月刊「e船団」 「香りとことば」2018年7月号

 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

ごくりっ、ごっくん

 先日、ある句会で、こんな句が出ました。

 ごくりっとコーヒー一杯梅雨に入る

 点は入りませんでした。(ここに出すことは作者の了解を得ています)。
 「コーヒーってごくりっとのみますかね」という話になって、話をふられて、「うーん、ごくりとか、ごっくんとかはのみませんね……」と、煮え切らない返事をした私。
 でも、あとから、じゃ、コーヒーって、どんなふうにのむ? と考えると、これがわからない。というか、思い出せない。
 なんか、聞いたような話だな、と思ったら、あれですよね、髭の長〜いおじいさんの話。調べてみたら、ひろさちやの『捨てちゃえ捨てちゃえ』(1)に出てました。

 中国は宋の時代に、蔡君謨(さいくんぼ)という男がいた。彼のあごひげは長くて立派であった。ある日、神宗皇帝は彼を宮中に呼び、そのあごひげを眺めてほめた。そして、
 「おまえは寝るとき、そのひげを布団に入れて寝るのか、それとも外に出してねているのか?」
 と尋ねた。男は即答できず、今夜よく観察して返事しますと言って退出した。
 ところが、夜になって、男は困った。胸まであるひげを布団の上に出してみると、あごが上がって寝苦しい。かといって中に入れても、あごが引っ張られるような気がする。入れたり出したり、その夜は一睡もできなかったという。


 この蔡君謨という人、ジャパンナレッジにちゃんと出ていて、本名は蔡襄、11世紀の人(1012―1067)でした(2)。
 で、自分のことはあきらめて、みんな、どんなふうにのんでるかな、と、ネットで見てみました。ネットのヒット数は刻々変わり、この数字を統計に使ってはいけないのも常識で、あくまで目安ですが、以下は2018年6月16日(土)、午前6時36分〜7時4分の数字です。

コーヒー
 ごくん  : 2380,000
 ごっくん :  227,000
 ごくり  :  528,000
 ずずっ  :  103,000
 ずずず  :   24,300

 ついでに、
紅茶
 ごくん  : 273,000
 ごっくん : 156,000
 ごくり  : 311,000
 ずずっ  :  31,300
 ずずず  : 420,000

 コーヒーは「ごくん」とのむ人が圧倒的に多いですね。
 そして、紅茶はごくんごくりが拮抗していることがわかります。
(『擬音・擬態語辞典』〔3〕では、ごっくんはごくんの類義語とされています)。

 そうこうしていたら、6月18日、朝、8時ごろ、大地震。私も直撃されました。直下型、震度6弱、マグニチュード6.1だったと後で知りました。ちなみに、私は、大阪府茨木市の10階建てのビルの5階に住んでいます。
 そのとき、パソコンに向かって、何かしていたのですが、何をしていたか全然覚えていません。
 なんか、大勢で一緒に鍋に入れられて、ぐるぐるかき混ぜられているような感じでした。時間はごく短かったです。実感として30秒ほどでしたから、実際は10秒か、もっと短かったかも。

 揺れがおさまって、まわりを見まわせば、足元は本の波、本を踏まずには玄関にも出られない状態でした。
 他には、一見何も起こっていないように見えましたが、本棚に飾っていたものが、

(高さ8センチです)

 倒れてこぼれていたり、


(拾い集めたのがコレです)

 働いていたころ、パートナーだったガスクロマトグラフ質量分析計の心臓部が、


 こんなふうにケロリとしていたり、しました。
 これ、新しいのを買ったとき、廃棄する方の機械から取り出して、貰って帰ったもので、金色に見えるのは、ホントの純金です。

 そうそう、上の写真の砂はタクラマカン砂漠の砂なんですよ。30年ほど前、シルクロード展というのが開かれ、その展示の準備に協力したお礼にもらったものです。

 ヘンなものですね、こんな時に、字を書いたモノを踏むことが厳禁だった子どものころの感覚が蘇り、まずは歩く道を確保しよう、としてましたから。
 なんとか通路を確保し、止まっていたガスが復旧して、まずまずの生活に戻ったのが、22日の夜でした。

