2019年1月 1日〜10日 11日〜20日

2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年5/18から

日刊:この一句 バックナンバー
2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年

2019年1月21日

凍ての底に小さき我を見出しぬ

野田別天楼

 大阪俳句史研究会編の『野田別天楼句集 雁来紅』(ふらんす堂)から。作者は明治2年生まれの学者俳人。今日の句、まるでナマコのように自分が居るのだろう。「とはに星凍ててあるべく仰がるる」も別天楼。(坪内稔典)


戻る今週のねんてんバックナンバー 2009年5/17まで  2008年後半