俳句 e船団 船団95号


季刊「船団」第95号
発 行:2012年12月1日
表紙

    特集:スポーツを詠む
    オリンピッ句(全員参加)
    座談会:オリンピッ句を詠む
    宇都宮哲・火箱ひろ・舩井春奈・山本皓平・中谷仁美(司会)
    エッセイ
    植田かつじ: 『穴井の夏』
    荒川直美: 『周りが速過ぎる』
    津田このみ: 『内村君〜!』
    黒田さつき: 『○○だから大丈夫』
    村上栄子: 『やめられない、止まらない』
    くぼえみ: 『ジョグとハイク』
    火箱ひろ: 『応援を楽しむ』
    宮嵜 亀: 『回想 快走』


    連載エッセイ
    森山卓郎: 日本語ノート(47) 『ひととき』
    ねじめ正一: 俳句の家(5) 『女どもの妨害』
    芳賀博子: 今日の川柳(20) 『竹の子すくすく』
    太田靖子: スペイン語圏俳句事情(5) 『スペイン語ハイク・コンクール花盛り』
    リレーエッセイ・私の一冊 (2)
    藪ノ内君代: 『マイマイ新子』
    俳句30句
    藤井なお子: 『日向へ』
    朽木リツ子: 『あの子』
    ライバル登場(4) 小西昭夫・小西雅子
    2012年度 初夏の集いレポート
    河野祐子: 『蝶は雄か? 雌か?』(一)
    評 論 
    小枝恵美子: 『大江丸とその時代』(二)
    長沼佐智: 『良寛の俳句』―良寛は俳句を作ったのか―
    書 評
    江 津: 坪内稔典著『俳句の向こうに昭和が見える』
    野本明子: 坪内稔典著『柿日和』
    会員作品
    佐々木麻里、佐藤日和太、塩谷則子、静 誠司ほか
    会員作品・選評『今号の15句』
    芳野ヒロユキ・鳥居真里子・南村健治・火箱ひろ・塩見恵介
    エンジンルーム
    表紙・カット/那須ちひろ
    目次構成/北原武巳


戻る