 その、ほっとした朝、とろけるチーズを載っけたトーストが出来上がり、マグカップ一杯のミルクコーヒーを作り、そのコーヒーをひと口のんだとき、ずずっとすする感じがして、のどを通っていく音がごくりっと聞こえました。
 そうなんです。一生懸命、思い出そう思い出そうとしていたときは思い出せなかった音が、地震騒ぎで忘れていたら、ふっと、はっきり聞こえたのです。
 ちょっと熱いな、というときは、すすって少しずつ口に入れ、ごくりっとのみ込む。のみごろのはいきなり適量を口に入れてごくん、とのむ。という感じでした。
 ただ、これ、私が自分の口の中で立ててる音なのですね。これがまわりの人にも聞こえてしまうと、お行儀悪いね、と顰蹙を買うことになる。
 冒頭の句の ごくりっと、も、音の大きさがモンダイかも。

 でも、この句に違和感があった理由がひとつ、わかりました。
 コーヒーって、ごくりっとのむのは一杯じゃなくて、ひと口なんですね。

 こう書いてはきましたが、ごくりごっくんも一筋縄ではいかないことがわかってきました。それは、また来月。

【参考文献】

(1)ひろさちや著『捨てちゃえ、捨てちゃえ』(PHP研究所、2012年)
(2)ジャパンナレッジ「蔡襄」(有料:https://japanknowledge.com/)
(3)山口仲美編『擬音・擬態語辞典』(講談社、2003年)

月刊「e船団」 「香りとことば」2018年8月号

 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

そのコーヒー、何度ですか?

 思いっ切り、抜かってしまいました、先月は。
 設問がアサッテ向いてる、というか。
 モンダイの句は、

 ごくりっとコーヒー一杯梅雨に入る

 でした。
 坪内稔典さんが、このe船団の「今日の一句」で、7月24日に、
コーヒーをごくりっと飲みますかね、と言ったのは私である。私の語感では、ごくりっと喉を鳴らして飲むのは生ジュースとか冷たい水、あるいは生ビール。コーヒーは熱いし、まず口中で香りや味を楽しみ、それから飲みこむ。すぐには喉に行かないのだ。もちろん、熱いコーヒーの話、冷やしたコーヒーは私にはコーヒーではない。

 と名乗りをあげ、 更に翌25日に、
 冷たいコーヒーならともかく、淹れたばかりのコーヒーはまず口中で楽しみたい。だから、「ごくりっとコーヒー一杯梅雨に入る」のコーヒーはコーヒーらしくなく、私にとってはなんともまずそうなコーヒーだ。

 と。
 ぎゃふん。
 更にこの俳句の作者Nさんが、メールで、
 24日、25日の「今日の一句」、「ごくりっと」はまずいコーヒーとのコメント面白く読みました。清水の舞台に立った気持ちで入ったコーヒーショップで不安なまま気がつけば冷めたコーヒーを「がぶり、がぶり」と。(後略)

 もう一度、ぎゃふん。
 な〜んだ、この句のコーヒー、冷めてしまってまずいコーヒーだったのですね!

 とにかく、コーヒーの句を話題にするのに、温度のことを考えにいれないなんて、なんという間抜けでしょう。
 こうなったら、私は、毎朝、どんなコーヒーを飲んでいるのか、調べてみることにしよう。
 と、いう次第で、まずは、ヨドバシ梅田へ出かけて温度計を買ってきました。コレ(↓)です。正式の商品名は「棒状温度計H」(シンワ測定株式会社製)。


 長さ30センチ。215円(税込み)。
 何十年も前に仕事で毎日のようにお世話になっていたのと形もサイズも同じなんですが、やっぱり、進歩してました。まず、ケースが、四角。以前はたしか、六角形だったような。それから、赤い矢印のところに角(つの)のついた小さな輪っかのようなモノが付いています。この2つ、温度計が、実験台の上をコロコロ転がるのを防ぐ工夫でしょう。簡単なアイデアのようなのに、学生時代も、働いていた40年間も、この工夫に出合いませんでした。 計れる温度の上限も、前はたしか100℃までだったと思うのですが、これは105℃まで計れます。

 では、実験です。


 準備はたったこれだけ。
 で、いよいよ温度を計っていくのですが……。

 図の(A)はおなじみのT-falという電気ケトル。これに水を入れ、その水の中に温度計を突っ込み、スイッチ・オン。4分足らずで沸騰して自動的にスイッチ・オフになるんですが、温度計は97度でストップ。なんで??
 そして5分後には、もう90℃になってる。え? こんなに早く下がるの、とビックリ。こんな速さで温度が下がったら、油断もスキもないですよね。ちょっとよそ見をしてる間に、どんどんお湯の温度が下がるなんて、想定外もいいところ。ま、手早くしないといけないことはわかりました。

