語は「あゆ」)は、「零える」と書かれ、「汗、血、乳などがしたたり落ちる、流れる」ことだという(4)。では、汗を「かく」という言い方がまだ無かったかというとそうでもないようだ。万葉集にも、「検税使大伴卿が筑波山に登る時の歌」に「・・・筑波の山を 見まく欲り 君来ませりと 暑けくに 汗かき嘆き 木の根取り うそぶき登り・・・」などとあるし。

 ただ、『日本国語大辞典』(4)に、「汗をかく」の「かく」は漢字では「掻く」と書かれ、「からだや心の中に収めておいた方がよいものを、外面に現わしてしまう」ことで、「他に対してみっともないものを、体の外に出す。汗、いびきなどにいう」とあるところをみると、「かく」は清少納言に敬遠されたのかしら。だとすると、好きな人の汗は「かく」ではなく「あえる」の方がいいかも知れない。〈木の下のあいつ、あいつの汗が好き(坪内稔典)〉などもきっと「あえ」た汗だろう。ちなみに、「香」は現代では良いニオイを指すことが多いが、清少納言も「汗の香」と書いているように、昔は中国でも日本でもニオイの良し悪しにかかわらず使われていた。

 そこで、その汗のニオイであるが、実は、汗は99%以上が水分で、出た直後はほとんど無臭であることが知られている。それがなぜ臭うようになるかについては、『ヒット化粧品』(5)の解説がわかりやすい。

 健康な人間の皮膚には皮膚常在菌と呼ばれる微生物郡が生息しています。通常は無害で、むしろ病気の原因となるほかの細菌から人体を守ってくれているのですが、実は体臭の発生にも重要な役割を演じています。
 常在菌が栄養源としているのは、皮膚上に蓄積した老廃物(あか)や汗、皮脂などの分泌物ですが、なかでも皮脂の主成分である脂肪は大変栄養価が高く、代謝される過程でイソ吉草酸やカプリン酸などの低級脂肪酸と呼ばれる非常に臭いの強い物質を生成します。足や腋の下の臭いを集めて分析すると、こうした低級脂肪酸がかなりの量含まれていることを確認できます。
 微生物が活発に活動するためには、栄養源のほかに水と温度、すなわち高温多湿の環境が必要です。腋の下はこうした微生物の生育に適しているだけでなく、アポクリン腺というタンパク質を豊富に含む汗を分泌する汗腺が密集しているため、とくに臭いを発生しやすい環境にあるといえます。


   ここに汗臭さの成分として出ているイソ吉草酸やカプリン酸は、では、どの位臭いのか。
 においの強さにはいろいろな現わし方があるが、ここでは嗅覚閾値をみてみたい。嗅覚閾値とは、「どのくらいに薄めてもにおうか」を表す数値で、ちょっと皆さんがよくご存じのものと比べてみると(6)、

 お酒の成分のエチルアルコール:0.52ppm
 お酢の成分の酢酸:0.0060ppm
 宿酔のモトのアセトアルデヒド:0.0015ppm
 イソ吉草酸:0.000078ppm

 イソ吉草酸は桁外れに閾値が低いことがわかる。薄めても薄めても臭うのである。もっとも、流石にウンチの臭いのモトとして有名なスカトールの0.0000056ppmには一桁負けているが。
 ここではppmというお馴染みの単位を使っているが、これはパーツ パー ミリオン(parts per million)つまり100万分の幾つに当るかを示す単位である。私たちがいちばんよく使う「%」はppcつまりパーツ パー セント(parts per cent)である。上記のようにゼロがいくつも並ぶと、分かりにくいし間違いのもとでもあるので、もっと微量を示す単位が使われることも多い。

 ppc(%:parts per cect):100分の幾つ
 ppm(parts per million):100万分の幾つ
 ppb(parts per billion):10億分の幾つ
 ppt(parts per trillion):1兆分の幾つ

 など。これってお金で考えるとわかりやすいんですよ。1ppmは100万円の中の1円、1ppbは10億円の中の1円、という具合に。ついでですが、「微」がppmを示すことを知ったときは驚きました。中国には微量を示す単位が10分の1刻みに延々とあるらしい。

 割、分、厘、毛、糸、忽、微、繊、沙、塵、埃・・・空虚、清浄。

 清浄が10のマイナス21分の1乗を示す単位だったなんて。
 すっかり脱線しましたが、じゃ、同じ汗の筈なのになぜ好きな人の汗のニオイだけが好きなの?ということになりますよね。それは、汗にはその人の体臭が溶け込んでいるからだと思われます。近年、ヒトにも遺伝子によって決まるニオイ型というものがあって、あるヒトがあるヒトを好きになることと深く関わっていることが分かり始めているのです。

