季刊「船団」 第112号
発 行:2017年3月1日
表紙

    特集:彼は友人―生誕150年の子規
    座談会 いま、子規は―女性研究者が語る
      黒川悦子・大廣典子・石井翔子・中原幸子・
      坪内稔典(司会)
    エッセイ
      松下カロ 『子規の恋 子規の花』
      小西雅子 『輪読』
      長沼佐智 『子規と良寛―近くて遠いもの』
    子規のここが好き
      朝倉晴美・今城知子・岩田むつみ・篠原なぎ
      陽山道子・星河ひかる・山本純子・山本みち子
      藪ノ内君代・渡部ひとみ
    子規吟行
      原 ゆき・山田まさ子・河野祐子
    俳句雑誌を読む
      火箱ひろ・ふけとしこ
    俳句×美術 in 篠山
      岡田 武・小倉喜郎
    連載エッセイ
    森山卓郎: 日本語ノート(64) 『やる』
    芳賀博子: 今日の川柳(37) 『お日様お月様』
    三宅やよい: 本を歩く(6) 『戦争・詩・時代』
    塩見恵介: 自作と情報(4) 『チョイ俳(4)』
    川嶋健佑: 社会人一年目の俳句生活(8) 『まだそこにいたのか、俺』
    香川ヒサ: リレーエッセイ・私と俳句(3) 『私の出会った英語俳句』
    衛藤夏子: 映画に恋して、俳句に恋して(2) 『冷めた目をもつこと』
    評 論
    川島由紀子: 阿波野青畝の俳句(十二)『アートな溲瓶』
    木村和也: 日野草城ノート(5)『ロマンチシズムとしての無季俳句』
    書評 
    西原元気: 岡野泰輔句集『なめらかな世界の肉』
    村上栄子: 坪内稔典著『モーロクのすすめ 10の指南』ほか
    若林武史: 秋山 泰句集『流星に刺青』
    谷さやん: 池田澄子句集『思ってます』
    会員作品
    甲斐いちびん、香川昭子、夏冬春秋、川嶋健佑ほか
    今号の15句
    木村和也・小西昭夫・塩見恵介・中原幸子・三宅やよい
    エンジンルーム
    表紙・カット/山口雅英
    レイアウト/松山たかし・阪脇幸夫


目次のメニューに戻る
トップに戻る