俳句 e船団 船団76号


季刊「船団」第76号
発 行:2008年3月1日
表紙

    特集:俳人たちの美術館紀行
    俳句とエッセイ
    愛媛県立美術館 ― 岡本亜蘇ほか
    神戸ファッション美術館 ― 中谷仁美ほか
    兵庫陶芸美術館 ― 小倉一郎ほか
    大阪市立自然史博物館 ― 中林明美ほか
    京都国立博物館 ― 寺田良治ほか
    堂本印象美術館 ― 火箱游歩ほか
    滋賀県立近代美術館 ― 小枝恵美子ほか
    徳川美術館 ― 二村典子ほか
    静岡県立美術館ロダン館 ― 芳野ヒロユキほか
    弥生美術館 ― えなみしんさほか


    ソウル吟行集【1】
    俳句とエッセイ
    尾崎淳子 ― 韓国の兵
    東 英幸 ― ソウル有情
    小西昭夫 ― イムジン河
    山本典子 ― 冬の雲
    渡部ひとみ ― 柿の空
    塩谷則子 ― 開城(ケソン)経由
    佐伯のぶこ ― ガラスのビル
    中村あいこ ― 柿紅葉
    土谷 倫 ― 鵲の巣
    山口禮子 ― 句縁
    韓 汀舟 ― 神仙炉
    牛島竹志 ― 分断
    杉山杉久 ― 実南天


    俳句30句
    中井保江:『まりも』
    酒井昌子:『冬三昧』
    平きみえ:『おかまの木』
    エッセイ
    森山卓郎: 日本語ノート(28)『なにげに風流』
    小林幸夫: 犬筑波集の魅力(15) 『五条の遊女』
    田 彰子: 捨女を読む(6) 『西楽寺』
    坪内稔典: 俳句五百年(2) 『今を新しく』

    鷹女への旅(十三)
    三宅やよい: ― 墜ちてゆく 炎ゆる夕日を股挟み ― 
    創刊号物語(六)
    火箱游歩: 『ホトゝギス』(東京版)
    今日の川柳(1)
    芳賀博子: 人を泣かしめ
    露石をの会(4)・露石の一句
    水上博子・小枝恵美子・鈴木ひさし
    俳文の会
    早瀬淳一・明星舞美・内田美紗
    青畝を読む会
    林 せり・篠原なぎ・川島由紀子・山岡和子・苗田 苗・秋野 信
    道端の草を訪う会
    藪ノ内君代・久保エミ
    亜未の俳句日記(4)
    ことば文化交流シンポジウム
    船団・あの人この人(9)(10)
    仁藤さくら
    本村弘一
    BOOK
    船井春奈: 藤田亜未句集『海鳴り』
    藏前幸子: 墨谷ひろし句集『無死満塁』
    会員作品・選評『今号の15句』
    火箱游歩・坪内稔典・塩見恵介・南村健治・松永典子
    会員作品
    橋場千舟、はしもと風里、蜂谷一人、波戸辺のばらほか
    エンジンルーム
    表紙・カット本村早苗
    目次構成/北原武巳


トップページ この一句 今週の季語 ことばを探る ブックレビュー クリニック
記事検索 バックナンバー お便り 本屋さん お知らせ 新しいお知らせ