2017年 5月28日

夏(なつ)

 ヨットが浮かんでいる。ここはスウェーデン。湖畔には、上半身裸の人々が寝そべっている。体の芯まで太陽の光が届くように、日光浴を楽しんでいる。
 外に出ることも少なく、寒く、暗い長い冬を過ごす。人々にとっては待ちにまった夏。北欧の人はこの時期、人前で肌を出すことに少しの抵抗もない。
 今、友人のサマーハウスにいる。サマーハウスは簡素で素朴な小屋のような建物で、多くの人が長い夏休みをここで過ごす。自然の空気が充満する。スウェーデンは国土の半分を森林におおわれている。
 そろそろ一緒に摘んだブルーベリーのケーキが焼けるころ。口の中は北欧の森の香りであふれる。澄んだ空と湖。
 ヨットをてのひらにのせて、しばらく湖畔の夏につつまれる。

(田 彰子、「船団の会」会務委員)


トップへ戻る [今週の季語]・[新季語拾遺]バックナンバー