sendan9gou

季刊「船団」第9号
発 行:1990年2月25日

    特集・和田悟朗
      和田悟朗自選百句・年譜
         和田悟朗:  「読書回想 ― ゴロウランド(5)」
         堀本 吟:  「インタビュー・僕のマボロシの蝶なんだ」
         四ツ谷龍:  「瞳孔の謎」
         寺井谷子:  「和田悟朗想望 ― 『弟』と『螺』」
         林  桂:  「想望という人格 ― 和田悟朗『俳人想望』読後に」
         後藤比奈夫・林田紀音夫・森田智子・小泉八重子・内田美紗:
          「和田悟朗の一句」

    俳句・20句
    鏡原由紀子・山田弘子・樫井賢一・坪内稔典
    今号の新人
    永末恵子  『冬の虹』
    俳句50句
    宗田安正  『まろき山』
    短歌
    水原紫苑  『虹笑ふ』
    時評・切り子ガラス
    堀本 吟  「針の穴から」
    エッセイ
    三枝昴之  「イガグリ君と茂吉の話」
    評論・書評
    宇多喜代子  「三好潤子 ― 女流の系譜8」
    安森敏隆   「『船団』7号を読む」
    寒野紗也   「藤原龍一郎を何故うたうのか」
    作品T
    作品U
    表紙/和田悟朗、左が悟朗
    カット/漱石印影
    編集後記