sendan33gou

季刊「船団」第33号
発 行:1997年6月1日

    特集:<波郷と三鬼>
    波郷を歩く・松山
      夏井いつき: 『まっしろな椿のほとりに』
    三鬼を歩く・津山
      塩見恵介: 『花冷えの句碑をめぐって』
    石田波郷 
      櫂未知子 「波郷の『青の時代』」
      に平 勝 『青春の感受性に出会う』
    西東三鬼 
      伊丹啓子 『西東三鬼の出立』
      皆吉 司 『三鬼の俳句的発想』
    対談・波郷と三鬼 
      坪内稔典・塩見恵介 『俳句的発想の魅力』
    わが愛唱の波郷・三鬼 (全24句) 
      雪はしづかにゆたかにはやし屍室 波郷
      水枕ガバリと寒い海がある 三鬼


    エッセイ・コルト3
    池田澄子 世紀末日記(5)「『好き』って良い気持」
    黒田さつき おひる寝日記(5)『お菓子』
    若森京子 『扉を押してくれた竜馬』
    池田 優 『思い出すサムライたち』
    短歌
    河野美砂子 『クレソン』
    俳句20句
    栗林千津  『狐日和』
    星野早苗  『猫の道』
    三池 泉  『追いかける』
    寺田良治  『京へ発つ唱歌のような』
    川島ひとみ  『おおジュリアン』
    中原幸子  『春 昼』
    あざ蓉子  『生 国』
    エッセイ・BOOK
    田中俊弥  『本を贈る』
    書評
    岡村和子  三池泉句集『HITORI』
    南村健治  本村弘一句集『だよね』
    アンケート
    旬の一句 
    「船団」31号を読む
    前原勝郎  『詠み継がれていくもの』
    長沼 都  『おばさん逆撫でされて』
    会員作品
    三宅弥生・皆吉司・しみづやすを・若森京子ほか
    投句欄
    中西夕紀  課題句『寝る』
    和田悟朗  課題句『寝る』
    船団総目録
    創刊号〜30号
    エンジンルーム
    表紙/装画・デザイン 坂爪厚生
    カット/ 山本 薫