月刊「e船団」 「香りとことば」2017年7月号

 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

ごはん

 「俳句入門・目刺し篇」、「辞書をいじめる」、「寿司ってるぞニッポン」、「挨拶は必要か」「寂しいのはお好き?」、「忖度がいっぱい」、「豪華列車のビンボー感?」。

 これ、お分かりになりますか?
 「いやあ、知らないなあ、なに、これ?」と言ってくださるとうれしいんですが……。
 東海林さだおの「男の分別学」(「オール読物」に連載中。連番はついてないんです)の2017年1月から7月のタイトルです。
 7月号の「豪華列車のビンボー感?」はサブタイトルが「でもやっぱりあこがれる」で、冒頭のカットが豪華列車の座席に座った、カーディガンの3つボタンをきちんと嵌めて着たおじさんが「風景は何とかならんのかね」と言いながらまどの外を走る山々を眺めてるシーンです。アタマ? もちろん、ぴかぴかで、後頭部がちょこっと黒。

 ところで、ソーセージ味噌汁の一汁一菜、いかがでしたか?
 (試してない方、だまされたと思ってやってみて!!)
 で、試されるときは、白いごはんをお勧めします。私は「はくばく おいしさ味わう 十六穀ごはん」(↓)というのを入れたごはんなんですが、ふと思いついて白いごはんにしてみたら、その方がずっとおいしかったので。
 でも、16穀ごはんも結構おいしいですよ。

 こんな袋(↓)で売っていて、中味はこんなミックス(↓)で、


  ごはんになると(↓)こんな感じ。


 この十六穀ごはんのモト、
【名称】は「炊飯用穀類」。
【原材料名】は、
 もちあわ、黒米、黒豆(大豆)、アマランサス、発芽玄米、キヌア、たかきび、小豆、黒ごま、白ごま、もちきび、大麦、赤米、ひえ、はと麦、とうもろこし。
 たしかに、16種類ありますね。

 で、白いごはんですが、また広辞苑だ、と思って、ここで、はっとさだおさんを思い出したのですが、6月号の「忖度がいっぱい」の書き出しって、広辞苑なんです。広辞苑は広辞苑でも、ナミの人間とはウンチクが違うんですけど。

 忖度(そんたく)の歴史は古い。
 広辞苑の前身「辞苑」が世に出たのが1935年(昭和十年)、そのときすでに忖度は載っていたはずだ。
 いってみれば広辞苑の最長老、最古参。


 ??!!
 広辞苑に前身! 知らなかったなあ。でも、ネットには写真が出てる。恥ずかしい。

 それに、ネットを見ると、いろんな「○○辞苑」があるんですね。
 「球辞苑」「食辞苑」「万辞苑」「夢辞苑」「猫辞苑」「にゃん辞苑」「葬辞苑」「商業・まちづくり 口辞苑」「宮辞苑」「新潟 麺辞苑」「蟲辞苑」「昆辞苑」「皇辞苑」「笑辞苑」「狭辞苑」「虎辞苑」「遊辞苑」「くわ辞苑」「成語大辞苑」「溶辞苑」「鳥辞苑」「亀辞苑」「コマ辞苑」「拡辞苑」「投辞苑」「苔辞苑」「きのこ〜辞苑」「天辞苑」「久保辞苑」「恋辞苑」……。

 で、まあ、気を取り直して、手もとの第六版の広辞苑では、

ごはん 【御飯】めし・食事の丁寧な言い方。(後略)

めし 【飯】(「召す」から)
(1)穀類、特に米を炊いたもの。ごはん。いい。
(2)毎日、時を定めてする食事。ごはん。

いい 【飯】イヒ
米を煮または蒸したもの。めし。ごはん。

 ん? ごはん、めし、いいは同じ? まさか。
 そういえば、有間皇子は「いい」の和歌を詠んでたけど、と思って、今度は日本国語大辞典で「いい」を見てみました。すると、

 いい[いひ] 【飯】
米を蒸し、または炊いたもの。麦、粟などにもいう。上代には、甑(こしき)で蒸した強飯(こわいい)を食べたが、のちには、水で炊いた姫飯(ひめいい)、粥(かゆ)が普通になった。めし。ごはん。


とあり、なんと、日本書紀にすでに用例がある。
*日本書紀〔720〕推古二一年一二月・歌謡「しなてる 片岡山に 伊比(イヒ)に飢(ゑ)て 臥(こや)せる その旅人あはれ」

 聖徳太子が行き倒れの旅人を見て哀れに思って詠んだ歌とされていて、意味は「片岡山で、食い物がなく、餓えて斃れている、その旅人よ可哀相に」ということだそう。「しなてる」は「片」にかかる枕詞の由。

 有間皇子のの歌も用例に出ています。
 *万葉集〔8C後〕一・一四二「家にあれば笥(け)に盛る飯(いひ)を草まくら旅にしあれば椎の葉に盛る〈有間皇子〉」

 更に、語誌にはこんな風に。
  もともとは、米を煮た水分の多いカユに対し、蒸して水分の少ないものをいったと思われるが、平安時代になると、蒸した米はこは(強)い─固いものという意識がすでに生じていたためか、イヒよりもコハイヒが多く用いられるようになる。中世から近世にかけて、炊いたヒメイヒが一般化するに従ってコハイヒは主に餠米を蒸したものを指すように用法を限定されていった。また、メシが日常語として用いられるようになるとコハイヒもコハメシに変化した。

 じゃ、いいはいつめしになったのか? ということになるが、『日本語源大辞典』(1)のめしの項に[参考]としてこんなことが出ている。

 (1)室町時代にそれまでのイヒに代わって現れた。語源には諸説あるが、動詞メス(召す)の名詞化という説が有力である。「召す」は「呼び寄せる」「着る」「食べる」「乗る」など複数の用法をもっていたが、名詞としてはそれらの意味を共存させず、「呼び寄せること」の意から「食べるもの=飯」の意へと交代した。

(2)語源からみて、メシは本来敬語のはずであるが、室町後期にすでにオメシのようにオ(御)を冠した形も認められる。このオメシは近世には遊里の女性を中心に使用されたようである。

(3)現代語のごはんのもとになった漢語ハン(飯)は漢文の影響のうかがわれる軍記や室町時代の物語から用例が現れ始める。女房詞では.これにオ(御)を加えたオバンを使用し、それが近世に一般に広まったらしい。近世末期にオをゴに替えたゴハンの形が現れる。「飯」の呼び方の変遷は、大まかにイヒからメシへ、メシからゴハンへと、意識の上でより丁寧な言い方を指向したと言えよう。


 なるほど。あ、でも、また御飯のにおいへたどり着けないで終わってしまいましたね。
 ちゃんと研究はされているんです。来月はとことん御飯のニオイをやりたいと思います。
 それにしても、さだおさんは正しいですね!
 辞書にはいろいろあって、いろんなことがいろんなふうに書かれていて、どれも正しい、って。
 来月の「男の分別学」、テーマはなんでしょうね? では、また来月。中原幸子

【参考文献】

(1)前田富祺監修『日本語源大辞典』(小学館、2005年)


 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。



 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

戻る