 要するに、「汗の香」は水に溶けたアナタです。大事にしましょう。

 では、また来月。
                           中原幸子

 〔参考文献〕
 (1)酒井順子著『枕草子REMIX』(新潮文庫、2007年)
 (2)榊原邦彦編『枕草子 本文及び総索引』(索引叢書33、和泉書院、1994年)
 (3)田中重太郎著『枕草子全注釈』(角川書店、1972年)
 (4)『日本国語大辞典』(第二版、小学館、2001年)
 (5)日本農芸化学会編『くらしの中の化学と生物―ヒット化粧品』(学芸出版センター、2003年第2版)
 (6)川崎通昭他編『におい物質の特性と分析・評価』(フレグランスジャーナル社、2003年)


月刊「e船団」 「香りと言葉」2007年8月号

歳時記のかおり 八月

 「ナカハラさん、ナカハラさん。カメムシの臭いって作れる?すぐ、要るんだけど」
 「カメムシ!?誰か分析してくれていて、その成分がウチの調香研究室にあれば、なんとかそれらしいモノは・・・。すぐって、いつですか?」
 「・・・あさっての朝」

 20年程前のある日の午後5時過ぎ、勤めていた香料会社の専務とワタシの会話です。
 その頃でも、科学技術の情報網というのは恐るべき完備ぶりで、カメムシの悪臭成分が日本のどこかで研究されて、学界に報告されたことがあるかどうかは、パソコンの前に30分も座れば分かるようになっていました。
 そして何と、あったのですね、データが。たった1件(1)。日本だけでも2900種もあるといわれるカメムシ目のうち、6科19種のカメムシの臭気成分を分析した結果の報告が。そこに書かれていた臭い臭い成分のメモを片手に、誰もいなくなった調香研究室でサンプル棚を探し、ついでに似たような悪臭の材料もいくつか見つくろって実験台に戻り、いくつもいくつも試作し・・・。子供のころ、電灯に寄って来たカメムシにうっかり触ってひどい目にあったときの、うすぼんやりした記憶に照らし合わせて、あーでもない、こーでもない・・・。臭かったです、今思い出しても。

 私に情報をくれたのは、当時は「日本科学技術情報センター(1957.08〜1996.09)」といっていた機関で、現在では「独立行政法人 科学技術振興機構(略称JST)」(2)となって、情報検索のサイトも「JDreamU」という名前になっている。
 今ならすごい数の研究報告が出てくるのだろうなあ、と思って、その「JDreamU」を訪ねてみた。するとやっぱり! 悪臭そのものの分析こそ、あのとき私が助けてもらった1件から増えていないが、その悪臭成分にはさまざまな働きがあることが解明されてきている。つまり、「悪臭だ!」というのは人間の勝手な言い分で、カメムシたちにとっては敵の撃退に武器として、また集合フェロモンや警告フェロモンなどとして、大事な大事な成分だったのだ。

 え?臭い成分ですか?それが、いちばん悪臭の中心になっている成分というのが、トランス−2−へキセナール、つまり青葉アルデヒド、青葉の香りなんですね。
 ここが香りの不思議なところで、ニオイは濃度によって驚くべき変貌を見せる。青葉アルデヒドも、閾値が0.02ppmという強烈なにおい物質(3)なので、ほのかに香る分には快く、癒しの作用があるけれど、カメムシの臭腺から放出されるような濃いのはなんとも形容しがたい不快さで我々人間を辟易させる。だが、これが、カメムシにとっては、捕食者であるアリを撃退する武器となる。香りが濃度で変る例では、先月お話したインドールも有名。濃いとうんちの臭いだが、程よく薄められるとジャスミンの花を想起させる馥郁たる香りとなる。

 さて、それから何年かたって俳句を始めた私は、歳時記に「放屁虫」というのが出ているのを発見し、いきなり、これはカメムシのことに違いない、と思い込んでしまった。この度、これを書こうとして、とんでもない間違いに気付き、情けなくも面白い思いをしてしまった。

