俳句 e船団 船団93号


季刊「船団」第93号
発 行:2012年6月1日
表紙

    特集:この指とまれ!―初夏の季語16―(全員参加)
    ◆会務委員が指を立てた。その指に止まった数々の俳句たち。
     初夏の言葉の宇宙がうごめいているような。


    登場の季語
    風薫る・青葉・桐の花・薄暑・青葉雨・柿若葉・六月・デッキチェア
    バナナ・トマト・天道虫・蟹・夕立・香水・金魚・薔薇


    連載エッセイ
    森山卓郎: 日本語ノート(45) 『矛盾のすすめ』
    ねじめ正一: 俳句の家(3) 『あと何分』
    芳賀博子: 今日の川柳(18) 『楽天がん日記』
    太田靖子: スペイン語圏俳句事情(3) 『スペインの詩人もすなる俳句というもの』
    棚木恒寿: 短歌の前線(4) 『オノマトペの視点』
    俳句30句
    二村典子: 『舟に乗る』
    中原幸子: 『動詞る? 桜む!』
    ふけとしこ: 『素通り』
    火箱ひろ: 『ややこしい』
    尾上有紀子: 『春ですよ』
    ライバル登場(2) 塩見恵介・芳野ヒロユキ
    書評
    三宅やよい: 池田澄子句集「拝復」―『俳句への愛を返した』
    会員作品
    佐伯のぶこ、佐々木峻、佐々木麻里、佐藤日和太、塩見恵介ほか
    会員作品・選評『今号の15句』
    塩見恵介・鳥居真里子・火箱ひろ・南村健治・芳野ヒロユキ
    エンジンルーム
    表紙・カット/那須ちひろ
    目次構成/北原武巳


戻る