貞徳の会  第2回
――妙満寺の貞徳――
(貞徳が造営した「雪の庭」)


 5月17日の最初の集まりは予想を超える盛況でした。
 柿衛文庫の「松永貞徳とその周辺」という小展覧会を見学、辻村学芸員の明解な解説を受けて、その後のトークや浅酌が盛り上がったのです。
 その日、柿衛文庫(坪内稔典)、妙満寺(湯原正純)、実相寺(四方行元)を拠点に、今後3年間にわたって貞徳を再発見し世に伝える活動を「貞徳の会」として展開することが決まりました。

 以下、第回目の例会案内です。
 事前申し込み不要。 どなたでも気軽にどうぞ。


 
日 時 : 7月12日(木) 13:00〜

場 所 : 妙満寺 アクセス

京都市左京区岩倉幡枝町
電話:075-791-7171
地下鉄「国際会館」下車。徒歩またはバス、タクシーで。

会 費 : 1000円

内 容 :
  妙満寺の貞徳資料を見学
  今後の活動について話し合い

連絡先 : 小枝恵美子(電話:090-6734-6309)


トップへ戻る