2018年8月 1日〜10日
2018年7月 1日〜10日 11日〜20日 21日〜31日
2018年6月 1日〜10日 11日〜20日 21日〜30日
2018年5月 1日〜10日 11日〜20日 21日〜31日
2018年4月 1日〜10日 11日〜20日 21日〜30日
2018年3月 1日〜10日 11日〜20日 21日〜31日
2018年2月 1日〜10日 11日〜20日 21日〜28日
2018年1月 1日〜10日 11日〜20日 21日〜31日
2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年5/18から

日刊:この一句 バックナンバー
2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年

2018年8月15日

犯人を本に戻して夏終る

岡野泰輔

 推理小説を読了したのだ。それを「犯人を本に戻して」と洒落た。気分が涼しくなる句だ。『船団の俳句』から引いた。(坪内稔典)


2018年8月14日

おまえなど大阪湾に浮いてこい

秋山泰

 大阪湾に捨てるぞ、を大阪湾に浮いてこいと転じた言葉遊びの句。「浮いてこい」が季語だが、これ、もう死語ではないだろうか。『船団の俳句』から。(坪内稔典)


2018年8月13日

晩夏光砂におしりの跡ふたつ

赤坂恒子

 古典的ともいうべき晩夏の光景。『船団の俳句』(本阿弥書店)から引いた。お盆だが、この時期は例年、家居である。今年は古今亭志ん生を聞いている。(坪内稔典)


2018年8月12日

魂棚や蚊は血ぶくれて飛びあるく

上島鬼貫

 魂棚はいわゆる盆棚。盆棚の前に一族一党があつまっていて、たっぷりと血を吸った蚊が飛び回っている。殺生をつつしんで、一族の者たちは血を吸われ放題なのかも。この句、とても現代的かも。(坪内稔典)


2018年8月11日

そよりともせいで秋たつことかいの

上島鬼貫

 7日が立秋だったが、詩歌の世界では風に秋をまず感じるのが伝統だった。鬼貫のこの句を踏まえて、大江丸は「秋立つと思う心が秋かいの」と詠んだ。
 7月から伊丹市・柿衛文庫の理事長になっている。古典を市民に開くのが理事長の任務だが、鬼貫の自由自在な句風(伊丹風と呼ばれた)を文庫にも吹かせたい。(坪内稔典)


戻る今週のねんてんバックナンバー 2009年5/17まで  2008年後半