月刊「e船団」 「香りとことば」2018年4月号

 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

トラジャ(とらじゃ)

 先月号(2018年3月)の最後に、「トアルコ トラジャって、何?」という疑問を解明します、と書いてしまいましたが、これって実に私らしいノーテンキでした。 まあ、ちょっとお付き合いください。

 先月、上の写真の左端の青い袋が「華やかな香りと上品な味わい」が売りのブルーマイスターというブレンドで、「トアルコトラジャ30%、コロンビア30%、メキシコ20%、タンザニア20%」のミックスだとご紹介しました。で、トアルコトラジャって、何?ということになったわけですが、この6種のなかに、「トアルコトラジャをベースにした豊かな香りとコク、やわらかな甘みが織りなす格調高い味わい」を売りにしたトラジャブレンドというのがあったのです。

 で、そのトアルコ トラジャ、インターネットで検索してみると、「トアルコ トラジャとは」というページが現れました。最初に、こうあります。

 18世紀、「 セレベス(スラウェシ)の名品」と謳われた幻のコーヒーがあった。
 インドネシア・スラウェシ島にのみ産するトラジャコーヒー
 大戦の混乱の中、市場から姿を消した。
 そのコーヒーを復活させたのは多くの日本人の情熱だった。
 産地に至る道を造り、荒れ果てた農場を再生。
 キーコーヒーは約40年にわたりその品質を極め、厳しいコーヒー好きにも愛されてきた。
 トアルコ トラジャ。
 それは日本と日本人がインドネシアとともにつくりあげた、世界に誇れる一杯。


 えーッ。すごい! じゃ、トラジャって? と思って調べてみれば、インドネシアにある地名でした。「トアルコ トラジャの歴史」(1)というページにこうあります。
 珍重ののち忘却……
 そして見事に甦った奇跡のコーヒー

 17世紀末、インドネシアのコーヒー栽培は産声を上げました。中でも戦前栽培されていたトラジャコーヒーは、ヨーロッパの王侯貴族用で、その希少性と上品な風味がごく一部の人々に珍重されるだけでした。しかし第二次大戦が始まると、栽培どころではなく、農場は荒れ果て、トラジャコーヒーは死滅したと思われていました。そのトラジャコーヒーを甦らせたのがキーコーヒーです。再び市場に登場したのは、トラジャコーヒーが市場から姿を消して以来、約40年の時を経た1978年。これが「幻のコーヒー」トアルコ トラジャの新たな船出だったのです。


 そうそう、キーコーヒー株式会社という社名は、1920年(大正9年)横浜でスタートしたコーヒー店が、1952年に、「株式会社木村コーヒー店」となり、さらに1989年に改称されて生まれた社名とのこと。つまり、キーコーヒーは木村の、そしてKeyの意味を込めただったのですね! 多分。
 そして1979年には、“幻のコーヒー”トアルコ トラジャ発売にごぎつけたとのこと。  詳しくはキーコーヒー株式会社のホームページの「企業の沿革」のページ(2)に出ていますので、ご自分で心ゆくまでどうぞ。

 また、皆さんがとっくにご存知のことを書いてます??
 ごめんなさい。
 でも、わたしは、ここらでやっと、おいしいコーヒーって、どんなコーヒー? 「トアルコ トラジャ」って、何? という先月の疑問に帰りついた気分です。

 トアルコというのは絶滅したと思われていたトラジャコーヒーの再生プロジェクトのために設立された現地法人「トアルコ・ジャヤ社」から来てるようだ、とか、トラジャはインドネシアの最高のコーヒー豆の産地の名だ……、とか、ちょっとずつ進歩して……、そうこうしていたある日、ひょい、とテレビをつけると、「ニュースシブ5」で、「バリスタ」というモノが話題になっていて、日本一のバリスタ・石谷貴之さんという人が紹介されていました。
 皆さんはバリスタってご存知でしたか? 私は初めて目にする言葉でした。
 見ていると、どうやらコーヒーを淹れる達人のことのようで、その石谷貴之さんの淹れたコーヒーを、出演している人がおいしい、おいしい、おいしいと連発してました。

 いったいバリスタって、なんやろ、と思って、ウイキペディアを覗いてみると、 バリスタ (コーヒー)(イタリア語: barista) - エスプレッソを出す店(バール)で働く人。
 ネスカフェ バリスタ - ネスカフェが開発したインスタントコーヒー専用コーヒーサーバー(ゴールドブレンドと香味焙煎のみ)。


などと、出ていました。
 もっとも、「バリスタ」には、他にもいろんな意味があって、一番ビックリしたのは、「バリスタ (兵器)(ラテン語: ballista) - 古代から中世にかけて欧州で用いられた巨大な弩砲の一種」でした。

 ニュースシブ5で見たような、熟練したバリスタさんが、選びに選んだ豆を使って、複雑きわまる工程を経て、はじめて出来上がる極上のコーヒー。

 でも、ここでまた、ネスレの登場でした。ネスレ日本が、「自宅で1杯ごとにカフェの味わい」を作れるマシンとして「ネスカフェ バリスタ」を発売したのです。現在日本でのみ販売されている、とかで、なんと、恥ずかしいことに、2009年4月に発売されてたのです。9年も前! 無関心って、情けないですね。皆さんはとっくの昔から使っていらっしゃるのでしょうか?
 しかも、わたしはまだ、「ネスカフェ バリスタ」を使っていないのですが、でも、その「ネスカフェ バリスタ」で淹れるために作られたというソリュブルコーヒーなるものを近所のスーパーで買ってみました。55グラム、27杯分が548円+税。

 難しい使い方が書かれてますが、それは無視して、開けてそっと嗅いでみると、うーん、これはスゴイ! と唸る香りが立ち昇ります。『コーヒーの科学』(3)には、コーヒーには1000種類以上もの香味成分が含まれていると出ていますが、それもすんなり納得、という香りです。これを損なわずに熱い水で抽出するって、これは大変だ、と、その大変さだけはわかる、モト香料屋のわたし。

 ニュースシブ5では、コーヒー豆の味や香りなどは栽培される場所だけではなく、同じ場所でも畑によって違うのだと言っていました。コーヒーノキはそれほどデリケートなものらしいです。
 あ、でも、コメだってそうですよね。田んぼによって、お百姓さんの可愛がり方によってピンからキリまでできてしまう、それが農作物ってものなのでしょうから。

 ヘンな落ちをつけてしまいましたが、来月はいよいよバリスタにトライしてみたいと思います。とっくに使っていらっしゃる方、情報をお寄せくださいませ。
では、また来月。(中原幸子)

【参考文献・サイト】
(1)「トアルコ トラジャの歴史」(https://www.keycoffee.co.jp/toarcotoraja/history.html)
(2)「キーコーヒー株式会社・企業の沿革」(https://www.keycoffee.co.jp/company/history#1920)
(3)旦部幸博著『コーヒーの科学』(講談社、2016年)



 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

 




 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

  

 

戻る