俳句 e船団 坪内稔典のカルチャー 

NHK文化センター 梅田教室
 【一回講座】

文学のある日々―読むたのしみ―

文学(小説、詩歌、エッセー、評論など)は読むことによって成立します。「源氏物語」も「明暗」ももしもあなたが読んでいないなら、それはまだ文学作品ではありません。読むことを通して現れる文学作品のおもしろさ、それについてわいわいと議論しながら考えます。
つまみ食いが一番うまい、文学もまたつまみ読みがよい、とねんてん先生は説きます。秋の半日、ねんてん先生とつまみ食い的文学の時間をすごしませんか。

日 時 : 10月28日(土) 13:00〜14:30

場 所 : NHK文化センター 梅田教室 
(電話:06-6367-0880)
(梅田阪急ビルオフィスタワー17階) (アクセス
(JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅より徒歩3〜5分)

講 師 : 俳人・佛教大学名誉教授 坪内稔典
【講師紹介】
専門:近代詩歌史(短歌、俳句、自由詩、童謡などの歴史)、 俳諧・俳句、正岡子規、夏目漱石とその周辺の人々
主な著書:『俳人漱石』(2003年)、『正岡子規 言葉を生きる』(2010年)、『坪内稔典の俳句の授業』(2010年)、『大事に小事』(2014年)『季語集』(2015年)、『ねんてん先生の文学のある日々』(2017年)ほか多数。
口ずさむ言葉の魅力とあふれる遊び心で、俳句ファンを魅了している。

受講料 : 会員 2,926円、一般(入会不要) 3,488円

お問い合わせ・お申し込み : NHK文化センター 梅田教室

トップへ戻る  「お知らせ欄へ戻る