 取り敢えず、T-falの中のお湯の温度がどんなふうに下がるのかをみておきましょう。こんな具合です。

 97℃ → (約2分) → 95℃ → (約3分) → 90℃

 つまり、沸騰してからたった5分で、コーヒーを淹れる適温とされる90℃になってしまうのですね。それからは、下がり方はややゆっくりになり、さらに5分経つと、84℃ほどになります。

 さて、コーヒー、どうでしょう。
 上の写真の(B)にセットしているのは、この欄の4月号でご紹介した、キーコーヒーのドリップ オンです。あ、底に白っぽく見えるのは牛乳(50ml)です。500Wの電子レンジで1分チンして68℃。

 T-falで沸騰させ、5分ほどたったお湯で、(B)のコーヒーを潤して、20秒蒸らし、お湯を回しかけて、カップに8分目ほど溜まったら出来上がり。このときお湯は86℃、カップにたまったミルクコーヒーは70℃でした。
 ここで(C)を投入。ぶどう糖です。寝ぼけた脳にエネルギーを、というつもりですが、さて?
 これが、その完成品なんですけどね。


 中身がよく見えて、いいかも、と思って、耐熱ガラスのマグカップにしたのですが、残念ながらマズそうな感じですねえ。
 それはともかく、ネットなどで、コーヒーの飲み頃とされている60〜70℃のちょうど上限に出来上がりました。
 まずまずの出来というべきでしょうが、70℃は、私には、あ、熱っ、という温度でした。
 8分後、60℃。これでほぼワタシの適温、という感じでしたが、一番好きな温度は54℃でした。ちょっと猫舌??
 わっ、ぬるぅ、と思ったのは35分後の45℃。それに、ぬるくなると味も苦くなって、もうコーヒーじゃない、ですね。ヒトの体温の37℃になるのは58分後でした。
 Nさんは、きっと、折角のコーヒーに口もつけず、30分も何かに没頭して、ひと口飲んだときにはもうぬる〜くなっていたのでしょう。
 坪内さんがお口の中でころがして香りと味と、あ、温度も(?)楽しまれるのは、きっと68℃くらいじゃないでしょうか?

 なんか、温度を計るだけで、予定の長さを大分オーバーしてしまいました。
 でも、温度を計るって、楽しかったです。一家に一本温度計。
 ごくりっという音は、いつ、どこで、どんな状況で出るのかを調べたかったのですが、それは、また次の機会に。では、また、来月。(中原幸子)


月刊「e船団」 「香りとことば」2018年9月号

 ※ページが正常に表示されない場合は、こちらを参照してください。

ゴマ(胡麻・ごま)はすごい

 この夏、いちばんうれしかったのは理稀クンが無事に見つかったこと。
 この夏、思わずアハハと笑ってしまったのは、

  ごま油を買って宝塚を観よう

 という広告。
 ごま油と宝塚! なんという取り合わせ!
 家に帰ってネットで検索してみたら、ちゃんと出てました。広告主はかどや

 すごい、こんな取り合わせを思いつくなんて。新しく開発したごま油への自信と愛情があふれてる、というか。

 実は『ゴマの来た道』(1)というとてつもない本に出合ったのですが、ここにはゴマの辿った遠く果てしない旅が書かれ、「開けゴマ」のゴマはどんなゴマだったかはもちろん、「閉じよゴマ」の発見まで書かれています。
詳しくはご自分でお読みいただくとして、宝塚へ戻りましょう。

 で、そのごま油ですが、新発売は下の画像の右端の「純正ごま油濃口」なんですが、左側の以前からある2種もキャンペーンの対象になっていて、右下のところに応募シールが貼られています。近所のスーパーではまだ真ん中のしか置いてなくて、200mlの壜が381円+税でした。

 まあ、こう見てくれば、なぜあんなに笑えたのか……身も蓋もない言い方をすれば、製造元のかどや製油が「純正ごま油濃口」の発売記念に、「ごま油を買って宝塚を観よう」というキャンペーンを打っているだけのことで。
 だけど、招待する人数が「2142組4284名様」とか、まあ、劇場の席の数に合わせただけかも知れませんけど、何ともハンパで、おかしいですよね。
応募締め切りは2018年12月16日ですから、皆さんも運試しをされてはいかがですか?

