sendan21gou

季刊「船団」第21号
発 行:1994年6月10日

    コルト3
    南村健治   「琵琶の風景」
    芳野ヒロユキ 「新ハムレット」
    切り子ガラス
    田村七重  「わすれぐさのこと」
    足立由布子 「ジーンズについて一考察」
    岡田 麗  「『生命誌研究館』紹介」
    今号の新人
    本村弘一 『家なき子』
    短歌
    遠山利子 『百年後』
    私の現場
    望月和子  「河馬になる」
    折原あきの 「レッテル無用の欲ばり派」
    評論
    乾 裕幸  「俳句解体新書(最終回)」
    内田美紗  「句集『悠』にたゆたうもの」
    江里昭彦・池田みつお 「『船団』19号を読んで」
    俳句20句
    森下廣・廣嶋美恵子・堀本吟・北條巽・古田保子・みうらきの・政野すず子・松山たかし・林朋子・望月和子・南村健治・前田圭衛子・武馬久仁裕・東莎逍・藤川游子
    書評
    河野美砂子 「坪内稔典句集『百年の家』」
    甲田夏湖  「本村弘一句集『ちいさい青』」
    大西淳二  「『G町』武馬久仁裕句集」
    南村健治  「多田道太郎『おひるね歳時記』」
    藤川游子  「中村苑子『俳句自在』」
    新連載
    神山恭昭  「俳句絵日記」


     友田ふさみ ほか  会員作品
     和田悟朗選句欄  「森のみどり」
    エンジンルーム
    カット山本薫