2017年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2016年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2015年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2014年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2013年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2012年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2011年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2010年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2009年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2008年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2007年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2006年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2005年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2004年   6〜9月分   10〜12月分
週刊:新季語拾遺(2001年1月〜2004年5月) バックナンバー
2004年   1〜3月分   4〜5月分
2003年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2002年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分
2001年   1〜3月分   4〜6月分   7〜9月分   10〜12月分

2018年1月14日

深雪晴(みゆきばれ)

 先ごろ350万年前の人類の骨が初公開された。サルのように四つん這い状態から二足歩行になったというあの教科書で習った人類の歴史とは別に、この骨の人類(女性)は最初から木の上で生活していたという。まあどっちでもいいけれど。木の上から地上に降り、暑い地、寒い地へと人類は散らばった。はじめて雪を見た人類がいたはずだ。それでも彼らはそこに暮らした。山形は今年雪が多い。駐車場の隅などには雪がうず高く積まれている。京都から山形へ嫁いだ娘は今や雪と楽しく暮らしている。少年たちはマフラーも手袋も要らないという。人間は有能だ。
(小西雅子、「船団の会」会務委員)


2018年1月7日

七日

 一月七日は、長女の誕生日。
 昨年末からのイベント続きで弱った胃の調子などお構いなく、七日の晩御飯は長女が大好きなハンバーグがメイン料理となる。かつて、彼女が幼いころに一度だけ、バースデーケーキに七草粥を取り合わせてみたことがあったけれど、「もう二度としないでほしい」と、強く念押しをされた。
 今年四月から中学三年生になる長女。誕生日に私が作る料理を食べてくれるのは、あと何年かしら。子どもたちが希望を抱き、どんどん自分の可能性を広げ、楽しく人生を送ることができるような世界にするために、大人である私が引き継いでいかなければならないものは何なのか、きちんと考えていきたい。
(工藤 惠、「船団の会」会務委員)


トップに戻る