 それにしても、何だかだとお世話になっていながら、ゴマのこと、知らないなあ、と思い、ついでにそのスーパーで売っていたゴマ関係の商品を買って来ました。
 白ゴマ系と、

黒ゴマ系

 黒ゴマは一種類しかなかったので、すりゴマとならべてみました。
 フツーの白ゴマと金ゴマは、クイズが成り立つかな、と思って、こんな風に並べてみたのですが、

 ご覧のようにあまりにもハッキリしていて、クイズにはなりませんでした。もちろん、右が金ゴマです。
 きんごま(金胡麻)というのは日本国語大辞典にもちゃんと出ていて、「あぶらごま(油胡麻)の異名」とあり、そのあぶらごま(油胡麻)は「ゴマの品種のうち種子の色が淡黄色のもの。きんごま」となっている。出典が〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕だそうですから、安政5年(1858)創業のかどやさんの命名ではないようですが。それとも、一枚噛んでおられた可能性も否定できない?
 当然、「胡麻(ごま)」も出ていて、秋の季語、とあり、「ごまの花」は夏の季語で続日本後紀の承和7年(840)五月のところに出ている、とあるから、少なくとも9世紀には日本に入ってきていたことになります。

 で、商品名で一目瞭然ですが、どのゴマも煎られています。
 白ゴマ系の左から、

 株式会社栃ぎ屋M(兵庫県) 白 いりごま
  キャッチフレーズ:味と香りの演出に
 株式会社真誠ST(愛知県) いりごま 煎りたて一番
  キャッチフレーズ:いりたての風味が生きています。香ばしさ、いちばんです。
 カタギ食品株式会社(大阪府) いりごま こんがり金ごま
  キャッチフレーズ:味本位 黄金色で歯応えよく香ばしさがひときわ優れた「金ごま」を使用しています。

 黒ゴマ系も左から、

 株式会社真誠ST(愛知県) いりごま 煎りたて一番 
  キャッチフレーズ:いりたての風味が生きています。香ばしさ、いちばんです。
 株式会社シジシージャパンAM32(東京都) すりごま 黒
  キャッチフレーズ:甘みを引き出す しっとり仕上げ。しっとりとしたすりごまと香ばしい粒の食感。
 
 え? すりゴマって、わざと粒を残してるの?
 写真の右側がすりごまなんですが、粒が残ってるかどうかははっきりしませんよね? でも、口に入れると、ときどき粒が歯に当って、あ、噛んだ、という感じがします。

 はい、どれも、ひとつまみ、口に入れて味わってみました、もちろん。
 香りがいちばん高いのは、何と言っても金ゴマでした。ただ、それぞれの違いは微妙で、とても言葉で正確にお伝え出来なくて、残念!

 いつものこととはいえ、どうということもないことを羅列してきましたが、あれやこれやとゴマのことを読んでいると、いろいろ「えっ!」、「わっ!」ということに出合いました。
 いちばん驚いたのは「ゴマ1粒と牛1頭の交換」という記事でした。(2)
 「ゴマの発祥地はアフリカのサバンナである」ということがまずあって、

 ゴマが陸路で最初に導入されたのは古代エジプトである。この導入のきっかけとなったのは、サバナ農民のゴマ1粒と、エジプト商人の牛1頭との交換だったという。この商談は、農民は牛の畜力を利用して所得を増大させることを考え、商人はゴマの香味に魅せられ、1粒播いても5万と実るのだからという計算から成立した。

 と、いうんですけどね。
 どっちが儲けたのでしょうね?

 こんなにすぐれもののゴマなのに、「ごまかす」、「ごまをする」、「ごまのはえ」など、いやな言葉がいくつもあるのも不思議です。
 これからどんな迷路が待っているか、どうぞお楽しみに。ではまた、来月。(中原幸子)

【参考文献】
(1)小林貞作著『ゴマの来た道』(岩波新書、黄版354、1986年初版、2007年第7刷)
(2)小林貞作著「ゴマ1粒と牛1頭の交換」(週刊「朝日百科」17号、朝日新聞社、1994年)

戻る