展覧会&イベントのご紹介

柿衞文庫 秋季特別展 芭蕉の手紙

芭蕉の手紙展


 ある時は、俳諧への思いを熱く語り、一方ある時は、漬物の歯ごたえに老いを実感し……と、手紙の芭蕉は生き生きとした姿を私たちに示してくれています。
 芭蕉の筆蹟研究の第一人者であった柿衞文庫の創設者岡田利兵衛は、短冊などの「観賞用文字」とは違い、「実用の文字」で書かれた手紙には芭蕉の飾らぬ人間性が現れているとし、手紙の研究にも重きを置きました。ひと筆ひと筆に芭蕉の心の機微をかいま見る、それは、直筆資料ならではの醍醐味です。
 本展では、厳選した芭蕉の手紙24点に、本展初公開の資料や、短冊・画賛などの名品を交えた計約60点を、解説とともに紹介します。
 「ふる池や」句や『奥の細道』など、数々の名句・名作を生み出した芭蕉の内なる思い、日々の言葉、手紙から、芭蕉のさまざまな表情を読み取る愉しさを。是非ご堪能ください。


と き : 10月6日(土)〜11月11日(日)

ところ : 柿衞文庫 (アクセス
       開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
       休館日:月曜日(祝日にあたるときはその翌日)

観覧料 : 
       一 般 700円(600円)
       大高生 450円(350円)
       小中生 350円(250円)
       ( )内は20名以上の団体料金


§ 関連イベント等 §


記念講演会要申込

・平成30年10月13日(土)14:00〜15:30
・「芭蕉と『選集抄』」― 国文学者・神奈川大学名誉教授 復本一郎氏
・受講料 一般:1000円、大高生:500円、友の会:無料
定 員 100名

関連講座(1)要申込

・平成30年10月19日(金) 14:00〜15:30
・「芭蕉の手紙」― 神戸大学名誉教授 堀 信夫氏
受講料 一般:1500円、大高生:1000円(当日観覧券付)、
     友の会:500円
定 員 100名

関連講座(2)要申込

・平成30年10月28日(日) 14:00〜15:30
・「芭蕉に還る」― 詩人・芸術院会員 高橋睦郎氏
受講料 一般:1500円、大高生:1000円(当日観覧券付)、
     友の会:500円
定 員 100名

俳句朗読会要申込

・平成30年10月10日(水) 14:00〜16:00
芥川龍之介「枯野抄」を読む」― 芭蕉の終焉をめぐる人々
朗 読 俳優 清水紘治氏
企 画 現代俳句協会特別顧問 宇多喜代子氏
お 話 「芭蕉と女性」― 俳人協会理事 西村和子氏
受講料 一般:1500円、大高生:1000円(当日観覧券付)、
     友の会:500円
定 員 100名

スライドトーク要申込

・平成30年11月1日(木) 14:00〜15:00
担当学芸員による見どころ解説
聴講料 無料

ねんてんの言葉談議(1)要申込

・平成30年10月24日(水) 14:00〜
芭蕉の手紙と絵手紙
対談者 日本絵手紙協会講師・内藤美穂氏
受講料 一般:1500円、大高生:1000円、友の会:500円
     (特典/「芭蕉の手紙」展当日観覧券付き)
・聴講希望の方は電話(072-782-0244)で柿衞文庫へどうぞ

館外イベント

・平成30年9月30日(日) 17:30〜
Basho's Dinner 芭蕉の手紙と西洋懐石を愉しむ―詳細はこちら
お話・坪内稔典/朗読・ひふみようこ/ピアノ・田村綾
参加費 6500円(食事・お話・「芭蕉の手紙」観覧券付き・税込)
場 所 西洋懐石 アンシャンテ(伊丹酒蔵通り・電話 072-777-2741)
・参加希望の方はアンシャンテへ電話で申し込んでください。
(アンシャンテでは「芭蕉の手紙」展開催中、特別ランチコース「創・芭蕉」(「芭蕉の手紙」展鑑賞プレゼント)を提供します。

芭蕉プレミアムツアー・柿衞文庫要申込

・平成30年10月30日(日) 14:30〜
・「芭蕉の手紙」展を見学、それから「すし善」で芭蕉にちなんだ料理や酒をどうぞ。坪内稔典さん(柿衞文庫理事長)が案内します。
参加費 5500円
定 員 15名(先着順)
申 込 伊丹まち未来株式会社(電話 072-773-8885)


トップへ戻る   お知らせ欄へ戻る