 「放屁虫」は、歳時記ばかりか広辞苑でも「へひりむし」または「へっぴりむし」と読まれている。「ほうひむし」とか「おならむし」という読みはないらしい。傍題には「へこきむし」も見られる他、「三井寺ごみむし」「三井寺斑猫」「行夜(ぎょうや)」「気虫」など臭くなさそうな名前も挙げられており、解説には「オサムシ」や「カメムシ」の仲間も含まれるとしているのが多い。手許の歳時記での(私の独断による)最大公約数的な解説は『新日本 カラー版 大歳時記』(4)で、こう解説されている。

 【放屁虫】(三秋)三井寺ごみむし、へっぴり虫、へこき虫、三井寺斑猫、亀虫。
  畑などを掘っていると、石やごみなどの間から出てくる甲虫は、「三井寺ごみむし」(ホソクビゴミムシ科)などゴミムシ類がよく知られている。ほかに、臭木亀虫(カメムシ目カメムシ科)など亀虫の仲間、少し大形の甲虫の筬虫(夏季)など、危難に遭うと猛烈な悪臭を臭腺から出して逃れようとする昆虫類を総称して「放屁虫」といっている。いわゆるこれらの悪臭を放つ虫の俗称であろう。その名がなんとなくユーモラスで、特定の虫のことではない。〔廣瀬ひろし〕


 ところがですね、カメムシとミイデラゴミムシでは臭気成分も放屁のメカニズムもまったく違っていたのですね。カメムシの臭気成分は上記の青葉アルデヒドを主とするいくつかの物質であり、何か危難や妨害を受けるとこれを臭腺から放出する。臭腺は成虫では中胸の腹面に、幼虫では腹部背面にある(5)。
 一方ミイデラゴミムシは、近代兵器のような放屁メカニズムを備えていたのです。
 八尋克郎氏の「ミイデラゴミムシの語源」(7)によれば、
 オサムシ類やゴミムシ類の防御物質は、多数の小型生成器官で生合成し、導管で集めて貯蔵嚢へ送り、蓄積し、攻撃者からの刺激によって分泌されます。その中でもミイデラゴミムシの放屁のメカニズムはかなり手が込んでいます。貯蔵嚢にヒドロキノンと過酸化水素を蓄積し、接触刺激によって、物質は貯蔵嚢に接続する反応室へ送られ、この室の周辺から、分泌される酸化酵素によって、ベンゾキノンと水分を音を出して噴射します。この噴射時の温度は瞬間、摂氏100℃に達するといいますからちょっと驚きです。

 どうです?スゴイでしょう?って、私が自慢することじゃないんですが、更に驚くのは、この爆発の原理はロケットと同じなんですって。因みにベンゾキノンという物質は、「国際化学物質安全カード(ICSC番号:0779)」(8)に「刺激臭のある黄色の結晶。室温でも昇華することがある」などと記載されている、臭くてキケンな物質です。

 で、その「ミイデラゴミムシ」の名前の由来ですが、この虫は、「和漢三才図会」(寺島良庵、1712)では「行夜(こうや)」、別名「へひりむし」と記載され、「ミイデラ」の語は出ていない。最初に「ミイデラ」が現われるのは、「本草綱目啓蒙」(小野蘭山、1803)だという。この本の中で、行夜の別名として「三井寺ハンメウ」が出るが、この「三井寺」の語源が、滋賀県の大津絵美術館にある鳥羽絵「放屁合戦」にあるのではないか、というのが有力な仮説の一つなのだそうだ。詳しい解説は端折らせて頂くが、八尋氏の結論はこうである。
 この虫に三井寺と最初につけた人は次のように考えたのではないでしょうか。この虫は強烈なオナラをします。オナラといえば、三井寺にある鳥羽絵「放屁合戦」を思い浮かべました。そこで、この虫にミイデラという名前をつけようと思った。確証はありませんが、これはいかにもありそうな話です。
 この他に三井寺の「弁慶の引き摺り鐘」に語源を求める説も紹介されているが、私としてはオナラが大事なので、ここでは割愛する。あ、「三井寺ハンメウ」が「ミイデラゴミムシ」となるのは割合に最近のことで、1930年刊の『日本昆虫図鑑』(横山桐郎)からとのこと。

 ところで、ミイデラゴミムシやカメムシ以外の臭い虫たちを集めた、とても美しいサイトを見つけましたのでご紹介しましょう。「生き物研究室」というホームページの「臭いを出す虫」という部屋(http://www.k3.dion.ne.jp/~gecko/zukan/sinbun1.htm)(9)です。

 しかし、いかに音立てて悪臭を放つとはいえ、へっぴり虫とはねえ。この暑いのに失礼しました。来月は是非いい香りで、ではまた来月。
                                中原幸子

