sendan23gou

季刊「船団」第23号
発 行:1994年11月25日

    特集・現代俳句の50年
    仁平 勝  「第二芸術論と戦後俳句」
    渡辺順子  「誓子と根源俳句」
    鳴戸奈菜  「戦後50年間の女性俳句と性」
    堀本 吟  「前衛俳句の意図と遺産」
    足立由布子 「青春と俳句」
    坪内稔典  「老いと俳句」
    小西昭夫  「50年の句集・ベスト10」
    川名 大  「50年の俳句論集・ベスト10」


    コルト3・切子ガラス
    松山たかし・池田みつお・塩見恵介・足立由布子・葉月ひさ子・田村七重
    今号の新人
    能城 檀 『植物図鑑 ― いろはうた ― 』
    短歌
    伊藤一彦 『さかしまの世』
    連載評論
    坪内稔典  「高浜虚子(第二回)」
    俳句20句
    皆吉司・芳野ヒロユキ・佐伯克子・岡村和子・竹部葉子・尾上有紀子
    私の現場
    山中 宏  「言葉の魅力を求めて」
    堀田由美子 「アイシテルの重さ」
    みうらきの 「果たして、果たせてるかな?」
    エッセイ
    瓜生鐵二   「我輩は”ら”である」
    西田もとつぐ 「春と云はん」
    内田美沙   「私の山田弘子」
    書評
    廣嶋美恵子 「澁谷道句集『紅一駄』」
    内野聖子  「坪内稔典句集『俳句とユーモア』」
    中田美子  「宇多喜代子『つばくろの日々』」


     神山恭昭  「俳句絵日記」
     中西夕紀・渡辺夏代  「船団21号を読む」
     会員作品
     和田悟朗選評欄  「森のみどり」
    エンジンルーム
    カット山本薫/漱石印譜