〔参考文献〕
(1)山下俊和、兼久勝夫(岡山大農生物研)著「カメムシ類の悪臭成分に関する研究」(「農学研究」58巻、1号、1979年)
(2)JST文献検索サービス:JDreamU(有料:http://pr.jst.go.jp/jdream2/ )
(3)日本香料協会編『香りの総合事典』(朝倉書店、1998年)
(4)飯田龍太・稲畑汀子・金子兜太・沢木欣一監修『新日本 カラー版 大歳時記』(講談社、1999年)
(5)藤崎憲治著『カメムシはなぜ群れる?』(京都大学学術出版会、2001年)
(6)角川書店編『図説 俳句大歳時記』(角川書店、1973年)
(7)八尋克郎著「ミイデラゴミムシの語源」(「地表性甲虫談話会会報」第1号、2004年)
(8)国際化学物質安全性カード(http://www.nihs.go.jp/ICSC/)p−ベンゾキノン(http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0779c.html
(9)「生き物研究室:臭いを出す虫」:http://www.k3.dion.ne.jp/~gecko/zukan/sinbun1.htm


月刊「e船団」 「香りと言葉」2007年9月号

歳時記のかおり 九月 稲の香

 新米が出始めましたね。今月は「稲の香」です。「早稲の香」の方がたくさん俳句に詠まれている気がして、2007年8月末のある日、インターネットで「稲の香サーフィン」をしてみました。Googleのヒット数は「稲の香」が2430、「早稲の香」は1150。ところが「稲の香+俳句」は706で「早稲の香+俳句」だと1050。独断のおそれはありますが、まあ、「早稲の香」は俳人がよく使う言葉だと思っていいのではないでしょうか。

 子規は『墨汁一滴』(5月31日)で、田んぼからそう遠くないところに育ちながら、漱石が、毎日食べているコメがイネから採れることを知らなかった、とびっくりしている。念のため、ここでイネとコメの関係をハッキリさせたい。
 広辞苑によれば、
いね【稲】:
イネ科の一年生作物。栽培種は2種。サチバ種は東南アジア起源、現在、世界各地の熱帯・温帯で栽培。グラベリマ種はアフリカ起源、現在はアフリカの一部でわずかに栽培。サチバ種には、籾(もみ)の丸くて短い日本型、細長いインド型、大粒のジャワ型の3亜種がある。日本への伝来経路は諸説あるが、縄文末期までに将来されたらしい。草丈は、改良種では1メートルを超えない。茎は中空で数個の節がある。葉は長線形で、葉身と葉鞘とから成り互生。夏から秋にかけて出穂する。秋に熟する果実を米といい、食用。日本の農業上、最も重要な作物で、水田に栽培する水稲(すいとう)と、畑地に栽培する陸稲(りくとう)がある。成熟の遅速によって早稲(わせ)・中稲(なかて)・晩稲(おくて)に分け、澱粉の性質によって粳(うるち)・糯(もち)の2群とする。しね。〈季 秋〉。万葉集(14)「―舂(つ)けば皹(かか)る吾が手を」

こめ【米】:
稲の果実。籾殻を取り去ったままのものを玄米、精白したものを白米または精米という。五穀の一とされ、小麦とともに世界で最も重要な食糧穀物。粳(うるち)は炊いて飯とし、糯(もちごめ)は蒸して餅とする。また、菓子・酒・味噌・醤油などの原料。皇極紀「岩の上に小猿―焼く」


 で、インターネットの「稲の香」です。
「あぶくま農学校(目黒の小学生)これがぼくらの田んぼだぞ!」(1)は、生育記録中に稲の香が記載されている珍しいサイトだ。

【2005年6月30日撮影の写真の説明から】
 梅雨の中休みで、昨日・今日と角田はいい天気です。気温は28.4度。稲もグングン生長しています。 写真では見えないけど、メダカも田んぼを泳いでいました。草丈が52.3cm、葉の数が9枚。そろそろ「中干し」に入る季節です。稲の香りもただよってきました。 【2005年8月17日撮影の写真の説明から】
 今日は天気が良く、気温も32度。風が吹くと稲の香りがフワッとただよいました。

 稲作に挑戦しているのは小学5年生の児童で、平成12年(第1期)から代々稲の栽培記録をつけ続けている。その第6期にあたる平成17年の記録にだけ2度も「稲の香」が出て来る。それ以前も以後も1度も出てこない。余談ながら、草丈がミリ単位まで記録されているのに、と、とても残念だ。草丈や開花日と稲の香の相関関係をずっと記録し続けて下さったら、きっとこれまで誰も書けなかった夏休みの自由研究が出来上がると思う。

 次は、googleに「イネの一生+稲の香」と入れてたった1件ヒットしたこの「田んぼ通信」というサイト(2)。
 平成17・8・15の項にこうある。
 ・稲の花の匂いは、田んぼ所に住んでいても気付かない人がいるほど薄い香りです。花の咲き始め、蒸し暑い夕暮れ時等に広い田んぼ全体から漂ってきます。ご飯の香り、新米を炊いた時の香りを薄めたような香りです。
 ・不思議な事に冷害の年は、花の香りが殆どしません。
 ・冷害の時も花は咲くのですが、花粉の数が少ないので匂わないのだと思われます。稲の香りは、たぶん稲の花粉の匂いなのでしょう。 
 ・今年の稲の香りは、例年よりも ほんのり甘く爽やかな香りがしました。地域全体が、爽やかな甘い稲の香りに包まれました。今年も、甘く味わいのあるお米が出来そうです。


 さて、稲の香。これが困ったことに「イネの香」は研究されていない(私の手の届くところでは・・・)。研究されているのは「コメの香」ばっかり。でもそれを睨んでいると、ほのかに稲の香も見えてくるように思う。
 東南アジアの国々では、ポップコーン様の香ばしいご飯の炊き上がる「香り米」が人気で、とくにその人気品種であるタイの「カオドマリ105」はとてもよく研究されており、香り米の香りの主な成分は2−アセチル−1−ピロリンという物質であること、その含有量の定量方法、イネの中でどのように生合成されるかという経路、生育条件とその生成量との関係など・・・色々と解明されている(3)。
 例えば、手許の「不良環境が香り米をおいしくする?」という研究紹介記事(4)によると、香り成分である2−アセチル−1−ピロリンは、乳塾期(籾がまだ柔らかい時期)に乾燥ストレスがかかると増加することがわかった、とある。つまり、香りを強くしたい側から考えると、適度に乾燥ストレスを与えてやると香り高い米がとれる、ということになる。香り米の2−アセチル−1−ピロリンは、炊飯によってではなく、イネそのものの体内で作られることもちゃんと証明されているのだそうだ。

 香り米の香り成分が乾燥ストレス物質であるならば、上述(2)の農家の方が「冷害の年は花の香りが殆どしません」と言っておられるのとピッタリ一致しますよね。ただ、問題はそれが「花の香り」だと言い切れるかどうかというところで、あぶくま農学校の小学生が稲の香りに気付いた日はまだイネが穂を出す前、梅雨の中休みの暑い日だったことを考え併せると、この香り成分はどうやら花だけに含まれる成分とは限らないと思われる。花に多く含まれることは有り得ると考えられ、香りの側からの研究テーマとなりそうだ。

 ところで、この2−アセチル−1−ピロリン、日本でもコメの品質管理の指標として使われている。笹岡市の「稲の審査基準」には「玄米の香りの有無」の項があって、その検査法がこうある(5)。
 稲の香りの主な成分は 2−アセチル−1−ピロリン(AcPy)である。この化学物質を気化させるため、1、7%の水酸化カリウム(KOH)溶液の10mlを玄米2gに加える。ポップコーンに類似した香りが10分以内に放出される。発現のレベルは試験(対照)品種に比較することで決められる。
 (危ないですから、やってみないで下さい。)

  早稲の香や分け入る右は有磯海  芭蕉
  稲の香やくるぶし高き足洗ふ  奥井重敏

 ではまた来月。
                                       中原幸子
〔参考文献〕
(1)あぶくま農学校(目黒の小学生)これがぼくらの田んぼだぞ!:
http://www.kakunou.or.jp/gakkou/meguro/midorigaoka/06.html
(2)田んぼ通信(http://www.omokawa.com/text/text05.html
(3)吉橋 忠著「香り米の香り成分の評価手法と品質向上技術」(「農林業協力専門家通信」22巻6号、2002年)
(4)吉橋 忠著「不良環境が香り米をおいしくする?」(JIRCASニュース43号、独立法人 国際農業業研究センター、2005年)
(5)「玄米の香りの有無」」(「稲の審査基準」(笹岡市環境基本計画後期計画、平成19年度〜平成24年度、平成19年2月)


戻る
or=2 レ ・・